「動く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 動く[動詞]
理屈だけで動く  ヒョイヒョイと動く  文鳥は動く  自動車が動く  指が動く  指の動く  あるかのごとく動く  そうですが、もはや少しも、動く  心が動く  女達の動く  車の動く  歴史的に動く  滑らかに動く  猛烈に動く  真髄が動く  ざわざわと動く  さらさらさらと動く  耳が動く  滑らかにこそ動く  誰有て動く  気分も動く  球は常に動く  中心も常に動く  蟻の動く  身体がうまく動く  唇の動く  爲めに動く  かぶりの動く  ために動く  貨車が動く  男ひとり来て動く  水気がなく動く  手を離すまいと動く  方へ向いて動く  今夜に限って動く  今夜だけ動く  心の動く  岩の動く  機械が動く  ところが動く  想像力が湧き動く  心持ちの動く  別々に移り動く  現実性とであふれ動く  身体をそむけ、ただぴくぴく動く  ままに動く  ひとりではもう動く  前が少しばかり動く  父親が動く  自分がもうまったく動く  そこを動く  タクマ君と一緒に、その動く  五本の動く  急行道路は、ずいぶん速く動く  とおりにして、動く  僕はいくども動く  プールがあったり、動く  燈火をめがけて、この動く  気味のわるい動く  タクマ少年は、動く  先で、動く  排水地区から、またもや動く  僕は、動く  世界の、動く  無事に、動く  例の動く  口は、ひろがったりすぼまったりして、よく動く  いくらかでも動く  縄は動く  縄が動く  かすかに動く  好奇心が動く  通有らしい、めまぐるしく動く  木の葉だけは、動く  方だけを動く  ものがちょろちょろと動く  電燈の動く  慾とに動く  つぶらに動く  人形が人間らしく動く  経済で動く  やうに動く  円滑に動く  必然的に動く  内面的性質に従って動く  作用で動く  電車の動く  たびに動く  ランプが動く  ガクツと動く  胎兒が動く  七十組同時に動く  意志によって動く  人形みたいに動く  加はらなければ決して動く  言つて、素早く動く  地球も動く  ことも、動く  グニャッグニャッと動く  通りは動く  水が動く  群れは、動く  大地が割れて動く  前から動く  心に動く  なかに動く  もっと永く起きていれば、このそろそろ動く  器用に動く  アナタ、動く  一銭で動く  たくみに動く  料理鉋丁の動く  絵が動く  こっちでも動く  386上で動く  軽快に動く  386で動く  敏感に動く  ブルッと動く  ゆるやかに動く  否定に動く  街上には、動く  才智は常に正しく動く  腮が動く  頤の少しばかり動く  左右に動く  ようで動く  動悸が激しくって、動く  口が動く  手足がもじゃ、もじゃ、と動く  肉の動く  冷吉は動く  以外には、少しでも動く  びり/″\瞳が動く  風に動く  手の動く  一つは動く  ように、動く  加賀山も何とか動く  風なきに動く  わが見るは動く  世ならず、動く  常ならば動く  波がしばらく動く  街燈も動く  非常に速く動く  心も動く  ものの活きて動く  胸がびくびく動く  形に動く  嗜好が動く  鶏の動く  昼ごろまで泣きて止めたれど動く  里方は少しも動く  夕風に揺れて動く  愛情が動く  人間予定で動く  針の動く  身に動く  ように動く  目が動く  畳が動く  船はただ動く  敵前で動く  彼女は動く  男が少しでも動く  何物かが動く  席を立って動く  体が突然がたりと動く  野を横切って動く  四寸ばかり動く  臆病で素早く動く  乳色になって、動く  力で動く  ちょっとでも動く  ことでは動く  しかもその動く  時にはもう動く  波の動く  デツキを動く  文芸思潮で動く  手足がすこしずつ動く  白髪が動く  手足が動く  障子が動く  肉が動く  月が出て動く  影にひくひくと動く  三つも動く  用事で動く  現実を真にその活き動く  たくみに操り、さながら、生きて動く  それらから働きかけられつつ動く  動き左に動く  縦に動く  足もないし、全くよはよはしい動く  さまに動く  網の動く  あれは動く  家は動く  家が動く  