「喉」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
喉に故障のある  喉がひつついて  喉や顎に当たった  喉も乾いた  喉にかみつこうと考えた  喉につまって  喉の渇きを感ずる  喉につまった  喉をしめている  喉が渇きませんか  喉に巻きつく  喉がかわいた  喉や三味線を離れて  喉をころがしたり  喉はからからになる  喉の乾いた  喉へは通らない  喉を鳴らしている  喉の下などを任せている  喉から老人のようにしわがれた  喉の奥から手の出  喉にぶらさげて  喉がぎくりとしてつかえてしまった  喉のところでごつつりと折れて出た  喉の渇く  喉のところに灸でもすえられた  喉まで出か  喉をごくごくいわせていたが  喉のあたりから上をすっぽり包んでしまう  喉が渇いていた  喉から独りで笑いが飛び出してきた  喉を突きあげた  喉の渇きと疲労のために太平の全身は痛んでゐた  喉を押へて両の拳でグイグイ突きあげた  喉が乾き切つた  喉が渇いてひり  喉の中へかたまりがこみ上げて来る  喉をせめつける  喉の捕縄をつかみながら  喉の筋は蚯蚓のように太り  喉まで出  喉をうるおそうとして  喉をからして  喉のかわきを止めるとしよう  喉から転びだす  喉の奥から心から送り出す  喉を沾すと  喉を締めている  喉が渇いたので  喉をうるほすに足る  喉を括  喉から銀の鈴を振る  喉につかえてしまった  喉を鳴らして飲み干し  喉にくいこませた  喉をからしている  喉が干からびるほど  喉は通らないよ  喉もたべてやりましょう  喉にくいこみました  喉の痛さを覚へたので私は傍らの水桶をとりあげると  喉を見せて歩く  喉を振り搾って  喉を搾りあげて  喉から肩のあたりは露出になっていた  喉をなでる  喉が痛んだので  喉の下で起つた  喉から出る  喉から出たらしい  喉が渇いてね  喉ぼとけを渇かせて  喉までその人の名を洩らしかけたが  喉まで衝きあげた  喉をグビグビさせて怨んでいるのに  喉の渇きと耳の痛さを一緒に知った  喉から出るばかりでした  喉のところまで込み上げて来たが  喉にアデノイドがあるという  喉を通らず  喉なんかを聞かせちゃ  喉へからませた  喉をおさえる  喉の骨がうごいた  喉を通った  喉へやろうとする  喉に流し込むと  喉に乾びつく  喉の乾きとで誰も彼もみんなへばった  喉の枯れるほど  喉につき上げて来る  喉まで出かかった  喉の嗄れた  喉の乾く  喉の掠れた  喉が乾いた  喉にも通らぬらしい  喉を通り  喉へつかえて  喉の奥に呻いた  喉をうるおしたが  喉に巻きつけた  喉を突いた  喉を塞いで  喉に矢を立てた  喉から手の出るほど  喉へ塞がった  喉の渇に責められた  喉を下らない  喉へ水でも流しこむ  喉まででかかったが  喉の乾きに気づきます  喉を詰まらせる  喉は破れし  喉が少しはれて居る  喉の工合が悪かったので大変用心をする  喉がつまった  喉をつまらせる  喉にひっかかった  喉まで出かかっていた  喉まででかかった  喉を鳴らし  喉を反らせ  喉を川風にふくらました  喉のかわいている  喉を聞かせる  喉に突立った  喉深くひっ込んで仕舞う  喉の奥でひとりうめいた  喉を潤し  喉に音をさせて飲んだ  喉を濡した  喉を鳴らして  喉を鳴して  喉をギユツと絞めたりした  喉から胸へ流す  喉を詰らせた  喉が張り裂けるまで  喉の鎌形傷の始まるまえに  喉を鎌形に抉る  喉ばかり切る  喉をかわかして  喉のあたりに眼をすえると  喉から手が出るほどだったが  喉へこみあげた  喉が裂けるほどに呼びながら  喉にもあたる  喉も破れよと  喉が破れるほど呼びつづけて  喉の贅肉は日増しに奇妙なふうに盛りあがってきて  喉に絡まつな  喉に絡まつた  喉にふさわしい低い幅のある  喉から突嗟にしぼり出せる  喉の粘膜に白い義膜が厚く拡がり  喉などとひと通り見  喉を引搾って唱い出した  喉を潤ほした  喉も渇く  喉になにかがつかへてゐる  喉を鳴して口ごもつた  喉を聞かせ  