「嘲り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 嘲り[動詞]
自分を嘲り  モッケする嘲り  羅針とを嘲り  内気を嘲り  しぶき雨、嘲り  お十夜の嘲り  前での嘲り  人の嘲り  変人奇物の嘲り  天下の嘲り  且は嘲り  唯余を嘲り  将から兵隊まで、こぞって嘲り  から醒めて嘲り  彼自身を嘲り  伝が、嘲り  節操を疑い、かつ嘲り  季和は嘲り  皮肉と嘲り  世界中の嘲り  彼の嘲り  世を嘲り  自ら病躯を嘲り  舊を嘲り  伝蔵は嘲り  これを嘲り  於いて憎しみと嘲り  怒りと嘲り  併し嘲り  御身を嘲り  然様酷く嘲り  意気地なしの嘲り  はらわたはなしなぞ嘲り  是非を嘲り  ような鋭い嘲り  老婆が嘲り  気は起らないが、嘲り  おのれを嘲り  ものを嘲り  女を嘲り  下手さを嘲り  民百姓にまで嘲り  復活として嘲り  軽薄子の嘲り  鎖国説と嘲り  意味にも、嘲り  不注意を嘲り  愛校心を嘲り  蛆のごとしと嘲り  伊賀之助、嘲り  影が、さも嘲り  彼を嘲り  低能ぶりを嘲り  考えを苦々しく嘲り  口重々しく嘲り  口調には、いかにも嘲り  歯をむき出して嘲り  髑髏はさながら嘲り  不幸を嘲り  顔に嘲り  クラネクは嘲り  顔を嘲り  想像した、嘲り  犢鼻褌は古きや新しきやなど嘲り  僕を嘲り  のを見ながら、嘲り  しかも嘲り  叱責と嘲り  コーンは嘲り  代わりに嘲り  クリストフは嘲り  聴衆の嘲り  エマニュエルは嘲り  候ひし嘲り  今はただ嘲り  私はよく知っている、嘲り  ゲラゲラと嘲り  壮士輩の嘲り  端とのみ嘲り  人々を嘲り  人の褒めるは嘲り  がいに嘲り  後ろから、嘲り  夷なりと嘲り  月の光りを受けて、嘲り  片目を嘲り  空想と嘲り  矮身がと嘲り  勢なるが故に軽しめ嘲り  私を嘲り  友の嘲り  私は嘲り  口元に嘲り  巳はまた嘲り  高はちらと嘲り  顔は嘲り  杉は嘲り  それは嘲り  彼は嘲り  喜楽ですかねといふ嘲り  巳吉はその嘲り  誇りを嘲り  説が嘲り  いくらかの嘲り  世の嘲り  音を嘲り  不思議な嘲り  如く痩せたるを嘲り  皆を嘲り  やうな嘲り  真意は嘲り  こともない嘲り  ような嘲り  それを嘲り  病いを嘲り  男は嘲り  顔見合わせたが、思いがけない嘲り  さを、嘲り  中からの嘲り  信仰を嘲り  叔母がああ嘲り  共和政治とを嘲り  底で嘲り  二も無く嘲り  様な嘲り  苦むるを嘲り  世間の嘲り  誰なりや、嘲り  食を貪るを嘲り  神前にぬかづく如くなるをみて嘲り  神を嘲り  頬に刺々しい嘲り  政を嘲り  贖はんために、嘲り  昔の嘲り  ボニファキウスを嘲り  關係あるを嘲り  ために、ムラムラと嘲り  代りに、嘲り  目に宿る嘲り  それらの嘲り  王なりければ、嘲り  仕草と嘲り  芭蕉は、振り向きて嘲り  者を見もせまじ、然れども斯く嘲り  中を嘲り  ものなりと、嘲り  糸子の嘲り  馬鹿者だと嘲り  己自身を嘲り  うちに嘲り  ことを嘲り  死に冷たい嘲り  戲けて嘲り  怪人は嘲り  色気違いとして嘲り  



前後の言葉をピックアップ
あざけっ  嘲っ  あざけら  嘲ら  あざけり  あざける  嘲る  嘲れ  嘲ろ  あざとい


動詞をランダムでピックアップ
申し渡さ言付ける引合せる詰っ生き残る徹り拉ご現す臨ま移れかきよせるのりかえるあらせ注そたげる逸らせうつれ続けろ引払っ息まく
形容詞をランダムでピックアップ
心もとなし茶色くとぼしい淡かっくわしくぼろいなさけなき暗うしげけれ貴き涼しい久しかれうとうふるきにぎわしい好くっいかめしき手軽く物珍しきすべっこい