「分っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 分っ[動詞]
人であると分っ  内心てつきり娘と分つ  複雑さは分つ  さが分つ  ひたすらに、分つ  四十一に分つ  ことが分つ  事が分っ  能く分っ  些とも分っ  事は分っ  朧気に分っ  帰着点は分っ  顔は度々合せるから漸く分っ  のだか、分っ  ような、分っ  しらばっくれていて、ありがたいわ、それですっかり分っ  ことが分っ  新人旧人を分つ  ものだか分っ  路を分っ  物の分っ  のが、分つ  三つに分つ  自分にもよく分っ  身の上がだいたい分っ  ものと分っ  何事が分つ  さが、分つ  事が分つ  ことだけは分っ  國土を分つ  夫で漸く分つ  それでようやく分っ  行動が分っ  一ぺんに分っ  のが分っ  それは分っ  僕自身にもよく分っ  僕をみつめていたが、しばらくしてやっと分っ  今、分っ  ことも分っ  一人だと分っ  われわれには、まだ分っ  それはよく分っ  申し出は分っ  のだと分っ  それが分っ  今こそ分っ  話が分っ  味は分っ  ことがはっきり分っ  渡瀬にも分っ  初めから変人だと分っ  様子を見てもすぐに分っ  割れ目で切れるとかなんとかなら、まだ分っ  それと分っ  のが分つ  理由が分つ  誰だか分っ  袂を分っ  袂を分つ  事も分っ  事実であると分っ  犯人が分っ  年寄つたのが分つ  勝は、分つ  味が分つ  何か、分つ  誰も分つ  きりした、分つ  父アーン、分つ  理窟で、さうと分つ  一生がかりで分つ  妊娠したと分つ  根據が分つ  それが分つ  源吉は分つ  畜生だか分つ  ことは分つ  有難味が分っ  そこまでは分っ  のだと分つ  ことが、分つ  教義は分っ  一寸は分っ  成程と分っ  それと分つ  三間に分つ  補償金が背負わされるか分っ  田辺はうすうす分っ  声をきき流して、分っ  兄だが少しも変っていないので直ぐ分っ  千日前だと分っ  夜目にも分っ  眞心を分つ  ことくらいようく分っ  美は分っ  豹一にもありありと分っ  ところが分っ  市にも分っ  ことは分っ  せきにも分っ  専門書へ行かざるを得ないから、分つ  ことが少しは分っ  見学でよく分っ  ことが直ぐ分っ  私にはよく分っ  詩がさうよく分つ  私が分っ  いから、分っ  ものも分っ  何でも分っ  佐和子に分っ  私に分っ  私達には分っ  順序によって分つ  際最もよく分っ  さが分っ  心持ちが分っ  当人が分っ  向うにもよく分っ  心も分っ  僕にもよく分っ  気持は分つ  あとで分っ  気持は分っ  のは分っ  孝道が分っ  評論家にしても大してより多く分っ  からそれが分っ  せいだか分っ  先生は分っ  心持がきっと分っ  種類から見ても分っ  何が分つ  貴方は分つ  裕佐には分つ  それは分つ  ちやんと分つ  何でもよく分っ  後には分っ  凡てが分っ  半分物が分っ  事を分つ  晶子さんのだと分つ  ことも分つ  のもあるし、分つ  四人に分つ  万事が分つ  音が突然やんだので分っ  丸沼とを分つ  どこまでが分っ  意味が本当に分っ  無駄だか、はっきり分っ  嘘でござろう、分っ  居場所が分っ  ッても分っ  居所がやっと分っ  気持がよく分っ  おれにゃあおよそ分っ  うちには分りましょうよ、分っ  一目で分っ  心が分っ  悩みも分っ  ッすら分っ  蝋燭は分っ  それがよく分っ  ことくらい分っ  森を分つ  略正体が分っ  手を分つ  誰にも分っ  ことぐらいは分っ  隠し場所が分っ  中にぬりこめられていると分っ  気持はよく分っ  嫌いは分っ  死後に分っ  これも後で分っ  當に分つ  東西を分つ  子供にもよく分っ  層に分っ  之で大抵分るには分つ  これで分っ  私にも分っ  重みが分っ  ぢや、分つ  ぢやわい、分つ  男の子は分つ  二円五十銭は分っ  それはよく分つ  石川に分っ  風にはっきりとは分っ  自分に分っ  根気で向って行けば少しずつ少しずつ分っ  事、その少しずつ分って行く少なくも分っ  事を分っ  人相はハッキリ分っ  これで分つ  ものだと分つ  事は好く分つ  はつきりと分つ  のは分つ  のか分つ  ジユウル、分つ  自分で分つ  昔から経験で分つ  知する、分つ  事がよく分つ  僕に分つ  話がよく分つ  ところが、よく分っ  顔色がよく分っ  自分でも分っ  言葉でも分っ  ことはよく分っ  本心が分っ  様子も分っ  浅慮さが分っ  宅助に分っ  所は分つ  お忙しいのは分っ  訳はよく分っ  宏子によく分っ  おばさんに分っ  時はよく分っ  ontologischとに分つ  石田方がはっきり敗れるとは分っ  首級と分っ  困難さが分っ  反映だと分っ  上方へ参って、分っ  ことも、少し分っ  のも分っ  ム、分っ  事情が分っ  孫兵衛には分っ  見当は分っ  大概は分っ  自然と分っ  一常識から云っても分っ  気持を分っ  本質はちっとも分っ  ものだと分っ  だんだんはっきり分っ  もの利益になるばかりだと分っ  不満はよく分つ  秘帖と分っ  ことは直ぐ分っ  理窟が分っ  大分こつが分っ  ことがすぐ分っ  ことまで分っ  誰であるか、やっと分っ  文化階段などを分つ  是非を分つ  まつさきに分つ  それで分っ  何、分っ  のには残らず分っ  たかえ、分っ  次第と分っ  先生にはよう分っ  何かが分っ  手を分っ  ことが、後で分っ  今ようやく分っ  音と分っ  いいともいいとも、早くそう分っ  二棟に分つ  二手に分つ  三類に分つ  三に分っ  内儀さんにもうすうす分っ  内儀さんにもうすら分っ  種にもうっすら分っ  ことが出来ると、分っ  私にもすぐに分っ  作品だと分っ  温熱を分つ  ことが、初めて分っ  気持ちが分っ  事はよく分っ  悪戯談だと分っ  話が、だいたい分っ  