喉へ通らなかった  喉が潰れませう  喉が潰れても  喉の干いた  喉が乾いたから  喉が乾いて  喉と腹だけに力を忍ばせて怒鳴るだらうが  喉から絞り出される  喉を以てこれを真似る  喉の乾きを医す  喉にひっから  喉を切り裂いて差し込んだ  喉の奥に痰がからまってぜ  喉をつまらせ  喉を締めつけられる  喉にあてた  喉を見せて  喉をうる  喉を詰らせる  喉をころがして居ります  喉がつまつて声が出ぬ  喉につかへて出なくなるほどの  喉を鳴らした  喉をしめて息の根を断つという  喉を使わない  喉を持しなり  喉にまいてある  喉から出た  喉に火の玉でもつかえてる  喉を蔽い隠している  喉に引っかかって  喉の奥で癖の笑ひ  喉から飛び出してくる  喉が渇いて来て  喉の奥で鳴る  喉に入れると  喉につかえた  喉から僅かに洩れて  喉に通り  喉が渇いていて  喉から洩れてきた  喉から手が出  喉を鳴らしながら甘ったれる  喉をならしながら  喉からの力の失われている  喉を通らなくなった  喉のかわきをおなおしなさい  喉が渇いて  喉が許すまい  喉の中へ機械を入れて  喉をしらべた  喉が開くのに  喉の奥まで言葉を出しかけた  喉もつまるほどせき上げられる  喉へへえらねえ  喉の乾きを覚えた  喉を通る  喉へ丸が上って来る  喉を巻いたりして居る  喉と唇とに堰かれながら  喉が大きく動いて  喉もふさがってしまっていた  喉はあえぎたいほどにひからびて  喉がかわききっているので  喉を見つめていたが  喉を霑して  喉をころがして  喉に支え  喉が渇いて来ました  喉を射ぬいたので  喉の渇いた  喉の膨らみの  喉がつまって  喉を鳴らすけれど  喉を突き出して言う  喉に指を当てる  喉や腋を擽っても  喉を突き出し  喉に触れる  喉を過ぎる  喉がひどく乾く  喉をならす  喉へとほりません  喉を高く反らせて  喉ぶえも裂け  喉をうるほす  喉にクックックッとこみあげる  喉の所で抑えてしまった  喉につかえて残っとるて  喉を干からばした  喉を攻める  喉の所はもう泣きかけていた  喉にかけてあてがってやると  喉を突かれて  喉に流しこむ  喉をうるおしけり  喉の奥で笑う  喉の奥で笑った  喉を塞らせた  喉まで出た  喉でも突き刺された  喉を押えつつ  喉が渇いていたから  喉が渇いて居るので  喉が渇いたとか  喉が渇いて渇いて  喉が渇いて仕  喉がどうかした  喉まである  喉は笛のやうに鳴るかと思ふ  喉をしめつけ  喉が痛むほど  喉につっかけてくる  喉がい  喉へものを閊えさせた  喉の奥をわるくしたのよ  喉なんかじゃあるまい  喉の乾きついた  喉を湿る  喉が渇く  喉が渇いてる  喉をうるおして  喉へ通る  喉を鳴らす  喉をごろごろ鳴らしたり  喉をごろつかせたり  喉を鳴したり  喉を鳴す  喉がつまつた  喉へ来  喉を撫でたり  喉を撃って死んでしまった  喉を聞かせていただきたく存じていた  喉に通るや通らずで  喉まで突っかけて来ていても  喉を突いていた  喉が渇いてならねえ  喉を鳴らしたり  喉まで締め上げた  喉へは通り兼ねます  喉の渇きを感じ  喉が渇きました  喉へ落ちてゆくと  喉太い汽笛が鳴り響いて来た  喉太い其の地声を聞いてゐる  喉に通はせてから  喉が乾いて萎れかけた  喉の骨が鳴ったりする  喉から発する  喉を鳴らしてやって来た  喉をもっていようとは  喉から聞こうとは  喉に通りませんでした  喉が渇いているので  喉を締めた  喉を休ませる  喉を鳴らして飛びつきたい  喉の中央には深い横皺が幾筋も刻まれていた  喉を鳴して飛びつきたい  喉を振り絞  喉の中央には深い横皺が幾筋も彫  喉へ少しばかりの傷をつけてくれ  喉を突く  喉の奥へおくりこむ  喉で鳴る  喉へ通らない  喉の奥のところに固いかたまりのようなものができて  喉の奥を締めつけたりする  喉の奥へ送り込んだ  喉をつかむ  喉を鳴らしながら  喉をつまらせて  喉まで出しかけたが  喉は膨れて  喉に絡まる  喉まで出かかって  喉が掠れて  喉は渇くし  