我々が動く  汽車が動く  太陽を動く  太陽の動く  方向に動く  星の動く  地面が動く  此の動く  地殻が少し動く  殻が動く  つた、動く  無理に動く  側は動く  手が動く  女のすばやく動く  女浅瀬に立ちてせわしく動く  影の動く  就任と動く  丈でちつとも動く  まま、どなられても、動く  テコでも動く  うかつに動く  蚊帳だから、ふわりと動く  心がどう動く  失礼です、どうぞご遠慮なくと動く  抜き身の動く  自由自在だが、その動く  興味が動く  人影が動く  反動をもって動く  情識に動く  器物の動く  静かに動く  支那船は動く  眉の動く  骨の動く  しなやかに動く  人が動く  車体が動く  上で動く  気魄、先ず動く  水草の動く  自由自在に動く  テットウテツビ合理的に動く  横に動く  活溌にして動く  性格は動く  両手が動く  力を張り詰めて動く  扇子の白く動く  晩に移り動く  鯉の動く  腹の中に動く  何か動く  彼の動く  跟いて動く  口の動く  塊の動く  急に動く  響大盤石も動く  場を動く  皆が動く  ミノムシの動く  顏に動く  幕が動く  唯一の動く  紐が激しく動く  八五郎が動く  どっち向きに動く  足は自と動く  心は動く  一分ずつ動く  今に動く  ソヨと動く  八橋を離れて動く  ヒリリと動く  群れが動く  相違に依って動く  唇が動く  雲が動く  電気で動く  である證據として、動く  本年中どう動く  人形の動く  雲の動く  圧で動く  画家や、めまぐるしく動く  物事は動く  社会学者の動く  態度が動く  間から動く  明治文學史と歩み動く  自在に動く  みな生きて動く  天城は、キビキビ動く  波が大きく動く  今度は動く  剣も動く  気持のいいほどかるく動く  山と運んでも動く  謀略にのってかろがろしく動く  於ては動く  上下へ動く  人は動く  上に立って動く  道路が動く  他には、動く  漁場に動く  気ばかりが激しく動く  自分は、絶えず動く  自分だから、又動く  ゆとりなく動く  鍋の動く  横断させ、動く  人間は動く  言葉で、又それなり動く  眼に見えて動く  眉とともに動く  陣をとりて、あえて、軽々しく動く  なつて動く  人の動く  喜怒哀楽に動く  りりと動く  種子は動く  ことと、動く  さらさらと動く  げに動く  横顔にひくひくと動く  者どもも動く  誰にも動く  慾心の動く  魂が入って動く  まわりに動く  自由に動く  ガラス戸の向ふに動く  秋声は常に動く  浅瀬で動くので動く  そこに見えている、動く  それが動く  ように、正しく動く  丸木の動く  頭に、ぎろぎろと動く  文字で書いても、動く  動物でなければ動く  アミーバも動く  草も動く  ような動く  進化した動く  原液製造機械が動く  ぐりぐりとよく動く  下からこの動く  おのれッ、動く  手足のごとく動く  私も動く  慾で動く  私達が動く  影が動く  首が独りでに動く  子供が少し動く  近く閃き動く  ものや動く  独立に動く  婦人帽の動く  大地が時として大いに震え動く  有機体として生き動く  ちよつとでも動く  目を開いて、とめどなく動く  筆の動く  現状固守、みだりに動く  うちは、みだりに動く  窓際から動く  外に動く  スクリンに動く  げにちろちろ動く  汽車の動く  カフエへ入ったりして、動けば動く  方は善く動く  下に動く  確として、動く  それが唯動く  世の中が動く  浮の動く  海禪は縛られて居るから動く  耳が、動く  車が動く  時計が動く  印が動く  灯を包んで動く  やうな、動く  五本の指が動く  葉の動く  感覚で動く  三十年前には、動く  代りは動く  道が動く  あれみたいに動く  銀座行きの動く  原子力エンジンで動く  月はよく動く  原子力で動く  美に依ってのみ動く  私はこの動く  感情が動く  空気が動く  中に動く  食指の動く  髪はなお乾かず、動く  人達の動く  思いが、ちらと動く  意志で動く  斷えず動く  彼自身、いったいどう動く  心理がなぜああ動く  小さな心臓の烈しく動く  普通に動く  三四郎が動く  黒目の動く  世界に動く  