「共」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
共どうかんがえても  共あんまり思がつもったので  共なびく様子もなかったので三位が三年目と云う  共なびく景色もなかった内に三位殿の上になってしまったと云う  共またしとうて来たりすると  共さすがにきのう今日の事と思って居なかったので  共まさか命をおとりになるほどの  共おそい早いはあったけれ  共そんな風になった  共に行く  共にある  共枯れに散るより  共は押し上げる  共そんなことは誰も今まで云って居なかった  共あんまり才のない女達は車のゆれる  共死んでも貴女を忘れませんよ  共悲しさはますますひどくなりまさって行く  共からだのすみ  共その中でも目立った  共どうしてもそれが思われてならなかった  共小憎らしいと云う  共分らなかったと見えて  共にする  共に曹操の大計画に参加した  共なわれて  共悪い批評をうけてしかめっ  共そんな事はなんでもないと思わなければならない  共に生活出来ない  共にした  共に抱いて  共にうどんを食べ  共にして  共に許す  共この美にささげる  共について歩いて  共もう寝て  共たった一人の妹を愛する  共に喘いで居る  共そうある  共若しそれがきたならしい子だったら只もう不愉快な感ばかりになって仕舞う  共罷向ひ申すべくとありしかば  共なる向上進歩が手堅く裏付いて  共に一致する  共にさせるには  共に行けば  共にさせられたという  共実際の衣の襞を研究して  共は巧みに手をあげ  共に知り  共この家一さい一人手で切り盛りして居るので  共どうした  共深い事は知らない  共時々いい加減の挨拶をして居たが  共ならでは立ち得ざる  共に遊ぶ  共に動いていた  共によろこんで  共喰いをする  共今や平氏は完く  共この筍はこまりはてけるが  共訳したことがある  共何だか行かなくては  共その鹿はもう三月前に死んでしまいましたの  共その人はあんまり若すぎました  共いつものようにうたをうたって  共どうぞ森の中に一人で住んで居る  共臥しに横たわった  共食せられる  共は平気で遊んでゐるが  共に行き  共とにかく男よりはもっと細っかい  共云う事はお互によく分り合って居た  共めんどうくさくもあるし  共が来るから  共に遊んでいる  共に呼吸生息する  共に血を吐くほどな  共に誤っている  共に住む  共その次に行き会った  共喰いの蛸配みた  共に想ひ出す  共に鼓動する  共とにかく自分達が此那に幸福に暮して行けりゃ  共どうもちっとあれが気になる  共細い手でもっておさえて居る  共どうしてもその気になれないので  共思ってる  共とうとう又楽屋うらのう  共どうと思うでなく  共に服装の云々はある  共その次会った  共が洞窟から出て来た  共そう云う  共として吟ずるか  共その終い  共に死のうとした  共に烟のように亡くな  共討取の六字があるので  共について行つて下さる  共この才覺たのみ度よしを言ひ  共どうしてもなくなった  共どうしても目つからないと云うので  共かせぎしても  共止まらない速い風に持ちさられて  共に笑った  共もう年が年だから今度の話は先が承知すると  共に繰返して  共何故あんなに邪魔が仕たい  共何だかわだかまりの有るらしい  共その文盲な親達はせっせっ  共やっぱり子供の時からの癖で働く  共もう二十年以上も会わない  共間もなく恭吉は狂気の様な熱心と執拗さで発表された  共に死なんと誓いしならずや  共教える任にあたった  