「堪へ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 堪へ[動詞]
やうで、堪へ  様子を見ると堪へ  切さに堪へ  疲勞して堪へ  夜泣をして堪へ  敬服に堪へ  さびしさには堪へ  劣には堪へ  悲み堪へ  羨望に堪へ  空腹に堪へ  相貌を見るに堪へ  買ひ被られてゐるに堪へ  ぢつとしてゐるに堪へ  急に堪へ  懺愧とに堪へ  散歩でもしなければ堪へ  孤愁に堪へ  憂欝に堪へ  苦悩に堪へ  感謝に堪へ  頭痛が堪へ  さびしさに堪へ  さには堪へ  嘆に堪へ  私に堪へ  胃痛が堪へ  愁傷は見るに堪へ  今朝である、堪へ  反省して堪へ  ことは堪へ  自分は堪へ  流浪に堪へ  趙は堪へ  軽薄唾棄するに堪へ  長太息に堪へ  翻長太息に堪へ  蔵に堪へ  感に堪へ  想に堪へ  光景は見るに堪へ  多病を給するに堪へ  情感に堪へ  口臭が堪へ  日々に堪へ  可憐に堪へ  懊惱に堪へ  年々かかるので到底堪へ  一日も堪へ  惱みに堪へ  さに堪へ  数々が、もはや、堪へ  荒仕事に堪へ  労役に堪へ  業が堪へ  苦しみに堪へ  それに堪へ  彼には堪へ  其衷情憐むに堪へ  おのれに堪へ  非難に堪へ  憤慨に堪へ  嘔きしが、遂にえ堪へ  悲みに堪へ  風に堪へ  秋風に堪へ  苦しみを堪へ  暮しに堪へ  何事も堪へ  死の恐怖に堪へ  所に堪へ  それは堪へ  中にも堪へ  葉は、堪へ  煩に堪へ  力なく堪へ  迚も堪へ  飮んでゐるに堪へ  苦痛に堪へ  情慾がもはや堪へ  病気と聞いたので堪へ  寒心に堪へ  喜に堪へ  作者は、努めて堪へ  作者が堪へ  私はまだ堪へ  のに堪へ  冷吉は堪へ  退屈千万で堪へ  饒舌で堪へ  仕事を堪へ  これは堪へ  惡魔も堪へ  惡病患者視してるに堪へ  厠臭がひどくて堪へ  いふにほひには全く堪へ  肉体としては到底堪へ  拷問には堪へ  監視と、堪へ  労苦に堪へ  痛みが堪へ  心中不安に堪へ  病床苦痛に堪へ  のを見ると堪へ  ことが、堪へ  物音も聞えない、堪へ  椅子から立上ってやはり堪へ  彼女にとって堪へ  内心冷汗に堪へ  道助は少し堪へ  遅緩さに堪へ  憐むに堪へ  自己を見せるには堪へ  人生に堪へ  忍耐力で堪へ  間には堪へ  念むらむらと堪へ  誰でも堪へ  慨歎に堪へ  念に堪へ  それは実際に堪へ  流れに堪へ  寒気は次第にはげしくなつたが、堪へ  一つは見るに堪へ  退屈に堪へ  雪とに堪へ  哀むに堪へ  喜びに堪へ  暑がりやで、堪へ  使用に堪へ  使用には堪へ  身震ひを堪へ  顔を見るに堪へ  更彼女には堪へ  すべてに堪へ  極みに堪へ  寂寞に堪へ  やうに思ひながら淋しい堪へ  眼を見るに堪へ  塞逼に堪へ  何んな聞くに堪へ  笑を堪へ  身の上でも、やはり感ずるに堪へ  噴飯に堪へ  壓迫に堪へ  さには尚ほ堪へ  思考にも堪へ  讒訴に堪へ  さま、堪へ  こと驚くに堪へ  さにも堪へ  様などを思うて、堪へ  瞳に堪へ  それを堪へ  感慨に堪へ  面倒を堪へ  留つてゐるに堪へ  立止つて見てゐるに堪へ  素足では踏み堪へ  のも堪へ  駄作、読むに堪へ  砲弾にをも堪へ  おん悲しみに堪へ  気の毒に堪へ  鍾愛に堪へ  かなしみに堪へ  可憐さに堪へ  困難として堪へ  欠乏に堪へ  