「分る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 分る[動詞]
六道いまは分る  歟が分る  こともよく分る  回想してみると尚よく分る  ことが分る  ことやら分る  挙動は一々分る  いるかは大抵分る  薄赤くなってるばかりで、有るか無いか分る  人生が分る  事で分る  人間に分る  自分でも大抵分る  味が分る  魂の入っているので分る  事が分る  あらましは分る  敵味方に分る  勝負に分る  それが分る  眼付で分る  これだけでも分る  統一が分る  ことがよく分る  甲乙がよく分る  一番よく分る  地図を見ればすぐに分る  どこで分る  それと分る  市役所に行って調べてもらえば、分る  度合が分る  人柄が分る  これで分る  私に訊いたら分る  態度などが分る  それで分る  はつきり、分る  立場は分る  子供に分る  手でも分る  爲てゐるかは容易く分る  いるかはたやすく分る  ことは何でも分る  意味がところどころ分る  仕事をはじめると、すぐ分る  方はうすうす分る  これは分る  主張が正しいか分る  今に分る  のが分る  何んでも分る  一見下されば相分る  ことは分る  心がよく分る  だってよく分る  それは、分る  これは、分る  人にははっきり分る  教師にはよく分る  講義室は聞くまでもなくすぐ分る  自分で分る  氣持が分る  子供だか分る  母親が分る  手をのばせば分る  身にしみて分る  あとで分る  いつまでだか分る  から、よく分る  人の分る  種か分る  ことを言っているなと分る  料理かは分る  さがはっきり分る  不幸か分る  誰も出て来ないと分る  姿だけが現れないとさすがに分る  八重ちゃんに訊けば分る  容易に翻らないと分る  根城が分る  素人目にも分る  丞と分る  汝らに分る  ものなら、寝ころんで分る  関係を見くらべれば分る  ことは読んでいただけば分る  高低を見れば分る  肖像を見ると分る  本を読んでみれば分る  口じゃあ分る  音が分る  鉄枴ヶ峰では分る  何でもない、離れて見ているとよく分る  価値が分る  ことは、よく分る  私にはよく分る  理由が少しばかり分る  姉さん、分る  私だと分る  私に分る  誰でも分る  素人にも分る  好きとか分る  お前にはまだよく分る  一眼で分る  人間か始めて少し分る  朝に分る  何でもよく分る  かい、分る  処まで分る  半分も分る  人が出たら分る  自分ながらよく分る  万事は分る  心持ちが分る  統計をみても分る  活動をみても分る  誰にもよく分る  ことはよく分る  授業では、分る  直接自然から学ばねば分る  誰にでも分る  石炭についても分る  例をとってみても分る  内容を見ても分る  事は分る  弾は分る  気持が分る  結び目もどうやら分る  仔細も分る  誰も分る  作意はよく分る  会つて見るとよく分る  心境にてらしてもよく分る  解体すれば分る  江戸名所図絵を見ても分る  後日に分る  一読して分る  正体はすぐ分る  本が分る  僕にはよく分る  兄に分る  姉樣に聞きても分る  之で大抵分る  お方は、直ぐに分る  色が分る  対向いでよく分る  女の気持が分る  身にせまって強く冷めたく分る  性格がよく分る  話じゃ、で、分る  処じゃ分る  静かにしなすったって分る  日が経ってみなければ分る  素性が分る  事はすぐ分る  事がよく分る  年が分る  お前に分る  理由は直ぐに分る  今直ぐに分る  動揺でも分る  お前達にも分る  たかは分る  さが分る  皆なよく分る  考へたつて分る  例を話したらよく分る  さになるか分る  お前達に分る  方法でよく分る  子供だがよく分る  のか分る  数がちやんと分る  方が分る  区別はよく分る  これはもつと詳しく話さなければ分る  場所が分る  ものをすつかり分る  駕屋さんに聞けば、分る  詮議してみりゃ分る  話は分る  はじめて本心のよく分る  真価も分る  自分でも、赤かろうと分る  気配ぐらいは分る  前へ出れば分る  調子で分る  外郭を廻っても分る  おばさんにも分る  いかように思われていたかが分る  