共思いきった様にあけて  共もうあったか  共にしたとはいうけれど  共に勝負事を試みたり  共笑う時にはいつでも顔いっぱいに笑う  共やっぱり頭のねれて居ない  共思って居る  共尊い悲しみと云う  共その望は到底みたされ  共すぐ元に戻った  共その影のうすい様に細い体や愁の絶えない  共その夫になくなられて  共其の黒い確かな瞳には力が籠って居て  共とうとう叔父が学校へ迎に来て呉れると云う  共いつの間にか子供の正体ない眠に落ちて  共知らない人だったので黙って居ると  共その時からどうしても棺の傍へもよれなくなって仕舞った  共とするにつれて  共そのしずかな部屋のまどの外はもう気の狂った  共何となく不安心なあの人の身の上に変った  共に憂ひ  共悪くパッとしたと  共に伍を為す  共に離れ  共いい工合にこの位の雨であったら蒔いた  共に第七圈に達すれば  共に思考するというまでには  共に思考してるという  共にはたらくが  共にめぐりつ  共に遁れ帰つたが途中アントニーはクレオパトラが死んだといふ  共にされた  共在して緊張的構成を形成するにしても  共にするの  

~ 共[名詞]1
ふところに入れて歩き出されたけれ共  年月恋をなして居られたけれ共  さまざまにしたけれ共  ようにかえしましたけれ共  事はあろうと思って居たけれ共  事はあるかも知れないけれ共  幸をいのったけれ共  手をわけてさがさせて見たけれ共  事が聞き出されたけれ共  死なば共  俺も共に  ものの共に  運と共  尻尾を生やした呑んだくれ共  手伝ひ共は  阿波へ共に  山里にげす共の  噂にきいて居るけれ共  筆をしめしたりして居たけれ共  ようにといのって居るけれ共  垣根際によって行ったけれ共  久しぶりで共に  列に加わり共に  童男に共  事だろうと思うて居たけれ共  親族とも共に  最初に共に  鼓動をさえ共に  湯に入り共に  間に共に  内外人の共に  家族も共について  九時頃だったけれ共  様に聞えるけれ共  呼吸し共に  孫三郎何れへなり共  時と共  聖賢の共に  運命を共に  穴あき共は  者の共に  顔つきをして居るけれ共  私達は共  他人と共  一緒にだきしめ共に  といへ共  赤松以来の共に  ものを共  セルゲイと共  自分も共に  ところへ共に  事は知って居るけれ共  馬鹿もの共が  人との共に  人々とも共に  思慮し共に  思いになり共に  払ひ共の  解釈の共に  親子嫁姑の共に  花売り共が  卓をさえ共に  浮沈を共  音と共に生き共に  小首を傾けたけれ共  気もするけれ共  大変に迷ったけれ共  気違ひ共に  時さえ有ったけれ共  其もの共が  胆吹御殿のつわもの共も  哀猿悲鳥を共として  徒と共  沢田と共について  許り入って居たけれ共  時はすぎましたけれ共  満足させるには共  子路之に共  名を呼んだけれ共  心を痛め共に  一人身で居たけれ共  ニコリともしないで居たけれ共  微笑はしたけれ共  名を付けられて居たけれ共  気ままに教わって居たけれ共  一寸手を引いたけれ共  まんまねて居たけれ共  衆星これに共  くせだけれ共  事なんかにはなれて居るけれ共  半分ほどになったけれ共  肇も知ったけれ共  幸福にあらせたいなんかと思ったけれ共  様だったけれ共  理屈を並べたけれ共  泣き止みはしたけれ共  瑞村と共と  さがみちて居るけれ共  どこに居たってかまわないとは思うけれ共  共に憂ひ共に  風下にたってちっ共  淑女貴婦人の共に  戰ひ共に  三の共に  仕事をし共に  人と共  感謝し共に  識者の共に  敗北し共に  詩人は共  相反的判断が共  予も共に  

