「化け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 化け[動詞]
狸が化け  おれに化け  茶がまが化け  たぬきの化け  茶がまに化け  ものに化け  氷屋と化け  町人に化け  大入道に化け  鯰に化け  一杯傾けても、化け  幾箇に化け  子供に化け  狐が化け  戸があいて、化け  送り狼に化け  黄茸が化け  そこが化け  大利根博士が化け  怪塔王に化け  大利根博士の化け  女に化け  モナリザと化け  美人に化け  松田優作は化け  原石がどう化け  道具に化け  枝雀は化け  コンピューターを化け  ソニーに化け  システム手帳に化け  アダプターからアレイに化け  マックに化け  メディアに化け  コンピューターに化け  名に化け  次から次へと化け  何に化け  土手壊れや化け  大かい魚ア石地蔵様に化け  月に化け  扉を開けると、やあ、化け  野狐は化け  処に迄化け  んの化け  つもりでも化ければ化けるほど、うまく化け  夢に化け  世話でも仕ずに死なしたら、忘れっこねえ、きっと化け  行商人に化け  帽子に化け  狸の化け  人間に化け  尾がちやんと見えるので、どんなにうまく化け  二人に化け  下男に化け  てんぼうに化けたり、いざりに化け  花に化け  猿の化け  女の子に化け  炬燵が化け  どれほどうまく化け  職人に化け  陸尺に化け  善男子に化け  同心に化け  ふうに化け  船頭に化け  小間使に化け  従者に化け  翌朝町人に化け  畳屋に化け  三段に化け  私に化け  尼僧に化け  婦人に化け  猶予を頂いて、化け  女中に化け  狐の化け  麒麟が化け  九尾の狐の化け  侍に化け  大蜘蛛の巣に化け  俺ら信者に化け  笛吹川画伯の化け  鼠に化け  乞食に化け  軍人に化け  出羽守に化け  爺婆に化け  甲羅をへて化け  飛脚に化け  麦藁細工が化け  白狐の化け  人が化け  美女に化け  男に化け  給仕人に化け  兵と化け  母にでも化け  狼の化け  それに化け  家庭薬売に化け  薬売人に化け  山猫の化け  酔客に化け  シーケンサーに化け  王に化け  陰画に化け  人間と化け  袋と化け  紳士と化け  宝玉と化け  候故に、化け  殿様に化け  お客に化け  何かに化け  鳩に化け  紳商に化け  下塗り奴にでも化け  職人にでも化け  まさか俺が化け  少年に化け  婆さまなどに化け  姿に化け  青年に化け  山伏に化け  毎晩鬼女に化け  小僧に化け  結構、死んでも化け  息子とに化け  とかげにでも化け  老婆に化け  猫に化け  材木が化け  イカに化け  梟が化け  おばあさんに化け  商人に化け  猫の化け  老女に化け  みんな人間に化け  線路に化け  何も化け  混血児に化け  魔神が化け  貴婦人に化け  蟹に化け  娘に化け  唄をききながら、その化け  猟犬が化け  助手に化け  兄弟に化け  何か化け  翁に化け  嫁様が来ただら、化け  外みんな狐が化け  お化けに化けな化け  向田大尉どのに化け  大尉殿に化け  大尉どのに化け  大尉に化け  人間が化け  錫製で化け  社員に化け  不良少年と化け  新開的遊園地と化け  これが化け  傘に化け  お持たせ申して、化け  農夫に化け  砲弾に化け  鬼火に化け  後から私も化け  方に残る、化け  家康は化け  五十何年も化け  生き物に化け  軽口に化け  印度人に化け  胃腸薬に化け  ガールに化け  巧妙に化け  サンタ・クロースに化け  水夫に化け  から新聞記者に化け  馭者に化け  書記に化け  幽霊になって化け  世の中へ化け  当人はすっかり化け  鴨下ドクトルに化け  怪物蠅男が化け  竜が化け  少年書生に化け  狐めが化け  番僧に化け  お姫さまに化け  皮が、化け  轆轤首にでも化け  朝鮮人に化け  シュウマイ屋に化け  お姫様に化け  美しい男に化け  強力に化け  お伴と化け  地蔵が化け  夜露が化け  蛙にも化け  チャボの化け  形に化け  一つ目小僧などに化け  美青年に化け  荷物に化け  事をしたら化け  狸に化け  師父などに化け  日本人に化け  ガルダに化け  人間の化け  狐狸の化け  ところへ化け  商品に化け  おまけに化け  葛の葉姫に化け  乳母に化け  嫁入り衣裳に化け  婆さんに化け  先生に化け  女優に化け  納骨堂が化け  青竜王に化け  燻製屋に化け  浪人が化け  竹売りに化け  バイロンに化け  ことを、教えられ、化け  土百姓に化け  小間物売女に化け  是まで化け  土民に化け  最後には、ただ化け  煙火師に化け  行燈そのものが化け  物が化け  百姓に化け  トマトに化け  自然は時に化け  手品使いに化け  奇術師に化け  鰻に化け  それが化け  風に化け  野郎女に化け  小娘に化け  奥女中に化け  帯に化け  おふくろさんに化け  幽霊に化け  猫が化け  英善に化け  住職に化け  住持に化け  藤江に化け  小児に化け  ように化け  田舎者に化け  一雲水に化け  庭作りに化け  旅絵師に化け  攘夷家に化け  用人に化け  ひとりに化け  納所に化け  そこを見込んで思い思いに化け  ものや、化け  糸に化け  天狗に化け  出家に化け  酒商人に化け  医者に化け  