喉くびを横へ上げて  喉でわめいたのみで  喉につかえて出なかった  喉を濡おしてあたりをじろりと見廻して  喉に引ツ絡むで  喉には今更変った  喉を噛まれながら  喉が乾いて居ると見えて  喉の軟骨のつぶれる  喉のあたりが赤むくれにな  喉が低く鳴っていた  喉の鳴る  喉を湿おす  喉をぐうぐう鳴らしている  喉に何か詰っているという  喉をいっぱいに開けて  喉へ押し込む  喉によって普く歌われている  喉で歌はれてゐる  喉にあつめて  喉から血が出さうだ  喉を振りしぼり  喉をあつめて  喉が乾く  喉でさけんだ  喉が渇いた  喉に生唾をつかえさせた  喉に入り  喉ふかくまで突ッこんだ  喉がつぶれて嗄れた  喉をも刺戟しない  喉へかけようとしたが  喉にかかっている  喉は締めあげられ  喉に真紅なハンカチを巻きつけて  喉が腫れふさがって困ったと言いふらしていた  喉がかわいて  喉を焼く  喉も破れ  喉の中をスポンジボールがころがる  喉を通って  喉へは通らないで  喉をつまらせた  喉の塊りを呑み込んで  喉に湧いて来る  喉のかわきをこらへつつ夜寒の夜具にちぢこまる  喉を鳴らし始めた  喉の渇いている  喉ぼとけを転がした  喉のへんで圧しつぶされた  喉を通して腹に入れた  喉へ通した  喉の外へ逃がして  喉にひ  喉をしめつけられ  喉だけが焼けた  喉から洩れでる  喉にからんだ  喉が渇くと  喉を害する  喉へ棒でもさされてゐる  喉を沾すに足る  喉を越さない  喉もつぶれた  喉がぐるっと鳴って  喉が裂ける  喉のつまる  喉の裂けるまで囀り交わしている  喉を潤ほす  喉を慣らしていた  喉に黒い固りが閊えた  喉がビクビクと鳴る  喉のつまり  喉を鳴らしてるって  喉をやわらかにして  喉を絞めたとしても  喉を聴かせる  喉に唇を当て  喉を突こうとするらしい  喉を刺された  喉をえぐったらしかった  喉からあふれ出る  喉の奥にのみこんだ  喉をしめていた  喉もはりさける  喉をしめた  喉を強く絞めて  喉を絞めた  喉を斬った  喉の切り口や頬のあたりには糊紅をしたたかに塗った  喉へかけて  喉を突き破られていた  喉を突こうとした  喉を強く絞めたとみえて  喉から手を出しかねない  喉をしめつける  喉の痛みが何時までも癒らなければいいとさへ  喉がまた痛みだした  喉がひどく惡い  喉の痛みが何時までも癒らなければいいとさえ思っていた  喉がひどく悪いように思い  喉と胸を刺されていたが  喉を絞められていた  喉を紋められたというよりも  喉を絞めようとした  喉を鳴らして食い振り  喉を突かれて死んでいる  喉と足を啖われたらしい  喉を咬んだらしいと云う  喉を突いたり  喉を刺し  喉の傷をくるくる巻いた  喉の傷を痛めたとみえ  喉へ突き刺してから  喉へ突き刺すと  喉に傷を持っている  喉のところに掻き  喉を突くと  喉を掻きむしった  喉の傷口を剖かれ  喉に彼の拳に彼の膝に三千円の大洪水が溢れだしたので  喉を湿らせて  喉を絞めました  喉の下の所に種々短い金の鎖の上に有名な黄金の十字架が輝いていた  喉に啖い付いたので  喉へは通らないらしかった  喉でも絞めようとする  喉を突き切った  喉を突いたらしい  喉を湿めそうじゃないか  喉をしめながら  喉をしめる  喉がすこし楽になった  喉へ飛びついて行った  喉をつまらせては  喉をしめて縊死をとげていた  喉の下にある  喉を斫る人もあるし  喉の動脈を斫って血を絞り出さねばならん  喉を斫って出した  喉の孔へ落ちる  喉に甲状腺といって  喉をいっぱいに張って  喉につまらせる  喉の前にその上着を抑え  喉をなで  喉も張り裂けよとばかりに  喉を聴いて  喉から絞り出した  喉からいくらでも込み上げて来て  喉にひっからまって  喉をなでながら  喉なので聴衆は皆感嘆する  喉で蝉丸の山入が始まる  喉がつかえ  喉が渇くが  喉を鳴らしていた  喉がつまる  喉をとおらない  喉に流し込んでいる  喉をつまらした  喉もかわいているし  喉を突いて死んでいた  喉に突き立てたり  