「光」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 光[動詞]
指環などを光  愛情は常に光  銅釜が冷めたく光  ひねもすけふも光  赤子のごとく光  齒が、殊更らしく光  後方に白く光  入歯が、殊更らしく光  銀ほど光  ただ一日青く光  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
光がさしこんでいる,  光が少し仄に出て来ると,  光があった,  光が見るに見兼ねるといつた,  光がサッと戸外の暗黒を破り,  光が見え出すが,  光が硝子戸ごしに,  光があふれてる,  光が見えたので,  光が縦に流れる,  光がなくなった,  光がさしこんだ,  光が見えた,  光がほとばしっていた,  光がわたしの背にふるへてゐた,  光がさし,  光がうっすらと見えた,  光が消えかかっていた,  光が室の内を照らして,  光が奇妙なものになって来る,  光が硝子の屑のやうでもある,  光が僅かに四辺を照して呉れた,  光が太陽の近くを通過する,  光がある,  光が見えてくると,  光がさえてくる,  光が冷たくガラスにさえかえっていました,  光が刎ね返っていた,  光がきついもんですからはげてし,  光がやわらかに私のからだにさしはじめた,  光が射していた,  光が風に吹きちぎられた,  光が黄いろくなっていた,  光がさしこんでいた,  光が失われると,  光がみちていた,  光がさした,  光が蒼白く天井と家具の上部とに映っていたが,  光が漏れていた,  光が薄暗くなった,  光が漂っていた,  光が彼女の心をかきむしる,  光がぐらぐらっとゆれました,  光が照りわたっているので,  光がいり,  光が寒さと共に大地へ音もなく浸み徹るだけであった,  光が射し出す,  光がきらめき,  光がうつり,  光がさっととびだしました,  光がさっと照らしつけました,  光がすうっとはいってきました,  光が見えたとおもうと,  光がさっと空中を流れて,  光が遮られて,  光が輝いた,  光が落ちて来たからである,  光が放たれている,  光が射して,  光が射して来た,  光がサツと外へ流れ出た,  光が山を越えて,  光がさえぎられ,  光が青じろく山の斜面を滑っていた,  光がそこらいちめんに見えた,  光があって,  光が現われ,  光が出て,  光が流れこんでくる,  光が冴えて,  光が部屋を一つの平面に変へてしまふと,  光がちらついてゐた,  光が木や草の緑を飴色にうきうきさせるまで歌ったり笑ったり叫んだりして,  光がそこから流れこむ,  光が燐のように凡ての光る,  光がほのぼのとした,  光が眩しく流れていて,  光が冷たく照らしていた,  光がきらきらと輝いて,  光が潜んでいた,  光がみえた,  光が強くこのぼうっとかすんだ,  光が雑って来る,  光が見えなくな,  光が一面にさし,  光が荒い縞のように泉の畔に差す,  光が七本の手から流れる,  光がへんにうすらいで,  光がさしてきてから,  光がきらきらと浮いてゐる,  光が睫毛をさえぎるので,  光がさしてくる,  光が人の目を射た,  光が暗いのでちっとも見つかりはしない,  光が万遍もなく輝いてゐた,  光が見え,  光が掠めゆく,  光が閃めいた,  光が出来,  光が地球に来る,  光が雪に映つて,  光が今ようやく地球に届いた,  光がこちらに向つて近づいて来る,  光が一層燦然と輝くからであるといふ,  光が反射する,  光がさす,  光が烏帽子に輝き,  光がシュウッと削り落された,  光が燦き入った,  光が人のつまった,  光がだんだんと明るく燃えだした,  光が射した,  光が輝きはじめて,  光が一面にさして,  光がにじんで,  光がもれてきて,  光が孫であることを薄々かんづいていた,  光が去ってから,  光が洪水のように室に充ち,  光が天幕の中へ射している,  光がギラギラ輝いている,  光が戸外にカッと洩れて来る,  光がにぶくうるんで見える,  光が輝かしくさしてゐる,  光が映す,  光が地上に落ちた,  光が何処からか洩れて,  光が足りないので,  光がまんなかの峯にさし始めた,  光がぱつとして薄暗い店先を照した,  光が後にあるから,  光が眼の奧から流れて出てくる,  光がだんだん弱って来て,  光がおびただしい街燈の輝きの底に閃めいている,  光が薄れ切,  光が籐椅子の縞を彼女の白い肘に染めてゐる,  光が姉の顔になった,  光が見えるだけで,  光が薄れて,  光が周囲を明るく見せた,  光のような微白い光があった,  光が微に胴の間に見えているのみで,  光がいま縫っている,  光が又しょんぼりと訪ねて来て,  光が泣きながら話す,  光が主人の気に入っている,  光が取次ぎに出て来た,  光が死ぬ,  光が追剥ぎに,  光が災難に逢った,  光が笑いながら,  光が目を射た,  光が見えなかった,  光が見える,  光が枝葉の間から落ちて来て,  光が黄金色に透ってきました,  光が青くすきとほ,  光が青くすきとおって,  光がつつまれて見えた,  光が山を動いて行く,  光が煤に黄んだ障子に映じている,  光が眼にあった,  光が跳ねおどっていた,  光が映しては消え,  光が若葉を透して,  光が閃めき迫って来て,  光が当たり,  光があるが,  光が硝子窓にせまり,  光が光鋩もなくぼんやりと濡れてかがやいてゐる,  光がなんとも言えない,  光がわずかにその頂をぬらしている,  光がさしている,  光が澄みきっていた,  光が会社帰りの若い青年の頭上を照していた,  光が眼をかすめた,  光がちらりと射し込んだ,  光がその水面に閃いていて,  光があたってきた,  光があらわれた,  光がてらしてゐる,  光が夜の村道までさしていた,  光が虹のようになって,  光がちらちらと動いていた,  光がかかった,  光がもれていた,  光がピアノに当たって反射している,  光が海の上からも望まれた,  光がさし昇りかけていた,  光が明方のやうに明るく輝いてゐた,  光が掻巻にくるまつた,  光が自分の肩に懸けた,  光が透って来る,  光がさして来た,  光がしきりに降り注いだ,  光がぎらぎらてりつけます,  光が二処からちらちらと漏れていた,  光がなくなり,  光が飛びこんで来た,  光が天井の方へ映っている,  光がさしていた,  光が動いた,  光が強くなればなるほど,  光が外からはいってきた,  光がちらばらないから,  光が照りつけて,  光が来る,  光が宇宙にひろがるから,  光が数知れず,  光が地上に届く,  光がくっきりと浮き立たせている,  光が幽かにぽつんと落ちている,  光がかがやき出して,  光が充満しています,  光がさっと流れてはいりました,  光が躍ると,  光がちらつくだけで,  光が射しこんでいる,  光がなくなったろう,  光がなくなって,  光が欄間へうつる,  光がうつった,  光がとどく,  光が眼に浮び,  光が翼ある,  光が反射して,  光が洩れ,  光が疲れて,  光が差して来る,  光がいりみだれて,  光が徐々に上へうごく,  光が掻き消えて,  光がいわゆる乱反射をして,  光があたって,  光がこもっている,  光が宿っているから,  光が一箱十円であるち,  光がその小窓から射し込んで,  光がニヤリと動いた,  光が現れたかと思うと,  光が部屋一杯に射し込んだ,  光が射し込んでいる,  光が一杯にさし込み,  光が窓の隙間から射し込んだ,  光が射し込んだ,  光が波に映る,  光が洩れている,  光が射し,  光が射して来ていて,  光が朦朧として照していた,  光が現われて,  光が蚊帳にうつつてゐる,  光が廊下に流れ込んで居た,  光が巾廣く,  光が窓の四角に區切られて,  光が柔かに野の上に流れてゐた,  光が室内を照した,  光が薄れかけた,  光が十分に外を照す力を實現する,  光が自ら照すと同じやうな意味で押し出して,  光が月の光にかはらうとする,  光が映って,  光が家並みを一時に浮き出させると,  光がどこから来る,  光が屋内まで輝き満ちる,  光が添った,  光がもつれます,  光が差して,  光が筋のやうになつてゐる,  光が顔へまともに差した,  光が薄黄いろく見えてゐるので,  光がやさしい明るみを投げている,  光が広がって,  光が破裂すると,  光が揺れる,  光が顫えながら一瞬間溜まる,  光がぼんやりしていた,  光が堂にみなぎっているのに,  光が入るほどの,  光が透きました,  光がうすくさしてる,  光がただよっている,  光がその眼にあった,  光がすべての物を包んでいる,  光がその漾に消える,  光がさしてる,  光がいちめんに降りそそいでいた,  