主任教授に化け  丸坊主たあ化け  七に化け  ところへも化け  物に化け  酒瓶に化け  正一位女に化け  御曹子女に化け  役人に化け  石燈籠の化け  きみをやつして化け  仁右衛門だ、よく化け  赤浪の化け  棒に化け  味噌摺坊主に化け  沙門に化け  来賓に化け  有耶無耶に化け  灰色に化け  さ妄念が可恐しい、化け  旅商人に化け  一時人間に化け  蟋蟀に化け  眼をして、化け  鬼が化け  美人だけにしか化け  落し差しに化け  花さん狐の化け  田舎男では、化け  人相に化け  婆様に化け  模範青年に化け  腸は化け  それを聞かなければ化け  婿さまに化け  千太郎がうまく化け  千太郎の化け  万吉郎そっくりに化け  飛行器にも化け  容に化け  信者に化け  老人に化け  松永老人に化け  犬に化け  悪魔が化け  悪魔の化け  シューベルトに化け  魚に化け  シユーベルトに化け  雀が化け  淫婦紫姑が化け  一人に化け  伊留満に化け  僧に化け  若い女に化け  女房に化け  虎と化け  若衆に化け  男と化け  亡夫に化け  蛇精が化け  馬に化け  剣に化け  人を化け  人に化け  ために化け  蛇に化け  自ら蛇に化け  昔蛇に化け  牡馬牝馬に化け  人の化け  支那人に化け  苦力に化け  学生に化け  天鵞に化け  帝釈雄鶏に化け  槌を忘れ遺せしが化け  魔の化け  魔が化け  山神の化け  白犬に化け  鳶に化け  豕に化け  若衆姿に化け  大神ゼウス天鵝に化け  魅力に化け  三つ目入道に化け  妹さんに化け  駒さんに化け  妹に化け  片棒かついで化け  英国女に化け  料理人に化け  召使に化け  まさか召使に化け  博士に化け  相手に、よく化け  何が化け  尼に化け  ッて、化け  お月さまに化け  禿頭と化け  どろんと、化け  鯉に化け  石に化け  正覚坊が化け  一ツ目小僧に化け  間を、化け  轟博士に化け  白鷹助教授に化け  炬燵掛と化け  番頭に化け  腰弁に化け  蝴蝶と化け  運転手に化け  機関長に化け  警官に化け  蕈が化け  それは今にも化け  船のりに化け  中国人に化け  どら猫に化け  信徒に化け  お婆さんに化け  すっぽんに化け  髑髏が墜ちなければ、化け  魚なんぞが化け  虎に化け  知県に化け  恰好に化け  集合に化け  牡蠣売りに化け  上手に化け  山姥が化け  おかあさんに化け  庭先生に化け  谷博士に化け  号の化け  ぼくに化け  号が化け  赤児に化け  魔者が化け  美留藻が化け  美紅に化け  女王に化け  紅矢様に化け  半ば黒土に化け  泥棒に化け  赤蛙が化けたわ、化け  案山子にでも化け  文章が、読みやすく化け  牡丹餅が化け  同僚に化け  般若湯に化け  割り下水に化け  器用に化け  相違なかろうが、それにしても化け  人魚に化け  そいつの化け  水藻に化け  銀蠅に化け  町へはいって行くとすれば、化け  かたちに化け  ひつて行くとすれば、化け  母に化け  お母さんに化け  虫に化け  大和尚に化け  僧侶に化け  使僧に化け  これに化け  狐に化け  たかって、化け  狼が化け  板戸に化け  紳士に化け  ものには祟れ、化け  巧みに化け  物売りに化け  青灰色に化け  電気看板に化け  虚無僧は化け  大岡様に化け  日本将校カワカミが化け  みんな水に化け  束髪に化け  私が化け  光が化け  令嬢に化け  令嬢姿に化け  酉とやらに化け  紺婆が化け  夏子の化け  能くも淑女に化け  霊魂は、なにかに化け  のが、化け  汁粉に化け  これも化け  それこそ化け  門番に化け  虱に化け  悟空が化け  貉の化け  狸までも化け  鰻の化け  鰻が化け  方で、化け  指尖に化け  婆に化け  坊主に化け  二包に化け  大蜘蛛に化け  変てこに化け  完全に化け  天才と化け  鏡花、よくも化け  車夫に化け  男女に化け  瓦斯屋に化け  ミズミズしく化け  大工に化け  葉子を化け  亭主に化け  偉丈夫に化け  妖狐の化け  妓生に化け  坂上与一郎親子に化け  とおり美人に化け  碁打ちに化け  腰の曲がったさるまわしに化け  おんふたかたに化け  途中でつじうら売りに化け  右衛門介にまで化け  定期検査人に化け  若い男にも化け  なんかに化け  むっつり右門ほどには、化け  役者に化け  小姓姿に化け  甘酒屋に化け  家人に化け  家へ化け  中間ふうに化け  巡礼に化け  人形に化け  さっき男に化け  そうなほどにもあぶらぎって、どんなにうまく化け  やさ男なぞに化け  瓜子姫子に化け  蜩の化け  日本人がどう化け  千手観音に化け  お父さんをうらんで、化け  洋館と化け  胴体と化け  グライダアに化け  人造人間の化け  人造人間め、うまく化け  人造人間が化け  皿をかぞえて、やがて化け  如来に化け  見事に化け  代りに化け  鬼の化け  書物に化け  朽葉の化け  名探偵の化け  市長の化け  生首に化け  蟇に化け  マナイタの化け  ミミヅにでも化け  農婦に化け  狢の化け  それから老女に化け  美術商岩田天門堂に化け  河童の、暗く化け  一匹に化け  給仕に化け  花売りなんかに化け  みな一つ蛙に化け  黒ん坊に化け  留学生に化け  船医に化け  巡礼乞食に化け  飴売に化け  

