「呟い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 呟い[動詞]
興味もなく呟い  声で呟い  姫は呟い  ように呟い  やうに呟い  何か呟い  ようにして呟い  心に呟い  なかで呟い  呉清輝は呟い  山口は呟い  禿頭を近寄せて呟い  胆を潰してこう呟い  僕にともなく呟い  ことを呟い  僕は呟い  独語を呟い  霊に、かう呟い  伝蔵は、思はず、呟い  私は呟い  私はさう呟い  態で呟い  顔をまじまじと打ち眺めて呟い  中で呟い  不平そうに呟い  調子で呟い  声もなく呟い  ちょっと顔を紅くしながら呟い  雪江は呟い  不思議そうに呟い  涙ながらに呟い  心で呟い  斯う呟い  ひとり言も呟い  南無阿弥陀仏、と呟い  南無阿弥陀仏と呟い  豹一は呟い  力無く呟い  声を出して呟い  軽率にも呟い  豹一は思わず呟い  裡で呟い  んで呟い  舌打ちして呟い  ビーフの食い残しをつまみあげながら呟い  のでしょうか、と呟い  彼はさう呟い  感動に呟い  順一は呟い  自分に呟い  時融川は思わず呟い  彼はそう呟い  胸で呟い  機嫌よく呟い  初は呟い  表情で呟い  感情をもって呟い  口調で呟い  うちで呟い  小原が呟い  うちに呟い  伯母が後でかう呟い  彼は又強ひてかう呟い  振り乍らかう呟い  やうにかう呟い  彼女はかう呟い  彼は呟い  思慮もなく呟い  吉は低く呟い  感慨をこめて呟い  画家は、呟い  先生は呟い  あまつた調子で呟い  小声で呟い  奥で呟い  小言を呟い  独言を呟い  そつと呟い  程度に呟い  唇を噛んでさう呟い  一人で呟い  浮浪青年は呟い  彼は思はず呟い  仕方なく呟い  急にゆすりあげながら呟い  彼はこう呟い  なかったんだな、いいつけといたのに、と呟い  蹙めて呟い  思ひ出して呟い  妻が呟い  何かぶつぶつ呟い  憂はしげに呟い  女はひとり呟い  後姿を睨むで呟い  口に出して呟い  空頼みにして、ぶつぶつと呟い  はつきりと呟い  ブツクサと呟い  一足出てまた呟い  腹の中では呟い  ホロ苦く呟い  残念だと呟い  中で、呟い  竜太郎は呟い  うめくように、呟い  ほかはないわ、と呟い  事を呟い  P氏は笑って呟い  彼は、重々しく呟い  儀に、心細く呟い  気に呟い  悪意を持つて呟い  彼も呟い  蛙である俺は、あきれて呟い  やうに細く呟い  ヤドカリは呟い  彼は、思はず呟い  臆面もなく呟い  彼は、弱々しく呟い  怪訝そうに呟い  ひとりが呟い  帆村は呟い  検事が呟い  とたんに呟い  お前は呟い  嫂に呟い  レザールは思わず呟い  老人は低く呟い  不機嫌に呟い  渋面を作って呟い  婦人を見ると、またも思わず呟い  ラシイヌは呟い  私は思わずこう呟い  ダンチョンも呟い  ひとり言を呟い  下で呟い  言葉を呟い  独りで呟い  傍から呟い  庄に呟い  肩を入れながら呟い  母親は後で呟い  頭髪を押えながら呟い  上を拭きながら呟い  愚かな者にはとても思い浮かばず、まごついて、ふと呟い  耳をかしげながら呟い  ものうげに呟い  これ我物ならずと、呟い  様子をうかがっていたが、思わず呟い  ことも呟い  不平らしく呟い  民弥は呟い  賊どもは互いに呟い  声を聴きつけて、そう呟い  姓名を呟い  人は呟い  覚へながら呟い  滝本が呟い  滝本は呟い  満里子は呟い  のかと呟い  危いと呟い  不遜に呟い  彼女は呟い  安次は呟い  端を噛みしめながらこう呟い  