「凝っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 凝っ[動詞]
志津は凝っ  身装を凝っ  肩が凝っ  殺気の凝っ  表情で凝っ  瞠られて、凝っ  障子に止って凝っ  ヒンズーに凝っ  よう、凝っ  段差のある、凝っ  臭気は凝っ  技術技巧に凝っ  支那料理、凝っ  気の利いた凝っ  眼に見えずに凝っ  ショーウインドに凝っ  ところは、なかなか凝っ  反抗を捨てて、凝っ  必死の凝っ  剣に凝っ  連珠に凝っ  玉乗りに凝っ  茶を飲みながら、凝っ  天理教に凝っ  表紙を凝っ  花に凝っ  水蒸気が凝っ  力が凝っ  色が凝っ  昔はだいぶ凝っ  ほうに向け、凝っ  山気の凝っ  中にある凝っ  首をねじって、凝っ  朝日をうけて凝っ  陶器に凝っ  森を凝っ  サエが凝っ  母親にたかって、凝っ  ミサ子は凝っ  思いが凝っ  ほか二三人がかたまって凝っ  心持を表していいかわからず、凝っ  みどりは、凝っ  眠りを妨げまいと凝っ  それに凝っ  斜光に照らされて凝っ  目で凝っ  これは凝っ  先頃から肩が凝っ  凝りに凝っ  雪が凝っ  蝋燭の融けてまた凝っ  心理学に凝っ  様子が凝っ  必殺に凝っ  発明には、こういう凝っ  ゴルフに凝っ  碁に凝っ  輝やかせ、凝っ  通りに凝っ  二人は凝っ  席に坐って、凝っ  力、凝っ  外から眺め、大いに凝っ  寝台で凝っ  ことなく凝っ  うすい膜つけて、すいて凝っ  どこまで凝っ  どこからか凝っ  まり肩が凝っ  スポーツに凝っ  大気が凝っ  哲学に凝っ  ように身じろぎして、凝っ  青年が佇んで、凝っ  本だよ、と云われても凝っ  中で凝っ  盲にするとは凝っ  桐で指された凝っ  時であった、凝っ  表情をして、凝っ  彼は凝っ  顔を凝っ  臆せまいと思い凝っ  未練げに、凝っ  ょんと跳んで、凝っ  学問に凝っ  ように凝っ  すべて小さな体躯が凝っ  輪乳に至るまで、凝っ  からないくらい凝っ  露と凝っ  擁き迎えようとしながら、凝っ  一隅に座って凝っ  ひところ競輪に凝っ  文学に凝っ  位、凝っ  彼も、凝っ  午後まで凝っ  眼を凝っ  一念芸道に凝っ  あれに凝っ  妙な、凝っ  一点に凝っ  趣向に凝っ  空気が凝っ  スピリチュアリズムに凝っ  気は凝っ  拳が凝っ  ショックで凝っ  霞が凝っ  口調とか凝っ  柔術に凝っ  交霊学に凝っ  孫悟空に凝っ  猟犬に凝っ  二色刷りの凝っ  ものに凝っ  腎臓がわるいとかで、凝っ  女たちの凝っ  文章に凝っ  一日として凝っ  煙草道具にもなかなか凝っ  油絵に凝っ  板前としては凝っ  傍にいず、凝っ  老人は凝っ  勉強で、余り凝っ  動物に凝っ  京都の凝っ  ほうが次第に堅く凝っ  距離を計ったり、凝っ  唇もしめさずに凝っ  大変着物に凝っ  ころ登山に一応凝っ  なかには凝っ  美貌の、凝っ  前を通りかかると、立ちどまって凝っ  口を凝っ  砂が凝っ  バロックに凝っ  以来俳句に凝っ  硝子戸によりそい、凝っ  扮装に凝っ  肩へ凝っ  奥に、悪く凝っ  執念は、凝っ  楽にはならざり凝っ  怪我あねえのに、凝っ  血糊が凝っ  双眼に凝っ  視線が、凝っ  書道に凝っ  書に凝っ  まま、凝っ  横顔に、凝っ  雪に据えて、凝っ  瞳を定めて凝っ  動きを凝っ  唇を凝っ  図ではあるけれども、凝っ  時は、凝っ  後ろ背の、凝っ  溜息が凝っ  写生に凝っ  庭園は相当凝っ  写経にばかり凝っ  お互いにしばらく凝っ  刀身を凝っ  上へ起き上がって凝っ  表情を含んで凝っ  僕なんか、凝っ  輪を凝っ  娘は凝っ  身を投げ出してしばらく凝っ  土地に馴染むまで、凝っ  黒驢馬は、然し凝っ  商売にばかり凝っ  渦を巻きながら押し寄せて来る、凝っ  蒼黒く凝っ  緑が溶けて滴って、更に凝っ  真白に凝っ  ことに凝っ  一生を、凝っ  胡坐を掻き、凝っ  息が白く凝っ  露の凝っ  好事家で、凝っ  嫉妬に凝っ  室内は、存外凝っ  殺気は、凝っ  目つきで、凝っ  次から次へ積み重ねすぎて、かえって凝っ  少量ではあるがごく凝っ  舞踊体操に凝っ  