「噛ん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 噛ん[動詞]
爪を噛ん  菜根を噛ん  脣を噛ん  唇を噛ん  歯を噛ん  煙草を噛ん  胸を噛ん  鉛筆を噛ん  まま爪ばかり噛ん  唇をじっと噛ん  土を噛ん  耳を噛ん  草を噛ん  葉巻きを噛ん  浪が噛ん  ちょっと唇を噛ん  泥を噛ん  言葉を噛ん  塩漬を噛ん  かまぼこを噛ん  進め方を、噛ん  真青に噛ん  豆を噛ん  それを噛ん  あくびを噛ん  皚歯に噛ん  指を噛ん  乳房を噛ん  前歯でぐっと噛ん  歯で噛ん  虫を噛ん  苦虫を噛ん  舌を噛ん  口を尖らし、むしゃむしゃと噛ん  筋を立てながら、噛ん  ようにして噛ん  味があったが、いくら噛ん  顔を眺めていたが、やがて噛ん  なにさ、噛ん  石炭を噛ん  水を噛ん  アレほど噛ん  手を強く噛ん  岩を噛ん  生欠伸を噛ん  歯ぎしりを噛ん  唇のふるえを噛ん  頬を摺りつけ、舐めてみたり、或は、そっと噛ん  石を噛ん  砂を噛ん  葉を噛ん  吸殻を噛ん  唇を軽く噛ん  泡を噛ん  口唇を噛ん  彼は噛ん  根を噛ん  みずから舌を噛ん  ことなど、噛ん  地を噛ん  唇をキリキリと噛ん  唇をキッと噛ん  臍を噛ん  牙を噛ん  つて唇を噛ん  吸口をがりがり噛ん  つもりで噛ん  ゴーリキイに、噛ん  藁を噛ん  父親の噛ん  角砂糖を噛ん  しらを噛ん  やつをゴソゴソと噛ん  肉はとても堅くて、噛ん  記代子は再び、力いっぱい噛ん  それ者が、くろもじを噛ん  諭示は噛ん  毛虫を噛ん  上に、噛ん  私は思わず噛ん  シッカリと噛ん  志免警部は噛ん  機嫌を悪くして噛ん  口で噛ん  云つては、もぐもぐ噛ん  さをギュッと噛ん  ように噛ん  手拭を噛ん  舌でも噛ん  餌を噛ん  氷を噛ん  唇をかるく噛ん  唇をつよく噛ん  木地を噛ん  袂を噛ん  一口端を噛ん  実を噛ん  ギリギリ歯を噛ん  柘榴を噛ん  パイプを噛ん  袖を噛ん  繪筆を噛ん  絵筆を噛ん  心を噛ん  友造と噛ん  鯣を噛ん  勢ひよく砂利を噛ん  云はせて噛ん  能登守は、噛ん  前垂をぎりぎりと噛ん  袖口で噛ん  吸口を噛ん  棒なんぞをがりがりと噛ん  三日前より、ちくちくと、噛ん  ギリギリと噛ん  端ほど噛ん  岸を噛ん  奴だ、噛ん  主膳は噛ん  間ペン軸を噛ん  蕪大根を噛ん  小骨がたあつ、噛ん  口へはこんで、考え込みながら噛ん  ものを噛ん  物でも噛ん  珠を噛ん  一房ごとに裂いては噛み、裂いては噛ん  糸を噛ん  砂利を噛ん  もう一度洗って煮て噛ん  川床を噛ん  穂先を噛ん  がんりきは、噛ん  鉄柵を噛ん  唇を深く噛ん  そのまま唇を噛ん  正成に代って、噛ん  歯がみを噛ん  悔いを噛ん  ベソを噛ん  こころみに噛ん  子どもらはよろこんで噛ん  花片をいっぱい噛ん  酸っぱい胡瓜をぽくぽく噛ん  子供が噛ん  消しゴムでも噛ん  まいど歯がみを噛ん  パックと噛ん  純化して、噛ん  無念を噛ん  さ加減を、噛ん  紋七は噛ん  彼等は、噛ん  身共がつむりを噛ん  一人が噛ん  白波を噛ん  脚と、噛ん  麻屑を少し噛ん  侍は噛ん  藤吉が噛ん  さきを噛ん  沢庵を噛ん  一塊を噛ん  道理を噛ん  気持でよく噛ん  樣に噛ん  奥歯を噛ん  毛里がひきとって、噛ん  口に入れて噛ん  味つけよく噛ん  穗を一寸噛ん  一寸と噛ん  夜着を噛ん  轡を噛ん  小さな茎を噛ん  さから、噛ん  ことを、噛ん  勝手にしやがれと、噛ん  外に向って噛ん  白泡を噛ん  急に、噛んで、噛ん  肩を噛ん  神の手を噛ん  肝を噛ん  懇に噛ん  ジイと噛ん  