喫いつけながら呟い  そうに呟い  早口に呟い  誰にもなく呟い  わたしは呟い  独白を呟い  彼が呟い  突らせて更に呟い  あたりを見廻しながら呟い  蒲原氏はさう呟い  女ではないだらうかと呟い  祖母のそう呟い  やうに重々しく呟い  軍十郎は呟い  溜め息とともにそう呟い  こともなく呟い  疳癪声で呟い  時云つた通りに、呟い  薄ら笑ひを浮べながら呟い  顔で呟い  とぎれとぎれに呟い  矩之丞が呟い  侍は、こう思わず呟い  鮫島大学は、見下ろしてこう呟い  旅侍は呟い  鉄之進は呟い  そっちを見ていたが、ふっとばかりに呟い  イヤだと呟い  世の中、と呟い  からねえ、と呟い  ひとりで呟い  河合は呟い  彼はひとり呟い  柏の葉から月光を払い落して呟い  げに呟い  私に渡しながら呟い  星尾が呟い  微笑とともに呟い  面持をして呟い  アクセントで呟い  あるかのように呟い  誰へ言うともなく呟い  なかに呟い  無意識に呟い  彼は再びこう呟い  ことでも呟い  いつしよに呟い  着物を着ながら呟い  抗議を呟い  やうに、さう呟い  隣室で呟い  夫は呟い  答を呟い  小ジェリーは呟い  時に呟い  姿に向って呟い  中を覗き込みながら呟い  声高に呟い  顔をあからめて呟い  輝やかせながら呟い  当太郎は突然小さく呟い  微笑を浮かべて呟い  口うちで呟い  庭を眺めながら呟い  胡坐を掻きながら呟い  工合を見下しながら呟い  曇空を眺めながら呟い  小野田は、にやにやしながら呟い  顔を眺めて呟い  顔をして、呟い  目色をしながら呟い  傍へ来て呟い  言葉を探しながら、吃ったり呟い  ことがうまく言えないので、吃ったり呟い  道太は呟い  から、又呟い  毎夜留置場で呟い  焼跡を眺め廻して呟い  戦争で死んだのさ、と呟い  爺はそう呟い  筆屋幸兵衛は呟い  妻に向って呟い  なんども呟い  ように、と呟い  目を注ぎながら呟い  自分は呟い  岡八心で呟い  玄徳は呟い  気分が悪いと呟い  痴者のごとく呟い  テル子が呟い  様子で、呟い  のだろうかと悲しくって呟い  青木はしみじみ呟い  様子で、そう呟い  毎日そう呟い  せっかちに呟い  ままを呟い  手でかかえながら、呟い  庸三にそっと呟い  庸三は呟い  税は呟い  声に出して呟い  かんで呟い  ほうをながめて呟い  咄嗟に呟い  三条の方へ下って行きながら、呟い  のを見ると、そう呟い  腹の中で呟い  ひそかに呟い  傍へ倒されながら、そう呟い  鶴雄はそう呟い  顔を想い出しながら、そう呟い  ラスコリニコフみたいに呟い  一緒に呟い  肚裡に呟い  のだと呟い  のだへ、と呟い  署長は呟い  おなかが空いた、と呟い  一ばんさきに呟い  密かに呟い  ちょっと仕事をしようかな、と呟い  枕頭で呟い  快活でなく呟い  平気に呟い  煙草を喫しながら呟い  爪を磨きながら呟い  突らせて呟い  得能が呟い  自らに呟い  不意に呟い  譯もなく呟い  俺は呟い  なぞとよそよそしく呟い  一人が、呟い  大作が呟い  侍が呟い  一人が呟い  腕ぐみして呟い  私は思わずそう呟い  丙種と呟い  口を尖らせて、呟い  震へながら呟い  心は、さう呟い  風に白々しく呟い  力なく呟い  うに母は、呟い  ブツブツと呟い  何かしきりに呟い  絶望的にそう呟い  あとで呟い  十平太は呟い  感にたえ思わず繰り返して呟い  紋太夫は呟い  盲人が呟い  助がこう呟い  声を大きくして呟い  まじめに呟い  