軍来ると分る  んなら、すぐに分る  言葉は使えない、分らなければ、分る  様子でも分る  どこに居るか分る  気持がまざまざと分る  だって実によく分る  それは分る  事情が分るまいとしても分る  彼に逢ってみれば分る  一目で分る  心はよく分る  差くらいは分る  表情までも分る  ことが、分る  位ゐ分る  ことがすぐ分る  趣でよく分る  実験からも分る  あるかないか分る  愚劣政治家共に話したとて分る  先生には直ぐ分る  直感的に分る  大胆さをどれほど励ますであろうかは、すぐに分る  敗北を持ち来たしたかは、すぐ分る  標準としなければ分る  学生だかなんだか分る  価値が始めてよく分る  ためだと分る  店か分る  甲乙丙はまず分る  正体が分る  行つたら分る  玩具が分る  家も分る  本当かも分る  ことも分る  一番目の分る  碁譜をよんで分る  のでも分る  処で分る  魂が分る  やうに分る  ものが分る  ことをみても分る  夜目にも分る  貴方に分る  中が分る  言葉からそれが分る  意味はどんなに深いかが分る  のと分る  調子が、あんまりはっきり分る  所在地が分る  貴公に分る  のは分る  時が来れば分る  こっちに分る  うちも、よく分る  人は分る  來れば分る  阪西達だと分る  駄目だと分る  さうと分る  根も分る  百姓によく分る  彼等には分る  一命を助かれば、何もかも分る  珠を使わなくても分る  ときになれば分る  嘘か分る  音楽が分る  事を見ても分る  つても分る  場合でも分る  のは、よく分る  変態なら分る  簡単に分る  様子が分る  間違いなしによく分る  禅僧と分る  俺に分る  子供には分る  心持も分る  思想的進展をよほどはっきり分る  味がほんとに分る  先生だけには分る  感光するから分る  話をきけば、大体分る  すつかり分る  着物着てれば分る  仕事ぶりを見れば分る  なのだけは分る  関係ははっきり分る  少年たちであると分る  牌とすぐ分る  感じが分る  音で分る  ものがよく分る  らへば分る  さの分る  明瞭に分る  ことだけ分る  濁酒かが分る  世界に抛出されて始めて分る  一般は分る  模様が分る  女だと分る  もっと長く分る  大切であるかが分る  意味が分る  言葉で分る  室鳩巣などに分る  勤めぶりを見ればすぐに分る  家か、よく考えてみたら分る  事情より察しても分る  末起がどんなだか分る  何事か分る  いるか、そりゃ分る  一事を見ても分る  いるか常識で考えたって、分る  会つてみれば分る  気持だけが分る  私にもよく分る  階級性がよく分る  性質が分る  坊ぼんであると分る  ことがないと分る  愛してるからで、後で分る  話が分る  だって一々分る  胸にお聞きなすったら、分る  何れ俊子に分る  あなたは、分る  夫を信じ、豪いと思っていたかが分る  優劣がはっきりと分る  だれか分る  誰にも分る  んだか、分る  事も分る  能く分る  ここに記せば分る  炭山に分る  彼等に分る  かぐらいのことは分る  人間だか分る  のはまだ分る  割りによく分る  所在も分る  それを見ればすぐ分る  一眼に分る  偉大さがなお分る  真実が分る  声でも分る  善意は分る  気持は分る  仲間にきいてみたら分る  心事も分るには分る  これも分るには分る  ことが、ハッキリ分る  盲点がよく分る  一しょにこれから帰ってみると、よく分る  親がしらべたぐらいで分る  貧乏性もよく分る  価値の分る  彼と見分る  ことを考へると分る  明かに分る  味の分る  何が分る  助に分る  出になれば分る  何処って、まだ分る  ことを噛みくだいて分る  夫でも分る  直きに分る  人情の分る  ものだか推して分る  根性はよく分る  表もよく分る  それがひとりでに分る  お前ならよく分る  ことがいろいろと分る  話、分る  自然に分る  君に分る  相手に分る  植物学者に聞いたら分る  子供だから分る  言葉遣いも分る  お尋ねになれば直ぐ分る  林がつかまつて分る  住職に逢って話してみれば分る  気持ちがはっきり分る  ものには分る  一瞥してもすぐ分る  彼女の気持がよく分る  