「啼い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 啼い[動詞]
そこらで啼い  ホトトギスが啼い  鴉よ、あんまり啼い  小鳥が啼い  てつぺんで啼い  鴉が啼い  眼白が啼い  日のひたきしきりに啼い  郭公が啼い  ほとゝぎすが啼い  月夜で啼い  頬白がよう啼い  水鶏がせつなく啼い  此処らで啼い  なかでまた啼い  梟が啼い  鶯も啼い  たしかにホトヽギスが啼い  方を見て啼い  雉子が啼い  三匹出て啼い  河原に啼い  烏が啼い  ゆふべ啼い  啄いて啼い  呑気に啼い  鶯が啼い  鶯も、啼い  枝から枝へ啼い  眼を醒して、たいへん啼い  鳥が啼い  松林で啼い  まわりを廻りながら、啼い  周囲で啼い  ように見え、啼い  聲で啼い  上つてあちこちで啼い  いま佛法僧が啼い  ソレ、啼い  ア、啼い  森を啼い  遠くで啼い  鳥が頻りに啼い  たか、啼い  換へて啼い  夜もよく啼い  小鳥などよく啼い  鵯が啼い  かすかに啼い  三こえ啼い  細君は啼い  鳥がまたちつちと啼い  キヽ、と啼い  上を、騒がしく啼い  鴎が啼い  空で啼い  中で淋しく啼い  白雲でくわくこうが啼い  鶏が勇ましく啼い  家鴨も啼い  百舌鳥が啼い  なかに遠く啼い  雲雀が啼い  丘に来て啼い  狐が啼い  鴫が来て啼い  角豆畑に啼い  イと啼い  里みて啼い  コーンと啼い  ココンと啼い  鴉が来て啼い  ふたつが啼い  さに啼い  何んと啼い  チンと啼い  ひねもす河原に啼い  百舌鳥が高く啼い  時鳥が啼い  けさも啼い  蛙が啼い  いつになくよく啼い  屋根で啼い  鶯が寝とぼけて啼い  砂丘で啼い  葉隠れに啼い  蜩が啼い  子猿は啼い  茂みで啼い  ポコボンポコボンと啼い  山郭公なども啼い  殆ど絶え間もなしに啼い  近くを啼い  雁が啼い  脚をつかまえられて、けたたましく啼い  雀が啼い  がらかに啼い  なかに啼い  盛んに啼い  やう高く啼い  よう高く啼い  木に吊されて、啼い  やうに啼い  藪蔭で啼い  鶏が啼い  蝉が啼い  禽は啼い  此処でも啼い  籠に啼い  声をたてて啼い  樹で啼い  やつて来た啼い  髪をふりみだして啼い  小鳥くらゐ啼い  雀も啼い  庭に啼い  ところで啼い  碑をめぐって啼い  美鳥が啼い  から昼間でも啼い  日でも啼い  八十遍以上も啼い  きりなしに啼い  声で啼い  子を探して啼い  二声ばかり啼い  小児などは啼い  葦切がかしましく啼い  髪切虫は、思わず啼い  山ほととぎすが啼い  アウギュストが啼い  栗鼠が啼い  ように時々啼い  チッチッと啼い  世話しく啼い  処に啼い  上を見て啼い  小夜鶯が啼い  チッと啼い  梟の啼い  方で啼い  二聲づつを啼い  所に、啼い  聲をして啼い  無心に啼い  牛が啼い  ホーホーと啼い  蝉が来てそうぞうしく啼い  チヽと啼い  横過って啼い  川千鳥が啼い  雀ばかりが啼い  雀は啼い  鵜しきりに啼い  鶯がもう啼い  千鳥が啼い  たしかにほとゝぎすが啼い  郭公がしきりに啼い  声もうれしいし、時々啼い  杜鵑の啼い  上に飛びあがって、けたたましく啼い  物驚きをして啼い  もう一度ニャンと啼い  行々子が高く啼い  ほととぎすが啼い  鴉ね、もう啼い  そうに啼い  上で啼い  氷ひばりも啼い  ひばりはしきりに啼い  雉子はするするながれてゐる啼い  方でも啼い  森にまはって啼い  鳥がぎらぎら啼い  紐になって啼い  群れが啼い  家中いっぱいに啼い  朝夕鴉ばかり啼い  鳥が来て啼い  やおや鶏が啼い  幾たびか啼い  なかで啼い  一番鶏が啼い  生に啼い  ために啼い  虫が啼い  何が啼い  声を出して啼い  チチチと啼い  