「啄木」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

啄木[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
啄木を考へる  啄木や有島武郎の悲劇を孕んでゆく  啄木の歌を思い出して  啄木を高唱して  啄木はこんなに楽しそうに家にかえる  啄木の作品のどれを見ても  啄木の伝記中に逸する  啄木と知り  啄木とは東京にゐる  啄木は赤く日に焼けた  啄木は何時も大きな声で笑ふ  啄木もよろこんで  啄木の家族三人が突然札幌へ来て  啄木の越し  啄木の所へ着いた  啄木は私達を待つて  啄木の唄に出て  啄木の唄をまるで自らの唄のやうにくちずさんでゐた  啄木が勤めてゐたと  啄木でも吉井勇君でも出来まい  啄木の歌った  啄木は歌って言う  啄木の啄む  啄木などを文学と同時に落伍者として愛してをり  啄木の記念日だと云う  啄木が生れた  啄木を読む  啄木の講演を済ませて  啄木は短歌の本質上の限界を乘り超えて  啄木を好み  啄木の歌を使う  啄木はその詩を読んだといって  啄木もその頃既に変った  啄木のことを回想しながら  啄木を主人公にした  啄木は岩手県岩手郡の玉山村という小さな村に生れ  啄木はまるで新らしい自由なものにしてしまいました  啄木といい  啄木は貧困に苦しんだ  啄木のいはゆる  啄木の歌がすきだというようなことまでお話しした  啄木の歌をはじめた  啄木を読んだり  啄木の心境が思い出される  啄木の歌を偶っと思い浮べながら  

~ 啄木[名詞]1
俳壇の啄木  これは啄木の  岩崎郁雨氏と共に啄木の  夜具をたたんでゐると啄木は  場合に啄木は  のも啄木の  これが啄木と  私は啄木の  二度目に啄木に  云ふ啄木の  一は啄木  ボードレエルや啄木などを  十二日は啄木の  横になって啄木を  近くは啄木までの  インテリ青年が啄木を  広告に啄木の  今になって考えて見れば啄木も  鶴見は啄木の  今では啄木を  ものを啄木は  不思議に啄木の  

~ 啄木[名詞]2
初めて啄木  漸く啄木  実に啄木  唯啄木  この啄木  

複合名詞
石川啄木  此啄木  啄木婆羅門  らむ啄木  啄木ばり  石川啄木EOS  啄木鳥飼  啄木拝並木兄  詩人啄木  啄木自身  啄木等  哀果啄木二人  石川啄木君  啄木歌集  薄命詩人石川啄木  啄木詩集  啄木その他  啄木生  歌人石川啄木  闘つた石川啄木  



前後の言葉をピックアップ
タクト  宅配  托鉢  卓抜  拓本  啄木鳥  詫間  たくま  巧ま  琢磨


動詞をランダムでピックアップ
におっさうぞくみとりこたえよ打ちみさきで傷つか抱き合っかいくぐるぶっつかっ解きほぐそ吊上げせんじ撲り飛ばさ言立て締め殺しごまかしつかそ取り払わ酌み交わし
形容詞をランダムでピックアップ
遠しいとおしくうすきみわる懐かしきなれなれしく鋭かっねむたきこうばしい危ういあかぐろく泥くさ速かっ恨めしきなさけぶかく由々しく易かっさとい女らしき血腥き心もとなけれ