家としては凝っ  小説などに凝っ  作りようなどもきわめて凝っ  非常に凝っ  ものは並べてある、しかも相当凝っ  易断に凝っ  体を凝っ  ように、凝っ  朝子は凝っ  ひろ子は暫く凝っ  玉に凝っ  一時ひそかに凝っ  服装に凝っ  マニ教に凝っ  胸から噴き流れて凝っ  血が凝っ  欄間には凝っ  なにしろ、凝っ  顔を伏せて凝っ  ことを凝っ  作品に凝っ  思想の凝っ  暗黒が凝っ  嬰児で、いつも凝っ  剣術に凝っ  庭を凝っ  からだを、凝っ  顔に凝っ  ように凝れるだけ凝っ  結果、凝っ  ような、凝っ  情熱が凝っ  ぜん肩が凝っ  ここにばかり凝っ  弱所欠点が凝っ  ここに凝っ  むかしながらに凝っ  夜あけを凝っ  洋館はバカバカしいほど凝っ  数年来唐手に凝っ  じみな凝っ  腕組みで凝っ  鬱血に凝っ  何段にもなった凝っ  のだろうと感じ、凝っ  彼らが今や凝っ  大気焔は、凝っ  音をさせて、凝っ  ウーム、気取らねえで凝っ  方へ、凝っ  禅に凝っ  かなりに凝っ  顔をキッと仰向け、暫く凝っ  文章は、なかなか凝っ  達磨になって凝っ  蒸気が凝っ  類をみないなかなか凝っ  処に凝っ  玄人が見れば凝っ  一つでまず凝っ  周囲に凝っ  色の凝っ  道を、凝っ  通ななり、凝っ  敷地に、凝っ  紙質がやや凝っ  霧に凝っ  賭け将棋に凝っ  ほどホイストに凝っ  鼠なんかに、そんな凝っ  利益はありがたいが、そう凝っ  だんだん露が凝っ  高まる気持で、凝っ  高価な、凝っ  方に凝っ  一日家に凝っ  一太は凝っ  はりゅうとして凝っ  夢中に凝っ  結城ずくめの凝っ  重吉は凝っ  重吉を凝っ  人力が凝っ  眼付で凝っ  ままこちらを凝っ  殆んど凝っ  いたずらに凝っ  編方が凝っ  近頃のはわざとらしく凝っ  贅沢に凝っ  まま使って、なかなか凝っ  のを感じながら、凝っ  持物の凝っ  掩われて、凝っ  戸を敲こうとしたが、凝っ  のや、恐ろしく凝っ  宗教に凝っ  俳句に凝っ  視線を凝っ  一白に凝っ  さまざまな凝っ  中でこういう凝っ  衣食住に凝っ  湯気の凝っ  側で凝っ  瑠璃色に小さく凝っ  冷気とが凝っ  息吹きが凝っ  濛気が凝っ  一念に凝っ  能楽に凝っ  杉木立や、凝っ  微笑が凝っ  棟裏に凝っ  掌に乗せて、暫くは凝っ  忠義に凝っ  空間を凝っ  数寄者を驚かす凝っ  特別探偵に凝っ  一也はにわかに写真に凝っ  弓にばかり凝っ  のに凝っ  面を凝っ  一番きれいな、広い、凝っ  芸ごとに凝っ  全身に凝っ  マチマチに凝っ  斎田氏のは凝っ  つけどころが凝っ  発句に凝っ  金持だけに凝っ  あんたはなかなか凝っ  眼は鋭く凝っ  警察犬に凝っ  一念嫉刃に凝っ  品の凝っ  着付けの凝っ  北に凝っ  柱、凝っ  字だと、凝っ  実験に凝っ  角力に凝っ  立止まって凝っ  金光教に凝っ  これほど凝っ  純粋戯曲論などに凝っ  案内とは、こらまたえらい凝っ  写真に凝っ  それが凝っ  女に凝っ  投書に凝っ  人生案内に凝っ  ロマンティシズムが凝っ  様子で、凝っ  一時安心しただけで、凝っ  心持でしょう、こうやって凝っ  これに凝っ  別にそう凝っ  鏡よそんなに凝っ  山椒魚に凝っ  放蕩遊芸に凝っ  文化が凝っ  急に凝っ  心霊術に凝っ  イタリア歌劇にすっかり凝っ  わけだが、凝っ  表情で、凝っ  体つきや凝っ  ヴィクトーリア・ゲンリボヴナとが立って凝っ  ような凝っ  自然は、凝っ  空もろ共に凝っ  一世一代の凝っ  俳諧に凝っ  変に凝っ  立体的に凝っ  点々と凝っ  葉の繁りに凝っ  ブロマイド式に凝っ  



前後の言葉をピックアップ
小力  コヂハン  こぢんまり  コヂンマリ  小ぢんまり  こっ  梱っ  国家  国貨  刻下


動詞をランダムでピックアップ
啜り上げ爪繰っ取離しおりれ誦すれつぼめる踏込まめしあがり連れ合う澱め遠のきころげこみたか思い出すふりかかりうすめれ逃げまどうあげろ会わさきずきあげ
形容詞をランダムでピックアップ
真白いもろう情けなし淡きあら荒々しすごき難きめずらしかっうるさかろひどけれけだかく繁いむず痒恐多なつかし良い術無く残多いおとなしき