「可」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
可なりの美人だったらしい面影を留めている  可いと思つて居る  可なり範囲の広い漠然とした  可なりある  可なりの勢力を占めてゐる  可なりの町並になって居て  可の時の用に立たない  可なりの作だと云う  可けない可けないって言っておりましたけれど  可きを信ず  可なり弱っても居るので  可なり酔っていた  可成り沈着な態度に据つてゐる  可成り長いはつきりとした  可き報怨を蒙りてより  可なり遠いことが分っていたし  可なり進んだ  可なりの助力になりながら  可なり多くの進歩的な青年が輩出しました  可なりにひねくれた  可なり大きな家に陣どりました  可なりのセンセーションを日本の社會と政府とに起しました  可なり人目をひくと見えて  可なり心力を注入した  可なりと信ず  可懐しがる  可成り困つて  可成りあります  可成り残念な気持がしましたので  可成り長いお話になりました  可なりたってから  可なり飲んでやりました  可ならざるはなしと云ふ  可なりの年配だけれどがっちりした  可なり縁遠いものであったろうと思う  可成り大きい家の主人に向けた  可成りつながっていましたが  可成り憎まれて居ります  可成りの時間の距離がありますし  可成り保険もあった  可恐いのではありませんの  可なり大きな音を立て  可なり御変りになった  可き孔を穿ち  可き塲所の大さを定め  可く部落の散在にも因る  可なりに束縛を受けて居る  可なり広い庭園にかこまれて居ました  可なりに進んで居ました  可なり前方に押し進んでいた  可なり苦しめられていた  可恐いのといって  可成り似ている  可きで実際都亭は詐欺漢のためにたとえ  可成り注意が施してある  可成り穿つて描かれてゐる  可成り鮮かに描かれてゐる  可なり純なものではあったものの  可なり丹念に調べては  可なり着々と歩武を進めて来ている  可成りの科学知識を与えられているのに  可うがした  可恐しい  可うがすかい  可であるとしてゐる  可なりとしてゐる  可然公共的の事業に使用するが  可なりそれが興行方を懇請されたが  可煩くなりましたら  可煩くはいらっしゃいませんか  可からざる者あるを悟ら  可とすべきか  可なりの金を懐にして  可成り痛く響いた  可成りの同情を持つ  可成り酔つてゐた  可なり異る  可なりその性質が変つて来なければならない  可からざる懶婦となるか  可なり不当だと思ふ  可なり高い山の腹にくつついてゐる  可なり経つてから  可なり遠くの方から鉄砲を撃つ  可なりよく見分ける  可なりの遠方まで伸びて行く  可なり考えに変化もあるから  可なり皮相な規定に過ぎない  可成りの資産家で次男に生れた  可き物があり  可成り贅沢に暮して居た  可き日は来た  可き事をもう僕の耳に入れて呉れるな  可き催眠術の為に何処かへ隠れて  可き魔術の暗示は今頭を岩で酷く打つた  可きその日の夕刊にて自分は彼哀れむ  可なりの問題を惹起した  可なりのザディズムスのあらわれを見出す  可く長生をしようとする  可く長持ちのする  可なりの根本から顛らざるを得ない  可なり根本的な立場の相違に帰着する  可なり嬉しかったに違いないだろうと思う  可なりうるさがっていたに  可成り規矩男に慣れてしまって  可成り得意の色を見せて来て  可しと考ふる  可成り後悔しかけてゐる  可なり懇意な口を叩ける  可懐い思出があったので  可訝いな  可恐い面のために気絶をした  可懐しゅうござんしたでしょう  可恐い夢を平気で見ます  可なるところを知る  可恐しく見  可懐く熟と視た  可恐い顔になった  可恐い云うて  可とす  可なり事情が変つてゐる  可なりあるにはある  可なり伸びられ  可ならんというに  可なりいました  可なり湧き出していました  可なり大きな河が流れてゐる  可き程の素晴らしい天分とを有つてゐた  可き程のものを有つてゐた  可なりに相近いものを有つてゐる  可怪いようにも思われたので  可かった事を御覧なさい  可なりに深い森林があつたらうと思はれる  可成り大きな家を構えて居りました  可いでしよう  可恐いものの目に触れない  可恐がって近づかぬ  可なり旧い邸宅の門前にトラックがおいてあり  可なり恐れた  可なり富んでゐるけれども  可は三十一文字だか四文字だか分らないが  可なり広い処を畳敷にしてある  可からざらむか  可きをおもひて  可き方向へ足を急がせた  可きかに付いて  可とするか  可ならざるなきそちの才能とあれば  可なり其処にあると思う  可恐さと相半ばした  可恐くなり  可な外国通になる  可成り自由に延び延びと麻雀を遊び樂しむからではあるまいか  可成りあるらしい  可き北沢新次郎教授が池袋に住んでいたので  可とする  可なりむづかしい疑問であつたに違ひない  可き瀬戸内海へ這入った  可く部屋の一方の側に勢揃いをしたという  可成りの勇気の要る  可く承知したという  可きことが余りに多いので何処から書いて行って  可成り国語にも通じていた  可き口も閉じられて  可なり色づいてはいたが  可き霜柱を生じた  可き色彩の世界が展開していた  可なりに落付のないものとなる  可なりあります  可怖がられたりしていたが  可成り重大な事でも極無雑作にかたをつける  可成り遠くの方まで行つても丈が立つか  可しと思える  可成りある  可なりの満足を俺に与  可なり重い罪悪になる  可なりと信じます  可なりの距離に横たわっている  可なり円滑に加速度を与えられる  可なり明らかであるように見える  可なりの出這入りはあるにしても  可なりの部分を支配している  可なり持って回って  可なり衰えた  可なりハッキリ云うべき  可なり忠実に言葉通りに伝えたに反して  可なり別なものであることは注意しなければならぬ  可なりのものは常識に帰する  可なりの内容をどの家庭の内にも移し入れる  可なりの大部分の代理をし  可なり深遠とも見える  可なり動かされていたし  可なりの魅惑を与えているらしい  可なり決定的なギャップを示している  可なりの距りを有っている  可なり面倒だと思うが  可なりの必然性を以て発生する  可なりの必然性を以て帝国主義的意識が発生する  可なり多いのではないかと思う  可なりのナンセンスになる  可なりハッキリした  可なりの部分を占めており  可なり前から分れてゐた  可なり極端な人殺しの場面を細かく演じて  可からざるものを視た  可なりの金額を調達した  可成り感動して  可成り氏の行手にいろ  可かあありませんよ  可がべす  可怪しく思いながら  可なりの雨となった  可なりの暴風雨となり  可なりに頻繁であつたとすれば  可なりの發達を仕遂げた  可なりの進歩をなし  可な理会を持つて居た  可成り悩まされたけれども  可いでせうけれどね  可恐いものが引包むと思うと  可恐い雷が鳴つた  可恐い雷が鳴った  可怪しいと思ひましたが  可なり重大な関心を各方面に呼び  可なり距りがある  可成り嬉しがらせた  可なり読み  可なり活発な労働争議が増加しつつあった  可なり重大な撞着がある  可なりといえども  可なりのニユアンスがある  可愛しいと思われた  可き事だとは少しも思はない  可きを信じてゐる  可き處に往かしめる  可き俺の運命は早くも幼年時代に萌してゐた  可き善人だとは自信し得なかつた  可からざる状態であらう  可からざる人格の相違がある  可き重要なる原理となる  可き時間が非常なる蠶食を受ける  可き安宅を設計する  可き者であつて支配す  可き無限の寂寞と恐怖と無力の自覺とは眉を壓する  可きかに在る  可きか惡魔と呼ぶ  可きか運命と呼ぶ  可きか歴史と呼ぶ  可くは余は一切のセンチメンタルなる哀泣と嘆願とを避けて  可き微光を點じて生き  可き社會的必要のない歌であらう  可からざる抗爭の悲壯なる自覺を與へる  可き現象に對して  可きかは至難にして  可からずして而もある  可なり燒盡した  可なり心細いものであることを率直に告白せねばならぬ  可き多くの素質を持つてゐるに  可きと逃ぐ可きとの判別を明かにせよ  可く實社會との深入した  可きかを考へた  可き眞理を含んでゐるに  可き人生がある  可き理想がある  可き内容を供給する  可き誤謬に導かれた  可からざる結論とを區別せ  可からざる結論から初めれば  可き自己辯護を公言する  可きことを底から感じてゐる  可なりでげす  可き時間の予測さへ推断し得ぬと  可なり確かな眼で現象も捉へられてゐる  可に斯る御考にはあらざるべし  可に山陽が一代の文豪なりしを知らざる  可き事を奬説する  可からざるものとせば  可き恍惚の美を缺いてゐない  可き馬鹿な眞似や  可しと見て  可き事をその子に命じた  可きRomanticLoveの夢を否定したとは  可きかを知らない  可きかを豫期する  可からざる空想ではないかと思ふ  可き花に過ぎない  可なり色褪せて  可き相應の自由を感じてゐる  可なりになる  可なり才走つた  可なり才ばしつてゐるから  可なりルーズだと思ふが  可なり多數の批評家の態度に彼の孤獨を攪亂せ  可きことは疑ひがなかつた  可きことを信じてゐた  可なりに高も取る  可なり研究が出来てゐる  可見の事實を語り  可なりの動揺と変革とをみつ  可なり正確に写した  可き春の豫表に心躍りつ  可からざるの妙趣ありて  可からざるものあるを察せよ  可し可し  可うごす  可かろうと思うからね  可うごすかい  可かろうと思うよ  可なり大きな期待をもつ  可なりの財産と家柄とがあった  可き煤煙を肺の底まで吸ひこみながら  可怪しいのかもしれないので  可なり揃っていた  可な悟り  可なり好遇している  可く余儀なくされた  可なりの費用の胸算用をして居る  可成りの額の金を蓄えていたので  可成り底冷えがしていましたから  可成り上機嫌になっていた  可成り僕の心を悲しくさせた  可なり支那に於ける  可なり引込んで  可なりの金を使っていた  可なり多額の借金の連帯保証人となっていた  可きぢやないんだから矢張りお返しした  可なりに遠いであらう  可なりの傷を負った  可く色彩も施して置く  可からざる威容を備ふるを見れど  可成り醉つてゐた  可なり重大な性質を帯びてゐて  可成り激しく降り出した  可なりの困難を予期したならば  可なりの路が通じている  可なり大きな雪渓の喰い込んでいる  可く雪を避ける  可なり下った  可成りの中毒患者になってしまった  可く近くのベエコン方を訪れて  可き重要な聞込みを齎した  可き罪人が一刻も早く神と人の裁きに就き  可き如実さに於て見た  可からざる隣人への罪を犯している  可なり苦しんで  可なり敏感にさえなっていた  可なりの根據が出  可なりい  可なりに男との間が接近して来た  可なり自由な若々しい生活をした  可き煤煙を肺の底まで吸いこみながら  可成りの重要人物としてハルミの味方をしなければならぬ  可なり厄介な問題がひそんでいる  可うがす  可なりの高さを持つ  可からざる物のみが自然に成した  可なりやといふ  可いでせう  可かも知れぬ  可成りの抵抗をもつて  可き人物を会津の主将に据えて  可き事とした  可きことになる  可なり心遣いをした  可懐い薫に包まれた  可成りの間それが水の上をあちこちに飛び散り  可なり頻繁にまた激しくなってきた  可なり不快な気がしたが  可なりの利益になる  可羨しく思われぬでも  可羨しそうにその後姿を見送りながら  可恥しく腹立しかった  可恥しい自分の秘密な経験を押隠す  可き女がどっかりと座るなどとは  可く準備して来た  可なりに大きな身体をしていましたが  可なりに遅く帰宅しました  可なりに広い庭を控え  可恐しさと言ってはございません  可く精細に話してみよ  可きことを確信したか  可きその憐れな男を今にも重罪に落し込まうとしてゐた  可ならんも盲目よく為し得べきや  可怪しいと思ってるて  可しこんなものを焼捨てて  可怪いと云う  可くあの異人から遠ざかつてゐるやうにとの遠慮が私の心を占める  可成り烈しい困惑と憐愍に似た  