「右門」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

右門[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
右門とを搦め取って  右門もあわてて  右門もこれまであまりにも珍しすぎる  右門もぎくりとなって  右門もようやく手から毛抜きを放しました  右門はぶきみな  右門もぴんと感じてささやきました  右門も負けずに続けました  右門というわれわれの信頼すべき  右門もわらじにしめりを与えて  右門もおもわず体をひらいて  右門も相手が大徳川の顕職にある  右門も隣のへやから気がついた  右門にとっては実に容易ならざる  右門ともいわれる  右門もはるか末座においてこの珍事をみとめ  右門ももはや五分どおり事のなった  右門も目を輝かしながら尋ねました  右門とおかしな仲ででもあるかの  右門も少しいぶかしく思ったので  右門も涼みがてらに  右門といや名ぐれえは聞いているだろうから  右門と見まちがう  右門といわれる  右門も宴にのぞんだ  右門も苦笑しながら  右門もちょっと舌を巻きながら  右門もそこにぐったりとからだを投げ出していましたが  右門といわれている  右門もちょっとぎくりとなって  右門も同時に命ずるごとくいいました  右門も心を打たれながら  右門も胸をおどらしながら  右門もぎょっとなったが  右門とてさじを投げるより  右門といわるる  右門にとってはまったく予期しないでき  右門も少しほっとなって  右門といえば  右門も同役たち一同とともにそのお私宅のほうへ参向いたし  右門と知らぬ並みいる  右門と冷笑した  右門もちょっとそれにはめんくらった  右門とて不審はいだかなかったが  右門のその明知の鏡にちらりと映じ写った  右門も今度はびっくり右門になった  右門も今はなんじょうちゅうちょすべき  右門もほほえむとも  右門も事の意外から意外へ急転直下したのに  右門とあだ名のおれを知らねえの  右門もようやく事の顛末を知りまして  右門もめんくらいましたが  右門も顔をそむけていた  右門も近ごろちっともうろくした  右門ももうろくしたなと  右門もとんだ  右門もともどもうれしそうに見つめていましたが  右門もぞくりとあわつぶだてながら  右門と名をとった  右門も腹切る  右門にゃいくらでも隠し  右門も胸にこたえたらしい  右門とあだ名のこわいおじさんがにらんでの  右門とあだ名のこのおいらの気っぷがかんべんできねえ  右門とおっしゃります  右門やりおるなと  右門とたちうちゃできねえぜ  右門も世をはかなむ  

~ 右門[名詞]1
大弐と右門と  大弐と右門とを  水戸町奉行田丸稲之右門  こころもち微笑を含んだ右門の  ことにはおどろかない右門  いま出どころが違うといった右門の  

~ 右門[名詞]2
むっつり右門  どうやら右門  まことに右門  ただちに右門  よほど右門  したたか右門  もう右門  とっくり右門  けっして右門  いたく右門  おもわず右門  いささか右門  あくまでも右門  その右門  同時に右門  

複合名詞
右門次  薩藩亡命北条右門  薩藩士北条右門一派  北条右門  藤井右門  右門企  右門儀ハ獄門  藤井右門太  野中右門  北条右門様  右門様  柳生右門  これ右門  近藤右門  右門なぞ  右門ともども  右門はま  近藤右門どの  右門参着  右門党  右門一流  右門たち  右門思い  右門捕物中  いとう右門  右門けさ  右門主従  近藤右門様おんもと  右門ら一行  八丁堀同心近藤右門  右門畑  右門主従がい  右門もちょいとぎくりしたようでしたが  右門主従三名  右門おはこ  松平伊豆守近藤右門  右門捕物  右門どの  右門殿  近藤右門様  右門秘蔵草香  名人右門  右門め  八丁堀右門検死済み  畑野蔵人近藤右門殿  八丁堀右門  村上右門  



前後の言葉をピックアップ
埋れん  うもれ  ウモレ  埋れ木  埋れる  恭し  うやうやし  恭しい  うやうやしい  うやうやしかっ


動詞をランダムでピックアップ
うちあうおもむき差し引いせりだし宛てがう渡せよ取り消す哭い振りかざす入れ替っ突き落とす早まっくぎら鼓し見かねはやらさ厭き漉さぼかす生る
形容詞をランダムでピックアップ
すからわるくたやすくそこはかとなし寒々しく気味が悪かっくどき聞苦しゅうふか間遠く睦まじい床しいほどよい嬉しゅう恭しいわかり易さやけしはかなし残り少ない言うまでもない