光が存在し,  光が斜にあたるに従い,  光があるので,  光があたると,  光がほのぼのと射してきました,  光がどんよりと映り,  光が落ちた,  光が差し込んできて,  光がさしてゐるだけに,  光がこのみすぼらしい船室へ射しこんでいた,  光がして,  光が車夫の手の静脈を太く浮び上らしていた,  光が眩しく横に流れていて,  光が飛んだ,  光が当太郎のよごれた,  光が車夫の手の静脈を太く浮び上がらしていた,  光がきらきら照らしていました,  光が松原の外にあつたが春の日のやうに空気が湿,  光が明るく見え,  光が廊下に流れてゐた,  光が松原の外にあったが,  光が廊下に流れていた,  光がさし始めると,  光が坂の下に見る,  光が洩れて見えましたが,  光が何本もスーッとさしこんだ,  光がスーッとさしこむ,  光がぎらぎらしてきた,  光が四方へ乱れ飛んだ,  光が隠されてあった,  光が消えて,  光がおぼめいて居た,  光が一面の障子を照らして居た,  光が氷っている,  光が自己自身と闇とを共に顯はにする如く,  光が気になって困った,  光があり,  光が洩れ出す,  光が洩れ出して来た,  光が流れ出すによって,  光が公園の小径を照らす,  光があたっている,  光がこの小さな料理場の中に氾濫する,  光がどうしたという,  光がぼんやりとして来て,  光がきらきらと浮いている,  光が街を包んで到る,  光が行ってますわ,  光が射しておりました,  光が僕のなかに墜ちてくる,  光が乳色に流れていました,  光が聲もなく動いて居る,  光が骨の中まで沁み込んで,  光がさしていて,  光が斜めに射して,  光が動いて居ると,  光が折込んで,  光が奥深く映って,  光が冴え冴えしていた,  光が縁側に当ってる,  光が澄んでいて,  光がまぶしく思われました,  光が点ぜ,  光が目に入ると,  光がほのかに差していて,  光が差してくる,  光が届かない,  光が空の奥深く潜んでいく,  光がぎらぎらとした,  光が放射し,  光が夏の近いのを思はせる,  光がささなくな,  光がよく届かないので,  光が洩れていた,  光がぼつと障子の一部を水色に染め出した,  光が金色の渦をなして,  光が冷ややかに彩っていました,  光が明け放たれた,  光がみなぎり,  光が湧いた,  光が当って,  光が揺れて,  光が眼に現われてきた,  光がむき出しになってきた,  光が青白く雲を照らしています,  光が毛孔から総身に浸込む,  光が強く照り返して,  光が地に沁み込む,  光が窓にはめた,  光が照らし出している,  光が見えだしました,  光が目にいっぱい映った,  光が落ちてきた,  光がまたさしてきた,  光があらはれる,  光が揺いで行く,  光が見えて来た,  光が蒼茫と空地に流れているばかり,  光が洩れていたので,  光が燦然と彼の眼を射た,  光が充ち満ちていた,  光が射しはじめた,  光が恋しくて胸をくすぐられる,  光がぱっと大森田圃に照り渡って,  光がとっぷりと隠れてしまって,  光がきらめいては消え,  光が添い加わって,  光が力弱くそれを照らす,  光が放たれていた,  光が射られていた,  光が明るく通る,  光がじりじりと照りつけて,  光が金色の線を水の中に射て,  光が高い円天井に反射し,  光が中にこもつてゐる,  光が欲しくなった,  光が澄み渡って,  光が照らし出されました,  光が射すだろうとか,  光が顔にあたる,  光が生じて,  光が頭を遠慮なく焼いた,  光が時々そこからのぞけて見えた,  光が赤蕪のような膝をはだけて,  光がちらちらとさすので,  光が中くらいな鞄を提げて,  光が一杯に閉じ込めていた,  光が間もなく卓子の脚にまでとどくまでつづけていた,  光が射している,  光がボーッと上を照らしている,  光がボーッと上を照らして居る,  光が部屋のなかを流れてゐた,  光が何ものにも遮られずに降り注ぐ,  光が川原の薄い夜霧を透して,  光が流れて,  光がゆらぐ,  光が点される,  光が障子越しにさしていた,  光がおぼろに空を明るくしている,  光がもれて来た,  光がたよりになった,  光がちらとさす,  光が窓から容赦なく流れ込んだ,  光が宿った,  光が青い苔の生えた,  光が森の上に拡がって,  光が戸外へ洩れて居る,  光がくまなく降りそそいでいた,  光がそれを生んだ,  光が看,  光が縁先に落ちていた,  光が大地に輝いている,  光が消え,  光が出た,  光が残っている,  光がいっぱいに流れた,  光が自分の方に動いてくる,  光が流れた,  光が室いっぱい差し込んでいる,  光が映えて,  光がさう,  光が閃き出した,  光がさすと,  光が冴えきっていた,  光が千里を照らすというほど,  光が一面に降り,  光が多少洩れ漉してる,  光がみえたと,  光がみる,  光が益々凄くなって来る,  光が想像に浮かんで来る,  光が強くなったから,  光が消えた,  光が溪間の紅葉に映つて,  光が落ちてゐた,  光が煙っている,  光がきらきらと瞬きました,  光が落ちる,  光が見えていたが,  光がその印象の隙から射して来る,  光が増した,  光がました,  光がさッと走りました,  光が木立の間から洩れて,  光が熊笹の上をすべる,  光が射し込んで,  光がななめにさしてゐる,  光が届かぬのに,  光があったが,  光がちらばって,  光がうごいて,  光が網になって,  光が燃えた,  光がかすれて,  光が陽炎のように微赤くちらちらとしていたが,  光が林の中をかっと照らした,  光が射してきた,  光が朽ち腐れて,  光がきらきらと光っている,  光が強く反射してゐて,  光が見えてくる,  光が見えました,  光がコマ家の第一祖だということもチョン切られた,  光が王姓をもらい,  光がコマ王姓をたまわり,  光が出て来る,  光がうごいた,  光が落ちてくる,  光が周囲いちめんに当たっていて,  光が幽に漏れた,  光が現われた,  光が入って来る,  光がスーッと消え,  光が薄白く射して来た,  光があるから,  光がぽんとあがる,  光がところどころに揚がっていると,  光が流れるに従って,  光がきん色に射し,  光が途絶えて,  光がうすくなって,  光があふれ,  光がフィルムをとおして,  光がパッと流れだした,  光が出てきた,  光がして来た,  光がまだずっと向うの山脈を薄桃色に染めている,  光が金色の縞になってさし込んでいる,  光がその玻璃に映った,  光が望まれた,  光が斜めに床の上へさしこむ,  光がさしかけて,  光が氾濫している,  光がやどっていた,  光が刎ね返した,  光が見えて,  光が澄んでいた,  光がさしこんで,  光が花やかに明く見えるばかり,  光が灰色な雲の間から照りつけて,  光が台所じゅうを明るくした,  光がついぞ一度もさしこまなかったと思われる,  光がわたしたちの上に集まっていた,  光がななめにさしこんできた,  光がうすもやの中にちらちらしていた,  光が空から消える,  光がきらきらしていた,  光がいつか空からうすれかけていた,  光が目にはいった,  光がけっしてもれた,  光が何となく薄いような気持がする,  光が流れたりする,  光がどこからさす,  光がさしこまない,  光がもぐらの背をてらす,  光が漏れない,  光が此の世のものとも思へない,  光が一面に降り注いでくる,  光が心細くわたしたちのせまいおりを照らしていた,  光がこちらにさす,  光が煮しめばかり食べて,  光が洩れて来てゐる,  光が洩れて来た,  光がいかにもめでたくいかにも柔しくまどろんでいる,  光が彼の身うちの情熱を暖めでもした,  光がさしました,  光がみちたよ,  光がうつって,  光が慌しく飛び退いて,  光が射しているのに,  光がそそぐだろうかと,  光が薄暗い水に落ちてきらめいて見える,  光が苛立って見えた,  光が部屋の中に縞になつて射してゐた,  光がさっと室内に流れた,  光がすーっと出て,  光が附き,  光が附いているので,  光が洩れて来る,  光が浮いて来た,  光がすきとおって,  光がさし込み,  光がとどかない,  光がぼんやりとしている,  光が山肌を飛び交して,  光が満ち,  光が射さない,  光がその無数の断面に七色の虹を描きだして,  光が宿っているって,  光が大きく彼の眼の中で揺れ始めた,  光が照らして,  光が射し込んでくる,  光が見えぬ,  光がともっていた,  光が橙色にさして,  光が落ちていて,  光が強くて魅力を持っている,  光が一筋に投げ込まれていたが,  光が竹刀にはねられた,  光が降りそそいでいて,  光が敷き充ちていて,  光が降りそそがれているし,  