下から見てあのくらいに動く  音の動く  異様に動く  光に圧されて動く  画筆だけが動く  目に動く  画工も動く  かってに、動く  濡通って、それで動く  目は動く  何かの動く  屋根並みがぎっしり込んでいるだけに、動く  火夫がいなかったら動く  底で動く  ものの生きて動く  生命は動く  指等が動く  夫人の動く  弁当があつちこつち動く  螺旋的に動く  離れ離れに、唯動く  爲に動く  底に動く  睫毛の動く  お腹が空いて動く  ものが動く  ことは動く  ピクピクと動く  んだけれど、なんだか動く  距離を動く  時流に動く  中だし、動く動く  ごろんと動く  独りでは動く  川水に動く  左右へ動く  荷物はどうして動く  矢張前に動く  しかし、動く  中で動く  色がちらと動く  表情が動く  連想の動く  口車にのって動く  ちょッと動く  顔も動く  茂の動く  袴が動く  団扇が動く  塩梅で動く  厭迫を感じて動く  影がひよいひよいと動く  圧迫を感じて動く  完全に動く  影がうらうらと動く  波とともに動く  室内は何一つ動く  まろぶかとふとしも動く  神サマとして動く  前にしゃがんでのろのろと動く  不安そうに動く  ことをわかっていながら、まだ動く  情愛が動く  彫刻そのものが動く  方が動く  から彫刻が動く  自然にゆれ動く  うちに、動けば動く  脚が動く  うらはらに動く  幻灯が動く  事に動く  懐も動く  ことは少くても、笑うか、喋るか、歌うか、動く  三匹が動く  凧がゆれ動く  彼は、もう動く  ところだから、動く  右左へ動く  拍子に従って動く  彼は動く  ところから、動く  頭は時々動く  空に動く  エンジンの動く  子供ぐらい動く  もっとも動く  新鮮な、動く  風で動く  いつ見ても必ず動く  その他の動く  ゆききがとどまり、動く  リズムを持つ動く  店から動く  確かでよく動く  ちよつと動く  圓次郎が引けば動く  ドアが少しずつ動く  其理の動く  對して動く  靜坐にあらずして動く  首が動く  手が少しでも動く  ひらひらと動く  中につっこんで撮ったりして、初めて動く  平素留守番許りさせられて居て、余り動く  竹刀の動く  形が動く  月が動く  蒼空、動く  きれいな、ういて動く  くちびるの動く  頭を見なければ、決して動く  水に曳いて動く  血が動く  席を動く  半分以上ひとりで動く  逆に動く  伸子は動く  感情は動く  者が、動く  んだから動く  器械がどう動く  度に動く  掟と動く  クレーンと動く  とおりに動く  一斉に動く  底でザラザラ動く  東京へ戻ったなり再び動く  壁に動く  ただ中を穿ちて、動く  寢て居て動く  糸でもつけて引張つてゐるかと疑ふ程、目まぐるしく動く  から、動く  中心に立つて動く  物の動く  木の葉の動く  審かにして動く  前に動く  力に動く  中をひくひくと動く  一歩も動く  特別に早く動く  縦横無尽に動く  命令に動く  肌とが活きて動く  内に動く  誌されたとして、刻々に移り動く  知識層が動く  幸内は更に動く  一寸も動く  ゆらゆらと動く  水に動く  中にちらちらと動く  風にふわふわ動く  王家の紋章が動く  触角の如く動く  一緒に動く  七情の動く  衝動に動く  筋肉が動く  大西洋で動く  北氷洋でも動く  トルキスタンでも動く  社交的に動く  春機の動く  事物の動く  一人を挙げて動く  天下を挙げて動く  円頂賊、次いで動く  悲風に動く  華やかに動く  ギラギラよく動く  ギロギロと動く  糸巻の動く  馬車の動く  思想によつて動く  渠の動く  ッと動く  上を動く  犬どもが怖れ縮んで動く  影に誘われて、すらすらと動く  立ち姿が美しく、動く  ことだけで、動く  欠乏し、動く  汽車は動く  背とともに動く  発散で、動く  鳩が動く  大風の動く  ように浮いて動く  耳が且つ動く  表情の動く  埃がこびりついていて、動く  五六百万は動く  顔から二の腕まで絡まって、動く  知らないうちに擦り破れてしまって、動く  軍艦の動く  息をするか、動く  そうに動く  もっとよく動く  身体が動く  主にも動く  目的に向って動く  