四十二歳をそれとなく呟い  助は呟い  細君が呟い  一人で何やら呟い  早口で呟い  ようにしながら、譲らず呟い  名を呟い  伸子は呟い  外をすかしながら呟い  顔つきになって呟い  欠伸まじりに呟い  下を潜って出てきながら呟い  計代は呟い  皮肉に呟い  間から呟い  奥村さんがふと呟い  俺が移らうかなと呟い  ウワ言を呟い  誰かがそう呟い  咽喉が乾くと呟い  眉をひそめて呟い  当惑そうに呟い  夕飯を食いながら、呟い  さんは呟い  見送りながら呟い  主婦は呟い  何かしながら呟い  笑ひながら呟い  方がかえっていいと呟い  独り語を呟い  警部が呟い  ボートルレは呟い  ルパンはやがて呟い  猪首を縮めて呟い  志田君が呟い  やうに、かう呟い  時ドストイェフスキイはさう呟い  娘は呟い  憂鬱そうに呟い  語調で呟い  彼は突然呟い  紫煙をくゆらせながら、呟い  間中、ささやいたり、呟い  何遍もくりかえして呟い  落着くかも知れぬと呟い  老人たちは呟い  やうにして呟い  如くに呟い  白崎は呟い  白崎はそう呟い  きのう愛人を失った、と呟い  失つた、と呟い  諧謔的に呟い  そツと呟い  為に呟い  為にこう呟い  うつかりかう呟い  薔薇は呟い  私は思わず呟い  画家はただそう呟い  武士は呟い  気の毒そうに呟い  母はよく呟い  のだがと呟い  顔色で呟い  間抜野郎と呟い  二度くりかえして呟い  楽じゃないなあ、そう呟い  誰へともなく、呟い  憮然として、そう呟い  男は呟い  彼は軽く呟い  腰を下して呟い  石子刑事は思わずこう呟い  跡をつけながら、そう呟い  中に呟い  あいだで呟い  久美子は呟い  苦笑しながら呟い  星に向けて呟い  旗岡巡査は振り向いて呟い  顔を拭きながら呟い  道三は呟い  言葉を仰向いてこっそり呟い  ものを呟い  頭は、呟い  菊王は呟い  兵を見まわしながら呟い  眼をとじてそう呟い  名前を呟い  机に伏して呟い  無理に呟い  喜多川春作が呟い  上野は呟い  鼻を抑えながら、こう呟い  コワリョーフはこう呟い  ように頷いて呟い  兼好は呟い  名残りを呟い  高徳が呟い  辺に、などと呟い  独り言を呟い  何か低く呟い  何を呟い  何かを呟い  私も同時に呟い  うつけたして呟い  女はさう呟い  たしかにさう呟い  をかしさを感じながら呟い  混亂を抑へてかう呟い  不審そうに呟い  事もなげに呟い  ユダは呟い  私に呟い  聞えよがしに呟い  友達は呟い  ことだ、と呟い  んだ、と呟い  念仏みたいに呟い  烟をふうつと吐きながら呟い  中にこはごは呟い  日本語を呟い  若者はさう呟い  斯様に呟い  周平は呟い  清は呟い  村田は呟い  清は暫く何やら考え込んでいたが、やがて低く呟い  独り喞に呟い  炭をつぎながら呟い  イヴァーヌィチは呟い  ヒトリゴトを呟い  チラと見て、又休んだか、と呟い  一語、そう呟い  われしらず呟い  顔が会うと苦り切って呟い  藤吉はよくこう呟い  反撥的にそう呟い  図そう呟い  慨然として呟い  つてわざと呟い  中老人が呟い  誰れへともなく呟い  兄は低く呟い  記憶を思いだして、ふと呟い  雲霧は、呟い  不平らしく、呟い  方で呟い  妹が呟い  セラピオンが呟い  声を聞き附けて呟い  面瘡だと呟い  わしながら呟い  昂然と、しかし、低く呟い  虎松は呟い  声色を呟い  私は再び呟い  もう一度静かに呟い  妙にしょげて渋々呟い  意味もなく呟い  顔に呟い  ように、呟い  