名詞

化け[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
化けすましたつもりでいましても  化けすましたりなどすると  化けすましたとだけ思っていた  化けし狐と誉めぬ  化けして立ち直った  化けさせる  化けさせたくらいの  化け澄ましていやがるな  化けもの以上に驚いたに  化けが来るぜ  化けと出  化けのことを相手に話しだす  化けに二度も遇はすなど  化けと出逢う  化けやがった  化けもの窓からのぞく  化けものおほだ  化けもの酒を酢くする  化けもしさうな  化けを否定は出来るにかかわらず  化けの話を好む  化けのあるという  化けものめ  化けやあがって  化けもしめえに  化けたるよと心得て  化けこみをしてやがる  化け澄ましている  化けもの村になるよ  化けもの屋敷に泊まる  化けこんでいる  化けものやろう  

~ 化け[名詞]1
美人と化け  美人に化け  お姫様に化け  若布採りに化け  白覆面に化け  声の能う化け  助に化け  顎化けの化けの  石松は化けもの  怕いお化けと  逢つたお化けの  遇つたお化けに  時出る化けもの  ことづての化けもの  んの化けもの  沼に化けも  冬瓜の化けも  店へ化け  師匠は化け  物に化けや  有名な化けもの  朝っぱらから化けも  百足蛇の化け  とんでもねえ化け  小僧が飛んで来たが化け  バカの化けもの  ひとりに化け  令嬢に化け  探偵帆村の化け  

~ 化け[名詞]2
一層化け  うまく化け  この化け  すっかり化け  あの化け  なく化け  だんだん化け  まるで化け  

複合名詞
化け方  化け芸術  化け展  化け猫  化けもの  文字化け  一化け  化け者  顎化け  化け地蔵  化け地蔵安倍郡長田村宇都谷  猫化け同様  化け鞄事件  化け狸  猫化け  化けものつきぢ河岸  化けものづくし  化けもの達  化け鳥  化け甲虫  化け姐さん  化け蝙蝠  化けそこ  化け者め  化け狐  化け菌  化け猫釣り  みんな化け猫  化け銀杏  化け銀杏め  化けよう  大概みんな化け猫女形  八つ化け仙次  八つ化け  八つ化けさん  化けぶろ  化け右門  化け右門事件  化け駕籠  化け茶釜お寺  術士化け  化け放題手れん  化けかた  化け損  



前後の言葉をピックアップ
バグナア  バグラーダ  バグリオーニ  化けん  化けれ  化け  化けよ  はげ  バケエ  パケット


動詞をランダムでピックアップ
働かせろ憂える伺う切放し除き取り立てるむかつかうたぐっはまりこみもみけしえっ駆けっばらつき携われきおい翔ぼ蹴倒し失い否ま受け合う
形容詞をランダムでピックアップ
はかなかれちかし覚束無いうとましいざといつまんなくでっかく心憎くむず痒く見好き憎らしふるほど遠く切なき口惜しけりゃ愉しく理窟っぽくぬるいひろかろずるくっ