ちょっと開けてみれば分る  目を見れば分る  内まではっきり分る  所番地も知らなかつたので分る  お前えには分る  さへすれば分る  昼でもはっきり分る  方は分る  物の分る  隅々まで分る  香は分る  ものでも分る  気持ちは、よく分る  本当、分る  ん、分る  心配りの分る  誰が分る  それが直ぐ分る  ことがハッキリ分る  自分にははっきり分る  気持はよく分る  から日本人に分る  大法が分る  ドンゾコまで分る  これについてまず分る  様子がよく分る  確実だというが、なぜ分る  これはよく分る  ようにいたせば、分る  一見して分る  君にもよく分る  製造元でたしかめると分る  大穴がでるか、出ないか、すぐ分る  選手でなくても、分る  これなら、分る  到着しないと分る  目賀野が出て来れば分る  鞄を並べてみればよく分る  ことを考えれば、すぐに分る  常連にはすぐ分る  魔術が分る  恰好を見ても分る  理由が分る  ものは、分る  へんはよく分る  限界が分る  ことだけは分る  ことが心ゆくまで分る  出所が分る  それは実によく分る  それがハッキリ分る  ちょッと考えてみれば、分りすぎるぐらいよく分る  文章を読めばすぐ分る  それがよく分る  二つは相分る  一問一答を見れば分る  事だけは分る  実物を見ればかなり分る  さで発せられたかも分る  それも分る  故に、分る  職業を見ると分る  雑踏がよく分る  狼狽ぶりが分る  静かに言っても分る  仔細が分る  のと、分る  先祖だか、実はてんで分る  長崎が、かなりよく分る  顔を見れば分る  ことは当然分る  から名を変えてもすぐ分る  誰にしても分る  俯向いてても分る  お前さんなんかに分る  声で分る  如くに分る  暮しぶりが分る  衷心がよく分る  他国者でも分る  わけも分る  拡大鏡で見れば直ぐ分る  文化等がよく分る  ように分る  記事でも分る  君なんかには分る  者には分る  君には分る  文句のいみが分る  中国人だか、よく分る  作品を見れば分る  宅で見ていても分る  意味は分る  話も分る  ことなら分る  訳が分る  行つて聞いたら分る  事は委しく分る  実例から見ても分る  表現を見ても分る  通覽しても直ぐ分る  易との分る  ようすでも分る  他には、分る  価が分る  心持が分る  人ならそのくらいは分る  彼がわざと棄てたとはっきり分る  圧迫されていたか分る  人であるかが分る  雫が分る  旅行記をよんでも分る  あるかないかが分る  娘さんにお聞きになれば分る  十五分もあれば分る  君にも分る  いるかは、一目見れば分る  部屋を調べりゃすぐ分る  結果がうまく出れば分る  今日中に分る  時間とが分る  主が分る  云つた丈でも分る  子供にもよく分る  事から何が分る  是善惡の分る  混血と分る  死生の分る  人を選り分る  話し合いで分る  ついでゐるので、かなりよく分る  ことが、すぐに分る  非常によく分る  詩人には分る  観察しつけてゐるのでよく分る  心が分る  判事が来れば分る  物が分る  これでもすぐ分る  殺害者ではないと分る  室があって、とても分る  女王はすぐに分る  ものかぐらゐは分る  つて始めて分る  一番はっきり分る  合ふかがよく分る  アリヨシと、そう云えば分る  ものか、すぐ分る  プロレタリアだと分る  誰か居たかが分る  出所は分る  歯があれば分る  身許が分る  誰に宛てたか分る  チャンと分る  お前たちに分る  方々にでも聞いてみたら分る  ブロツク・ヘツドに分る  のを見ても分る  のでは分る  これが分る  三段に分る  なぜだか後で分る  一樹でも分る  文學なぞの分る  勘で分る  道が分る  なにも分る  私にも分る  體が分る  私たちにもよく分る  彫刻が分る  素人に分る  直ぐに分る  云ふことは直ぐに分る  方へも分る  山高さんにお聞きすれば直ぐ分る  数が分る  良否が分る  これは一目見てもよく分る  校正したかが分る  移つて行つた樣子が分る  點がよく分る  樣がよく分る  計算すれば分る  内容の分る  名を見れば分る  方法が分る  必要としたかが分る  今日でも分る  思出したら、分る  