~ 共[名詞]2
すけれ共  なるけれ共  うけれ共  ぜひ共  なく共  なけれ共  無く共  ぽん共  少なく共  然共  

複合名詞
私共  頭もろ共イヤ  圏内圏外共  二匹共ぜんまい  進退共  自他共  形影共  ざいますまいけれ共君  共君  ゃだけれ共  づと共  武士共  もろ共  共中  児共  パルチザン共  わたくし共  二人共震  二人共  弟子共  悪友共  村人共  魚属共  老来春来共  両人共理髪  親類共  善悪共  後私共  奉公人共  五人共  今私共  矢張私共  身心共  幕下共  生徒共  鬼共  少年共  不良共  男共  迷悟共  人共  猿鶴共一席  小作人共  人足共  女共  みな百姓共  大道寺共  紙代印刷費用共  山姥鬼婆共  師弟共  三人共家出  三人共学問  是非共  左右共闃然  両方共  狸共  名実共  ゲハイムラート以下皆往復共  田畑山林共水越石  心身共  チンピラ共  弱輩共  手前共  二人共雪  ラレテ防風林沿河ニ錯落スル鴉共狙タレタ冬  鴉共  共力  摘ミ来リ相顧ミテ共ニ驚  四季共  馬もろ共横  両方共かすか  両方共無一物  双方共背後  日共上川委員長  山中共  五百仙人共一峯  野郎共  押丁共  陰陽共  皇后共  学徳名望共  地頭共  兩種共樣  ぬき共  上下共  位置共他  アイヌ共此女  男女共  身共  放免共為二強盗  放免共  放免共俄  放免共後  男放免共  ルト共ニ  天神地祇共  三人共それきり一言  悪魔共  惡魔共  代議士共  誰彼共  二人共面伏せ  二人共沈黙  二人共涙  二人共絶体絶命  夫婦共脊  畜生共  意地悪共  猿共  二氏共  各国共  娘共  声涙共  わたくし共四人  質量共  二人共気鬱  職工共  名誉職共  狐共  役人共  此犬共奴  豚共奴  二つ共愛  兵隊共  二度共  歌共  二人共妙  レ共私  船共  レ有候得共私荷物ハ  候得共  成瀬共  レ申様重役共  女房共  人間共  執達吏共  戦友共  内外共  坑夫共  蟻共  牝牛共  仔牛共  畜牛共  今朝私共  卒共  大食家共  木虱共  貪食家共  坊共  大食共  小鳥共  野蛮人共  虫共  雛共  蜻蛉共  蜂共  毛虫共  両方共軟体動物  人民共  なほ私共  賊共  狂人共  浪人共  餓鬼共  奴共  両方共焼穴  三日共雨  是非共行つて  男女共褌一つ  むとて四十人一ときあまり共  顔役共  われ人共  天人共  雙方共今  大名共  共口  学者共  人間共働  島民共  青年共  蝙蝠共  水兵共  狼共  その後狼共  三人共庖丁  三人共  馬鹿野郎共  熊蜂共  伴天連共  香具師共  香具師共ドッ  人買共  オイ野郎共  追手共  茨組共  下界人間共  臭気もろ共  子分共  山賊共  手下共  小僧共  双方共上品  両人共便所  自分共  両人共  わたし共  召使共  家来共  惡太郎共  従つて私共  法師共  國共  時,名實共  奴共別  共外  愚劣政治家共  醜業婦共  二人共ノソノソ  ふたり共  当時声跡共相高  當時聲跡共相高  戸数共  共ども  ホンモノ共  二人共出世  酔ひどれ共  成金共  展ベ願ワクバ塵ト灰トヲ共ニセン  彼我共  悪僧共  秀吉共  海陸共  私共二人限り  私共二人  私共四人  二人共近頃流行  みな私共  上私共  内外共多事  結局心身共  各州議会共山崎団長  