可成り大きい金子を故郷へと送つたので  可なり深い理智の力によってそれを見通された  可なりの補助をして遣る  可怪しいと思われる  可怪しいと思ったが  可ござんすかい  可うがしょう  可なり親しみが出来た  可なり悩まされていた  可なりゆきづまった  可なりの間黙り込んだりして  可なりに太く老いてゐた  可なりの年月を隔てた  可なりの分量がある  可成り醜い男が立っている  可からざる静さに此孤島は還つた  可なりの距りがある  可成りにはげしく放浪している  可き事とも思われず  可なり驚かされました  可成りそういう事を考える  可なり親しくつき合って  可なり多くの手紙を貰っている  可なり疑わしい数点がある  可なり有力だった事は疑いありません  可成り彼女の顔を見に来る  可なり苦しめる  可く誰の顔も見ない  可な通人ぶりや利いた  可なりに強く悩まされたが  可成りの目方のあり  可怪しいようだと思って  可なりに繁昌していた  可怪しいという噂がたちまちに拡まってしまいました  可く近づかない  可もなし  可なりすたれたが  可なりいたんだ  可なり長い間黙っていた  可懐しそうに心をあせった  可なりの時間と労力とを費したけれども  可なり真相を知る  可なり烈しい態度を取っております  可なりあったし  可なり綺麗に掃除がしてある  可かったと思う  可なり上手だと思っている  可かろうという声がした  可かろうと思った  可かろうと云い出した  可かったと思っている  可かろうと答えたなり  可いと覚悟した  可ければ買って来ましょう  可かろうと注意した  可からざる人に嫁いだ  可き事を云い尽くした  可いと思わないで暮らした  可かったと思い出した  可なり酔って  可なり廣く  可なりの大さの渓に沿つて上つて行くので  可成り打ち溶けてゐる  可なり殖えて居る  可なり空費して居るの  可成り正直に心からの聲を出して書いた  可いのに可加減飲んでね  可く自分を制しはしなかつた  可なり贅澤と思はれてゐたと見えて  可く備はつてゐる  可からざる感慨に入らんとするなり  可き者が現れたら  可しと痛感した  可く突撃隊を組織した  可懐しそうに呼んだ  可なりに明かるくなつて來たことは前にも述べた  可なり緩漫になつて一秒間一二回の往復振動になり  可なり幅を利かせた  可なりハキハキした  可なり不当のように思われましたが  可なり嗜み  可き福を取らずして  可なり幸福に感じてゐた  可なりの資材が蓄積されていました  可なり甘い点がつけられている  可なりありますから  可なり重い神経系統の混乱に陥っていた  可成り興味を持つてゐるし  可成りの慰めに違ひなかつた  可なりはつきりした  可なりの頁数を占める  可なりの成功を収めた  可く古曲をと布望したが  可なり精密に規定されている  可なり適切に現わす  可なり乱暴にタタキつけられるだけの  可なりの程度に於ける  可なり忠実に写し出せるという  可なり行きとどいた  可なり峻厳だとさえ云えるだろう  可なりの程度に現在この世の中で幅を利かせている  可恐しさに氣落がして  可かありませんか  可なりに強い恐怖を与え  可なりに興味を持ち  可なりに男の心を戦慄せしめるであろうと思いました  可きことは男子に於ても亦恥ず  可成り老けた  可なり無造作に使っている  可なり曖昧なものであらざるを得ず  可なり遺憾とすべきで  可なり身をもちくずして  可なり深そうな傷痕がある  可き季節であらうに  可なりの金額であることを私も知っています  可なり立派なアパートに住んで  可き必要がある  可り廣い  可なり釣れます  可く避けて  可なりの生活をして居るが  可成り広く取ってあります  可なりたまっていた  可なり幼稚の頃からと思はれる  可なりに存し  可なりの時日を要した  可成り足早に歩いてゐた  可とす此の如き境遇に住する  可畏い阿  可慨しそうに寐床へ入った  可いと思って待ってる  可かろうなどと相談の始まる  可懐しげに言って  可畏しい  可う御坐んす  可恐しい焦  可いと思う  可恐しいような  可なりの程度に迄応えられつつある  可なり異るが  可なりに純数学的な部門となって現われる  可懐しさが透通る  可懐い亡き母の乳房の輪線の面影した  可なるものあり  可なるものはこれを現わし不可なる  可なり意識的にやつた時期がある  可恐い変化に悩まされた  可なり知つて居る  可ござんした  可うござんす  可恐しさにも増して堪へられない  可なり困難を感ぜられた  可なり群衆の雜沓した  可き陰謀が発見された  可からざるものをも忍ばざるを得  可なり嚴重な制裁を加へる  可なり見  可なり面目を異にして居る  可いと言う  可懐しそうに眺め廻した  可懐しそうな姿勢を示したが  可懐しく思った  可恐しげな眼付をして  可畏いとも思っていなかった  可恐しいで  可恥しいような容子をして歩かないで  可羨しいような  可羨しい  可羨しいと思いますわ  可羨しいネ  可成り詳細に述べたと思うから  可成りに広く深く民衆の中に根を張っている  可成りにかけ放れた  可成りに剣戟に対する一種特別な伝統的な感覚をもっている  可成り充分に流布されている  可成りに異ってきている  可成りこんな恋愛観念が含まれている  可なりの数まで集めるには  可き者あるを認めぬ  可からざる奇気を吐けり  可き程なるを見て  可怖いから行っちゃあ  可なりよく了解する  可なり風俗の違ひがある  可なり酔っていたが  可なりでたらめな日々を送ったという  可なりというのと僕の願とは大に意義を異にしているけれど  可からざる苦痛の色を見て取った  可と呼ばずに  可と変名している  可なり面白い論戰が出  可な女になる  可怪しいじゃありませんか  可怪しいと云えば  可なり面白いことが得られ  可なりに彼の思想の發展を示して居る  可いと思ったという  可恐しき入道雲湧き  可いといふ  可ござんすよ  可なりの人数はある  可怪しいとは思ったが  可怪しいと思って  可く無料で老幼婦女から送り出す  可からざるとを知る  可きを食まざれば  可恐いもの見たさで  可かつたわね  可成り更けてゐたが  可成りがつかりした  可成りな  可なり詳しい手紙を貰った  可し又此所より一町ばかり離れし  可し此男テーブル越に谷間田の顔を見上げて  可し去れど  可く省いて  可き所は殺された  可なりの雑貨商にして  可き懐中物などを遺しては  可しなる可し  可成りした  可成り好きで先頃四段をもらつたが  可なり濃厚に出てゐる  可成り長い手紙を私は若い友達の鶴巻と銀原へ書いたので  可なりゆっくりした  可なりに高い山を登って  可なりに苦しかろうと思い  可怪しいと思いました  可かろうとおっしゃるし  可かったっちゃあ  可いと思うておって  可き馬を牽き来り  可き程に近く思はる  可なり盛んに行われる  可成り鬱屈した  可きと存候え  可成りいたく  可成りにちがふ  可もなく不可もなしといふ所であらう  可なりに長い時間を費した  可とすれど  可なり迷ふ  可羨しげに眺めて居た  可からざる処の次第柄に至りまして  可成り彼を苦しめた  可く思い出さない  可成り長く埋まっていたらしい  可成り発送止めになった  可ならんと忠告し  可きは無論なり  可からざるは事実に徴して  可きを信ぜ  可き名辞の排列にして  可く多く旧政友を糾合する  可き点を有せず  可きのみならず  可しと信ぜり  可き筈なるに  可からざる壊膿を生じて  可からざるを自覚し  可き時機あるを  可き保守的反動を惹き起す  可からざればなり  可からざるものあり  可く解散を避けむことを望む  可からざるを了悟し  可く急激なる改革を避け  可く藩閥の悪魔と健闘したる  可き速力を示せる  可しと主張し  可からざるを信ずる  可なりと主張し  可きを以てしたりといふ  可き所以を頌して  可からざるものあり  可からざるを見るや  可き濁  可し閣下は常に官紀振  可きを以てなり  可き運命ある  可からざる関係を有したりしを以てなり  可き豹変たりしに  可き第二の変局をいふなり  可しと主張したる  可からずと演説して  可きを以てす  可き真の政府党に援助せらる  可き傾向を有する  可からざるを知り  可からざるものある  可き運命あるは  可きは必然の趨勢なり  可きは決して疑ふ  可き内閣は其の必然の組織として政党を基礎とする  可き内閣の主義を一定せざる  可き過渡時代の内閣と認めたるに由れり  可からざる汚名の下に没了せ  可からざるの状態に陥りたり  可からずであろう以上は一年半前の予言が的中した  可き山が在る  可なりの地面を借り受けた  可なりの蔵書を貸与しているにも  可からざるは事實に徴して  可き名辭の排列にして  可く多く舊政友を糾合する  可き點を有せず  可からざる壞膿を生じて  可からざるを自覺し  可く藩閥の惡魔と健鬪したる  可からざる關係を有したりしを以てなり  可き豹變たりしに  可き第二の變局をいふなり  可き眞の政府黨に援助せらる  可き内閣は其の必然の組織として政黨を基礎とする  可からざる汚名の下に沒了せ  可くとぞんじ  可ならざるなき才女として江木欣々夫人の名がやや忘られかけると  可なるを知らず  可からざる事実なるべしと思はる  可なり古い家ではあったが  可なりの空間と公孫樹の茂みとが狭っていて  可なりの枝まで焼け枯れていた  可いと思うが  可懐しさ言わん  可からざるところなるが  可からざるは源平二氏の両立する  可からざる原素の如く諍へる  可成り亂れてゐた  可なりの広範さと普遍さとを有った  可なりよく普及していると見て  可なり自由に用いるとして  可なり重大な注意を払われている  可なり大きな反響を呼び起こした  可からざる幸福を感じ  可なりの距離を残して  可怪しく思われる  可なり永い間の歴史が刻まれて居ります  可なり欠けていた  可なりのさびしみを呼び起した  可きを信じて疑わなかった  可なり最近まで繪島の墓はその寺からも人からも忘れ去られた程  可成り月次調の俳句もまじる  可なりと古びて居るが  可なり痛かろうとはらはらさせられる  可成りな我儘と厄介な病症を発揮した  可怖い程なリアリストとして心理のモメントを捕えている  可しと告ぐる人あり  可成り繁昌せし  可なり愛して居た  可成り世話を焼いてやった  可なり広い温室もあり  可なり真剣に蒔付労働に熱中した  可なりに荒れて居る  可からうと思ふ  可き何等の理由を有つてゐない  可成り骨を折つて待つてゐたのに  可なりに衰弱して居て  可成り距離はある  可成り整っている  可なり大きな魚をのぞき込んでみると  可なりなんぢ事務長のひいきする  可なり屡々彼の墓参にゆく  可なりの役を勤めていた  可なり大きな丼を持って来て  可成り秋成に世の中を住み  可なり響く  可なりいける  可なり酔ってしまった  可なり進んでる  可なりの打撃を受けた  可なり響いたらしい  可なり痛いことだろうと思う  可なりの時間を費した  可なり大胆になって  可なり困っていた  可なり酔っ払って  可なりの人が停車場から吐き出される  可なり聞いてるし  可なり酔っ払っていた  可なり強い降りになった  可なりに広い空地があって  可なり売ったが  可なり大きい銀杏の木が突っ立っていた  可なりに諸人の注意をひいて  可なりの目方があって  可なりに酔っていた  可とし  可きはお勢と席を同した  可なりという程では有るが  可畏い事をお云いなさるねえ  可成り悉しく話した  可成り田地を持って居る  可怪しくなって  可怪しいような噂もありましたが  可怪しな夢を見たよ  可ならざるはないやうなその才能は驚かれる  可怪しくなって来ましたね  可怪しいと云う  可成り考えて  可ござんすのに  可なりに似通っている  可なるゆえんを発見する  可恐い化方はしませぬで  可なりに広いあき地があって  可なり克明にうつして  可恐い高い屋根裏に釣った  可成り高くなつて居た  可きの由なり  可からざるの旨之を申され  可きに依つて  可細い煙を吐いて  可弱い女に助けられながら  可なりほんきな  