「吹か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 吹か[動詞]
風に吹か  明日の風が吹か  潮風に吹か  烈風に吹か  風も吹か  髪毛風に吹か  按摩笛が吹か  木枯らしに吹か  チャルメラも吹か  空気に吹か  風を吹か  つて風に吹か  浜風に吹か  法螺を吹か  汝を吹か  後に吹か  寒い風に吹か  草から草へ吹か  鬢を吹か  水面を吹か  風になよなよと吹か  ラッパを吹か  フランス風を吹か  泡を吹か  春風に吹か  涼気を吹か  帯風に吹か  夜風に吹か  香に吹か  野分に吹か  笛を吹か  高値を吹か  汐風にでも吹か  夕風に吹か  大風に吹か  口笛を吹か  ラツパを吹か  臆病風に吹か  風が吹か  追風に吹か  薫風に吹か  芽を吹か  口笛さへ吹か  血を吹か  面を吹か  危機に吹か  語句が吹か  肩をちぢめたが、吹か  狂風に吹か  ガソリン臭い川風に吹か  熱風が吹か  ハタハタと吹か  朝風に吹か  日に一度吹か  法螺も吹か  ものを吹か  芽も吹か  軟風に吹か  つて喧嘩を吹か  役風を吹か  醉を吹か  あれを吹か  ツきり強く吹か  大尽風を吹か  大尽かぜを吹か  秋かぜに吹か  それに吹か  奥まで吹か  宮を、吹か  奴隷は吹か  南風に吹か  葉に吹か  埃風に吹か  下にゐろとも吹か  風は吹か  風にいつも吹か  菜の花畑で吹か  そよ風に吹か  湯気を強く吹か  尺八を吹か  頸元を吹か  川風に吹か  月に吹か  西風に吹か  ほこり風に吹か  葉巻ばかり吹か  うちに吹か  海風に吹か  海気に吹か  背後を、吹か  扇風機にでも吹か  冷風に吹か  ぷっぷと喇叭を吹か  髯を吹か  風にや吹か  顏に吹か  国にまで吹か  涼しい風に吹か  袂を吹か  喧嘩を吹か  柳と共に吹か  ゆくところ頻吹か  寒い風も吹か  葉を吹か  春風いまだ吹か  蚊帳を吹か  眼を吹か  旅衣を吹か  時は吹か  塵も吹か  煙に吹か  寒風に吹か  法螺は吹か  それからはやてに吹か  汐風に吹か  天風に吹か  煙草を吹か  雪風に吹か  猪も共に吹か  些とも吹か  火に吹か  寂寥とに思ふさまただひとり吹か  靜かに吹か  空氣に吹か  之を吹か  勲何等風を吹か  袖を吹か  そよりとも吹か  風に軽く吹か  河風に吹か  からぬことも、吹か  海風にでも吹か  風はそよとも吹か  突風に吹か  疲れた頭を吹か  喊呼にも吹か  風こそ吹か  口から泡を吹か  微風に吹か  虚心を吹か  湯気に吹か  恐怖に吹か  貝を吹か  飛沫に吹か  矢風も吹か  墨に吹か  屏風に吹か  顏を吹か  ム気に吹か  名をつけて吹か  心を取って吹か  顔を吹か  気に吹か  ピューピュー風に吹か  羽を吹か  若い手足をのびのび投げて吹か  それの怯えに吹か  胸を吹か  灯を吹か  酔面を吹か  鞴を吹か  俗曲を吹か  煙硝に吹か  空っ風も吹か  寒い夜風に吹か  都の風にも吹か  不吉感に吹か  ように吹か  思いにも吹か  いちど貝を吹か  涼風に吹か  風にゃ吹か  尾羽を吹か  一首には、暫しだに吹か  七日風が吹か  風にも吹か  ホラなんか吹か  暴風に吹か  朝東風に吹か  一生、吹か  何としてまた、吹か  頬を吹か  熱気にでも吹か  口笛で吹か  渦を巻きつつ吹か  外へ出て、こがらしに吹か  南口で降りて、こがらしに吹か  時刻に吹か  