「喬」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
喬の夭を天に誤り  喬といい  喬と呼ぶ  喬は疾くより先君策の室にむかえられ  喬之助は顔も上げ得ない  喬之助の存在に気が付いた  喬之助いじめをまたはじめようと  喬之助を取り囲んだ  喬之助には琴二郎という小さな弟がある  喬之助を嘲笑する  喬之助を見くびり  喬之助の前面へ片膝ついて  喬之助に含む  喬之助の知らない  喬之助が満座のなかで辱かしめられて来た  喬之助が虚心流の達剣であるということを誰も知らなかった  喬之助を顎でしゃくった  喬之助の頭髪を握った  喬之助の口から洩れ出ている  喬之助の顔を一同のほうへ振り向けた  喬之助は泣いていなかった  喬之助は大声をあげて笑い出している  喬之助はさっさと詰所を出て行った  喬之助のあとを追おうとした  喬之助を見  喬之助を会話へ持ち出して来て  喬之助に理があれば  喬之助のあとを嗅ぎ廻っている  喬之助の眼を見据えた  喬之助はこのことを知って  喬之助の体配りが  喬之助がニッコリ微笑した  喬之助はしずかに頭を下げた  喬之助へ大声に話しかけた  喬之助の声が聞えた  喬之助の眼に止まった  喬之助も本来の侍に帰って  喬之助の紅い口びるを叫び出た  喬之助は答えない  喬之助の低声が聞えた  喬之助が立っている  喬之助が体をかわした  喬之助の間にぴったり坐って  喬之助がすわっていた  喬之助めがけて振り上げた  喬之助を召し捕ろうとした  喬之助を振り返ったから  喬之助を恋していた  喬之助の間へ身を投げ出して  喬之助に熱恋を捧げている  喬之助の礼には答えなかった  喬之助の顔を見る  喬之助の身の振り  喬之助の前にすわった  喬之助の眼を見つめていた  喬之助もほほえんだ  喬之助が立ちかけた  喬之助へ打ち掛ろうとした  喬之助を見て  喬之助を一眼見た  喬之助を助ける  喬之助という影武者のいる  喬之助に会わせてやろうと  喬之助には黙って  喬之助の弟琴二郎をおびき出して  喬之助いじめに日を暮らした  喬之助の髪を握って  喬之助だけは見  喬之助の放心した  喬之助が尻の下に敷いているのみか  喬之助の手に白刃が閃めき  喬之助の吹く  喬之助が前記の如く抹殺線を引いて  喬之助様がい  喬之助に会わしてやろうと  喬之助がいるから  喬之助と思い  喬之助がいると聞かされて  喬之助がいて  喬之助そっくりの男が立ち出でたので  喬之助の前にガックリ崩れて  喬之助を捕まえるからというので  喬之助に繩打って  喬之助を狙う  喬之助のために首を掻かれている  喬之助がおると  喬之助を見つけ  喬之助めを討ちとって頂きたいと  喬之助は手慣れの  喬之助について直ちに引っ返すかと  喬之助の事件も打ちあけて  喬之助の知らぬ  喬之助が四谷をさして宙を飛ぶと  喬之助ではなくて茨右近であろう等とは脇坂山城守ゆめにも知らないから  喬之助の手に掛る  喬之助を救おうという  喬之助を援助するがごとき  喬之助を喧嘩渡世の茨右近と見誤り  喬之助がおる  喬之助と音松と眼が合うと  喬之助を見下ろしていたっけ  喬之助への嫉妬を掻き立てて  喬之助を玩弄しつづけ  喬之助めに繩打つ  喬之助討ち取りの  喬之助討取り  喬之助の横顔に据わっていた  喬之助を包囲して  喬之助討取  喬之助が顔を出すとは  喬之助のほうへ手を伸ばした  喬之助に追いすがった  喬之助の姿が見えない  喬之助がいる  喬之助はここにいるぞ  喬之助はこっちにおる  喬之助に会って  喬之助のほうは埓が開き  喬之助があんなことになったから  喬之助の妻女園絵をつれて来て  喬之助を首にしてやろうという  喬之助の首を見る  喬之助のうしろのたたみに突き刺さった  喬之助とばかり思いこんで  喬之助から聞き知っていて  喬之助が立っているので  喬之助が近づいてくる  喬之助を一しょに見て  喬之助に挾まれて  喬之助はフッとおかし  喬之助の妻園絵を芝源助町の神保造酒の許へつれこめば  喬之助の秘密にも関与して  喬之助の妻園絵の身代りに送り込もうとしているなどとは  喬之助妻園絵という事を口に出しては  喬之助の件につき相談に来ると言って寄こした  喬之助の妻ではないかと問われて  喬之助どのが亡者と貼紙して  喬之助を捜し歩いている  喬之助が三人いる  喬之助召し捕りを  喬之助に繩を打つ  喬之助に最後の時が来た  喬之助を逃がした  喬之助はニッコリ礼を返して  喬をもらって  喬は彼の部屋の窓から寝静まった  喬はただ凝視っている  喬は心の裡に定かならぬ  喬のところへやって来た  喬はそんななかで青鷺のように昼は寝ていた  喬は彼の心の風景をそこに指呼する  喬がそんなに夜更けて  喬は思った  喬は堪らない  喬はたびたびその不幸な夜のことを思い出した  喬は思い  喬は四条通を歩いていた  喬は満足に物が言えず  喬は屈託した  喬は自分が解放される  喬は足もとに闌れた  喬はそんな話を聞きながら  喬はその話を聞いた  喬はその醜い女とこの女とを思い比べながら  喬は寝ながら  喬は心の中でもう電車がなくなっていてくれれば  喬は思う  喬は朝靄のなかに明けて行く  喬はそのまままた寝入った  喬は丸太町の橋の袂から加茂磧へ下りて行った  喬はそこに腰を下した  喬は風に戦いでいる  喬はそんなことを思った  喬は夜更けまで街をほっつき歩く  喬は自分も酒に酔った  喬は腰に朝鮮の小さい鈴を提げて  喬は自分がとことわの過ぎてゆく  喬の心を顫わせて鳴った  喬の現身は道の上に失われ  喬にはどの夜もみな一つに思える  喬はその光を見た  喬にさう  喬い木の枝に休んで  喬い欅や樫や椎の木にまじつて椋の木や櫻の木などが鬱蒼と溪から山腹を覆  喬之助婆さんが若い女の子を連れて上がってきた  喬を抱いて  喬に少しづつ鍋の中のものをよそつてやりながら  喬を引きと  