そまた堪へ  さがまた堪へ  享樂に堪へ  眼を堪へ  私は、堪へ  からは、こんな思ひに堪へ  就中平然とは読むに堪へ  誘惑に堪へ  あなたが堪へ  殆と読むに堪へ  戰ひに堪へ  無理に堪へ  節の痛み堪へ  膝の頻りに戦かれて立つに堪へ  戰かれて立つに堪へ  冷汗を堪へ  感じにも堪へ  私には、寧ろ堪へ  のですが、止むなく凝つと堪へ  鄙語聴くに堪へ  ツと堪へ  庵中独坐に堪へ  怪訝に堪へ  ことは、実際堪へ  苦に堪へ  づ噴飯に堪へ  女房、堪へ  間が堪へ  書くことも堪へ  試煉に堪へ  ことが堪へ  いちばん同情に堪へ  私には堪へ  現状が堪へ  恋慕に堪へ  馬重きに堪へ  私におもひに堪へ  其職分を果すには堪へ  五分の一にも堪へ  生活に堪へ  死ぬ怖れに堪へ  聴くに堪へ  廣さに堪へ  時、堪へ  青年が堪へ  此単調には堪へ  筆にするだに戦きに堪へ  其戦に堪へ  苦痛をなすに堪へ  つて何うにも堪へ  何よりも堪へ  起居に堪へ  僕は、眠くて堪へ  點まで堪へ  ことに堪へ  思索をしてゐるに堪へ  無聊に堪へ  さよりも、尚堪へ  終日閉ぢこもつて、堪へ  重荷に堪へ  それが堪へ  情に堪へ  余には堪へ  表現するに堪へ  豫想するに堪へ  悲哀に堪へ  寂寥に堪へ  インコンゼクエンツに堪へ  自尊心が堪へ  なによりも堪へ  とつてもう堪へ  ひと息、堪へ  孤独に堪へ  愛撫を堪へ  玩弄に堪へ  晒すに堪へ  一面をば到底書くに堪へ  損ふに堪へ  告白に堪へ  痛みに堪へ  自分一人で堪へ  告白するに堪へ  以つて告白するに堪へ  侮辱を堪へ  感激に堪へ  感歎に堪へ  寂莫に堪へ  ことによく堪へ  頭痛がして堪へ  ぢつと腰かけてゐるにも堪へ  感情には堪へ  姿は見るに堪へ  實に就いて堪へ  むとする願に堪へ  餘りに空しきに堪へ  卑さに堪へ  の情に堪へ  唯自分の堪へ  充すに堪へ  茲に書くに堪へ  口にするだに堪へ  事に堪へ  淺ましくてとても堪へ  職業とを堪へ  野卑とに堪へ  厚情感謝に堪へ  殆ど喫するに堪へ  多くは見るに堪へ  ところで堪へ  同情に堪へ  たみの輪廻は猶も堪へ  朗読に堪へ  いくらでも堪へ  恐懼に堪へ  表現に堪へ  正視するに堪へ  不審に堪へ  嘔吐が堪へ  気がしてならなかつたが、確りと堪へ  遺憾に堪へ  さを堪へ  さの堪へ  哀婉聞くに堪へ  綾羅にだも堪へ  こと想ふに堪へ  興を繋ぐに堪へ  作用さへも及ぼして来る、最も堪へ  愉快に堪へ  正視に堪へ  涙を堪へ  披露されては、堪へ  感服に堪へ  不満で、読むに堪へ  腸断ゆるに堪へ  孤座紙に対するに堪へ  軍隊生活の堪へ  ざる者には堪へ  絶望不満に堪へ  から丸田は堪へ  彼自身の堪へ  彼は堪へ  針鼠には堪へ  つて小説としたならば、定めし読むに堪へ  批判に堪へ  時ほど堪へ  欠乏にも堪へ  此物忌みに堪へ  一夜悲悼に堪へ  慷慨に堪へ  疚いて堪へ  後へ続くには堪へ  狂ふ如く、聞くも堪へ  私は見るに堪へ  末頃到頭堪へ  美奈子は堪へ  不平に堪へ  それは見るに堪へ  匂ひに堪へ  氣に堪へ  云ふことは、堪へ  さにも増して堪へ  窮乏に堪へ  尤も感激に堪へ  感心に堪へ  開列するに堪へ  齒癢さに堪へ  痛心に堪へ  重みに堪へ  陳述を聞いて居て、堪へ  