「堪え」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 堪え[動詞]
感に堪え  のは読むに堪え  自分は堪え  何でも堪え  ときに堪え  さを堪え  苦痛に堪え  無念に堪え  使用に堪え  感慨に堪え  胸に堪え  苦痛を堪え  傷に堪え  事もあったれど、堪え  憂慮に堪え  重荷に堪え  抱腹に堪え  急に堪え  趙は堪え  凌辱に堪え  苦しみに堪え  病苦に堪え  人と堪え  感情を押し堪え  コルマックはもう堪え  気持が、堪え  私は堪え  恨みに堪え  からも、行くに堪え  目も堪え  さへ堪え  愉快に堪え  遺憾に堪え  感謝に堪え  慚愧に堪え  さに堪え  驚嘆に堪え  念に堪え  さの堪え  北海道の気候に堪え  それが堪え  座に堪え  のをじっと堪え  状諦観視するに堪え  澄子は堪え  ネネムはとうとう堪え  言葉づかいで、聞くに堪え  気持を噛み堪え  堆積に堪え  足を踏み堪え  眠気がさして来て堪え  慧鶴はよく堪え  寂しみに堪え  規律に堪え  思索に堪え  存在を許すに堪え  独りでは堪え  自己のみで生きるに堪え  ごろごろしたり、堪え  私の堪え  一生懸命に堪え  心の焦られて堪え  束縛されては堪え  ことは堪え  寂寥には堪え  不快とに堪え  ことに堪え  のに堪え  身体の堪え  痛みとして堪え  喜びに堪え  最後まで堪え  任に堪え  心持に堪え  伝持するに堪え  情に堪え  声を堪え  再任に堪え  再任には堪え  学校生活の堪え  要求が堪え  ことを堪え  かわいそうで堪え  風紀上慨嘆に堪え  仕事に堪え  不安に堪え  枕頭からその見るに堪え  それを堪え  痛みに堪え  彼等を置くに堪え  之に堪え  細君はその辱めに堪え  用に堪え  時何時も堪え  供給に堪え  方でとうとう堪え  何か堪え  幸福を観るにも堪え  ことによってのみ堪え  劣に堪え  境に堪え  判事は、よく堪え  急にまた堪え  終には堪え  愛撫には堪え  酷使に堪え  悪病患者視してるに堪え  仕事を堪え  激怒と、堪え  ほか接触には堪え  娘である自分も堪え  皆も堪え  鞍に堪え  衣に堪え  なにじっと堪え  私はじっと堪え  十分観賞に堪え  剛情にふみ堪え  喧騒には堪え  さとに堪え  人の多きに堪え  批判に堪え  日影を見るに堪え  虐遇に堪え  至りに堪え  夢魔を堪え  ここに立っているに堪え  楽しい景色を見るに堪え  私にはまったく堪え  状態には長く堪え  ような、堪え  髪が、と思うに堪え  惨状に堪え  どこまでも堪え  痛嘆に堪え  橋の堪え  苦しみには堪え  歎に堪え  失笑を堪え  気持を堪え  感心に堪え  おかしさに堪え  感じに堪え  気持に堪え  ようで堪え  俺に堪え  退屈で堪え  青光りを堪え  素膚は堪え  嚔を堪え  不平に堪え  煩雑に堪え  神経には堪え  境遇にいかにも堪え  私には、とても堪え  キツスしながら、堪え  ところをやっと堪え  さをやっと堪え  書くことの出来ないのに堪え  中に堪え  のを堪え  はじめは堪え  これに堪え  慶賀に堪え  演技を観るに及びては堪え  熟と堪え  美津は堪え  席の乱れとて、強いて堪え  死身になって堪え  ために堪え  やっとここまで堪え  ために、堪え  寒心に堪え  神経に堪え  それに堪え  狂気に堪え  平然として堪え  ぼくは堪え  一切のものに堪え  孤独寂寥に堪え  のがとても堪え  表現に堪え  今は堪え  憐憫に堪え  噴飯に堪え  危く噴きだしかけたが、辛うじて堪え  佐助はついに堪え  捧腹に堪え  捧腹にも堪え  怪訝に堪え  ために歎ずるに堪え  憂苦に堪え  以前よりさらに堪え  陳にとっては、一層堪え  ところ迄は、堪え  雫に堪え  辰子は堪え  刺戟に堪え  麻酔にも堪え  手術に堪え  ようになりましては堪え  さにはなお堪え  