彼女は低く呟い  ように、低く呟い  内に呟い  仇口に呟い  やつ、と呟い  方がよかったと呟い  つた所を指して呟い  秘密を呟い  梶は思わず呟い  梶は呟い  栖方はまた呟い  不服らしく呟い  口へ出して呟い  嘆息をして呟い  歎息をして呟い  七郎は駆りながら思はず呟い  後、呟い  すりも呟い  米友が呟い  呪文を呟い  腰を下ろして呟い  眉を顰めて呟い  動物学者を睨め据えて呟い  補祭は呟い  縦に振ってなにやら呟い  溜息まじりに呟い  ナヂェージダは呟い  アチミアーノフは呟い  ラエーフスキイは呟い  彼に呟い  裾を端折りながら呟い  動物学者は呟い  秋子が呟い  陣十郎は呟い  私はそう呟い  婦人は優しく呟い  見送って、ひとり呟い  時私は呟い  右衛が呟い  誰やらが呟い  行つて遊んで来る、と呟い  波が暗く呟い  顔をして呟い  僕は思はず呟い  詠嘆せずには居られまいと呟い  私はそんなに呟い  低音で呟い  言を呟い  スモレット船長が呟い  シルヴァーは呟い  薄笑いをうかべて呟い  天草次郎はこう呟い  側しながら呟い  翁はただ呟い  眉を寄せながら呟い  横を向いて呟い  独り言ともつかず呟い  錦子が、いくら呟い  乃公は呟い  ことまでぶつぶつ呟い  理由を呟い  馬場はそう呟い  太宰が呟い  ぶつぶつ低く呟い  馬場はさう呟い  夫は低く呟い  谷村は思はず呟い  照子は呟い  うめくように呟い  収いこみながら、呟い  喫いながら呟い  空を眺めながら呟い  浅井は呟い  首を傾げながら呟い  雪は呟い  見送りながら、呟い  不安そうに呟い  顔を見合わせながら呟い  瞶めながら、呟い  良人に呟い  それを眺めながら呟い  姿を見あげながら呟い  口に運びながら、もがもがと呟い  ことだと呟い  保吉はこう呟い  顔をみてさう呟い  中津にむかって呟い  しげに呟い  山下が呟い  鶏もしかりと呟い  ただ三十年では詰まらないやと呟い  酒屋を振り返りもういいもういいと呟い  処ありと呟い  大庭常子の呟い  夢中で呟い  雪はひくくそう呟い  私も、うっとり呟い  眼をとじて、呟い  素子が呟い  青年が呟い  方を顧みながら、呟い  彼はかう呟い  我を忘れて、呟い  小声に、動かないで下さいと呟い  満足さうに呟い  上人は頷きながら呟い  一抱へにして呟い  友を顧みて呟い  腰骨を伸ばして呟い  誰に云うともなく呟い  面持で呟い  岡部は呟い  誰にいうともなく呟い  水戸は呟い  娘さんは呟い  彼は、呟い  魚容は、うっとり呟い  信は思わず呟い  ひとりごとなど呟い  静かに呟い  肚に呟い  前で呟い  裡に呟い  野々宮は呟い  仕方がないと呟い  由子は呟い  澄江は小さく呟い  澄江は弱々しく呟い  さで冷めたく呟い  笑ひを浮かべて呟い  巳吉はさう呟い  景色を眺めて呟い  顔をしかめて呟い  卓一はさう呟い  ぽちかしらと呟い  煙草をつめながら呟い  病人は呟い  底で呟い  圓太郎は呟い  一言ずつ呟い  微かに呟い  時子がこう呟い  光は呟い  綾子は小さく呟い  なかに入りながら呟い  老人はそう呟い  声を張りあげて呟い  模倣してわざと空々しく呟い  小声でぶつぶつと呟い  切つてイヤに重々しく呟い  顔付で呟い  女は呟い  しめやかに呟い  萩野はうっとりと呟い  調子で、暫く経って呟い  春木少年はあるきながら、考えぶかそうに呟い  眼をやりながら、呟い  くんくん言わせながら呟い  人夫は呟い  中でぶつぶつ呟い  誰かが呟い  