一番鶏二番鶏が啼い  杜鵑が啼い  ニャオと啼い  顫はして啼い  たいように啼い  蛙も啼い  下などで啼い  ここにも、ちちちちと啼い  大概平均三声くらい啼い  クワッと啼い  ん、啼い  木で啼い  団子見て啼い  小鳥が来て啼い  中で啼い  雉子雉子が啼い  山で啼い  げに啼い  鶯がしきりに啼い  鳩も啼い  蟋蟀が啼い  鵙も啼い  空で快く啼い  郭公がよく啼い  數に啼い  はりに啼い  鳥の啼い  夕暮方によく啼い  院七面山あたりにも啼い  忍び音に啼い  方で、ときどき啼い  蝙蝠が啼い  二つ居て、互に啼い  鳥は相変らず啼い  今しきりに啼い  ゆうべ鳥の啼い  仏法僧鳥がしきりに啼い  二つ居て、互いに啼い  四つも競って啼い  愛想に低く啼い  どこで啼い  鶯が頻りに啼い  下でひいひい啼い  山鳩なぞが啼い  含み声でしきりに啼い  鳩がぽうぽうと啼い  家鶏の啼い  何んといって啼い  さっき紙帳へ停まって啼い  何鳥か啼い  海に飛んだり啼い  野鴨が啼い  夜鴨が啼い  郭公鳥がしきりに啼い  声を立てて啼い  飢に啼い  一羽の雀が啼い  轡虫が沢山啼い  梟が頻りに啼い  命を啼い  山羊が啼い  野鳩が啼い  のに啼い  小綬鶏が来て啼い  声を啼い  一生涯下手に啼い  頬白が啼い  ヒジリコキーと啼い  京都でもそう啼い  爺婆に啼い  ガンコ・ガンコと啼い  ホチョカケタと啼い  水恋しと啼い  鳥となって、いつも少し降れと啼い  朝早くよく啼い  イテテテと啼い  前生を啼い  コーゾーといって啼い  村などを啼い  おろし悠々と啼い  木に来てうるさいほど啼い  我名を啼い  モナークナーと啼い  ヒイーなどとは啼い  終日ギイキリキリと啼い  空ばかりで、啼い  同類が啼い  挙動で澄まし込んで啼い  ように、さも物々しく啼い  外庭を啼い  樹に来て啼い  風に啼い  往って少しばかり啼い  前を啼い  蟋蟀なども頻りに啼い  あちこちで啼い  前で、啼い  顔を向けて、啼い  こっちへ向けては啼い  鶸が啼い  夜鶯が啼い  息を切らずに啼い  初め筒鳥の子鳥が啼い  ゆるやかに啼い  七面鳥が啼い  やつが啼い  虫が、啼い  巣に啼い  寒い寒いって啼い  油蝉が啼い  王は啼い  何羽か啼い  ちやコンと啼い  キュッキュッと啼い  しめやかに啼い  ポッポと啼い  鳶がとろり啼い  ガアと啼い  蛙がそうぞうしく啼い  夕鴉が啼い  梢で啼い  五位が啼い  山鳩でも啼い  僕にむかつて啼い  Amsel鳥が既に啼い  午後にでも啼い  夜烏が啼い  すがまだ啼い  雉がよく啼い  水か啼い  木立で啼い  草叢から岩と、飛びながら啼い  チイチイどこかで啼い  ホーホケキョウと啼い  言はない啼い  前をおりおり啼い  葦切りが喧しく啼い  さっきから梟が啼い  頭上で啼い  地虫が啼い  山鳩が啼い  明け鴉が啼い  八方で啼い  林で啼い  鶯なぞがしきりに啼い  夕陽を浴びながら啼い  あさりながら啼い  揃へて啼い  こと三句、啼い  ちや見て啼い  鳩ぽつぽ啼い  烏アちよろりと見て啼い  汐風に啼い  一番早く啼い  鵜が、なまめかしく啼い  無気味に啼い  爲に啼い  生存權生存權と、啼い  片かげに啼い  小犬の啼い  



前後の言葉をピックアップ
ナアー  ナアーニ  ナアール  ナアーンダ  哭い  ない  和い  無い  ない  綯い


動詞をランダムでピックアップ
解き明かさ乗越さ打ち砕か恨も温めよ跳び越す化け暮す見上げよ競お天下る導けよ窄ん伝わ転げ込ん買い取る探し求める集ま張り込め眠ん
形容詞をランダムでピックアップ
でかしいたわしき渋くっ騒騒しいいかつ難かっ角しうら悲しおそろしかっ深き聞き苦しいボロみぐるしく生暖かく名高くいたかっせまくるしかってれくさい酷く目まぐるしく