正視に堪え  主任は堪え  痛苦に堪え  空腹に堪え  拷問に堪え  思考にも堪え  形相に、見るに堪え  人中では堪え  周子は堪え  暑気が堪え  嫌悪にも堪え  俺は堪え  怒りに堪え  反駁をききながすには堪え  涙を堪え  彼には堪え  初めは堪え  試練に堪え  嫉妬に堪え  痛感に堪え  特に敬服に堪え  返答をして堪え  活動せしめるに堪え  感激に堪え  細引でなぐられるよりひどく堪え  それには堪え  放縦猥雑に堪え  苦しみにも堪え  虐待に堪え  王司徒は、よろこびに堪え  同情に堪え  むりに堪え  重責に堪え  持久戦争に堪え  困苦にも堪え  苦痛には堪え  私は到底堪え  殆ど聞くに堪え  のがあって、見るに堪え  責任に堪え  罵倒をじっと堪え  顔を見られながら、待って居ると云うに堪え  老人は堪え  誅求に堪え  勤労に堪え  つて感慨に堪え  のぞみとうて堪え  外人が、云うに堪え  注目されて居るに堪え  彼は堪え  堕落に堪え  悲しみをぐっと堪え  生活気分に堪え  恥に堪え  寂寥に堪え  芸術的に堪え  抽象表現に堪え  姿を見るに堪え  帰りたいのを凝と堪え  苦痛が堪え  ここで到頭堪え  彼は、堪え  孤独人の最も堪え  継父に堪え  憤慨に堪え  自分がもう堪え  彼自身に堪え  姑息手段に堪え  犠牲に堪え  前には、決して堪え  心にこの堪え  ひとりで堪え  ものに追ひ立てられて、更に堪え  ことが、既に堪え  否応もなく堪え  怒濤に堪え  苦しみともに堪え  弄するに堪え  凝視にはもう堪え  事はあまりに堪え  憐れみに堪え  労働に堪え  のは、堪え  不審に堪え  重みに堪え  輾して見ようかとも思ったが、どうしても堪え  さらに見るに堪え  平気で堪え  力で堪え  のを見るに堪え  力でようやく踏み堪え  空気に堪え  彼が、そのじっとしているに堪え  欠乏には堪え  艱難に堪え  追想に堪え  気持は堪え  ちゃんと孤独に堪え  そこから先をもう聞くに堪え  ことが堪え  感動に堪え  思いを堪え  それを振りかえって見るに堪え  空気充満して醜に堪え  視察すれば、醜に堪え  事に及ぶが如きは聞くに堪え  所を能くし、その堪え  所に堪え  愛子は堪え堪え  笞には堪え  圧迫には堪え  会話には堪え  事を思うに堪え  同居に堪え  同居に堪えなかったら、堪え  席に堪え  死顔を見るに堪え  観賞には堪え  のが堪え  葉子には堪え  のにも堪え  風にも堪え  傍らに見るに堪え  想像するに堪え  今までは気が付かなかったが、実に見るに堪え  弱点を弄ぶに堪え  らるるにも堪え  刺激に堪え  先に置くに堪え  血潮を動かすに堪え  拈定するに堪え  苦痛は堪え  仕舞にとうとう堪え  中で暮すに堪え  決心に堪え  一語を聞くに堪え  一人で黙っているよりも堪え  助は堪え  夜分寝ずに咳きますので誠に堪え  鶴雄にとっては堪え  少年にはもはや堪え  恐懼に堪え  口にされるに堪え  不自由に堪え  ように、また堪え  孤独に堪え  正視するに堪え  後日になっては、見るに堪え  から、堪え  心持は堪え  音があんなにも堪え  芸術的鑑賞に堪え  のには堪え  自分にも堪え  圧迫に堪え  ような、それでいて聞くに堪え  のが、堪え  屈辱に堪え  細君はついに堪え  顔になって堪え  さら心配に堪え  人間を学ぶに堪え  名状するに堪え  苦学に堪え  頭に響いてどうにも堪え  俺には堪え  静に養うに堪え  喜三郎はとうとう堪え  娘時代で一段と堪え  胸に、ひしひしと堪え  身にも、堪え  壊廃は実に驚くに堪え  母には堪え  憤懣に堪え  風に堪え  何としても堪え  者にとって堪え  鑑賞に堪え  ッと押し堪え  私には堪え  膝にすがって堪え  今日、堪え  スクリーンでは見るに堪え  ものに堪え  圧迫にも堪え  らるるに堪え  三四郎は堪え  羅綾にも堪え  もっともその堪え  身に堪え  