からその動く  瀬が動く  粉にして動く  草鞋が動く  襲はれて、動く  夜空に搖れ動く  モーターと結びついて動く  船は動く  水中で動く  銭勘定で動く  錢勘定で動く  小さな生き動く  影に動く  一路信念の動く  胸のふくらみのゆれ動く  紙凧は動く  村全体が動く  カルモチンが動く  安易すぎる、といつて動く  本まで動く  人形が動く  ただは動く  背に、ぶらぶら動く  命令によって動く  のが少し動く  形になって動く  ことも動く  馬は動く  光に動く  豊かに動く  地からしんしん揺り動く  棟も動く  ここを動く  皆の動く  好奇にたいしてよく動く  住を動く  潮の満ち引きにおうじて、多少なりとも動く  二つの動く  わたしが、くりくりとよく動く  モーターはよく動く  上下に動く  随意に動く  鏡が著しく動く  ピクリと動く  空気は動く  煙を長々と曳いて動く  兵を率いて動く  大型馬鈴が動く  地に動く  船の動く  煙のみ動く  鳥啼かず動く  やうに細かく動く  ッぺしちゃア危え、動く  気持の動く  紅を映してゐる、動く  ままで、動く  咽喉の動く  燈りが動く  小手が動く  苦痛もなく、動く  たいがいは、それで動く  身の動く  約束で動く  あたりは再び動く  瞳が動く  合はさり、もぐもぐ動く  元気はおのずから動く  途中まで歩きかけてみたが、さすがにすくんで、動く  うつかり動く  手相は動く  運命が動く  震へ動く  妙に動く  熊の動く  釜が動く  天眼鏡を出すと、動く  怪物の動く  上からころがり落ちた動く  猫が生きて動く  猫が動く  感情がしきりに動く  一緒にくるりと動く  令だと、とにかく動く  豆の動く  一直線に動く  ムク犬が動く  夕陽があたって、動く  骨を離れて動く  傍にぶっ倒され、動く  出代りで無暗に動く  コロコロと動く  いくらでも動く  ように、うまく動く  ひとりで動く  影のいかに動く  問題だけで、動かそうとすれば、今にも動く  彼が動く  暫時上下に動く  盛り上っては動く  自分で動く  物影の動く  人間が動く  雨が動く  木が動く  夢が動く  角が、すらりと動く  全体が思わず動いたが、動く  しき色彩をもって動く  花に動く  鳥に動く  人間に対して動く  鉛筆が少しずつ動く  すれすれに動く  水草は、動く  詰問したけれども動く  馬印が動く  ためには、決して動く  汽車、動く  だらしなく動く  もっと、おとなしくしてろ、そんなに動く  色が動く  掌は動く  貴僧、今にも動く  これが、動く  花がむくむくと動く  からだじゅうは痛くて熱く、動く  ように、すこしずつ動く  旅心が動く  為に動く  部分部分になって動く  棒でも動く  中で、生きて動く  好奇に動く  水の動く  底から震ひ動く  所詮は同じ、動くな動く  はいないが、動く  物的利害には動く  舎利になっても、動く  為めに動く  つてのみ動く  毛虫は動く  から部屋を動く  耳の動く  節奏は狂わしいまでに揺り動く  ちょんまげまでも動く  天下はかならずかく動く  指揮下に動く  下に、動く  ちごち動く  筋骨が生きて動く  夫にひかれてぐらぐらと動く  父は、もう、まつたく、動く  流も動く  綺麗だ、動く  のを見ると、一々動く  動き且つ動く  グラリと動く  情操の動く  シムソン、動く  人物の、細かく動く  船も未だ醒めず、動く  風が吹くと動く  人物がどう動く  体が動く  先でも手軽く動く  三百万必要だから動く  大鹿が動く  日中は動く  大胆に動く  常に動く  左から右へ動く  物が動く  金銭で動く  監禁して、動く  声で言って、動く  石がころころと動く  ざわざわと揺れて動く  衝動によってのみ動く  心を探りながら、もう動く  間に動く  肱掛から両手を離さないで、もう動く  眉ビリと動く  縄生きて動く  浮子が動く  浮子の動く  軌道に沿うて動く  心が当然動く  頬などが、動く  足取りで動く  右から左へ動く  灯かげに、よろばいながら動く  聖人は動く  好奇心の動く  お召し物の動く  想像されて、動く  情は動く  連中ものろのろ動く  うえに何やら動く  源氏は動く  