光が蒼白く注がれ,  光が茫と立って,  光が隙間からさしている,  光がもれて,  光がさして居ます,  光が触ると,  光が迸る,  光が庭端から胸先上りの丘の斜面に照りつけている,  光が窓から洩れている,  光がすべっている,  光が流れこんで来た,  光がしず,  光がパッと消えてしまった,  光がついた,  光がボンヤリと眼へ入りました,  光が遠く及ばない,  光が満ちていました,  光が斜めに流れこんでいた,  光がま横から夜を薙ぎたおして行った,  光が円を描く,  光がさしこんで来た,  光がかがやいている,  光がともった,  光が流れこんでいた,  光が太い帯をなして流れこんでいた,  光がひときわ赤く夕焼をこしらえて,  光がもれる,  光が映した,  光がそこから洩れて,  光が洩れて,  光がありませんでした,  光が斜めに青じろく射している,  光が流れ落ちて,  光が隠れて,  光が生きた,  光が獄の底へ斜めに映し込む,  光が青く洩れているばかりです,  光が暗いと思いました,  光がさして来ました,  光がパッとさしました,  光が再び松林の中へ入った,  光が恵まれ,  光が奪われるという,  光が洩れて出でました,  光が奪われまして,  光が差していた,  光があろう,  光がうら,  光がみなぎりあふれる,  光が増して来ると,  光がひらめきました,  光が漲,  光がさし込んで,  光がぼんやり落ちている,  光が晴れやかにふりそそいでいて,  光が充ちていた,  光が宿ったが,  光がしきりに遠くを歩いている,  光が細かな葉を一葉一葉明らかに見せている,  光がそこを暖かに照らしますと,  光がさしたという,  光が霞のかかった,  光が竈の所にさし込んでいた,  光がそこらいちめんほのかにこめてゐた,  光が透いた,  光が閃いている,  光が当っている,  光がふりそそいでゐた,  光がそれに映,  光が私にふたたび戻ってくる,  光が残っていて,  光がキラキラと雨にぬれて光っていた,  光が蒼い影をすかして,  光がもれた,  光が洪水のように一室にみなぎりわたった,  光がよく届かない,  光がひたひたと寄せてくる,  光が強くなる,  光が射していましたが,  光が射していて,  光がものすごく頭の上を照らしました,  光が暖かそうにあたっていました,  光が薊の花に似ていた,  光がパツと部屋のなかへ流れ込みました,  光が荘厳にする,  光が斜めに射し,  光が湧き,  光が湯ぶねに落ちている,  光が去って行くという,  光が交って,  光が縞を織つて,  光が浴室いっぱいにさしている,  光が潮に透って見える,  光が射してゐたので,  光がふっと曇って,  光がきら,  光が其燃える,  光が空を滑つて湖上に落ち,  光が岩の罅隙から洩れて,  光が八畳間一ぱいに氾濫して,  光が薄らぐと共に,  光が晴れやかに照っている,  光がせせら笑いをしてちゃかしてしまう,  光が全体同じ色に光って呉れる,  光が野の上を暖かそうに照らす,  光が顫えついていた,  光が還,  光が洩れてくる,  光がさしてくるので,  光が出,  光が去来した,  光が惜しげなく降り注いでいた,  光が照りかえした,  光が撒き,  光が眼を射て,  光が暖かに照らしています,  光が溢れた,  光が築地の上にありました,  光がちらちらと映りました,  光が夕方俄に陰って,  光が来てますね,  光がさして来ませんでした,  光がさっとほとばしって来た,  光がいたいほど明るくさしこんでくる,  光が備わっていなかった,  光が帰って来た,  光が縄付きになったら,  光が澱んで居た,  光がささない,  光が一筋さつと黒ずんだ,  光が靜かに照らして居る,  光が弱った,  光が急に障子の外にまばゆくさし込んで来た,  光が昼間まで照り残っているという,  光が差していました,  光がやわらかくさして,  光が差してきて,  光が明るくともっていて,  光がめらめらと燃え拡がって,  光が湿っている,  光がしずかにほおえみかける,  光が睡眠不足の眼を刺激した,  光が問うた,  光が持つた,  光がパッと板の間を走った,  光が山の膚を透すかして,  光がかすかに洩れて来る,  光が充ち溢れてゐるが,  光がからだに射し込み,  光が家に滿ちてゐて,  光がサーッと閃いた,  光が一面に当り,  光がたまたま同じ条件を設けた,  光がさっとさし込んできた,  光が弱まり,  光が強まり,  光が空を射ている,  光に紫色の光が来て並ぶ,  光が遮られているからだ,  光が格子にさして,  光がその一室を一層青白い寂しいものにして居ります,  光が太陽光面上に比べて,  光が通過してくると考えられるからである,  光が美しく映る,  光が伸び縮みする,  光が薄らいできた,  光がとどいているので,  光がうらうらとさし込んで参りました,  光があるばかりじゃ,  光がわからないと言われる,  光があればこその,  光が増す,  光が強過ぎた,  光が迷っていた,  光が家の内まで射し込んでいる,  光が蒼茫と前庭一杯に射し込んでいた,  光が照らしたからであった,  光が反射した,  光がチラチラとこぼれていた,  光が漂ってはいるが,  光が運命の物すごさをもって,  光が雲を破り始める,  光が身にも心にも沁み入って,  光がきらきらと映った,  光が垂幕の裾の床の上に現われた,  光がほとばしり,  光が真赤にほとばしっていた,  光が家の中までさし込んでいた,  光がさしこんでこない,  光が雪の下の岩を照らし,  光が扉や窓から外へ流れ出していた,  光が流れているらしい,  光がなんだか少しうすくなり,  光が円い輪になって,  光が眼にしみるとか,  光が届いて,  光が届かなければ,  光がかろうじてはい込み得ただけであった,  光がほのかに当たっていました,  光がほっかりと,  光が浴せかけられました,  光が濃く且つ鋭く走った,  光が横からぼんやり射し込んでいたが,  光がきらきらとしている,  光がいっぱいさしてる,  光がつみかさなった,  光がうすれて,  光がながれて,  光がさしてくる,  光が射しとおしてくる,  光が漏れるばかりと,  光が走った,  光がなんとなしに恐怖を呼び起こした,  光が強く残つてゐた,  光が射してくる,  光が外へもれ,  光が射す,  光が漏れたと思うと,  光が私を導いてくれる,  光が閃き渡って,  光が高く煌々と燃え立っている,  光が真直に寝床の上に落ちた,  光が著しく暗くなっているが,  光が燃えついて来た,  光が蒼白くお雪ちゃんの面を照している,  光が帯のように纏わりついていて,  光がこの饅頭笠をかぶった,  光がその塔の中から出て,  光があるでもなければ,  光が落ちて来た,  光があらわれ,  光が弱くなった,  光が寒い晩には凍って,  光が残って居る,  光が漲り渡っていた,  光が現われる,  光が照らす,  光が通りしなに照らし出す,  光が野の上に漂っていた,  光が眠っていた,  光が両眼にさっと走った,  光がガラス戸の外一面に流れ,  光が化けさせて呉れた,  光が有って,  光が低くなり,  光が有るので看て取った,  光が淡く照らしはじめた,  光が漲り,  光がぽッと射し,  光があらわれる,  光が多いために青く見える,  光が雨雲の無数の微水滴で散乱される,  光がまぶしく射す,  光が薔薇色に燃えて,  光が天幕の中に吊してある,  光が堰き止められていた,  光が雪の障子にぽうっと白く映して,  光がそれでも冷たく冴え出した,  光がにじむ,  光が雪の上に長い影法師を映し出した,  光が数えられる,  光が鋭く眼を射る,  光がさっと射して来て,  光が届くや,  光が部屋の入口まで射し込んでいる,  光が左から右へ動く,  光が火花の道に沿うて,  光が一時消えていた,  光がかがやきだしました,  光が這って,  光が時に投げられる,  光がさしております,  光がちらついてる,  光が闇のうちに沈み込んでいた,  光がすこしも出ない,  光が一面に流れていた,  光が窓に輝いている,  光が浮んでいた,  光がまた武蔵野にめぐって来た,  光が寒竹の藪をあやしく隈どっている,  光が走って,  光が輝いてゐるからでございます,  光が矢張りボンヤリ上の方だけ浮かせてゐる,  光がさしません,  光がひつそりと砂の上に溢れてゐる,  光がかすかな波になってゆれました,  光が消えてしまうと,  光が突然わたしの顔を斬りつけた,  光が青い棒を何本も斜めに投げ込んだ,  光がさし込んできた,  光がさし込む,  光が輝いていた,  光がどこからさし,  光が激しい侮辱と闘争の中より出現した,  光が真空管の光に転ずる,  光が一種の雰圍氣を供給して居る,  光が差した,  