至に堪え  一杯涙をため、堪え  虐使に堪え  さも堪え  殆ど見て居るに堪え  不満苦痛に堪え  生活に堪え  考えに堪え  気の毒に堪え  力には堪え  同慶に堪え  希望に堪え  技倆拙劣読むに堪え  断腸の思ひに堪え  自分の堪え  心に堪え  渇きに堪え  ことはもう堪え  徒の堪え  負担に堪え  いくらも堪え  横行に堪え  同席にも堪え  力を平然と堪え  方は、到底見るに堪え  寒には堪え  危く踏み堪え  彼の踏み堪え  且北条が敵し得ぬにしても長く堪え  ウムと堪え  腹の中に堪え  案外に固く防ぎ堪え  此処を堪え  鞭を受けましたが、とうとう堪え  のをも見るに堪え  文学者諸氏にはとても堪え  日本人には到底堪え  視線に堪え  国男空腹に堪え  空気には堪え  不平で堪え  世辞と来たら、堪え  勢に堪え  方を眺めていたが、終に堪え  家を見るに堪え  暑気に堪え  ことを考え出して、既にかつて堪え  のだから堪え  清は堪え  父様にめんじて堪え  顔べえしていて、堪え  辛抱して堪えに堪えて居たけれども、実に辛くて堪え  勘弁して堪え  鹽原角右衞門も堪え  のは堪え  困難を堪え  夕方には寂しくて堪え  墓を見るに堪え  独りでもう堪え  情には堪え  余は堪え  職業には堪え  それをじっと堪え  不名誉には堪え  感じがしたと思うと、堪え  苛責に堪え  生活にも堪え  不足に堪え  ものを堪え  愛吉は堪えかね、堪え  思いで聞くに堪え  気の毒で聞くに堪え  状態に堪え  注視に堪え  彼女に堪え  ものには堪え  矛盾に堪え  刀を持つに堪え  一切が思い出されて、つい堪え  紳士がどんな見るに堪え  圧迫が堪え  嘔気をやっと堪え  不自然さに、永く堪え  これは思うに堪え  同情されるに堪え  伸子はやっと堪え  ようにしっかり堪え  のを考えて堪え  臭気に堪え  不思議に堪え  瞬時も堪え  冗漫に堪え  空虚に堪え  さだけにも堪え  苦しみに力強く堪え  感服に堪え  学生は益々見るに堪え  艱難辛苦に堪え  野原を、堪え  水野が堪え堪え  慨嘆に堪え  放蕩に堪え  苦労にでも堪え  兵馬はついに堪え  笑止に堪え  生活が堪え  言葉とが、堪え  聴くに堪え  わたしに堪え  肉体労働に堪え  不幸に、もう堪え  それは堪え  当惑に堪え  君はついに堪え  間には、堪え  諸方馳ずり廻るには堪え  しかも堪え  吟誦するに堪え  卑きこと実に笑うに堪え  一読に堪え  侮辱に堪え  暮しに堪え  事にも堪え  事に堪え  困難にも堪え  ヘタすぎて、読むに堪え  バカらしくて読むに堪え  ますます不平に堪え  喜悦に堪え  自分ながら堪え  君は堪え  主膳にとっては堪え  まことに食うに堪え  ことがけねんに堪え  座中にはもう聞くに堪え  当人が黙って堪え  心配に堪え  仕草を見ていたが、とうとう堪え  重々感謝に堪え  ポーズに堪え  跳梁に堪え  部分品視されるに堪え  ようですが、堪え  ことが、また堪え  澄は見るに堪え  姿を見ると、むらむらと堪え  主膳は堪え  金助もついに堪え  ムクはけねんに堪え  後へ続くには堪え  狂うごとく、聞くも堪え  震動に堪え  圧力にも堪え  なかに堪え  私に取っては堪え  隔世の感に堪え  相の見るに堪え  のがなぜか堪え  面つきに堪え  悲しみに堪え  呼吸までが見るに堪え  笑いを堪え  思いに堪え  私は、とても堪え  羨望に堪え  痛快に堪え  燈火を点さなければ堪え  男には堪え  女には堪え  同棲するに堪え  彼女はすぐ堪え  眼にためながら、なにか堪え  ものを見せると、堪え  今まで堪え  旦那様はもう堪え  天井が近づき、堪え  ことは到底堪え  ことがあっても、きっと堪え  一ぱい溜て堪え  苦痛はすこしも洩れず、よく堪え  ことが、堪え  心外に堪え  不可思議に堪え  朗吟に堪え  朗吟にさえ堪え  こと、言わなければとても堪え  臭気を嗅ぐにも堪え  