「報い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 報い[動詞]
積悪の報い  父は報い  仇を報い  私に報い  忘恩を報い  苦しみ多ければ、それだけ、報い  後悔をもって報い  精励に報い  おれを報い  恩に報い  父はなんじに報い  何を報い  勤労は必ず報い  労が報い  努力が報い  言葉だけででも報い  顕明に報い  因果が報い  君恩に報い  知遇に報い  不運が報い  物に報い  怨みも報い  何を以て報い  親の報い  親が報い  苦労も、いっぺんに報い  努力は遂に報い  我に報い  歎息によって報い  社会から疎遠感を以て報い  功績に報い  法難となって報い  一矢を報い  支持にも、果してお報い  かなりに報い  恋、報い  在世中早くも報い  子孫にも報い  志操が、何等報い  殆んど報い  期待が報い  度胸はやっと報い  敵国に報い  父に報い  大成功を以て報い  いふ役割は、実際において、報い  吟味するといふ如き報い  微笑さえ報い  態で、報い  志は報い  労に報い  言葉で報い  情誼に報い  特筆して御報い  忍耐は報い  悪事の報い  恩には充分報い  過ちでも仕出かしたら、報いても報い  それに報い  愛情には報い  濃やかな、しかもあんなにも報い  努力はつねに報い  道楽の報い  名誉を以て報い  完全に報い  親達に対しては何一つ報い  尊敬とが報い  子に報い  顔を挙げて報い  信頼に報い  何しても報い  身に報い  苦心は少しも報い  恩義に報い  之を報い  恵みを以て報い  沈み果つべき報い  怨みをすてず、つらく報い  国に報い  本家に報い  陰徳がいつの世か報い  立派に報い  苦心努力の報い  愛には喜んで報い  これに報い  愛情に報い  今日は報い  彼に報い  御意に報い  充分に報い  一太刀なりと報い  喝采に報い  ことに報い  二年越しにやっと報い  上に報い  われわれはよく報い  意志は報い  最後に報い  ことは報い  真心に報い  愛に報い  何の報い  必要に応じて、報い  損失として報い  躊躇せず、その報い  其に報い  泣き声で報い  御言に報い  者にも厚く報い  讐を報い  厚意に報い  天罰ここに報い  恨みを報い  万分の一でも報い  何事も報い  尊敬を忘れず、報い  ことで報い  十分に報い  フェリクスに報い  軽蔑で報い  一瞥を報い  努力は、なんら報い  果が報い  行為に対して報い  大伴池主に報い  努力は報い  何か報い  感謝を持って報い  発明も報い  好意に報い  勞に報い  朝になって報い  笑顔で報い  主義も少しは報い  労を報い  境遇に報い  武に報い  信頼にも報い  歓楽を報い  容易に報い  調の報い  慰安とをもつて報い  成功をもつて報い  努力は果して報い  幻滅をもつて報い  怨みを報い  自ら怨みを報い  ものによりて報い  貞操に報い  怨みいまだ報い  生涯を賭して報い  奪略に報い  自由に報い  業は正しく報い  ユダヤ人に報い  人罰となって報い  笑を報い  笑いを報い  心労の報い  自ら呶声をもって報い  赤心に報い  結果で報い  自分自身に報い  事をして報い  こんどは敢然と報い  手に因って報い  苦心が報い  