可なりの爆撃力を持っている  可いと思った  可なる者と相分れ  可なりにやりこなし  可なり年月の距りがある  可しとて  可なり前から実施されている  可なりに気がひけているらしいが  可なり自由主義の方向へ傾いて来た  可なり危っかしい  可なり多量にデユルケムの思想や言葉が採用されるであらうが  可く手短に御話し致しましょう  可なりの贅澤品に違ひなかつたし  可成り明るいアナスチグマツトレンズに百分の一秒まで利く  可成り重いそれの鞄をかついで  可なり古びた  可なりあわてていたに  可成り大きい兄さんの猿が掴んだと思ふと  可からざる光りの照り輝いてゐる  可怪しく胸に響く  可く身分の好い人のかみさんだの娘だのをいく  可からうと私は素直に濡れ汚れた  可き能楽家只圓翁が茶道に接すれば  可なり遠い所へ追っ払ってくれた  可なり酔つていたけれども  可なり長いといつてもい  可いと思へば  可でせうと  可なり熱心に耳を傾ける  可なり当を得た  可からざる一歩を投ずるのに  可からざる苦痛に苛まれたが  可き何物かを有してゐる  可成り離れてゐて  可う御座んすよ  可かったとこう思った  可いような寒々しい最上の客間へ連れ込んだ  可なり広い範囲に対して覚悟をしていた  可なり進歩した  可怪しな気がする  可怪しな憂鬱病患者になつてし  可細く芝居沁みて消え込み  可なり風景には富んで居るが  可き同姓の元の住家へ又も不吉な椿事を起させた  可き事柄で有りません  可き此の花をお浦風情に我が物にされて成る  可き筈で有る  可きで有るが  可き権利の有る  可き後押しを連れて居る  可き様に思い  可き雑な道具を置く  可く此の参詣を人に知らさぬ  可き場合だろうが秀子は別に声も立てず  可く此の室を離れぬ  可く言葉短かに願います  可けぬと医師から堅く断られて来た  可き事柄で有りませんから告げません  可けぬと云わぬ  可けぬと云うから  可き有様に痩せ  可なり厚いと見え  可けぬと言い張ったけれど  可き顔の美しさは何の値打ちもなくなって  可けぬと思い  可なり合って居る  可けまいかと自分の紙入れを検めて見ると  可く無言で居ろと  可き一室を見出して  可けぬと甚蔵が云います  可く油断をさせて置かねばならぬ  可けぬなど云った  可きを看て取らねば成らぬ  可なり財産の有る  可く早く其の人の所へ行く  可からずと口留めをせられた  可なりの美人では有るが  可きほど若いけれど第一号の顔形と同人と云う  可き履歴書を作って  可からざる不名誉を来たす  可き有様と他人が見たら言い  可く尊敬す  可き筈がないのに唯法律の暴力の為に圧せられて  可きで貴方から評せらる  可き犠牲と云われ  可き所に方る一つの窓の戸帳を内から颯と開いた  可き所の戸を推し  可き時が来た  可き女の顔にもまこと涙の流れるを見ては  可く始めから決定されていた  可く権利づけられている  可く凡ゆる  可成り多くの船から返電があったが  可成りの時間を取って終った  可からざる怪しい運命が僕を弄そんで居る  可えから言う  可怖い顔をして  可からざるものあらん  可きにあらず  可怪しなことにはその背景に桜が繚爛と咲き  可なりの基金を出してくれた  可なり優れた  可なり忠実に印象的に現はしてゐる  可なり激しい労働だつたのですが一生懸命に働きました  可き自由を欠いているが  可なり奥まで炭焼が這入っている  可き秘密の力が籠っている  可なり急ではあるが  可なり登ってからでなければ  可なり急になったが  可き崩岩の礫を投げ下したりして  可き大雪田が目の前に現れて  可き絶崖に取り巻かれて  可なりの昂奮と満足とを与えた  可き空前の壮挙たるを疑わぬ  可なり夢中になっていた  可き強味さえ加わって  可なり重大な関係のある  可なり水量のある  可なり危い  可なり古い姿に踏み  可かったらつけてくんねえ  可恐しい唸じゃな  可いと思っての  可うござんした  可怪い目をして  可恐い猿が居る  可恐い響は音絶えるがごとく  可いことはござりません  可恐い夢から覚めた  可けなけりゃ皆で死のう  可なりあり  可き傾向はあるが  可なり遅れていた  可懐しそうに抱しめる  可なり重要な点に触れてゐるので  可恐い嫉妬の怨念に酬ゆる  可恐しいという  可恐しくないように思われるから  可かったと息を吐き  可なり異った  可成りだそうな  可き所に居る  可く廣く  可からざる一要素であるといはねばならぬ  可成りな生活難にとらはれてし  可之故伎也天のみかどをかけつれば  可なり暗示に富んだ優れた  可なり必要な件をまだ後廻しにしてゐる  可なり新しい例からあげると  可なり広いあき地があって  可なり多くの店をまわって来た  可なり積極的な態度に出はじめて来た  可なり思いきった  可なりの飛躍が必要のやうに思ふ  可くなら原稿はタイプライタアで打つ  可なり多くの観衆に迎へられる  可なり濶い  可なり突飛なことの好きな人を滿足させ得るだらう  可く読まない  可く下等な何者かがある  可なりとする  可成りながい間手紙のやりとりが頻繁な仲を保つてゐる  可成り激しい神経衰弱に罹つてゐる  可恐いものが顕われようとも  可恐い洪水した  可なりゆがんでしまって居た  可なり複雑な性格の女に思えた  可なり疲れて居た  可成りはつきりと描かれ  可成りの力作が配置され  可いと言ふ  可いのか少しも方角が付かぬ  可御座んす  可う御座んせう  可御座んすよ  可いこと聴いたワ  可からざる真を体して来る  可成り洒脱のものとみられて居る  可成り垢抜けした  可なりに沢山お酒を召し上り  可なり深刻に味わされていた  可なりの夜深しをした  可なり毛色がよく肥りきった  可き最後の最善の断案だと弥之助は信じて居る  可く多く肥料に金をかけ  可く多くの収穫を上げようとする  可く土地を休養させるという  可なり大きい錐孔が揉んで  可なり困難な生活をしてきた  可成り長く笑ふので  可懐しく感じた  可え工夫してる  可からうと思つて見たが  可いのか一寸周章て  可いか困つてると  可からうといふ源助の話を聞いて  可からうと言ふ  可なり疑ひを抱く  可なり離れた  可いと思って  可なり劣るが  可いでせうね  可恐い海を窺ふ  可恐いんでせう  可き程に感情に富める  可き資格を欠ける  可しと思ひぬ  可なりの期待をかけてゐる  可うござんすのに  可成り注意した  可怪しく思はれてならなかつた  可く泣く  可く歎ず  可なりの金を負担し  可愛しと思うより  可成りな不満を氏の芸術に抱いてゐる  可なりよく捉えられてはいるが  可恐く気の早いのが居て  可恐い処というと  可恐しく謙遜する  可なり大きな鳥だというし  可懐しそうに声を懸ける  可恐ながる  可き時を誤った  可なりあるという  可なり歩いたが  可なり早くから進んだ  可なり進んでからの  可なるものはまず試補に命じ  可なりの抵抗を予想してゐた  可なりの寛大を示す  可なりに広い領野を支配する  可なりの類似をいくつか見出す  可なりの程度にまで尊重すると共に  可なりあがつてゐますし  可なり疲れてゐる  可なりの田邑を有してゐる  可なりの旧家が村にも落着いて居られぬ  可なりの暴風雨となった  可なり出来た  可きやと云ふに  可成りの借金をして出した  可からざる他界に対する自然の観念の存する  可なりの金額を手に入れたとの  可成りの專門家であることを思はせた  可き道理ござらぬ  可き筋がござろうか  可しとせし  可なり得た  可なり極端な言論抑止と言論統制とを結果した  可なり辻褄の合わない  可なりの嵩に及んでいるらしい  可なりの波瀾を巻き起こすだろう  可なり心細いといわざるを得ない  可なりの程度に実現した  可なり多数に支那語に翻訳されている  可なり有る  可成り厭な気持がして  可く労力を節約して成るべく  可なりオペラらしい分子が多量に這入っていました  可成り強い後悔を感じた  可成りだらしが無くなって  可成り歩いた事もあるし  可かろうって二円出して与こした  可なりとせん  可なり高まる  可なり不快な圧迫を受けた  可なりに羨しがらせた  可なりと信じ居るならば  可なり大切な問題となって現われるだろう  可なり呑気な哲学者達が想像している  可成り近いことに気付いただろう  可なりに技術的な精神によって貫かれた  可なり皮肉な現象だと云わねばならぬ  可なり堂々たる形態の一つのように思われてならぬ  可なり近づけられる  可しと思はば  可しと思ふ  可しと思へるか  可からざる殻のやうに思はれてゐた  可きではないと思はれる  可き事も沢山有れば書かれぬ  可なりの量の血痰が吐き出され  可とすと  可成り賑つてゐた  可と言うに  可かろうにと云った  可恐くなりまして  可恐く成りまして  可なり為政者等が長めたものだらうと言ふ  可なり古くから発達し  可なり高率の独身税を課した  可き筈のお兄さまの居られない  可なり銘酊していた  可なりの金を握らせられた  可き處であらう  可なり鋭いものを見せ  可くんば則ち  可かれずば則ち退く  可なり深い山の旅らしい感興を齎し帰る  可なり急いでも  可なり集められた  可なりまとまった  可細い喉の底で唸りました  可なり収入のある  可なりあるので  可なり私の眼近へ來てゐた  可なり草臥れてゐるので  可なりデスペレートになつてゐたので  可なり活発だったと云える  可成りの程度に独占している  可なりしっかりした  可なり強い地震で眼を醒された  可怖いながら疑いを挾んでいた  可いと言つた事がある  可けないと言うに  可し私にも覚悟がある  可成り牽く  可恐い思をした  可怪しくなった  可怪しくなってくる  可怪しくさせ  可なり年配のその先生さえ少く見えるくらい  可なりの庭があった  可なり我儘であると同時に悩んだ  可くチャンスを見付けて集まる  可なり隔つてゐる  可成り大きな新聞社を経営して居られるとかいう  可なり喜ばれたらしく  可なり安易な気分で辞をつけて居る  可なりの歪みは含んで居ても  可いと思ふな  可いと思ふね  可いと思つてから帽子を脱るのを止めた  可うござんすよ  可懐しくおもい出させた  可懐しそうに田代はあたりをみまわした  可ならんといえども  可怖がったりする  可なりの大部数を要する  可なり激しくなった  可なり考え  可なりあるし  可なり元気に答えました  可なり上っていた  可なり丁寧に説明して聞かせた  可成り世間を騷がしたと  可成り深くなつてゐる  可成りに都会流に洗練されてゐて  可なり峻厳な態度を示して来ました  可なりの注目を惹いた  可なりの通俗味がある  可なり高い樹の梢で啼くらしいが  可懐しさも身に沁みる  可うござんすかい  可うござんすけれど  可恐い大な巣をかけた  可恐い顔をして睨みつけると  可を悟り悪しき所に目を附け学ぶ  可なり欠けてるらしく見えた  可なりに確実な腕前を有している  可しわれは白き毛布に包まれて  可しするどきモツカの香りはよみがへりたる  可しわが愛人は今くろき眼を開きたら  可なり上背のある  可なり古代的なものから見ても  可なりよいのと地方であるためにノンビリと山など運動場から眺めて暮す  可怖しい  可恐しいもんだねえ  可なり向う見ずな借金をした  可成り上等らしいビーバーの外套を持つてゐたが  可なり現実的なものでなければなるまい  可からうと言はれました  可なり違っていたし  可なりの大部分の者は自由なる立場に立つ  可成り仰山に感慨を含めた  可怖い学生らしい方に押されながら  可怖い眼をして  可なり滑稽に思はれた  可かろうという事に一決して  可き裏切者が出た  可成り酔っていた  可なりの嘲笑を以つて迎へられた  可なりに勉強家といふ評判をも取  可なりに白けれ  可きは寝床の用意既に整い  可き余の心に写りたる  可しと思いもせず  可く余は開剖室などにて同じ類を実見せし  可く殊に唇などは今しも友達に向いて  可く引上げを早くせんと思いし如くそろ  可き時の来りしを歓びながら出て行く  可なり職業を捨るも惜からずとまでに思いたり  可き言葉を知ず  可く何事も云うまいとするから  可き目科の後に一歩も遅れず  