「切」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 切[動詞]
間隔を、思ひ切  キツカケに思ひ切  ものは、さすがに思ひ切  全身に漲らせて、甘え切  人間だと信じ切  さうもなくても、まだすつかり諦め切  気持をうち切  時から、思ひ切  つてむしり切  から泣かして下さいな、思ひ切  買つて、思ひ切  笑はないとおつしやれば、思ひ切  大変だから、思ひ切  言ひ切  食ひ切  やうに疲れ切  綺麗に忘れてゐて、思ひ切  馬鹿にし切  少女は思ひ切  時思ひ切  もう一歩思ひ切  すつかり疲れ切  手紙をあきらめ切  月の澄み切  指差し、熱し切  なかで弱り切  さうに、かわき切  心は沈み切  前へ通る、すり切  自分の荒み切  幻滅し切  喉が乾き切  落寞に白け切  生活に諦め切  なかで咲き切  少女が思ひ切  舌を噛み切  私は到頭思ひ切  道貞殿を思ひ切  当座それを押し切  仕打ちも随分と思ひ切  裕佐は遮切  傍から立ち上つて遮切  今日こそ思ひ切  疲労し切  事を思ひ切  二人ともすつかりおびえ切  うぶをたたき切  現実的過誤に慣れ切  身を入れ切  気分になり切  若者が思ひ切  周子が、疲れ切  英吉利で見ると、思ひ切  人がゐてくれたら、きつと、思ひ切  心身共に疲れ切  私は、思ひ切  そ思ひ切  つて思ひ切  シガアを噛み切  足でふみ切  梯子をふみ切  ために、思ひ切  ところがあつて、ことによると、思ひ切  それ以上溶け切  東京に憧れ切  貴族主義者が思ひ切  歎を招くは、わかり切  内は、到底思ひ切  区画割も思ひ切  つて冷え切  やうに、思ひ切  土臺石から凍り切  孝子は、思ひ切  意図は解り切  君、思ひ切  てゐて、もう集まり切  光が薄れ切  俺になづき切  高燈籠なり切  膸までも疲れ切  竹下が思ひ切  梅雨晴れの晴れ切  仏教は、かなり思ひ切  私達の疲れ切  疾患から冴え切  人のなきこそよけれ、思ひ切  御酒を思ひ切  沙汰ではないか、思ひ切  ことは判り切  上から掻き切  頸動脈を掻き切  行つた珈琲のすつかり冷え切  ことか解りはしないから思ひ切  吟味してゐたが、思ひ切  余韻を曳かせて、やがてまた思ひ切  私も困り切  のは分り切  云ひ切  ことは堪え切  醉拂ひ切  条を射切  当時としては、思ひ切  それを押し切  草仮名といつて草書を思ひ切  唐獅子といつた風な、思ひ切  従し切  やうな、死に切  死ぬ前夜には細り切  くたくたに疲れ切  もんに溺れ切  間忘れ切  どこか熟し切  晩、疲れ切  皆脱ぎ切  反対を押し切  是は決まり切  体言である性質上分り切  個人間では、斯くの如き知れ切  それでなくても疲れ切  為めにこんなに冴え切  彼が、思ひ切  断定し切  葉も延び切  すつかり泣き切  人を頼り切  倦れ切  心まで冷め切  上から、思ひ切  そわたしは思ひ切  土間へ立つて、思ひ切  胸に思ひ切  後れ毛を噛み切  彷徨つて、弱り切  彼の熱し切  把手を廻し切  羈絆を絶ち切  絶望し切  僕は疲れ切  誰にも見えないと信じ切  なつて、弱り切  行つて、弱り切  家につめ切  政府が思ひ切  昔から知れ切  分散し切  破産し切  襖が立て切  そ俺は、思ひ切  定期で借り切  彼が殺気だつても、慣れ切  虚勢を信じ切  なつたら思ひ切  彼は、思ひ切  六月五日に思ひ切  のを押し切  國民は疲れ切  如く疲れ切  渇き切つて、疲れ切  のは、随分思ひ切  一同疲れ切  つて解り切  三島知事の思ひ切  部屋を思ひ切  私は全く弱り切  蒸発し切  処女身を裂いても宜い、むしろ裂いて呉れと委せ切  誰かに思ひ切  河へ墜ちて死んだと信じ切  但馬守の沈み切  関西の思ひ切  今日思ひ切  やうやくいひ、思ひ切  らつたが、思ひ切  女になり切  生活には馴れ切  彼も解り切  あれだけ思ひ切  凡慮には及ばない、思ひ切  戸を立て切  枕にして、まるで疲れ切  弟子は思ひ切  私も思ひ切  成長し切  滿足し切  態度が如何にも知れ切  云つて草臥れ切  行つて、いかにも思ひ切  ぱり言ひ切  彼女自身が思ひ切  生徒が信じ切  実家へは帰れず、思ひ切  彼女のものになり切  比喩を、思ひ切  吸ひ切  腕を出して、思ひ切  中から兩腕を出して、思ひ切  斷ち切  夕暮に、たうとう思ひ切  辛抱するでもあるまいと、思ひ切  いふ生活に疲れ切  鸚鵡を思ひ切  紫玉が最早、と思ひ切  やつと思ひ切  誰にでも判り切  真中を押し切  合もなく解り切  言つてゐたが、思ひ切  くそつ、思ひ切  らつた後、思ひ切  ため衰弱し切  隨分思ひ切  彼女は思ひ切  彼は疲れ切  思ひ出され疲れ切  それから疲れ切  さうもないので、思ひ切  自分は思ひ切  少女を思ひ切  輕蔑され切  完全に信じ切  混亂し切  成熟し切  言つて、憎み切  ことを信じ切  具合で、イライラと、あわて切  事に馴れ切  はじめからわかり切  事を、思ひ切  小布施は疲れ切  クビをかき切  互ひにまだ思ひ切  丸善へ行き、思ひ切  秀子にほとんど頼り切  つたは知れ切  のだと信じ切  カムパネルラが、思ひ切  あとはもう、わかり切  源太郎は沈み切  裝飾はもつと思ひ切  おかげと、思ひ切  事、思ひ切  なつたので、たうとう思ひ切  機に思ひ切  興奮し切  はいず、また捨て切  自分をころし切  響を冴え切  妾なんか馴れ切  をちこちす思ひ切  それを思ひ切  それも思ひ切  乳頸を噛み切  耳を噛み切  仕方が無いから思ひ切  義直は思ひ切  坂を降り切  