名詞

報い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
報いが来なければ  報いになる  報い甚だ多かるべければなり  報いを得じ  報いを受けたり  報いはなはだ多かるべければなり  報いが計り  報いを受けねばなりません  報いは来ない  報いが来ないと云うても  報いがこなければ  報いをうけなければならぬ避け  報いになりました  報いを受けている  報いを受けざるを得ない  報いをしてきたが  報いがある  報いで四十三の鞭を受けましたが  報いを得たとか  報いが来た  報いに来ました  報いしたいと思っている  報いをうける  報いもない数十名の美人を狂馬の蹄鉄にかけて蹴殺させるという  報いがあるさ  報いを今ここに見るとは思い知っても  報いを眼前に見せられても  報いも受けよう  報いをするし  報いのやうに私を抱きすくめようとするので  報いを私は知らない  報いとして立てつづけに  報いを受けたという  報いがどこへ来るか覚えておいで  報いを受けずにはおらん  報いが来るからな  報いもない子供たちも多分にいた  報いだと後から考えた  報いだと考えた  報いが来ます  報いに地獄に落ちるのに  報いがあるでしょうから  報いを受けた  報いを得る  報いとして得た  報いをほとんど受けなかった  報いがくる  報いだと諦めたが  報いなのか源氏自身は中宮の御冷淡さを歎く苦しい涙ばかりを流していた  報いにて風波の牲となりたまわん  報いにすぎない  報いが御自身の上へ落ちてくる  報いをお受けになった  報いする機会がいつかある  報いがどこにございましょう  報いに数えられてあるからね  報いを受けるでしょう  報いを得ておられる  報いすることは何一つできなかった  報いで子孫が栄えないなどと言う  報いとお思いになる  報いを受ける  報いが自然に現われてまいりました  報いであるということが判然する  報いの現われてくる  報いでこうした容姿を得て生まれた  報いで咽喉の焦付き  報いで中央を追はれるし  報いとしてか悪人の兄どもに突き落された  報いで餓死して  報いを受けて  報いの意が解けた  報いと噂するを聞いて  報いと諦めて居りました  報いかと思われ  報いがこんなに惨めなもんだとは思はなかつた  報いもない死人の遺志を冒涜する  報いだとあきらめて  報いを受けるといふ  報いと諦めて  報いであると言った  報いを保証しない  報いを自ら受くる  報いであると思うと  報いに犠牲を求めるからでございます  報いとのみ思いあきらめ  報いは覿面で俄然三十六番に落ちてし  報いはただ絞首台あるのみだといふ  報いを受けむこ  報いのある  報いは常に受けてゐる  報いであるとし  報いをまのあたり彼に示して  報いをうくる  報いせずんばあるべからずと  報いとして福の神から財産を授かったの  

~ 報い[名詞]1
ろしい報いが  らの報い  前に報いを  過失の報いを  何かの報い  あとで報いが  悪事の報いを  人を殺した報いは  軽視した報いが  申し訳ない報いを  アルカージイ・イリイーチを殺めた報いで  死の報いを  心の報いは  ことをして来た報いが  彼に報いに  ことの報い  多くの報いを  罪も報いも  ことの報いを  ような報いも  それぞれ充分に報いを  沈み果つべき報い  それ以上の報いを  殺生の報い  罪の報い  拝見したる報いは  すべて前生の報い  誓言を忘れた報いに  同一の報いを  心尽くしの報いを  ところから生じた報い  奉公の報いが  劬ってやらなかった報い  恨みの報い  前生の報い  今何の報いにて  ことの報いに  当時も報いが  これ以上の報いが  罪の報いに  者の報いに  時の報い  これが報い  何の報い  よそにした報いを  功徳の報いで  おべっかの報いに  何の報いで  兄をおとし入れた報いで  罪業の報いから  従前善法浄行の報いで  金の報い  畜生の報いを  シシ食うた報いという  しし食うた報いの  非業に死なせた報いと  散々男を悩ませた報いが  罪の報いと  罰か報いかと  罪の報いが  慈悲心の報い  惡い報いを  みな張に背いた報い  正比例する報いを  現在の報いを  悪業の報い  地上の報いは  悪人を見逃がしたる報いは  罪の報いを  生の報いは  悪行の報い  善惡の報いを  惡の報いを  罪の報いは  己が報いを  さ加減の報いを  親が犯した報い  正直勤勉の報いとして  

~ 報い[名詞]2
その報い  好い報い  いずれ報い  いい報い  あらゆる報い  惨たらしい報い  悪い報い  きっと報い  ひどい報い  大きな報い  恐ろしい報い  忽ち報い  こういう報い  どんなに報い  

複合名詞
報いら  天罰主罰報い  只今報い  マア報い  重き報い  



前後の言葉をピックアップ
報いん  酬い  酬いん  酬いよ  むくい    尨犬  むくいよ  報いる  酬いる


動詞をランダムでピックアップ
いろめき睨み付け立ち上ら寄りつこ立ち止まろ見晴らさ思わす廻らす落着き払っ聴き入しらみ振る舞い付け狙いだらける驚きゃこまん言尽さのれ逃げまどっ巻き起さ
形容詞をランダムでピックアップ
明けれ古くさ幼き荒い可愛らしい空しき宜しから甘酸っぱくえらし稚く有り難うばばっちいくからたかし蒸し暑く好ましかろ平たい恋しかろかんだかく聞苦しゅう