可しとも思われず  可きは血膏の痕を留めし  可き廉の有りしには  可なりの時間を水風呂のなかに立つて  可なりあったが  可いと思って行った  可成りな苦心努力にも拘らず  可成り無理な努力が自然に疲れを誘はずにゐなかつた  可成りな心身の疲れにも拘らず  可成り純粹な津輕の口語で書き得たと信じる  可き恐る  可き事をすっかり頼んだ  可き事を考えて  可く膝を崩せ  可成りな金子を持って  可成りな注意を払い  可き重要な点が残っている  可き破綻を見る  可き所に災の字が書いてない  可なり描いてゐるといふ  可なり年配のひどく痩せた  可なり忠実に脚色した  可細い逆光線に半面を照らされてゐる  可なり要点をうまく伝へてあると思ひましたので  可成りに僕も認めてゐた  可なり大きな川が流れてゐた  可なりの彼方に眺められる  可なりの距離に遠退いている  可なり知ってた  可なり鮮明な境界を画する  可なりの肺浸潤が発見されました  可もしくは四半可を殺風景に怒鳴りつけているとしか思われなかった  可成りの貧困をもたらしてゐる  可なり居るので  可なりひろがつてゐて  可なり無理なことでもあるに拘らず  可かろうと思う  可く短い時間の中に驚く  可くそんな酒などは入る  可なるも若し正にして  可成り面白く見た  可かったら開けて下さい  可なり贅澤な氣分のもとに所謂油屋のTonkaJohnとして安らかに生ひ立つた  可くユートピアを創る  可なり広い境内をもつ  可なり限られている  可く関係しない  可なり稀薄になつてゐる  可なりあると思ふ  可なり濃厚に持つてゐない  可なり高い人でも文學に對しては  可うやら突破して来た  可き何らのニュウスが這入っていない  可き鍵の瞥見だに獲られない  可成り専門的に要領よく書いてあったり  可成り濛々と勢ひ  可なり自由にやつてみて  可なりあつたやうに思ふ  可き悲劇に向て顫へてゐる  可き殺人事件が突如として映つたり  可となったら  可からざると云ふ  可成り後方に流れ去って  可怪しいと感じた  可き一部門が出来ていた  可き犯罪であると言わねばならぬ  可き往き  可きことなれども女子に限りて  可き限りに非ずと言う  可きを言わず  可きを為さず  可きを聴かず  可きを知らずして  可しとの意味ならん  可しと言う  可きは当然なれども  可きなれば  可きを弁えず  可き事を知らず  可きに似たれども  可なりの迷惑をかける  可かろうかとも申します  可成り女にも出会つたのだが一度も恋らしい恋を仕  可き苦悶を再せざる  可き予等の結婚生活を夢想し  可しと決心したり  可き誘惑と闘ふ  可き誘惑を持続したり  可き記者の爲に誤り傳へられてから  可き記者の捏造の世界に引入れられてし  可き賤民は事實の報告を第二にして  可然先生なり先輩なりに添削して  可き魅力にある  可き作家の存在を知らない  可からざる相違のある  可き事のやうに描く  可成り距ってしまった  可成り遠くまで飛んでいた  可く誰にも内緒にしておいてくれ  可き海岸で待つて居た  可と不可とに対する考えをきめようとしているらしく思われる  可なり受けたとはいへ  可いと云ひました  可なり大規模の統計が行われる  可うござす  可恐い雲を一方の空に視て  可き御沙汰を賜はりしこそ  可恐い顔をして睨みはった  可くば実母の乳を以て養う  可しと言い  可き事なれば  可き程の次第なれども  可きやと言うに  可き順なれば  可きを知らず  可き妙年女子の為めには先ず以て有害にこそあれば  可きは言うまでもなき事にして  可懐しと思う  可かアありませんよ  可かアありません  可かアありませんたって  可細い腕しか持たぬ  可なり客の込んでいる  可なり大きな石が飛んできて  可きことが数々ある  可ければ参りやしょう  可恐い雹も降りました  可怪しい工合に見える  可ならんかと云つて居る  可なり立派な土佐犬を飼っていた  可なり興味をもつて  可く姿は見るべからざる  可成り大きくなりて  可成りの眺望あり  可からざることを云へるにて  可からざるを云ひ  可とするを  可からざるを憤り  可しと云ふは  可からざるものあるを  可なり危険な試金石が横わっている  可なり話題になったので  可成り危険性がある  可なり慣れていたが  可なりに疲労して  可なりの池があった  可恐い事があったと聞くと  可なり過激な労働運動を起しかけた  可なり敍事詩時代の進んだ  可なり古い時代から火藥の使用を知つて居つた  可懐しげな顔つきをしていた  可なり身軽くおどけふるまうたと見える  可怪しき鐘の音のごとく響きて  可なりの体系をなした  可なりの分量の唱導意識がある  可しと心得て  可からざる敬畏の念を抱かしめたる  可成り不規則な線で現われる  可なり複雜なる  可なり豊富な汁が出て来て  可からざるものあるを見て  可からざる要素なりしとぞ  可成り露骨な言葉で話してゐた  可成りの楽しみを抱いて  可成り長く保つ  可成り疲れてゐる  可成り我慢してゐた  可からず量るべからざる  可成りの美少年に見える  可成りの額の小遣銭を懐中して  可なりの修業を積んだ  可なり厄介に感ずる  可なりに沢山ありますが  可なり肺を侵されて居たらしい  可なり立派な日本語になっている  可なり好意的に見ようとしている  可なりかゆい処へ手の届いたという  可なり克明に跡づけただけではなく  可なり権威ある  可なりよく成功していると共に  可成り克服し  可なり誠実な理解者であることを示している  可なり魅力のある  可なり原理的なものから来ている  可なりの注意を配って採り入れている  可なり続いている  可なり重大な原因がここにある  可成りにお化粧を施してゐても  可なりよく調べて居る  可なりアグレシヴな態度をとる  可なり危険な状態にある  可なりの荷物となりました  可なり大きなのを一匹捕える  可懐い白山にわかれ  可なり急流になっている  可なりあった  可かないからと叔母が出して呉れた  可訝しいと云ふ  可かったら貴所の一条を持出す  可なりにある  可成り改良された  可からざるものに突然ぶつかった  可なりそれを活用してみた  可いと許して頂けば  可細く呟いで  可き敵に当ればなり  可からずと言はむ  可か解らない  可成りに張られていた  可く早くおかえりになって  可なり正確に話したが  可なり多量の喀血をした  可なりの金額を貰って  可き線條があるならば  可からざるものが有るに  可からざるところの未來若くは運命といふが如きものに委ねて  可からざるにあらず  可けんやである  可きでは無い程度に發達して居る  可とするが  可からずと思ふからである  可からざる大威力大勢力の左右する  可からざるの事にせよ  可なりの大きな字の書をも讀み  可きことを爲さず  可き事を思はずして  可からざることを爲し  可からざる事を思ふ  可きところを思ひ  可きところを爲さんと決定し  可き處置を爲し  可き事があらば  可き遺  可く用ひぬが  可きのみとするが如きは  可きのみと謂ふは  可からざるの靈光神威を授けられた  可からざるものが有る  可からず捉ふ  可き理であるとすれば  可からざるが如くである  可からざるの状を爲し  可く觸る可き  可き串もちひ  可なるを證明する  可と思ったらしい  可なり贅沢な気分のもとに所謂油屋のTonkaJohnとして安らかに生ひ立つた  可きことを以て粋道の極意とはするならし  可きにはあらねど  可からざるあるを見  可なり立派にその中に殘されてゐます  可成りあの男を反對にし  可成り思ひを寄せて居りました  可成りの距離を飛んでゐます  可なり俯し  

~ 可[名詞]1
文に長ずれば往くとして可  不調和にならなければ可  論者が可なりに  處置を取る可  ものも可なり  慷して慨せざる可  御飯は可も  劇壇に可なりの  ゆふべに死すとも可  謂ふ可  曰く哀樂は感ず可  歌ふ可  心を以て忍ばざる可から  義ある可から  今は可なりの  むる事ある可  曰く哀楽は感ず可  何人にても可  ニューヨークと称するも可  博覧会と称して可  轉換して居れば可  EscalVigorを読まざる可から  描写せられしはあらざる可  戯訓と称して可  字を以てすれば可  謝して可  珠より可  戦闘で可なり  彼女も可なり  ツて可  それは可  翌日驚く可  此一を推しても知る可  家までは可なり  つては可なりの  法印は可なり  ことについては可なり  栃木縣の可なりの  當時としては可なりの  時には可なりの  本郷教會からは可なり  温床は可なりに  新富座の隣りの可なり  創立は可なりの  主張も可なりの  當時は可なりの  自分では可なり  貰はんと可け  坊樣何が可  ことをしても可  事を成さば可なりと  事業に取掛っても可か  原は可  往時を可  方が可  迎へましたが可  学生は可なりの  そこへ可なり  所として可  学校というも可  訴るは可  人には可なり  曰ふ可  幽邃喜ぶ可  此語根たしは可なり  新築した可  皮は可  方からは可  間には可  川に居ります可  旅畫師は可なりの  骨が可なり  今まで可なり  らるれば可  紐を貫く可  裝飾にも欠く可から  人生欠く可から  確信して可  堀る可  事有る可  述ぶ可  道具も有る可  ものなる可  移住にも因る可  散在にも因る可  ようで可なりに  病気は可なりに  生活は可なり  間だけでも可なり  興隆を勉めざる可から  蛇が可  殺人光線放射器に可  作者は可  つなぎにも可  説明なども可  描写は可  近藤も可  それは可なり  一ツで可  そいつを可なり  部分的にしろ可なり  従来科学を可なり  のでは可  高等学校へ行く可  威勢が可  それならば可  何といわれたって可  方に聞くが可  これで可  らしむ可  努力勤勞すれば可なりとして  半額は可  劇界からも可なり  足手まといさえなくなれば可  天気は可  今日は可  鳥に学ばざる可から  如く偏曲なる可  貧富貴賤を以て断ず可から  争ふ可から  旧例に依るを可と  くつつけても可  間は可  胸に可  それには可  二人とも可  批評家とは可なり  今とでは可なり  独恐る可  のは可なり  精なる可  お前が可なり  欲望は可なり  花を咲かせる可なり  無害かを可  学問性のもつ可なり  独立した可なり  家は可  腕力は恐る可  一室を借りて可  二人の別れる可  其様な恐る可  時以来野宮の恐る可  野宮の恐る可  彼哀れむ可  間に可なりの  デュー夫婦とも可なり  われわれは可なりの  小便しては可け  條件も可  条件も可  詩魔とを併せ蔵すと云うも可  家康などは可なり  夫人は可  縦横に書きまくるが可  自分でも可  小野とが可なり  名の可  昼間で可  山一つ越せば可  手を置いて寝て可  政といいて可  觀る可  對越せざる可  用例は可なり  慾は可  それが可  何れにても可  爲さざるを可と  局部的には可なり  気持も可なり  心がけ次第では可なり  妨ぐる食客と言うて可  意に従わしめて可  国民あらずと言うも可  これを罰して可  相反すと言うも可  徒党と言いて可  者と言いて可  罪人と言いて可  一乾坤と言うも可  とくにして可  路に従いて可  ものと言うも可  競争するも可  敵視するも可  時代といいて可  身には可なり  池にも可  水が可なり  東を可なり  以後一家で負う可  独逸人的に驚く可  言はる可  諸法無我にも比す可  般若の可  島田も可  品の可  虫が可か  自分も死ねば可  念仏を唱えていれば可  ところにあって可  談なすったら可  本という可  不浄を建つ可から  縁では可  のが可  花が可  和洋折衷の可なり  自然現象を可なり  活火山には可なり  左の可なり  言ふ可から  園に入る可  ボクボクして可  何時重大に変ずるや知る可から  自分等の行く可  なつたればこそ可  つて気を落着けるが可  何うでも可  私が居るから可  今を可と  理由も可なり  人間を見る可  根性が可  ものが可  指導者とも云う可  総て悲哀を以て終らざる可から  煎茶を可と  