惨苦に堪へ  瞑想して見たが、とても堪へ  哀惜に堪へ  至りに堪へ  浩嘆に堪へ  列擧するに堪へ  切望に堪へ  中が堪へ  供に堪へ  科學的批判には堪へ  一生懸命に堪へ  眠気を堪へ  亂心地の堪へ  胸の堪へ  思に堪へ  今宵は堪へ  影にも堪へ  胸のいたみに堪へ  心憂ひにえ堪へ  心うれひに堪へ  遇ふことは到底堪へ  空気に堪へ  不気味に堪へ  泣音怪むに堪へ  席に堪へ  憂懼に堪へ  死臭で、堪へ  笑ひを堪へ  のは堪へ  枚挙に堪へ  相見するに堪へ  困苦欠乏にも堪へ  動揺は堪へ  殺風景は堪へ  わずらひに堪へ  濃厚には堪へ  刺戟にも堪へ  観察にも堪へ  鑑賞に堪へ  限定に対して堪へ  私は堪へ  あこがれに堪へ  風にも堪へ  磯村の堪へ  惧れに堪へ  吾は最早堪へ  盛るに堪へ  思にえ堪へ  それもさばかりに、え堪へ  羞恥感に堪へ  責苦に堪へ  それをすら強ひて堪へ  さは堪へ  ば正視に堪へ  夏川が堪へ  沈默に堪へ  云ふ堪へ  私には到底堪へ  秋恨に堪へ  労働に堪へ  ことの堪へ  事も堪へ  まことにどうも見るに堪へ  繰り返しが堪へ  午食では、堪へ  胸に堪へ  座に堪へ  面目の堪へ  寒氣、堪へ  目もまはさずに、じつと堪へ  擔に堪へ  その後を読むに堪へ  あはれさを覚えて見るに堪へ  人は長く堪へ  慚愧に堪へ  モウ直視するに堪へ  愍情に堪へ  畑を、堪へ  懊悩に堪へ  彼女を見るに堪へ  疲労に堪へ  事も、堪へ  のを堪へ  相手がうるさくて堪へ  すず子に堪へ  實用に堪へ  高温には堪へ  心痛に堪へ  ゲーテには堪へ  べりで堪へ  しきに堪へ  住には堪へ  何に堪へ  さ、堪へ  から、とてもとても堪へ  女王は堪へ  陰鬱に堪へ  背負つて、それでも、堪へ  虚無を堪へ  不快に堪へ  愛妓花吉を待つに堪へ  の憾に堪へ  不安に堪へ  痛に堪へ  面を見るに堪へ  感覚を堪へ  つては堪へ  ぢいつと堪へ  やつぱりこの二つの眼に堪へ  境涯に堪へ  自己に堪へ  頭が堪へ  困苦に堪へ  拙劣見るに堪へ  山おろしに堪へ  不思議に堪へ  孤独が最も堪へ  これをむざむざ埋めてしまふに堪へ  沈默には堪へ  氣は堪へ  敵たるに堪へ  試練に堪へ  寒気、堪へ  僕に堪へ  孤獨の堪へ  如何に堪へ  重きに堪へ  悲しみに堪へ  何うも堪へ  教育を施すに堪へ  心持がよくて堪へ  春にもとより堪へ  愛にも堪へ  水に堪へなくなる、疲れて堪へ  足取を踏み堪へ  思つても堪へ  その時まで堪へに堪へ  薩州その他の堪へ  いふ時にも、読むに堪へ  圧迫に堪へ  心動きに堪へ  動悸を堪へ  のを見ると、堪へ  志に堪へ  興に堪へ  殆ど情に堪へ  傍から憤怒に堪へ  殆ど想像するに堪へ  笑ふに堪へ  はず侵入し来るに堪へ  歯痛の堪へ  敢てしなければ堪へ  ものには堪へ  自責に堪へ  しかも堪へ  身ならば堪へ  終り迄読むに堪へ  香に堪へ  自分が堪へ  彼女は堪へ  感心してよろこびに堪へ  そつと見ると、堪へ  愛情の堪へ  此處まで堪へ  一人で、思ひに堪へ  上演に堪へ  何ごとかに堪へ  身はかへり見するにえ堪へ  小袖に堪へ  曲節が堪へ  内心はさぞ堪へ  歯いたみて堪へ  受驗生は堪へ  揶揄に堪へ  のにも堪へ  續くるにも堪へ  