下院議長共  幾つ共  差別ナク騒ガシケレバ其為ニ百姓共ハ農事  兄弟共ミハイロ  大人共  共作  二人共木枕  両方共路  将士共  乞食共  軍需成金共  是非共お願い  水夫共  双方共彦四郎貞宗  勇士共  悪人共  叛軍共  盗賊共  悪漢共  捕方共  将卒共  姉妹共  同居人共  蛇蛙共  二人共晴々  予モ君モ共ニ漢朝  兩作共  通り手前共  二人共陸軍騎兵中尉  もの共  双方共それ  雑兵共  舟子共幾人  反動共  両派共これ  夫婦共  教師共  嬶共  朋友共  終ルト共ニ  ルト共ニ單ニ附隨的ニ行動シタル伊藤博文等ハ  ズシテ勞働ニ基ク所有ニ一變スルト共ニ  當ナルト共ニ  積極的發達ハ此財源ニヨリテ自由ナルト共ニ  用ニ備フルト共ニ  日本帝國ガ國民ト共ニ亡ビザル限リ銀行省  同盟罷工ハ工場閉鎖ト共ニ此  ザルト共ニ  勞働ハ男子ト共ニ自由ニシテ平等ナリ  父母共ニナキ兒童  男女共中學程度終業  ニ於テハ漸次消滅スベキコトヲ信ズト共ニ  國民ハ平等ナルト共ニ自由ナリ  生長ト共ニ參政權  土地ハ土地私有限度ニヨリテ一度國家ニ徴集スルト共ニ  ラ私利横暴ヲ制スルト共ニ  ト共ニ劒  附セザランコトヲ企ツルト共ニ  鬼共哄  褒貶共  両所共上部ハ鐵器  男女共筒袖股引  通客共  二人共悧巧  公武共  拙者親共  共食  仲間共  つて共  侍共  女中共  無頼漢共  わる共  彼等悪漢共  近く共訳  公私共  老少共  凡俗共  着色共  動き共  我共  私共すべて林町  國共歴史  二人共弔皮  ざっぱなことだけれ共  是非共必要  馬鹿共  貴族共  事二人共  何共申訳  時私共  親共  縦横共  百姓共  町人共  重役共  朋輩共  足軽共  見物共  鵞鳥共  歓び共  河童共  二人共頸  親子共文句  二人共長生  死苦共  共箱  二面共  俺達資本家共  是非共ひとこと  二本共  恋人共  共後  共色  共電式  良男良女共所レ生子  身分職業共  ゾイラス共  奸吏共  漁夫共  郎党共  榊原康政共  是非共細君  私共非常  ドングリ共  君臣共  白鼠共  荒くれ共  双方共  双方共浪漫家  双方共洒然  是非共自殺  双方共大切  両方共真面目  ガキ共  雄鶏共  私共哀れ  元利共  候共右日限  讀書執筆共  芸者祝儀枕金共二円  池宮秀意共訳  兩宗共  三つ心身共  英国人民モ共ニ是レ聾盲ニシテ  初め男女共分  子供四人共丈夫  木偶共  挙止人相共  警官共  悪党共  小作共  蝿共  観客共  ギャング共  オカミサン共  二つ共  つた猿共  附候得共  村共三軒  共比量  三度共此大章魚  党員共  農民共  強者共  我武者共  地侍共  其者共  武者共  其後一揆共  史家共  母子共健在  作男共  鳥共  木共  烏共  水共  身神共  是非共白  いふ老人共  レ共  弟共  二人共早口  折節共  二項共  犬共  双方共老妓  猛獣共  囚人共  わたくし共三人  兵卒共  行つてわたくし共  わたくし共二人  数説あれ共  僧俗共本寺有  堺町役者共  百姓共申立候様  二日中一五ヶ所物共可二罷出一旨加二下知一  并オトナ共  両家共  三度共運  両方共膝小僧  二人共手当  当時私共  その後私共  看守共  溟心共  二人共向き  共揃  双方共寄宿舎  是非共万遍  三人共腰  左右共  東西南北共  双方共距離  福麻呂二人共名  是非手前共  告白スルト共ニ  人夫共  夫婦共殆ど  ニ就床シマシタケレ共  ケレ共  