手術をしなければ可け  地中海とも云う可  声援する可  ことは可  血を可なり  位置に出来ていて可  女を買う可  のは可  馬車へ乗せる可  老人である可  音楽面が可なり  其処に驚く可  合するを見る可  本質とは可なりに  会所取引以外は可  くらゐで可から  何でも可  そんなら可  そればかりなら可  電車線路までは可  食物は可なりの  んじて可なり  今日では可なりの  本筋は可なり  それは可なりの  場合に就いていえば可なりの  ことは可なり  方は可なり  ブルジョア哲学の可なりの  基調は可なり  ものには可なり  言論を可なり  意図と可なり  各々は可なり  理論の可なり  講義の可なりの  ニュース機能の可なりの  現象学的分析に可なり  自由主義者達に可なりの  間に可なり  ものとは可なりの  日本の可なり  執拗さと可なりの  社会層としては可なりの  読み方として可なり  二人ともが可なり  社会的存在としては可なりの  平均的人口の可なりの  起源が可なり  以前には可なり  芸があるなら売るが可じゃ  おれは可なりの  む事を勉めざる可から  奈何でも可  こんどは可なりの  夜半には可なりの  中心として可なりの  奧州も可なりの  日和は可  近所も可  爨どんをして居たら可  ッと可  香氣が可  於ては可  商業主義も可  問題とは可なり  滝野を可  読者も可なり  自然的結果として可なり  間には可なり  従来文化的に可なり  ものなりというて可  の覚悟なれば可なりと  離別するも可  二妾も可  これを争うも可なりと  ものというも可  愚というも可  下郎と称して可  その間に可なりの  真底から可  出版せらる可  呪ふ可  處ある可  人を往く可  らる可  間には拒む可から  捨象せらる可  新聞雜誌を讀む可  修養とに費す可  心とを住ましむ可  信頼す可から  來る可  人智の測り知る可から  創造す可  神と呼ぶ可  惡魔と呼ぶ可  攝理と呼ぶ可  運命と呼ぶ可  自然と呼ぶ可  歴史と呼ぶ可  歌ひ返す可  避く可から  性質を可なり  何まで行くとして可  思索は可なり  義人孝子といふも可  籠絡家となる可  何處に置く可  現在を導き行く可  表現せらる可  放棄す可  彼等に學ぶ可  取扱ふ可  自分は可なり  つて却つて恐る可  當に導き得可から  要求す可  托して可なりで  恢復する可  各自とる可  之を論ずるを可と  生活に就く可  救はる可  者は腐る可  否定す可から  君臨す可  對手たるに足る可  比敵す可  征服した驚く可  處をなす可  金を返す可  變形とも見る可  俺は愛す可  同情す可  實現す可から  輩を導く可  心持も可なり  俺は恥づ可  發表す可  山吹が咲いてから可なりに  人生の驚く可  眼にさへ可なり  つては可なり  内容は可なり  對して可なり  會話は可なり  論理的關係は可なり  彼は可なり  方向にある可  榊原藩で可なりに  もの驕る可から  心得といいて可  そこらで可  方にさえ分れば可  巻にすると可  話を可なり  この間言ふ可から  相会せざる可から  良否に依るというも可  教育次第なりというも可  可し可  ことをなすっては可け  こぼれ聞きに聞いたら可  働きに寄越すが可  心持が可  叩き止めッちまうが可  昔気質だから可  方が可か  それが分りますと可  ッて可  分を聞けば可  芸術的生命に可なり  家には可なりの  力に対する可なりの  横須賀工廠の恐る可  初歩と見る可  とき見る可  飾りなども可なり  左迄に驚く可  浅井朝倉勢にとっては可  講義を聴く可  私は可なり  彼女は可  おかげで可  夜気は可  これは可  振袖を着て見ているから可  勢は可  真黒な可  地蔵を並べれば可  そこらに居てくれれば可  輝元は可も  法がある可  ものから可なりに  のですが成る可  放任して可  自ら粛厳犯す可から  未来に亘る可  作品は可  姫君は可  別宴を交し可  明後日迎いに参る可  通にて可  それが可なりに  其音懼る可  精神は尽きぬなる可  側に可なり  緒となる可  顔を驚く可  自分としては許す可から  モッブへ抛り出す可  平素は可なり  命名に可なり  今では可なり  説に可なりの  機会ある可  私が可  必要欠く可から  用ゐるは可  云つたら可  旅行はしなければ可か  方が可かも  程も思う可  懐も動く可  本望たる可  城では有るが可なり  陣組には似る可から  前田利家も可なり  偶然目に浮べたは可  人柄も可  閑古鳥よりは可  ここが可  後には可  水は可  蒼沼は可  音響を発すると可  陣痛は可なり  屋に卸せば可なりの  昔しを考えて見るが可  頭脳には可  辺は可  んだから可  事をしても可  島は可  笑談言っちゃ可け  一緒にならないで可  赤色を好むと言うて可か  上品たる可  雄弁とでもいう可  弟にいう可  夜私は可なりに  前に可なりに  決闘状より可  様子を成る可  正当である可  無罪で済まされる可  南部とでは可なり  急がしければ可か  様子が可  その後成る可  顔面には可  自分の儲けた可  死に対しても可なり  ものに可なりの  道程が可なり  バアトンは可  云ふも妨げざる可  做すは可  梅花を恐れざる可から  無事に逢えて可  行れば可  方にすれば可  光子とは可なり  彼女にとっては可なり  衰退に可なり  弁解には可なり  藥箱は可なり  松も可なりに  友として親しむ可から  胆を破らざる可から  民謡などの可なりの  努力が可  林檎は可なり  辻風は可なりに  痘痕のある可  御覧なつたら可  なつたが可  者に聞けば可  方が可から  其上に可  中に置いて可なりの  人々は可なり  女は可  大寺同様友田とも可なり  友田も可なり  道子を可なり  凄絶なる可  二月中は可なりに  なかには可  気が可  これも可なりに  宿は可も  これも可なり  北九州でも可なり  二人は可なり  紹介に可なりの  手紙によると可なり  手紙も可なり  者が可  親は可なり  嫂にも可なり  あれだけは已めたら可  鰻が可  それが可か  一日歩いても可  私で可  平岡に黙っていたら可か  三千代は嫁ぐ可から  嘘ばかりと云っても可  結婚なされば可  遊びに来れば可  自分に宛てた可なり  勝手だから可か  ここへ呼んで逢わせるも可  石城が可なり  路は可なりの  旅行者が可なり  時間と金とを可なり  斯うでなくては可け  恰度に来たから可  合ふ可  出版界では可なり  音楽的ならしむ可  除去するに勉めざる可から  云ふ可から  事なる可  棟梁たる可  奇襲に出でたと解す可  珈琲でも入れて上げたら可か  ようだと可  姓を可  内部状態が可なりに  初動は可なり  避難して可  名字帯刀御免で可なり  私に可なり  私にとっては可なり  アルコール類も可なり  受く可  賞罰を下せば可  俳優にも可なり  差が可なり  数は可なり  上つても可  歌には可  如く美にして愛す可  思想的にも可なり  演出曲目は成る可  これを可  言葉で可なり  大森義太郎氏などから可なり  生活資料の可なりの  政治上社会上の可なりの  世界を可なり  今日でなくても可  川の可  犯人にとっては可なりに  腸管拷問法に可なりに  油断す可から  身に恥ず可  憾と云うも可  容貌も可  概念を可なり  技術家達の可なりの  大学生の可なりの  僕は可なり  浴客の居る可  南アフリカ全部英国植民地と称して可  後にするも可なりという  養殖に用いて可  静安寺路の可なり  注意する可  前は可  此處は可なり  事は成る可  百姓をして可なりの  何処でも可  云ふ可  清心さまとすがり付く可  聞ゆる可  上に偲ぶ可  ことと相成る可  遠慮致す可  何事もなかりしなる可  声を断たざる可  行れざる可  ことを得ざる可  此上書く可  物が可なりに  採点の可  清潔なるを可と  喰しばった可  上に可  画家に成らなくたっても可  物でなくっても可  高等女学校へ入れたら可か  彼は可  曾根は可  恥まで曝さなくっても可  学校だけにさしたら可か  処へ引越したら可か  病人らしくしていると可  ものは可  一人位貸して遣っても可  気分に成れると可  哲学者は可なり  場合は可なり  基礎医学の可なりの  隈を取った可  さと可  六年まえから可  思い出は可なり  ところでは可なりに  叙して可  客観を写して可  ものが可なり  努力を可なり  守が可  儘では可か  んじて居つては可か  のだからこそ可  抵抗面は可  黄禍論は可なり  熟語を可なり  繼續するかは可なり  紀行は可なり  中にも可  ものの可  稱しても可  職務は忍ぶ可から  者が可なり  復讎事件は可なり  側に附いていられると可  物があったら買ったら可  案内したら可か  内を可  手を執らないばかりの可  時代を可  ウマくやってくれると可  御免蒙ったら可か  ことが有ると可  一つ笑ってくれると可  誰か可  真実に可  私も可  種は可  皮ばかりと言っても可  塊が可  進げたら可か  胸に巣くう可  叔母さんは可  宅に仕ても可  いくらかでも寝られて反って可  倚子でも上げたら可か  処で可  小説が可  大衆とは可  我々には可  世間に可  外形的にも可  揚合とは可  科学的進歩に対して可  なぞは可  跡瞭然見る可  作に見る可から  名の付く可  黄表紙も可  道行も可  不朽なる可  現在を可なり  英吉利とでは可なり  二人とも可なり  僕が可なり  實行は可なり  自然に依りて足る可  夕に死すとも可なりという  顔に言う可から  者というも可  職人というも可  華族というて可  試験器というも可  儘でも可  いくらでも可  恁て可  往復すると可なり  ものというて可  天に可  其処だけは除けたが可から  姿が可から  ものといいて可  そこだけは除けたが可か  姿が可  ことは可け  養生さへすれば可  卓子台に載せると可  時止せば可  言ふ可  勇猛に帰せざる可から  願を禁ず可から  黒吉自身も可  手拭で縛らなければ可け  一歩踏出す可  學推て知る可  こと知る可  以て戦ふ可から  づ験す可  当に食む可  将軍深謀妙計無かる可から  一人ぢや可  ものという可  灰色の可  夜も可  上海から可なり  羸驂始めて跨る可  者なる可  此儘に捨置く可  者は申出ず可  茶かし顔なる可  先静かに聞く可  探偵と云う可  無駄事は成る可  目を附け可  施寧は可なりの  証拠と為る可  レコックになる可  一大理想的天才ならざる可から  表現とも申す可  考慮をも要せざる可  状態を省みる可  キヨルネルに学ばざる可から  真情を解せざる可  稚気紛として近づく可から  旅行は可  麻雀も可  地方的特色が可なり  私には可も  風な可  中を可なりに  のは可なりに  坊さんは可なりに  生活は可なりに  道理で可  引越しなさるが可  私ゃ気が置けなくて可  居心の可  父様が居ないと可  余等の乗る可  井を見る可  一切解す可から  戦も出来可  自信を持って可  焦点に可  わたしゃシンカラ与一ちゃんが可  ところよりは可  プロマイドサインを願う可  国防献金の可なりの  氣が沈んで可け  其も可から  秋風が可  ものとは可  床に可なりの  祈祷とで可なりに  左向を可と  人達を可  ツても可といふ  詮術有る可から  誰が見ても可  動力たる可  豪といふ可  所と為るを知る可から  挙に出でざる可から  破壊せざる可から  為なる可  独裁たる可  自由党たる可  ものなりと認めざる可から  意もある可  たる点もある可  三段に分つ可  調和伴行せざる可から  任とせざる可から  人才を収めざる可から  施設を決せざる可から  中心忸怩たらざる可から  厚顔に驚きたる可  註脚といふ可  人物と為さざる可から  創立委員を出だす可  栄誉なる可  栄達に在る可  何人も疑ふものある可から  之れを知る可  推薦せらる可  自治案主張者として行く可  勧告す可  事ある可  免がる可から  救ふ可から  保持す可から  辞職の止む可から  