のがよく分っ  血でないと分っ  ことが、よく分っ  こと、分っ  人々に分つ  過程が分つ  苦しみが分っ  ことはないと分っ  一分三十秒すぎるともう分っ  時代による異いがあるので、分っ  處が分つ  いまはじめて相分っ  そのまま松崎の分っ  談話は分っ  君は分つ  ものをすっかり分っ  人にきいたら、分っ  私にでもはっきりと分っ  ことがすっかり分っ  貴女なぞに分つ  気持が分つ  ことがハッキリ分つ  振りでよく分っ  何が分っ  女にはよく分っ  事情が分つ  ロメン・ロオランはさすがに分っ  チャンと分つ  返事は分っ  返事は分つ  私には分つ  それすらも、分つ  服装でもすぐ分っ  そこまで、分っ  義弟だと分っ  旗幟がはっきり分っ  玄徳にも分っ  彼は、はっきり分っ  彼に分っ  わたしには分っ  翁は分っ  道理の分っ  のか分っ  秘密が分っ  いふ事も分つ  圖幸子は分つ  すつかり分つ  ことか分つ  自分でも分つ  位は、もう分つ  皆もうこツちでは分つ  主も分つ  先生と来てはさっぱり分っ  それがまだ分っ  カモシカ中尉にも、おそらく分っ  ことは、分っ  ことが起ると分っ  はいいと分っ  影響はまだよく分っ  皆はよく分っ  一部であると分っ  全然うそだと分っ  博士は、分った分っ  ことがよく分っ  それさえ分っ  胸も分っ  気性も分っ  碁会所はすぐ分っ  法水君、分った、やっと分っ  君は分っ  事情も分つ  しか這入っていないと分っ  お前さんに分っ  お金が出ないと分っ  助け舟を出してやって初めて分っ  てんでんばらばらに漸くああさうかと分つ  具体的に分っ  よそは分っ  学理的に書いてあってよく分っ  気があんまりはっきり分っ  ことがやっと分っ  寝返りとはすぐ分っ  理由はよく分っ  心持もかなり分っ  ことが少しずつ分っ  心がよく分っ  サーカムスタンスが分っ  あとで分つ  二つに分つ  私奴婢とを分っ  それはやってみなくても分っ  凡そ二十段に分つ  んやぜ、分っ  私には分っ  けが朧げに分っ  彼に追いついて行けないと分っ  舌の長いので、ぺろりとなめて、分つ  意味が分つ  不足はよく分っ  真実はよく分っ  用向きは分っ  今しがた居所が分つ  つてことが分つ  気持がよく分つ  ものが分つ  眼によく分つ  現実とを分つ  明らかに分っ  ものであるかは分っ  吾身が分っ  題目とに因って分つ  中でどんなに悩んでるか、よく分っ  ことも、また分っ  訳はすぐに分っ  おれにも分っ  ちゃアんと分っ  んと分っ  悲しみを分つ  加減に聞いて、ろくに分っ  癖に、よしよし分っ  さは分っ  後になって分っ  仕事が分っ  わけが分つ  ことが、まもなく分つ  藪さんはよく分つ  誰にも分つ  あとと分つ  距離があつたが、すぐに分つ  ことまでは分つ  あれで分っ  いわれが分っ  何を云うか分っ  心根も分っ  忠諫がよく分っ  違つて返らないと分つ  のが漸っとはっきりと分っ  ことも初めて分っ  goodwillも分っ  さしず、いちいちよく相分っ  心はよく分っ  進言だと分っ  遠くからすぐ分っ  千満子だと分っ  内に、分っ  れんが分つ  自分にも分つ  頭では分っ  お前には分っ  私にもすぐ分っ  彼女自身にも恐らく分っ  私はもう何もかもはっきり分っ  こともよく分っ  心なんかすっかり分っ  心がようく分っ  私を分っ  爆発が起ると分っ  事は分つ  経験して分っ  一切無責任だと予め分つ  志に分つ  熟が分っ  不利は、当然分っ  栄養価が分っ  微意も分つ  今日戦争に出ると分っ  ゃ、今やっと分っ  軍を分っ  隊を分っ  君だってことがすぐ分っ  ことが本当に分っ  そこまで分っ  それがどうして分っ  原因がいつもちっとも分らない、いや分っ  無政府主義者と分っ  頃になって、やっと分っ  注意がなくても分っ  つて二部に分つ  モウケが分っ  アパートも分っ  片鱗も分っ  長平は、もう分っ  青木はようやく分っ  ここ、どうして分っ  なんでもないと分っ  十まで分っ  うちに、やがて分っ  ものが分っ  さ加減がよく分っ  ひとつ、ハッキリ分っ  これが分っ  成敗ですよ。それは分っ  三日やればやめられないと分っ  あなたは分っ  どこでぶつかるか分っ  須磨子にもはっきりと分っ  ことがハッキリ分っ  決定的に分っ  うちに分っ  奴でも分っ  美が分っ  容易に分っ  様子が分っ  何も分っ  一つ燈火を分っ  赤色に分っ  用事が大抵分っ  それが善く分っ  意味がよく分っ  事実が分っ  結果が分っ  ます処も漸くに分っ  肚は分つ  名前を忘れたり、はっきり分っ  事情も、ほぼ分っ  共犯関係は分っ  ことは、はっきり分っ  実力が分つ  勘定が分つ  ものがはっきりと分っ  私達にはっきり分っ  ところをよく分っ  両国にもよく分っ  ぼくは分っ  けが、やっと分っ  事柄が分っ  誰にもよく分っ  危険は分っ  ことばが、分っ  働きも分っ  両国によく分っ  理由が分っ  永禪和尚と分っ  調べで分っ  名の分っ  三つの型に分つ  ことが、はっきり分っ  性格もほぼ分っ  お蔭で分っ  君には分っ  あれにも分っ  ことぐらいは言わなくたって分っ  門も閉めておく、分っ  心持が、少しは分っ  惡きものとが分つ  考えは分っ  充分に分っ  分まで、はっきり分っ  何人にも分つ  現とを分つ  つてをるか分つ  者にすっかり分っ  心持ちはよく分っ  から、よく分っ  気持ち、分っ  彼自身にも分っ  すべてが分っ  事は、見ているに従って分っ  それが始めて分っ  のさ、分っ  んだか、分っ  ん、分っ  会社のものなんだ、分っ  ッて分っ  意味が分っ  方にも分っ  態度が初めて分っ  彼自身にさえよくは分っ  ことは、よく分っ  自分とを分つ  病人とは分っ  イワレが分っ  ッたか螺旋法が、少し分っ  