「取次ぎ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 取次ぎ[動詞]
是から奥へ取次ぎ  女中さんに取次ぎ  言つたのには、取次ぎ  伯父さんにお取次ぎ  宙は取次ぎ  のか、待ち兼ねていた、取次ぎ  仕事をやめて、取次ぎ  まいったとお取次ぎ  恋を取次ぎ  ひとつお取次ぎ  方、取次ぎ  一緒に取次ぎ  丈太郎に取次ぎ  八百屋酒屋の取次ぎ  やうにお取次ぎ  段お取次ぎ  光が取次ぎ  容子であったが、取次ぎ  大阪表よりまかりこしてござる、よろしくお取次ぎ  あたしがお取次ぎ  ことばをお取次ぎ  二夫人へと仰せあるなら、ありがたく収めて、お取次ぎ  ホテリング夫人が取次ぎ  それがしに取次ぎ  御前にお取次ぎ  ところへ、取次ぎ  障子があいて、取次ぎ  六が取次ぎ  客が、取次ぎ  女中の取次ぎ  小女の取次ぎ  小坊主が出て取次ぎ  殿様へお取次ぎ  私が取次ぎ  婢衆に取次ぎ  誰かがお取次ぎ  高氏さまへお取次ぎ  旦那様へ取次ぎ  病間へお取次ぎ  返事もしないし、取次ぎ  高氏への取次ぎ  先生に取次ぎ  きみに取次ぎ  殿様にお取次ぎ  婢が取次ぎ  露を取次ぎ  多津が取次ぎ  仮名して取次ぎ  私のお取次ぎ  科白と取次ぎ  女中が取次ぎ  公卿堂上の取次ぎ  大声が聞こえてきていたが、取次ぎ  額を見ながら、いったい、取次ぎ  是非お取次ぎ  そこで取次ぎ  殿下へよろしくお取次ぎ  入道に取次ぎ  弟子の取次ぎ  殿にもよろしゅうお取次ぎ  主人に取次ぎ  初瀬自身が取次ぎ  書生さんは取次ぎ  まつたくもうお取次ぎ  じきじきお目にかかりたい、左様お取次ぎ  電話の取次ぎ  奥へ取次ぎ  女が取次ぎ  書生さんが改めて取次ぎ  わたしは取次ぎ  ちょっと、お取次ぎ  歎願には、いや驚きまして、一応お取次ぎ  幸ひ取次ぎ  手入れをしないので荒れてゐるからと取次ぎ  あたしはただお取次ぎ  からお取次ぎ  やつが、威張りやがって取次ぎ  それに、取次ぎ  給仕に取次ぎ  とき、取次ぎ  んなら、取次ぎ  私は、その取次ぎ  私でおさしつかえなくば、お取次ぎ  中谷銃二に取次ぎ  ことのあってまいりました、どうぞお取次ぎ  ぬこと、どうぞただお取次ぎ  用足しに出かけたばかりで取次ぎ  用足しに出掛けたばかりで取次ぎ  僕はその取次ぎ  名刺を取次ぎ  



前後の言葉をピックアップ
取り付き  取り付き  取付き  取り次ぎ  取次が  取次  取り次ぎ  取次ぎゃ  取りつく  とりつく


動詞をランダムでピックアップ
脹らん染める頑張脅かそ酔いつぶれ見て取ら出直さ押しきら靡かす切り組み差引い足っもめよきりぬい押しやるいかり罰さ手間どっ取りこみ早め
形容詞をランダムでピックアップ
痒う空しかろ柔らかしおぼつかなかろわざとらしかっていたく腹だたしいかびくさおそろしけれほそう目映し著き惨し清う著しかっおも思いがけな汚らしかっ名残惜しゅう