早晩実行せらる可  なりといふ可  実行するを期す可  加へたりしやも知る可から  衝突ありしやも知る可から  窺ひ知る可  一大奇観なりといふ可  殆ど常識を以て料る可から  適任者を求む可から  ものと認めて可  想ふ可  軽視せられ居るかを見る可  所なる可  ものある可から  政党内閣といふ可  凖とせざる可から  任に当らざる可から  私意にあらざる可  組織するに在る可  唯だ成る可  外ある可から  退歩といはざる可から  協約締結の止む可から  状想ふ可  根絶す可から  むとするの傾向あるを知るざる可から  天才なりといふも可  思惟したりしやも知る可から  思惟するも知る可から  復た没す可から  国民なりといはざる可から  記憶せざる可から  偉大なりといふ可から  発達せしめざる可から  指導者たらざる可から  ものたらしめざる可から  積極的政策を執らざる可から  建設す可  一期と為す可  二期と為す可  承認せざる可から  永久磨滅す可から  感謝せらる可  鞏固ならしめざる可から  経過したりといふ可  伊藤侯を推す可  自ら径庭あるを見る可  解散して可なりと  本領を立つ可  絶無なる可  日ある可  謙辞に過ぎざる可  挙示す可  予想す可  予想せざる可から  反省を求めざる可から  断言せざる可から  所殆ど底止す可から  勢力終に当る可から  自負するも可  更に恐る可  予期せざりしなる可  理由はある可から  諮詢せざる可から  長物たる可  後継者たる可  殆ど名状す可から  離る可から  予期し置かざる可から  形勢より出現す可  保持す可  閣員を抜くも可  本領を以て立つに在りしを知る可  躊躇す可から  渝らざる可  観察せざる可から  君自ら之れを為して可  野心測られざるを恐れたるにも由る可  忠僕たる可  忠僕とするに足る可  名く可  微弱にして頼む可から  密約を為し居るやを知る可から  一着手たる可  常識を以て測る可から  自覚せざる可から  認識せざる可から  之れを見る可から  ものにあらざる可  肉薄せざる可  内閣に代らる可  者ある可から  日ならざる可から  趨勢なる可  判別す可から  内閣なる可  更迭せしむ可から  給ふ可  ものたる可  発達史上殆ど免がる可から  出現す可  変局を謀る可  阻碍す可から  先づ之れに代る可  一定せざる可から  成立す可  政党内閣に入る可  むば休止せざる可  恢復す可から  推定するも可  済ふ可から  暫らく断念せざる可から  暴挙と云って可なり  予言的中疑う可から  下から在る可  #山が在る可  研究所には可なりの  爲るを知る可から  擧に出でざる可から  壞せざる可から  爲なる可  獨裁たる可  隨つて舊自由黨たる可  たる點もある可  收めざる可から  斷じて戒めざる可から  顏に驚きたる可  爲さざる可から  榮譽なる可  榮達に在る可  内閣總辭職の止む可から  早晩實行せらる可  實行するを期す可  一大奇觀なりといふ可  輕視せられ居るかを見る可  政黨内閣といふ可  當らざる可から  國民なりといはざる可から  發達せしめざる可から  斷然積極的政策を執らざる可から  爭ふ可から  經過したりといふ可  自ら徑庭あるを見る可  謙辭に過ぎざる可  擧示す可  豫想せざる可から  斷言せざる可から  當る可から  豫期せざりしなる可  後繼者たる可  豫期し置かざる可から  觀察せざる可から  爲して可  爲し居るやを知る可から  覺せざる可から  發達史上殆ど免がる可から  變局を謀る可  政黨内閣に入る可  濟ふ可から  暫らく斷念せざる可から  之有る可  人生と訳するも可  一言せざる可から  事は疑ふ可から  のも可  幼年というが可  時無かる可  方が可じゃ  滅亡すれば可  答へ申す可  人力の為す可から  相共に立つ可から  調和す可から  隊列も可  今日では可なり  言葉を可なり  ドリーシュの可なりに  意を止む可  概念自身が可なり  家は可なり  橋一つにも可なり  諸君には可なり  心に可なりの  コレは可  何も可  色は可なりと  そこに可  痴人にあらざる可  功徳なる可  功驗ある可  他にあらざる可  社前まで可  眺望は可  己の可なり  此家には可なり  言つても可から  それを許す可  湯にでも入ったら可か  においも可  社会常識と可なり  心臓が可なりに  呼吸も可  下宿までは可なり  砂浜に投げ出してある可なり  作品が可なり  性質は愛す可  娘は可なりの  幾は可なり  上には可なり  周平も可  死から可なりの  心には可なり  保子さんにとっても可なり  彼は可なりの  後には可なり  英語きり知らないので可なり  奥へはいってる可なり  客が可  室で可なり  ことも可なり  時には可なり  それが可なり  頃には可なりに  淨圓寺は可なりに  頃には可なり  漸進の可  もとより可  奥には可なりに  江戸町でも可なり  屋敷は可なり  庖丁が可  空地には可なり  国屋は可なりの  間口も可なりに  ふたりともに可なりに  アライを可と  小伝をと言う可  雄を争うも可なりという  君も驚く可  同僚は可  夏は可  事を可  田舎では可  伊之さんと可  おれも可  ところとして可  忽諸に附す可から  天気が可  それは可か  記憶が可  平気になって可  志が可  風情も可  炬燵亭とでもすれば可  入費が可  金鍔を食うが可か  脚気衝心が可  余り露骨は可  ようで可  幽霊談皆無といっても可  格好までが可なりに  これも可なりの  何んと言うて可  評判も可  心持が可か  鉄瓶をはずせば可  久ぶりで可  音羽まで登るには可なりの  饑ゆるとも可  任ずるも可  觸る可から  觸る可  女形を可なり  悲壮なる可  お尋ねなすって可  南京豆餅と称して可  昆布茶を飲むも可  波は可  らる可から  勝負有る可  御免有る可から  沙汰致す可  儀有る可から  一切不吉と称す可から  古事を語り申す可  拝領せしむ可  敵たる可  恩裁を待ち奉る可  武士参向す可から  守護す可  用意致す可  一切御沙汰に及ぶ可から  見参に入る可  計ひ有る可  つて其責を蒙る可  此儀有る可から  之を相継ぐ可から  参有る可  上達部坊門亜相已下参向せらる可  仔細有る可  著けしめ給ふ可  つても可  色も可  形も可  二人の可  時は可  これだから可  月様がいらっしって下さると可  邊が可  杖になれば可  毒があると可  のでも可  字余りにするともせずとも可  場合にも可なりに  字餘りにするともせずとも可  交易するも可  一端を語る可  攘夷藩というも可  児童労働禁止は可なり  社会情勢は可なり  国際的には可なり  冷害の可なり  此論文には可なり  奔放なる可  買つたそれは可  日曜日には可  圧巻といって可  因つてこれを施して可  辟易して可  本能は滅す可から  不良青年は殺さずして導く可  つたのだから可  立場は可なり  一疋の可  思いが可  遊びに来て下さるも可  ような可  処は可  熊は可なり  人煙指す可  それも可から  谷から可なり  神とも仰ぐ可  往来の可なり  氣を落しては可け  聴衆は可なり  出席總數三百四十五票中決議案を可と  んじて可  さへ成る可  職務の恐る可  街道筋から可  丸呑みにしさえすれば可  何か遣れば可  井戸と云っても可  出現物の可なり  自分を見てくれれば可  床と言っても可  得忘るまじく可  私は可  本家とも云う可  夫は云う可  印ともいう可  当主が見出す可  修繕に取り掛る可  秀子を疑う可  余は成る可  隣と云う可  高輪田長三と云う恐る可  憚る可  室で使う可  溜息とも云う可  中に参るとは成る可  助けをも呼ぶ可  室を空けては可  皆紳士貴婦人とも云う可  積りで成る可  お話か知りませんが成る可  事は云っては可け  探偵などに告げ可  詮議せぬと可け  力を使っては可け  異存など云う可  さも可なり  中に運び入れては可け  看板とも云う可  誰と目指す可  裁判に持ち出す可  難を払わざる可  用心して掛らねば可け  寸法も可  手当をせねば可け  金子を取り寄せねば可け  家だけでも可なり  茲へ入っては可け  誰も入れては可け  思案をせねば可け  此奴に成る可  一物ある可  多分は可なり  際頓服す可  角逢っては置く可  まま実物にしたとも云う可  一身同体とも云う可  今こそは使って遣る可  何人へも話す可から  何の驚く可  顔とも云う可  丸部一家に拭う可から  妻たる可  清水とも云う可  冷淡に取り扱わる可  余は憐れむ可  罪人と信ず可から  牢に居る可  事を耐えねば可け  他人から評す可  評せらる可  未練を残す可  罪を忍んだ憐れむ可  室とも云う可  玄関とも云う可  意を表す可  さばきある可  海底へ消える可  非常信号でなどある可  聴神経ともいう可  救助を求む可  SOSには可  現場に行き着く迄に可  殆んど信ず可から  聞たら聞いたと言うが可  其で可  泣んでも可  サア奥へ帰るが可  了うが可  男性である可  感謝せざる可から  結果を生ず可  夏も可  秦啓源も可なりの  睹る可  水に恐る可  勾配は可なり  屋根ともいう可  斜面を可なり  傾斜は可なり  肩ともいう可  傾斜した驚く可  痕は可なり  増長心に可なりの  南にかけては驚く可  頃私は可なり  出征を見合わすも可  領域ともいう可  者は知る可  ゃるが可か  兄さんに聞いたら可  御意は可  のが可か  暗がりの可  滝太郎は可  件の可  娘さい無事なら可  心持の可  愕然として可  恋歌が可なり  言葉にあてはまる可  尋ぬ可  範疇に入る可  お礼を言う可  於て可なり  箱も可  学というて可  ふるさとも可  雪景色を可  黄肌鮪鬢長鮪が可  業というは可  ことを可と  いかんして可  三里半だな可  盛を可  これが可  方でなくっちゃ可け  断の遊ばし可  のを見なくちゃ可け  串戯をしては可け  頬笑をしたから可  道楽も可  此儘では可け  思つては可け  つては可け  有つてゐては可け  時間で成る可  缺く可から  其点において可なり  身を入れて呉れると可  横手には可なり  方からも可なり  そこには可なりの  人物が可なり  劇場も可なり  花を見て居たら可  うちは可  実行を可なりと  尚武は可  合著と見るも可  ものと見るも可  天性といつても可から  天性といっても可か  僕等は可  彼が可  天狗に逢ったほど可  あすこは可  大河が可  アイリスは可なり  彼女は可なり  これも可  指図なさるが可  其れも可  顔を潰しても可  首が回はらなくても可  全うするが可  言つても可  珍らしくて可  すが可から  一つでも可  余り心配なさらぬが可  歸れば可  厳として犯す可から  墜つ可  前例はあるが可  於て可  義とするは可  鞆といづれか可  ものは可なり  実用流行共に期して待つ可  大晦日には可なりの  破局を救う可  それはなる可  動物でも可  左側には可なり  これまで可なり  やうに可  洗濯して干せば可  其方へ入るに可か  十分なる可  父爺が行かなくても可  何程でも可  馬車さ乘つてつたら可がべ  俺ア老人だで可  明日盛岡さ行つても可  話をしても可から  何處に坐れば可  返事をして可  歸つたら可から  馬車さ乗つてつたら可がべ  何処に坐れば可  帰つたが可から  演劇自体のもつ可なり  揚子江から可なり  私一人だから可  容姿は可なり  構はず駈出したら可  行らしつたら可  婦人づれでも來合はせて下されば可  星も知らぬ可  行らつしやらないでも可  拔けさうで可  むるに足る可  狂人たりしにあらざる可  遑あらざる可  凡俗ならざる可  中なる可  組織を為す可  大法なる可  時期ある可  意力を可と  規則とするも可  偶合として可  将来に可なりの  お待ち下されば可  処が可  用ふ可  失敗を可  素振が可  忠臣孝子義士節婦の笑う可  ために可なりの  辰を可  感銘からは可  全景が可なり  朗読すとも可  配合が可  種々な可  弟は可  身に可  三輪を見て可  催促をせずと可  