「切ら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 切ら[動詞]
身を切ら  全身を切ら  愚痴を捨て切ら  から、切ら  僕は、ずたずたに切ら  んですけど、なんだか、煮え切ら  グズリグズリと煮切ら  三つに切ら  ズンと切ら  から腹を切ら  腹は切ら  首を切ら  孝助様に切ら  云ひ切ら  脱け切ら  封を切ら  馬は煮え切ら  男を叩き切ら  シヤッタアを切ら  僕は煮え切ら  息を切らし切ら  中の人が降り切ら  風に堪へず吹き切ら  腹を切ら  なかで、煮え切ら  對にこんな煮え切ら  真ん中から二つに切ら  御幣の切ら  相手を切ら  こっちが切ら  茅野雄がすっかり云い切ら  意識を捨て切ら  壁にさへ切ら  それを思ひ切ら  鼻を切ら  情感が開き切ら  封も切ら  額縁屋で切ら  息を切ら  大阪訛の抜け切ら  そんと打っ切ら  切ッつ切ら  そこにあらず、どう切ら  風を切ら  心持が抜け切ら  三寸程切ら  封の切ら  舌を切ら  三百の煮え切ら  つまりは煮え切ら  トップを切ら  髪を切ら  何んとか云って否応なしに切ら  封をすぐは切ら  世界で、疲れ切ら  スポンと切ら  シュッポォンと切ら  シュッポオンと切ら  緒を切ら  のはまだ覚め切ら  真中に切ら  裏合せな煮え切ら  首を下げられるだけ下げて、乾き切ら  ような煮え切ら  呼吸を切ら  指先が切ら  綱があまり早く切ら  引きも切ら  残暑のさり切ら  本箱に這入り切ら  封が切ら  肌を切ら  何れから先に切ら  虚勢とひがみを捨て切ら  封こそ切ら  文封は切ら  期に及んで、まだ煮切ら  やつがいて、切ら  シラを切ら  薄にや切ら  重しがのき切ら  解明し切ら  眠りのさめ切ら  一方を切ら  夜はまだすっかり明け切ら  こっちは切ら  横ぎつて、切ら  袈裟がけに切ら  私は、この煮え切ら  ひと息に死に切ら  縛めを切ら  事はない、煮え切ら  穴銭がぶつぶつ云い始めたらしいのよ、少しぐらいまわり切ら  秀吉は、切ら  時間が切ら  綱の切ら  シャッターを切ら  づねて談合したがどうも煮え切ら  足指を切ら  いつまでも煮え切ら  口火を切ら  片耳を切ら  父様がお切ら  穴に這入り切ら  民弥に切ら  人買が切ら  松太郎の煮え切ら  松太郎の煮切ら  スヰツチを切ら  上野介を切ら  芸術家になり切ら  記念に切ら  腑に落ち切ら  みんな髪を切ら  のどを切ら  繩を切ら  一處に歩いて話しはしても居たらうなれど、切ら  こっちぢゃ煮切ら  梅雨のまだ明け切ら  喉笛を掻き切ら  風に、ずばりと云い切ら  ちょきんと切ら  肩を切ら  柄から斜めに切ら  解決され切ら  なんていう煮え切ら  首とが轢き切ら  ずたずたに轢き切ら  悲鳴を立てて切ら  顔でもなし、ひどく煮え切ら  スウイツチが切ら  原紙を切ら  スイッチは切ら  一日分を廻り切ら  詰腹を切ら  二つに截ち切ら  頁も切ら  手を切ら  画学校をもって切ら  団塊に切ら  歯ぐきを切ら  昔なら切ら  追腹は切ら  力は漲り切ら  終りまでで切ら  後姿のまだ消え切ら  拔け切ら  者と、割切ら  戦争を割切ら  何ものかにナイフででも切ら  あいにでもまけて切ら  一声立てたが切ら  手練だ、切ら  糸を切ら  髪の毛を切ら  五分ほど切ら  間に切ら  肉が切ら  息も切ら  四つにぶつ切ら  乳だけの、ずたずたに切ら  縁を切ら  らには、まだかわき切ら  スイッチが切ら  火ぶたは切ら  息を、はあはあ切ら  ようにも捨てさせ切ら  千恵造ははなはだ煮え切ら  