女を堪え  無聊に堪え  紹介するに堪え  女として堪え  重しに堪え  内職に堪え  髀肉の嘆に堪え  煩と迂とに堪え  支柱に堪え  洋服男は堪え  静子は堪え  微笑を堪え  のを踏み堪え  妾が堪え  何んとしても堪え  気ブッセイで堪え  旅感をそそるに堪え  目をつぶって暫く堪え  ことを聞くには堪え  のだが、ついに堪え  他流試合なぞに堪え  女伴の侮を受けるに堪え  私には見るに堪え  にわかに堪え  煩に堪え  悩みに堪え  緩慢で堪え  人間に堪え  行を共にするに堪え  工合といひ、堪え  一煩に堪え  今更遺憾に堪え  靴を脱ぎながら、堪え  かわり、こんな、堪え  苦しみにでも堪え  ことだけには堪え  さが堪え  苦労を堪え  のも堪え  命を辛くも堪え  事は堪え  きくに堪え  物を書いているに堪え  手持無沙汰に堪え  不快に堪え  おれには堪え  憐みに堪え  姿態にも堪え  単調に堪え  己に堪え  ショックに堪え  戦を見るに堪え  危険に責められるにつれ、堪え  不安を覚えだすと、堪え  場合には、到底生きてゆくに堪え  人の堪え  自分が堪え  腕を堪え  憂患に堪え  哀れに堪え  平凡に堪え  掌の堪え  活気に堪え  占むるに堪え  知らぬ顔で堪え  周平はじっと堪え  一人で居るに堪え  のを、じっと押し堪え  のを、強いて堪え  ことは、更に堪え  封をしてしまうと、堪え  悪夢を呼び起すに堪え  頃では堪え  稽古にも堪え  それがどうしても堪え  言葉を聞くさえ、堪え  周囲としてほとんど堪え  あこがれに堪え  技癢に堪え  さを見るに堪え  雪に堪え  様子がおかしきに堪え  おかしさを堪え  狼狽に堪え  ことが思い出されて、とうとう堪え  兵衛もさすがにもう堪え  三度つづいたかと思うと、もう堪え  紋作はじっと堪え  気性で、堪え  唇を噛んで堪え  痛手を堪え  身を堪え  紙一枚手前で、堪え  笑止千万に堪え  今、堪え  痴話が長いので、堪え  静けさには堪え  窮屈に堪え  受容するに堪え  恐怖に堪え  打撃に堪え  ますます同情に堪え  だんだんに弱って来て、果ては堪え  責め苦に堪え  仕事にかかり合っているに堪え  残念に堪え  想像にも堪え  味噌漬なんぞと聞くに堪え  谷へ来ると、ついに堪え  ように堪え  不衛生粗食に堪え  欝いで堪え  ようにしておろうと堪えていても、やっぱり堪え  ことを思ってみるさえ堪え  い死を見るに堪え  私情よりしても、堪え  の情に堪え  病気には堪え  飢えに迫って堪え  感傷に堪え  重圧に堪え  一日と思えば堪え  伝記を数え挙げるに堪え  翌年姉小路中将から懇望せられ、再三堪え  気配に堪え  批難に堪え  年月を堪え  予感に堪え  妙の如きは遂に堪え  座席にじっとしているに堪え  勉学に、どうして堪え  流石に堪え  肉体的に堪え  憧憬に堪え  大地につかまって堪え  黒馬車を待ちながら堪え  日本海の堪え  生活よりは堪え  艱難に黙って堪え  彼には見るに堪え  ように感じられて、しまいには聞くに堪え  苦痛で堪え  癌特有の堪え  いやで、堪え  予想するには堪え  綾羅にだも堪え  関雲長にあらざるよりは、堪え  量が堪え  風浪に堪え  己には堪え  姿として、堪え  重荷にも堪え  苦痛にも堪え  のは、堪えられませぬ、堪え  漂蕩に堪え  銀様が堪え  気にもなれず、そこで、堪え  情調に堪え  茶を煮るに堪え  誘惑に堪え  酸鼻には堪え  弊に堪え  咳を堪え  真直に立っているに堪え  彼女は淋しくて堪え  負担にも堪え  何に堪え  さ、堪え  から、とても堪え  時には、もう堪え  審査に堪え  人生に堪え  ことは、堪え  二人には堪え  辺ならば沈むに堪え  陰鬱に堪え  傷を背負って、それでも、堪え  虚無を堪え  やり方に、堪え  彼にはとても堪え  自由に堪え  それにも堪え  熱気に堪え  ほとほと感に堪え  嫉妬ぶりに堪え  