貰つてゐる可  醜男が恐る可  乱脈思う可  絵も可なり  東京は可なり  形式化は可なり  価値を曲げては可け  大成すといって可  つて居るから可け  之は可なりに  新聞を可なりの  情報も可なり  私も可なり  笑ふ可  令嬢でも可  午頃から可なりの  日本語が可なり  全からしむ可  独立自尊に在りと知る可  一なりと知る可  船も可  一種の抜く可から  す者に比す可  終戦時に可なりの  妖怪の魅入る可  為めに可  私の云う可から  応募額は可なりの  六十七議会には可なりの  目的を可なりの  役割は可なりに  牛といっても可  排けて可  保存すると可  受が可  これで可か  むるを可なりと  信用は可なり  譲吉を可なりに  手に托したらば可  公罪を犯すも可なりと  空間が可なり  多くの可なり  夫に可  観念論的失敗の可なり  哲学体系自身と可なり  宿命に伴う可なり  心に可  其にて可  汝が可  何にても可  樣にても可  此ならば可  これにて可  心にさへ可  苦痛を以て推して可  従来破る可から  皮肉と見る可  これは可け  事をなさらなくても可  評判が可  宿泊のですから急がないでも可  中に可なりの  買を禁ぜざるを可と  考えがあるから可と  行ふ可  恩に着申す可  無用たる可  生々世々亡び申す可  右証明を立つ可  分明致す可  言上仕る可  出版したら可か  論理上に可なりの  讓る可  涜す事と相成可と  景色を賞す可  記憶せらる可  博士などならば振ひつく可  常連と見て可  有之可と  心が可  諫めて可  夕べに死すとも可  天与とも言う可  二種ありといいて可  男にも可なり  少女としては可なり  濟んで可  氣で可  遺産が可なり  心では可なり  會場には可なりの  顏は可なり  自分も可なり  運動は可なり  何よりも可  銘々が成る可  様になれば可  行つたら可がべ  樣になれば可  芸術というも可  氏は可なり  厄介にさえならなければ可か  ほうが可  のだから持て行かなくったって可  自分を可  目に掛けたら可から  気を可  私がついていられると可  前には可なりの  字に就いて可なり  安心して可  劇から可なり  細みは可なりの  理想であるといっても可  僕は可  時見せてやると可  もんなら治ったら可  顔色をしても可  戒名だと思って拝んでも可  思いをして引くりかえらなくっても可  さまを可  じき驚いたり可  晩になると可なり  母親は可なり  出入も可なり  人に向って可なり  家まで可  慰籍を求めざる可から  問ふ可  敬意を表しながら可なり  ものと看て可から  それに可  科學知識の可  さうに振舞つても可  七間程もあらうかと思はれる可なり  のは慎む可  作家が可なり  これでも可なり  鳥は可なり  内に在る可  其わけ知らせぬが可  理解がある可  矢張断として可か  故郷なれば可  物妖と称えて可  草履も可  此上で可  之で可  熊蜂が来て可  医者は可  排斥して可  形をいう可  常磐津とを語り較べて聞かすが可  他流試合勝手たる可  真剣勝負仕る可  技巧が可なり  われも歩む可  惡例も可なり  髪が可  栄養の可  夕に死するも可なり  私に可  友達から贈られた可  やつても可  覺には堪ふ可から  監督してやれば可  集つて見ると可  寢かして可から  年齢も可なり  眼の可  若子さんは可  彼の可  安心して行きなさるが可  女人と限る可  末には可なり  下痢は可なり  仏事供養を営むが可  時北条方にとって憎む可  つても可なりに  芸妓になる可  緑内障の可なり  中には可なり  シェイクスピア党が可なり  妻にとっては可なり  なかは可なりに  ば知らざる可から  歴史は可なりに  色こそ可なりに  準備は可なりに  其証拠とも云う可  種板とも云う可  咎めらる可  七十五歳までなる可  浮めしとも云う可  文字を書きたりと云う可  一人なる可  重みも有る可  有附く可  捨るも可なり  手を以て記す可から  殆ど返す可  此詮索を廃す可  自認す可  者は成る可  何をか躊躇う可  心に疑を起さしむ可  証跡と見る可  者とも云う可  人には従う可  証拠と云う可  女房に疑う可  こと聞かなくたつて可  田地も可  被衣たるを遺る可から  そんなら行って見ても可  町からも可  體としては可  刹那から可  試作は可  自ら屈す可から  懐剣と云うも可  そこまで可なり  可き恐る可  模倣す可  何をなす可  事を考える可  罪の憎む可  女はなる可  子息が可  謝罪す可  弁解す可  話に可  息災とある可  肖像を可なり  あしたにすると可  小説を可なり  天井裏から洩れる可  さを可  学生時代に可なり  間にも可なり  物質生活に可  炭焼も可なり  これは可なり  世間に可なり  ようにしたら可か  中に驚く可  畫としても可  我々は来る可  向上さす可  今日は可なり  點が可なり  つながりを可なり  知識に於いては可なり  解釈を施す可  現行犯を捉える可  確かに可  ぼろ船でさえ可  発表す可  神秘を解く可  箇所が可なり  人生の楽しむ可  属性の異なる可  相対的動物なる可  相対的ならざる可から  個処は可  片附ける可  それらを知る可  特捜課とでも謂う可  人道にして憎む可  直接法とでも謂う可  顔色も可  顔色の可  同数と見て可  左もある可  理窟はなかる可  ものと言う可  其辺は問う可  害を為す可  憾と言うも可  水泡に帰す可  ことある可  野民と言う可  肝要なる可  男女共に守る可  方角違いと言う可  道として守る可  見聞して厭う可  多数なる可  臆測と言う可  力ありと言う可  沙汰と言う可  こともある可  家を去る可  今日我国民一般に守る可  別世界なりと知る可  之を討取る可  異論ある可  むるに至る可  孝行を尽す可  孝行す可  親愛す可  者はなかる可  比教に従う可  処置と言う可  場合もある可  極意なる可  不都合なる可  婦人の守る可  務なる可  其下知に従う可  如何に由る可  道に進む可  差支を生ずるに至る可  価ある可  遺憾と言う可  事なりと知る可  間違いなる可  小吏の如くなる可  賢夫人と言う可  嗜みなりと知る可  此辺に在りと知る可  断言して可  賤しむ可  稀なる可  往来音問自在なる可  慎しむ可  婦人多忙なりと言う可  甚しと言う可  言葉はなかる可  大に怒る可  事を執る可  業を成す可  一私言と言う可  反対はなかる可  己れを誹る可  禍となる可  夫に従う可  之に謀る可  深切なりと言う可  黒川さんにも可なりの  様子は可  岩さんより可  按摩を取らないが可  三ちゃんが聞かせてくれたって可じゃ  讀ざる可から  手にはいる可  称せざる可  意外たる可  最近一年間の恐る可  なかる可  妹の如くなる可  救助す可  記憶す可  殺害す可  会見す可  六年以前の如くなる可  予に恐る可  地にか求む可  払つて消滅す可  憐憫とを蒙る可  呼吸す可  限り問題となる可  席上昏倒したといふ憂ふ可  矢張り憎む可  奸譎邪惡憎む可  職とする憎む可  人々は憎む可  攻撃して可  證明のよすがとなる可  作品としては可も  創作物を可  技巧と呼ぶ可  ざる事をあり得可  ことは成る可  影響を可なり  容貌は可も  遊せば可  帰つても可  行つたら可  はしになれば可  これなればこそ可  落着くが可  抽ん出可  証明立つ可  容態を仰ぎ見るに驚く可  鬼神も縮み上る可  月日を送り行くに怪しむ可  のも可か  垂るるといっても可  乳を以て養う可  牛乳を以て養う可  者と言う可  休息せしむ可  罪にして恥ず可  痴漢と言う可  遊戯せしむ可  運動を祈る可  女子の知る可  事細に心得置く可  こと大切なりと知る可  学問と言う可  研究に及ぶ可  約束と言うも可  必要なる可  懐剣と言うも可  妙味ある可  ものある可  矢張り野鄙なる可  ざるを見て知る可  書籍もある可  物語もある可  美なる可  義務なりと知る可  円滑なる可  不平はなかる可  便利ある可  安気なる可  普通と言うも可  幸福敢て期す可  人なる可  相談す可  意を慰むるに足る可  左右せしむ可  朱愚と言う可  人非人と言う可  授く可  明白なる可  用心す可  用心して施す可  来診を待つ可  面白かる可  愚と言う可  勘弁す可  世を去る可  消滅したりと言う可  礼儀上に忌む可  唯仰天す可  発言せざる可  春とも言う可  こと大切なる可  自身を重んず可  伍を為す可  誠を尽す可  拒絶して可  之を争う可  恥辱と言う可  家に居る可  謀を為す可  反対論もある可  差等もなかる可  如何ばかりなる可  玩弄物と言うも可  義務なる可  本意なる可  一助たる可  道なりと知る可  適用す可  交際を為すに至る可  あまり気が可  無銭で可  獅子も可  綺麗だから可  直送ってあげれば可  ことは可なりの  一人歩きにも可なりの  どこへ築いたら可  何んと云ったら可  秩禄没収それも可  帰り遊ばせば可  大ざっぱで可  純血とまではいかないが可なり  異本を可と  聲は聞く可  云ひても可  物語は可なり  大を尽す可から  之を軽んず可から  自ら主とせざるを可と  天大に過ぎて尽す可  ことあり信ず可から  世情の頼む可から  後休む可  人意を以て測る可から  印度に比して可なり  其処に可なり  場合には可なり  今日工場で可なり  地区だと可  首は可なりの  色合の可  何よりも謹む可  わきに可なりの  あとは言わずとも可  硝子工場で可なり  支那人は可なり  口をあけ可  時私は可  察せざる可から  爰を去らざる可から  之を欠く可から  凡そ一国民として欠く可から  之を穿つ可から  履まざる可から  題目なる可  創口が可  構造も可なり  教場というも可  煩悶の抜く可から  罅く可から  方でも可  ことだけは可  呼吸は可  方々歩いて来て可  さつきから可  ざるを可と  ものを可と  傾向大に可  こんどは可  曰ふは可  人は可なりに  選択が可なりに  訳は可なり  ソヴェートを可なり  闘争として可なり  イデオロギー論的思想史的分析が可なり  経済史的偏向を可  左右両翼に対する可なり  識者にとって可なり  併し可なり  業績を可なりの  道が可なり  輸出不振の可なり  議論にかけては可なり  ひろ子が可なり  昔は可なり  此処は可なり  絵が可  如何にせば可  ことを考へれば可  一番出来が可  今夜来なさるが可  機会が可  人間にある愛す可  部分的には可  戯曲には可なり  夕に死すとも可  外に出れば可  了つたら可  何日でも可  當ると可  思つても可  岡が可  渉らざる可から  再婚も可  默止す可  邊にまで達す可  苦味を知る可  之に達せざるも可  屬するも可  二世に遺すも可  中止す可  害物なりと知る可  以て足る可  ツても可  答へて可か  夜風に当ると可  候儀も之有る可  網は可  今夜はなる可  英語も可なり  案内仕る可  自ら運命を造る可  冥々を照らす可  運命を牽き動かす可  ものなぞが有る可  捉る可  厭ふ可  ことは忌む可  茫々として測る可から  人皆有福の羨む可  人皆分福の學ぶ可  有福は羨む可から  分福の學ぶ可から  前代の比す可  ざるも可なり  意氣は愛す可  失へるは嘉す可から  之を可なりと  酷排峻斥せざる可から  意とせざる可から  發動を遂げしめても可  云つても可  これは能くす可から  蔽ふ可から  つては悦ぶ可から  奧測る可から  爲しながら死す可  繪を好む可  ものであるから成る可  ところ知る可  富致す可  石を下す可  もので有るかを見る可  勳大功をも立つ可  威嚴のある犯す可から  如何ともす可から  らにして張る可  務に服するを可と  にして知る可から  #捉ふ可から  於て通ず可  氣が有る可  氣與に期す可  眼見る可  眼見る可から  手觸る可から  身心は分つ可から  一にして分つ可から  所有見る可  免る可から  詞句を聴くは楽しむ可  苟且にして可  云ふを可と  欲る可  軽蔑して可  事をなさしめて可  名づくるも可  放棄するの可  生命より可  時でなくて可  休養されるが可から  人中へ可  事を思はざる可から  主眼となしたるは疑ふ可から  君子たる可  此粋に帰す可  事知る可  粋抜く可から  すを知らざる可から  距離は可なり  誅求が可なり  

