「唸」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 唸[動詞]
田川は唸  家で唸  端唄を唸  名簿を睨んで唸  ことを唸  聲ありておうおうと唸  行手を凝つと睨めながら唸  経過を唸  のと唸  義太夫を唸  隆吉は唸  ふいに喚めき唸  微か乍らヒューッという唸  鼠を踏んまへて唸  うちで恥づかしさうにうんうん唸  腕組みをして、唸  かすかな唸  ような唸  苦痛の唸  厳かに唸  鹿爪らしく唸  微かに唸  四ヶ月間雷鳴したり、唸  お化けだと唸  昨夜の唸  だんだんに弱って唸  顔を歪めて、唸  やうに唸  中で唸  由は唸  声で唸  一目万両とでも唸  音声で唸  一度は唸  方言で唸  底で唸  汗で、唸  風で、唸  老人の唸  下で唸  中に唸  浪花節を唸  顔をして、唸  蚊の唸  凧の唸  蝿が唸  断じて、その唸  睡眠中のお唸  わしの唸  一声、唸  奴だ、と、唸  苦氣に唸  邪慳に唸  ブーンと唸  かなしみの唸  絶望の唸  ように唸  血が流れ、唸  嵐の唸  海水が、恐しい唸  風が唸  妻は、軽い唸  悲鳴、唸  一声の唸  常磐津を唸  重傷に唸  相手は低く唸  猫の唸  やうな凄まじい唸  アいふ凄い唸  相かはらず唸  高氏は、怪しみを、唸  あいまいな唸  アムと低い唸  ウムと唸  二つ三つ無理にも唸  さに唸  男は唸  聲で唸  たいような唸  獣の唸  サイレンの唸  不気味な唸  ウウウーと、物凄い唸  ウームと恐ろしい唸  やうになるかとおもふと、また唸  微かな唸  灰ばめる鈍き唸  悔の唸  鬱憂の唸  あとでは唸  可恐しい唸  様な唸  奥で何やら唸  身体を動かしながら、如何にも苦しげに唸  絶え絶えに唸  異様に唸  苦悩の唸  声を出して唸  方法として大きな唸  其勇ましい唸  声を出して、重々しく唸  彼方を睨めながら重々しく唸  声で、唸  聲を揚げて唸  齒ぎしりをして唸  親の唸  冷笑をあびながら、唸  疼痛をこらえようとしたが、唸  のがあるが、ブーブー唸  ことかと唸  之進は唸  人の唸  寝床を敷きますと、必ず唸  夢を見て唸  じい虫の唸  虎の唸  うちに唸  彼は唸  胡弓の唸  隱岐は唸  必死の唸  斯う唸  ーンとにぶい唸  蠅でも唸  跳回る、唸  何となく切り口上で唸  詞に唸  真面目に唸  左う唸  わたしは唸  厳然と唸  ビイビイと唸  つた通りつくり声で唸  誰か、唸  顔を蒼くして唸  仙右衛門の唸  私は唸  時に苦しい唸  天主閣での唸  奇怪な唸  天主閣の唸  砲弾はおそろしい唸  ゅーっと唸  エンジンの唸  電動機は重くるしい唸  忠利は、唸  私が唸  OhUniverse!”と唸  はなから悲しい唸  あたりで唸  すべての唸  信吾はまた唸  蜂の唸  最後の唸  一処に唸  はやり歌を唸  ぶつ倒れて、唸  モーターの唸  ウーツと唸  尼になんかなってはいけない、と唸  無念らしい唸  口調で唸  うちで唸  蚊が唸  ファーンの真新しい唸  猛獣の唸  忠右衛門の憤ろしい唸  ウームという唸  うちで思わず唸  金色に輝き出した迄、唸  ピーンという高い唸  師泰も唸  顔を上げると同時に唸  胸をおさえて、思わず知らず唸  父がそう唸  気味好く唸  響が恐ろしい唸  気に、はた唸  若い水夫は、低い唸  



前後の言葉をピックアップ
饂飩  ウドンゲ  優曇華  饂飩粉  うどん粉  ウナ  うな  促さ  うながさ  促し


動詞をランダムでピックアップ
あがん架し踏み込むくらい紛れこむいいだそ錬らまくら造り出し醸し出し止まる据えつけよあらえはめ込むはしら約め煮えん揃っふまえ
形容詞をランダムでピックアップ
思わしくない小ぐらくやわう相応しかっ余儀なからたのしけれからくふるくさむずかしかっ見ようみにくし香ばしかっ精しい痛痛しくうといまちどおしい黒かっ心地好訝し速し