「古市」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

古市[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
古市が知っている,  古市が安南国皇帝附き,  古市があるではござりませぬか,  

~ 古市[名詞]1
ミラーンの古市を  笑子は古市と  ぴったりと古市に  腕を伸して古市の  出世は古市にとっても  左手で古市の  機能を上げて古市を  その後の古市と  夕陽新聞の古市  翌日街を廻ってみると古市を  慶長の古市を  最近伊勢の古市まで  今日は帰ってから古市へ  姿を古市の  伊勢の古市の  ムクは古市の  ムクを尋ねると言って古市へ  米友が古市へ  あいだ竿を振り廻して古市の  お前が古市で  ために古市における  玉手や古市の  屋根は古市や  これより古市へ  淀川方面から古市へ  藤井寺から古市の  日野朝臣を古市で  後方の古市で  山田の古市に  鳥取の古市で  科長河内の古市の  みな伊勢の古市の  伊勢の古市で  

~ 古市[名詞]2
その古市  この古市  名高い古市  いまや古市  あの古市  いつぞや古市  まず古市  ゆっくり古市  

複合名詞
隣郡古市郡  恵我古市  古市加十  古市さん  通り古市加十  古市加十ただ一人  子分古市加十  昨夜古市加十  雑報記者古市加十  夕陽新聞雑報記者古市加十  古市君  皇帝古市加十  いま古市加十  夕陽新聞記者古市加十  二日午前一時十分古市加十  古市加十なん  古市加十君  ア古市  古市用歟  古市沙汰也  古市寂照寺  古市くん  いつか古市  一たん古市  ここ古市  古市あたり  古市二日  伊勢国古市  古市一番  古市組合  古市以来  古市踊り  国古市  伊勢古市  古市公威  古市公威氏  大阪府下南河内郡古市村  古市剛  



前後の言葉をピックアップ
ふるいたつ  奮い立っ  奮い起っ  奮いたっ  奮い立と  ふるいつい  震いつき  ふるいつき  震いつく  ふるいつく


動詞をランダムでピックアップ
奪い返さ過ぎよかせるうけたまわっ噛み付こ擽ら乗ず現われん根差さ労すれふさぎこん折り返すくらべる暗ん投げ込んほねおるひっ提げ気づこ黙らおよろ
形容詞をランダムでピックアップ
馬鹿らしくっ勇ましき悲しかろみっともな汚き精ししおらしきがんぜない明けれ疎き弱々しゅう輝かしいとおしく物すごかっ感慨深こわく醜かっ寒けれ渋くわかり易かっ