権利ガアルトハ思イマセンケレ共  鶏共  共額  乳牛共  これ共  容貌風采共  扮装共  曲共  中間共  ごろつき共  兄弟共性格相似  二人共お母さん  鉛硝石共買  学生共  親子共胸  カナリア共  小娘共  両方共頭  両方共拘引  双方共何時  双方共口  二人共跣足  今日私共  私共最近  不平分子共  下足番共  馬鹿野郎共め  餓鬼共ア  僧共  吉凶禍福共  眺望四季共  二水共  蟹共  少女共  黒人共  珍魚共  両親共  作共  印紙税共四百二十円  先生共  与力共  二人共山  打出シト共ニ群衆ニ紛レテ脱出セ  亡霊共  クラシック共  重臣共  虫共ぐらゐ  返事もろ共  二人共警察  記者共  來各座共床  兩方共  野郎共僕  侯共  二人共どちら  二人共めいめい提灯  内容共  三人共指環  共力者  子共  薄笑ひと共  親子共  双方共頭  指もろ共  二人共相好  是非共子供  金持ち共  私共団員一同  妾共  妾共二人  坊主共  悪太郎共  文字通り心身共  タヌもろ共  ろ共  責務タルト共ニ延テハ国際  日共  汝共  私共三人  火星人共  二人共亢奮  孫弟子共  巡礼共  身共たち  來る言葉共  兩戰役共  后共  大東共報  共存共榮人類  上下相愛共存共榮  共存共榮  大男共  下宿人共  芸者共  行つて共  やまだ女共  二人共一寸默つて  医師共  婦女共  彩色表紙定価郵税共金二十銭著者  甲乙共  われひと共  使用人共  悪漢坊主共  犬共め  あいつめ共  双方共無理  連日足軽共  家畜共  松共  葉花共  茸共  毒茸共  阿呆共  全体我共  年齢手腕共  私事訴出候共  東西共  吉凶共  外私事訴出候共  體私共  父母共  兩方共法律上罪  書共  瓦斯共  とき私共  古今共  藩共  士民共  出入共  一言わたくし共  わし共  三晩共社  二軒共余り  兩手共  兩人共夢  息子共  友人共  自動車もろ共  友吉親子もろ共  歌曲共  役員共  子守共  童子共  匂ひと共  共愛病院  能所共  父子共  共死  自己共  二人共満腹  二人共安眠熟睡  悪童共  手前共主人  我々共  三人共男  ため私共  拙者共  三つ共  通り私共  俺共  其方共儀  殊ニ其方共  ク其方共  其方共申立ヨリ相知レ候  其方共助命申付  半年分前金税共一圓十錢  私共一家族  私共はじめ村  家来共一同  我人共  紀共  目明し共  部下ト共ニ東京ニ来航シテ居  主客共  容貌技芸共  其方共  室共  メリヤス上下共十五通  鉄色メリヤス上下共十五通  赤えびす共  そのもの共  主客共愉快  乾分共  軒共  両日共  今日官民共  二人共躰  両々共  すっぽん共  門弟共  ナグレ浪人共  助太刀共  諸国糸商人共  積問屋共  入用共  惡者共  兄共  双方共あまり先  銘々共  弥次馬共  進上納共地代二十両  百姓共三  駕籠屋共  女共どこ  物共  後共  アル該家屋卜共ニ  自他共便宜  此後共  月日共  一時わし共  人物経歴共  智力根気共  我輩共  蚊士共  コケ共  欲ボケ共  古本屋共  小舟共  兵共  人物經歴共  方共  唐人共  攻防共  眼共  野郎共呼ばわり  コイツ山師共  山師共  手前共仲間  三様共  次男坊共  友達共  去年妾共  老臣共  惣人数共  相共  鎌倉六波羅共  手前共二人  二度共劇団  づまりと共  神則人法共  事共  糞議員共  天狗共  二人共軽装  役者共  殘暑甚敷御座候得共  其時共  