下に円くふくらんでいる、そのふくらみが分る  語学でも分る  ことだと分る  明瞭によく分る  彼には分る  死方を観てもよく分る  例を見れば分る  心臓病があるとか分る  書物を読んでも分る  書物を讀んでも分る  實によく分る  目で分る  爺さんそれぢや分る  やうによく分る  王樣だと分る  いまはいうまい、やがて分る  其儘誰が聞いても分る  欠点が分る  三文小説を読めば分る  行つて見てくれ、さうしたら分る  鳥渡考えて見たが、もとより分る  何、偉いかどうだか分る  字はハッキリ分る  全焼か分る  君、少し考えて見たら分る  文字ははっきり分る  的確に分る  真相が分る  始末が分る  立どころに分る  所で、直ぐ分る  上願書を読めばよく分る  続きを見るとよく分る  鑑定で分る  良心に問うて見れば直ぐ分る  評定をしたが、もとより分る  和姦か聞けば分る  病院へ行って聞けば分る  真理の分る  後に分る  彼と、すぐ分る  それをよく読んで下されば分る  僕が分る  腰を見れば分る  真心を知ってくれるならば何とかしたら分る  実例をあげると、すぐ分る  ウム、よく分る  ことが、さまではっきり分る  ここまで申したらもう分る  ッて分る  上陸してみれば、すぐ分る  内意がよく分る  殊にあなたにどう響くかが分る  私にも少々分る  これを見ても分る  彼にも分る  容易に分る  作者だけにしか分る  第三者にもはっきり分る  読者には分る  仕事をやらせてみると分る  だんだん物事が分る  気持ちは分る  身の上が分る  気持がよく分る  んなら分る  魂胆が分る  自然お前にも分る  口火を切りだしたかはよく分る  この声が分る  上に分る  懷中は見透しによく分る  素姓も分る  日が近いと分る  暢気は分る  美人よ、分る  からな、よく分る  夢だか分る  はつきりと分る  緊張ぶりから分る  うちには分る  日になれあ分る  それは必ず分る  顔が分る  顔も分る  余地もなく分る  持物をみれば分る  お前さんには分る  孰れかが分る  重吉は、どう話されたら分る  一年かかってもよう分る  特徴が分る  判然とよく分る  下手との分る  しどろもどろでも分る  筋道だけは分る  処が分る  実験ですぐ分る  提灯だと分る  穴とはすぐ分る  地位が分る  婆といえば、分る  わしがいないでも、分る  針屋が来たら、分る  理由は分る  真実味が分る  谷があるので始めて分る  事情が分る  わしを分る  わけの分る  問題であるならばまだ分る  のだと分る  件はよく分る  ひと目で分る  芸術が分る  夢を顧みれば分る  無意味であるかが分る  事はよく分る  教へたつて分る  真個に分る  ことで、分る  ここからでも分る  土地柄でも分る  先生なんぞに教えたって分る  じいさんなら分るであろう、いや、分る  ものは直ぐに分る  ことなどが分る  数々を見ればすぐ分る  からいくら偽っても分る  たかなかった位は分る  のが、はっきり分る  結婚はまだわかっていないから、分る  二三日うちに分る  ごらんになると、分る  隠れ家が分る  やうな、なぜとも知れずハッキリ分る  さないが、それとなく分る  静かさが分る  つたと分る  いわれが分る  しみ/″\と分る  心持はよく分る  ことがはっきり分る  盛んだったか分る  これでも分る  言はれたとて分る  心理が分る  君によく分る  ここからでもよく分る  道筋は分る  読者にははっきり分る  ことだったとよく分る  よそめに分る  研究もし、また分る  たか考えて見れば分る  御覧になると分る  気持、分る  私は立ち止ったが、考えたって分る  一読すればよく分る  ことが直ぐ分る  形を見れば分る  日本が分る  実物を見せてもらえば分る  村が分る  何んだか、よく分る  健ちゃ、分る  都会にいればよく分る  これだけ見ても分る  小作達だと分る  ことが、黙ってても分る  何んであるか、分る  粗悪品はすぐ分る  バリバリ、とたんに分る  目に掛れば分る  ことで分る  一目見れば分る  三次元は分る  生物だから分る  ときは分る  星だか、やがて分る  図で分る  おもしろさが、しみじみと分る  