それから、思ひ切  顏を思ひ切  刺戟せられ、思ひ切  勞れ切  予定で、さびれ切  のも分り切  人物なりに成り切  所まで、書き切  足も亦疲れ切  肉が落ちてとがり切  水がめにつけたひしやくをかはき切  ばはやり切  私達は疲れ切  一切がだらけ切  皆、わかり切  ブツリ噛み切  感服し切  彼女にその冷え切  一つ時躊躇するが、思ひ切  差別もなく、きまり切  人相見でも無くて思ひ切  題材で、思ひ切  単純に思ひ切  真夏も過ぎて、さびれ切  ギリギリに疲れ切  俺はさう思ひ切  絶対に無いと思ひ切  身体に、思ひ切  事を、疲れ切  憔悴し切  飽まで溺れ切  彼女が思ひ切  ために思ひ切  微笑をきざみつけながら、思ひ切  ラグナの澄み切  只今限り刀にかけて思ひ切  てゐましたが、思ひ切  際、思ひ切  太政官は信じ切  卒業するといふ、見こみがないので、思ひ切  心になり切  伝統を信じ切  結局は思ひ切  妻を信じ切  事は分り切  周一は思ひ切  雨宿りしたりしてゐたが、思ひ切  すつかり寂れ切  中にいかに生き切  贋と解り切  氷をやぶらんとして、いたみ切  願ひながら、思ひ切  落葉松は晴れ切  戀なるを、思ひ切  つて仕舞へ、思ひ切  侍従は思ひ切  葉の落ち切  左う信じ切  其母に向いて思ひ切  自分が思ひ切  ものであるかは分り切  かけに思ひ切  襲はれながら、まだ調べ切  つて、疲れ切  頂上に登り切  退屈し切  三度目には思ひ切  私は慌て切  疲憊し切  十時頃、思ひ切  首垂れ切  為に知れ切  乾燥し切  末、思ひ切  標本になり切  事はあるまい、思ひ切  全部買ひ切  一時沈み切  鼠の怯え切  魂をさげすみ切  旗と乾き切  舟もないし、困り切  ものであるが、思ひ切  兎に角思ひ切  訊問に疲れ切  冬を押し切  のでなかつたのに、と気が付いたが又思ひ切  私は思ひ切  思つたが、思ひ切  後、漸く思ひ切  しき者と思ひ切  私たちはすつかり疲れ切  何處までも信じ切  十二日間完全に売切  昼も売切  つて硬化し切  てゐたが、思ひ切  石が沈み切  自分のものになり切  まま、何もかも任せ切  申し子だと信じ切  和尚さんは澄まし切  逸子も困り切  事は解り切  気持よく乾き切  事だつたのでとても思ひ切  辛らさを感じるので思ひ切  始めから分り切  身体に感ぜられるので、少し気味が悪いが思ひ切  高間房一を見、その思ひ切  正文は思ひ切  信頼し切  さのすつかりとれ切  皆が疲れ切  上、古び切  今度は思ひ切  一とつ思ひ切  生活は、どうしても思ひ切  彼も思ひ切  それで思ひ切  ものういほどに疲れ切  それを知りつくし慣れ切  なかは熱し切  尻尾を咬み切  四室を借り切  四年越しに借り切  温泉であるから、思ひ切  閉口し切  次第、思ひ切  石段を登り切  透明に煮え切  砂山を登り切  顏へ思ひ切  ことで、思ひ切  幸は思ひ切  砂丘を登り切  のがたて切  老成し切  折惡しくすつかり冷え切  友はまた驚き切  あなたを待ち切  前に立ち、疲れ切  それ故に、思ひ切  今度こそは思ひ切  のはわかり切  やうな任せ切  そこで思ひ切  わたくしは思ひ切  急坂を登り切  きれいにすみ切  ぶん思ひ切  不完全は解り切  爲になり切  人が降り切  あとで、荒み切  ぢいさんは、慣れ切  皆様が、思ひ切  活動を見るまでに至らぬは、知れ切  土は乾き切  間柄だけに思ひ切  兼次が思ひ切  上り框の冷え切  公然朝から晩までつめ切  拭はれ切  二人は思ひ切  躊躇してゐたが、思ひ切  それを突き切  急に思ひ切  時彼は、思はず口ごもつたが、思ひ切  から彼は、思ひ切  すつかり沸き切  うちから老いが蝕んでゐて、思ひ切  指揮とに疲れ切  日夜病床に附き切  棍と成り切  家内も湿り切  麻痺し切  二人十分に踊り切  ぷりと喰ひ切  後、思ひ切  缺乏に脅かされ切  臺所仕事ですつかり窶れ切  小池は疲れ切  ことが、知れ切  鋸で引き切  截然とたち切  謂はずとも知れ切  利用し、思ひ切  手拭に受け絞り切  腹掻き切  手ぶし切  ふつとぞ射切  事でございますが、思ひ切  しんから恐縮し切  祖母さまになり切  劉さん思ひ切  ことも思ひ切  こちらに、熟れ切  客體の澄み切  顯はとなり切  初めから解り切  此世を思ひ切  事も合せて思ひ切  十時を打つたので、思ひ切  ことはわかり切  やうに、ながく延び切  やうに白く乾き切  緊張し切  これは、思ひ切  狼狽し切  満悦し切  亢奮し切  顔に疲れ切  食事が冷え切  絶対に落ちつき切  気まぐれな、だらけ切  所は、思ひ切  智惠子は思ひ切  智恵子は思ひ切  其は知れ切  其れを押し切  間違ひ切  つた漸つと昇り切  やつと登り切  彼にもわかり切  づぶ濡れに冷え切  咽喉は痛いほど乾き切  音は、尖り切  云ひ来れば、甚だ分り切  実情を思ひ合せられれば、分り切  みごとに生き切  いつ降り出すかもわからず、思ひ切  私を信じ切  夢をさまし切  ことは解り切  彼は思ひ切  社會生活に慣れ切  初から知れ切  妾にね、随分思ひ切  過去は死に切  眞赤に熟れ切  輕蔑し切  萎縮し切  これは分り切  船が思ひ切  昔から暗記して知り切  こと思ひ切  舌かみ切  それは分り切  回顧に耽りながら、沈み切  のだけれど、一層思ひ切  迫つて思ひ切  糜爛し切  全部言ひ切  こともあるが思ひ切  燃えてゐたので思ひ切  雪が落ち切  爪さきで軽く弾いたら、冴え切  モヂリアニ程生かし切  自然を描き切  しかしさればといつてこの思ひ切  理解を割切  型の思ひ切  事が分り切  から、思ひ切  のは解り切  坂を登り切  つて房はもう延び切  來て、乾き切  二粒三粒ほてり切  お父さん、思ひ切  事を信じ切  四十だ、わかり切  さうに言ひ切  ば四十だ、わかり切  絲切齒で噛み切  氏が思ひ切  時、思ひ切  松明を、思ひ切  うちから下し切  顔付で、解り切  村瀬は思ひ切  頸なぞも思ひ切  歸ると、全く疲れ切  癖時々思ひ切  抱へて、おもひ切  一度先生が、おもひ切  所が思ひ切  横丁で思ひ切  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