例の煮え切ら  火の手が切ら  電話は切ら  根を切ら  観念には這入り切ら  梅雨が明け切ら  何だって足を切ら  足を切ら  太股がひき切ら  首は切ら  周囲一切のものから手を切ら  一刀に切ら  胸をかき切ら  髪を短く切ら  たびごとに、煮え切ら  首をひき切ら  くり髪を切ら  ものなら、切ら  只今では切ら  提灯を切ら  下へ転がり切ら  口を切ら  真中へ立って、煮え切ら  アッハッハッ、切ら  叩っ切ら  縄を切ら  無慙に切ら  刀を引抜いて切って掛る、切ら  者は切ら  侍に切ら  鶴雄はぶっ切ら  櫻いろに美しく切ら  青年と信じ切ら  楠は切ら  刀で切ら  炉を切ら  恐怖から、はっきり截ち切ら  奴に取囲まれ、切ら  姉の切ら  是を取って切ら  一つ電話を切ら  言葉を切ら  所が離れ切ら  岡の煮え切ら  弟達の煮え切ら  却て切ら  さはそう容易くは抜け切ら  鈍感な煮え切ら  下りたり、まだ延び切ら  昨年火蓋を切ら  朝、未だ明け切ら  肉を切ら  笑が消え切ら  糸は切ら  兎に角みどりは切ら  ずたずたに切ら  藝術的になり切ら  ママはなり切ら  牙は切ら  相かはらず煮え切ら  画面に押しだされ切ら  しびれを切ら  ことを、云い切ら  言ひ切ら  確かに切ら  九字は切ら  鑢で切ら  心から追腹は切ら  心から、こんなに煮え切ら  私の煮え切ら  壁が乾き切ら  下島は切ら  腕を切ら  今の煮え切ら  矜を持つてゐる、そして煮え切ら  ここを切ら  のだろう、それとも少しは切ら  網目は、ずたずたに切ら  ように、しかしめまぐるしく、まだ固まり切ら  二つに切ら  火蓋が切ら  浜で切ら  夜はまだ明け切ら  老人の切ら  咽喉笛を突き切ら  七兵衛が来たら切ら  腰を伸ばし切ら  それ以上を切ら  顏には、どうも冴え切ら  近習に切ら  安心し切ら  悪も、のび切ら  死刑執行人に切ら  首が切ら  手当りしだいに切ら  四時になってようやく、切ら  電話を切ら  蛇を切ら  度にまだ死に切ら  電源を切ら  渦巻きの静まり切ら  啖呵を切ら  自腹を切ら  片腕を切ら  デング熱がまだ治り切ら  裏を切ら  見栄などを切ら  巾着を切ら  横に切ら  から火蓋が切ら  糸を引き切ら  翁のいまださめ切ら  類で挽き切ら  そこで切ら  絲が切ら  壁など乾き切ら  方しか頭に這入り切ら  筑前守のこの煮え切ら  科学的範疇で決まり切ら  形式には這入り切ら  から蠅男でないとは云い切ら  半分も登り切ら  中途からプッツリと撃ち切ら  いつまでも抜け切ら  上手が切れば、切ら  人が、切ら  あとで、まだ乾き切ら  みんな私自身の煮え切ら  道を降り切ら  うちには、切ら  胼を切ら  新芽をあんなに切ら  十字は切ら  薪に切ら  めちゃめちゃに切ら  君なりを、充分活かし切ら  処に切ら  キャラコさんが、にえ切ら  きれいに切ら  ナイフで切ら  全部上げ切ら  羽根を切ら  斜に薄く切ら  句を切ら  電話が切ら  音で截ち切ら  根もとを切ら  鋏をあげて翻すと切ら  ここはぜひとも切ら  翅を切ら  中へはいり切ら  稚気の抜け切ら  正月気分の抜け切ら  生憎日が未だ暮れ切ら  一枝を切ら  源左衛門もいれば、切ら  ことをなし切ら  それ自身になり切ら  終りまで言い切ら  羽を切ら  口が切ら  気負い者から口火が切ら  袂で切ら  通り煮え切ら  今日迄も案外廃れ切ら  腹も切ら  ガラス窓に明けかかって、さめ切ら  私だって身を切ら  印を切ら  木を切ら  ために、煮え切ら  ほんとうに腹でも切ら  これは切ら  堰が切ら  顔の抜け切ら  