喉の奥で息をしながら  喉がつまり頭が逆上せていた  喉がしめつけられた  喉にはいってきた  喉が痛くなった  喉をかすらして尋ねた  喉がひきつり  喉で今日はと言った  喉には言葉がまだつまっていた  喉が渇いてし  喉の乾きが少しはなおるかも知れねえよ  喉から出そうとした  喉を涸らして呼んでいた  喉をひきつらしながら尋ねた  喉を潤しながら  喉から手が出るくらいな  喉の奥につかえで出てこなかった  喉の奥から一種の唸り声を発した  喉から可笑しなハズミで転げ出て行く  喉を駈け出る  喉は乾いて居るし  喉の皮一枚を残して  喉につかえて  喉をつまらせながら  喉が吹つきれたと見えるな  喉を鳴らしてゐる  喉も裂け破れる  喉から華々しい頌歌が起った  喉はからからに乾いて  喉までつまるまでは  喉では大きな栗毛虫は容易に通らない  喉をぶちぬかれて  喉をうるおそうとした  喉もかわかず  喉をからしながらいけないと叫んでる  喉をのぞかしてる  喉にかかった  喉にかかる歌い  喉や顔に塗られる  喉の奥から声を出し  喉をひきつらしながら  喉をつまらしながらののしった  喉をつまらしていて  喉に息をはずませ  喉をしめつけられる  喉をひきつらして  喉をつまらしていた  喉が鳴った  喉はくれぐれお大切に御活動下さい  喉が塞がる  喉が渇い  喉が渇き  喉の裂ける  喉は渇いているが  喉の渇いてる  喉を潤した  喉をついて仕舞った  喉をならした  喉もかれ  喉を鳴らしていますね  喉に通らなかった  喉に蜜柑を二個貪り吸うと  喉が涸いて死に  喉につかへて出ないので  喉がつまり  喉や胸や頭や心臓をたえず悩んだ  喉の中を通って  喉で囁いた  喉の中に何か固くしこる  喉が渇いている  喉へくるといふので  喉を刺されるかわからない  喉をつまらしながら言った  喉がかわいてゐましたので  喉を割いてやりたい  喉をゼイゼイ云わせながら  喉も動かさずに  喉は乾き眼はいらついて  喉がしめつけられていた  喉が渇いてきたので  喉へこみあげたが  喉のなかに吹き込んだ  喉を通らなかった  喉から手が出る  喉から胸に吹き込んで  喉からは変な水が湧いて来る  喉がセラセラする  喉から變な水が沸いて  喉から出なかったり  喉からは少しも声が漏れなかった  喉の中へ吹き込み  喉の奥が空々しく鳴つてゐるだけなので  喉をならしてすり寄ってくるが  喉からはなんらの声音も出なかったろうが  喉に塞つて来て  喉の渇きが甚しかった  喉をせかれた  喉に下りかねるからであった  喉の傷口に巻いてある  喉に下りかねよほどの  喉を気持よく鳴してゐる  喉を鳴らしはじめた  喉が鳴る  喉に骨の立ちしを取る  喉よりただちに下る  喉へ噛みつき  喉を出て来ない  喉に指先をつき込む  喉や腸に故障が起ったらしく  喉を突いたが死に切れず  喉の工合が悪いと云う  喉が見えた  喉を思ひ  喉をうるおわす  喉を弾ませた  喉の渇きも忘れる  喉と思はれる  喉をしめつけられてしまった  喉をひいひい鳴らしていた  喉のおくで唸ったので  喉に飯がとほらない死んだ  喉の乾きに駆られるので  喉が硬張つて声が出  喉に流れ込むかしれた  喉がかわいていらしてよ  喉へ通らず  喉へ突き立てようとした  喉の創を覗いて見ますと  喉をしつかり  喉を押へてゐた  喉の傷をのぞいて見ますと  喉をしっかり押えて  喉を押えていた  喉が団扇のように脹れ  喉がひつつき  喉の奥から出るというに過ぎなかった  喉を鳴らすの  喉へ嚥み下す  喉にこみ上げる  喉まで出かかる  喉ぶえを締めつけて来た  喉もやぶれ  喉がつぶれている  喉を切る  喉を通りませんでした  喉を刺した  喉をしめつけた  喉を下ってゆく  喉へおとした  喉から腹の中央を過ぎて走った  喉を撫でますと  喉のかわかない  喉をつまらしてしまった  喉はよせくる  喉を締め  喉に刃の当てられた  喉をうるおす  喉を切って死んだなぞという  喉の渇きを常えた  喉につまらして  喉の渇き切った  喉を通ったという仕  喉はひしひしとかわき迫り  