風病重きに堪え  夜などは堪え  生存に堪え  何かにつけて堪え  独りで堪え  一つで堪え  悪口を黙って堪え  浩は堪え  彼はもう堪え  災厄に堪え  彼は遂に堪え  発作で堪え  寒気が堪え  物思いに堪え  ことにも堪え  心持ちは堪え  日がたつにしたがって堪え  さは堪え  感情をあくまでもおさえていようとしながらも、堪え  ことも堪え  ことになって、堪え  のを見ると堪え  職に堪え  空蝉の堪え  羞恥に堪え  ことなどは堪え  ことが思い出されて堪え  自家昂奮に堪え  こともあるが、そうかと思うと、聞くに堪え  から感慨に堪え  冷度に長く堪え  汚穢に堪え  経を読まされてもだ、それに平然と堪え  大将も堪え  ますます羞恥に堪え  断腸の思いがして堪え  熱火にも堪え  悲哀を見るに堪え  人生を堪え  子供たちを見るに堪え  ジェルマン夫人はもう堪え  運命を堪え  ことが、考えても堪え  私はもう堪え  のであろうが、じっと堪え  猥雑聴くに堪え  気の毒で堪え  片時も生きるに堪え  自責の念に堪え  侍従も堪え  悲しみにお堪え  のかと思いますと堪え  自分一人だけで思っているには堪え  侮辱にじっと堪え  散歩に堪え  親として見るに堪え  間さえ堪え  ように思われて、堪え  姫君には堪え  心がかりに堪え  通が堪え  愛情とに堪え  私は見るに堪え  殆ど使用に堪え  郵便局から戻つてきて、堪えに堪え  予想外に堪え  土地そのものが住むに堪え  今まで堪えに堪え  誇りに堪え  風俗思想には堪え  飢えに堪え  文学として読むに堪え  様子は、見ていても堪え  困苦に堪え  まことに笑うに堪え  圧力に堪え  彼と会うに堪え  しかし、もしも堪え  光景に堪え  私を掴み、堪え  ことは多分堪え  光にも堪え  子供心にも堪え  無慙さには堪え  今迄堪え  腹はむしゃくしゃすると同時に堪え  一とき聞くに堪え  寸秒も堪え  厭らしく堪え  二本しかないので、じっと堪え  気持を、凝と堪え  交渉が深まってくると、堪え  ことさえ堪え  あたしはもう堪え  あたしは、立っているに堪え  耳は鳴り、堪え  医学士山本正雄は堪え  生は堪え  情感に堪え  窮乏に堪え  収容するに堪え  喧騒にも堪え  憤激に堪え  好みには寧ろ堪え  小さな長吉にとっては、堪え  摩擦に堪え  訓練に堪え  憂いに堪え  喰ふに堪え  空襲に堪え  男は堪え  明るみを堪え  彼女は堪え  質問攻めに逢うかと思うと、堪え  頭痛に堪え  どれくらい堪え  任務に堪え  から同感に堪え  慙愧に堪え  それをじっと押し堪え  処置に堪え  十二分に堪え  時兼恋情に堪え  欧人が聞くに堪え  話のその聞くに堪え  餓渇に堪え  薬用に堪え  すゞが堪え  力を合して、堪え  武王これを見るに堪え  玉藻も堪え  頼長は聞くに堪え  烏帽子を着ているに堪え  苦しみとに堪え  真っ直ぐに立っているに堪え  玉藻はあくまでも引っ返して行こうとするらしいので、堪え  これを飽きずに堪え  目に堪え  掣肘されては堪え  待遇に堪え  其に堪え  趣を堪え  たびに、とても堪え  嫌悪に堪え  下手くそを極めて読むに堪え  使用には堪え  子供心に堪え  時天狗舞不出来にて見るに堪え  不便に堪え  蟄居に堪え  演藝野卑陋劣観るに堪え  僕は堪え  住するに堪え  状態は堪え  時、もう堪え  不満に堪え  毎日の堪え  歯をくいしめて堪え  歯癢さに堪え  の感に堪え  邦文としてもまた読むに堪え  片腹痛い心地がして堪え  事を成すに堪え  悶々に堪え  我ながら拙なくて読むに堪え  自分が小さく思われて堪え  応接に堪え  脾肉に堪え  心中不愉快に堪え  傷心に堪え  身の何とて堪え  悔恨とに堪え  折檻に堪え  妻は年中堪えに堪え  ことだけでも堪え  おかしいのを堪え  それだけではなかなか堪え  愁笑に堪え  こと、実に驚くに堪え  鬱を遣るに堪え  