「噴き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 噴き[動詞]
渦を噴き  葡萄と噴き  不思議だったし、まるで噴き  馬鹿面なので、又思はず噴き  煙がまず噴き  鏡を覗いてみて、噴き  ヤンしよう、に噴き  こっちへ噴き  ぷうっと高く高く噴き  渦巻が噴き  音と共に、あのむくむくと噴き  炎となってしばらく噴き  上空から落下して白く噴き  内部から猛然と始まり、煮えたぎり、噴き  前方に噴き  風にひきはがされては噴き  飛沫が猛然と噴き  火が噴き  夜空へ噴き  火を噴き  溶岩が噴き  かわりに、猛然と噴き  ときに噴き  ように噴き  煙を噴き  涙が噴き  ひかりは噴き  花は噴き  抜け道へまで噴き  垢の噴き  彼等は噴き  水は、はた、ゆるく噴き  身をひたして、こんこんと噴き  吸入器が噴き  棚に噴き  水の噴き  飯は噴き  飯が噴き  様子をしているので、思わず噴き  ぷッと噴き  潮を噴き  空に噴き  湯が噴き  方に噴き  肋骨に打って、こんこんと噴き  火でも噴き  鼻血を噴き  人が見て噴き  鼻血など噴き  彼等は思わず噴き  家人は噴き  水は一旦噴き  あいだに噴き  蒲原夫人は噴き  女中が噴き  遠距離に噴き  大半を噴き  千五百米に減じ、噴き  之を噴き  ばりばりばりと噴き  頭に噴き  柱を噴き  虫であるからおかしくて噴き  青年に噴き  岩からごぼごぼ噴き  爆煙の噴き  入道雲が噴き  額に噴き  小田なら、噴き  岩礁を乗り越え、噴き  血を噴き  瓦斯を、はげしく噴き  火山灰を噴き  間から空へ噴き  裏ゆ金覆輪に噴き  自分からおかしそうに噴き  みんなはどっと噴き  胴中から四方八方に噴き  さまでささげ、噴き  僕は噴き  人々は思はず噴き  話、噴き  われながら噴き  抱へて噴き  のをきいて噴き  普蘭店で飲んだ噴き  日本ライン、噴き  層がむくりむくりと噴き  火の粉を噴き  焔が噴き  眼からまつかな焔が噴き  みな、噴き  口から血が噴き  鮮血が噴き  あとで噴き  香水の噴き  花を噴き  ピネンも噴き  雲を噴き  針を噴き  ガスが噴き  息を噴き  水を猛然と噴き  エンジンに噴き  火は噴き  血が噴き  火ぞ噴き  午後六時、また噴き  新緑の噴き  一条ぶつと噴き  勢よく噴き  地中の噴き  霧を噴き  一面に噴き  冷汗が噴き  条々と噴き  波が噴き  大袈裟に噴き  粉を噴き  底からぶくぶく噴き  血しぶきを噴き  煙を上げてをるもよく、噴き  閃光をパッパッと噴き  ヘルナー山頂に噴き  軟泥が噴き  言ひかけて、噴き  真直ぐに噴き  炎が噴き  おりから煙を噴き  粘液を噴き  索めて噴き  煙が噴き  野に噴き  蒼ざめた昂奮が噴き  形は変っても、忽然と噴き  悪臭が噴き  上に噴き  火や、噴き  屍が噴き  腹が立つというより、むしろ噴き  市場の噴き  草むらを噴きあげてむくむくと噴き  ものを噴き  外記は思わず噴き  やうに噴き  有様で、噴き  火穴より噴き  錆の噴き  魚崎はじめ同僚が噴き  火焔の噴き  蒸気噴き噴き  顏を赤くして噴き  飛騨は噴き  やうにして噴き  煤を噴き  さんさんと噴き  天然ガスを絶えず噴き  地表に噴き  芽を噴き  テーブルいつぱいに噴き  粉になって噴き  いつでも噴き  泡を噴き  会見して、噴き  子らよ、観よ、噴き  新聞記者は噴き  なかへ噴き  それが噴き  縄をふり廻しながら飛びだして来たので、噴き  毛穴から熱汗を噴き  ジクリジクリと、噴き  水を汲みに行く噴き  はずれにある噴き  光を浴びて次第に噴き  中高になった噴き  眼を挙げて、噴き  大股に噴き  朝早く同じ噴き  当分はあの噴き  これを噴き  水が噴き  



前後の言葉をピックアップ
拭き  吹き  不帰  吹きまくろ  不軌  附記    吹きまくり  吹き飛ばし  葺き


動詞をランダムでピックアップ
捲りほうり込み取合っ渦巻けすれちがおひったくら洗い直し詰寄吹い突通っ満ち足りる採り上げる馴れよとっつかまるつまみだす眠りもが鍛え惜しんなげよ
形容詞をランダムでピックアップ
まだるっこくよろしあまく苦苦し口惜しく重たく忙しなしまぢかしおもいがけなくしゃらくさいしちくどくほほえましい並びな未練がましく懶くうすい口やかましきよそよそし古う寂しくっ