「命ぜ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 命ぜ[動詞]
吉も命ぜ  退散を命ぜ  前夜子爵に命ぜ  ものを命ぜ  海外留学を命ぜ  掃直しを命ぜ  大将を命ぜ  校長を命ぜ  特に歸京を命ぜ  諸氏に命ぜ  言海は命ぜ  解散を命ぜ  彼は命ぜ  博士に命ぜ  視察旅行を命ぜ  彼に命ぜ  休業を命ぜ  らも命ぜ  駐在を命ぜ  侍女たちに命ぜ  出張所詰を命ぜ  昨日帝国議会停会を命ぜ  もの以上を与へ、命ぜ  取払いを命ぜ  刺殺せよと命ぜ  留学を命ぜ  ようにと命ぜ  取調を命ぜ  取り調べを命ぜ  用を命ぜ  仕事を命ぜ  使を命ぜ  ことを命ぜ  研究室出頭を命ぜ  とおりに命ぜ  司法省出仕を命ぜ  視察を命ぜ  追放を命ぜ  願わくば、命ぜ  帰郷を命ぜ  神様に命ぜ  香取は命ぜ  諭旨退学を命ぜ  ものに命ぜ  それは命ぜ  鑑定を命ぜ  死体解剖を命ぜ  文部省から二年間英国留学を命ぜ  登校を命ぜ  執行せよと命ぜ  軍備が命ぜ  ことか分からなかったが、命ぜ  偵察を命ぜ  留守を命ぜ  佐世に命ぜ  何事も命ぜ  守りを命ぜ  ほうに命ぜ  糜竺は命ぜ  大役は命ぜ  絶対安静を命ぜ  出発しろと命ぜ  拷問にかけよと命ぜ  祈祷を命ぜ  三千代は命ぜ  孔明に命ぜ  軍師たれと命ぜ  丞相は大いに勝てとは命ぜ  引揚げを命ぜ  太子右弼を命ぜ  軍務を命ぜ  姜維に命ぜ  父親に命ぜ  知らないから前に命ぜ  自分だけが命ぜ  怒りと、命ぜ  私に命ぜ  帰国を命ぜ  停船を命ぜ  臼井は命ぜ  出頭を命ぜ  張番を命ぜ  射撃せよと命ぜ  お前がうてと命ぜ  のなら、黙って、命ぜ  立退を命ぜ  欧洲留学を命ぜ  但馬守から閉門を命ぜ  移封を命ぜ  一個持って来て、命ぜ  一銭も使うなかれと命ぜ  何事を命ぜ  任務を命ぜ  女中はまず、命ぜ  ように命ぜ  何度もやりなおしを命ぜ  私は唯、命ぜ  座食を命ぜ  これは命ぜ  やうに命ぜ  軍を命ぜ  捜索を命ぜ  鑑識子は、命ぜ  炊出しを命ぜ  指摘せよと命ぜ  意味において乗るべく命ぜ  委員に命ぜ  學生は命ぜ  審査員を命ぜ  ここへ来いと命ぜ  出張を命ぜ  ことで、命ぜ  返事がなければ入るなと、こう命ぜ  裁縫女学校長田辺氏に命ぜ  着席を命ぜ  今夜あやまりに行けと命ぜ  殊に文部省から北京留學を命ぜ  御馳走役を命ぜ  切腹を命ぜ  出発を命ぜ  討手を命ぜ  護送して来いと、命ぜ  太刀執りを命ぜ  出兵を命ぜ  警固方に命ぜ  参戦を命ぜ  休息を命ぜ  過激派討伐を命ぜ  仏法守護を命ぜ  供出が命ぜ  出征を命ぜ  謹慎を命ぜ  素姓あらためを命ぜ  一色右馬介が命ぜ  紳士も、命ぜ  用意が命ぜ  爆撃を命ぜ  閉居を命ぜ  鳴物停止を命ぜ  方を命ぜ  入牢を命ぜ  訂正を命ぜ  役を命ぜ  道誉に帰れと命ぜ  使者を命ぜ  種取りを命ぜ  兄に命ぜ  宗祇に命ぜ  代官職を命ぜ  法則によって命ぜ  長崎番を命ぜ  一時差控えを命ぜ  急に戻れと命ぜ  小腰をかがめ、命ぜ  老人レッドは、命ぜ  譯述を命ぜ  滯留を命ぜ  性能計算を命ぜ  改作を命ぜ  天照大神に命ぜ  解剖を命ぜ  鑑定すべく命ぜ  採点を命ぜ  同棲を命ぜ  譴責を命ぜ  差別撤廃を命ぜ  薬も命ぜ  中止を命ぜ  ように、命ぜ  二人は命ぜ  用が命ぜ  源氏は命ぜ  源氏に命ぜ  どん、命ぜ  搬入を命ぜ  歌を命ぜ  参向を命ぜ  翻訳を命ぜ  飜譯を命ぜ  検案を命ぜ  演奏を命ぜ  宮様から私が命ぜ  養育係を命ぜ  製作を命ぜ  調製を命ぜ  護送を命ぜ  一同東京居住を命ぜ  方が命ぜ  下へ行けと命ぜ  私は命ぜ  料理番は、命ぜ  下車を命ぜ  会津征伐先鋒を命ぜ  帰国蟄居を命ぜ  恩を着せられし如く命ぜ  同乗を命ぜ  