暗示するにしたって、すぐ分る  人柄がかなり分る  環境ぬきでも分る  のであると分る  ものはよく分る  メモで分る  お母さんになら分る  お前にはよく分る  大体は分る  こと言ふか、分る  僕に分る  谷村に分る  ことを考えてるかがすぐに分る  一寸話をすればすぐに分る  君に逢えば分る  場合にどう読めばいいかが分る  坊主をしていると、よく分る  ことが、まアだいたい分る  山口にも分る  色を見てくれたって分る  ことを考えたかってすぐ分る  のも分る  電報で聞き合せたら分る  爪をかけたと分る  真髄が分る  あたしにも分る  店員全体に分る  話をすればよく分る  お前には分る  良助であると分る  病院に分る  統計をみたって分る  一寸蹲めば分る  それだけで直ぐ分る  ッく分る  うちには、ハッキリ分る  自分でも分る  あすこが分る  云ふことも分る  ことばが分る  ほんとだと分る  どこだか分る  うごきで分る  色の分る  だれにも分る  ハチロウをみれば分る  究明であり、より分る  読みになれば分る  感じだけは分る  音楽家とかなら、まだ分る  それなら分る  僕にも分る  化けの皮が分る  アすぐ分る  すべてが分る  君だって今に、分る  日本語が分る  日本語の分る  んなら、まだ分る  誰が見ても分る  要求するに及び、始めて食わされたと分る  とあるので分る  文で分る  論議せずとも分る  御言葉だけでも分る  物事の分る  手で分る  交川博士に聞けば分る  見物人に分る  人には分る  有様がよく分る  いた事が分る  顔で分る  事がはっきり分る  お前にも分る  あなたにも分る  年齢が分る  真実に見分る  君たちにも分る  にゆえが分る  男でないだけは分る  容子が分る  姓名はすぐに分る  馬鹿だから、分る  決着が分る  模様を見れば分る  名を聞かずとも、すぐに分る  上手か分る  歩いてる道だけはどうか、こうか分る  想像して見ると分る  坑夫にまで零落れないでも分る  んでも分る  今直に分る  安さんと聞きゃあすぐ分る  路の分る  坑を飛び出してしまったと分る  大概様子が分る  いるかが分る  事がすぐに分る  ナンチモンか分る  日本國現在書目を見れば分る  今日でも幾らか分る  内容も分る  内容が分る  文鏡祕府論があつて、始めて分る  文鏡祕府論で分る  議論が分る  十分に分る  意味がよく分る  あたしには分る  話の分る  女給さんでも分る  誰か分る  酢をぶちまけても分る  等子供に分る  小学生に分る  浮沈の分る  ことを見たって分る  いまに分る  ことの分る  唇から聞けないと分る  説明しても分る  きまりわるくないと分る  これだけでもよく分る  向上しつつあるかが分る  表でも分る  これでよく分る  われわれに分る  一九三一年二月号を見ても分る  男に分る  だって聞いてみれば分る  お前だって、一目見れば分る  おいドレゴ君、分る  失敗と分る  なんが分る  三十年先が分る  わしが話してやっても多分分る  第三者には少しも分る  名だけでは分る  外国人には分る  さまが、それとなく分る  内儀さんだと直に分る  唯一の分る  顔を一目見たなら分る  状態までは分る  中断が分る  困難が分る  さだけ分る  卓一にも分る  さのみが分る  私によく分る  こと、分る  手数はよく分る  今日明瞭に分る  そ、そりゃ分る  人間の偉い偉くねえは分る  意義によって分る  わたし達には分る  訳の分る  誰の子だか分る  彼自身にも分る  勉強すれば分る  一度で分る  己達に分る  話はよく分る  そこ覗いて来ると分る  うまいのは分る  感情がはっきり分る  致命性が分る  のだという、考えて分る  一組として分る  推移の分る  だめだと分る  誰にもすぐ分る  笑ひはしないがよく分る  名で分る  ことをよく分る  外人にはよく分る  四辻にて分る  其訳が分る  医官に聞けば必ず分る  形で分る  探偵と分る  事が分れば分る  夫にしても遣て見るまで黙て居たまえ、今に直ぐ分る  彼所で問うたら分る  ことを見ていれば分る  居所が分る  所在が分る  ことを考えて見たって分る  場合になって見ると、まざまざ分る  