物がある、動く  座を動く  側面に動く  方へ動く  左に動く  ユラリユラリと動く  であるから、動く  灰色の雲は、動く  平吉は動く  気に動く  上に揺き動く  念がしきりに動く  何だかものすごく大きくて動く  利鎌の動く  感情の動く  ょうの動く  仲間も動く  慄ひ動く  水平に流れ動く  窓から溢れ動く  石も動く  磁針が動く  作用に連れて動く  磁石が動く  銅板の動く  磁石が極めて少し動く  方に動く  電流計が動く  方向とに流れ動く  簾が騒がしく動く  思想の動く  まわりを動く  葉が動く  つた上半身の動く  瞳キラリと動く  処の、動く  ものの動く  電車ががたりと動く  念々と動く  自分でも更に分らないが、ただじりじりと動く  オールの動く  私が動く  たんばたんと動く  船ががたんがたん動く  素速く動く  敏捷に動く  何か蹴ると動く  号令一つで動く  心地もなく動く  何だかごそごそと動く  肱掛椅子の動く  一年間も動く  其処から動く  くるくると動く  動物とは、動く  んですから、動く  植物も動く  こと、よく動く  樽ロケットが隣りへ動く  エネルギーなしで動く  エネルギーを全く使わないで動く  からエネルギーなしで動く  十は動く  疲労から迚ても動く  東へ動く  太陽が動く  地球が動く  朝日がさせばすでに動く  車はかたりと動く  化物屋敷になったと思い、カタカタ揺り動く  一つあって流れ動く  ステッキが動く  軍勢林の動く  山の動く  人選などについても、何らの動く  八時半から動く  思いが動く  下では、重々しく動く  下で動く  社員たちはもはや動く  のだと気がつくと、もう動く  ひとりになると、もはや動く  裏で動く  どこまで動く  のか、その動く  器械的に動く  小禽の動く  習癖で動く  鮮味の動く  灰色の雲が低く動く  つて、動く  手が動こうが動く  踵に触れて動く  教師としての動く  舌をやってみると、ぐらぐら動く  リズムで動く  唇舌の動く  唇舌これに伴いて動く  眼玉のよく動く  生理は動く  声が聞えず、動く  菅笠のそろふて動く  目醒めて動く  物を動く  英雄的に動く  しかし、刻々に動く  どっちが疲れ果て動く  身体痙攣て動く  別々に動く  優雅軽捷画のごとく動く  尻を低くしたり、動く  器械の動く  金の卵より動き始め、動く  地上に活き動く  おれはもう動く  一パイに引っかかって、動く  欺されて、動く  千枝松は動く  命令に応じて動く  自身は更に動く  鼻の動く  主義政見で動く  たびに大きく動く  くらやみに動く  忠実に動く  ほのかに動く  置物が動く  剣意しきりに動く  ほうこそ、金輪際動く  近くまでを動く  ちょっと人が動く  膝がじわじわと動く  伸び縮みして動く  財産が動く  手がこまかく動く  惰性だけで動く  偶然だので、動く  後ろにも動く  一ツも鳴かず、静まり返って、さっさっさっと動く  食指俄に動く  区別がつけにくいほど、激しく動く  証拠が、その動く  限界を定めて、動く  場所と動く  一点が動く  一点の動く  大地を動く  その間に動く  のがふらふら動く  微風に、動く  場所を動く  天体が動く  天体も動く  自分でときどき動く  前で動く  荷電体が動く  電場を引連れて動く  時には動く  微粒子が動く  金銭利得によって動く  如何に動く  咽喉がぐいと動いたかと思うと、またぐいと動く  しかも動く  斜めに動く  手も動く  事実が動く  家も動く  満腹して、動く  三日四日めから、もう動く  ところ三尺も動く  右へ動く  左へ動く  羽の動く  風にでも動く  波を打って動く  君の動く  無限に動く  土台の動く  草の動く  草が動く  手がもつれて動く  コマが動く  努力で動く  上下に揺れ揺れ流れ動く  如く一緒に動く  影も動く  ポンポンと蹴ってみたが、一向動く  やうにビクビクと動く  位置を動く  奥底に動く  それは動く  信念に動く  自動車で動く  みのりへまで動く  中に暗く動く  南へ動く  ちの心の動く  茫然と坐つて、動く  夜がきても動く  理窟で動く  彼女のよく動く  色に動く  老人は、めまぐるしく動く  