「問う」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 問う[動詞]
事件をどう思うかと問う  自分自らに問う  先生に問う  眉を顰めて問う  卜筮に問う  こちらの問う  ツと問う  子供達はどうしてゐると問う  初め居るかと問う  義理で問う  子どもたちはどうしていると問う  初めいるかと問う  私が問う  孫恪がまた問う  意見を問う  所在を問う  指を立てて問う  神主かと問う  鹿なんぼと問う  何本あるかを問う  日常語で問う  文章口調で問う  トントントンこれなんぼと問う  数を問う  姿を見ると、重ねて問う  何であるか、と問う  これを問う  土人に問う  責任を問う  出生を問う  人に問う  蜆売に問う  時間を問う  私の問う  サドカイ人が問う  安楽房が問う  処へ問う  法蓮房が問う  彼の問う  小山はあわただしく問う  木下が問う  天香さんはよく問う  何だろうと問う  給仕に問う  面構えでは、問う  著作権意識をも問う  風をして問う  性急に問う  詞附きで問う  心籠めて問う  周は問う  わけを問う  根源的に問う  困惑し、或は問う  心に問う  文明史でも御用いかと問う  忍音に問う  私は繰返して問う  王に向って問う  声を揃えて問う  から盃を受けながら問う  フランス語で問う  ドルフが問う  胸に問う  次第を問う  径路は問う  ことも、また恐らくは問う  一念、問う  賤を問う  それを問う  何を問う  順序を問う  ことを問う  誰なるかを問う  事を問う  道を問う  女に問う  わたくしは問う  わたくしの問う  意思を問う  取調役が問う  願いたもうかと問う  勝目は問う  彼が世に問う  のかと問う  賛否を問う  存在を問う  知識を問う  学問性を問う  生物学的に問う  要求されるかを問う  問題を、問う  ことが当然であるかないかを問う  のか、と問う  日本政府の責任を問う  物を問う  板のごとくなりいたり、なにゆえぞと問う  支払ふかと問う  感想を問う  幸福かと問う  爺いさんに問う  時も、押返して問う  罪に問う  試みに問う  ニュートンが問う  マルクスが問う  問いを問う  違いないか、と問う  やを土人に問う  者を知るやと問う  自分に問う  趣を脱したるやと問う  主義いかんを問う  これに問う  敵味方を問う  内儀さんに問う  顔で問う  何か問う  筆に問う  卵を使うかと問う  名を問う  劉備が問う  胸を問う  なんだと問う  容態を問う  経歴などを問う  真価を世に問う  故を問う  私に問う  一所に握りながら問う  決心であったろうと問う  君に問う  王朗がと問う  陳宮に問う  遺蹟とすべきやと問う  画を示して問う  支度が出来たかと問う  ところを問う  ことを訊こうと思って問う  心配らしく問う  己に問う  自らに問う  世に問う  現世を問う  そちに問う  学人に問う  総意を問う  私は畳みかけて問う  烈度くなって又問う  一緒にして問う  矢継早に問う  私は問う  妻木君に問う  旅行者が問う  主の問う  周瑜が問う  いんぎんに問う  ように問う  罪を問う  仔細を問う  人々が怪しんで問う  唐突に問う  諸葛瑾を見て、まず問う  体験にくわしかろうと、問う  咢堂に問う  そうに問う  点は深く問う  ものはと問う  皇帝倭皇に問う  彼に問う  むかしを問う  多寡など問う  我れに問う  逆に問う  なにかを問う  未来を問う  誰であろうかなどと問う  事情を問う  別について問う  割合に問う  本心に問う  法律上に問う  名を迫り問う  木村が問う  陸遜に問う  使節に問う  左右に問う  花の名を問う  まり多く此方から問う  三千代は漸くにして問う  姜維に問う  将が問う  群臣をあつめて問う  司馬懿に問う  最後に問う  誰れに問う  お前に問う  叔父は打ちながら問う  爺さんに問う  爺さんが問う  人が問う  いるかと問う  ようだがどう思うと問う  旅かと問う  げに問う  自分が問う  神に問う  君は問う  動物があるかどうか問う  のではないかと問う  