時雄は思って、また堪え  身を処するにも堪え  足に対して堪え  大雪でも堪え  二百回以上は堪え  体力の堪え  眼をとじて堪え  彼はとうとう堪え  八回までも堪え  ように荒れて、堪え  緊張に堪え  苦悩にも堪え  徒然に堪え  私ゃじっと堪え  むと堪え  苦笑いを堪え  悦びに堪え  青年自身も堪え  処を忍び、堪えがたきを漸く堪え  無念を堪え  出来事に堪え  十分強く堪え  ジッと堪え  それまで堪えに堪え  日月を堪え  身の上心痛に堪え  蔑視には堪え  憂愁に堪え  私はとうとう堪え  呼吸するに堪え  殆んど堪え  鉄道生活に堪え  それまで堪え  隱岐も堪え  喧嘩が起つて、聞くに堪え  愚かさでは堪え  らさに堪え  さはむしろ堪え  まり小さすぎて堪え  空隙に堪え  なほ孤独より堪え  舞踏室に坐るに堪え  踊りに堪え  行路に堪え  負担とするには堪え  はる滑稽に堪え  孤独ほど、堪え  荒波に堪え  煩労にも堪え  空虚でみすぼらしく、そして堪え  愛に堪え  響きを考へると、堪え  卑屈さに堪え  不自然さに堪え  左門は聞くに堪え  うるささに堪え  寄辺なくて堪え  皆おかしさに堪え  沈黙は堪え  それ故、堪え  想いを堪え  視線にも堪え  自分を堪え  日に、もう堪え  嘆に堪え  人生は堪え  市子のたまらない、堪え  憎悪に堪え  夜気に堪え  一切に堪え  臭気に時々堪え  静かに堪え  女にとっては堪え  米良の堪え  悲しみにさへ堪え  教育に堪え  健全だったので、それでもち堪え  ことであり、下らなく腹立たしいが、どうか堪え  因習に堪え  親愛に堪え  感情からも堪え  ことにはとうてい堪え  母が堪え  ことなどは、とうてい堪え  転換で、堪え  感覚には堪え  わたしの堪え  みじめさを堪え  体ではもはや、堪え  私がこうして堪え  状態では、なかなか堪え  疲れに堪え  私が生きながらえて堪え  辛苦に堪え  私が堪え  人でも長く堪え  苦難に堪え  私は坐っているにも堪え  武男は、憤りに堪え  二年ばかりも堪え  かなしみに堪え  彼はよく堪え  態度を堪え  母様も堪え  後悔に堪え  泉水が堪え  其痛みを堪え  真実憫れに堪え  悲みを堪え  はい堪えます、堪え  破調に堪え  想いに堪え  思慕に堪え  悪達者なだけにとても見るに堪え  刺戟されてはとても坐っているに堪え  もの脅迫から、とうとう堪え  足元からカメラを差し向けられると、堪え  破損して、長く住むには堪え  出血はげしく、立っているに堪え  焦燥に堪え  彼らにとって堪え  荒仕事には堪え  戯作者的残滓に堪え  重税に堪え  殊に感嘆に堪え  特に敬服感嘆に堪え  其弊に堪え  智通も堪え  憤怒に堪え  雨にも堪え  情愛だけでは堪え  苦役に堪え  可哀そうで堪え  座に居堪え  一覧を煩わすに堪え  盛るに堪え  辛抱したが、とうとう堪え  沈黙に堪え  ふんげきに堪え  圧えにおさえ、遂に堪え  拝し、よろこびに堪え  雑言に堪え  苦痛とに堪え  官能慾を貪るに堪え  偽りに堪え  収歛誅求に堪え  震えを堪え  修養と心得て、堪えに堪え  陣痛を、よくお堪え  ことでも、堪え  そこまで堪え  幸福を待って待って、とうとう堪え  支持力に堪え  不平を堪え  焦躁に堪え  思いを抱きながら連れ立っていたが、どうにもこうにも堪え  わして堪え  フランスには堪え  声が堪え  欣喜に堪え  歩行に堪え  ことも暫く堪え  郵便屋が、堪え  楯も堪え  良心も堪え  摺り足して、堪え  対象として堪え  一読羨望に堪え  場に堪え  人生観論を立てるに堪え  深みに堪え  僕は堪えよ、堪え  ことばかりに堪え  叫びに堪え  お前の堪え  静けさに堪え  幻に堪え  嘆きに堪え  庭を見ていると堪え  しかめ顔をして堪え  大声を上げて泣きたくて泣きたくて、どうにも堪え  素振りをおずおずながめて居たが到頭堪え  思いをさせるに堪え  