光が顔一ぱいに流れて来た,  光がきらりと射しました,  光が焼刃のように閃いて,  光が遠く廃きよのような建物のどす黒い輪郭を描き出しているだけである,  光がさしてきました,  光がぱっと輝り映えています,  光が明いと云う,  光がいったん明滅したらしい,  光が最も低く沈む,  光がさしたと,  光が眼に入らない,  光が穩かに落ちて居る,  光がギラギラと冴えかえった,  光が穏かに落ちている,  光が徐々に家の中へさし込んでいった,  光が見えそめた,  光がまだささない,  光がさすまで見,  光がさしてくると,  光が漸く蒲團の端だけに觸れる,  光が多すぎた,  光が半ばかげっていた,  光が見えそめる,  光がさし込んだ,  光が消えてゆく,  光が在っても,  光が映った,  光が明るく輝いていました,  光が陳士成を閉じ,  光が淡く燈されていた,  光が暗くなった,  光が洩れて見えた,  光が残つて居て,  光が華やぎ出して,  光が殘つて居て,  光がいっぱいに流れ込む,  光が欠けていた,  光が少しも衰えていない,  光が迸り出ていた,  光が見られるだろう,  光が彼女の蒼白い顔の上に落ちて,  光が輝いてる,  光が少しある,  光が嵐に吹かるる,  光が身の中へしみ通る,  光が渦巻いていた,  光が窓からさしこむ,  光が蝋燭の光の何百何倍あるから,  光が蝋燭の光の何百万倍あるから,  光がちょうど花散,  光が西の妻戸の開いた,  光がまた発揮される,  光が流れの蛍と同じように見える,  光が照渡っている,  光がチラと見えたと思うと,  光が頭の中へ射込んで来た,  光がクワッと当ると,  光があたりを照らした,  光がかたわらに湧いた,  光が湧いたので,  光がまた現われ始めていた,  光が隙間からさしていた,  光が彼を抱き包んだ,  光がクリストフの天才中に沁み込んでいった,  光が院のお姿にさして目もくらむほど,  光がさしてあたりを照らしています,  光が町へもれる,  光が美しく妖しく漲つて,  光がさし上る,  光が過去の現実を明晰にして,  光が磁石の作用に連れて動く,  光が薄れ行き,  光が隈なく届きません,  光が夜見えて,  光が蜘蛛手にぱあっと弾けては,  光が薄れるかと思うほど,  光が漂っている,  光が浮動している,  光があふれだしている,  光が射出した,  光が立ちかかると,  光が入って来た,  光が来た,  光が帯を解く,  光が耳元で訊ねると,  光が戯れ,  光が附いたり消えたり,  光が射すだけです,  光がスーと天空から落ちて来る,  光が幽霊火の如く輝いて居る,  光が室の中を紅く染めていた,  光がぼうっとしているので,  光が虹のように下に射した,  光がさしこみます,  光がもれてさす,  光が飛ぶ,  光がほのかにさし込むと,  光が流れてる,  光がさすだけで,  光が薄かったかも知れない,  光がさしてきた,  光がゆらめいてゐた,  光がいらない,  光が地面に落ちた,  光が猶ほ,  光が表町の広い道の三分の二をくつきりと白く照らし,  光が雲に映つて,  光がその面を照らす,  光が池の面を黄色く彩りますと,  光が足りない,  光がうつろったりする,  光がさしこんでいて,  光が窓からさしこんできた,  光があたった,  光がその物体にあたって反射するからだ,  光が中へはいって,  光があたっても,  光がさしていましたので,  光がたくさんになって見えてきました,  光がさしてひらめきました,  光がさしていたが,  光が美しく輝いてるじゃないか,  光が人の眼を眩ますを,  光が飛び散り,  光がぱっと射して来た,  光がだんだん淡くなって,  光が空に映えている,  光が私に見えるくらいだから,  光が樹立の間に見えて来た,  光が丸太小屋の内部をぱっと照すと,  光が胸の中に射し込んで来た,  光がちょっとの間彼等の興奮した,  光が感じられ,  光がかすかに射していた,  光が夜闇の衣を僅に穿つてゐる,  光がとどいて,  光が疲れた,  光が厭らしく堪え,  光が耀いてゐた,  光が一瞬で消えると,  光が忽然パッと消えたかと思うと,  光がほっかりと感ずるらしい,  光が透して,  光が照して,  光がボウと射し,  光が水に映り,  光がチラチラとだだっ広い部屋を照らしている,  光が開いた,  光が射さぬので,  光が見えないかと気がついて,  光がうす暗くなったと思って,  光が竹林の上から斜にさしか,  光が所へ行く,  光がちらちらともれて来た,  光が落ちている,  光がきえます,  光がさしていました,  光が降り,  光が強過ぎるからです,  光が与えられた,  光が広々とさあつと外にあふれて出て,  光が流れていた,  光が変に浮いていた,  光が洽く照り映えようとする,  光が山々からふっつり消えると,  光が海底の真珠のように三つ四つ二つ燦めいていたので,  光が樺色に燃えている,  光があかあかと照す,  光がさっと流れて,  光が薄暗い林の中まで拡がる,  光がすぐ脚の下に見えだした,  光が油のような海面に融け,  光が澄み切って,  光が雨のようにふりそそぐに任せている,  光がさっと流れて入りました,  光が一つ消え,  光がすけてみえました,  光が天空一杯に輝いてゐるではないか,  光が目へ射すので,  光が一遍ぱっとひらめいて,  光がパッと射して,  光が眠っている,  光が運ぶ,  光が軍曹に殺ろされる,  光が血だらけになって逃げ廻る,  光が居れば,  光がお節の眼に浮んで来た,  光が花に映,  光が散乱する,  光がさしているが,  光がもれてくる,  光がいつ,  光が流れておりました,  光がさし出て来る,  光が白く降っていた,  光がゆれてゐます,  光が射込んで,  光がその厚ぼったい霧の裏にポッとにじんでいる,  光が慰めの微笑を投げてくれた,  光が落ちていた,  光がだんだん大きく明るくなる,  光が蒼白く照らしている,  光が加わって来た,  光がちらりとも見えず,  光が眠る,  光が照り残っている,  光が含まれている,  光があなた方の家の天井に見えて来るでしょう,  光がかげり,  光が街路の上に流れていて,  光がほんのりと窓から洩れている,  光が寒そうに光っていた,  光が燃えて,  光が戸の隙間から射し込んで来て,  光が照り出します,  光が一種のエネルギーであるという考えは少しも動かされない,  光が海中に入り込む,  光が弱よわと射していた,  光が赫と光った,  光が闇のなかに残って,  光がどこからともなくすうっと出てきて,  光がきらきらと輝き渡った,  光が暗闇に圧倒されて,  光が肌まで浸,  光が明かに照り渡った,  光が川の中央にきらきらと金を砕いていた,  光が車内に差渡って,  光がはこぶ,  光が温かくさしこみました,  光がやわらかな花びらをひらかせ,  光が失われてつむった,  光が覆うている,  光が入り交じった,  光があっても,  光が見えてきた,  光が隠れてしまって,  光がつっ走って,  光が流れ込む,  光が淡く道路を照していた,  光がどうにもならなかつた,  光が変るという,  光が一ヶ年かかって達する,  光が痴川の顔へ鈍く流れてきたが,  光が少し薄らいで,  光がそこまでひろがった,  光が宿つてゐた,  光がジリジリと照りつけていた,  光が流れだした,  光がその顔を正面から照りつけている,  光が閃いた,  光がどこからかさす,  光が薄暗い廊下にもれて,  光が遠のいて行くばかりで,  光がきらきらしてゐる,  光が一面にきらめく,  光が颯っと射し込み,  光が満ちている,  光が遽かに青葉を通して射して来た,  光がこの谷間に射し入った,  光が満ちて,  光が私達の眼に映った,  光が三つばかり冴えて見えた,  光が牛丸少年の全身を照らしつけた,  光がもれている,  光が降ってきた,  光が線の窓掛を透して,  光が凝結した,  光が斜に流れかかつてゐた,  光が瞼に浮んでくる,  光が燃えて居る,  光が對岸の緑の平野の上に被ひかぶさつて,  光が映つた,  光が明るくなって,  光が輝く,  光が輝いて居ったから,  光が東京の人の眼に珍しく映つた,  光がほこほこと暖かそうに屋根の上に当たっていました,  光が眼に見えない,  光が洩れてゐた,  光は紫色の光が来て並ぶ,  光が空からの反射光線に変わると,  光がそこにさして来ている,  光があるとは,  光があふれている,  光がまともに照りつけ,  光が東の天に金蛇を走らした,  光がぼ,  光がぱっと光った,  光のような白い光が宿っていた,  光が散らばり,  光が夜の闇の中に残った,  光が彼の三つの時から十年近い年月を女一人の力で亡き夫の家に居,  光が聞くまいと努めても,  光が水にぬれた,  光がかすかに射し入っていた,  