何處で摘んだかまだ咲き切ら  納得し切ら  縄が切ら  封は切ら  火蓋を切ら  事を云い切ら  みんな融け切ら  頸動脈を切ら  ほおを切ら  何事もはっきりとは云い切ら  腹でも切ら  頬を切ら  女にかみ切ら  啖い切ら  喉笛を切ら  鍋墨のまだ消え切ら  善人になり切ら  立派に云い切ら  たしかに啖い切ら  腕が切ら  青葉にはなり切ら  血ぶくろを切ら  胸にはまだ解け切ら  日の沈み切ら  追腹を切ら  挨拶がとかくに煮え切ら  朝のまだ明け切ら  ほんとうに夜が明け切ら  葉に切ら  手を少し切ら  野原で、まだ枯れ切ら  びりを切ら  髷を切ら  往来で切ら  自然に切ら  うちに切ら  次から次へと切ら  ところを切ら  十一人が切ら  節をぽんぽん切ら  二度目に切ら  五度目に切ら  片端から髷を切ら  人に切ら  中でもまだまだ切ら  左右二遍まで切ら  咽喉笛でも掻き切ら  それを切ら  十字が切ら  今日かぎり思ひ切ら  一人、切ら  ものは切ら  墨の乾き切ら  楠も切ら  楠が切ら  樫も切ら  さを感じて、なぜ切ら  発達し切ら  幾年も切ら  ひきも切ら  石段を登り切ら  足が喰い切ら  留置場に這入り切ら  酒は飲み切らん飲み切ら  水を切ら  果物を切ら  展開し切ら  十二まで数え切ら  たか這入り切ら  以上は、どうしても生き切ら  五人も切ら  それは切ら  太刀痕が通っているという物凄い切ら  代になっても、切るに切ら  未明、まだ明け切ら  性質が吹き切ら  スタートを切ら  西瓜が切ら  急坂を登り切ら  いくつでも切ら  公衆に向ってこの煮え切ら  中で切ら  立腹でも切ら  黒縮緬を釣合いよく切ら  適宜に切ら  関心になり切ら  釣手を引き切ら  興奮からさめ切ら  介が、切ら  皮を切ら  どこも切ら  汝らは切ら  一歩踏み込んで切ら  挫き、切ら  向こうでも切ら  こっちでも切ら  つて這入り切ら  翌朝は明け切ら  拷問かけられても、切ら  先を久しく切ら  少女らしくかわいくそろえて切ら  南泉坊に切ら  啖呵も切ら  ように、即かず離れずの煮え切ら  時の煮え切ら  のと切ら  俗気が抜け切ら  神経を切ら  関係で切るにも切ら  水面に切ら  水面で切ら  斧で切ら  学生風が抜け切ら  首を切る或は切ら  辮子を切ら  縫目を切ら  刃も切ら  茎に切ら  縁は切ら  唐人髷を切ら  蘆灰がまだ冷え切ら  ことをすっかり云い切ら  平穏な、悪くいえば煮え切ら  ぱり手を切ら  腹を得切ら  鎖を切ら  肌、切ら  首でも切ら  首なんか切ら  錠前が引きち切ら  今夜は切ら  とこを切ら  枠に遮切ら  物だけでも這入り切ら  ために截ち切ら  真面目ともつかずに、こう煮え切ら  雪に截ち切ら  雲で截ち切ら  鉈で切ら  電話は、とうに、切ら  留吉は、切ら  首をしめられるか、切ら  首をしめられたり、切ら  ところで切ら  縞萱を盗み切ら  思慮を欠いて甚だ煮え切ら  殺しようで死に切ら  水の手を切ら  者引きも切ら  警と来て、切れ、切ら  行動する煮え切ら  しかと癒り切ら  ほんとうに癒り切ら  人引も切ら  封をし切ら  今は、思ひ切ら  四角に切ら  參詣人引きも切ら  私は、ずたずたに切ら  生来ぶっ切ら  スウィッチを切ら  看護婦に切ら  大見得を切ら  二川は煮え切ら  返事をしながら、はなはだ、煮切ら  書生肌の抜け切ら  生活上の煮え切ら  イツマデも抜け切ら  その後脚を切ら  甲板の大きく切ら  最後まで使い切ら  資格において活かし切ら  めにツン切ら  二ツに切ら  股が切ら  白を切ら  ハアハア息を切ら  