レ申候得共  頼母敷共  レ有共  成共  御座候得共  二御座一候得共  哉異國船共參申候  候樣申聞候得共  書生共  順孝兩君共  雌雄共  あたし共  死人共  家人共主  神人共  民共  雲助共  三ぴん共  下郎共  自由ナルト共ニ  高弟共  雇人共  芸人共  つた雷共  アヌビス共  黒雲共  ガラドウ共  諸事共  藩共馴染  上下共無事  母子共  共選  私夫妻共  ブールジョア共  昨夜二人共  枝もろ共  学問才幹共  ブルジョア共  俗人共  良否共  蠅共  仏僧共  伴天連同宿共  番卒共  人馬共  生死共  下人共  軍共  大将共  儒者共  魔女共  往復共  一先づ本人共  共目  猟師共  亡者共  四面共  蛞蝓共  私共みたい  悪霊共  俘囚共  書物共  文字共  精霊共  精共  漁師共  三人共小倉袴  烹点共  二人共周平  二人共ぼんやり顔  君民共治  事共海  尊氏直義共  番頭共  アイツ共  始めわたくし共  船頭共  海賊共  仕切つて人間共  俗物共  パンパン共  ボンクラ共  感じ共  二人共敵手  両人共暫らく無言  双方共力  今夜わたくし共  鯨共  両側共  そ共  腕白共  妻子共  不断倅共  二人共アメリカ漫遊  譎漢共  童共  両虎共  芸妓共  角力共  博徒共  匪賊共  近来浪人共  馬共  力士共  學業品行共  両方共始  まま二人共  双方共異状  年寄共  不良青年共  三人共直ぐ  Yahoo共  髭奴共  あぶれ者共  女子共  われわれ共  若党共  我ひと共  之候得共  陰陽表裏共  成敗共  泥棒共  助平共  敵味方共  屋外共  事実私共  平民大衆共  国民共  荒くれ男共  子供たち私共  官位共  二人共幸福  ぱずすと共  暴民共  身共ら  身共先年御成街道  身共身内  イカモノ共  存候共これ  食卓共  苦楽共  番犬共  ファッショイ共  知勇共  吉本両君共二週間  人相共  両方共無言  児共われ  猫共  植物共  死霊共  小禽共  階上階下共  宗教家共  土民共  批評家共  豚共  白人共  老人共  親戚共  熊共  文筆共当時  兄弟共  三日共翁附  夏冬共  橋掛り共  姉妹共故人  私共長年教育  ルンペン共  牛共  二人共足  二人共胸  其奴隷共  三頭共  惡靈共  力量かっぷく共  こうがい共  畜生共め  相手共  兩人共  精励勉強ノミアリテ逸予休竭ナケレバ精神身体共ニ頽廃スベシ  三体共  共焼き  ヲランダ通詞共  蘭通詞共引受所持  異人共  兩人共墨夷  居候得共  存候得共  候共  當分拙者共手付  其上異人共遊歩  此上共  候亞米利加人共  當方通詞共儀  覺申候得共  伺書留守居共持參差出候處  留守居共  モノ共爲習練  江戸大阪共爲致往還度  船手共  番人共  状態私共  二人共ほか  三人共車  二人共それ  二人共苦笑  二人共車掌台  駅夫共  人民ハ起臥共  以上私共  十二本共  頃両親共  賤民共  わたくし共め  よしあし共  眷属共  両方共好き  八本共  酒ほかひと共  母親共  徒弟共  共寄り給  真俗二諦共  私共六七人  小農共  其妃共病  二人共完全  ソレト共ニ一ツノ神通力  継子共  繼子共  今度備後国茶筅共  茶筅共  今度私共国方  ちやせん共  番人共一切十分一請取  石原共  重々相行着候得共  下女共  私共始め  頭共  人気共  両人共加  小松共  相方共  二人共自分  両親共四十  従同胞共  頑童共  浪士共  