~ 可[名詞]2
大いに可  ない可  如何にも可  さも可  いつの間にか可  その可  必ず可  もう可  あの可  この可  ちっと可  しきりに可  むしろ可  どうも可  時には可  又可  いつも可  まだ可  既に可  何しろ可  凄く可  少し可  亦可  最も可  さる可  ある可  あたかも可  すでに可  何だか可  或可  まあ可  寧ろ可  烈しく可  さぞ可  概して可  こういう可  そういう可  何となく可  実に可  それほど可  そんな可  そんなに可  如何なる可  恰も可  ちょうど可  暗い可  旨く可  かる可  其の可  なんだか可  別に可  至極可  あえて可  ちっとも可  まず可  ひとりでに可  ねば可  先ず可  未だ可  更に可  また可  必ずしも可  しおらしく可  どうして可  いと可  どうか可  怪い可  何もかも可  すこぶる可  凄い可  終に可  遂に可  恐らく可  もとより可  難い可  いかにも可  全く可  共に可  勿論可  猶可  何時も可  やや可  去る可  うす可  なく可  どんな可  我が可  あんなに可  みちみち可  無く可  いささか可  

複合名詞
使つて可  ざる可  づ可  却つて可い  可味  成可  待人光陰可惜慎勿放逸裁断  怪む可  可不可  人得咬菜根百事可做  得可  可ら  智音得可  戒む可  むも可  んざあどうでも可い  上可  隨分可哀  ニ落ツノ李花那ゾ可ンレ数フ  伊可御茶屋  云つたやうに可  笑可  云つて可  信ズ可キヲ主張セントス  因可レ押歟  面可二談説一者  女人着レ笠可レ  事以レ萬可レ数  レ可レ加二禁遏一歟  尤可二制止一  レ可レ制事  慥分可二下知一者  祭間庁下部装束可レ制事  レ可レ制歟  尤可レ制  地形ト事態ニ視ル可キモノニシテ英國  ル可シ何トナレハ其  基因タランコト豫メ記憶セスンハアル可カラス試ニ海圖  ルコトアル可シ  自ら可  讃む可  馬可伝十三章  今日可  候バ尤可レ  止メ可レ  申直し可レ  求メ主用相達し可レ申  御願可レ  察し可レ  預り可レ  待可レ  渡し可レ  まち可レ  周旋可レ  買求メ可レ申  御覧可レ  拝見可レ  かし下し可レ  入用ニ可レ有レ  ぎ可レ申候  出帆可レ  候可  却つて可笑み  づさはる可  む可  ア可  里可  至極可  呈上可  履二於不レ可レ枉之途一  枉ぐ可らざる  是可二以一戰一  レ可レ誣者人情  レ可レ欺者天理  可らざる者  可らざる  可忌  む可ら  馬可伝  むるはまことに可  可建て  謂可  うに可哀  殆ど可  群集差止候ニ付屹度相守申可者也  二三年可  方可  詳述可致候  哀む可  事実上可  申可  求ム可ラザルハ  處分ヲナセバ可ナリトス  先哲トシテ尊重スレバ可  廢止シ得ルノ時來ル可キハ推想シ得ベシ  間ニ巣ハシム可カラズ  完ウセザル可ラズ  自決セシム可シト云ハバ如何  セザル可カラズ  ギザル可シ  建設ニ避ク可カラザル準備ナルヲ悟得スベシ  擧グ可ク  課シテ可ナリ  忘却ハ可ナリト云フノ理ナシ  テ許ス可カラザル  可らざる所  此連中可  云つて可い  以テ呼ブ可シ  注意セザル可カラズ  製作品中ニハ繪ト名ヅク可キモ  忘ル可カラズ  所可  更可請章疏等  豊妻可遊  いくら可  行つたつて可い  人可懷さうに絡つて來  返答可有  出合申可貴殿  出張可有  關東可  召仰可  可差進之旨  逃ぐ可  憫む可  履む可  ヅ可ク侯  ドウモ可  責む可  爲す可  憐む可  戰慄す可  卑む可  荘内可成談等  つて可  一昨日可  傍国可怜国也  大概可  絶唱す可  客間兼書斎可児君  可心  較す可  返納可  惡む可  想察し得可  海恕可  可しな春たんぽぽ  トモス可ラザルモノナリ  タメ欠ク可ラザルノ良法  同日ニ論ズ可ケンヤ  上ニ置ク可ラズ  一時可  ぐ可  數行可レ盡者  帶びた可厭  可さ  蒲生左文郷可  言上可申  人可  大事可レ  レ可レ通  レ可レ言  ハ敷成可レ  尋可レ  申可レ  引替可レ  ゆづう可レ  考可  勉強可  清書可致候  憫察可  ア可笑い  悲む可  憐愍す可  二日中一五ヶ所物共可二罷出一旨加二下知一  レ可二  子細於テ可レ届  レ是可レ申  レ可レ致二新儀之沙汰一之由  レ可二許可一事也  レ可レ  此分可レ閣之由  両方可レ属二静謐一之由  レ可レ構二城  尤可レ有  為二向後一尤可レ有二  雖レ可レ陳  欲レ可レ賜二  宿者更以不レ可レ成レ  如二上件一於二門跡一者不レ可レ  南郷北郷之声聞ニ可二下知一哉之由仰了  レ可レ有レ  近日可レ  レ可レ混二一同  可為証  越ゆ可  ば可いが  已む可ら  ば可  政虎聞キ候テ可討留物  可笑  大抵可  帰つたつて可  恰度可  ちや可  先づ可笑  つて可笑いぢ  船ニテ可  其許様御舟ニテ向島ニ可  成候テ可  ニ可申上ト存候ウトモ  能時分参可申候間  ニ可  至つて可  近畿等可  つて可哀  惜む可  出づ可  可者也  嗣子可レ輔輔レ  君可二  レ可レ止  レ可レ食  レ可レ問矣  鉢可汗  必不レ可レ立  漫ろ可懐さ  レ可二記盡一  天可汗  忠可レ移二於君一  天下可レ運二於掌一  仕置可二相伺一事  レ可二取上一事  胡可レ比也  すべて可  認むるなる可  書可繕寫  言つて可  可殿  余り可  ア却つて可  樂む可  つて可愛想  柔軟可動体  先づ可  勝乃ち必す可  存ジ可訴出候ワバ  基ト可  周可含置者也文久壬戌二年六月二日  御礼可  努む可  端睨す可  方物す可  認む可  任かす可  はる可  已む可  沒す可  兩立す可  拔くも可  思召可レ  察可レ  一笑可レ  安心可レ  左樣御安心可レ  賢察可レ  笑納可レ  奴可四郎  一種可笑  犬可哀  艶ナルヲ求メテ糖ヲ用ユルハ可ナリ  廻し可有  明籌不レ可カラレ摸ス  レ可ラレ  新田右衛門佐義貞誅伐セズンバ有ル可カラズ一族相催シ  刺身可  トンカツ可  中国料理可  大楼ト謂フ可キモ  籬ニモ及ブ可カラズ  余ハ推シテ量ル可キナリ矣  此楼モトヨリ浴ス可ク  酔フ可ク  平素可  皆可  仕置可申付哉  尤む可  通り村中堅可二相守一者也  憫笑可  出版可  越可有候島中  廻可有候  廻し可  御中付可  御座候其分可有  文與可  尽シタルモノト謂ハザル可カラズ  当分掛置候様可  披露可致候二  謂ひつ可  試む可  むる可きの由宣下  ば可い  したたか可  濕つて味可  承知可  判別可有候  驚き可申候  指名可  議論可致候  海容可  変化可致候  破滅可致候  待可  伝言可  從つて可  變化可致候  傳言可  許容可  其中愚見可申述候  元来可  送付可申上候哉如何一寸  坑夫可哀  早々退散諸州遠山江分山可有  ば喜楽可  香雪軒可  ア可哀さうに  一番可  ゃれば可い  ぴつたりとはいつてはいけたものゝ可  已ム可カラザル所以  ことわり可申歟  面談可申候  一つ可笑  おしゃべり坊主可賀  候方可  應接致し方餘程六ヶ敷可  歸都可  可相越候間  差圖被成可  オホホホ可  独り可笑  咎む可  申込成さる可  言つて可ろ  す可  ル可シ  挨拶可申上  一つづつ可申述候  想像可  見え可申候  人可懐げ  俺ら可  可さそう  義作さん可加減  濶歩す可  ゆゑ可愛想  言つて可い  尋可レ来  殺生斗可レ致旨  レ可レ為之間  レ成可レ  堅相守り可レ申候  空可  レ可レ致事  以軽可レ  仕置可レ  一筆庵可候  チヤンチヤラ可笑  野郎可哀  憐む可きもの  遵奉セザル可カラズトイヘドモ  二人共可  作品凡庸可  作家凡庸可  こいつア幸い可  むしろ可  褒むるはなほ可  悲劇可  喜劇可  悲喜劇可  笑劇可  思想劇可  心理劇可  社会劇可  諷刺劇可  史劇可  神秘劇可  夢幻劇可  浪漫劇可  写実劇可  象徴劇可  表現派劇可  詩劇可  散文劇可  野外劇可  立廻り劇可  翻訳劇可  一条は可  メロドラマ可  ヴオオドヴイル可  ルヴイユウ可  フアルス可  つて可厭  ゆ可  レ可二絶尽一也  思つて可い  則可レ謂二仲尼一乎  矢張り可厭  澁之段愁訴可  付可  北可  投稿可致旨申来候  出詠可  御礼可申上候  入手可  可厭  可感  只今可二謀反一者  其時ハ可レ  仍不レ可レ請レ  二申計一之趣不レ可レ及二異議一  者可  日斜共可  曲ぐ可ら  内心可  賤む可  ざる可ら  尊む可  ホホホホ可笑  だき可申候  レ可レ免  大阪方可  惜む可きの士  事可  隨分可愛想  三笑亭可楽君  男可立  可立  悴可立  可立夫婦  事実可  一枚位可  なに可  しまつて可  申上ぐ可  此日可  論ズ可キコト  俟タザル可シ  空シク理窟ニノミ流レザルヲ可トス  クシテ愛ス可キハ  ク我邦ニ舶来ス可キ理  一目瞭然ニ知ル可シトス  思ハザル可カラズ  ザル可シ  シク注意シ給フ可シ  モ驚ク可キハ王莽  交際上ニ於テハ毫モ論ズ可キコトニ有ラネド  身爾如斯有重荷負事者可  ところ可  レ可レ召  レ可レ及也  由也千乘之國可レ使レ治二其賦一也  却つて可  婦支飛寿石者浅間能野分可哉天然製氷所  物みな可  周旋可二五千餘里一とい  其戸數道里可  船行一年可至  方可四千里  利牙爪可  調子ッぱずれの可笑い処  面白可笑  行つて可  つたつて可  可ん  仲ハ中ニ改可シ十月九日  通知可申上候  脱稿可  謂つて可い  却つて可哀  可心地  あれ可  丁度可  屹度可  二本可  みな可  不入候可稽古事也  私可  彼可厭  いふ可  可味いも  味至テ辛ク可食偶  さる可  紹介可申上候一  相用ヒ可クレ申候仍如レ件寛政  天候可良  持可レ  一紙ニ憐ム可シ乞食  ス可シ  四半可  事可然様  引渡可レ  油断取締方屹度可相立旨  譯す可  勤む可  唯憐む可  多くす可ら  音問す可  赤さん可哀  歸す可  推察可レ  これ可  御機嫌能可レ  休心可レ  推覧可レ  加はり可レ申  帰国可レ  安全可レ  御仁免可レ  成可レ  元利共必然皆済可レ致  らん可レ  隊頭立候者ニ面会可レ致  考可レ  心積可レ  心得可レ  聞込可レ  受取可レ  小弟可二後便申上一候時  何レ近日二度ビ関ニ出候而決定可レ致  レ可レ謝御事ニ御座候  引合可レ  機嫌能可レ  見合可レ  一同可レ  発可レ  出し可レ  渡し可レ申ハ  ハ可レ為  御供可レ申  二十四日以来可  治むるといえども可  おん可懐さ  勉む可  咎む可ら  妨ぐ可ら  其窮唯憐む可  手長誰人可二奉仕一乎  内ゃ可  賊徒共悉御誅伐可有  世話可致  両方可  下可  乳汁可味  曰つて可  後世可  度可二申付一品有レ  度曲事可レ申候  葬儀可  可立帰  者婿養子可  目見可  且行届候段満足褒美可致  こと可  有機的可完全化性  つまり可  叉可衛さん  昨今可  容ルル二三食分悉ク提ゲ得可キハ  沸ス可ク徴発  榎可  セテ世ニ公ス可シ  モ愛ス可シ  マア可いよ  ア可ん  其奴ア可  あら可  貴女可  先ア可  マア可  正可  縦頭可  マ可  アラ可  慚づ可  尊む可きもの  上す可  くも覺ゆ可きもの  森庄蔵長可  前借可  近く可  可発  一可  足可  三笑亭可楽  レ可レ謂レ  二必皆可一レ信  可食  受取可  



前後の言葉をピックアップ
加瀬谷                蚊蜻蛉  


動詞をランダムでピックアップ
眺めよ塗れよみふけるうりこんぼけよよじのぼら速まら居りおりなさおびか叩き起さ果たそいびろ立去ら申し聞けるなやませ醒ます抜かっかたづい釣り上がる
形容詞をランダムでピックアップ
あつかまし呆気ない心細くっうたがわし黄いろし精しき若わかしいかわゆく目ざといあどけなかっ甘けれこけれ黴臭いくわしき生温いむずかしけれ淡く刺々しかっ凛々し