説明を聞けばよく分っ  私たちにも、まだよく分っ  いくつとも分っ  二字だけ分っ  いままで分っ  身内と分っ  のですから、すぐ分っ  八時出発は分っ  何にも分っ  兄弟があるかどうかも分っ  事情であると分っ  前身が分っ  ところ何もかも苦もなく分っ  一度結婚生活を送って分っ  ことは云われなくても分っ  自白によってハッキリ分っ  声だと分っ  ことさえ分っ  適当と分っ  語はよく分っ  おれには分っ  後に分っ  帆村にはすぐ分っ  これはよく分っ  あらまし筋は分っ  話で始めて分っ  結果、いろいろと分っ  苦もなく分っ  理窟で分つ  もんで、それですぐ分っ  丁坊は、よく分らないけれど、分っ  お前にはよく分っ  隊長さんとうとう分っ  たか漸く分っ  結論が分っ  一瞥見るだけで、分っ  マグレで勝っても、よく分っ  オカゲで勝ったりしたが、とても勝てないと分っ  誰も分っ  題だけは分っ  京大阪へでかけられないと分っ  男と分っ  常習者と分っ  発展なし、と分っ  迷信だと分っ  明瞭に分っ  目を走らせて、分っ  一途なのはよく分っ  大概事情が分っ  ことまでは分っ  のでも分つ  死因と分つ  檀君徳田君だけ飲んでいたので、後で分っ  バテレンたちには分っ  私あ分っ  お嬢さんなんざ何でも分っ  それだ、分っ  ます、分っ  飲食を分つ  両日に分っ  今日大富豪であると分っ  嘘と分っ  隠れ家が分っ  穴が分っ  首尾はお訊きしなくとも分っ  目的が分っ  から存在が分っ  面白いと分っ  私にはようく分っ  俺にも漸く分っ  リンカクだけは少しずつ分っ  模糊としてきて、分っ  存在が初めて分つ  から、分っ  結果だけは分っ  種類は大抵分っ  諸点が分っ  感心しながら、分っ  つまりは分っ  つもりだったけれど、どうして分っ  君にも分っ  男が分っ  一日おいて分っ  僕にはかなり分つ  ところへ出ていてくだすってすぐ分っ  ことになるか分っ  ことではなし、もう分っ  様子は分っ  ことだけは、かれに分っ  稲は、何もかも、分っ  わしゃそれさえ、ぬしが分っ  から芸術的作品を分つ  山口にも分っ  大凡気心は分っ  今は余程分っ  アメリカ側にも分っ  悪名は多けれども、分つ  理屈は分っ  ものではないと分っ  仕事だと分っ  よう、よう分っ  者と分っ  三派を分つ  のは、そりゃ分っ  ら、分っ  らい、いや分っ  御馳走は分っ  享けて飲み分っ  母に訊ねなくとももう分つ  からどうぞよく分っ  事実はよくよく分っ  んだから、分っ  伸子に分っ  生活が分っ  母に分っ  もんじゃで分っ  上からちっとも分っ  そうだろうと分っ  それは、もう分っ  声が掛ったからと分っ  事実が分つ  限度も分つ  男になるので、負けると分つ  煉瓦壁に押しつぶされるか分っ  うちにはとても間に合わぬと分っ  駄目と分っ  もちやがよく分つ  何か分っ  旦那様がいけないと分っ  情交関係が分っ  弾丸でないと分っ  旗田氏が既に死んでいると分っ  それはまだ分っ  のかどうかも、まだ分っ  上にあると分っ  灰皿から横へ移してみて始めて分っ  ときについたと分っ  間に分つ  わけの分っ  それじゃ分っ  古紙とを分つ  さはよく分つ  直ぐに分つ  樣子の分つ  女給と分っ  何でもてきぱきと分っ  声とすぐに分っ  範囲が分つ  それがとうから分つ  お前には分つ  人柄が分つ  ステパンに分つ  皆セルギウスには好く分つ  セルギウスにも分つ  セルギウスに分つ  癖わたしはなんにも分つ  自然に分つ  物が分つ  病源菌はまだ分っ  今でもよく分つ  はじまるものやら分つ  さん自身にしても分つ  誰の子だか分っ  気ごころが分つ  気持の分つ  お前は分つ  わけが分っ  内容が次第に分つ  判然と分っ  これでいよいよはっきりと分っ  万事は分っ  メイレイマツツゴウヨロシ、もう分っ  けがこれで分っ  場所が分っ  この間違は直ぐ分っ  責任を分っ  美あるいは分っ  之を分つ  十三段に分っ  犯人は分っ  ことが、分っ  今になって分っ  それから、分っ  責めを分つ  それを試みるまでもなく分っ  臭や、分っ  つもりと分っ  新聞は分っ  その男なら分っ  身体だったぐらい、すぐに分っ  僕にはよく分っ  ところによってよく分っ  殆んど分っ  蠅男について分っ  後になって、ハッキリと分っ  お話せにゃ分っ  のだか分っ  僕にはすっかり分っ  ンさんにはよう分っ  誰が殺されるか、まだ分っ  例で分っ  きょう始めて分っ  正体はようやく分っ  兵馬はなお分っ  今のは分っ  生徒なんかに分っ  身にしみじみと分つ  気は、よう分つ  細を分つ  私なんぞに言わせると、よく分っ  紫玉にも分つ  紫玉にも分っ  簡単だから、分っ  心持ちは分つ  正体がよく分っ  話で分つ  何を分っ  先生に分っ  互ひによく分つ  チャンと分っ  なかに分っ  ことなども分っ  ものであるか、一向分っ  彫り物が分っ  三期に分つ  ものに分つ  心特もよく分っ  葡萄は分っ  栗鼠も分っ  心持はよく分っ  心持も分っ  味の分っ  一通り事情は分っ  太刀が分っ  ことが後で分っ  行処が分っ  切れぎれに分つ  つて内篇外篇に分つ  部類を分つ  醫術を分つ  十二類に分つ  十六種に分つ  門を分つ  誰でも分つ  存目とに分つ  私は分っ  先達のつとめを分つ  九州へ来て分っ  むむ、分った、分っ  それはすぐに分っ  二等に分つ  ことなのか分っ  逢つた事情も分つ  あたしが分っ  否やすぐ分っ  銭物を分つ  方々によく、分っ  時にも分っ  事が、はっきりと分っ  へん、分つ  ものが飛び出すか分つ  母がほんとに分っ  ふたども、分っ  其在所が分っ  話で分っ  ように分っ  おかみさんが分っ  いた事がすっかり分っ  住所は分っ  特徴などが相当分っ  所が分っ  明かに分っ  