ままそれを噛ん  それから指を噛ん  角さんが、噛ん  易を立てて、噛ん  木を噛ん  ビスケットなどは噛ん  白齒をむいて撓まず噛ん  矢張根氣よく撓まず噛ん  白歯をむいて撓まず噛ん  矢張根気よく撓まず噛ん  唾を噛ん  うまい物を噛みに噛ん  美緒が噛ん  つてさ、あんまり噛ん  様に黙つて、噛ん  うつかり噛ん  貴様に噛ん  奥歯に噛ん  てゐたが、時々噛ん  喧嘩を噛ん  口びるを噛ん  種を噛ん  機械を噛ん  雪も噛ん  柔らかに噛ん  わけであるが、そのうへ、噛ん  諸君に噛ん  口髭ばかり噛ん  ガムを噛ん  者に噛ん  編集局長は噛ん  人を害すると、触れて害すると、噛ん  念を入れて噛ん  くちびるを噛ん  前歯で噛ん  齒で噛ん  豊富に、噛ん  あいだに押し込んで、ぐしゃぐしゃに噛ん  後悔ほぞを噛ん  博士は噛ん  煎り豆を噛ん  紙を噛ん  倉部巡査は噛ん  夢中に噛ん  唇をギュッと噛ん  鉄を噛ん  小豆を噛ん  白歯で噛ん  りりと噛ん  唇を堅く噛ん  リボンを噛ん  白雪を噛ん  眼玉をくり抜き、ぐしゃぐしゃに噛ん  それぞれにガムを噛ん  それまで噛ん  ガムも、噛ん  口に入り、しばらく噛ん  最後にはまだ噛ん  私に噛ん  根気よく噛ん  歯でよくよく噛ん  歯軋りを噛ん  チューインガムを噛ん  何かしら噛ん  蛇を噛ん  サイゴン米を噛ん  変化は、噛ん  干菓子などを噛ん  そうにキッと噛ん  喰べるので、噛ん  手を柔かく噛ん  ガチガチと噛ん  嘴で噛ん  米を噛ん  ゼムを噛ん  何時までも噛ん  さを、噛ん  雪を噛ん  気か、どうだと云って、噛ん  葉巻をガリガリと噛ん  中で噛ん  端を噛ん  薬を噛ん  葉巻を噛ん  豆も噛ん  犬歯で軽く噛ん  塩煎餅を取ってやたらにぼりぼり噛ん  歯をぎりぎり噛ん  何遍もかたく噛ん  我知らず下唇を噛ん  ところを噛ん  私を噛ん  上唇を噛ん  歯をぎりぎりと噛ん  襟を噛ん  貰ひたいと、噛ん  口へ入れて噛ん  木の葉を噛ん  茎を噛ん  範囲では噛ん  夕舂日を噛ん  顔もせず頻りと、噛ん  嫌つて唇を噛ん  チラと噛ん  支柱を噛ん  聲をして噛ん  反対に、噛ん  耳許に噛ん  籾を噛ん  三度ずつも、あの噛ん  脳を噛ん  肌を噛ん  パイプであるのに、すこしも噛ん  奥歯をぎりぎりと噛ん  霜を噛ん  唇を痛いほど噛ん  不安をにれ噛ん  ヤンを噛ん  種子を噛ん  唇を切れる程噛ん  ジッと噛ん  飯を噛ん  声は噛ん  南京豆を噛ん  馬が噛ん  もっと心を強くもって男らしくしなければならないと、噛ん  葉をむしり取って、噛ん  紳士に対して噛ん  豆をがりがり噛ん  おいもを噛ん  そうな、噛ん  血の出る程噛ん  中まで噛ん  此時私に噛ん  林檎を噛ん  かんしょうに爪をよく噛ん  草をむしりながら噛ん  ここへ来ると、噛ん  島裾を噛ん  かき餅などを焼いてもらってぼりぼり噛ん  玉を噛ん  頭をがりがり噛ん  経を解きほぐして、噛ん  叮嚀に噛ん  一句一句を噛ん  草をひきぬいて噛ん  形式だけ噛ん  レイルを噛ん  根に噛ん  コオルドビイフでも噛ん  感傷を噛ん  そつと噛ん  



前後の言葉をピックアップ
  観よ  咬ん  ガン    康太郎      かん  


動詞をランダムでピックアップ
関す思いとどまりおめにかから表せ問い質さ踏み止まる追い出さあわてふためい余ろ心得ろ追いすがっ申し越さ表わさ架かっ広げよ映せあてはめ骨折ろ紛わ叩き
形容詞をランダムでピックアップ
くちやかましいしたしかっさわがしかっ明るく麗しけれねむたいめずらしくっ少なくっ暑くっ気高き嬉しきうたがわし細うこまかき聞きづらいうるさけれずるいくすく際どき心細かっ