「嘆い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 嘆い[動詞]
やうに嘆い  事を嘆い  のを嘆い  力なきを嘆い  ア、と嘆い  学校へ行くべきであったと今更嘆い  ことを言って嘆い  抜け殻を見て悲しんだり嘆い  信心が起らないので嘆い  住職服部賢定氏これを嘆い  艶子はどんなに嘆い  強きを嘆い  さを嘆い  くせ老衰を嘆い  シャツは嘆い  偏狭を嘆い  母は嘆い  奥さんは猶嘆い  大阪が恋しい、と嘆い  身を嘆い  世を嘆い  そばを離れず、取乱して嘆い  悲しみもし、又嘆い  錆をやがて嘆い  地に伏して嘆い  ことを嘆い  親たちは嘆い  人びとは嘆い  無力を嘆い  星を仰いで嘆い  征服され終るであろうと嘆い  言つて中也は常に嘆い  行つて足がでるので嘆い  三十円で嘆いてをり、常に嘆い  わしも嘆い  不徳を嘆い  つた夢をふつふつと嘆い  獄裡に嘆い  宿命を嘆い  妻へ嘆い  腰もつかないばかりに嘆い  有様を嘆い  胸に抱きしめながら、嘆い  欠乏を嘆い  ものを、と嘆い  圧迫とを嘆い  点で嘆い  それを嘆い  私に嘆い  元祖は酔っ払って嘆い  ツモリだと嘆い  ぢさん、嘆い  これを嘆い  そればかり言って嘆い  自ら大罪を犯したと信じて嘆い  雪は嘆い  しだいに剥げて行くだろうと嘆い  寒が来さうなので、嘆い  何ごとかを驚き嘆い  社会を恨み嘆い  ことを痛く嘆い  運命をよく嘆い  不運を嘆い  自分を見直して嘆い  わが身を嘆い  運命を嘆い  父皇さえ嘆い  からくりを嘆い  護良が嘆い  はいられないと嘆い  彼女は嘆い  家主に嘆い  さまを嘆い  番頭らは嘆い  途はないと嘆い  ことに悲しんだり嘆い  不幸を嘆い  知らない私に嘆い  独り相撲に呆れ、嘆い  のを見て嘆い  憤激しながら嘆い  彼は嘆い  メルキオルは嘆い  拳が嘆い  身の上を嘆い  子供たちは嘆い  老母が嘆い  檻に閉じこめられて嘆い  甚しく嘆い  ひとりで嘆い  僕に嘆い  現在を嘆い  ヴェルネさんは嘆い  君のとだえを嘆い  のではないかと嘆い  遊離に嘆い  腹を立てたり嘆い  戦死を嘆い  人が嘆い  死を嘆い  死にたいと嘆い  声をあげて嘆い  天師にすがって嘆い  もっと力が欲しいと嘆い  ように嘆い  電柱へ縋って嘆い  久松も喜んだり嘆い  空を眺めて、嘆い  徒らに嘆い  溜息をついたり、嘆い  そう悔んで嘆い  切りに嘆い  足ずりをして嘆い  引合ひにだして大きく嘆い  称んで嘆い  自分を嘆い  既婚者を嘆い  場合に嘆い  世の中かねえといつて嘆い  約束に立ち返って呉れと嘆い  頽廃を嘆い  老朽を嘆い  嘆きに嘆い  事をも嘆い  堕落を嘆い  一しょに嘆い  しまつたと嘆い  重荷に堪えられずに、嘆い  呟やきながら嘆い  固陋を嘆い  さ中に嘆い  過酷を嘆い  心配したり嘆い  家族は嘆い  明治者は嘆い  杉は嘆い  千谷先生は嘆い  如何に嘆い  ことに思って嘆い  呪いまた嘆い  ことをしてしまったと嘆い  底に落ちて、もがき嘆い  涙ながら嘆い  破婚を嘆い  悪行を嘆い  身に嘆い  ことがあるといって嘆い  あきらめだ、さうして嘆い  うたひ嘆い  



前後の言葉をピックアップ
投げださ  投げ飛ばし  凪げ  投網  なげい  投入れ  投げ入れ  なげいれ  投げ入れ  投げ入れん


動詞をランダムでピックアップ
賭しうちころし煽ぐ飛び回っ瘠せ折合わ飾ら野次らかざせかたむく立通し欲ばるむかもり立てよ訊ねる恋い焦がれる綴ろねころべならしゃ飛びつけ
形容詞をランダムでピックアップ
気強ねばりづよいうらめしい人なつこ心強い懶かっめんどくさく辛気臭くこくっつめたじれったくよしなく物々しめでたけれ差し出がましき疑わしきほどよ有り難つまらなからひろ