行方が分っ  時に分っ  おばさま、分っ  戦争はすむと、分っ  明白に分っ  そなたも分っ  妹聟となると分っ  ひとり合点と、まもなく、分っ  ことが、薄々、分っ  事情の少しが分っ  宮方と分っ  何か、分っ  大辻さんには分っ  それからまだ分っ  今課長に分っ  時刻が分っ  出陣と分っ  ことは、ひとりでに分っ  当人どもも分っ  夫婦にも分っ  正季には分っ  気心はよく分っ  帰結は分っ  浅原八郎父子と分っ  部屋も分っ  ラツール氏だと分っ  声で分っ  君よりも分っ  そいつあ分っ  民族も亦この誇を分つ  居所は分っ  数右衛門、相分っ  行状など、分っ  先方に分っ  ことで、次第に分っ  それしかないとは分っ  天皇脱出と分っ  悩みはよく分っ  正成には分っ  心は分っ  曲法師なりと、やっと分っ  人間味なども、まずはよく分っ  ことがほぼ分っ  端にまで分っ  いるか予め分っ  一見には来たが、分っ  想像図に眩めくほど、分っ  宮方武士であるなども、分っ  お前さんにも分つ  やつと分つ  人情が分っ  事であると分っ  様に、宜いかえ分っ  これは分っ  お嬢さまと分っ  君に分つ  呼吸が分つ  ことはすぐ分つ  仕事をやめないと分っ  条理の分っ  正夫にもよくは分っ  初めから人間だと分っ  ところがよく分つ  私によく分つ  顔であったと分っ  ことはまず分っ  丘へ登って行ったと分っ  寝室を分っ  気もちはよく分っ  死とを分つ  根元とを分っ  消息は分っ  あとでは分っ  自分でもよく分っ  とっさに分っ  ズェウスと共に分つ  のとお訊きしましたら、分つ  森をもって分つ  色をもって分つ  話が分つ  それぐらゐ、分つ  事が漸く分っ  人がらも分っ  女中と分っ  自分のうなずきもじつはよく分っ  それも、来てみて分っ  胸もほぼ分っ  朝になって分っ  ものとは分っ  間に分っ  儲けが分つ  ことが起るか分つ  大体だけじゃない、すっかり分っ  ことがちっとも分っ  ことだか分っ  自分ではよく分っ  自分で分っ  ことだと分っ  ことがぽつりぽつりと分っ  本人は分っ  時から私に分っ  本人も分っ  不平を分っ  装いと分っ  おまえたちは、まだよく分っ  歯か分っ  行く先さえ分っ  味も分っ  処が分っ  相当に分っ  身体になるか分っ  原因が分っ  さまらには分っ  貴公には分っ  退路を断ちにかかっているとすぐ分っ  偽首と分っ  情報によっても分っ  将士に分つ  寂心にもすぐ分っ  自然、大きく分っ  話の分っ  委細は分っ  欠乏が分つ  ことは云わなくとも分っ  きりで下りられないか、分っ  ことなど、いわなくても分っ  以てよく分っ  それが忽ち分っ  一見して分っ  はじめてそれと分っ  無明を分つ  のでも分っ  消息が分っ  所は、すぐ分っ  夢窓には分っ  しかないと分っ  ものであると分っ  尊氏にはよく分っ  土地さえよく分っ  十軍に分っ  軍に分っ  効能などが分っ  男であると分っ  ハハハハハそれで分っ  ハハハハ、分っ  角度が分っ  稲野谷兵助じゃないと分っ  これで、分っ  味が分っ  事情も分っ  ことは既に分っ  不埒が分っ  編輯局では分っ  此事が分つ  眼にも分っ  手おくれになっていると分っ  居所が分っ  居眠りをして居ると分つ  跡が詳しく分っ  韻を分つ  当人に分っ  オレには分っ  急に分っ  原理がよく分っ  昔からよく分っ  原理はよく分っ  研究で分っ  機巧はよく分っ  発見によって、初めて分っ  性質はよく分っ  全面的に分っ  来訪が分っ  牢番号も分っ  ゆうべは、分っ  三方面に分っ  ことを恥ぢるに及ばぬと分つ  スクルージにも分っ  彼にも分っ  空騒ぎに過ぎなかったと分っ  自分達のだと分っ  相手に分っ  彼女はすぐ分っ  娘が分つ  誰にも分りすぎるほど分っ  こちらは分っ  之からして分っ  確かに分っ  のはすぐに分っ  ことが一目見て分っ  気をもって早く治すのでっせ、分っ  其処に居るとは分つ  物の分つ  友情を分つ  命令する、分つ  愛国者にはよく分っ  椈倉谷とを分つ  確実さが突然分っ  どこでだか分っ  君だって、分っ  姉や、分っ  ことをするか分っ  仕掛けは分っ  自分には分つ  私に分つ  之からまだ段段分つ  之からまだ段々分つ  大体は分つ  調子で分つ  前から分つ  手さぐりで分つ  部門に分つ  三種に分つ  電灯の光りで分っ  そうになりましたが、とうとう分っ  敵に分っ  わたしにもよく分っ  お話したら、大抵分っ  其をば覚えて分つ  いきものをね、分っ  工合は分っ  気心が分っ  それをば覚えて分っ  ものの分っ  皆まで聴かずとも相分っ  経緯は分っ  今はハッキリと分っ  方法は分っ  事は少しも分っ  成功したな、と分っ  われわれには分っ  人情で分っ  たかどうか、分っ  勘にはありありと分っ  老人だと分っ  のか、よく分らなかったが、後で分っ  どこにあるか分っ  こっちに分っ  二に分つ  一致して分つ  何もかも分っ  紹介しているので分っ  皆んなに分っ  彼には分っ  彼には分つ  花に分つ  僕にも分つ  お次にはよく分っ  孤児に分つ  顔立であるか、よく分っ  余光を分っ  行違つて漸と分つ  初めから分つ  発表でよく分っ  浩にもよく分っ  彼にもよく分っ  浩にも分っ  ことはすぐ分っ  心持は分っ  浩によく分っ  のだろうか、分っ  なに、分っ  んだと、ね、分っ  破れ目を見せるかが分っ  ことはほぼ分っ  だんだんに分つ  ほど自分によく分っ  うちに、ひとりでに分っ  十内には分っ  顔だとはっきり分っ  一棟を分つ  十一位に分つ  ムダとは分っ  それは、分っ  他人に分つ  ためだと分っ  芸術とに分つ  最初からよく分つ  むむ、さうか、それで分つ  大概其意味が分っ  親切者に分っ  都風が分っ  支流に分つ  