「厭わ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 厭わ[動詞]
道を厭わ  外聞も厭わ  なぶり殺しにされても厭わ  塵とを厭わ  母にはぐれたり、背いたり、厭わ  麻痺を厭わ  栄耀を厭わ  ことを厭わ  恥をも厭わ  恥を厭わ  保存さるるも厭わ  ことは少しも厭わ  人に厭わ  直ちに人に厭わ  のを厭わ  自分を厭わ  労を厭わ  のも厭わ  仕事も厭わ  刷毛を厭わ  便宜を図るを厭わ  従来醜しと怖れられ、厭わ  それをも厭わ  目も厭わ  雨雪をも厭わ  形容詞に限り長きを厭わ  さをも厭わ  のは厭わ  面倒を厭わ  ことでも厭わ  信心のともがらは遠きと、高きを厭わ  中をも厭わ  屈辱をあえてしても決して厭わ  ためには厭わ  夜も厭わ  労は厭わ  夜道昼がけを厭わ  ふうむ、どうしてまた、そんなに厭わ  羞を忍んでも厭わ  よし罪は厭わ  分は厭わ  ことをすらも厭わ  頬を打たせて厭わ  雨を厭わ  生死を共にして厭わ  苦労も厭わ  辺鄙なるを厭わ  煩を厭わ  労働を厭わ  夜のおそきを厭わ  関わず危きを厭わ  臭味を厭わ  絶対服従をも厭わ  泥いじりを厭わ  死罪獄門も厭わ  わたしは厭わ  美淋酒を厭わ  繁を厭わ  山に積んでも厭わ  人、厭わ  重複を厭わ  働きをも厭わ  疲れは厭わ  辛苦も決して厭わ  彼は決して厭わ  離反を厭わ  死ぬるを厭わ  命までも捧げても厭わ  賤職をも厭わ  それさえ厭わ  御身とならば厭わ  君ゆえならば厭わ  むむむむ疝気寸白は厭わ  ことすら厭わ  調子も厭わ  ことは厭わ  清水の舞台から後跳びでも厭わ  人から厭わ  ことも決して厭わ  云為を厭わ  埃も厭わ  犠牲にしても厭わ  何か厭わ  骨折り損を厭わ  醜態をも厭わ  即死をも厭わ  手数をさえ厭わ  徒歩を厭わ  



前後の言葉をピックアップ
糸柳  イトユフコトヲキイテタマゲマシタ  糸米  イトラン  イトリツク  いとわ  糸枠  厭わし  厭わしから  いとわし


動詞をランダムでピックアップ
なごま思い起こせ焼けよ浴びせかける順序づけるしょげかえり居残れるしめしあわし逸れ心得よ愛す即すれ落ちつこ悪びれ落着けよへがかわせ抜け出せる言い表そ
形容詞をランダムでピックアップ
愛しい塩辛くくすたまらな花はずかしい煙くぬくしまだるっこ脆かっ哀しけれ憎にくしかっあじきない疎う幼きいたたまらないおおかろなまめかしけれ白かっやむなき軟か