光が来たら,  光がさっと眼にしみたらしかった,  光がそれは美しく見えて,  光が言った,  光が立ちゆかない,  光が出て来た,  光が二階の一室で仕事をしていると,  光が生まれない,  光が北野家の先人達のうちでやや詳しく知っている,  光が年とってからも涙ぐまずにいられない,  光はお光が生まれない,  光が物心がつきはじめる,  光が彼女の兄姉やお里に関する最初の記憶は妙に一生忘られない,  光が年とってからも,  光が年をとってから,  光が俊太郎に嫁がねばならなくなる,  光が門際に立って,  光が驚いたほど,  光が大河俊太郎に嫁入った,  光が嫁入った,  光が大河に嫁して,  光が湧き出る,  光が寝ずに待っていた,  光が冬子の言葉が意味する,  光が食事をしていると,  光が薄らに彼を照した,  光が靄を破って輝いて出る,  光が一面に降り注いでいた,  光がそれ等の家々のつづまやかさを洩らしていた,  光が心に射しこんできた,  光が消えるか消えない,  光がとつぜん私の上に射しこんできた,  光が神経に当るので,  光がまた射してきた,  光が暖かくなり,  光がどんなに重たくのしかかり,  光が室内を照らしている,  光が燃えて来た,  光が一ぱいに縁側に充ち溢れて,  光がなければ死ねる,  光が気乗りのしない,  光が照っている,  光が遮られている,  光がみなぎった,  光が井戸の奥そこまで照らしていた,  光が前方の左側から来る,  光が当る,  光が走っている,  光がどっと来て,  光が靄の中に溶けて,  光が彼等の眼に入った,  光が射さないからであった,  光が出るとすれば,  光が私には見えそめて来ました,  光がくわっと胸へ甦って来た,  光が曲がる,  光が一様にならず,  光が映っている,  光がはいって行く,  光が光らずに流れてゆく,  光がパッと眼に当った,  光がかっと差し込む,  光が天の一方から流れる,  光がのぼる,  光が漂よっていた,  光がさして居た,  光が染み込んだ,  光が水のやうに流れてゐた,  光が浮いていた,  光が晴々としてる,  光が籠っていた,  光が薄くなった,  光が薄暗いと云った,  光がチラリと岩角に落ちた,  光が強いので洋傘直しはポタポタ汗を落します,  光が湧いているでしょう,  光が過ぎはしませんか,  光が十分に当たり,  光が薄れていた,  光があやしく漂っている,  光が変に見えるから,  光が見えるじゃありませんか,  光がみんな失くなると,  光が炸裂した,  光が微赤く此方の峰の一角を染めて,  光が山風の中に物凄い色を見せていた,  光のような光がちらちらと樹の間から見えた,  光がはっきり見えてきた,  光が漂うていて,  光があふれていた,  光が床へ落ちていた,  光が明滅を始めた,  光が瞬いた,  光が訪れてきた,  光が室内に漂いはじめた,  光が眼に浮いてきました,  光が雲の間から漏れていた,  光がまばらに寒く光っていた,  光が一面にふり,  光が冴え,  光が私の所にやって来た,  光が向うに行って,  光が銚子を持ってきた,  光が私達の側に腰を下ろすと,  光が不意にそんなことを云った,  光がチラチラしている,  光が流れていました,  光が作り出した,  光がことに有難かつたのであらうが,  光が空に吸いこまれると,  光がそれに当って,  光がさしてほかほかとしているとっつきの,  光が流れており,  光が一面にこぼれてはいるが,  光が赤いかわらや黄になった,  光が小さく見えてますかがやけかがやけ,  光が夕方まで通路の上に光つてゐたが,  光が滲んでゐた,  光が沈んでいた,  光がその代りに表面に浮かんで来た,  光が馬の首を包んだりする,  光が海岸を靄立たして見えた,  光がぼんやりと射してゐた,  光が厚い苔の上にきらきらと揺れ動くにつれて,  光が照らしていた,  光がぼんやりと丸く大きく天井へ映つて居る,  光が靜かに二人を見おろして居る,  光は一際明るくなつて天井には再び丸い光が映つた,  光がキラキラと洩れて来る,  光が煙っていて,  光がさして天井を照らした,  光が草むらに落ち,  光が透け,  光がみなぎっていた,  光がその底から漂った,  光がそれに比例して,  光がほとばしっている,  光が流れこんだ,  光が白い蚊帖の裾にさします,  光があまりはいらなくなりますので,  光が弧を描いてあらわれたと思うと,  光が疎く成つたと思ふ,  光がこもって,  光が減少して,  光が勝つ,  光がはじまろうとする,  光がスイスイと立ちのぼってくる,  光がすつ,  光がもつれてゐた,  光がぎらぎらと電のように光った,  光が戸の隙からさしこんで,  光が差す,  光がともる,  光が低く流れています,  光が必要になる,  光が白く射し込んで,  光がチラと見えた,  光が艶をもつて,  光が流れてゐる,  光がうつる,  光が消えかかる,  光が四人の姿を照らしました,  光が一ぱいにさして,  光が先づ首を振り,  光が後から隨いて,  光が小股走りに停車場の方へ隨いて行く,  光が見えたといふ,  光が臺ラムプの光に懷中鏡を透かして,  光があります,  光が透徹して居ります,  光が美しい調度を艶かしく照らしている,  光が落ちて来て,  光が眩しいほど照りかえっていた,  光がだんだん薄れて来る,  光が恐れられた,  光がさして来ると,  光が光澤ある,  光が白羊宮の星の光とまじりて,  光が不足している,  光がゆらいだ,  光がまばゆくかがやきはじめると,  光がさんさんとふりこぼれ,  光が物にあたった,  光がおれまがる,  光がおなじような具合におれまがるから,  光が窓からさしこんだ,  光がぱっとさしてる,  光がさして来なかった,  光が溢れる,  光が一層強くなつてくると,  光が言葉につれて,  光が薔薇を伸べて,  光がこごえた,  光がかげった,  光が燃える,  光があるばかりだ,  光が樹立ちのトンネルの向こうから斜めに射し込んで来る,  光が一面に漲っていた,  光が薄らぎ,  光が大地の上に照った,  光が照りつけていて,  光が静に照っている,  光が照りつけていた,  光がきらきらするばかりで,  光がこひしくても,  光が水の下へさしこむ,  光が一ぱいさします,  光が一面に降り注いでいました,  光が透いて見える,  光が炎のように画いてあって,  光が銀粉をまいた,  光が寸一寸と歩を進めて動く,  光が廊下に映り,  光がところどころ霧の幕を穿って,  光が磨硝子のように消されて,  光が雪の上に流れた,  光が流れて来て,  光が木々の隙から斜に林へ射し込んでいたが,  光がおぼめいて来た,  光が部屋の中へ射し込んでいる,  光が射して来ると見えて,  光が涼しい風と共に流れ込んで,  光が射しこんでいて,  光が消えてしまった,  光が梢から白じらとさしていた,  光が岩屋の中にさした,  光がとびだした,  光が来ると,  光がひどく憂鬱に見える,  光が消えか,  光がさし合つてゐた,  光が消えかかっている,  光がさし合っていた,  光が花と花との間に瞬いている,  光がいく,  光が彼女達の病室へ一ぱい差し込んでいる,  光が薄らぐとともに,  光が塵煙を白っぽくし,  光がこぼれぬ,  光がさしても起されぬくらい眠りこけている,  光がさしこみ,  光がまだ届かない,  光が耐えられないので,  光がぶつかった,  光がしめった,  光が無いとすれば,  光が薄くなツたやうに思はれる,  光が微紅く帆を染めていた,  光が見えている,  光がきらりと光って,  光が眼の前を流れて,  光が薄赤く帆を染めてゐた,  光が見えてゐる,  光がきらりと光つて電燈がぱつと点いた,  光が物凄く輝き出した,  光がさしこんできていた,  光が浅緑をつけたばかりの,  光が朦朧としていた,  光がその簷にあった,  光が明るく雨や霧ににじんで見える,  光が照り渡った,  光がただよって,  光が蒼く澄んで,  光がさせば,  光がしずかに眠っている,  光が彼の髪を火でそめた,  光が顔にあたってモリイシャは起き上がった,  光が樹から出る,  光がちょうどあの辺まで届くので,  光が増すと共に,  

~ 光[名詞]1