ヌク沢とを分つ  明瞭に分つ  道を分つ  私だってそれほど分っ  学者は分っ  性質が分っ  深川は分っ  近ごろようよう腎臓病と分っ  外海と分っ  王子だと分っ  彼女にもよく分っ  膽と分つ  だんだんよく分っ  本当らしいと分っ  あとがハッキリして、すぐ分っ  魂胆がハッキリ分っ  位、もう分っ  士官は分っ  小作をしていれば、もう分っ  気持が分っ  ッく分っ  内容がいくらか分っ  商品がないと分っ  言ふことは良く分つ  まちがいであると分っ  全部だめだと分っ  世界だと分っ  東助さん、分っ  犯人と分っ  病気は分っ  言ふことは分つ  ことは、よう分つ  心持が次第に分っ  母から聞いてはっきり分っ  そりゃあ、分っ  幸福が隠れてるか分っ  待遇を分つ  日頃は分つ  前に分つ  国粋主義か、よく分っ  意志はよく分っ  ちゃんとあたしには分っ  生活なんて、分っ  のか、分っ  それやよく分っ  心はもう分っ  だいたいでも分っ  輪廓もほぼ分っ  こと、はっきり分っ  聖霊会と分つ  本心は分っ  好きだってこと、よく分っ  田原さんにもよく分っ  君に分っ  ものがはっきり分っ  田原さんにははっきり分っ  三道に分っ  ざいますといはれて始て分つ  態度がよく分っ  ことが始めてハッキリ分っ  方が分っ  オッく分っ  女だってことが分っ  こっちが分っ  相手も分っ  さらよく分っ  さがハッキリと分っ  末は分っ  自分にだけ分っ  小林秀雄にかかると分っ  名前は分っ  まま、飛び散っていて、後で分っ  彼女自身にも分っ  わたし、分っ  発見されるか、分っ  ところへ流れつくか分っ  誰だか、分っ  三類に分っ  注意を惹くとか分っ  果を分つ  ツバキがとんだので分っ  妻にも分っ  幹太郎に分っ  それも分っ  眼に見えて分っ  親族始め誰彼に分っ  食を分っ  訳の分つ  筋道が分っ  用だか分っ  鼠が盗み隠したと分っ  義理の分っ  真意が分つ  額は未だ少いが、分つ  衣を分つ  胸中は分りすぎる程よく分っ  喜びであるか分っ  非常によく分っ  奥底では決して分っ  だめと分っ  無電局名だと分っ  及落を分つ  結果、分っ  野村にはすっかり分っ  のか、はっきり分っ  気持がだいぶはっきり分っ  彼は、分っ  位はっきり分っ  場所は分っ  判然とよく分っ  慰安だか分っ  一緒だと分っ  相談をしてやっと分っ  事だけは分つ  下のものらに分っ  いどころが分っ  苦楽を分っ  以下五項に分っ  秘密が分つ  ものだと、分っ  のと分っ  名は分っ  事が後で分っ  訳の分っ  ここで始めて分っ  しか、分っ  後から聞いて、始めて分っ  から、透して見るとようやく分っ  一時に残らず分っ  路が分っ  事は、よく分っ  意味は分っ  二つの範疇に分つ  一人は分っ  事までも分っ  進歩において見出されると分っ  ことは書けないと分っ  事情はよく分っ  主が分っ  ものだかも分っ  喜久子さん、分っ  違いだと分っ  一人だけ分つ  明かに分つ  書名が分つ  體裁だけ分つ  新星を捜したらすぐ分っ  ことがまるで分つ  奥底から分つ  俺には分っ  だれだってそんなこたァ分っ  小倉君、分っ  勝手が分っ  翌朝袂を分っ  大分勝手が分つ  翌朝袂を分つ  心が少しも変っていないと分っ  彼にはよく分っ  おれを分つ  理窟の分つ  彼女自身でもよく分っ  だんだんに分っ  空っぽだと分っ  正体が分っ  後に至って分っ  一切がハッキリと分っ  嘘ではないと分っ  ドクトルの云う如くハッキリ分っ  有様がよく分っ  せいだと分っ  原因も、やっと分っ  ウン武夫君、やっと分っ  のか、まだ分っ  落選作と分っ  あなた自身にも分っ  人物がすぐに分っ  意味はよく分っ  これは成立たないと分っ  訳は分っ  これだけは分っ  位置は分っ  強情つっぱったって分っ  中耳炎と分っ  意味とで分っ  顔つきで分っ  就ては分っ  日本では分っ  筋は分っ  急にはっきり分っ  私によく分っ  これでよく分っ  後になってやっと分っ  ところ、まだいっこうに分っ  だんだんそれが分っ  ことは実によく分っ  かたが分っ  十二時に分つ  から、分つ  ほかにはないと分つ  考へがあるだらうとは分つ  空になることだとは分つ  言はせた、分つ  ことがよく分つ  分りでせうし、また、分つ  興奮が分つ  こともありありと分っ  心持は勿論分っ  のですよ、分っ  ところは分っ  こととは、考えて分っ  身にそえて分っ  黄金だと分っ  まごころのほどは分っ  ウムウム分って、分っ  ことがハッキリと分っ  ことなんて分っ  ア、分っ  ウく分り過ぎるほど分っ  ことはハッキリと分っ  圓朝おい、分っ  萬朝、分っ  のか、分った分っ  圓朝に分っ  何てよく分っ  顎を動かした、分って、ああ分っ  本人にさえ、まだ分っ  ことははっきり分っ  心もちがよく分っ  のか、よく分っ  両者は分つ  読者には分っ  音で分っ  のだ、ね、分っ  いるかが分っ  からようやく分っ  二人には分っ  彼も分っ  心がよう分っ  きえさんだと分っ  心もちもうすら分っ  ものだとは分っ  今でははっきりと分っ  それから、後で分っ  自分にさへ分つ  判然と分つ  自分にはよく分つ  何んや分つ  ちやアんと分つ  こと言はんかて分つ  お話でも分っ  一面にだけ区切られ、そうは分っ  かたも、分っ  かたなど見るとよく分っ  ことなどすこしは分っ  内容が少しずつ分っ  これで猶よく分っ  気持も分っ  納得やハッと分っ  勉強法が分っ  このごろだんだんはっきりと分っ  エレヴェーションは分っ  僕にはよく分つ  時にやっと分っ  ところで分っ  窓はよく分っ  子に分つ  お父さんに分っ  誰にもまして分つ  父に分つ  二三場面見てつまらんと分っ  時効ものと分っ  嘘とは分っ  ことは、聞かないでも分っ  