切な心といふものも思ひ当らぬ  切つたこの子の父に酷く似てゐる  切の端でもチャンと畳紙へいれて置く  切殺されていたから  切殺されましたよ  切落して仕舞いました  切掛るのを見て  切殺して二つの首を下げて  切帰らぬという騒も起りかね  切なるを覚えたり  切な情を与えた  切なる希ひからの  切なかつた恋心が塩つぱい涙となつて風に吹かれる  切に企望する  切つて行かれ  切であったから法然は対面して  切つたかまぼこを登美子は自分の唇へもつて  切つた役者のやうに光つて居た  切な吠え  切なる沢田君の手紙をも封を切らずに  切なる念願をいだいてゐた  切つた檀紙に沢野忠庵と認めた  切に墨で画いてある  切たる後に物をつめて  切を音たてて居る  切つたりした  切の舞台に閻魔さまでも躍らして  切つた時に出る  切を受皿へどけていた  切つて行く  切嵌めに埋めて  切なすすめを拒んで  切尖を深く突き  切をつけて  切つてあげるよ  切歯することがあろうだの  切なる念願のトリコとなっていたからである  切つてしまふ  切なる希いとに充たされていた  切なるものがある  切もかからぬ  切をかぶれば  切て見せるが  切なる勧告もありますので  切の花活を持って  切つた影法師がばら播きですね  切つたものを曳いて来て  切抜いて形ばかりの明り取りをつけ  切つて落された  切歯しない者がありましょう  切はなされて居る  切つた硝子板におもひ  切つたやうに見える  切つてくれた  切殺されて助かった  切なることばを傍らで聞いていた  切なる振に鳴くも  切なりければ  切尖が背中へ貫き出ていた  切尖を擬した  切つたやうなところがあり  切なるを感ずる  切尖がすこし戦いだ  切尖を違えた  切尖がふれた  切がつくと  切なる喰料を饗せられ  切尖を膃肭獣の頸のあたりに突き刺した  切なる戀はいづれぞや  切落したところがかいてある  切つた茶の室に通されました  切なげに子供を負って  切で女房が縫って  切を以てお仕立になり  切を私方で得て拵えた  切なる衝動を指す  切なるがため  切ならずして  切だと思います  切が附着して出る  切に文字を縫うて  切が保存せられ  切倒され  切殺せば誰も知る  切みて落合まで行く  切殺して逃げたので  切殺されて  切尖が山之助の肩先に当ると  切なる願いを洩らした  切に求めて居る  切となって来た  切つてしまひました  切上った眦に筋を集めて  切抜いた紙型を用意し  切つたものも現れた  切て置きたいと思ひましたが  切抜いて帳面へ貼って  切つた張つた何十年あきもせず  切な恋がある  切な希望をしりぞけかねて  切残してある  切尖に何の正義か宿れるや  切を待っていた  切の気韻があった  切の気韻がある  切つてしまはうぜ  切従えた時吟じた  切殺して口を滅して  切を掛けて  切が懸っていた  切を流した  切のつかなくなって来た  切てまわりながら  切抜いて持っていた  切なげに返事をした  切つて来ると  切尖へ饅頭を貫いて  切なる欲求を示した  切割ってしまわれる  切彫というのでな  切彫にしく  切な情をこめて  切な情にほだされて  切を持ち出して来て  切放れも出来ず  切なる様は目に余ったと見え  切なるものがあったからだが  切て用ふるなり  切つて来ては  切ならしめつつある  切な心持ちを書き送ったくらいだから  切な人間の羞恥心と道徳的情操とを麻痺させる  切つたりして  切落して戦ったが  切なる勧誘を受けて  切なる寂しさを抱かぬ  切なる戀に弱い女心が次第にそれとなしに  切な男の戀心を女の身として誰が受げ容れずにゐられようか  切つた俳優が科白の間にやる  切つたり削つたりしてゐた  切つてやるのよ  切を付けて  切なる想ひだけで  切の牛は片づけた  切つた時の事を思ひ出した  切つてある  切が付いていた  切な情が満ち溢れてこそ  切つたやうにワーツと泣き出す  切な望みは起るまいし  切つた杖を持つて  切つて落されるばかりに  切つたから堪らない  切と故郷を戀しが  切出いて  切尖の欠けた  切円している  切つたために發したので  切たには違い無い左すれば  切たかと思えば  切つて来て活けた  切なる希望をつないだ  切なる希望を達せしめる  切を出して  切に欲する  切つた手紙は僕の甥から来た  切つて飛んできて  切に云っている  切尖はガッシと葛籠の一端に当る  切で縮れている  切売りする  切愛していた  切なる望みとも聞える  切抜いたように満月が冴えていた  切つたものの房一は頭の中でとま  切つたまじめさが消え失せ  切つた責任者だといふ自覚があるらしく  切つた年代の相違などといふものもすでに時間の底に遠く失はれてゐるので  切なる叫びが幾分でも妻子の心にとどくならば  切なるものがあります  切落して罪とがもねえ民百姓を川へ追落して置きながら  