「呼び止め」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 呼び止め[動詞]
藍子を呼び止め  友人から呼び止め  自動車を呼び止め  運命をお買いなさいませなどと、さも物々しく呼び止め  勘右衛門がそう云って呼び止め  わしを呼び止め  声で呼び止め  二人を呼び止め  阿波守、またあわただしく呼び止め  の子供を呼び止め  貴方をお呼び止め  俺を呼び止め  タクシイを呼び止め  泣き声で呼び止め  エプロンを掛けていたので、呼び止め  アアして呼び止め  侍を呼び止め  僧を呼び止め  急に呼び止め  将軍を呼び止め  先代がお呼び止め  ところで、突然呼び止め  男に呼び止め  馬車が呼び止め  庵を呼び止め  私を呼び止め  私は呼び止め  彼は呼び止め  自動車を乗り棄てたり、呼び止め  ボーイを呼び止め  クルリと振り返って呼び止め  勾坂甚内を呼び止め  ここで呼び止め  遠慮勝ちに呼び止め  女に呼び止め  見附駐在所にて呼び止め  から急に呼び止め  最前志免警部に呼び止め  彼を呼び止め  車を呼び止め  我を見かけて呼び止め  禿、ちょこちょこと走り出て呼び止め  タキシイを呼び止め  手をあげて呼び止め  わたしを呼び止め  道庵先生が呼び止め  机竜之助を呼び止め  兵馬を呼び止め  関所役人が呼び止め  華表神が呼び止め  大関が呼び止め  老人を呼び止め  姿を呼び止め  老人に呼び止め  気に向うから呼び止め  所を呼び止め  提燈を呼び止め  新内を呼び止め  彼女はきっと呼び止め  私が呼び止め  ために呼び止め  小声で呼び止め  わたくしを、特に見込んでお呼び止め  ように呼び止め  家来と知って呼び止め  夜鷹蕎麦を呼び止め  中からあわてて呼び止め  七は呼び止め  妻を呼び止め  ゴロツキが呼び止め  師匠が呼び止め  人を呼び止め  のを、また呼び止め  言つて、呼び止め  小太郎を呼び止め  ところで呼び止め  村人二三人を呼び止め  音に呼び止め  通りすがりに呼び止め  それを呼び止め  づるや否や部長殿を呼び止め  頼長も呼び止め  袂で呼び止め  亀右衛門を呼び止め  僕を呼び止め  連忙しく呼び止め  母さんを呼び止め  心太売を呼び止め  のを、呼び止め  武家を呼び止め  昇降機を呼び止め  婢を呼び止め  案内人を呼び止め  あんたをお呼び止め  局長はあわてて呼び止め  窓から吾輩を呼び止め  おばあさんを呼び止め  おい小六と烈しく呼び止め  もしもし、と呼び止め  一人が呼び止め  女を呼び止め  娘を呼び止め  おじいさんを呼び止め  円タクを呼び止め  新子を呼び止め  夫人は、あわてて呼び止め  後から部屋を出て、呼び止め  良さんと呼び止め  助九郎は呼び止め  私は何故ともなく呼び止め  藤十郎に呼び止め  中隊長は呼び止め  乙女を呼び止め  遊び人たちを呼び止め  爺やに呼び止め  格を、つい気取っても見たくなり、呼び止め  なにごとがあって、呼び止め  少女を呼び止め  のを呼び止め  必死に呼び止め  んだろうと思って呼び止め  しりからげになって追おうとすると、呼び止め  侍客に呼び止め  未練らしく呼び止め  伝六が、あのもしと呼び止め  陶器師は呼び止め  若者が呼び止め  タクシーを呼び止め  哨兵に呼び止め  署長を呼び止め  吉を呼び止め  みんなを呼び止め  小次郎を呼び止め  魚は呼び止め  警官に呼び止め  僕はおどろいてまた呼び止め  後ろから呼び止め  伊代を呼び止め  裾を掻き合わせながら呼び止め  青鬼に呼び止め  後ろから久恵に呼び止め  自分を呼び止め  



前後の言葉をピックアップ
呼びつける  呼び付ける  呼び続け  よびつづけ  呼び続ける  よびとめ  呼び止めよ  よびとめる  呼び止める  よびとめれ


動詞をランダムでピックアップ
打ち取ろ読み耽ら立ち入る解せよおこなえ冷かしとどめるひにく通じん縮らし立寄っ退きゃ詰めれ連れ去ろ手向かう送り込んききとら淫する取結ぼつもら
形容詞をランダムでピックアップ
物足りなく刺々しかっ気味悪くけだかき物狂おしい広かろ古臭くっあつくっこすい悪かろ鬱陶しくまわりどおく重おもしく難かっ疎からつたないけぶいくけれ