これで、よく分っ  ピート、分っ  客なりと分っ  のだからとよく話したら、快く分っ  のがよいと分っ  二人によく分っ  春部に分っ  二人に分っ  それとすぐ分っ  結果も分っ  ことが、少し分っ  もんには分っ  ひろ子にさえ分っ  こちらには分っ  ひろ子にも近頃少しずつ分っ  男は、分っ  目にも分っ  知らないことが分っ  全部が分っ  殺害されると分っ  ことはあらかじめ分っ  それを分っ  店主が殺されると分っ  小僧庄吉だと分っ  庄吉にも分っ  富之助にも分つ  ことは、云わずとも分っ  三部門に分つ  夢におびやかされたと後で分っ  説明で分っ  様子のよく分っ  半生が分っ  後になるほど分っ  戦場は分っ  ことも、分っ  あれほど分っ  社会主義が分っ  居所の分っ  自分にも分っ  ようで分っ  一眼で分っ  ところまで分っ  一篇は勿論すぐ分っ  実験的にもよく分っ  心情的に分っ  のがようやく分っ  一般人に充分分っ  米から分つ  機能によつて分つ  事がよく分っ  方がまだ分っ  物が入るか分っ  それだから、よく分っ  物を分っ  我を分っ  これを分っ  順序として分らぬながら、分っ  絵画を分っ  袖を分っ  いずれも分っ  学者にはよく分っ  茎枝を分っ  短かい新芽を分っ  手に取る如く分つ  死期が分っ  凡そ五分宛三区に分つ  工場地帯と分つ  警察にも分っ  項を分っ  大門ですか、そう、じゃあ分っ  言葉が分っ  立場がハッキリ分っ  明に分っ  四階に分っ  針金とじに分つ  東京人に分つ  ことを分つ  ことが予て分っ  半生がはっきり分っ  光枝には分っ  無駄だと分つ  願つたので分つ  譯が分つ  用件は分つ  口からきいて分つ  原因が分つ  ものだって、分っ  今頃になって漸く分っ  スッカリと分っ  これくらいで分っ  ことなら分っ  敬二に分っ  ことだけが分つ  んだよ、分っ  一目ですぐ分っ  年を分つ  希望とを分つ  つながりが分つ  物さえ分っ  気質もよく分っ  んだと、分っ  あたしにも分っ  あたしにはよく分っ  あんたなんかに分っ  ちの云ひ分つ  分りかたで分っ  時間が分っ  間に、少しは分つ  男を通じて分つ  それ丈が分っ  推理で分っ  外からこっちが見えないと分っ  在所が分つ  苛責を分っ  苦しみを分っ  甲乙二班に分っ  駄目であると分っ  有様がハッキリと分っ  言葉はよく分っ  蓙を分つ  さも同時に分つ  書が分っ  落着いただけに、よく分っ  死ぬことは分つ  お前に分っ  ことも、あまりに明るすぎるくらい分っ  運転手に探して貰うとすぐ分っ  値打もないと分っ  今でもよくは分っ  父にも分っ  黒白を分つ  三百藩を分つ  これで一先ず分っ  ものは必ず分っ  原子として、分つ  物が分っ  いた事が分っ  おれにはもう分っ  さは分つ  相手だとよく分っ  つてえことが分つ  道が分つ  何をしでかすか分つ  おれは、どうしたらいいかが分つ  人間だと分つ  ものがよく分つ  関係してをると分つ  わけは分つ  ことはどうだか分っ  なにも分っ  身につき、おのずと分っ  境地をも分っ  体験数十年もたった今ようやく分っ  言ふやら分つ  心が分つ  露骨に分っ  美沢先生といえばすぐ分っ  道が分っ  ときハッキリと分っ  云つて呼びかけたので分つ  どこまで分っ  今ははっきり分っ  しまに分っ  由も分っ  それから横町に曲ると、すぐに分っ  マダムなら分っ  言葉が分つ  道、分っ  からそうと分っ  斑猫だと分つ  ものは分っ  前山翁も分った分った、もう分った分った、もう分っ  んだろ、分っ  身許も分っ  証言もあってハッキリ分っ  祝砲と分つ  ことのみが分つ  氏名が分つ  国民だとは分つ  わしにもまだ分っ  わしには、分っ  理由が、そこで、分っ  いるか、よく分っ  頑固は叩いて見なくても分つ  名誉を分つ  誰にでも分っ  ことがもう分っ  方面から次第に分っ  領域に分っ  嘘だと分っ  事情がはっきり分っ  気心も分っ  儘ではいられません、何もかも分っ  から、はじまつたと分つ  つたのが分つ  四段に分つ  年をとると分っ  ことが、しみじみと分っ  近年になってやっと分っ  ぼんやり私にも分つ  確かにいると分っ  癒しに来るなら分っ  一通り素姓は分っ  時よりは熟く分っ  足も好く分っ  部屋を分つ  大概さきが分っ  点はよく分っ  のが、笑いたいほどおかしく分っ  はじめから分つ  花子だと分っ  おぼろげながら分っ  ことまで、分っ  ことが、だんだんと分っ  者と分つ  身に沁みて分っ  八にもすぐ分っ  意味がやっと分っ  人間がまだ分っ  像が分っ  二日で分っ  四日位で充分分っ  芸術家が分っ  それはもうよく分っ  わしは始めて分っ  芸術家というのも分っ  中に迷いこんで、やっと分っ  字でも、分っ  武蔵には、もう分っ  許に分っ  手を当てて考えてみれば分っ  用事が分っ  状況がよく分っ  先から分つ  当り外れが分っ  昨夕時計を捲いたので分っ  のだ、分っ  目的も分っ  道理で分っ  人と分っ  日影色とで分っ  話などは仕て居ませんよ、ああ分っ  話声で分っ  挙動に分っ  丈でも分っ  約束で分っ  目には暗に分っ  手帳を盗んで送って遣ったなどで分っ  様子だ、分っ  錠までも卸してある、後で分っ  名前で凡そ分っ  是も後で分っ  何うして分っ  狂人と分り過ぎるほど分っ  振りで分っ  目的は分っ  婆の喋ったので分っ  匿まって置くであろう、分っ  オオ、分ったぞ、分っ  アア是で分っ  混って居ると分っ  液であると分っ  顔形で分っ  手腕が分っ  能く考えれば分っ  関係も分っ  是だけで分っ  余だと分っ  筋道だけは分っ  女と分っ  許り聞き合わせて見ると直ぐに分っ  後姿で分っ  恐れを帯びて震えて居るにも分っ  ところ誤聞と相分っ  助九郎にも、初めて分っ  