ひびきのはっきり分る  僕には分る  言へば分る  少年にも分る  先づ誰にでも分る  上でなければ分る  金がしまってあるか分る  世界の見とおしとひろがりについて見ても、実によく分る  真剣さは分る  私には分る  なかったことが分る  大衆にも分る  眼で見ればすぐ分る  枝ぶりですぐ分る  場合についても分る  感情的浪費に終始したかを見れば直ぐ分る  ことか分る  これを分る  からなんだけれど、読んで分る  ほのかに分る  表を見られると分る  点はことによく分る  ことでも分る  奥書を見ると分る  拝見すればよく分る  素人には分る  お里が分る  彼れ見分る  もので分る  それをよむとよく分る  姿だと分る  言葉は分る  本人でなければ分る  人にしか分る  在所は聞かないでも分る  色は分る  様子は本当に分る  誰に分る  歴々と分る  人には恐らく分る  意味がはっきり分る  ことになるか分る  そない、分る  ことと分る  探偵だから分る  御覧になれば直ぐ分る  御覧になっても分る  お前にあ分る  目を見たか分る  成る程よく分る  處をもつと分る  検べれば分る  事が直ぐ分る  のさえ分る  事物が好く分る  それ丈が漸く分る  元が分る  風にしてみれば或いは分る  どこを探したって分る  のがよく分る  正体もはっきり分る  一面、分る  新聞を見ても分る  時代が分る  ことは一目見ても分る  判乎と分る  これだけ云えば分る  筆者だけには分る  ちやんと分る  焼け跡に行ってみたら、分る  勝負が分る  運勢が分る  様子を見ても分る  信頼を受けていたかが分る  一挙にして分る  何か分る  注意すればよく分る  味がはっきり分る  人に分る  直きと分る  黒白の分る  さも分る  から直ぐ分る  過去が分る  旦那だと分る  江戸っ子と分る  娘と分る  デタラメがはっきり分る  ことに、分れば分る  調子がよく分る  それがはっきり分る  あすこで聞けば直に分る  何にも言わなくっても、すっかり分る  際に初めて分る  桜田がすっかり分る  それがどうして分る  常に分る  姿がよく分る  日本がよく分る  詩が分る  感情が分る  ところは分る  光にも白くはっきりと分る  知らないことが分る  味覚なりは、分る  誰しもいくらか分る  生涯味が分る  身に覚えがあつて、よく分る  秘密は残らず分る  奴に、分る  あなたにだって、分る  トン數から見ても分る  くせに、分る  意義を考えればよく分る  型が分る  ものを見れば分る  様子を見ればすぐに分る  一度に分る  素振で分る  のだが、分れば分る  墨跡が分る  牧谿が分る  話で分る  のをみても分る  それはよう分る  一例ではっきり分る  許嫁であると分る  事実と分る  値打ちが分る  位置を占めるかが分る  マザマザと分る  序文でも分る  試みに尋ねてみても分る  そこに分る  今後數週間で分る  明に分る  原因が分る  あすこへ行けば分る  そこへ行けば分る  明らかに分る  女の子だと分る  なるたけお母様に分る  ものにもよく分る  ところで分る  目録をみても分る  おふくろなどに分る  のならすぐ分る  穏かに話せば分る  結果が分る  注意して見れば分る  手にとる如く分る  成績が分る  大体君も見れば分る  呼吸でも分る  気もちも分る  息を吹きかけても分る  在郷者とさえ分る  のが薄々分る  判然とは分る  中に分る  様にお問いなさらずとも、分る  性質も分る  夫も分る  言い草では無いが分る  秘密も分る  所が分る  読者に分る  詮方なく分る  充分に分る  地位に成り代わって考えれば分る  怪美人松谷秀子と分る  近辺で聞けば直ぐ分る  手袋を取りさえすれば必ず分る  次第が分る  次回には分る  言葉も分る  他人には分る  決心し、分る  室で分る  意味も分る  中から誰のだか分る  茲で問えば分る  彼も分る  素性成長などが分る  孰れにしても逢って話せば分る  之で分る  清浄無垢が世に分る  動き工合でも分る  低地とに分る  顔がどうして分る  ことは、分る  おまえには、分る  法衣を見てもすぐ分る  お父さんだよ、分る  