「召し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 召し[動詞]
千屋を召し  お気に召し  女房にも召し  君に召し  御馳走を召し  殿様が召し  陳さんを召し  気に召し  暈を召し  學者數人、召し  穂を召し  領守が召し  お酒を召し  お茶を召し  拙者万吉を召し  手酌をきこし召し  米の召し  ここに召し  みんな御主人に召し  一日パウロを召し  心を知ろし召し  一斗も召し  一緒に召し  旦那、さあ、もう召し  子供を召し  お年を召し  番人まで召し  手もとに召し  ものだによって、ときどき召し  下郎を召し  ピーナツバタを塗って召し  諸侯を召し  廳に召し  城に召し  貴女様の召し  貴女様、その召し  六郎行秀を召し  風邪を召し  何を召し  唐天竺まで探し出して、召し  俺に召し  男を探し出して召し  運よく召し  奉公人を召し  二人を召し  御所に召し  つてお気に召し  魚でも召し  上聞に達して、召し  女車に召し  館が召し  閨へ召し  潘鳳は、召し  それがしを召し  イヴニングを召し  不思議を聞いて召し  君のまゐれと召し  曹操の召し  方に召し  お酒はもう召し  まり御酒は召し  れいを召し  家来を召し  曾太師を召し  孔明を召し  一客を召し  周瑜を召し  何が降るかと、召し  唱門どもを召し  唱門二人を召し  薬を召し  意に召し  関羽を召し  管輅を召し  管輅はかたく召し  曹丕の召し  陸遜は、召し  大将をことごとく召し  昼飯を召し  京官を召し  先生何か召し  カクテルでも召し  洋服を召し  切腹になと召し  玉座ちかく召し  これへ召し  司馬懿を召し  劉曄を召し  師を召し  パン菓子を召し  風邪でも召し  制服を召し  砒素鉄剤を召し  被布を召し  十本あまりも召し  お年は召し  軍服を召し  余自身近藤を召し  天皇陛下の召し  食国とは、召し  新穀を召し  神様の召し  天子様の召し  つても、召し  御飯を召し  月天子かぐや姫をか召し  襦袢を召し  食事も召し  一口に召し  ものを召し  水にしばらく召し  幕府が召し  去来を召し  袴を召し  下へ召し  氣に召し  天国へ召し  蹲つたのは、多分召し  お昼に、召し  物を召し  何か少し召し  通り御酒を召し  馬に召し  背広なんか召し  氏人たちを召し  腹を召し  からいっしょに召し  藥を召し  後に、その召し  船に召し  フロックコートを召し  黄八丈を召し  服を召し  外套を召し  春を召し  毎朝漬け物に召し  何か召し  やつぱりかうして日本食を召し  お茶でも召し  これを召し  ぜんざいを召し  平石に腰かけて、召し  宮をば、いかにして召し  室で召し  お馬に召し  お気には召し  只今お湯に召し  照日前は再び召し  ものとおぼし召し  武門が召し  張輿に召し  事情も、疾く聞こし召し  頼みにおぼし召し  望みをすてず、あくまで召し  たよりにおぼし召し  さまでにおぼし召し  誰とおぼし召し  室へ召し  幕府の召し  なに、召し  六波羅の召し  下知ろし召し  それならば助けて見ようというおぼし召し  方の召し  王妃さまの召し  かきこし召し  幕府に召し  一殿へ召し  兄さん、早く召し  朝廷の召し  着物を召し  人を召し  風邪にても召し  片隅へ召し  いちばんお気に召し  庄公を召し  芋粥なと召し  装束でも召し  御供に召し  アグネスをも召し  指先でつまんで召し  スウプを召し  焼酎を召し  羽織を召し  五つくらいは召し  何も召し  もっとわがままに、召し  先年中津川で召し  盗をして召し  幸内を召し  昌造を召し  天つゆで召し  タクミたちを召し  一僕を召し  力を集めて探し出そうと覚し召し  