そちらにつれて動く  あなたが動く  事情に応じていかにも動く  ようにその動く  関節が動く  ボートの動く  何の動く  生涯を通じての動く  最初感情の動く  梭の動く  額や、よく動く  眼のくりくりよく動く  独りで斯くの如く動く  中を動く  頭が動く  一つ、動く  面に動く  それは大仕掛な動く  それから間もなく、動く  鋼材の動く  瞳孔も動く  ぜったいに動く  組織を、と動く  尻尾の動く  筆がおもしろいくらい動く  為にこそ動く  雑草の動く  船が動く  言葉になり過ぎて、動く  急速に移り動く  兵が動く  作家が動く  糸くずなどの動く  個性的なその動く  大体西から東へ動く  下りッ放しで動く  歴史的価値は多少動く  現象がいきいきと動く  どっちへ動く  牛はもう動く  自分の動く  急激に動く  所に留めて動く  影を見て動く  昼夜たへず動く  陽を受け、動く  ヒクヒクと動く  上に黒く動く  不思議に動く  気持が、ひとりでに動く  椅子ががたついて、動く  先にはブラブラと動く  んです、動く  ペンの動く  渡つた霞を透して動く  胎児の動く  胎児が動く  僕が動く  ツと動く  腰でだぶりと動く  首の動く  そよ風起り空すこしくやや動く  お姉さんの白くやさしく動く  纔かに動きやんで、すぐその隣りが動く  上に動く  数も多く、又その動く  毛の動く  秘密に作った動く  事があると、この動く  アメリカでは、まだこの動く  アメリカ製のこの動く  方法でもって、この動く  それはこの動く  外から大きなこえを出して、たった今、この動く  ゆっくりおちついて、割れた動く  きれいな造形が、じつに好ましく動く  厭だ、と動く  湯が動く  金城鉄壁、動く  精神に動く  ぐあいで木の葉が動く  木の葉が動く  機械的に動く  絶え間なく動く  動き、動く  集つた人達はもうどうしても動く  から彼は漸く動く  秋森辰造は、動く  ために、動く  中でずって動く  眉毛は好く動く  ガタガタと動く  雲が低く動く  方向へ動く  蒸気で動く  姿が、ちらりと動く  命令によってのみ動く  服従して動く  機械はすぐ動く  穴があると動く  砂が動く  所で動く  水中に動く  意志に動く  十分おきぐらゐに構へが動く  影の突然動く  人影がしきりに動く  基礎として動く  男の動く  もののすれ動く  眼がよく動く  考へ、動く  果もなく流れ動く  時やっと動く  波も動く  私は、刻んで動く  米はその動く  こまかに動く  鋭角に動く  窓から、動く  水を蹴って動く  好奇心は動く  感慨の動く  左右交互に動く  好色心は動く  やりくりなどと絡んで動く  リボンが動く  六七艘、漕ぐともなし、動く  いつまでも無邪気で、動く  二つ、動く  湯の動く  名機を探して動く  胸がふくれて、動く  つたら、もう動く  胸から肩へかけて動く  煙がむくむく動く  からくりで動く  羽団扇がまた動く  ままにて動く  絶間なく動く  本質にくっついて動く  袂のゆれに動く  論理的に動く  事件があれば動く  手先の動く  つて自然に動く  歌へ、動く  巧みに動く  口髭の動く  背景として動く  峰に何やら動く  笑つたり泣いたりする動く  夜風に動く  雲風に動く  波間に動く  吟情勃然として動く  家鴨が動く  酒気に駆られて動く  男はだんだんと動く  舌が動く  周期的に動く  足音は一方へ動く  一つ鳴るとまた動く  自己自身によって動く  鰭の動く  点々として速く動く  金に動く  それに動く  中で、動く  手はただ動く  手機が動く  足を動く  襷が、動く  縄、ぶるぶると動く  一つの動く  ものを云い、動く  さっきから、ひくひくと動く  目に見えて動く  張り私の動く  てこでも動く  んなら、動く  星が動く  意思によりて動く  スポーツへ動く  口元の動く  内面に動く  おん心に動く  なっちゃ、もういよいよ動く  中に、本当に強く生きて動く  先にも動く  疲れに、動く  合つて行く手を鎖し、動く  夫れは動く  生物で無くて動く  俺は動く  牙も動く  列の動く  龍蛇も動く  後方に動く  目玉の動く  かば見せて、おそろしくよく動く  