切落された  切つとけつていふ  切つたばかりらしい一通の封書が置いてある  切つた手紙がおいて  切にたったら  切なる御言葉にお委せいたし  切なのを利用して  切なる嘆願書を受取って  切て切れざる  切なる同情と協力とに頼りて  切て切れられざる  切になつかし神無月岩手の山の初雪の眉にせまりし  切尖が最後の心臓に擬せられたからとて  切尖が向いてみたり  切つた方が敗けである  切なる際であったからして  切替るというはなれ  切なる願いを容れられ  切尖まで縦に刃の模様がついている  切つている  切つているとするならば  切つていたが  切つています  切つたりしている  切つたやうな形になつたかなり長い岩の中を舟は急流と共に走る  切つたるが森の中にすてありける  切売りしたりする  切倒そうかと考えたり  切売りしたり  切なかつたさうで  切つて来て  切つた水量を撒き散らす  切なる懇願もあらばこそ  切なる願いがある  切なるものにし得るかを考えなければならぬ  切つて参りませう  切つて参りませうか  切にして  切やらに出かけて行った  切の中でこごえて死んでいたという  切がある  切つた物を投げ  切の澤山落ちて居る  切を咽へ刺して  切殺そうという申合までをした  切殺されるは知れて居れど  切売りした  切にして与  切つた實がぼろぼろとこぼれ落ちる  切ながる  切つたチーズの一切れを火にくべた  切尖を地へ突っ込む  切を掛けたなりで  切に塩をつけて  切なる御誓願にほかならない  切なるお望みをかけ  切を箸で折り曲げて  切刻まれ  切抜いた白紙を張られて  切つてしまはうと待つてゐました  切歯するのを無理に伴い帰った  切破詰った  切なる心を到底察してくれない  切は越せません  切殺候とも打殺  切のパンをバターでいためて  切抜いて正味の重量をかけて買います  切て今の白ソースへ入れて  切て仏の袖に縋ろうと思ったでしょう  切なる煙りが  切な気に見ゆると  切て布巾で堅く絞る  切をうつむけた  切にて腹ふくれぬ  切なるを現す  切なる情は現れ  切に求めている  切なるものがあると云わねばならぬ  切なる勧め辞し  切倒していた  切なる希望を申し出でたからであります  切も落っこってたなあ  切ながらした  切創その他に特効があるという  切歯せざるを得なかった  切尖が降って来  切尖を立掛けてあったろうではありませんか  切にくるんだ  切に願ふ  切つた顔貌をして  切なる情を表わす  切なる御願いというので  切の謡を習っている  切の或る一個所をかれこれ二三十遍も遣直させられたと思うと  切つてみる  切断ってしまいますよ  切立てたように聳った  切ては此の室の中で窓の隙から日の光の差す  切なる諫めを聞けば  切つてきたさうで  切つた紙片を一枚づゝ観客に渡し  切なる勸告でヤツと出掛ける  切なる私のお願いをおきき下さいませ  切を深く掛けた  切なる忠告を聴け  切落した娘の黒髪とを形見に残して  切で目を軽く押えながら  切などを並べた  切の端に銀流を塗して  切を摺着けながら  切で胴中を結えた  切上った鋭い目にはッたと敵を睨んだが  切で疵を巻いて  切倒したと覚しき  切嵌めた影絵のように見せて居る  切つたと仰  切つ放しで  切つてしまふと  切つ返しが瞬く  切つ返したので  切つ返したり疲れた  切のこぼれて居る  切のこぼれている  切落と両側桟敷のはづれに小さく舞台の演技を見せたる  切なげな  切が解けて浮いて  切に求めてゐた  切もちたつた  切の長い一重目の瞼の間から烏目がのぞき出し  切尖をはずさせる  切なる戀に醉ひしれて  切歯しなければならなくなりました  切をかけたり  切つた草鞋を穿きかへる  切のはみ出した  切なればなり  切にお望みになる  切を縫ひ附けて  切な願いを言い続けた  切で呉れろという  切て行く  切を被って  切で絎けて下さる  切で縫った  切抜いて貼附けた  切で三ツの袋を拵らへに取り掛り  切つたさうやの  切つた頬の創痕を悲しんだりして居たが  切なものであるいは非常という形容詞を冠らしてもしかるべき  切な根本義を教へる  切つたやうに思はれました  切な点に目を着けず  切の作り物と思わぬが  切き抜け  切な願いを覚えさせる  切なげにバサバサと重い葉なぞを揺さぶ  切抜いて保存しておいた  切な情というものを太十は盲女に知った  切なげにミカエラの小声がいふ  切に包んだ  切尖を振り廻したので  切刻んで切り  切どおしの坂があった  切どおしをのぼり切ると  切どおしの崖上に白梅園というところがあったり  切どおしの崖の上に一軒の家があって  切なるを感じた  切なげに展開する  切つてしまふぞ  切つていただき  切つて下さる  切つてくださいました  切つたりするのに  切つてそれをまたたてに割つた  切であるという  切つてそれを見ながら  切をく  切つたつて  切とこの猪口を面白がると  切て見て  切なる心を察して  切を捌いて  切な願が起った  切つたちび筆で描いた  切抜くのをチットモお気付きになりませんでした  切なる希望を容れて  切放れよく向を変えて  切のうござんしょう  切をくわえて  切放れよく向を変へて右の坂をすた  切をくわへて  切つたかと思ふと  切なる乞いではあったが  切なるまごころのほどは分ったとしても  切なるものは能く  切なげにいいし  切なる声に怒を帯びたる  切の吉野川を語る  切の先から煙の出てる  切が三つばかり乗っているまでの  切つてしまふか  切つておいてもらつた  