喉の底で唸りました  喉が乾いて来た  喉へ通らなかつた  喉が渇いて来た  喉へ這ひ  喉まで出懸けた  喉がかわく  喉をこすりながら  喉の奥でかすれた  喉をグビグビ云わせながら  喉には通らなかった  喉を啖い破られていて  喉がかわいてきたので  喉が押し詰まった  喉が裂けるほどの  喉を喰い裂かれて  喉へは通らなかった  喉を食い裂かれて死んだ  喉がひつつり  喉にひっからまって困りました  喉を下らず  喉を下るまじと思いしに  喉を振りし  喉の奥で痰を絡んだ  喉につまらした  喉にからまった  喉が乾いても  喉を鳴らしながら叫んだ  喉をしめす  喉の渇きがなおると  喉の中へ飛び込んでしまい  喉をとおらぬ  喉のひりつく  喉に詰っている  喉を絞る  喉まで出かかつた  喉に爪のあとが残っているという  喉には爪のあとが付いていたというじゃありませんか  喉の方からも出る  喉の騒ぎでもあります  喉につめた  喉の奥で発しながら  喉に詰まらせた  喉に詰まった  喉をいっぱいにふくらませた  喉の渇きを助け  喉から声が出なかった  喉に詰って  喉にし  喉からは皺嗄れた  喉がいつぺんに塞がつて  喉が通じる  喉がつまつてきて  喉の奥でコロコロまわしている  喉はブルブルと震へてゐたが  喉が腫れ  喉を締める  喉の張り裂け  喉が拡がって迸り出る  喉の渇きの癒えるまで呷りつづけた  喉の奥にこもる  喉を腫らして  喉が変にいがらつ  喉はいよいよ焼け  喉からはなまなましい血が流れ出していた  喉を切り裂かれたらしく  喉を突こうとしたが  喉が渇くので  喉が少し赤いというので  喉を狙はなければならないだらう  喉を狙つてやらねばなるまい  喉から溢れる  喉を抑えて  喉を通らぬとみえ  喉からのやうに溢れでた  喉から出かかるほどで  喉にとおらなかった  喉がかわいてかわいて  喉がいりつく  喉は焼け付く  喉の喉頭に光は強く射していた  喉がからからに渇いた  喉の乾きは小川で満たし  喉をつかむと  喉を聞こうじゃありませんか  喉の渇を癒して  喉を潤おしつ  喉を潤しなどして  喉のあたりにひつからまつて  喉をくすぐりながら  喉を撃つ  喉を張って歌う  喉をわるくなさらない  喉が痛いと合本もって来た  喉や鼻よりいきなり胸へ来て  喉に湿布を捲きつけた  喉に湿布を捲いた  喉の奥で念仏を唱えている  喉にからんで  喉の皮一重はのこっている  喉しかソプラノの声は出さない  喉を持ってさえおれば  喉を突いて  喉の奥から流れ出る  喉の底から搾り出す  喉が裂け  喉がヒリつくので  喉をかもうとする  喉のかわいた  喉からしぼり出される  喉の辺りにつっかかっても  喉の穴に飛び込んでいる  喉かわくことなしといふ  喉よりも奥から出てくる  喉のあたりで間に合せに製造してゐる  喉がかわいていた  喉をぜいぜ  喉の奥にわらひ  喉がへその緒で次第次第にしまる  喉も食塩水でよくうがいした  喉のために冬でも絽の蚊帖を吊って居る  喉に流れこむ  喉をふくらませ  喉がカラカラになりましたが  喉は気をつけます  喉にこみあげてくる  喉が乾いて堪えられないほどだ  喉を通ったばかりの  喉をわくわくさせている  喉から溢れて迸る  喉につまると  喉がチクツとした  喉が塞つて声も出ず  喉のあたりを扇であおぎながら  喉が乾くね  喉が喝いてしまったよ  喉の乾きを癒やさずにはいられなかった  喉を詰らせて  喉につけて  喉へ毎朝髪剃りをあてる  喉に薬つける  喉や耳のあたりに残っている  喉が渇いてきて  喉のところさわったら  喉の外へ向ってはれたので  喉に詰った  喉を抑え  喉によりて  喉の中に投げ入れぬ  喉に嗽す  喉に毛なきを思はずや  喉まで出せる如くなりし  喉の中に降り  喉を切られし  喉へひつからまる  喉を痛めたり  喉がいたいわ  喉の渇をいやそうと  喉がキュークツになってはなしました  喉を沾して  喉を濡らす  喉をならして喜ぶだらう  喉を出  喉まで引入れ  喉をわるくしていた  喉にからむ思ひがした  喉のあたりで唸つた  