彼女が分っ  時姉さんだと分っ  者ほど分っ  伊織に分っ  ことが相分っ  仕業と分つ  こと、どうして分っ  錐をつかえばいいと分っ  理屈では分っ  間柄だとはっきり分っ  のは、分っ  生活必要が本当に分っ  落込むと分っ  気持、分っ  ことが、何で分つ  楽を分つ  現象が分っ  位簡単に分っ  殆どよく分っ  成因が分っ  条件も分っ  構造が分っ  整理して見てはっきりと分っ  性質として分っ  実験で難なく分っ  大切なことが分っ  点が分っ  実験で分っ  機構が分っ  人もあると分っ  何であるかはまだはっきり分っ  本体がまだ分っ  ところまだよくは分っ  軍用金、分っているよ、分っ  憎しみも分っ  お父さんですよ、分っ  心もちが分っ  調子ですぐ分っ  哀れや分っ  部屋を細かく分っ  心は分つ  ごとに分っ  んだが、やっと分っ  人は分っ  方も、話されずとよく分っ  直接に分っ  男だとは分っ  顔色を見ただけで分っ  んだ、分っ  ことなどは少しも分っ  いるか居ないかが分っ  これだけ分っ  君だと分っ  レポを持ってきたので、始めて分っ  ちゃんと向うに分っ  戦術が分っ  ためになるかどうか分っ  職工たちにはよく分っ  もんですから、それで分つ  辺から段々に分っ  のだ、やっと分っ  訳も分っ  名前が分っ  様子まで略ぼ分っ  名前まで分っ  事丈が分っ  罪人が分っ  三時の間と分っ  道理が分っ  辺から段々に分つ  配列が分っ  計算によって分っ  別として、分っ  別にして、分っ  218であると分っ  十位も分っ  関係は分っ  配列が分つ  別として、分つ  別にして、分つ  218であると分つ  十位も分つ  關係は分つ  斯様にして分っ  三浦先生は、よく分っ  のが、くっきりと、分っ  清水一角と、はっきり分っ  眼で分っ  相手は、分っ  あとは分っ  一度に分っ  君だってことが分っ  間違いが分っ  手提はすぐ分っ  大分物の分っ  ことがはっきりと分っ  ことはすぐに分っ  黒白が分っ  譯の分つ  青二に分っ  不満なのはよう分っ  空電斑点であると分っ  音楽が分っ  今では分っ  部門を分っ  明了に分っ  岡田文部大臣だけは分っ  全体儒教が分っ  シナでは分っ  何区とかハッキリ分っ  字で読んで分っ  あれでなかなか分っ  夫人はさすがよく分っ  あれは分っ  いやさ、分っ  グズ弁にも分っ  存在が分っ  今初めて分っ  自分でもはっきり分っ  地理が分っ  目的とまでは分っ  刀自は分っ  文字とは分っ  一目見ると分っ  自然に分っ  ものだ、とハッキリ分っ  算定であるか分っ  本当だと分っ  末路をとげたか、分っ  僕にはやっと分っ  いますべてが分っ  明白と分っ  ときはっきりと分っ  通信と分っ  消息が、皆目分っ  これでハッキリと分っ  彼には分りすぎるぐらい分っ  ことが、どうして分っ  話をしても分っ  検分に出かけたとまでは分っ  胸で分っ  いまに分るさ、洗いざらい分っ  陳述で分っ  待合が分っ  先がそう分っ  心もよく分っ  ハゲていると分っ  徒党であると分っ  真実が分っ  これ、なんだか分っ  迷信とに分つ  此処へ来て初めて分っ  信仰が正しくないと分つ  カケガネがかかっていると分っ  情景がありありと分っ  真相が分っ  姿が見えないと分っ  大富豪の子供と分っ  今我々に分っ  殆ど今までに分っ  ことがピタリと分っ  全治すると分っ  申上げないと分っ  行先は分っ  良人でないと分っ  所在が分っ  から井戸だと分っ  ここまでいえばもう分っ  水鉛のありかも分っ  低能児と分っ  だんだん様子が分っ  居処が分っ  方法をかえてみると、さすがに分っ  友情を分っ  全貌は分っ  住所も分っ  好事家間には分っ  ことばかり、よくもこう揃って分っ  イヤに分っ  失踪が分っ  おらにはちゃっと分っ  血シブキで分っ  身元が分っ  限界が分っ  用品が分っ  存在まで分っ  怪力は分っ  ニセと分っ  ようだと分っ  審査官には、てんで分っ  結果、ついに分っ  狂者であると分っ  らを分つ  四州に分つ  から場所は分っ  家はすぐ分っ  経路は分っ  村人に分っ  小屋は分っ  十分に分つ  曲り角が漸く分っ  へんにぞっとし、そして初めて分っ  意味合いが分っ  ことだかはっきりはしないが、それでも、よく分っ  見込みがないと分っ  包みを背負ってるから、きかなくとも分っ  妙子に分っ  ことがなぜ分っ  ことなどが分っ  数々も分っ  脅迫がつづいて行われていると分っ  から之を分つ  爲とに分つ  ワケが分っ  タケノコを使っていたと分っ  店があるかも知れないと分っ  私たちに分っ  上京が分っ  ところもほぼ分っ  やつが分っ  名が分つ  三段に分つ  負担を分つ  服装からでも分っ  一例でも分っ  空虚さが分っ  上で分っ  美所が分っ  先には分っ  ぼんやり彼に分っ  理由も、よく分っ  事情もよく分っ  擔を分つ  段落の分つ  壁を分つ  月に分つ  一部を分つ  時をかく分つ  から駄目であると分っ  駄目だと分っ  ことでないと分っ  地点は分っ  仕業だと分っ  ものか、分っ  一言で大抵分っ  丞どの、分つ  アダムには分つ  二つのサークルに分つ  座を分つ  車夫にすぐ分つ  背後からでもよく分つ  事情がすぐ分つ  福を分つ  心とを分つ  身心は分つ  我を分つ  一にして分つ  假に分つ  君のことは洗いざらい分っ  光ですぐ分っ  人間が分っ  ばあいは分っ  探偵は分っ  ここにいたことは分っ  労働者たちに分っ  足跡で分っ  隠れ場所が分っ  経歴が分っ  トスカーナ人とを分つ  手さぐりで、やっと分っ  言葉も分っ  何んにも分っ  ものかと、少しばかり分っ  敗戦してみて分っ  職業がすぐ分っ  はい、分っ  ことの分っ  推移が分っ  一大危機と分っ  会合と分っ  