切つてくれるぞ  切つた鐵葉の片に紐を着けまして  切を頂いて  切つて落さうか  切殺された  切に彼の死骸を思う  切を掛し  切つてくれ  切つたりする  切に限る  切なる願訴との三つになって現われる  切ながってくれるだろう  切つた跡を見ると  切つち  切が能うがすかんね  切であったことを示す  切つた絆創膏をてんてんと貼り散らしても  切つたやうに見せかけてあります  切な鮪を取っておか  切まわしているので  切なる感情をみよ  切つてやりた  切つたりなどしない  切つてる  切ながって  切抜いたように照し出した  切つたビールのビンを持つてゐた  切抜きました小女っ  切尖がじりじりと胸にせまる  切を掛けた  切が今度は火を吹いて  切なる希いをき  切なる思いをき  切なる願ひによりてかれ  切放たれ  切なる同情を有したりしなり  切を其引纏ふ  切放たれし  切に求むる  切なる時はまのあたりこれを見るにあらざればし  切なるをいふ  切なるを告ぐれば  切なる願ひ  切かえを大変いい工合になだらかに切替える  切なる關心の事柄となるであらう  切つた大刀の名はオホバカリといい  切なる情を言葉にこめつ  切なるに從ひいよ  切に注がる  切に望む  切なる憧れの  切つ端を残された  切つ端の上に倒れかかる  切つた障子に秋の陽が明るくあたつてゐる  切つてそれで十萬圓掛つて居る  切て読み下すと  切を持ちて  切のよい眼を眩しさうにした  切なる上に於ては天數にも過ぎて居るが  切つて飛んで出でた  切に願う  切なる招きがきまって繰返されていたのに  切なる願いを果してやりたくて  切なる要求を斥け  切なものがある  切な歌を多く遺した  切を上へ積んだ  切つたか頬にさわりながら  切つて頻りに泳いでゐた  切て頂くは  切をはりつけた  切解きと申しておりました  

~ 切[名詞]1
救ひを求めた切  玉琴が切  縁を切  家来思いの切  ように切  盗賊に切  ドッサリと切  後ろから切  二人とも切  親類へ行った切  情に切  恋愛の切  ものよの切  風を切  声を聞くと切  辻ヶ谷君の切  定り切  手は切  こればかりは切  火蓋を切  人民の切に  言葉を切  皮も切  タンカを切  電話を切  願いが切  口を切  念さへ切  得を切  これほどに切  つて来ようといふ切  心を切  時は切  おこなひて切と  洋傘の切を  糺問ぞ切  其他物を切  かとうだいを切  レモンの切を  彼女の切  空氣を切  空気を切  柱の切  鴻山の切  父は切  短刀の切  情の切  パラオ病院に見切を  こと身を患うるがごとく切  中に潜められていた切  相手の切  封が切  スタートを切  開業したいという切  涙を滾し切  撫子を求める切  糸も切も  ものなら切て  読者諸君からの切  竹のずんど切の  さは切  松の木を切  玄徳の切  私には切  桂木は切  粗壁を切  罪人を切  幕は切  何か切  さに切  二ツに切  切符を切  それを切  ナイフで切  話を切  一刀に切  関羽の切  封を切  山雀いといと切  尼の願いいと切  咽喉首に切  町をひたす切  感情の切  指を切  眞四角に切  厚意の切  爪を切  一生の切  鬱金の切の  耳朶を切  此方が見切を  爐を切  稀なる切  裏の切も  此の切を以て  相手に切  念に切  自身に切  心が切  よう祈るや切  ように祈るや切  フト言葉を切  響きは切  それを包んだ切が  從來の切の  茶人に依りて切が  實現を求むる切  提灯を切  溝へ切  此処で切  今日は切  途中で切  災難で切  一足踏込んで切  妾は切  テープを切  別別に切  缶を切  羅城門で切  死体を切  脚を切  腕を切  先鼻緒を切  糸を切  十字を切  文字を切  禿に切  一ツ形見に切て  のが切  不意に切  ために切  浅葱の切  今川に見切を  看板に切  云つて電話を切  母親の切  のを切  暗殺者の切  力に任せて切  刺身の切を  道に進んで行かうとする切  腹を切  国を切  あたりが切  其場で切  ような切を  真白な切が  友染の切を  黒道人に切  立腹を切  手で切  島は遣切の  ボール紙を切  風を切て  棒つ切の  句を切  女は切  錠前を切  オカッパに切  耳を切  刀の切  こいつをおさえるにゃ呷切  二つに切  これほど切  ような切  つて電話を切  医師の切  願ひ切  心は切  小炉が切  見得を切  茎を切  必要を切  あれほど切  れん事を望むや切  兵四人までを切  封は切  実行委員から切  暫らく語を切  姿であらうとも切  男心の切  木を切  ちよん切  真正面から切  ここいらで見切を  世界を覗く切  セルギウスは尖を切  世相を切  實用に切  絹の切  衰へ切  いい加減に見切を  半分に切  堰を切  友達を求める切  ことが切  手頃に切  爐が切  炉が切  ギザギザに切  合はせて切  麦藁に巻いた切  一人口火を切  皹の切  何か切に  山々から切  芸術家と切  刃物で切  刀で切  托け切  蘆を切  私の切  晒しの切を  各人の切に  毛は散切  操を切  枝を切  口火を切  とくに切  協力をもとめる切  圍爐裡の切  空を切  正面を切  突つ切  梁を切  橋を切  のは切  づ口を切  薪を切  いま封を切  牧師殿の切  念の切  二度までも切  伊藤侯と切て  国家を憂ふるに切  人か切に  誠実さの切  ナイフの切  見えを切  國家を憂ふるに切  社会的要求の切  円制度に切  