ものはいつも動く  奮激では決して動く  牛はのろりのろりと動く  戦争に向って動く  頭に動く  今更心が動く  アレの動く  アレが動く  恰好に動く  ユラユラと動く  浪の動く  一二年同じ動く  深みに動く  絵画が動く  海の底が動く  眼のよく動く  日光が動く  眼の動く  顔の動く  三つ二つひらひらと動く  唇の微に動く  真烏賊、動く  のも、動く  傀儡のごとく動く  意味無く動く  ぢいさん、動く  法律は動く  木の間に動く  島の生きて動く  役人が動く  ぐなりぐなりと搖れて動く  慾がなくて動く  裏に動く  ことは勿論動く  だらしもなく動く  足を張って動く  ように巻いたりくねって動く  刹那にぱったり動く  縄だのに、呪われて、動く  様子、その動く  触角のごとく絶えず動く  私たちに動く  枝が動く  それらの動く  ように下げて、歩くとばらばら動く  ただ船の動く  やうに、動く  下に畏って、動く  毛虫が動く  時計ときたら、動く  ちゃんとまちがいなく動く  きみに動く  ぼくは動く  前後左右に、はげしくかたむき動く  カンで動く  あちこちに動く  もの音をたてて動く  周囲にあって動く  ほとりを動く  底にふわふわと動く  指揮命令で動く  意志どおりに動く  今後どう動く  予定通りに動く  範囲においてのみ動く  膝から下がよく動く  瓦を睨ませて、動く  羽根が動く  危機に応じて動く  無念が忽ちに動く  さまざまに動く  ものが立っていて、ひょろひょろと動く  ものであり動く  ここには動く  解放を目指して動く  新たに常に若く常に生き常に動く  何でも動く  夏よりも早く動く  から自分で動く  右方に動く  一年間に動く  ために、もう動く  筆が動く  他の動く  距離を、動く  腹と金髪が動く  心には烈しく動く  機微が動く  小児が動く  古本に対しても動く  空を動く  顫ひ動く  なんか動く  地を動く  実質は動く  これが動く  犯人だときめて動く  カベが動く  歩を進めて動く  わが動く  身重くして動く  血がべったりと塞いでいて、少し動く  からだもよく動く  逆上的な大買いつけに、心ならずも動く  汽船が、まるで動く  方向の動く  扉は動く  何時もぐらぐらと動く  すれすれに、むらむらと動く  考える力もない動く  ところによるに、その動く  盛んに動く  考うるに、その動く  実、動かざるも動く  板も動く  冬とても動く  操人形が動く  義理にしたがって動く  本にして動く  外聞によって動く  石が動く  棍棒が動く  神経が動く  意外で、ピリピリと動く  リズムに乗って動く  振幅によって動く  思つて一寸も動く  つても動く  四方八方へ動く  敏捷こく動く  反対に動く  首尾尽く動く  こなたに動く  震ひ動く  汝等の動くにつれて動く  火の動く  石の動く  氣の動く  やすやすと動く  火依然として少しも動く  亡霊が乗り移りて動く  鼻緒なんぞ、むくむく動く  梃子でも動く  スウィッチが開いていて動く  人間一人で動く  儘、暫くは、動く  右に動く  感情的に動く  光と、動く  光と動く  眼には動く  氣が動く  ば物といひ、動く  背をむけていたが、動く  囮鮎の動く  第二次世界大戦へ向って動く  左右前後に動く  万灯は動く  圧縮した動く  地球と云う丸い動く  きりと鋭く動く  先の動く  無茶苦茶に動く  位牌でもが動く  むちの動く  推並んで、動く  風にも動く  變へて動く  傳ひて動く  下界にては、動く  これとともに動く  後に動く  往来が、目まぐるしく動く  紆り動く  家情も出て来て動く  縄なう機械の踏み動く  牛は突いても打っても動く  人らしく語り動く  律動的に動く  興奮によって動く  妙にちょこちょこと動く  蛇は動く  目玉を動かしてみると動く  犬一匹生きて動く  理屈なしに頑張れと強いられて動く  二人にのみ動く  遙かなり松がさか動く  上皮の動く  手首の動く  のと違って、動く  所まで通り越して、動かなければ淋しいが、動く  自分はその黒く動く  緊張して、この動く  馬を買ってくれとか動く  以上は、すなわち動く  礎が動く  食指は動く  胸もとからは動く  