譜を眺めるだけで堪え  仕舞にはどうしても堪え  胸をさすって堪え  わが身に堪え  歯を食い縛って堪え  恐縮に堪え  激情に堪え  自分には堪え  一日を送るに堪え  何もせずにただ見ているに堪え  方角へ近づくに堪え  短かい汽車旅行にさえ堪え  黙視するに堪え  原料高に堪え  強火に堪え  ようにして生き堪え  表情を浮かべまいと、強いて堪え  妊娠に堪え  必死に堪え  役はもう堪え  重量に堪え  欠乏に堪え  教授も堪え  音のするほど膨れ上って、なお堪え  鈍感さに堪え  癇癪に障って堪え  巡査を避けんとするは、聞くに堪え  冷さを堪え  冷さに堪え  中に居て久しきにも堪え  火には堪え  中にても久しきに堪え  苦辛に堪え  所謂脾肉の嘆に堪え  酸鼻に堪え  叫び声が堪え  苦痛、堪え  憫むに堪え  涙を見るに堪え  殆読むには堪え  不思議にも堪え  中で堪え  それはどうしても堪え  時に、もう堪え  静けさ、実に堪え  雲が小暗く流れて来たかと思うと少しの堪え  ことには堪え  流刑に堪え  私たちは見るに堪え  謙遜に堪え  傷手に堪え  老婆にはどうしても堪え  シビレを堪え  苦笑に堪え  それがあの堪え  から堪え堪え  女も堪えられるだけは堪え  母子に取って堪え  私も堪え  寝台には見るに堪え  吉里を見ていたが、堪え  自責に堪え  実用に堪え  月日によく堪え  雨に堪え  洗いに堪え  働きに堪え  ことは、恥しく堪え  舌に絡むので何とも堪え  さが、愈々堪え  痛憤に堪え  山奥へ行きたくなって、堪え  際に、堪え  さに堪えなければならない、堪え  臭気には堪え  心事同情に堪え  いざこざに堪え  病弱修学に堪え  可憐に堪え  写生画もまた見るに堪え  それを聞いて、え堪え  いやにだるくて堪え  喉が乾いて堪え  退屈に堪え  面を向けるに堪え  そのまま帰らむかと思えるならば、堪え  われは聞くに堪え  むと思いたれば堪え  われは堪え  殆ど住むに堪え  住居に堪え  苦痛をも堪え  刺戟が、とても堪え  不純に堪え  悪を罵っているのみには堪え  週期的衝撃に堪え  風害に堪え  多年酷使に堪え  モウ席にも堪え  太平楽、聞くに堪え  心配にも堪え  圧制に堪え  何だか気懸りに堪え  飢に堪え  赤面に堪え  それ丈で、どんなに動かされても堪え  荒涼に堪え  役に堪え  使役に堪え  冷気に堪え  用途には堪え  悲しみにも堪え  試練に御堪え  孤独感に堪え  座にもえ堪え  激動に堪え  前に居るに堪え  座にも堪え  「嘘」をつくに堪え  ことが、どうして堪え  それを想うてだに堪え  今まではしばらく堪え  ような、あの堪え  彼女は、堪え  何だか後頭部が重くて堪え  貧乏に堪え  記念するに堪え  年をとっては気ぜわしい、堪え  穢辱に堪え  其程感に堪え  身を支えるにも堪え  時代時代が堪え  矢張り謎に堪え  慾望に堪え  凡作見るに堪え  岸本は堪え  悔恨に堪え  老人感に堪え  辛抱に堪え  鶴見はよく堪え  同感に堪え  鶴見は堪え  まことに驚くに堪え  大、厭うに堪え  不遜軽躁に堪え  汚穢とに堪え  辱しめに堪え  さにも堪え  疎外に堪え  真実同情に堪え  婬猥不潔、聞くに堪え  吟味にも堪え  生存競争に堪え  比較に堪え  疑惑に堪え  苦悶が募って来て堪え  荷重に堪え  姿は見るに堪え  二時間とは堪え  彼らは今や堪え  汚辱を感じて堪え  気がして、また堪え  四十分もそうしていたが、とうとう堪え  心地になってじっと堪え  ますます気に障ったがそれでもなおじっと堪え  辛苦にも堪え  戦地では堪え  雙喜は終に堪え  眼にするに堪え  人には堪え  戦慄に堪え  子供のことには堪え  実験に堪え  二日ほどいたが堪え  三造には、堪え  苦悶には堪え  見送って、堪え  傷みと共に、堪え  ためにそこないつつ、堪え  飢えにも堪え  のは、面倒臭くて堪え  物に堪え  