私どもの切  鍔元から切  下から切  シラを切  窓が切  シャッタアを切  ハムを切  縦半分に切  さ一尺あまり節をこめて切  境内を荒したり切  屋敷内を切  層で切  公孫樹を切  学説を切  錦木を切  クビを切  祈りも切  わが身が切  ヒロシの切  雨乞いその他の切  特別の切  薔薇を切  花壇のをも切  あすこは掘切  田ン中の掘切  川やら掘切やらに  今日掘切の  ところどころに掘切が  花を切  承知せねば切  反対に切  葱大根などを切  斎田某に切  夜店で切  爆け切  寒子には切  ものを切  ぱり手を切  先端を切  矢間を切  紫の切を  紫の切も  ようにとの切  上で切  元成殿の切  アタクシの切  云はねばならない切  候はば切  つて封を切  脱け切  胃を切  水気を切て  小児は切て  心の切  様子の切  結綿の切を  心のみが切  雪が賣切にて  調となりて切  辭儀をした切  私たちの切に  実隆の切  鋸で切  自らを慰めようとする切  竹っ切も  情を切ながら  湯は切  繩を切  息を切  そこが切  友人達の切  引そいだ切  金襴の切に  青年の切に  ことにばかり切  執着の切  一度の切  一寸句を切  新聞紙の切  高圧電源線を切  何所で切  紙を切  断崖を切  自らスタートを切  なんだは切ても  そちの切  啖呵を切  一部を切と  一部を切  家族の切  鬱金の切を  旧友の切  掌を切  気ばかりもんで切  紅絹の切  絹の切などを  婦人は切の  銀流の切を  眦の切  私にとっては切  営業所長の切  道を切  手を切  端の切  端を切  分まで切  薙刀の切  脛を切  雑沓せる切  緋鹿子の切が  自分の切に  砲火を切  提灯を見て切  木の切が  紐の切を  吭を切  つて松魚を切  上手に切  時にも切  最後の切は  最後の切だけについて  銀杏がえしに切を  峠で切  匂宮の切に  白羽二重の切を  縁を切で  切符を切て  物を切  甲斐絹の切  帰思最も切  ことを欲するや切  股とかを切  感慨の切  腫物を切  んと切  笛を切  所を切  国内的国際的行き詰りの切  豊富さに達したいという切  ものは切  切るるか切  容易に切  小説は見切を  雑誌を切  ことの切  女の切  さが切  やうで切  槍の切  沖で切  賽の目に切  急な切  旅情あらたに切  ぶつた切  後から切  爪切鋏で切  肉を切  幹部との切  愛情が切  ビスケツトの切を  封を切て  紅の切を  縄っ切や  もろともに生きたいと云う切  シャッターを切  線はもつとぶつ切  先を切  字型に切  従事したいとの切  恋を遂げたいとの切  娘の切  骨が折れて切  沢庵の切を  どこを切  路を切  チェリーの切  次郎吉の切  恋情の切  鋏で切  掛合ひで三の切の  久良は切  沢庵二た切と  ワーナー博士からの切  棒っ切の  肉の切が  髪の毛も切  四角に切  挿絵を切  小刀で切  綱を切  影を切  こん度は切  是も古びたる切を  そつちから切  水を切  そこでは焼いたり切  訓誡と切  頼母は切  メロンの切  自分を想い出して切  閉りを切  後からぶつ切  剃刀で切  國者は思ひ切が  観念に切  形に切  羊羹を切  事を切  ひとつの切  大見得を切  三つに切  五つに切  竹ならし切の  ぢけ切  ひとりで切  姿を切  紅絹の切を  杖さえも切  寵衰えると切  処を切  父から切  林檎の切が  大根を切  乍ら封印を切  元治元年八月二十三日筑波に見切を  手綱を切  喉吭より切  根元から切  腰を結びたる切の  巨人等の切  汝の切に  劒に切  の願ひの切  一変化する切か  気持が切  鼻緒を切  形象を切  體の切  目の切に  吾輩の切  あたり四五寸ばかりの切  かも瓜の萎びた切  閉て切  柳を切  加餐を念ずるや切  これをきいて切  櫛形に切  木の切を  照すと切の  サツと切  人に切  分を切  足を切  日を待つや切  母の切  念さえ切  気持ちが切  譲治の切  吾等市民代表者の切  浄土往生のねがいの切  拍子に切りかぶで切  抜手を切  口を切て  吉原の切  通りの切  普通一般に切  

~ 切[名詞]2
短く切  最も切  黒い切  厚く切  大きく切  どしどし切  赤い切  白い切  小さく切  まるで切  実に切  すこし切  ぶつぶつ切  鋭い切  其の切  太切  その切  ますます切  こんな切  凄切  いと切  この切  どうせ切  しかく切  切に切  いつも切  極めて切  熱切  亦切  いっそう切  殆ど切  円く切  かほど切  細かく切  細切  薄く切  大きい切  大きな切  はなはだ切  ひたすら切  まことに切  なんで切  細長く切  まだ切  真黒く切  サッと切  紅い切  同じ切  かえって切  存外切  丸切  もはや切  いよいよ切  黄色い切  転た切  厚切  面白く切  哀しく切  あっさり切  もつとも切  もっとも切  わが切  いかに切  強き切  甚だ切  なく切  こ切  小さい切  

複合名詞