風に呟い  きれぎれに呟い  各自に呟い  私は何故ともなしに毒々しく呟い  自分はあくまでも、知らずにしくじったと呟い  キリストはそう呟い  あちこち突っついて、呟い  羽生はこう呟い  目をそらして呟い  風をして、いいわねえ、と呟い  中でこう呟い  ために、そう呟い  半ば無意識に呟い  不安げに呟い  地に向いて呟い  顔になって呟い  さ余って呟い  下を向いて呟い  舌を以て呟い  敬二少年は、思わずこう呟い  何度も呟い  さらさらひらひら、と低く呟い  つた、とすぐ呟い  かすかに呟い  サウカと呟い  せいに呟い  雑誌から眼をはなさずに呟い  ようになまめかしく呟い  傍らのものに呟い  眼を見開いてかう呟い  心をひかれながら、呟い  韃靼人が呟い  雪を拭きながら呟い  裏を掻きながら呟い  蜂谷学士は呟い  欠伸混りで呟い  身を屈めながら呟い  未練そうに呟い  独り言に呟い  犬の、と呟い  ことができない、と、呟い  亮作はふと呟い  源空は呟い  濡れ下りながら、呟い  小沢は呟い  小沢は思わず呟い  はじめて意識を取り戻して、そう呟い  ひそかにそう呟い  豹吉は呟い  豹吉はいきなり呟い  寝顔と見くらべ、そう呟い  しづかに呟い  一歩毎に呟い  みじめさを感じて呟い  氣がついて呟い  意外さとをこめて、呟い  射出しながら呟い  辺を見ながら呟い  中でなにかぶつぶつ呟い  折にぶつぶつ呟い  階段を降りながら呟い  夜彼は寝ながら呟い  んだらう、と呟い  舌打をしながら呟い  やうに、低く呟い  最後にこう呟い  聞き耳をたてながら呟い  岩太郎は呟い  弓之進は呟い  助は、驚いて呟い  観念しながら呟い  側で呟い  おれは呟い  時に、かう呟い  時に、こう呟い  気もせずに呟い  樽野は呟い  半ば独白的に呟い  素気なく呟い  ネクタイを眺めながら呟い  正夫はそう呟い  中で低く呟い  雌鷄を眺めながら呟い  四郎は呟い  お題目を呟い  ものだと呟い  今だと呟い  やうに、ワクワクしながら呟い  つて、呟い  杉は、呟い  上を眺めて呟い  懐中時計を覗きながら呟い  二三歩生籬に近づきながら呟い  又八は呟い  宗太郎は呟い  宗吉は呟い  私はふと呟い  船員は呟い  溜息とともに呟い  女房が呟い  もんですから、ひょいと呟い  さっきから枕許に坐って呟い  小林九兵衛は、おやと呟い  心中で呟い  ように、こう呟い  何かをぶつくさ呟い  しどろもどろに呟い  安房守は、そう呟い  光どの、と呟い  様に呟い  推量が悉く間違って来るなどと呟い  腹立しげに呟い  幾度か呟い  彼がそう呟い  われとも非ず呟い  牛ですか、と呟い  緒方はこう呟い  片手をあてて呟い  火を見つめながら呟い  葉藏はいま、なにもかも、と呟い  ひとさし指で撫でまはしながらひくく呟い  眞面目に呟い  負け惜しみらしく呟い  眼を挙げて呟い  独語らしく呟い  彼女は思はず呟い  黒吉は、呟い  抱起して、低く呟い  眼をこすりながら呟い  弓之助は呟い  顔いろさえ変えて、呟い  やうです、と低く呟い  私は漸く呟い  老人が呟い  顔をあげて呟い  治郎吉は、呟い  内心かう呟い  誰にとも無く呟い  ツたさうに呟い  一処に呟い  陰鬱らしく呟い  彼女は、取り済して呟い  不平がましく呟い  十郎はそう呟い  何かぶつくさ呟い  畑中は軽く呟い  たしかにそうハッキリと呟い  暗然として呟い  私は思はず呟い  十郎は呟い  海舟は呟い  真心で呟い  ステツキを振りながら呟い  