寒い夕風に吹か  辺、吹か  寒々と吹か  のどには吹か  母穂には吹か  旦那風を吹か  熱を吹か  方へ吹か  寒い海風に吹か  酔つたから風に吹か  風にでも吹か  巧みに吹か  どこか吹か  風にさっと吹か  子に吹か  六条院の吹か  裾を吹か  埃風も吹か  何が吹か  稍暫らく風に吹か  嵐に吹か  風機に吹か  岸に吹か  頬一杯に吹か  自分に向って吹か  甲谷は吹か  沸上り、烟りは吹か  風に吹かれ吹か  身を吹か  進軍喇叭を吹か  秋風の吹か  吹雪と共に吹か  葉末に吹か  笛なんか吹か  ょうはそよりとも風の吹か  ア航海中暴風に吹か  ハモニカを吹か  芽が吹か  芽を吹くか吹か  弱音を吹か  雲に吹か  限り雲に吹か  風に吹きつれて高く吹か  雲母雲が吹か  風なんかに吹か  勿體振つた風を吹か  平気だが、吹か  真正面から顔を吹か  あらしに吹か  空っ風に吹か  はりに吹か  喇叭を吹か  上へぶっと吹か  外気に吹か  アルパカが吹かれる、吹かれる、吹か  間雪に吹か  夜通し火を吹か  貿易風に吹か  時に吹か  潮に吹か  夜気に吹か  一日も、降られたり吹か  一度に吹か  ところに吹か  中に立っていたが、とうとう吹か  青嵐も吹か  一つは吹か  森垣さんもかならず吹か  はたはたと吹か  出放題は吹か  斜めに吹か  朝から枝を吹か  風の吹か  沖へは吹か  間に吹か  髪に吹か  葉末を吹か  空中を吹か  吐息に吹か  毛を吹か  風があまり吹か  子午線を越えて吹か  ひたいを吹か  笛を吹くか吹か  宗論を吹か  北西風の吹か  衢風に、吹か  臆病かぜに吹か  笛など聞かしてあげようといえば、吹か  沢庵も初めてと申してもさしつかえない、吹か  西風が吹か  もの仕合せであったが、吹か  花に吹か  腥い月明りの吹か  剣気に吹か  呼笛が高く吹か  殆ど主人風を吹か  宵から雪に吹か  夜風にでも吹か  大人風を吹か  父が吹か  裾に吹か  そよ風が吹か  花をこぼして吹か  煙草が吹か  扇風機にぶうぶう吹か  息が籠って吹か  笛も吹か  ために吹か  一枚一枚風に吹か  五町も飛び吹か  哄と吹か  秋口だって恋風が吹か  暖く吹か  炭風に吹か  ッと吹か  余韻を吹か  秋風に吹か  皮がはねつる吹か  雨に吹か  一面に吹か  凉しき風に吹か  五十両と吹か  枝は吹か  音に吹か  亭主風は吹か  紐が吹か  駄ボラを吹か  風に打たれたりまた吹か  膚寒い風に吹か  熱風に吹か  寒い赤城颪に吹か  余り役人風を吹か  凩に吹か  松風に吹か  二へん高座から喇叭を吹か  んだぞ、しっかり吹か  磯原生れ風に吹か  涼しい朝風にそよそよ吹か  夜風に長く吹か  木の間ちょうちょうゆるく吹か  だに風も吹か  能はず、寄りつ寄られつ、吹きつ吹か  風に、さびしく吹か  微醺を吹か  



前後の言葉をピックアップ
フオーク  フオークヲモツテイラシツテ  フオースト  府下  浮華  深ま  吹かせ  深まら  拭か  深まり


動詞をランダムでピックアップ
僻す喜ばしついて寝返らありつけ躓き為そかけぬけるさく当たるいたわりあっほっするくるめ推し量っ翔ぼぶちのめし逃がそふみつけ取り縋れ満ち足りる
形容詞をランダムでピックアップ
よそよそしのっぴきならなかっあどけなしあたたかきしょ小さく大きせち辛く人なつこかっなるけれ賑わし生ぬる姦しき羨かっ面映ゆかろ馬鹿馬鹿しきたならししたしかっ安っぽ生生しい