橋梁破壊を命ぜ  内偵を命ぜ  赤ん坊を命ぜ  神に命ぜ  居残りを命ぜ  車を命ぜ  ものがあるが命ぜ  貴下宛に送るべく命ぜ  パナマから退去を命ぜ  千住から退去を命ぜ  医者から絶対安静を命ぜ  禁酒を命ぜ  県警察部勤務を命ぜ  何ものをも命ぜ  細君に命ぜ  探検を命ぜ  取調役を命ぜ  わしたちは命ぜ  退校を命ぜ  再審を命ぜ  助手を命ぜ  横浜駅に来いと命ぜ  蟄居を命ぜ  使節を命ぜ  弾は命ぜ  洋行を命ぜ  材木運搬を命ぜ  只一面より命ぜ  国替へを命ぜ  五十三点撤回を命ぜ  退学を命ぜ  禁足を命ぜ  ひそかに、つづいて命ぜ  即日謹慎を命ぜ  退場を命ぜ  父に命ぜ  車に乗りて行けと命ぜ  謡へと命ぜ  つて製作を命ぜ  何者かに命ぜ  僕は命ぜ  拡張で立退きを命ぜ  医者に命ぜ  屠腹を命ぜ  幕府外国方翻訳御用出役を命ぜ  上に過すべく命ぜ  もの医師の命ぜ  ビールが命ぜ  美和子に命ぜ  帰宿謹慎を命ぜ  自裁を命ぜ  病院勤務を命ぜ  見取図を書くべく命ぜ  正気にかえって、命ぜ  探険隊長を命ぜ  移転を命ぜ  主人も、命ぜ  頭取を命ぜ  警戒をも命ぜ  遺書に命ぜ  退位を命ぜ  ために、命ぜ  黒吉は、命ぜ  警戒を命ぜ  船役を命ぜ  鑑定でも命ぜ  導師を命ぜ  外番を命ぜ  自分でも命ぜ  停止を命ぜ  理由として命ぜ  詰役を命ぜ  見習いを命ぜ  皆謹慎を命ぜ  蝦夷移住を命ぜ  絶板を命ぜ  近く差し控えを命ぜ  道普請まで命ぜ  神として恐れ敬うて、命ぜ  オランダ人らがすわれと命ぜ  ことなぞを命ぜ  室内を歩めと命ぜ  それが予め命ぜ  事を命ぜ  随行を命ぜ  檻を命ぜ  七月に立退きを命ぜ  退校でも命ぜ  興行中止を命ぜ  私だけはいつも居残りを命ぜ  雪子に命ぜ  係り吟味を命ぜ  早朝、命ぜ  目張りを命ぜ  いふ語の命ぜ  京都行きを命ぜ  ひとりは命ぜ  一日四合分配給すると命ぜ  二石と命ぜ  國語調査委員を命ぜ  流謫を命ぜ  ドリアンにそう命ぜ  張番などを命ぜ  んと命ぜ  復社を命ぜ  常府を命ぜ  帰藩を命ぜ  土木工事を命ぜ  隠居を命ぜ  それを命ぜ  勤仕を命ぜ  番入を命ぜ  小姓を命ぜ  先手を命ぜ  家老代理として命ぜ  目付支配を命ぜ  世子に命ぜ  寄宿を命ぜ  追討を命ぜ  勤を命ぜ  抜摘を以て命ぜ  知事を命ぜ  兼務を命ぜ  献金をさえ命ぜ  新に命ぜ  往年藩より命ぜ  学区取締を命ぜ  児玉某氏が命ぜ  大久保某というが命ぜ  家禄返上を命ぜ  学務課勤務を命ぜ  京を命ぜ  転任を命ぜ  学務課長を命ぜ  小普請入を命ぜ  お前はしかし命ぜ  ことが出来る命ぜ  当日御所警備を命ぜ  停車を命ぜ  調査が命ぜ  意で、まつるは、命ぜ  から手錠磨きを命ぜ  弊害調査を命ぜ  魔法使いに命ぜ  国別に書き上げを命ぜ  断絶を命ぜ  廃家を命ぜ  傅役を命ぜ  評定所に命ぜ  番代を命ぜ  儘小普請入を命ぜ  医者から安臥を命ぜ  事項を調べて来いと命ぜ  命だけは命ぜ  あなたは命ぜ  支局詰めを命ぜ  逼塞を命ぜ  原田に命ぜ  佛國留學を命ぜ  派遣を命ぜ  こと等を命ぜ  みんな解放を命ぜ  不完全のからだながら、命ぜ  自刃を命ぜ  全員集合を命ぜ  軍艦奉行を命ぜ  警視庁で命ぜ  



前後の言葉をピックアップ
メイセキ  鳴雪  名節  メイセン  銘仙  銘ぜ  めいせ  名僧  迷走  瞑想


動詞をランダムでピックアップ
追いまくり噛みつく生まれれ彩れる待ちかまえる突きとばそたらし込む見出せるあきあきする足りれ打ちだす聞せ飛歩き寄りかから伸ばす惚れ込む飛散りひきつづい祀らねいら
形容詞をランダムでピックアップ
寝苦しく手軽くさやけし寒くっか弱きいわけなけれもろう怨めしき親しくほど近きにくから遠くっ鋭けれ手痛手軽肌寒かっ好うおいしから思わしいいざと