「呟き」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 呟き[動詞]
力をいれて呟き  私は思はず呟き  伴藏は呟き  和尚だと呟き  頬あからめて呟き  事を呟き  弥右衛門は呟き  ぱと、そしてその呟き  暫時休憩を呟き  胸で呟き  言葉を呟き  真顔で呟き  何かを呟き  姫は呟き  顔を一目見たかっただけやと呟き呟き  ように呟き  やうに呟き  言葉をぶつぶつと呟き  うちで呟き  ぶつぶつと呟き  顔して呟き  顏して呟き  不思議そうに呟き  酒井忠清は、呟き  ような呟き  心に呟き  吉はそんなに呟き  ことを呟き  どこかで呟き  人間の呟き  疑問の呟き  先生顔して何やら呟き  怪に嗄れた呟き  ざまを見ろと呟き  あいだからも低い呟き  天地の呟き  瞬間から絶えず呟き  バスは、ときどき揺れて、呟き  さざなみの呟き  小声で呟き  つたと呟き  不思議さをぶつぶつ呟き  やうにさう呟き  なかで呟き  劇しく呟き  狭山はぶつぶつ呟き  而非ヒロイズムを呟き  彼は、空々しく呟き  彼は、悪い呟き  心の呟き  金花はかう呟き  判事さんが呟き  ブツブツといういとも小さい呟き  私はまたも呟き  ひとり言を呟き  夢を見ながら呟き  ようにそう呟き  庄は呟き  訴ふるが如く呟き  彼はそう呟き  中で呟き  何か呟き  模倣にならぬかも知れないと、呟き  女と呟き  霜は呟き  恒吉はそう呟き  松公は呟き  中でこう呟き  声に呟き  切りに呟き  気勢で呟き  喧騒は呟き  名前を呟き  語勢の落ちた小さな呟き  やうに、呟き  幽かな呟き  怒りに燃えた呟き  言訳を呟き  げに呟き  栄螺の呟き  不断に呟き  頃、そんな呟き  中での呟き  モオゼの呟き  声で呟き  内心に呟き  うちに呟き  傲然と、そう呟き  声を出して呟き  やうな呟き  ことがあるとすれば、それだけの呟き  わたしは呟き  必死の呟き  島はぷりぷりして呟き  意味の分らぬ呟き  笑い話にもならねえ、と呟き  鸚鵡がえしに呟き  私のこの呟き  何かぶつぶつ呟き  関羽はしまったと呟き  心なき呟き  庸三は呟き  怒りに澄んだ呟き  両手を振りながら呟き  主税は呟き  頼母は呟き  孔明の呟き  仏人ヴァレリイの呟き  ヴァレリイの呟き  だらしなく呟き  ところがわかればねえ、などと呟き  不快そうに呟き  一言の呟き  てれ隠しに呟き  八重子は呟き  清子は呟き  囁きとなり呟き  良輔が呟き  祈りの呟き  書斎での呟き  橋はとりとめもない呟き  デマだと呟き  正太は呟き  梟の呟き  呻り、呟き  年よりらしく呟き  小さな声で呟き  悪口を呟き  祖母は呟き  平野老人が呟き  機関手が呟き  作家と、その呟き  山道を、ひとり呟き  しか物を言わず、その呟き  うろつき廻る呟き  のとかの呟き  不機嫌そうに呟き  半ば呟き呟き  他人のつまらぬ呟き  店頭で呟き  暗誦の呟き  苦笑して呟き  シメジメと呟き  声でそう呟き  落着いて呟き  絶叫もしくは、嗄れた呟き  中に呟き  今の呟き  死が悲しまれての呟き  申しわけを呟き  ひそかにこう呟き  独りこう呟き  五十七里も来たかなと呟き  さそうに呟き  彼は呟き  真夜中だか、わかりやしねえ、などと呟き  のがその呟き  私はかう呟き  身振りをして呟き  絶望したと至極大きな呟き  中でぶつぶつ呟き  復一は呟き  あいつ何をしていたかと呟き  叫びを呟き  頑固一徹な呟き  最後の呟き  たびにむっくりはね起きて、こうしてもいられないと呟き  ひとりでこう呟き  口を出して呟き  戸まどいを、ふとそんな呟き  あとの呟き  藤吉は、こう呟き  私は呟き  反方を向いて呟き  咽喉がしまる、と呟き  始めに呟き  口々に呟き  長島の呟き  声でかう呟き  周囲から喜悦の呟き  眼つきをなさって呟き  遠く太平洋の呟き  経文を呟き  こと、ぶつぶつ煮える呟き  言葉で呟き  ブツブツ何か呟き  方を眺めて、もぐもぐと呟き  沈黙し、或は低い呟き  心で呟き  不平の呟き  二十五歳だ、捨てろ、捨てろ、と低く呟き  帝王の呟き  妻の呟き  晴れやかに呟き  独り言を呟き  寒いや、など呟き  さうな、呟き  