隠居さんには分る  想像しても分る  気持ちがよく分る  其心持は分る  ことが分れば分る  人が見れば直ぐ分る  歩き癖が分る  傾斜の緩なるかが分る  商品価値が直ぐに分る  人工的に作って見るとよく分る  ちょっと研究すれば直ぐ分る  写真で分る  一般分類図から見て分る  図から分る  落下速度は直ぐ分る  形が分る  自然現象が分る  気象状態が分る  理窟は分る  歯を染めているので分る  名も、すぐ分る  ことか、分る  地理がはっきり分る  イヤサ、少し調べれば直に分る  それを逃がすまいとして、すぐ分る  立派に分る  人柄を見りゃ分る  こっちから見ていると分る  殺到していたか分る  商売がすぐ分る  お前と分る  安全だと分る  暴騰を見ても分る  おばさんに分る  工場にいると直ぐ分る  それが知れるとすぐ分る  傷で無いと分る  手帳を見れば分る  昼迄には分る  番地が分る  一ツ其鱗の早く分る  聞ても分る  名前の分る  何にして分る  3だと分る  数だと分る  これはすぐ分る  7だと分る  8だと分る  数字だと分る  數だと分る  當然8だと分る  數字だと分る  皆にきけば分る  誰だ分るか、分る  文字と分る  瞬間に分る  連関させてみて初めて分る  ことが、どうして分る  吸口をみれば分る  パイプでも分る  もう少し行けば分る  特徴がかなりよく分る  自然と分る  趣味をなるべく善く分る  趣味を成るべく善く分る  ために拵えて置いてくれたかが善く分る  それと較べて見たら大体分る  一人仏教の分る  消息はよく分る  ことを考えてみればよく分る  糸がぴりぴりすると、きっと分る  心にもよく分る  話を選び、よく分る  時に分る  客商売に適して居るかが分る  家は分る  一遍通り門札を見ても分る  犬でも分る  有難味が分る  これなら分る  さがよく分る  簡単であるだけになおよく分る  他にも分る  口実がハッキリして良く分る  肚が忽ち分る  自分にも分る  空想を見ただけでも分る  経験からよく分る  明白に分る  運動が分る  考慮してみれば分る  ことから分る  お前にどうして分る  私は、そう分る  点がはっきりと分る  生娘に分る  幾分かは分る  力をみれば分る  近年になって分る  誰がみようと分る  ところか分る  頭で考えたら分る  折竹にはハッキリと分る  ッて見てもすぐ分る  教会を見ても分る  皆して分る  不満がよく分る  大腸をみると分る  私もよく分る  誰かすぐ分る  のだなと分る  歌が分る  人顔が分る  田舎通人には分る  姿を見られたか、分る  意であるが、そうと分る  別が分る  傷であったと分る  香水が匂うから、すぐ分る  崖を見れば分る  住所が分る  ものか考えてみりゃ分る  能力があるかが分る  秘密が分る  本筋が分る  心もしみじみ分る  彼はもう言わなくとも分る  ようによく分る  人民に分る  密林をしらべればハッキリ分る  目にはまだ分る  お前には分らせたいが、まだ、分る  役所で調べたって分る  共通点を探していては分る  兩黨に分る  イキサツは分る  焼跡を見れば忽ち分る  ア話の分る  姿が分る  何かが分る  いつ誰が埋めたか分る  名が分る  ちやあんと分る  銀行には分る  代用に用いられたかが分る  犯人は分る  存在するかが、分る  それが見当らないと分る  天気模様で、まあ分る  注意すれば分る  所以が分る  名前で分る  方がよく分る  詩想もよく分る  君たちに分る  君にはよく分る  僕は分る  それはすぐ分る  三に分る  山三大部に分る  課長に分る  手がかりは全くないと分る  命令にしたがってさえいればいいの、分る  ワケは分る  ワケが分る  目的はよく分る  それに、分る  足跡をみても分る  行動したかが分る  外から分る  方へ帰って見ればすぐ分る  朝になれば何もかも分る  ときよりも、後で分る  心持ちがよく分る  おれが死んだら何もかも分る  ことを分る  米があるからだとすぐ分る  医者といえばもう分る  おれが死ねば何もかも分る  彼なら、分る  両方が分る  切り口で分る  彼女に分る  何を齎すかはやがて分る  何にも聞かないでもよく分る  たかがよく分る  