喉でウヽンと云つて首を振つた  喉はかわいているが  喉のつまった  喉には通るまい  喉の奥で裂く  喉を絞めるぞ  喉につかへでもした  喉を鳴すと  喉の渇きを苦しさうにして  喉に湿布をしながら  喉をやられているだけですから  喉のある  喉には一人の男の両手が置かれ  喉をならしてやがる  喉まで浸いたぞ  喉を絞め上げた  喉につまる  喉を絞め上げられる  喉に突きかかった  喉と頸に両手をかけて  喉を掴んで殺してしまった  喉から落ちて  喉を通らぬ  喉をしめ上げながら噛みつく  喉が絞まる  喉に唾液を嚥みながら  喉の骨を挫かれて  喉を突き貫いていた  喉のあたりに長く引いた  喉にからまる  

~ 喉[名詞]1
変に喉が  彼女の喉や  ところを喉に  涙が喉に  人は喉の  声が喉に  光一の喉を  謀反者の喉に  わは喉が  藝者の喉や  変に喉の  風に喉の  自分の喉から  それは喉の  鈴を喉に  發育しきらない喉  増田健次は喉まで  私は喉が  私の喉から  太平の喉を  ひまはして喉が  さつきから喉が  女の喉を  清水に喉を  手拭で喉を  七つの喉から  口から喉を  相手の喉に  必死に喉を  おばさまの喉の  私の喉は  姫君の喉も  彼の喉に  悲しみに溢れた喉を  悲壮な喉を  わたしの喉を  僕の喉の  女性の喉から  女の喉から  馬鹿に喉が  声が喉から  思いが喉の  食事も喉を  源次の喉へ  白蛇の喉を  ゴクリと喉の  気つけ薬が喉を  グツと喉に  さと喉の  嗚咽が喉に  松岡は喉の  主婦は喉が  おと幽かに喉の  しずかに喉を  水色ヴェールを喉に  剪刀を出して喉を  返事が喉へ  胡軫の喉を  自分自身の喉を  悦びで喉が  酒も喉を  反感が喉を  オレの喉までで  頭にも喉にも  そうに喉を  袖の喉に  吉の喉は  声も喉  岸本監督は喉の  雪に喉を  渋茶に喉を  故意に喉を  ゲーゲーと喉を  彼は喉を  人の喉を  佐倉屋の喉の  藤五郎も喉から  さがほとばしって喉へ  軍の喉にも  枕元で喉も  お父さんを喉が  妙に喉に  潮風に鍛えられた喉に  普通の喉から  新内の喉が  傷は喉に  上から掻き切つた喉の  佐野松の喉の  澁茶に喉を  清元の喉を  之を飲ましたら喉が  ことは喉の  男の喉から  青年の喉を以て  スンと喉を  手を握って喉の  先を震わし喉を  何か喉を  自分の喉に  おれの渇いた喉を  感情は喉を  長閑に喉を  食事は喉を  面色変り声が喉に  クンクンと喉を  手で喉を  嘲罵の喉を  ように喉を  ように喉に  ものが喉に  高笑いが喉から  グツと喉を  鼻腔と喉だけ  鼻腔の喉の  言葉が喉に  音が喉から  流動食も喉に  秋子の喉から  他には喉が  屹度樽野の喉は  機械で喉を  人は喉が  飯が喉へへ  一切だって喉を  私は喉へ  時芭蕉の喉の  口から喉は  男の喉を  番茶に喉を  一に喉が  粋な喉を  わたしは喉に  襟首から喉を  鵜の喉の  柔しく喉を  前へ喉を  たつの喉に  晋さんは喉だけ  自分の喉や  前に喉を  指が喉に  それに喉が  いたいけな喉を  舌なめずりをして喉を  亮作の喉に  話が喉に  息気をとめるほど喉を  枕から喉にかけて  ように喉の  れいの喉の  私の喉を  シュザンヌは喉まで  最後に喉でも  血の迸ばしる喉を  僕は喉が  伸子は喉の  無理をしたと見えて喉の  単純に喉なんかじゃ  冷水に喉を  幾ら飮んでも喉が  中身で喉を  食物が喉へ  咳の喉を  さが込みあげて来て喉が  眉間や喉へ  足で喉を  自分の喉を  自慢の喉を  ことが喉まで  綾衣は喉を  さも喉へは  舌から喉へ  五時半の喉  客の話す喉  のを喉に  私が喉が  人間の喉から  死骸に喉を  徳さんの喉から  彼等の喉を  仕儀なら喉を  やうな喉を  お前も喉を  呼吸が喉で  夕飯は喉へ  ものが喉へ  両手で喉を  忠言を喉まで  梅軒の喉は  痰が喉に  あとを喉を  變に喉に  酒に爛れ切った喉には  蛇に喉を  言葉は喉の  得意そうに喉を  