切つて  切つた  其ツ切  切さ  二切  板切  切様  切つた虎屋  切め  根切病  切盛  手切  木切  二切竹  口切  切脱  信切  切歯  十切位  皮切  切ツ  切斑  切つて小皿  目切  極り切つて  切歯腕  切味  紋切型  手切金  切長  友切丸  三畳切  切實  風切つて南  切ぬき  切斷  切はし  寄切  切拔  盛切  と金切聲  切餠  切角  コノ道ハ忽チオレタチノ胸ニマデ切リ墜チテ来ルノダサカシマノ防風林  切リ口ニ  切リ株  尻切とんぼ  堰水利土切会  砂袋切つて  すり切草履  裏切者  竹切  切つて拵  葭切  切二市女笠一  切云云  切二市女笠并襪等二云云  而俄切  紋切形  二切皿  大理石切場  棒切  切つて占ひご  切見世  切ッ  切崖  雲切  切銘  切ぱ  みな切  虎切剣  蕎麦切  ぷつつりと切  切絵図  切字  寒川鰺切  先づ切角  髪切  切ッ先  切燈台  裏切つて蒼ざめた顔  二つ切  輪切  切つて味  云つた切  半紙四ツ切  切つて銀座通り  切舞台  葦切はけ  切つて了ふか  切つて貰つた大事  切つて日  切つた石  切創  切爐  切炉  狂言幕明幕切  事幕明幕切  切ッ立て  一人切  縁切  切飴  イ切  切もの  息切  透切だらけ  切痕  切つたの  切つてハンス  切つて鞭  切つて口  飛切上等  切つて切つて切り  寄切つて  切出小刀  裏切野郎  尻切  切こまざいた血の池  胴切  一角切  切つて造つた花  切籠燈籠  切籠  切つて雲  心切  切角鳥屋  切一ツづゝ  プツツリ切つて  布切  こと切  切つて往生  密切  其膝切  四切  切天神  切売り  首切役人  途切つて  舌切雀チイチク  切仆  切明け  正面切つて真面目  五分切  切立て  極り切  猪目透二字切  切利支丹  尻切草履  切網  裏切者め  切品  襤褸切  事切  切鮨  つた切  彼ツ切  あれツ切  切角灯籠  裏切行為  是ッ切お前  切つて裏木戸  切つてしま  娘さん切  切合  屹度縁切  縁切状  正面切  ヒラガナヲ捨テ切レヌ人ハ  切穴  願切  しびれ切つて  切つて車  切つて貰  ッ切  鉄切声  二三本切  舌切雀  切布  切つて朝霧  切瑳  切瑳啓  切つて行きち  む事切  切前  切つて拜  切つて其  切つて雄叫び  切つて稚拙  切つてのち  切入り給はん  裏切的  切角青山博士  裏切  裏切発見  裏切露顕  切つて霊前  切灯台  幕切  切幕際  切幕  の二人切  食鹽兩三日來品切  ざめ切  縄切  段切  切つて板  切齒つた窓  歯切  切つて割腹  締め切日  切半  切たて  蕎麦切色  途切つて氣持  塞ぎ切  冒シテ以テ聞ス情切ニ事  伸び切つて  切組  途切途  切つて横  衆議事切了  切了  切つて珠  切つてガーゼ  切つて愚圖  切緊  片腕切  途切  辻切仕立  辻切  寄切細工  肉切庖丁  ぢ切  切しめ  葦切  フリ切ッテ二階ニ上ッテ行ッテ了イマシタ  釣手ガフッツリ切レテ上カラ下リマシタノデ  思イ切ッテ  ダ死ニ切レナカッタト  為切  切堀  矢切  矢切村  指切  切リナサイ  ト切ツタノ  切つて方角  尻切袢纏  切茸  切角暮らし  切角安心  切角今  口切煙草  切つて來  ッ切上等  切凧  今切  切斷部  切つて揃  しん底冷え切  ぢづと切  切つて膳  劉象幾處兵戈阻路岐憶山心切與山違時難何處披懷抱日日日斜空醉歸  馬鹿気切つて  切つて刑事  売切  牛切  牛切小町  切瑞  買つた切山椒  切溜  切方  札切  禿切  ひそみ切つて  針金切  切捨御免  切つた形  札びら切つて  切つて船艙  立切つた三畳  其後心切  切つて客  切角真  切ッ立  切込砂利  切付本五十丁  切付本  切つて幅  切つて額  板為切  つて板為切  切つて登館  切つて発音  切角無理  切頭  たいがい切字  念切  切つて泳ぎ  切つて斜め  切捨  切禿  筒切  悄氣切  円切換  切道具  新撰組切つて  上り切  而其迫切救レ母  一ト切  情理切害  三千六百切  尻切蜻蛉  ぱり切つた石  切刃  三切四切  切山椒  坊舎山房皆切払イ損亡申ス  切人  切つて數萬  切臺  切つて高崎  価切つた末  息引き切  珊瑚切午  金切  切込疵だらけ  振袖娘胴切  熊さん胴切  切柄  コノ真相ヲ調ベ切ル人ハアリマセン  十人紋切型  切りっぱ  スウェーデン切つて  信切顔  一ツ切  切角波江さん  水中焼切器  切短冊  沢庵切  切角遊び  老婆心切  金切聲  据ゑ切つて  切つて矢  切竹  一本切つた  切つて線香入  階級的裏切者  舌切すずめ  滅切  澄し切つて  すがる板切  切掛  切掛杉  爪切鋏  呼吸切  縁切橋  悄氣切つて  氏秀切  尻切半纏  切つて首  髭切膝丸  童子切  切藤五  切藤五ひとり  袖切坂  ナゼ袖切坂  切枝二本  袖切坂下  紋切形通り  危機切逼  ソレ切  刃切出  切棒  浪切不動  三十金手切  切害  万事切盛  情切  切物  切偲  関係密切  随つて切  熱切  予想裏切  切形  切つて皿  袖切坂以来  正面切つて石川  關係密切  隨つて切  つて切つて  切下髪  正面切ッ  切つて妻  尻切蜻蜒  切緒  切つた事  本日売切  切梁  切つて呻吟  紋切形字典  品切  途切つてドタン  切つて立て  蓮切鼻  きまり切つて  鬚切  伸び切  一人割切ッ  切払  切籠形  切折ラレテ後  棒切折ラレテ  料理そば切うどん小川屋  切ラレ与三  切棒駕籠  切棒一挺  二間買切  切組格  六切  切音信  二人切  手切金云々  切つて十字架  切つて次  切ニ勸メ二遊學  フ二切痛ニ一  切つて雨中  切つて手頃  切つて生  切つて前  沢庵二切  切つて先  切つて兼次  切那  切角イサベル  首切台  