住するに堪へ  困難に堪へ  駆使に堪へ  水を堪へ  自分はこの堪へ  樣の堪へ  言葉遣ひが聞くに堪へ  位ゐまでは堪へ  重味に堪へ  彼女は、もはや堪へ  内攻に堪へ  興奮に堪へ  殆ど使用に堪へ  む断ちがたく、苦しく、のがれまほしく又あまく、去りがたく、堪へ  これに堪へ  襲ひて堪へ  さよ聞くに堪へ  とき我は堪へ  緊張に堪へ  苦悩にも堪へ  身に堪へ  苦笑ひを堪へ  徒然に堪へ  あはれも、やがて堪へ  困窮には堪へ  皆をかしさに堪へ  さには決して堪へ  金棒引くは聞くに堪へ  のを辛うじて堪へ  子とも呼べなかつた堪へに堪へ  哀傷の思ひに堪へ  殆ど身を入れるにも堪へ  正視してゐるに堪へ  失笑を堪へ  中に坐つてゐるに堪へ  互ひに堪へ  夢で、その堪へ  疑問に堪へ  怒りとに、どうにも堪へ  苦難に堪へ  火に焼かれつつある堪へ  小夜の中山さびしさに堪へ  関係には堪へ  飢餓感に堪へ  時刻は刻々に堪へ  何ごとかを堪へ  すべてが堪へ  靜坐するに堪へ  雅量にも堪へ  神妙に堪へ  心を惹かれるとともに堪へ  人間の堪へ  今まで漸く堪へ  羞しめ傷けるに堪へ  彼等を制するに堪へ  凄惨見るに堪へ  舞台のものとして見てゐるに堪へ  想像に堪へ  ぢつと堪へ  卑屈さにも堪へ  こと屬望に堪へ  気がして凝つと堪へ  支へるに堪へ  死よりも堪へ  僕は堪へよ、堪へ  ことばかりに堪へ  叫びに堪へ  それからもつともつと堪へ  お前の堪へ  静けさに堪へ  幻に堪へ  嘆きに堪へ  傍で見てゐるに堪へ  ふいに顏をあげると、つひに堪へ  ため慶賀に堪へ  つて哀憐に堪へ  誇りは持ち堪へ  炎熱に堪へ  一種の堪へ  今は飲むに堪へ  生活は到底堪へ  微笑を堪へ  冷さを堪へ  冷さに堪へ  中に居て久しきにも堪へ  孤獨に堪へ  /″\の思ひに堪へ  雪に堪へ  關係に堪へ  覺すればするほど堪へ  睡魔を堪へ  二人は遂に堪へ  好色をも堪へ  感情やらに堪へ  時それを堪へ  感染するばかりになりて堪へ  羞恥に堪へ  胸さわぎと、堪へ  目を射るに堪へ  れつひに堪へ  執拗に堪へ  涙でも堪へ  社交家ぶりに、堪へ  下で読むに堪へ  賊を滅ぼすに堪へ  ことは、羨みに堪へ  圧政に堪へ  喜悦に堪へ  力業に堪へ  負担に堪へ  七反目にいたりてさすがに堪へ  をかしくて堪へ  五六年は生き堪へ  方が、堪へ  めに堪へ  自体が弱いからだなのでたうとう堪へ  勞働に堪へ  事件は詳しく書くに堪へ  貧乏に堪へ  濃紫羅綺にも堪へ  鞍に堪へ  さへ堪へ  筆耕生活に堪へ  なほ遺憾に堪へ  観察に堪へ  残酷さにも堪へ  耳に入れるに堪へ  殆ど座に堪へ  それから、堪へ  葉藏は沸きかへる思ひに堪へ  僕は堪へ  慙愧に堪へ  何方も堪へ  何事かを抑し堪へ  睚に堪へ  花子は堪へ  席にも居堪へ  仕方に、堪へ  此身に堪へ  それを聞いて、え堪へ  胸騒ぎて堪へ  ことがとても堪へ  ことはとても堪へ  味ひ、しきりになつかしくて堪へ  懸命に踏み堪へ  胴ぶるひ得堪へ  何となく不審に堪へ  仲なので、堪へ  植村録郎、よむに得堪へ  ほとほと感に堪へ  憂鬱にさも堪へ  人々もえ堪へ  おもしろしと見るに堪へ  歎きて苦しきに堪へ  みやこ近くなりぬるよろこびに堪へ  母かなしきに堪へ  うちに猶かなしきに堪へ  