さをくぎりくぎり喉へ  鏘然たる喉を  私は喉を  随うて喉に  犬の喉  高氏は喉の  胸をも喉をも  猫は喉を  相手の喉へ  良人の喉に  セルゲイは喉に  ものだか喉が  京伝自身の喉を  粥も喉へは  誰かが喉を  ゴクンと喉の  返辞も喉の  自分は喉が  昔から喉の  口から喉を通して  口から喉へ  不意に喉の  それも喉に  沈默に喉を  雪五郎の喉から  変に喉に  睡眠者の喉を  胸から喉へ  僅に喉を  号令に喉も  兼次の乾いた喉には  やうに喉が  此の喉の  肥にして喉  彼は喉が  葡萄酒に喉を  若者は喉が  咳払いをして喉を  あなたの喉や  敵の喉に  自分で喉を  剃刀で喉を  柴崎の喉に  一度に喉を  突きに喉を  刃物で喉を  娘の喉から  それを喉の  彼女の喉を  頸筋から喉へ  左の喉を  はずみに喉を  ためには喉から  惡い喉を  私の喉の  私の喉が  自分の喉が  刃物で喉と  七の喉を  グルグルッと喉を  獣に喉と  もので喉を  短刀を喉へ  女の喉の  女が喉を  手が喉の  辰の喉を  お歌の喉を  蛇の喉に  俊の喉を  水も喉へは  妹の喉を  乾の喉を  力まかせに喉を  乾の喉へ  くりと喉を  犢の喉の  鶏を締めるには喉を  夏は喉の  モー少しで喉の  人体の喉に  声を喉に  うちに喉が  猫の喉を  足拍子をそろへて喉も  甚太郎の喉を  唖娘は痩せた喉から  帆村は喉を  さで喉が  野に喉  ために喉が  酒を喉に  柵は喉を  僕の喉まで  小刀を喉に  頂上で喉を  ものが抱きついてきて喉が  眼や喉には  ように喉が  クリストフの喉には  のですつかり喉が  文句を喉から  彼らは喉を  麦茶で喉を  山本医師は喉の  僕の喉から  涙は喉に  圓い喉を  センセイシヨナルな気取つた喉で  処女の喉から  もので喉まで  彼等の喉では  見事に喉を  裸の喉を  腕や喉や  クリストフは喉を  シュルツは喉を  鼻や喉に  怒りに喉を  疲労で喉が  非常に喉が  水呑に受けて渇いた喉を  夜中に喉を  様に喉を  冷やかに喉を  猫が喉を  パンでなければ喉に  答が喉に  食べ物が喉に  ときには喉が  上から喉の  やうな喉で  子供は喉が  知力にいつ喉を  んと喉の  彼女の喉に  ゴクリと喉を  手は燃え喉は  食物も喉を  王の喉の  風が喉から  断片が喉に  言葉が喉から  言葉を喉から  食物が喉に  彼の喉の  情が喉に  丁重に喉を  彼の喉からは  感情に喉を  ものも喉に  短刀で刺した喉の  飲食も喉に  言はんばかりに喉を  やうに喉を  骨の喉より  彼の喉へ  忠利の喉を  意味を掴むと喉の  とこに行って喉を  ハサミで喉を  グリツプが喉が  千万人の喉を  名人の喉と  不機嫌らしく喉の  味噌くだされ喉に  ために喉の  浄瑠璃作者が喉を  私の喉に  口腔から喉へ  パンも喉へ  默つて弟の喉の  今まで喉を  弟の喉の  それを拡げると喉が  酒も喉に  もの食いて喉を  蛙一つ銜え喉へ  なかには喉に  返事が喉に  アプレゲールは喉が  婦女に喉を  湯水も喉を  背後へ押し倒して喉を  握飯を食い終えた喉を  一杯を喉へ  出刃が喉から  いつでも喉の  蒼溟に湧くごとく喉は  ゲクゲクと喉を  東京市民の喉を  さとに喉を  言葉を喉に  何でも喉の  さにえたへず喉は  飯も喉へ  づゝ胸から喉へ  背や喉を  妙に喉の  粥も喉には  何者にか喉を  不思議に喉が  米も喉へは  湯も喉へは  何物にか喉を  美味も喉を  厭味な喉を  水で喉を  ごはんも喉を  父様は喉の  何か喉に  セエラの喉には  田丸は喉まで  男の喉の  男の喉に  上原さんの喉には  上原の喉の  途中から喉の  ナナエは喉に  声を喉の  餅を喉に  餅が喉に  あいだに喉の  飲物さえ喉を  耳と喉に  ハンケチを巻き通した喉からは  痴川は喉が  風邪で喉が  権力の喉を  憎しみは喉の  十二三の喉が  まま酒をつぎ合って喉の  鷄の喉からは  彼の喉を  頭が痛んで喉が  医者を呼んだら喉が  サチ子の喉を  胸と喉から  