彼女は問う  充足原因によって生じたかと問う  永劫に価するといなとを問う  往来が、いかに美しかったかは問う  ボーイに問う  裏表を改めながら問う  真面目になって問う  昂奮しながら問う  二三度新聞紙を引っくり返しながら問う  口調で問う  微笑しいしい問う  声で問う  帰りながら問う  おかあさんは、と問う  夕飯は、と問う  様が問う  通訳あがりに問う  究むる者の問う  訓えだけではすまず、どうしていけないかと問う  誰だと問う  ソロドフニコフは問う  言ふだらうかと思ふらしく問う  様子で問う  警部が問う  ねんごろに問う  ところへ行って問う  積りか、と問う  模様を問う  徳川殿はと問う  者も問う  から値を促し問う  在所を問う  お鈴に問う  流行語で問う  己が問う  己は問う  フト婢に問う  鯛釣り漁師に問う  否かを問う  和尚われに問う  和尚重ねて問う  それ以上を問う  気分を問う  助は押返して問う  わたしは問う  調子で問う  容を正して問う  不審さうにして問う  主人に問う  友が問う  穏かに問う  何です、と問う  竜次郎は問う  二三ヶ所で問う  隙があるかというて、問う  値を問う  葉掘り問う  何にしようかと問う  爺いさんはどうして持って行くかと問う  安否を問う  僕が問う  岡田が問う  場合に問う  僕に問う  んだと、わざと問う  若旦那かは問う  青年は再び問う  閭が問う  僧が問う  二、問う  結果は問う  マスコフキナが問う  セルギウスが問う  様子を問う  父はそう問う  何事だと問う  横柄に問う  大阪弁を使って問う  頭をさし出して問う  やかたは、と問う  口々に問う  先は問う  価値を問う  波疑って敢えて問う  のが好いかと問う  それは問う  心の問う  佛蘭西人が問う  聲で問う  座中から問う  抜け道を問う  上は問う  気にかけて問う  船頭連中に問う  老人が問う  辞書に問う  店を問う  問いは、むしろ問う  用向きを問う  話は問う  火をつけながら問う  竹内に問う  言振で問う  松木は笑いながら問う  学術価値を問う  有無を問う  信条とを、世に問う  所見にまかして問う  助が問う  何だと問う  根元を問う  鉛筆で問う  和尚に問う  分別を問う  から、問う  いちど父上にも問う  孔生が問う  口ばやに問う  良心に問う  雲へ問う  課長の問う  農家に見当らないであろうかと問う  家人に問う  附近で問う  誰に聞いたと問う  男女老幼、問う  それに問う  何も問う  見当を問う  街を問う  存分に問う  免状でも持っておいでるかと問う  むねは、問う  早や、ぜひを問う  世の中に問う  建介に問う  蓬莱建介に問う  世上へ問う  同様なのは、問う  ここに問う  逸まるな、まず問う  ものを問う  方に向って問う  亭主に問う  ここで問う  のだとは問う  日本語で問う  うぐいすに問う  話であるがよく問う  翁に問う  卒然として問う  未来図も、問う  理性で問う  白川は問う  考えに問う  それを押して問う  それをくわしく問う  罪を問うならば問う  わたしの問う  過去を問う  登和嬢に問う  人は問う  どれ程長いかと問う  空間表象として問う  自分をかこんで問う  戦場に問う  道へかと問う  どこへ御出なさると問う  名は問う  出來ませうかと問う  來てゐるかと問う  車夫に問う  徐かにこう問う  いわれを問う  いくつになりますか、と問う  味わいを問う  辞世はいかにと問う  のはどうして呉れるかと問う  たかと問う  兩夫人がをられるかと問う  得失を問う  善惡を問う  志を問う  客が問う  聲に問う  ものか、問う  人々に問う  汗塩をこすって問う  眼で問う  己自身に対してでも、今更改めて問う  母様に問う  誰れぞと問う  思い出て問う  自分自身に問う  如何は問う  源氏が問う  のですから、どうだったかというぐらいは問う  僕の問う  者が問う  釣友に問う  いかがであったなどと問う  つもりだと問う  尼の問う  僕は問う  少将に問う  ドユパンに問う  なかった御息所も問う  