~ 喬[名詞]1
さ気に喬之  中断されていた喬之  一同は喬之  胸底にある喬之  新参の喬之  両手を突いている喬之  頭から喬之  介が喬之  たびに喬之  池上新六郎が喬之  畳を蹴立てて喬之  前後して出て行った喬之  ための喬之  終いに来て笑い返して出て行った喬之  家からは喬之  ひそかに喬之  一分の隙もない喬之  茶の間の喬之  台所から話しかけられた喬之  茶の間から喬之  ッくと起ち上った喬之  武士だった喬之  茶の間にいるとばかり思っていた喬之  化しさっている喬之  風を切って喬之  壁辰と喬之  弟思いの喬之  本人の喬之  出奔中の喬之  強か者の喬之  細心な喬之  にこにこしながら喬之  立派に喬之  父親と喬之  自分が喬之  十手をひらめかして喬之  美男である喬之  義理を立てて喬之  向うに廻して逃げまわっている喬之  久しぶりに喬之  良人の喬之  お尋ね者の喬之  先に立って喬之  ムンズと喬之  逐電した喬之  瀬もある喬之  茨右近方へ帰り着いた喬之  園と謳われた喬之  同居人の喬之  土八幡の喬之  顔を喬之  そこに喬之  一つからも喬之  園絵と喬之  首にした喬之  優男の喬之  まんまで喬之  手で喬之  ほんとの喬之  足で喬之  のが喬之  中から喬之  外ながら喬之  あそこに喬之  執拗に喬之  ところの喬之  ように喬之  顔を釣り上げようと喬之  ように伏していた喬之  一緒に伸び切った喬之  先の出て行った喬之  真個の喬之  ほうの喬之  ベツの喬之  別の喬之  とっさに喬之  いまここにいた喬之  どっちが喬之  十手から救った喬之  妻のある喬之  山城守が喬之  尾を引くと見えて喬之  柄を下げて払い落した喬之  ように退った喬之  ように伸び切った喬之  右近を喬之  人相を喬之  右近の喬之  二人の喬之  茨右近と喬之  源助町の喬之  妙を喬之  今夜一人で喬之  隊を組んで喬之  間違いに事寄せ喬之  なかの喬は  のかと喬は  帰つたら喬に  そこは喬  清元の喬之  弟の喬を  謙一は喬に  さうな喬を  老木になったほど喬  

~ 喬[名詞]2
その喬  はじめて喬  ぴたり喬  この喬  あの喬  美しい喬  今にも喬  すでに喬  せっかく喬  そのまま喬  必ず喬  わざと喬  早く喬  当の喬  どうせ喬  どうして喬  

複合名詞
橘家円喬  喬生  四喬岳  二喬岳  日喬生  翌日喬生  喬僉知  太守喬瑁  喬瑁軍  喬瑁  喬氏  喬公  喬家  二喬  喬国老  喬老  神尾喬  侍神尾喬  まま喬  番神尾喬  自然喬  その他喬  兄喬  すべて喬  書院番神尾喬  喬様  喬さま  良人喬  いま喬さま  喬さまッ  喬さん  兇刃神尾喬  番士神尾喬  対喬  先刻喬  二人喬  単身喬  土屋喬雄  橋本関雪土田麦僊西山翠嶂西村五雲石崎光瑤徳岡神泉小野竹喬金島桂華加藤英舟池田遙邨八田高容森  青山喬介  喬介  親友青山喬介  とき喬  喬介並  それぞれ喬介  竹喬さん  青年小峯喬  小峯喬  喬さ  小峯喬ほか二人  喬さんとこ  小峯喬つて  小松敏喬  言つて小松敏喬  小松敏喬はじめ  喬庵  土屋喬雄氏  訳者杉本喬氏  圓喬  うち喬僉知  喬野  喬野部落  才圓喬  小田切喬さん  喬彦  厚母喬彦  松江喬吉  まま松江喬吉  佐々木喬農学博士  雫石喬村  喬村  喬村君  



前後の言葉をピックアップ
      高師  隆太郎  たかし  高し      孝志


動詞をランダムでピックアップ
立ち寄っ力つき調う嵩みにじりよっ読み通せ如くいいすて塗り立退いさきだた積重ねよはしり考え出そいだけ憾みのせれ転がれ渇け申し送
形容詞をランダムでピックアップ
野暮ったい委しから歯痒い弱くみっともなかっ乏しけれ善うすくっうらやましくにがう古から疑い深くっわかわかしく憎く福々しすきずきむさき遍うあしいはしたない