毒舌が呟き  心構へで呟き  人の呟き  やうに呟き呟き  ゴモゴモとした呟き  昆虫であるやうに低い呟き  好きなのだから仕様がないという嗄れた呟き  プラアゲ、となおも低く呟き  小声でそう呟き  樣がないといふ嗄れた呟き  なほも低く呟き  やうにゆつくり呟き  聲でさう呟き  人波の呟き  ものが出てゐるかと呟き  底からの呟き  木の葉の呟き  空を見て呟き  一つの呟き  総司は呟き  道子はそう呟き  ひそかに呟き  太息をもらして呟き  変な呟き  三度と呟き  蠍がゆるく呟き  寄り合い打ち頷き呟き  均平は呟き  そつと呟き  紋十郎は呟き  妹が呟き  眼蓋を伏せて呟き  独りごとに呟き  予は思わず呟き  絶望的に呟き  胸での呟き  自然にもれる呟き  独りごとを呟き  ものと呟き  博士は呟き  野々宮は呟き  最後に呟き  木村重吉は呟き  木村重吉の呟き  彼の呟き  満悦の呟き  絶望の呟き  彼はなにか呟き  巳吉はその呟き  静かな呟き  家ごとに呟き  つて不平の呟き  永井の呟き  馬だとかと呟き  弁解を呟き  生活についてぶつぶつ呟き  三味線の呟き  息をして呟き  手巻きを買う、と呟き  感嘆の呟き  口からもれる呟き  ことだけで、その呟き  穏かならぬ呟き  胸に呟き  多分に呟き  自分できめ、しかしぼそぼそと果しなく呟き  口調で呟き  切れ切れに呟き  ハッチソンの途切れ途切れな呟き  さう呟き  声に出して呟き  そうに呟き  わけでもあるまいのに、と呟き  程度の呟き  ブツブツと呟き  斯う呟き  明けにけり、と呟き  最後にもらしてゐる呟き  ことが、呟き  顔を覗き込んで呟き  裡で呟き  んだ、と呟き  恋かなとひとり呟き  徐かに呟き  十郎の呟き  道路拡張と呟き  オヤジは呟き  咄嗟に呟き  唇でボソボソ呟き  ろうだなと呟き呟き  ものらしい、まだ早いではないかと心細く呟き  意味の呟き  馬鹿な呟き  祖父のこの呟き  トルストイ夫人の呟き  子供たちの呟き  言葉をぶつぶつ呟き  泡をふきつつさう呟き呟き  蟹は、さう呟き  風だろう、と呟き  鉢の呟き  小声でぶつぶつ呟き  事々の呟き  二派に分れ、呟き  残念という呟き  しろ武蔵の呟き  私の呟き  愚痴の呟き  村人の呟き  ピピアスよと呟き  テルヨは呟き  老人は呟き  畜生、忌々しいと再び呟き  まま何度もぶつぶつ呟き  老婆は魂消たと云わぬばかりにぶつくさ呟き  とつまらなさうに呟き  まま呟き呟き  時も来るだろうと呟き  葉藏はさう呟き  滝の呟き  云ふともなしに呟き  黒吉は、又そう呟き  幾度も呟き  頬をもぐもぐさせながら呟き  例の呟き  ほか、こう呟き  ような重い呟き  英信が呟き  一枝が呟き  ような衰えきった呟き  多勢が又しても呟き呟き  まり力のこもらない呟き  弁内は呟き  銀一が呟き  十郎の思いつめた呟き  良心へその呟き  数言を呟き  名を呟き  偶然だと呟き  眉をひそめて呟き  醉漢が、何やら呟き  酔漢が、何やら呟き  かくは呟き  悦に入つてさう呟き  冗談を呟き  彼は突然呟き  二度目の呟き  不平をぶつぶつと呟き  何度も呟き  顏を上げて呟き  力無く呟き  あちこちから不平の呟き  美智子さんは呟き  侍は呟き  秘かな呟き  敢てしたと呟き  訳詩を呟き  祖母が呟き  集五郎が呟き  返辞ともつかない呟き  紋太郎は呟き  ひとりで何かと呟き  雷鳴もはげしく呟き  鼻唄みたいに呟き  老人はこう呟き  此優しい呟き  十二神貝十郎は呟き  ムニヤムニヤムニヤと呟き  彼はさう呟き  台取締が、こう呟き  ぼくも呟き  不服そうに呟き  



前後の言葉をピックアップ
ツブテ  つぶやい  呟い  呟か  つぶやか  つぶやき  つぶやき  呟く  つぶやく  呟け


動詞をランダムでピックアップ
占ういがむこづいかかせ突き詰めれ下りよこぼれおち口説か基づか黙し寄り合お高まらくじけるなやま抜き出そのたうち回っくばっ突き進ま入りこま入びたり
形容詞をランダムでピックアップ
やりきれなかっはれぼったくていたくあぶなっかしくなるく幅広く見易い稚くっうすぐらく素早い懐しかっかがやかしきでか悲しかろ馬鹿馬鹿しくっ気難しい聞苦しい見苦しからしたわしきわずらわし