良人に問う  ためか、と問う  薫に問う  からないとして、知らざるを知らずとして問う  僧都は問う  浮浪罪に問う  実証科学と異るかと問う  レオネルロはどうしてゐるかと問う  躊躇しいしい問う  遠慮勝ちに問う  人が何かと問う  調子でこう問う  磯は問う  清が問う  敗北かは問う  現実的に結び付くかを問う  成分であるか、とそう問う  放火罪に問う  静かに問う  にこにこして問う  真顔で問う  夢野久作君に問う  未亡人石に問う  墓地にあるかを問う  其所在を問う  自分は問う  孔子に問う  子路に問う  政を問う  季康子政を問う  哀公、問う  季子然問う  死を問う  そいつを世に問う  女子に問う  寐たりやと問う  評価を問う  妍姿傷ねず問う  わが子婦たらんかと問う  用意調うかと問う  臣寺僧に問う  献るべきやと問う  からば五十ガルヴァルはと問う  何を遣ろうかと問う  人数船数ぞと問う  一番能く利くでありませぬかと問う  八百万神、皆目勝ちて相問う  何をくれるかと問う  ために化けたかと問う  罪名を問う  かんかと問う  作すやと問う  同好の士に広く問う  謀を問う  年齢を問う  馬を知るやと問う  ものだろうかと問う  富を問う  処分法を問う  価を問う  二度目に繰り返し問う  三度目に問う  馬に問う  廃しましょうかと問う  供養すべきやと問う  汝珠を取ったかと問う  子細を問う  村僧に問う  二三に問う  一碗を易えて来る、驚いて問う  卜者に問う  さように泣き叫ぶかと問う  白団いくばくぞと問う  本当かと問う  所在を知らぬかと問う  夏侯弘が捉え、問う  一番どこが疼いかと問う  一番疼むかと問う  客の怪しみ問う  鬼に問う  学者を集め問う  誰ぞと問う  これは何ぞと問う  因縁を問う  長者怪しみ問う  壁ばかり残すに及んだかと問う  形をしていたかと問う  者を見ぬかと問う  所由を問う  我を打つかと問う  身に問う  如何と問う  女があるだろうかと問う  呂伯奢を殺したかと問う  産かと問う  事ありやと問う  たるを見たるかと問う  上手下手に係らずやと問う  何をたべると問う  夫に問う  月娥怪しんで問う  どこへ持って行ったかと問う  爾婚姻を問う  其人に問う  幡多訛りで問う  根掘り問う  妙に問う  是非は問う  妻は驚いて問う  急きこんで問う  不思議に思うて、問う  持主に重ねて問う  自ら心に問う  維摩詰に問う  時雄は突如として問う  前で、打明けて問う  細君が問う  父親に問う  寛居ながら問う  何にも問う  利害得失を問う  ふるさとをたずね問う  ことまで問う  人あり来り問う  重罪に問う  僕秀湖に問う  竹青に問う  はいないかと問う  のだと問う  如何に考えるかと問う  赤黒子は問う  顔だに見ば、問う  死活浮沈、なんぞ問う  東に病みて、行きて問う  彼の問わざるは問う  消息を問う  ヒネリながら問う  さまなど問う  那処より得るぞと問う  何度繰り返して問う  動物かと問う  藤さんが問う  余が斯く問う  其小使を呼びて問う  彼所で問う  てゐて、そして問う  決心して問う  詞せはしく問う  差配人が問う  ゴルドンは問う  イバンスはげんぜんとしてかれに問う  否かは、問う  徐四が怪しんで問う  柳を呼びかえして問う  王者は問う  何だと思うかね、なんて問う  和尚さんに問う  四はと問う  期ぞと問う  病気かと問う  気に問う  向より問う  遙かに問う  場所を選んだかと問う  云つたら、どうだと問う  母が問う  男に問う  方から問う  米に問う  枯穗がくろずんで見えるので怪しんで問う  ケリルが問う  殺人に問う  光が問う  総意に問う  一世師に問う  死ぬとは問う  何処ですかと問う  歴史を問う  語義を問う  採取しなければならぬのに、問う  危険は問う  あれかを問う  人はそう問う  勝義に問う  構造とは、問う  問題は思うに、問う  人々は問う  から今は問う  父が問う  父が重ねて問う  呉葉は問う  泊りですかと問う  清三が問う  眼顔で制しながら恐る恐る問う  少量優品製作にあるかはあえてわざわざ問う  馭者が問う  