「副詞」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

副詞[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
副詞に余程誇張した  副詞やはてはぜんぜん何の意味もない助詞をもってしたという  副詞の語根を強くする  副詞に過ぎない  副詞の範囲を明らかにして置きたかつたまでの  副詞を重ねてみても  副詞の語根ともなるべき  副詞なり形容詞なりの語尾を脱して  副詞はtropeという名詞から来て  副詞の性質を分析し  副詞の様な形をとつてゐる  副詞の位置が流動してゐる  副詞の特別な関聯性を考へる  副詞やら訣らなくなる  副詞になり  副詞の語根となつて止つてる  副詞とも又名詞ともなるので  副詞または形容詞となる  副詞を入れたいから入れたり  副詞を附けて  副詞の形に移つて行く  副詞と叙述語との関係を省みるべきである  副詞を用ゐる  副詞の状態から形容詞の範囲にふみこんで居る  副詞の状態を脱せない  副詞の区別も知らなかつた  副詞の素を男王名稱の末尾に連結せしめたるが  副詞が特に添へられねばならぬ  副詞を受ける  副詞の下に言葉を省く  副詞の形のく  副詞となり  副詞が非常に発達して居る  副詞が発達して来る  副詞とありとで  副詞が発達した  副詞の職分を拡張し  

~ 副詞[名詞]1
形容詞や副詞に  前置詞や副詞や  江戸語では副詞の  形容詞や副詞の  つての副詞に  擬声語は副詞の  是等は副詞なり  日本語における副詞の  つてゐる副詞やら  体言的な副詞の  形容詞とも副詞とも  主に副詞  形容詞や副詞を  一種の副詞の  平安朝の副詞と  所謂単語としての副詞を  途中で亡びてしまうて副詞の  形容詞と副詞の  場合には副詞が  かには副詞を  昔から副詞の  極端なる副詞  独立して副詞と  特徴を持つてゐた副詞が  

~ 副詞[名詞]2
この副詞  いくら副詞  その副詞  すでに副詞  

複合名詞
体言副詞語尾  副詞法  総て副詞的  副詞的  動詞副詞  多く副詞  副詞語尾  副詞表情  副詞状  副詞機能  連用副詞法  全体副詞  副詞句  副詞形  副詞句化  副詞価値  副詞語尾の  



前後の言葉をピックアップ
服罪  伏在  福崎  複雑  福澤  福祉  服しよ  福士  フクシ  復し


動詞をランダムでピックアップ
聞き咎める打ちだそもたつかめくろ獲よ飛び離れ探りこのみ抜け落ちる為さやって来りゃ落ち行き挟み込めじゃおながれん書きあげよ憬れる差延べれ恥じらうまねる
形容詞をランダムでピックアップ
低かろあさ明るきならびなし敢なくぽき賑にぎしい雄々しかっ堪え難き人恋し低けりゃ甲斐甲斐しいうすし金臭くひもじい口喧しかっめざましいおいしかっほしきおどろおどろしく