たましい声で、呟い  兄が呟い  兄は長々と呟い  彼も軽く呟い  オトメは呟い  伍はねころんで呟い  厚着しようと呟い  食事中に呟い  心のそこでいつも呟い  胸を撫ぜて歩きながら、呟い  銀造はそう呟い  樣に呟い  われに返って、そう呟い  子爵が呟い  満足して呟い  あるじはまたも呟い  郡上平八は呟い  一閑斎は呟い  次郎吉は呟い  憮然として呟い  意久地なく呟い  威厳を含めて呟い  赤の他人の呟い  文句を呟い  久左衛門は呟い  幾ら高価でもいいと呟い  すべてを呟い  信吉は呟い  信吉がそう呟い  言葉を使って、呟い  原子時代と呟い  人間なんだと消然と呟い  悄然と呟い  乘客が呟い  姉は呟い  ぼんやりあたりを見廻しながら呟い  彼はまた歩きながら呟い  一両足りぬと呟い  分別顔をして呟い  候、と呟い  顔して呟い  老躯を忘れて呟い  痙攣させて呟い  朗らかに呟い  苦笑を覚えたが、それでも快く呟い  風で呟い  顔もせず、ただそう呟い  家人のいるまえで呟い  あまり、さう呟い  魂が呟い  庄三郎が呟い  水は呟い  庄三郎は呟い  甚太郎はこう思わずも呟い  甚太郎は呟い  城主は呟い  申しわけみたいに呟い  ひとりでそう呟い  ふくよかに呟い  眼つきで呟い  可細く呟い  左う呟い  グラスを重ねながら呟い  二人が呟い  なぞと呟い  今更らしく呟い  やうに心細く呟い  上着で蔽いながら呟い  秦は呟い  人間だ、と呟い  ひとりごとみたいに呟い  最後の言葉を呟い  ソッと呟い  道者等が頻りに呟い  身動きしたり呟い  顔を埋めて呟い  食卓で呟い  グッタリとなって呟い  暗然となって呟い  ひとり言に呟い  それからまたも呟い  小一郎はふっと呟い  心配そうに呟い  裏切りと聞くと、そう呟い  専斎は呟い  さまに呟い  紋太郎は呟い  声でそっと呟い  佐伯の、その、ふっと呟い  錦は呟い  それは呟い  渠は呟い  余は、更に重く呟い  のだ呟い  不足らしく呟い  ルパンは呟い  ルパンが呟い  ルパンはいまいましそうに呟い  プラスビイユが呟い  プラスビイユは呟い  そっぽを向いてそう呟い  からほそぼそと呟い  儘で呟い  句を呟い  一節みたいに呟い  若書きかも知れんなあと、呟い  事務的に呟い  前を歩きながら呟い  襟を立てながら、そう呟い  彼は、そんなに呟い  細君は、呟い  室へかえりながら呟い  伯爵は、思わず呟い  腑に落ちぬらしく呟い  法水はそう呟い  言葉に出して呟い  八郎は呟い  眉をひそめながら呟い  人物は呟い  我輩は呟い  出鱈目に呟い  饒舌家が呟い  首を挙げて呟い  ぱりだぜえ、と呟い  中で、いつも呟い  君らはよかつたなあと、人知れず呟い  何だか自分が呟い  誰にとなく呟い  あなたに通じるでせうねと呟い  眼をやって、呟い  辰さんは呟い  うつらうつらしながら、呟い  うにひとりで呟い  三公が呟い  苦笑ひながら呟い  口々に呟い  



前後の言葉をピックアップ
つぶつぶ  飛礫    ツブテ  つぶやい  呟か  つぶやか  呟き  つぶやき  つぶやき


動詞をランダムでピックアップ
足り泣きはらさたまら付合わゆさぶりやってのけ気どっ置いひらきなおり取り澄ます断われ飛び立つ付け狙う捩っゆだねるしいしすくいあげる衝きわきかえらうちけす
形容詞をランダムでピックアップ
美しかっ薄気味悪青じろうよきとおい忌まわしくしつこいか黒い小さくっおおう吝く温けれすげない気恥しくかるき好ましくものぐるおしい悲しけれ吝し