それは深く問う  何町と問う  公が問う  吾に問う  幹部に問う  船長に問う  あちこち訪ねて問う  祖母に問う  ことについて問う  岩魚に問う  形をもって世に問う  から仔細を問う  食物はどうしたかと問う  住所を問う  宿へ問う  理由を問う  特に理由を問う  目的を問う  人相服装を問う  本だと問う  お母様に問う  何かあるかと問う  ッて、問う  かくは問う  誰に問う  膝推し進めて問う  何氣なく問う  後は問う  満足したか、問う  様に問う  証拠が有るかと問う  夫となく再び問う  間柄だ、問う  叔父に問う  貴女に問う  更行かぬ、困った、実に困った、只問う  事柄を問う  石礎などが残って居る、問う  甚蔵に問う  様々に問う  何にも云わず、問う  何も気まずく問う  秀子が帰ったかと問う  から理由を問う  絵葉書を指して問う  武蔵が問う  自身に問う  条件を問う  詔して問う  三つの場合を問う  の罪に問う  所持なすからは、問う  殺人の罪に問う  者は居無いかと問う  個奴に問う  蕎麦売りはすげなく問う  問題は問う  盤得尼に問う  それは改めて問う  人かと問う  いつのまによくなりしやと問う  どこから来たかと問う  ところは、問う  ものだと問う  重大なるかは問う  淵老人に問う  形は必ずしも問う  じいさんは問う  甚八がこう問う  みちのりを問う  何ほどあるやと問う  福島支庁官吏が問う  一番美味であるかと問う  青年は、問う  声を潜めて問う  風で問う  思切って問う  のに気づかなかったかと問う  端数を問う  コックリに向かって問う  事跡を問う  幾枚ありと問う  コックリに問う  希望を問う  是は何かと問う  姿に向って何故だと問う  ことは、問う  信吾はまた問う  儘で問う  吉野が問う  輿論に問う  相性を問う  信吾は少し突然に問う  それを改めて問う  何を積めるかと問う  いかほどであるかと問う  値上げしたかと問う  娘に問う  垢石さんですかと問う  口が問う  二度も問う  自分は驚いて問う  父の問う  試に問う  王は待ちかねていたのですぐ問う  年を問う  千両負いおると言うかと問う  法ありやと問う  大槻に問う  駅長の問う  作については引き続いて世に問う  主張を問う  犬田博士に問う  これは、何故かと問う  日本国体に及ぼし得たるかと問う  文字を問う  詩はどうして作るかと問う  否を問う  知つてゐるかと問う  花だと問う  巧拙は問う  おれは問う  父に問う  他人に問う  否やは問う  柔しく問う  のかを問う  来意を問う  ままで問う  彼は問う  罪人を問う  学士は問う  娘は問う  在処を責め問う  王成に問う  政教子に問う  船中にありて問う  人あり、問う  一日英人に問う  心配そうに問う  此方法で問う  則ち問う  吉凶禍福などを問う  においを問う  堀が問う  何事か問う  迫つて所存を問う  所存を問う  から私に問う  宇平に問う  何をしたかと問う  何者だと問う  住持はなぜかと問う  なんじゃと問う  そうで問う  便もなく、問う  匿して問う  老婆が問う  鬼神につかうるを問う  彼女はそっと問う  私は、問う  決行ができるかと問う  体で問う  優劣を問う  世間に問う  春、世に問う  涙を押えて問う  父が再び問う  素戔嗚にさえ、問う  ことをかねて知りたまいしやと問う  投票に問う  同囚に問う  しろから、こう問う  いまはどうしたか、問う  徐かに問う  其辺は問う  何か言ったり、問う  カーライルじゃないかと問う  事かと問う  あれは何ぞと問う  之をうら問う  



前後の言葉をピックアップ
当てれ    とう        投融資  投島田  唐団扇  


動詞をランダムでピックアップ
腹だた長ずる打ち立てろ這入り描き出さ捜しあて引っこめる差出さ起そ思いなせ紛れ込む雪げ取りあい持ち上がら補わすごんむすべ聞分け立返り燻せ
形容詞をランダムでピックアップ
息ぐるしかっなまめかし異し草深し目ざと鈍くっ喜ばし可愛らしい思しもの恐ろしくおかしきちいさしみにくかっねむぽかっするどき空空しく気恥しく容易いたのもし