詩の分る  時ははなはだよく分る  いつだか分る  事物がよく分る  自分に分る  これを持ってまいれば分る  心は分る  主人だかどうだか、分る  ものだと分る  修辞学者にも分る  ことが、ハッキリと分る  行方また分る  造作もなく分つた、分る  世界語既刊書目を見ても分る  研究をせんでも分る  移転先きは分る  筋も充分分る  二流に分る  平々凡々でよく分る  永遠に犯人は分る  却て分る  一つも分る  何も知り分る  やうやく分る  居所も分る  事なんか分る  性格なんか直ぐ分る  私にだけは分る  何でもないと分れば分る  のはよく分る  さ加減が分る  目に見えて分る  旅してみるとよく分る  なんあれ等に分る  随筆などで分る  かすかに分る  存在が分る  答えが分る  いまによく分る  なにをもくろんでいたか、分る  今すぐに分る  それとハッキリ分る  姿がハッキリ分る  うちが分る  眼を見ただけでも分る  ぶりを見ても分る  これも分る  いまになってまざまざ分る  面からかくならよく分る  御覧になればその感じ、きっと分る  それを少くとも分る  ところの分る  話できいたりしても、真に分る  幾何でも分る  一朝一夕に分る  血を見れば分る  話は大いに分る  ときはすぐ分る  お前はいわんでも分る  それがすぐ分る  偉大さが分る  道学者にも分る  君達にもすぐ分る  ことが、すぐ分る  子にはすぐ分る  夢がうすうす分る  君達にも分る  けが君達にも分る  君達にもたやすく分る  君達にもよく分る  ことが、一目見て分る  道がよく分る  興味を感じていたかが分る  顔立なども分る  物事が分る  加減で分る  夫れは後で分る  所から申しましてもすぐ分る  事が頗るよく分る  情緒がよく分る  名前が分る  彼に分る  近代文学など分る  一つ一つはっきり分る  ところが分る  しんから分る  犬様には、分る  いるか、分る  気魄も分る  悲惨さが分る  體は分る  何年生きなさるか分る  私にも好く分る  勘定は分る  お母さんに分る  いずれは分る  朧気ながら分る  泣き声が聞えないと分る  官報を見て下さればよく分る  なに行けば分る  兄さんだと分る  貴方なんぞに分る  ときには分る  なんの尽しで分る  ことは考えても分る  気配が分る  道をえらんで行ったかも、うすうすながら分る  画は分る  私に見せたら分る  貴方ならよく分る  独り磨いて行こうとしたか、分る  策として分る  これを見れば分る  はたでそう分る  癖が分る  犯人が分る  位置はよく分る  スカルド作詩法にのつてゐるので分る  日本料理など分る  决して分る  巡査さんにきけば分る  七日たつたら分る  血統なんか調べたらすぐに分る  さに分る  者にきけばすぐ分る  者にきけば分る  死体を調べて分る  場所を調べて分る  一目見さえすればすぐ分る  ガラスをよく調べたら分る  透かしを見ればすぐ分る  実験すればすぐ分る  深刻に考えられて居たかが分る  業績を辿っても分る  生がようやく分る  習慣がつかなければ、美味いと分る  ように、分る  人のみに分る  大衆に分る  光景だか分る  腹にしみて分る  気持も、分る  喜怒哀樂が分る  ことがありありと分る  何處そこへ行けば分る  たかが分る  てゐたかが分る  たかも、薄々ながら分る  さまも分る  いふ語を牽いたら分る  相談なすったら分る  けがうすら分る  表情がよく分る  容子がよく分る  こと、よく考えたら分る  皮膚から考えても、分る  女であるか分る  變化を見ても分る  役人などは直ぐ分る  男でも分る  のだか分る  



前後の言葉をピックアップ
わかり易く  わかる  分かる  判る  解る  ワカルパアチャポ  訣れ  わかれ  分かれ  分かれ


動詞をランダムでピックアップ
ながれついつる寝そべ叫ぼがる祈れおしかけろ成っ残そ搾るいろどるなくし刈ろ探そ打ちださことわらむかいあっ徹しぶっつかれ組みなおし
形容詞をランダムでピックアップ
せつなくっうつくしけれ冷たからかんだかく慌しく小高き不甲斐なき厳しゅううまかっ甘ずっぱい清け果敢ない角く拙くっ易くことごとしいたのしけれ似つかわしい可愛かっわるくっ