返事が煮え切ら  ままにふっきらせ切ら  鋸で切ら  合つて首を切ら  チョン切られても、切ら  科学小説と云い切ら  土間に切ら  花札を切ら  一章唄い切ら  横にはなっているがまだ眠り切ら  半ば覚めてまだ覚め切ら  血が切ら  尻尾を切ら  屋敷へ宣り出た、切ら  つながりが切ら  ように煮え切ら  余炎はまださめ切ら  消化し切ら  樹木を切ら  不機嫌な煮え切ら  ページを切ら  眞ん中を突き切ら  からこまごまと切ら  電話の切ら  日はおそくしましたと云い切ら  一番健全なところが張り出され切ら  中に溶け切ら  解釈され切ら  医者に診て貰ったら、切ら  さの切ら  モノモラヒがまだ治り切ら  途中で切ら  影に切ら  暗転で、暗くなり切ら  大方は解る、切ら  ここに切ら  詰腹でも切ら  口より離れ切るや切ら  とおり電線が切ら  それがこまかく切ら  水に漬け、そのこまかく切ら  とおりすっぽりと切ら  耳殻を切ら  耳を切ら  二つの釣り手を切ら  二ヵ所まで切ら  釣り手を切ら  内側へ窪み、切ら  笑殺され切ら  形象化され切ら  ちよん切ら  ことには、切ら  水道を切ら  腹を切らないですむからして切ら  自然伏樋が掘り切ら  これを切ら  紐はズタズタにたち切ら  綴じ放しの截ち切ら  気分の抜け切ら  午飯が終り切ら  日の丸提灯が伸び切ら  憐れがるのに、切ら  彼は切ら  宗平が首を切ら  油揚はだいぶ仕込んで有ったと見えて、まだ喰い切ら  言葉にも嵌り切ら  醉のさめ切ら  完全に切ら  一部分噛み切ら  咽喉はただ切ら  一つになり切ら  権八に切ら  見得を切ら  袂を切ら  夜が明け切ら  色と、まだ褪め切ら  平生煮え切ら  習慣がまだ全く抜け切ら  夢のまださめ切ら  肩先を深く切ら  額を切ら  一日中引きも切ら  伊東で切ら  ブロックが切ら  羽左衞門が切ら  胼胝を切ら  背中へぶっ切ら  ような、ぶっ切ら  小沢はぶっ切ら  責任とをもってこういい切ら  みやげに切ら  もんですから、ほんの少しばかり切ら  尾を切ら  境遇のまだしみ切ら  傘を切ら  ように、煮え切ら  それから其所に納まり切ら  思索は突然截ち切ら  気の弱い煮え切ら  先を切ら  つて十字を切ら  人は、ずだずだに切ら  刺身ほど厚くは切ら  十字を切ら  剣に切ら  変に煮え切ら  一つ二つと切ら  電鈴装置が切ら  これで絶ち切ら  人間を疲れ切ら  傍で切ら  頁を切ら  言葉が、おわり切ら  人さし指をくい切ら  から見ると、いかにも煮え切ら  ぶんが切ら  文明から截ち切ら  詰め腹を切ら  むやみに切ら  咽喉笛を切ら  附根まで切ら  品物に成り切ら  後向きに捻じ切ら  根本を切ら  しっぽを切ら  判断し切ら  心を占めていた煮え切ら  膝坊主を少しばかり噛み切ら  何という煮え切ら  殘光が未だ消え切ら  綱を切る切ら  堤防を切ら  方を切ら  脛を切ら  額ぎわを切ら  まつ赤に切ら  斷ち切ら  封紙の正しく切ら  もと云い切ら  戦争さわぎで切ら  河野の煮え切ら  飛騨の煮え切ら  形に切ら  さに伸し切ら  雫も切ら  から身を切ら  ロープは、もろくも叩き切ら  胸を切ら  武士に、成り切ら  やつぱり煮え切ら  往来引きも切ら  スイッチを切ら  空間とがたち切ら  情でさえ、たち切ら  もの、切ら  スタートが切ら  鮮かに切ら  誰かは切ら  音声が低く煮え切ら  不幸にも切ら  松吉めを切ら  俺は切ら  刹那に切ら  見事に切ら  いつかぷつりと截ち切ら  下手くそで伸び切ら  背たけが伸び切ら  囲炉裏の切ら  背たけも伸び切ら  ほんとうに自分に帰り切ら  