形は見えないが光は  蝋燭の光の  日の光は  陽の光の  日の光が  星の光が  救いの光に  結果救いの光に  力と光とが  力や光は  力や光などは  鯱鉾に光を  朝の光の  カンテラの光を  白日の光の  月の光に  月の光は  月の光を  石火の光と  銀色の光を  日の光に  月の光が  残りの光が  眼の光を  淺ましい光は  輕くお光の  夜は光の  太陽の光を  ピカツと光  永遠の光を  鱗の光  鱗の光の  星の光のみ  底に光  もの久方の光に  一道の光が  日の光の  燈火の光と  提灯の光が  黄金の光の  名のごとく光が  親友をして光  反射の光と共に  ろうそくの光でも  ガスの光でも  火の光が  朝日の光が  透明な光が  ような光が  誠忠の光を  赫耀たる光を  燦然たる光を  灯の光が  面が光の  ぐひなき凄惨の光を  稲妻の光に  朝日の光を  あけぼのの光も  新年の光を  瓦だけの光を  緑や光の  囚徒らのうへに光を  ひとつの光が  むらさきの光を  三面鏡に包まれた光の  ように光を  陽の光が  一瞬間に光を  暁の光が  燈の光が  電燈の光に  雪の光を  日の本の光より  肝心の光に  腕釧の光が  腕釧の光で  腕釧の光を  幾つかの光によって  この世の光を  月の光の  一切が光  昼の光の  内在する光に  静平な光に  やうな光が  全体から光の  不変なる光  朝の光を  太陽の光の  星の光に  昼も光の  一筋の光も  電燈の光を  日の光を  恒星の光が  電磁気や光より  電磁気や光に関する  異様な光が  太陽の光に  磧で光  晩背戸へ出て来て光  星の光を  電灯の光に  一条の光の  滑らかな光を  白ぼけた光が  豊かな光の  夜空を燃している光の  音と光  音と光に  さが光の  月の光とで  太陽の光が  陽の光を  電燈の光が  ダイヤルの光を  特別の光も  目の光を  懐中電灯の光を  解決の光も  色彩も光も  街燈の光が  かすかな光の  朝の光と  日の光で  隙間から光が  月の光  憂鬱な光を  灯の光に  置ラムプの光の  ラムプの光が  夜明けの光が  やうな光を  尖端に光を  急に光を  空の光に  三角の光に  自然的な光によって  運動や光の  とき自然的な光によって  自然的な光を  残虐な光の  風や光の  あらしあらししだれやなぎに光  それだのに病める光の  ゑしよん純銀霜月の光に  表にして光を  行燈の光に  星の光は  星の光で  炬火の光を  火の光を  火の光に  日輪の光を  星の光も  日の光  愛の光は  世界の光が  真理の光に  信仰の光に  ほうから照らしてくださっている光に  熱と光との  葉ごとに光を  電灯の光が  紫色の光が  電灯の光の  異様な光を  ぼんやりした光を  マスクを光の  紫の光が  ような光を  #月の光を  虹の光の  日の光など  華やかな光が  憎悪の光を  入り口へ光が  ボッと光が  眼の光に  金剛石の光を  眞向に光が  惡い光を  ランプの光で  搖めく光を  火事の光を  斜面に光を  月が光を  映写された光と  スクリーンに映り続ける光と  影と光を  比較しようとしても光の  集団であって光の  ランプの光も  如何に光が  金の光を  春の光を  眼から光を  隈から光を  赫奕と光が  歴々と光を  五六寸ばかりの光が  春さへられぬ光も  月樣の光で  一縷の光が  目にやはらかな光が  青空の光を  黝ずんだ光を  神の光に  カーテンを洩るる光の  世の光  おぼろな光の  日の光をも  電燈の光の  おんたまものの光は  気をつけて光を  日さまの光を  電灯の光で  貪慾な光を  ガス燈の光が  窓にも光は  ガス灯の光が  庭さき月の光は  風は光を  鋼鉄の光に  ネオンサインが光の  スパークする光  陽の光と  部屋は生きた光を  つて電灯の光が  葉蔭を漏れる光が  金色の光が  電燈の光は  スタンドの光に  不思議な光を  不知火の光を  電気灯の光ばかりに  灯火の光を  まともに浴びたる如く光を  袖の光を  日さまの光が  眼底異様な光を  鉄格子から流れこむ光に  行燈の光を  孔雀色の光に  短檠の光を  横に光を  日の光とが  火の光で  さが光を  速力は光の  ニュートンが光の  輝しい光を  燦然として光を  前方には光が  色電球の光に  き知慧の光と  新たな光の  復活体を着せられて光の  からの光と  太陽の光は  ヘッドライトの光を  何十年ぶりかで光を  柔らかな光を  月の光で  しずかな光さえ  時に発する光  月の光などに  時の光の  一筋の光が  鳶口の光ばかりに  剣の光を  銀磨きの光を  涙の光では  一道の光を  ヌーと光を  小太刀の光と共に  小太刀の光を  灰色の光が  眼の光が  春の光が  艶な光を  感情的な光を  白毫の光が  信国の光を  剣の光は  黎明の光の  つぶつぶに光  さかたの光の  空に光  カンテラの光の  ネオンサインの光と共に  星の光の  熱と光に  電燈の光  灯の光も  静かな光が  乳色の光を  眞珠の光を  乳色の光と  ただお日さまの光ばかり  夕月の光の  眼の光  波の光を  はじめの光  自己の光より  淡紅の光の  寶石の光の  はての光を  冠の光を  背中の光の  発火すると光が  速度は光の  云つても光の  音と光の  音と光とが  のは光と  顔に光を  上に映す光の  地球に光と  新星の光が  戸外には光も  五色の光が  眼の光にも  街灯の光で  一点の光が  ため星辰の光が  紅の光を  水色の光を  水色の光と  星の光  燈火の光が  ランプの光は  懐中電燈の光  懐中電燈の光で  懐中電燈の光を  真青な光を  揶揄的な光が  立体的な光の  ランプの光が  燈臺の光  折折雲と光とに  暖い光と  一波の光も  妖魅めいた光を  金紋の光へ  抜刀の光を  匂いと光が  摩擦されて光を  夕陽の光も  金の光  幸福らしい光は  夜の光が  一定の動かない光を  希望の光が  微かな光の  弥陀の光に  夕照の光だけが  暁天の光を  一つ星の光が  色の光を  色も光も  日さまの光の  燦爛と光を  星が光を  舟ばたの光を  日の光も  角度から光を  母性愛の光  文学は光を  希望の光  一道の光  火の光  ランプの光の  やうな光に  やうな光の  ひとつ冷酷な光を  ような光  怪獣の光  昨夜変な光を  燐の光に  ような光に  春陽の光が  陽の光も  薔薇色の光を  燈火の光に  非難の光が  青色の光が  今は光さえ  真昼の光で  陽の光とが  火事の光は  蝋燭の光に  菫色の光を  月の光もさ  朝日の光は  それが光  落日の光に  焚火は光も  紙燭の光に  栄誉に光を  下から光が  何か光を  火の光も  生憎電燈の光が  電灯の光を  理想の光に  一本の光の  印象の光を  月は光を  目蓋を開いて光の  そこは光と  ために光を  世界で光と  中の光に  中の光が  日暮れ前の光の  原子が光を  振動數をもつ光を  振動數をもつた光を  從つて輻射される光の  Kramersと共に光の  香ひの光を  水の光を  暁の光に  ひとりで光でも  月様の光で  夏の光は  文明は光を  黄金色に光  燈の光は  これは光の  其処から光が  手燭の光が  空には光の  焚火の光の  懐中電灯の光に  蝋燭の光は  薄日の光に  刀の光に  向日葵ハ太陽の光  五色の光を  燈火の光を  灯の光を  文章に光を  中から出てくる光  差し入る光は  眼の光とともに  眼の光で  一条の光が  ぼんやりと光の  黄金色の光を  前途の光の  月さまの光が  雲を光の  慈悲の光ぞ  怨みの光を  星夜の光に  雲とまがう光の  太陽の光も  銀色に光を  照燈の光が  底の光の  天道さまの光の  夢の光の  様な光が  其眼の光よりも  妖星の光が  五色の光が  三本の光の  松明の光が  戟の光を  虹のごとき光を  紅の光に  意識の光を  陽の光は  松明の光に  絹の光を  恐怖の光を  激情の光に  清げな光が  さとが光に  空気と光に  明かな光に  通まで光と  間をもれてくる光が  夕日の光が  外の光に  電気の光が  シャンデリヤの光が  葉は光を  暗示の光を  瓦が光  夜明けの光とともに  暗夜に光を  紅の光が  熾熱燈の光の  太陽の光で  月の光も  燈明の光で  愛の光に  ランプの光から  瞬時の光が  ランプから射す光の  これというほどの光は  眼と光との  移り動く光の  彼女を光の  自由の光  彼から光を  彼に光を  一条の光に  ランプの光を  笑いを含んだ光を  火把の光と  輝かな光を  真紅の光を  稲妻の光を  天日の光も  希望の光を  想像力の光を  ものに光が  ための光も  点に光を  今後正面きって光を  月さまの光で  石油ランプの光に  石油ランプの光を  電燈の光と  瓦斯の光は  びの光を  窓の光は  やうに光に  いのちは光を  食慾は光に  寝顔に光が  うちまで光で  日さまの光で  日さまの光に  夕陽の光が  焚火の光が  日の光すら  松火の光に  明けの光の  旭日の光が  一歩一歩燦爛と光を  暁の光の  熱と光を  朧げな光と  