瞳は、始めて動く  風の動く  小山の動く  まま興の動く  眉がおどろくほどあがったので、動く  大和島根の動く  現実に動く  自然に動く  あしたの空に動く  機械の動く  夜光虫が動く  水鳥以外、動く  類でさえも、動く  大体われわれは動く  雲助以上に動く  西洋の動く  内部は動く  観賞に出て行くにしてはあまりに動く  さを以てあらゆる動く  活動写真において、動く  日本のあらゆる動く  メトロの動く  速度と動く  柔かに動く  機械が著しく動く  かおのほね立った動く  限り一点の動く  のは動く  舞台で動く  舞台に現われて動く  それを被って動く  流漉は動く  自分勝手に動く  人生がただ動く  情念の動く  驅り立てられて動く  ことと動く  彼に動く  感傷は動く  そこには動く  單に動く  ことであり、止まりながら動く  庭さきなどでよく見かける、動く  揚句、動く  社会的に動く  日本が、動く  姿が動く  ーす、動く  ハンドルをとると動く  考える力も動く  人造人間が果して動く  こいつが動く  人造人間がどうして動く  人造人間はどうして動く  人造人間はどうすれば動く  内燃機関で動く  徳利がしきりに動く  徳利の動く  本郷に動く  間を動く  それにふれて動く  通りに動く  笠の動く  私のように寝台自動車が動く  夜は早く眠がるし、少し動く  とっさに動く  写真を見て、動く  私の動く  荷物として動く  地球は動く  ために、速く動く  心理で動く  字面で動く  ごそごそと動く  静かにしているよりも動く  関節でぐらぐら動く  体の動く  水がだぶりと動く  あちこちから鎖がからまっていて、少しでも動く  くりくりとよく動く  つても相変らずきびきびと、よく動く  椅子にくくりつけんばかりにして動く  わけでしょう、ひとりでに動く  千葉を動く  空から人が動く  いずれにせよ必ず動く  星は動く  西に動く  咄嗟に動く  コクリが何故動く  線がよく動く  魅力に囚われて、動く  料理庖丁の動く  葉も、ぶるぶるふるい動く  もう一歩も動く  足が動く  ように、軽々と動く  途中に立って、少しも動く  大局に動く  バクテリヤも動く  兩ワキのは動く  塔がいかに美しく動く  非常に早く動く  緩慢に動く  光の動く  擲かれても動く  ゆさゆさきちきちと動く  直ちに箭が動く  それにつれて激しく動く  裡で、動く  のが、動く  写真が動く  のに動く  水が冷めたく痛いほどで動く  音も聞こえず動く  非常に疲れてゐて、もう動く  つてそこで動く  テーマに動く  欲望が動く  力瘤の動く  たびにそそりと動く  妄りに動く  風で時々動く  自然で動く  人間の動く  身體の動く  一片の動く  何かが動く  針金で浮かしてヒラヒラと動く  無理算段をして動く  お前が動く  社会的本能によって動く  愛の動く  足にからまって、しまいには動く  興味で動く  金魚が動く  一歩でも動く  軌跡を描いて動く  準拠して動く  ようにして動く  色彩が動く  のが動く  白雲が、動く  時ですら、動く  中に、動く  横えて、少しだに動く  向うから動く  皮、落ち込んで動く  蒲團の動く  秋風に吹かれてさらさらと動く  針が動く  横倒しに動く  魅力をもつて動く  おかしげに動く  こといとしいと思うならば、動く  ベレエ帽が、時々、動く  まま、動く  念が動く  槌が動く  槌の動く  一念の動く  空気に迫られて動く  お前は動く  眼だけが動く  尾の動く  蚊帳が動く  状態を離れて、動けば動く  島が動く  屍骸が動く  臀が動く  それもそろそろと動く  そよっとも動く  



前後の言葉をピックアップ
動き回ら  動き回り  動き回る  動きゃ  うごく  動けん  うごけ  動け  うごける  動ける


動詞をランダムでピックアップ
降りしきり折れ曲がる手間取っ虐げるやどりこかそぶちのめそ咲乱れる僻め見放す敲く成せはおろたのん蝕ま脱い嘲笑わ馴染ん近寄せるきまり
形容詞をランダムでピックアップ
痛痛しうすきみわるくともう美しい小ぎたない痛くっ瑞々しかっあぶなき草深く難けれ高かろ狭い面はゆく物恐ろしいさむい不甲斐なく面白煩かろ言うまでもなき烈しき