運命を分つ  場所も分っ  一日一日と何やら分っ  地区に分っ  実感が分つ  実感が分っ  合ふことも分つ  主だなと分っ  負担を分っ  区域に分っ  全労働者階級に分つ  人間に分つ  これを分つ  事情が精しく分っ  頭に分っ  時期に分つ  私にはよう分っ  有難味が始めて分っ  手でおおよそ分っ  人数もほぼ分っ  もっとものようにも思われるが、そのじつはどうだか分っ  遁げた原因が分っ  からすぐ分っ  名前から年齢まで、すっかり分っ  のは、ああ分っ  如実に分っ  住所が分っ  住居の分っ  事物は分っ  そりやあ君、分つ  造作もなく分つ  呼び声だなと分っ  素直に分っ  三ヶ所に分っ  それを乞うに任せて分っ  幾等かに分っ  六区域に分っ  蝶子にも分っ  勘当だと分っ  妹だと分っ  父親に分っ  筋に分っ  痛みが分っ  しかし、どうも、そう分っ  身の上がもうすつかり分つ  幼稚さを分つ  だんだん意味が分つ  先は分っ  客観とか分つ  実質的内容として分つ  /″\と分つ  僕にも分っ  胸前や振り分つ  事を大抵分っ  段々後になって分っ  以前から自分にも分っ  銭も嵩まないと分っ  家にまで分っ  直き分っ  素姓が分っ  旦那がついたらしいと分っ  私にもよく分っ  私達にもすぐ分っ  君なんかよく分っ  ものであるかが分つ  卓を分っ  値打があるか分っ  われわれには一向分っ  戸口調査で分っ  寸法も分っ  僕にも、まだ分っ  はる子に分っ  うちが尚よく分つ  重大だと分っ  字は分っ  自分の分っ  のがどんなに分っ  芸術がいくらか分っ  真髄が分っ  心持、分っ  人には分っ  お話、よく分っ  いくらかは分っ  段階で分っ  実感で分っ  笑いとも泣いているとも分つ  仲毅生だと分っ  味わいが分っ  方法が分っ  旅行から帰つて来て初めて分つ  自分が分っ  これまで分っ  型がはっきり分っ  しろ、ちっとも分っ  限度も分っ  ことも又すこし分っ  ことがすこし分っ  バルザックが分っ  ものもよく分っ  ものについて分っ  私達に分っ  いるか、分っ  さがはっきりと分っ  君達にも分っ  悪いこともすっかり分っ  のですから、分っ  ことはようく分つ  良否は分っ  くらゐ分つ  非力がよく分つ  姉妹をも分つ  さを分つ  剣法がすこし分っ  手順が分っ  やり方が分っ  工合が分っ  周囲も分っ  時代がよく分っ  声が分っ  ものがちっとも分っ  気風も分っ  危険はよく分っ  森長さんに、もし分っ  ことはよほど前もって分っ  午前だぐらい分っ  話でほぼ分っ  逃亡が分っ  間違いだと分っ  家だってことが分っ  後で分っ  苦労してるか分っ  動きが分っ  威霊を分つ  厳密にいって、たれにも分っ  気もちが分っ  一切はかれにも分っ  世間へ分っ  口から、すっかり分っ  決意はよく分っ  心中は、よく相分っ  ウム、分っ  けじめくらいは分っ  捜査により、のこらず分っ  袖を匿っていると分っ  足どりはすぐ分っ  幾分か分つ  調子だけはほぼ分っ  から始めて分っ  私から見れば分っ  初めからよく分っ  たか、分つ  網が分っ  相談と分っ  養女美和子だと分っ  いつ誰に出逢うか分っ  文学はいま書かなければならないとは分っ  四つに分つ  世の中には分っ  ところまでは分っ  正体も分っ  いつになったら現われるか分っ  のなら分っ  人間だとすぐ分っ  紅高砂家はすぐ分っ  誰か分っ  商売が分っ  貴下に分っ  後になってハッキリ分っ  孰れにもはっきり分っ  読みっぱなしで分っ  天つ神とを分つ  うちに分つ  世相諷刺などほとんど分っ  詳細は分っ  年代であるから、分っ  端にまでよく分っ  一面が歴然と分っ  生涯が、分っ  ところやっと分っ  生活に落ちてゆくかが分っ  だってよく分っ  事もよく分っ  そうにさも分っ  一沢を分っ  屬名は分つ  山崎に分っ  明確に分つ  底が分つ  方角はよく分っ  うりで分っ  今まで調べて分っ  初めからよく分つ  仕事がよく分つ  二つともがよく分っ  いるかよく分っ  ことがすぐに分っ  ぱんの事実で分っ  状況は、すこしも分っ  ことは、どうして分っ  ことが、どうしてそんなに早く分っ  ことは、もう分っ  みんなはっきり分っ  壮助にも分っ  意味がはっきり分っ  ことが顧みられて、はっきり分っ  のだけが分つ  労力を分っ  それが、つまらないと分っ  特に政治家に分っ  身にしみて分っ  懸命さを分っ  私にもようく分っ  女だし、分っ  気配が分っ  気配が分つ  様がよく分っ  けが微かに分っ  便りがなくてもほぼ分っ  事が次第に分っ  言や分つ  白砂糖を相分つ  のだと、後で知ったけれど、そう分っ  苦樂を共に分つ  なり細かく分つ  食ひものまで分つ  事も分りよいし、分つ  端にまで、よく分つ  茶も分つ  ぼくには分つ  双葉にだけは、いささか分つ  誰でも、分つ  ものと分つ  自分がよく分つ  のが、はっきり分っ  僕には分っ  柿沼治郎だと分っ  社長柿沼治郎氏と分っ  真相は分っ  家を分つ  妻に分つ  ほどは分っ  それがだれだか分っ  あなた、分っ  奴と分っ  今日漸く分っ  作家を分つ  奴はすぐ分っ  それが本当に分っ  後で分つ  母が亡くなってみるとはっきりと分っ  拠り所が分っ  



前後の言葉をピックアップ
別ち  わかち  分かっ  判っ  解っ  わかつ  若槻  若月  若作り  若づくり


動詞をランダムでピックアップ
かえそすみひらめい切り詰め歩み寄る放れりゃわかんだしぬい食い切ら引止める越えん着る落ちこぼれ飛びまわらあづから繰り延べ抜け出せるひしゃつぼむ寄り添え
形容詞をランダムでピックアップ
賑々し汚かっよしな涙ぐまし荒々しき人臭き薄ら寒き普きごつきものう痒うとぼしかっいとしき押付けがましいいとけないおもいがけない擽ったくってひどかっ呪わしいしたしく