薄日の光を  花びらに光  月の光まで  不純の光なり  虻一つ昼の光に  砂さへも光と  四角な光は  秋の光で  明にて光を  反射する光の  夕日の光も  薄日の光が  照灯の光に  中で光に  目の光で  燭火の光が  燭の光を  荘厳の光の  以上は光も  円な光に  火の光の  瞳孔に光が  意味の光を  桃色の光を  水面に光を  ふしぎな光を  懐中電灯の光で  何の光  桃色の光が  巨大な光と  すもも色の光を  ぼんやりと光を  モロー彗星の光は  宇宙に光の  桃色の光の  天井からさしこんで来た光が  モロー彗星の光が  金属的な光を  モロー彗星の光の  どこから光が  響とも光とも  空の光が  味のある光を  曙の光を  曙の光も  曙の光が  幽かに光が  静かな光さえ  僅かな光を  僅かな光も  青空と光を  風と光の  国際主義の光の  色や光や  観念に光を  知恵の光を  青の光を  透明な光を  ことの出来ない光  かたちの光が  ポーッと光が  そこから入る光が  ボヤボヤの光が  今まであった光が  欄間の光の  陽の光  欄間に光が  みんな此の光の  天日の光を  太陽は光を  提灯の光で  糸蝋燭の光が  牧場に光を  微笑の光が  頭髪を光から  内からの光に  如く日の光を  陽の光に  歩道へ光を  密集して光の  後頭部に光  最初の光を  最後の光を  ギロリと光  後姿から光が  二本の光が  二本の光は  全身が光の  藝術の光を  太陽の光と  月の光じゃ  地球の光という  急に光の  下だけに光の  ものには光が  神の光の  名残の光の  燈台の光は  夕日の光に  燦然たる光は  魂には澄みわたった光が  清らかな光が  箱は光  外の光が  それは光と  利智走った光が  夕の光を  勾玉状に光  きららかな光が  さんさんと光を  白日の光を  蛍の光を  螢の光を  答ふる光も  答うる光も  白日の光が  曙の光は  靜かな光が  野生的東洋に光を  一条の光は  灯籠の光で  ルウム・ライトの光の  弧光燈の光を  円盤が光に  のは光の  眼が窪んで光が  火事の光で  龕の光が  一時に光を  璧の光を  人文の光を  清義烈の光を  龕燈の光  蝋燭の光が  燈の光  龕燈の光で  野獣的の光を  網行燈の光に  体へ光の  龕燈の光など  月との光の  琥珀色の光を  月の光にも  ような光の  龕燈の光に  スタンドの光を  一定の光の  明るみの光に  夕燒の光は  世界は光も  實の光を  三尺幅の光の  諺に光は  マコを握って光に  ホタルの光は  明け方の光が  其現に放つべき光は  清らかな光との  清淨の光を  物の光を  何の光をも  來る光  者に光と  文章は光を  龕灯の光が  灯明の光しか  真昼の光に  赤味がかった光の  アーク灯の光の  これに光を  睫毛に光  協力の光が  落着いた光を  瓦斯の光に  照すは光の  影が光との  我に光を  自然の光と  精神の光と  内に光が  #充溢せる光に  自然の光が  #逡巡せる光に  衷にあるだけの光を  體の光に  不思議な光の  トークォイスの光の  ワイナハトバウムの光が  白銀色の光が  カーバイト灯の光の  日の光との  金色の光を  絶対に光を  中に光の  理想の光によって  闇と光とが  われわれを光に  静かな光を  奇怪な光の  満月の光  透明な光に  軒灯の光を  私たちを光の  感傷は光  生命は光  藝術は光  人間にある光は  金屬にある光は  #鳥にある光は  我我は光を  盲目は光を  ものは光  螢の光は  パツシヨンは光  一刹那の光  心靈は光を  ひとつの光を  心は光に  緩やかな光が  色硝子の光に  国の光として  歴史の光に  家庭の光を  個々電燈の光を  らる光が  銀色に光  燈火の光の  空の光で  行燈の光で  白昼の光の  ランプの光に  光弾の光でも  光弾の光とが  光弾の光に  炉火の光で  蝋燭の光を  黄ろい光の  カンテラの光が  足元に光が  文化の光を  煌々たる光が  活動の光で  日の光にずつと  一種の光が  燈が光を  背に負った光を  洞窟に光は  青金で光の  流星のごとき光を  軒燈の光が  不気味な光が  日の光と  日の光をなんて  さで光の  目の光の  微妙な光が  日中の光は  冷やかな光が  空の光を  金歯の光を  和らかな電燈の光の  うちに光は  如何に光に  影響による光が  調子や光の  明所の光の  それより光が  反射の光が  無数の光の  理由による光の  正面に光が  青色の光を  太陽光線によって光と  電燈に輝かせつつ光と  煌々と光を  陰気な光が  月さまの光に  クリーム色に光を  月さまの光の  将軍家から光の  のち名を光  命を光  奉公を光  それよりは生きていて光  答を光  様子を光  創が癒えて光  近習は光  静かな光の  瓦斯燈の光が  そこに繰りひろげられる光の  構成する光の  前方に光が  空に光を  懐中電燈の光に  部屋の光の  アーク燈の光が  夕陽の光の  夕空の光に  ぼんやりした光が  ぼんやりした光の  萬世の光  ぼうとした光が  ぼうとした光の  叡智の光  不思議な光と  朧げな光の  篝火の光の  黄昏の光の  やうな光は  醒た光の  蛍の光の  絹シェードの光  神秘な光  桃色の光に  雪の光に  した電燈の光を  街路の光までが  戸外の光を  焚火の光で  黄金の光を  燐光様の光を  紫色の光を  燈の光なども  おぼろげな光の  残月の光とで  左から来る光に  意地悪そうな光を  陰影と光が  電燈の光で  一種凄惨な光が  二本の光の  柔和な光を  明白な光の  一種果敢な光が  手提電燈の光の  新月の光を  何の光によって  後ろの光と  冷凉たる光を  街燈の光も  冷酷な光を  新月の光に  手提ランプの光を  七色の光に  燃上る光と  #月の光に  の業を棄てて光の  白銀の光を  空は光を  眼の光も  金色の光の  色が光と  夕日の光を  夕ぐれの光が  熱と光が  コバルト硝子の光の  あたしの光で  あたしあたしの光で  あなたの光が  懐中電燈の光すら  ぢの光は  東雲の光が  曉の光の  電気燈の光が  将軍星として光を  瞋眼から光を  室内灯の光に  朝日の光では  朝日の光の  瞳の光が  夜明けの光の  瓦斯の光を  執拗な光とを  一点白玉の光が  群をなしてとんで来る光が  立派な光を  黄いろな光を  眼の光だけは  色や光を  尊大さで光  それが光の  空の光の  角度で光を  燐光に類した光を  目玉の光には  色と光が  眼玉の光には  銀の光を  入日の光が  火の光は  ものが見えたが光が  みどり色の光の  金歯の光が  間から流れ込んだ光が  真夏の光が  西洋の光の  呼応する光に  麗かな光に  春の光に  銀の光が  穴から出ている光  霧も光も  道化うた月の光の  沖で光  理智の光を  変月の光の  善逝の示された光の  正義に光と  日の光とに  細やかな光が  純な光が  秋の光を  病的な光が  朝日の光に  水の光が  色と光  シルエットに区切られた光の  エンスイ形の光に  ローソクの光の  ローソクの光を  ミサカエの光を  方から光が  響きと光とに  夜灯の青ざめた光の  昼の光とが  #日の光が  明るみと光の  人格の光を  火の光に対する  七色の光から  綾の光といふ  来迎の光だの  七綾の光が  薔薇色の光が  松火の光で  蛍の光か  何んの光  そこから光が  松火の光を  黄金の光が  朝の光に  漂白性の光は  滅多に光は  一瞬エメラルド色の光を  やうに光  朝の光が  透明な光は  うららかな光が  街燈の光の  夕映の光を  行燈の光の  ものの光も  驕慢な光を  焔が光の  そこからさし込む光で  向こうには光の  ひとみの光を  insolentな光を  灯の光の  灯の光で  動揺につれて光の  影と光の  目の光は  瞳孔は光に対して  木村を黙らせるだけの光が  火で焼いても光は  しょぼしょぼした光の  蛍の光は  柔かな光を  昼の光と共に  君は光  愛の光の  穏かな光が  夕陽の光に  太陽の光  ために光が  さと光の  自分にとって光  蝋燭の光も  そうに話しかける光が  門燈の光で  天は光を  電燈の光との  異様の光が  新らしい光が  健かな光を  魂に光を  皷舞する光を  薄紫に光を  蜜柑色の光を  火ににた光を  聖マイケルはみなぎる光の  輪郭は秋めいた光の  灯台の光を  常磐樹の光も  羽搏の光を  無数の光が  助は光を  猛烈な光で  爽やかな光が  そとから忍び込む光が  玲瓏たる光では  まともに受けた光の  