悩に堪え  懊悩さに堪え  境遇に堪え  僕にとって堪え  苦しみを堪え  ことにさえ堪え  彼女はおりおり堪え  空想によってこしらえあげられて、読むに堪え  猛然として、ずんと立って、堪え  ことになると、おそらく其の多きに堪え  重きは堪え  私に堪え  ように出来るだけ堪えに堪え  日々にも堪え  何かをじっと堪え  煩雑さに堪え  能く堪え  何物をもじっと堪え  心は堪え  見送って苦悩に堪え  ものならおそらく見るに堪え  風化に堪え  芸術家の堪え  術者も見るに堪え  苦境に堪え  二人とも堪え  冀望に堪え  窮乏とに堪え  君に逢うに堪え  お金の思わくを察して、堪え  もの堪え堪え  事を堪え堪え  心を見詰めるに堪え  特徴の多きに堪え  知らず心を惹いて堪え  さらされてさすがに堪え  航海に堪え  格闘に堪え  ハルワアドとは堪え  所行笑うに堪え  恐悦に堪え  時を経ると催して来て堪え  から遂に堪え  哀悼に堪え  眼に入るので遂に堪え  煩労に、考えただけでも堪え  不潔さに堪え  苦労に堪え  小言は堪え  時はよっぽど堪え  こともできないので、じっと堪え  冷汗三斗に堪え  出血には堪え  麻酔にさえ堪え  われの堪え  慷慨に堪え  ことが思われて、堪え  乎と堪え  のは尚お堪え  虫を堪え  静と堪え  巣が見るに堪えず居るに堪え  酒を見ただけで堪え  彼女にとって堪え  空虚には堪え  気持を、ぐっと堪え  家にいても堪え  科学性に堪え  何だか私には堪え  競争に堪え  困難も堪え  貞操を守るに堪え  それを見るに堪え  精一ぱいに堪え  きょうまで堪えに堪え  苦脳には堪え  どこかに堪え  持続に堪え  さまの見るに堪え  手前これまで堪えに堪え  それをすら強いて堪え  そこには生きるに堪え  ヒイと、堪え  文学化に堪え  ショックを堪え  かたに堪え  文句にはばまれて、読むに堪え  性的交渉を持つに堪え  感情に堪え  夏は堪え  映画が見るに堪え  まま、しばらく堪え  熱に堪え  後私はとうとう堪え  嗅覚が堪え  お嬢様に当り散し、聞くに堪え  苦痛に、もはや堪え  なつて決して堪え  嫉妬されてきて堪え  腹は立ちしが、じっと堪え  分別強く堪えて堪え  火のぱっと燃え立ちすぐ消ゆる、堪え  塔の堪え  悲劇性に堪え  懸念に堪え  懊悩に堪え  のは考えるに堪え  眼をさましもう堪え  借り物は堪え  昨夜のでんは堪え  これ以上考えるに堪え  収録するに堪え  痛恨に堪え  ゲームに堪え  謎ときゲームを争うに堪え  怪奇ごのみ、読むに堪え  泣き声を堪え  感謝をうけ取るに堪え  のかと思うと実に堪え  自己嫌悪に堪え  疲れがもう堪え  身にとりまして堪え  私はもう、もどかしくてもどかしくて堪え  心持ちが堪え  殆ど私の堪え  生存するに堪え  安住しているに堪え  うつろに堪え  一週間ほど経つと堪え  傍で見ているに堪え  苦痛にとうとう堪え  哀情に堪え  生活には堪え  塵事に堪え  重き苦しみに堪え  一つにすら堪え  病気に堪え  障子を見つめるに堪え  物には最も堪え  半日の遠きを行くに堪え  衝突が堪え  ひとつでも堪え  ポカンとしていましたが、堪え  苛責に、堪え  不安にも堪え  退屈さには堪え  教訓に堪え  苦情に堪え  ことなのですから、わざと堪え  じいと堪え  残虐に堪え  真赤にしてまで堪え  のにさえ堪え  



前後の言葉をピックアップ
応え  答え  答えよ  答えれ  答えん  堪えよ  堪えれ  堪えん  こたえ  


動詞をランダムでピックアップ
言いつけるいなめぶちあてるまどろむきざみ見廻しくみせよ持ち寄ろうけとっ組伏せことよせ誑し込ん粧いふりはなすつきつけれ駈る掻き口説き思し召さ過ぎれ飛出そ
形容詞をランダムでピックアップ
尊しめめしき小だかくきいろいかなしけれ頼もしから手あつかっ古めかしくかろ激しくまわりくどい面倒くさし悪きっぽき口さがない薄くひどい臭けれ