「叱っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 叱っ[動詞]
弟子達を叱っ  だってのを、ぶったり叱っ  今井を叱っ  私を、あんなにひどく叱っ  子供は、叱っ  俺が叱っ  ナーニお前を叱っ  引掛りますといって叱っ  女中を叱っ  時に叱っ  社員を叱っ  一八郎は叱っ  ところを聞くと、どうも叱っ  胸を叱っ  犬を叱っ  婆さんが叱っ  母は叱っ  口説いたり、すかしたり、怨んでみたり、叱っ  あなたが叱っ  依子を叱っ  手紙をくれて叱っ  私を叱っ  わたしは叱っ  子供を叱っ  ため、叱っ  意志を叱っ  少年を時々叱っ  ところは遠慮なく叱っ  目顔で叱っ  猪口を叱っ  のを叱っ  迷惑がられ、それでも、叱っ  留は叱っ  子供達を叱っ  私は、さんざ叱っ  女を叱っ  私は涙ぐみながら、怒って、叱っ  禿を叱っ  今さら妹を叱っ  馬鹿と叱っ  なにが気にいらぬと、叱っ  君を叱っ  大喝して叱っ  いつか、叱っ  自分を叱っ  私は、ただ叱っ  痛烈に叱っ  前面の防ぎに、叱っ  張飛を叱っ  狂躁をふかく戒めたが、叱っ  無礼を叱っ  人々を厳しく叱っ  孫策が、叱っ  言葉で叱っ  粗忽者をいくら叱っ  声で叱っ  ものとして、叱っ  仲間を大いに叱っ  ことばを叱っ  曹操は叱っ  糜芳を叱っ  孔明は、叱っ  黄蓋が叱っ  成を叱っ  先生、叱っ  警官が叱っ  勃然と叱っ  けんもほろろに叱っ  大声に叱っ  彼を叱っ  魏延を叱っ  ようだと叱っ  少年を叱っ  もったいないことをするなと叱っ  ヤエちゃんを叱っ  マダムが叱っ  作衛を叱っ  みなまで聞かず、叱っ  自分が叱っ  馬を叱っ  宮崎が叱っ  右肩を掴み、優しくゆすって叱っ  言葉でするどく叱っ  それを叱っ  少女をよく叱っ  支那人を大層叱っ  甘えに逢っては叱っ  幼童を叱っ  勘十郎は笑いながら叱っ  顔色で叱っ  顔をして怒叱っ  私に怒叱っ  お前子供を叱っ  今更二人を叱っ  他人らしく改まってあやまらなくともだと叱っ  アいって叱っ  種は叱っ  ために叱っ  天皇陛下のお言渡しと心得ろと然う言って叱っ  思召し下すって、叱っ  私語いたり叱っ  混えて叱っ  オトナたちを叱っ  わけをしたり、叱っ  時、追っても叱っ  女中達に叱っ  私が叱っ  武将ではないと叱っ  敵を防がぬかと叱っ  弥七は笑いながら叱っ  弥七も叱っ  男はなんだか叱っ  子供らを叱っ  鉄棒を取ってはいけないと言って叱っ  先棒が叱っ  刑罰は、叱っ  無駄を軽く叱っ  一声ではないけれども、いくら叱っ  あたしを叱っ  母様を叱っ  のに怒鳴ったり、叱っ  鬼ごっこなんぞしていると叱っ  ギターを鳴らして歌うと、叱っ  盲動を、きびしく叱っ  濁声で叱っ  人をあんなにひどく叱っ  父が酷く叱っ  旦那さまが叱っ  妹を叱っ  兵馬が叱っ  のを軽く叱っ  蔭からお案じて、つよく生きろと、叱っ  わたしを叱っ  子を叱っ  宗良を、叱っ  妻を叱っ  舌打ちと共に、こう叱っ  ほうへ叱っ  長年は、叱っ  組頭はまた叱っ  口で叱っ  京子を叱っ  今一度京子を叱っ  眼で叱っ  弟を叱っ  あなたを叱っ  場合によっては叱っ  ものを、唯いちがいに叱っ  臆病とも叱っ  ように叱っ  おん眉を凝らして叱っ  七は叱っ  人を叱っ  わたしが叱っ  わたくしが叱っ  七はまた叱っ  おかみさんをきびしく叱っ  親分さん、ちっと叱っ  不埒をきびしく叱っ  尊氏は叱っ  師直を叱っ  師匠さんがあんまり叱っ  直をきびしく叱っ  弟子たちを叱っ  直を叱っ  から、一応は叱っ  これも叱っ  正季が叱っ  鶏を叱っ  甚蔵は叱っ  七は先ず叱っ  平吉を叱っ  正成は、叱っ  千次を叱っ  女房を叱っ  ぼんくら野郎を叱っ  方でも叱っ  雲は叱っ  