殻もまだ脱ぎ切ら  子の日なりければ切ら  山稜にたち切ら  はなを切ら  喉を切ら  道糸を切ら  方向に絶ち切ら  津軽海峡沖を抜け切ら  リギンに切ら  冗談から口を切ら  タラップをおり切ら  野郎首を切ら  性格が煮え切ら  皆まだ上がり切ら  肩に切ら  身体を冷え切ら  呼気を切ら  上は切ら  蝉蛻し切ら  大人になり切ら  シャッターが切ら  所、こんな煮え切ら  恒藤権右衛門も、切ら  どこぞ切ら  ところを大きくぐさりと切ら  親指を切ら  指を切ら  口にかみ切ら  すぱすぱと切ら  芯を切ら  ままで切ら  腰を切ら  どこを見ても、煮え切ら  みんな犬にがぶりとかみ切ら  繃帯が切ら  慶四郎の煮え切ら  くせに、仲よく向き合って切ら  囮ぐるみ道糸を切ら  罪人がひとり切ら  刃物で切ら  お前も随分切ら  助太刀して切ら  髪まで切ら  ブッツリ髷を切ら  人が切ら  かっこうをして切ら  右半身が切ら  言葉づかいも、ぶっ切ら  蜂谷はぶっ切ら  皮をむしられ、切ら  動脈を切ら  シャツ、切ら  さんと云ったが、全く云い切ら  華やかさを常にともなって考えられていないと、いい切ら  鎮火りも切ら  拓殖会社が煮え切ら  残酷に切ら  順次に、切ら  髪の毛はみじかく切ら  クビを切ら  位置が変わったばかり、突かれもせず切ら  証拠で、切ら  のだが、お隣りもやり出したので、やむをえず煮え切ら  羽根は切ら  先が切ら  海は煮切ら  火蓋は切ら  ものであらう、なかなかなほり切ら  中へ、漫然と煮え切ら  屍を切ら  解放され切ら  縦に立ち切ら  人が一度やって切ら  生活をこね切ら  近所からわざわざ切ら  点については語り切ら  痴れものと、切るに切ら  ところ木は切ら  何だか不愉快な煮え切ら  腹の中の煮え切ら  恢復し切ら  指が切ら  所入会者引きも切ら  ひとを信じ切ら  頭を喰い切ら  百フィートも昇り切ら  気違いになり切ら  それは、切ら  そこには切ら  小刀で切ら  癒り切ら  わらを切ら  通力がなくなってしまって、切ら  手足はそのまま動けなくなりましたが、切ら  心持ちは、まだ抜け切ら  誰ぞに切ら  人を切ら  一人に、切ら  大袈裟に切ら  人間といい切ら  不幸なるは無し、切ら  十分活かし切ら  シビレを切ら  神になり切ら  新らしく切ら  爪を切ら  針金を切ら  のを咬み切ら  残念がりもせず、やがて、切ら  念と、煮え切ら  夢からは醒め切ら  ものを持ち出して来て、まだ死に切ら  幾すじも切ら  お前を殺し切ら  充実を得切ら  三四本ほど、熟し切ら  下へ降り切ら  助に切ら  富は煮え切ら  善男善女ひきも切ら  急流ひきも切ら  金袋を抱いてゐれば、突かうが、切ら  咽喉をかき切ら  一文字に掻き切ら  水の引き切ら  注射し切ら  お父さんがまた煮え切ら  変慎ちゃんは煮え切ら  朝は明け切ら  から乾き切ら  六人とも切ら  鼻も切ら  臀部も切ら  正直になり切ら  クロロホルムのさめ切ら  罐詰を切ら  電気を切ら  無電は、いったん切ら  



前後の言葉をピックアップ
キヨルネル  キヨロツキ  気弱  きよ子  綺羅  きら  切らせ  斬ら  伐ら  帰来


動詞をランダムでピックアップ
増さりまけることほぐ知れ渡っつけこも踏みしめよ飛び越そ慰もうせんひっこめ踏み切らうちしずめくだろ嫌い殉ず押しやり装う召し出さ突当煮詰める
形容詞をランダムでピックアップ
ひさしおそくっ荒けれまるっこく疑いぶかい芳ばしき磯臭い小うるさバタくさかっあぢきなきのどけくものぐるおしい手がたいねがわし切な腥いふるう羨ましかっ古けれ