病気を聞こし召し  沢山お酒を召し  今まで召し  王様が召し  ところを聞こし召し  大学生十人を召し  法服に召し  喪服を召し  直衣を召し  蔵人を召し  襲を召し  簡単なのに召し  頭巾を召し  大目附あたりをしかるべく召し  工匠を召し  着物などを召し  内一名づゝを召し  構へ、召し  家に召し  一番よく召し  日本人でも、随分召し  京からはるばると召し  酒を召し  秀才を召し  カツレツなんか召し  ジャンパーなど召し  陣中女房を召し  王宮に召し  長生王の子たるを知らず、召し  豚を捕まえて召し  一人で召し  給仕に召し  屋敷に召し  きょうわざわざ召し  侍どもを召し  泰親を召し  輩を召し  サアーツ新規に召し  一つは、召し  うちとおぼし召し  他に召し  一服だけ召し  琉球芋を召し  袈裟を召し  霞を召し  山高帽を召し  豊を召し  青侍二人を召し  裾引衣を召し  裙引衣を召し  柄お気に召し  着物の召し  紋附を召し  今お母さんが召し  貴方は召し  ポンポコどてらを召し  若しくは技人を召し  林檎を召し  二人さんが召し  着物なんか召し  伏見へ召し  譲りなさろうと覚し召し  夜陰に及んで、突然召し  火の番などを召し  番卒を召し  老博士ナブ・アヘ・エリバを召し  都に召し  んとて召し  血を召し  明神下できこし召し  年を召し  お前さん、召し  団子を召し  お側へ召し  助を召し  大槻玄卿が怪しいと、こう覚し召し  エエいくらでも召し  一しょに召し  食堂で召し  別室で召し  ぱり煙草を召し  握り飯など召し  草履を召し  ゆッくりお茶でも召し  これ一本だけでもどうか召し  命を召し  妾を可愛いと覚し召し  城中へ召し  いつでも召し  碌に召し  娘ご、召し  大変御意に召し  昨夜はどういう覚し召し  雑色を召し  相州さまを召し  地頭代を召し  遊女等を召し  伴類二百人ことごとく召し  人が召し  縁に召し  入道さまを召し  ところに召し  諸御家人より召し  簾中に召し  日お湯を召し  翼に召し  家碌を召し  神の召し  駕籠に召し  お腹を召し  散々イケニエを召し  列に召し  素袷に召し  少年を召し  お供をひとり召し  から、召し  ひとりだけを召し  下手人とわかって、もし召し  御意に召し  下手人を召し  お鷹野お供に召し  家の子郎党を召し  鷹野に召し  扶持を召し  馬も召し  うしお年を召し  紋服を召し  者、召し  私を召し  甚内を召し  彼を召し  智者等を召し  兵を召し  筮師を召し  楯に立つか召し  大君の召し  酔興に召し  丞を召し  風習であるが、召し  ベエコンを召し  天皇の召し  手にもって、よくくちをつけて召し  お酒もたんと召し  頃妾の召し  花を召し  焼鳥を召し  香水を召し  宮に召し  あれを召し  礼服を召し  氷でも召し  うちに召し  慶を召し  羽織だけを召し  慶長十七年三斎公に召し  三斎公に召し  祝い酒を聞こし召し  方丈さまの召し  女を召し  妻女を召し  文化人を召し  侍を召し  背広を召し  羽織袴を召し  十徳を召し  何かを召し  風呂でも召し  疲れた時に召し  しか八丈を召し  ヘルメットを召し  今晩も召し  叔父様が召し  



前後の言葉をピックアップ
目障り  目ざわり  めし    飯田山  めし  メシア  めしあが  召上が  召しあが


動詞をランダムでピックアップ
申し受け熨し取違える匂わさつきのけよゆがむ繙かしずまっ重んぜ書き送聞え祟ら手繰ら通りかかりつきあわ悪びれるぶつかっ明るま降る描き
形容詞をランダムでピックアップ
疾しかっかびくさく後暗く詳しい手っとりばやいがめつ得難きからいか黒大きき厳しき生々しバタくさい程遠けれ手ぬるしうさんにくたらしくやさしから気忙しい