一寸も叱っ  不良青年を叱っ  マア坊を叱っ  うつろ心で叱っ  それは叱っ  敏子を叱っ  女中をきびしく叱っ  府尹は怒って叱っ  私たちを叱っ  僕を叱っ  私はいつも叱っ  私は叱っ  目で叱っ  うえ私を叱っ  だれにでも叱っ  むやみに叱っ  小寺政職もつよく叱っ  官兵衛は睨めつけ叱っ  上から彼は叱っ  伊太夫が叱っ  一人としては叱っ  咲二を押えつけたり叱っ  咲をきびしく叱っ  弥之助は叱っ  私、めそめそするな、と叱っ  お前を叱っ  相手を叱っ  クリストフは叱っ  母親を叱っ  彼を直してやったり叱っ  婢僕などを叱っ  ものではないと慰めるよりも叱っ  真面目に叱っ  無下に叱っ  長国がきびしく叱っ  介がけわしく叱っ  あなたに一度うんと叱っ  春彦どのも必ず叱っ  自分などを叱っ  何か叱っ  奥へゆくと、叱っ  じいやにはなんだか惨らしくも思われるので、叱っ  道学一ぺんに叱っ  おしりをときどき叩いて叱っ  小善主義を叱っ  三人を叱っ  ベッキイを叱っ  ようにして叱っ  翠を呼びつけて口ぎたなく叱っ  声を励ましたり、叱っ  ん叱っても叱っ  子猫は叱っ  奴だから、うんと叱っ  だってママを叱っ  息子たちを叱っ  寝ぼけ声で叱っ  士を叱っ  娘を叱っ  竜子を叱っ  時私たちを叱っ  野心を持っていない、と叱っ  母親が叱っ  めったに叱っ  尻を叩いて叱っ  馬鹿があるかと叱っ  大喝で叱っ  一太を叱っ  下女を叱っ  段になると叱っ  時うんと叱っ  小僧を叱っ  の子供を叱っ  生徒を叱っ  調子で叱っ  祥子を叱っ  首が飛ぶぞ、とでも叱っ  自分をまた叱っ  甲後家は、叱っ  甲は、叱っ  大声で叱っ  声は叱っ  次郎ちゃんを叱っ  顔をして叱っ  源次を呼んで、ひどく叱っ  酢くして、叱っ  婆は叱っ  仲間が叱っ  自分を叱るなら叱るで、さっさと叱っ  お祖母さんがそう言って叱っ  坊ちゃんがどんなにおいたをなすっても叱っ  部下を励ましたり叱っ  浦に向い、荒々しく叱っ  身を叱っ  人だかりを叱っ  利助さんを、さんざん叱っ  吏はまた叱っ  半ばコワがりながら叱っ  とき煩さいと言い叱っ  のか、どう考え直しましても、叱っ  秋山は叱っ  秋山は又叱っ  自身を叱っ  オタツを叱っ  筆者を叱っ  謡じゃけに、叱っ  非道く叱っ  なぞと叱っ  大声だったが、それでも笑って叱っ  小声で叱っ  雪子はきびしく叱っ  喝した、叱っ  それを見つけて叱っ  孝助を叱っ  蘭が見つけて叱っ  顔をして、ふざけてはいかぬと叱っ  十人を叱っ  撃剣をせよと叱っ  ことは出来ぬからといって叱っ  一日大いに叱っ  亭主を叱っ  訳もなくっても大きなこえで叱っ  あたしを、叱っ  もう一度礼をし直せと叱っ  父親は叱っ  けりゃんこにぶちまけて、叱っ  ことをちっともしないと云って叱るが、それだけ叱っ  ッと叱っ  のと叱っ  相違あるまいと、叱っ  あいつを呼び付け、みっしり叱っ  清吉を叱って叱っ  清を罵り叱っ  ことのできぬほど引っ叱っ  悟空が叱っ  姫を叱っ  声を尖らせて叱っ  ままに、かわいがったり叱っ  先生の、まるで叱っ  ところへ呼んで、叱っ  筆を叱っ  襖をしめ忘れたと云って叱っ  心を叱っ  先生たちも決して驚いたり、叱っ  うちは叱っ  母親が呆れて叱っ  



前後の言葉をピックアップ
仕方  仕形  鹿田  鹿谷  シカチェ  しかっ  呵っ  四角形  シガッタ  死活


動詞をランダムでピックアップ
もりこん聞澄まし差し遣わす祭っ取り返さ領す酔いしれ年取る白め貰えれ破っゆらめく算せくたびれる乗掛けまたたき躊躇っかがやき蝕ん刷ら
形容詞をランダムでピックアップ
しょぼ分別臭いねば微笑ましく物淋しい重おもしかっ細かかっおめでたく淋しい聞きにくうみめよき忘れっぽいやり切れなかっみずみずしい甲高くておもうおろかしい手軽くかるい