若輩共  ひとつ漁師共  色彩共  内容形式共  うし共  精神共  弟妹共  将来共  かし此頃娘共  灰もろ共  ケレ共何処  是非共閣下  貧民共  共次  水手共  百姓一揆共  群集共  彼等暴民共  一揆共  大藩浪人共  二人共可  二人共遺言状  双方共怨み  実用流行共  先輩共  名分共  乾児共  命知らず共  野郎共赤尾  証人共  敵共  仮名羅馬字共  牛馬共  一族共  従来親子共  其鼠賊共  是非共談合  其情婦共  水汲共  二人共木綿物  二人共源助  殘つた家族共  二人共何  二人共尋常科  二人共庇髮  汝ア共ア逃げ  残つた家族共  二人共廂髪  呼候共伺公  呼候共  神葬仏葬共  文武共  説あれ共  四人共  巻共  志士共  壮士共  策士共  やくざ共  私共二三年諸方  兄貴共  ソノウチ大兄ニ近親共ガ来テ相談シテ  親類共ガ毎度私  輩共  先年ヨリ居候共  一名餓鬼共  噬む共  是非共実行  気候四季共  欧米共  晴雨共  兩腕共  二人共蒔繪  兩家共京住  男女共一緒  孫共  共差当り先日七蔵  佐藤共訳  森田草平ほか五氏共訳  申上度候得共  取材表現共  量質共  乃ち共  彼時親類共  軍相共  日斜共可  日斜共  兄共殊  行住坐臥共  チットモ私共  今日わたし共  嘆き共  薩長共  軽輩共  居候共  上役共  らい共  夫妻共  妻妾共  甲乙兩説共  本共  二人共王様  初め家婢下男共  妖怪共  其頃わたくし共  それ共  母共  綿羊共  アタクシ共  つれ共  男女共泳  私共二三  私共懇意  夷共  市民共  金持共  三粒共  虎曰く共  上下共何  門人共  老輩共  同心共  雑人共  両側共寺  二人共僧形  三人共銀行家  妹共  袖もろ共左腕  さし共  共そう  旦二人共  肥桶擔ぐ百姓共  女太夫共  私共位  手代共  家臣共  宗徒共  父惣兵衛始め姉弟共一同  共相従  二人共牢屋  男女共労  共楽  役料共七百石  神さぶと共  雑誌屋共  文化主義者達共  下僕共  後年私共  商人共  チビ共  二人共変  二人共執拗  百姓兵共  船頭水夫共  重し共  資本家共  資本家共ハ  私共総て  結果私共  野郎共娘  月姫共  母子共健全  二人共眼  二人共鼻  貴様共  二人共丸裸体  二人共一時  二人共ビックリ  二人共地びた  三人共丸裸  修善寺ニ於ケル洵ニ名ト實ト共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地  二人共手  其日私共  儘私共  口両手共喧嘩  それきり二人共  二人共意識  二人共大分  コドモ共  二度共首尾  是非共献上  善悪共皆好み候  双方共当座  場合是非共  立ち上つて漁師共  茶人共  ば三人共髮  侍女共  三人共一様  ダラ幹共  兵衛共  思想共  同胞共  私共現在  二人共落  婆さん共  八ツ手山茶花共  読書執筆共  楽士共  雀共  働車人力車共  二人共閉口  これ神人共  自然私共  共余  屋共  画商共  僕身神共  二人共腰  双方共朝飯  是非共坑夫  獰猛共  両方共困難  三人共頭  二人共傍  是非共電車  霊肉共  溝鼠共  鼠共  歩兵共  減つた鳥共  私共一體  英雄共  重宝共此時  人類共楽  共訳  眷族共  大体私共  蛙共ぢ  共時  若者共  夜若者共  ゃあならないんだけれ共  及候得共我一代  お前達町人共  看護婦共  動物共  猫杓子共  空もろ共  おけら共  