ツ切  尻切トンボ  小間切  バタ切  それ切  切角手紙  これ切  十日間切燈台  太刀鬼切  尻切無電  切袴  松切坊主  切肉  極上飛切  切上ッ  馬鹿気切ッ  三本切  家尻切  右年切質物  地切  壺切  切利支丹一揆  切利支丹宗  皆切利支丹  こま切同然  絹切  切つてグン  切つて椅子  山道切  三切  幾切  馬鹿気切  切つて買  糸切  殆ど紋切形  一寸切  断念つて切つて了  切つて貰つて  壮士等切的  切図  葛切  縁切の  分り切つて  火花焼切器  黄金二切  切利支丹伴天連  切刃大切先  つまり手切金  切つて姉樣  脅迫押込家尻切  切急  肉切ぼうちょう  前髪ぷツつり切  突ツ切つて  刃物切物  飛切  切瑳琢磨  其間切  切つて一目散  切截面  切つて了つて  切つてボンヤリ  チ切ル重大事件ナリ奈何ナル官憲威力ト雖此ニ反抗スル事  切下  十錢値切つて  十錢値切つたの  十錢値切  飴二切  切齒  切つた論  切つて此方  寄切つて行  切つて駿馬  切角人格的  とつぷり落ち切  切角主婦  透切  屑切  切つてしまつたの  切つて眼前  心切ぶり  差切新道  一時五十分差切  差切新道絵葉書  切角俺  試し切  切ッ屑  悄気切  切諫  肉切包丁  天切  切席  痰切飴  餓ゑ切  古代切入り  古代切  屋尻切  切枝  切つて仕舞  切情  極り切つた顔  切もち一つ  切りつ  獸類一疋位切つて  切つて貰つた骨  程切  切つて貰つてトランク  切歯痛憤  江戸切図  江戸切絵図  盛切酒一杯買  切つて吸穀  激切  切籠持参  切試し  リ切ラレモ出来ヌカラ  切リチラシテ帰ルマイト  コトガ切レタ  ハシヨリ切ッテ仕舞ウツモリデ来タカラ  上段切リヲシテ遊ンダ  首切  市ニハ切者ノモノニ  ソウハ切レ升マイトテ  仕舞イニハ兄ガ借金ガ蔵宿ノモ切レシトイウカラ  マデ切下ゲタカラ  帯ガ切レテ大小懐中物モ残ラズ落シテ逃ゲタガ  切利支丹宗徒  切つて颯々  切つて本町通り  切つた爐  切つて撫附  薬味切  愛着切離  恩愛切  シャッタア切  みんな売切升  こぐち切  糸切糸切虫  糸切虫  切払つて桑畑  切つて自由  切角刻苦  缶切  途切つて海  切つて使  夫婦情切  切つて相当  切歯ヤクワン  ぎどぎしたその切  紋切型文句  紋切型言葉  縁切路地  切つた人  切つて仕舞つて何  切つた筒  上等飛切  それ切どちら  切棄  切角発散  チョン切  こと切也  乾燥ぎ切つた状  ときぐらゐ切  寄切つて丘  した心切  切拔通信  切つけ候  切揚げ  切つて作つた階段  切つて其處  三十五ヶ間切  切歯瞑目  切截  乾き切  切つた室  脂切  如キ階級的裏切者  切リ崩セ  浪切丸  切角決心  切角林町  切角自分  大見得切つて  切つて大見得  布切五尺  當つて乾き切つて  紋切型辞典  藁切庖丁  サテ藁切庖丁  一本切  つて切  切つて立像  五切  切屋  かなしみ切齒  切つて肉  切つて砂糖  切つて小楊子  パン切  切つて問  不信切  飛切品  鼓膜切解  裏切者みたい  切藁  一本三ツ切  ツ切何  切違  切符切  切出  学者先生切歯  道理切めし文角  切角緑青  皆自腹ア切ッ  切ッていらッ  木綿切等  寤寝切  輪切大根  腕一本切つて罪  切つて高価  切つて内  切つて二言三言  蕎麦切三十ぱい  ちょッ切帯  籠め切つて余裕  手切文書  州今切港  切つて円筒  脂切つた手  切つて歸つて來  切つて了  手エ切つて了  四ツ切  疲れ切  切つてイヤ  ラ切テ落  丑倫切  切芋  切道  切那われ  縁切寺  肉切台  社會主義的裏切  切つて飾り  背負つた舌切雀  突ツ切  切ずるめ  屋後切  味噌漬二切  山刀切峠  賃銀切下  大見得切  羅切  ざなりと紋切型  彼女自身切つて  切崕  無類飛切  八ツ切  切積  切前髪  切拔けた  舌切婆さん  所謂竹切  法師竹切勝負  竹切法会  切つて男装  切つて雇  捧切  切つて掛  一刀切  一刀切つて  切つた者  蔓切  切角熟睡  紅絹切  全部切つて  切図三葉  十人切  暮れ切つて  切つて狂  切つて栓  六つ切  思い切  其齒切  疝気寸白虫根切  切払ひつ  隅切  芯切鋏  芯切壺  切つて御覧  一節宛切  呉服物見切  雲切仁左衛門  大盗雲切仁左衛門  切絆天  切つて行つた豪勢  にがり切つて  切波千寿  切波千寿  タラ三切  サバ二切  切ッぱつまった仕事  階級的裏切  二切食  魚切庖丁  切つて男  らん切  切創一箇所  人生百般すべて紋切型  切つた批評家  欝ぎ切つて  久離切  切付け  がい切  正面切つて  切つて醤油  噪ぎ切つて  切つて腰  がれ切  棒切みたい  チヨン切  ヌカリ切つて  密接切實  切つて土  中為切  切杙  びすともいまはやめよと切  臍の緒切つて以来  切リ抜キ保存  切拂つて  炭蒋魴切韻云  切ずし  鈎切  閉ぢ切  



前後の言葉をピックアップ
    せつ  切久保  切な  拙悪  設営  拙詠  雪冤  節煙


動詞をランダムでピックアップ
ひっくりかえろ還ら切り崩さ引っ張燻らす押えつける思いおこし思い悩んのこさ葺かもちよっおおわれまさん拘らとびこえるもちなおさ撲り付け防が取り締ろ飛び乗ら
形容詞をランダムでピックアップ
洽きうれしくっやすかれさもし刺々しい見やすくきびしけれ危ない角々し見易い低しにくい見易う相容れなけれ拙く気難しいたっとく尊し淋しく