呻吟を堪へ  思ひ出されては、あるに堪へ  おれは堪へ  辛じて堪へ  勞に堪へ  玩味するに堪へ  唇を隠しながら、堪へ  生存に堪へ  右手しびれて堪へ  背の痛み堪へ  樹木は堪へ  松獨り堪へ  人の堪へ  煩瑣に堪へ  逆境に堪へ  殆ど感慨に堪へ  陰鬱さに堪へ  之に堪へ  不愉快に堪へ  われみるに堪へ  疲勞に堪へ  痛苦に堪へ  心の、堪へ  疲れた眼を開くに堪へ  様に堪へ  知つて居たので、堪へ  お雪伯母は見るに堪へ  痛みには堪へ  香を嗅いで居ると、時には堪へ  行つて、そこで堪へ  而して堪へ  霜虐雪壓に堪へ  爲し、苦しい思ひにも堪へ  使用にも堪へ  鑿つに堪へ  是ならざるものの多きに堪へ  擧するには堪へ  光景に堪へ  爲すに堪へ  全身で堪へ  これを凝つと堪へ  銜に堪へ  雷に堪へ  姿に堪へ  間地獄に堪へ  心を堅うして堪へ  秩序を保つに堪へ  難に堪へ  光に堪へ  目眩みて堪へ  氣持に堪へ  冷酷さに堪へ  心は嘗ていはなくに思ひ堪へ  寒氣に得堪へ  孤獨をいささか堪へ  強健に堪へ  そのままにては看るに堪へ  政治的圧迫に堪へ  肉眼の堪へ  命に堪へ  かくと見るより堪へ  ひとの堪へ  青に堪へ  やうに堪へ  想像するに堪へ  日を考へて見ると、寂しくて堪へ  弊に堪へ  具合、剃り毀つには堪へ  執着に堪へ  殆ど怒に堪へ  目下事実の多きに堪へ  其壓力に堪へ  其暴力に堪へ  青空は堪へ  芝居は見るに堪へ  慶賀に堪へ  新劇は見るに堪へ  攻撃に堪へ  側から見ると、堪へ  苦痛を堪へ  想ひに得堪へ  心配に堪へ  長吉は堪へ  帰りは遅く、いかにしても堪へ  これも堪へ  心外に堪へ  隔離生活に堪へ  分別強く堪へて堪へ  我國の堪へ  國民其煩に堪へ  年々其費に堪へ  衝動に堪へ  のは考へるに堪へ  疲勞して坐に堪へ  業に堪へ  争ひに堪へ  競争に堪へ  其に堪へ  祖先に恥ぢを感じるよりも、堪へ  眩惑に堪へ  直視するに到底堪へ  親切にしてもらふことは堪へ  批判にさへ到底堪へ  つても、じつと堪へ  やうな堪へ  世界でじつと堪へ  批評に堪へ  つては到底堪へ  社会的批判に堪へ  僕に取つて堪へ  さのいと堪へ  心勞に堪へ  只嬉しくて堪へ  度に堪へ  想像するにも堪へ  われはえ堪へ  清一は、もう堪へ  ヘロインが、堪へ  夜は決して堪へ  私はもう堪へ  重量に堪へ  苦痛で堪へ  卑屈さに堪へ  私の堪へ  予の堪へ  猥褻聞くに堪へ  寒い心に堪へ  余の堪へ  憤懣のみが堪へ  頭痛みて堪へ  氣がして堪へ  なのは、見るに堪へ  會社づとめの單調無味に堪へ  つた持病が堪へ  息子は聞くに堪へ  自分は憤に堪へ  事實が堪へ  空氣に堪へ  恥辱に堪へ  老朽職に堪へ  汗に堪へ  



前後の言葉をピックアップ
他聞  多分  多分  タブー  たへ  堪へよ  堪へん  太兵  タベテ  堪へる


動詞をランダムでピックアップ
押しまくら卷けからかお当てはめる似合う伺えよ躍れ預けんなくせ駆付ける萌え叩き付ける鋤か慕う微睡も殖える立上がろ聞かせ好む引っ繰り返る
形容詞をランダムでピックアップ
忌わし固きやすけれうら若く暖かし空空しい腥く寂しきそこはかとなくどすぐろき麗々しく悪かろみじかし手厚くまっくろく態とらしき何気ないあかるい手軽く痛から