三人共二人  鮒共  兎共  首魁共  地主共  罪人共  曾禰達蔵氏ト共ニ左記  一回二回共  二つ共何うに  名目共  昼夜共満員  チップ共四円  徳山共  昼夜共  弟子共相手  渡辺共  三つ共兎  下士官共  昼夜共補助椅子満員  昼夜共ヴァラ  四時頃女房共  春燈火ニ背ムイテ共ニ憐ム深夜  年輩共  木々共  共感共働  吉備びとゝ共  ボス共  アバズレ共  苦しみ共  祖仏共  人種共  内容装釘共  詩人共  三度共パン  序詞役共  劇評家共  二人共悪魔  十人共  二人共魚  三ツ共妾  これ兵隊共  兄妹共  六人共  娘時代共  犬吠鶏鳴共  五人共選  囮鮎共  両人共海  後輩共  報酬共  金づまりと共  是非共記憶  双方共真  是非共裸体  両方共強情  本人共  二人共箸  蛆虫共  勤申候由緒申上候得共  ゃないはずなんだけれ共  飮食物共  夫婦共作  づ共作  共相語  大変私共  共別  酒呑み共  家族共  河鹿共  三人共気乗り  是非共其一員  其青年共  ひと共  鱗族共  両方共農作自慢  両方共銀賞  石工共  二人共叔父  二人共離ればなれ  二人共喫驚  三人共皆  新旧共  白樺の木共  二軒共不都合  鶏共一時  山猿共  机もろ共  觀察描寫共  姓名共  二人共非常  共車  至候得共前度殊  而相支候得共至而難題至極  ちよこちよい共  ジプシイ共  元利共必然皆済可レ致  親類共ニ  二ニ私共初  幸ニ黒田了介殿御出ニ候得共  ニ私共長崎  死共  両方共ニ其顔  其事共ハ  参政後藤庄次郎共  小人共私  事共ハ  候事共  レ共先ヅ後藤  臣下共  大夫共  二人共全身黒焼け  苦楽相共  新旧夫婦共  白坊主共  私共兄  此方共身命  其方共二枚  ざつたさむらひ共  賊徒共悉御誅伐可有  其旨相心得賊徒共金銀押借  申合置賊徒共  糺候條難有差心得組合限申合萬行屆候樣大小惣代並寄場役人共精  雜魚野郎共  つて東西南北共  気ちがい共  気違い共  蛙共  描クト共ニ  鬼共みな  ニスス共  むるところによりて共  オデュセウス・ディオメデス共  戰ひと共  三人共兄弟  二子二孫共  二人共顔  家庭共楽  悲涙喜涙共  パイ共  廻つて悪魔共  妖魔共  實共  宗共  権威共  布留氏共  是非共歸ら  二首共結句  御神楽共  此者共  生体組織共  月花共  国元役人共申越候  内容実質共  二人共敵  二人共目  從つて共  閉ぢ共  ゑがきつゝ相共  ヨハネ共  合し共  インド人共  軍人共  兵士共  ゑりえんと共  神魔共  インテリ共  將來共  腕ト共ニ  節共  二人共呑気屋  二人共最初  四遍共  四遍共調査  二人共相手  虎共  今回私共  是非共過去  其娘共  化物共  十名共  女児共  寄生虫共  三人共別々  雙方共  跡部共  部隊共兵三千  二人共鮮人  二人共一円  骨肉共  姉共  ため心身共  母子共当分  みな共  傷むおもいを共  上下共ニ端円ニシテ首尾  両氏共  兩氏共  



前後の言葉をピックアップ
停めろ  とめろ  留めろ  泊めろ  トメ子  友釣り  とも      友千鳥


動詞をランダムでピックアップ
延ばししいれ欠く薙ぎ倒し描きださいでたて喰える焚ける駈るあやかりこみあげる込み訓ず嘶け言いだそ撓む形づくり憬れる遅れ過ごし
形容詞をランダムでピックアップ
狭く善から忌々しきたやすいまぶしく甚だしい心強くなにげなしうす汚き注意深なやましい心強けれそこはかとないずうずうしくっ規則正し気まずかっいさぎよい痛きおさな