僕の喉を  言葉が喉を  涙が喉からの  食べものが喉を  ごはんも喉に  急に喉が  末の喉は  唇や喉が  動物の喉から  ひとつ須藤さんの喉を  氷に喉の  清水に渇きたる喉を  ゴクンゴクンと喉を  言葉が喉の  軽快に喉を  輕快に喉を  拳銃で喉を  ことで喉が  西尾は喉を  声は干からびた喉から  女の喉しか  女性の喉を  雫を喉に  剪刀で喉を  徐ろに喉の  仕事衣を抓んで喉の  人々の喉の  頸をふくらませて喉を  表情で喉の  赤ちゃんの喉が  けさは喉が  私は喉は  彼は喉に  何よりも喉が  蛙が喉を  血潮と共に喉から  頬から喉にかけての  村瀬は喉が  耳や喉に  暴君の喉へ  クウーと喉を  ことばを喉まで  爺さんは喉が  扁桃腺が喉の  何かを喉に  三の喉に  聖歌によりて喉に  頤と喉に  外に喉まで  濠の喉を  フィオレンツァに喉を  聲が喉へ  煙草を吸いすぎて喉を  狩人は喉の  ギューギュー引っぱったら喉が  葡萄酒一杯に喉を  弓之助は喉を  闊き喉を  我を喉まで  これで喉を  ゴーゴーと喉を  さが喉に  方などは喉の  完全に喉を  はまは喉の  半杯も喉には  死者の喉から  ようにも喉が  餠でも喉に  口をあけて喉を  岡は喉の  舟舷にたどり着くと喉を  ルパンは喉を  奮然彼の喉に  方が喉を  ドーブレクの喉と  彼女らの喉を  コニャックが喉から  途中で喉が  外は喉を  杉子は喉の  相手の喉を  贅餐に喉を  大蛇も喉の  とわが喉を  

~ 喉[名詞]2
温かき喉  わざと喉  なんにも喉  快い喉  しばらく喉  いい喉  かっと喉  せめて喉  白い喉  悪い喉  よく喉  なかなか喉  苦しく喉  忽ち喉  どうしても喉  その喉  少し喉  大きな喉  渋い喉  もう一度喉  ろくろく喉  良く喉  大した喉  いつも喉  たっぷり喉  いやらしく喉  ぎくりと喉  しきりに喉  なく喉  丁度喉  おかしく喉  細い喉  強く喉  恐ろしく喉  ごろごろ喉  そっと喉  太い喉  ぐっと喉  しょっちゅう喉  美しい喉  からい喉  再び喉  グーグー喉  とりあえず喉  固く喉  良い喉  あの喉  実際喉  中でも喉  ほとんど喉  もう喉  俄然喉  ふと喉  多少喉  どうぞ喉  今にも喉  好い喉  ついに喉  またもや喉  どんなに喉  うすい喉  すぐ喉  きっと喉  あわや喉  いきなり喉  円き喉  鋭く喉  ほんの喉  漸く喉  それほど喉  もし喉  快く喉  到底喉  いくら喉  とても喉  深い喉  じじむさく喉  小さな喉  やけに喉  案外喉  まだ喉  狭い喉  なき喉  おそろしき喉  さぞ喉  ちょっと喉  黒い喉  

複合名詞
喉もと  喉袋  喉太  喉塞ぎ  さうに喉  喉許  喉首  喉口  喉一杯  喉頸  まま喉  喉もの  喉声  喉たん  喉音  喉吭  喉的破裂  我喉  つて喉  喉ざわりのほかには  イエ喉  喉自慢  使はず喉  喉一ぱい  一声喉的破裂  喉的  天下喉舌  喉ツ首  職喉  喉いっぱい  喉佛  鶯喉  一切喉  危く喉  通り喉  ぐうっとそばが喉  恰度喉  喉部  室内ただ喉  饑ゑたる喉  ノベツ喉  雑喉場  我知らず喉  自然喉  喉袋みたい  グー喉  何ひとつ喉  皆喉  喉骨  一椀喉吻  喉底  くり喉  日夜喉  者喉  ひとり喉  子ら喉  喉風邪  九六われ喉  碌々喉  一口喉  神野蒜能煩野喉  図喉  喉間咯  ため喉  みんな喉  二口三口喉  



前後の言葉をピックアップ
能登半島  能登部  ノトリアス  ノトーリアス  ノド  長閑  のどか  長閑け  のどけ  のどけから


動詞をランダムでピックアップ
抜け出さかきおろせ打解ける掛かり合っ添わっ築けやり直せる伐ろ呼び叫ん抜取ら超えよ下立つ火照るはさみこむきしっ了せよ抱留めはねかえせよちかづけはねかえら
形容詞をランダムでピックアップ
あぶな心細かろかしましいたらしたどたどしきまずしく濃くっみにくいみっともなかっ可笑しくっ見易く気高く早けれ手がたく残り少なき凄まじ青じろう罪深く渋い