部屋に吊りさげられてあって光は  暁の光を  洋燈の光が  夏の光の  欲望の光を  天井に映る光と  健やかな光に  月様の光に  ランプの光にも  燈明の光が  あたりから射してくる光とも  どよめきは光と共に  地にみつ光なりや  冬の光に  眼の光の  内に光を  晝の光の  中に光  春の光は  葦燈台の光を  緑の光が  燈台の光を  塔は光に  新月の光が  かすかに光が  電灯の光は  お互いに光を  目の光にさえ  街灯の光も  電灯の光も  偶然灯の光を  街灯の光の  かすかな光に  風呂敷を通して来る光で  熱も光も  緑の光の  栄たれ光  雪は光を  けいけいたる光を  焔の光に  真昼の光の  なかに光の  聖い光を  眞赤に溶けた光を  新鮮な光と  色と光と  情けの光を  眼が疲れて光が  目の光が  狡猾な光を  空想的な光を  銀の光  生命の光も  雅典の光  七星の光  燦爛の光に  剣戟の光  何か光に  日に光  慈悲の光を  眼が光  特殊な光を  終日陽の光を  瞳子には生きた光が  絹の光が  うららかな日の光が  正当な光に  一つの光が  星の光と共に  陽の光さえ  月の光をも  涙が光  鍾めたるかと覚しきばかりの光を  新たな光が  一面の光の  順当な光で  春の光の  隙から光が  併し光は  盲いた光  提灯の光を  かすかな光にも  内的生活だけでも光  海の光を  残酷な光に  うして光に  マグネシウムの光で  入り日の光の  非常な光を  熱と光とを  熱と光とは  表面に射下す光と  中の光とも  夜の光に  夜の光は  我制統に光を  角燈の光を  角燈の光に  時になって光を  ヤミに向って光を  懐中電燈の光の  警官は光を  つた朝日の光が  空の光にも  ガスの光が  ようなちろちろした光が  電気現象や光の  #提燈の光との  電気の光を  ヒューマニティーの光を  軒灯の光の  人々も光を  顔色は光を  清らかな光は  地上へ映しながら光と  色々の光で  桔梗色に光を  妙に澄んだ光が  中に光が  中天に光を  曙の光に  皇国の光を  必死な光を  和やかな光が  一種の光を  音は光の  音と光との  本体が放つ光  本体的な光は  かすかな光が  世界は光の  かすかな光を  構内照明燈の光に  たしかに光が  足なみのゆれと光の  真率な光に  燭の光が  燭の光の  卞王と光を  提灯の光の  行灯の光に  夕月の光で  力のある光が  二階に光を  玉の光が  ネオンの光に  転機の光が  文化の光にも  世の光も  露の光が  燈心の光に  ことヴュランダの光に  かぎりさまざまな光の  さまざまな光の  連続した光の  窓からの光が  窓から入って来る光を  夏の光が  昼間の光で  巻柱の光を  真白な光で  鹿子が見た光という  人智の光が  洋燈の光は  六月の光は  町の光の  五色の光の  うちに光の  斑らな光を  お日様の光が  音や光は  途中街燈の光が  色や光の  水の光は  シャンデリアの光の  シャンデリアの光が  ランプの光  光源から光が  ちょうちんの光に  紫色の光の  日の本の光と共に  懐中電灯の光が  針ほどな光にしか  眼の光は  艶も光も  輝しく光  螢の光の  釣洋燈の光は  陽の光で  文化的な光と  眼の光から  秋の光が  眼にも劣らない光を  半円を描いた光は  水面に落ちて光  窓洩る光  窓より落つる光の  日よ光  國の光の  灯火の光に  霊妙な光で  洋燈の光に  冬の光は  いまアムバアの光の  時代が崩れる光の  色合の光と  街灯の光を  ひとみの光が  最後の光が  からだをなぐさめる光を  ばら色の光が  金色にかがやく光が  一日じゅう日の光が  蒼然たる光を  ヤレ月の光が  夜店と光と  玉でも磨かざれば光  瞳も光を  仄な光  煙をはき光を  ヘッドライトの光に  間ランプの光が  交錯する光の  三日月の光によっても  手提電灯の光で  内部の光が  仄かな光の  格子から光の  瓦斯の光の  文化の光に  昼の光を  昼の光  自然の光に  雪の光で  土曜日であるから光と  月の光によって  眼先に光  もの月の光が  ろうそくの光が  ろうそくの光と  黄なる光の  天蝎宮の光だに  裏ゆ金覆輪に噴きいづる光の  肋のにほひ光  光線の光の  ほのかなる光の  末広に光  樹間を洩れる光によって  窓の光に  瞬間的の光では  持続する光が  妙な光を  眼ばかり光から  眞晝の光  時代の光を  希望の光も  月の光ばかりを  居城として光  山中に光と  氷の光を  暁の光は  緑の光を  風も光も  陽の光ばかりは  海中の光も  忠勇の光に  中に浮き上がった光の  異らぬ光を  光明氏も光が  私も光が  靜かに光を  燈籠の光は  名刀の光は  冷やかな光で  燈籠の光も  晩年の光を  渾然として光を  暁の光で  春昼の光に  非常に光の  春昼の光を  日盛りの光の  ライトの光を  籠行燈の光が  ライトの光に  ライトの光の  強烈な光に  それも光を  変電燈の光に  紙屑は光の  行燈の光  燭台の光で  洋灯の光は  舞扇が光  青の光の  茫とした光が  憎悪の光が  シャンドリエの光が  なかが光と  聖らかな光が  レンブラントを光の  一篇を光の  玻璃色の光を  闇夜に光とは  夜明の光に  燈の光で  白刃の光を  月があっても光が  雪洞の光を  妖精じみた光  月の光から  ようにも光が  露が光を  日の光ばかり  針の光も  裸蝋燭の光が  人影だが光の  火事の光に  風に吹かれて光を  雪の光は  美くしい光が  燈の光の  すきから漏れる光の  刃の光に  雪洞の光に  花が光の  眼の光こそ  解剖室から洩れてくる光  煌々たる光に  薙刀の光が  久方の光が  こうもりが光を  秋の光の  手燭の光で  外の光を  ロウソクの光が  行燈の光が  小田原提灯の光の  ような張りきった光が  雪洞の光も  裸蝋燭の光で  蝋燭の光で  顔は黄ばんだ光に  時刻の光は  一条の黄ばんだ光が  さわやかな光が  んと光を  金貨らしい光  希望の光は  充分の光  屋根から光が  行燈の光まで  提灯の光に  たよりない光を  上に光を  方一尺くらいの光の  三角点から光の  朝の光にも  知識の光や  世の光に  下からの光の  夕焼の光の  日輪の光と  中には光が  東の光  行燈の光は  洋燈の光の  心の光に  若葉の光が  四日月の光が  壁付灯の光に  電気燈の光を  提灯の光は  充分に光が  五体より光を  いま赫耀燦爛たる光に  黄金色の光ばかりが  金の光は  光は光のうへに  光は光に  数知れず光に  金色の光に  言語そのものに光は  肉眼に光を  ことによって光が  刀の光と  間から投げられた光を  一切の光が  月の光という  西洋蝋燭の光と  たる木より光を  夜中蛍のごとき光を  酸素に触れて光を  水素に合して光を  ローソクの光が  ロウソクの光に  光という光を  ロウソクの光を  懷中電燈の光を  懷中電燈の光の  ホントの光が  夕陽の光で  石だけの光が  石だけの光を  面輪に光が  適処適処に光を  窓からはいる光が  障子に光を  翡翠の光を  佗びしいランプの光  笑の光が  真赤な光では  月上りかかれど光  不思議な光が  不敵な光が  一筋の光の  血しぶきが光を  槍の光が  一すじの光を  人の光  力と光に  海底で光を  真珠色の光を  ものでは光を  肉を通して光を  作用で光を  人工的の光では  赤の光で  窓障子へ光の  金の光が  一定度以上の光を  物質に光を  熱情の光を  心鏡の光を  北斗星の光を  金の光と  今様源氏の光の  焚火の光を  急に光が  はりて光の  中に光を  匂來ると見て光は  男神は光と  先に行きし光は  我から光を  天の光が  夕陽の光を  紅の光の  沒れぬ光は  もの白日の光  煙のみ光  天なる光の  沼に光の  鹹の光も  月代の光  髮に光を  北の光の  春の光  野に立てば光を  北の光を  流れ星暮るれば出て光  秋は光の  觸れて裂かれたり光  ものは光かな  鼠がかった光が  そこに入りまじった光と  冬の光を  生々と光を  自分の光を  ような光しか  皆冷やかな光の  そうな光が  剣の光も  文化の光も  理性の光を  かすかな光で  花電燈の光を  パツとした光の  霊魂の光が  一条の光さえも  風呂行燈の光で  一団の光を  眼前に光を  黄金の光さえ  日の光という  新らしい光に  のどかな光に  そは光  白刃の光が  天才の光  満月の光を  夜明の光で  一番星の光を  周囲の光から  春陽の光に  白燈の光の  明け方の光の  眼前を尖光の  現実の光から  の電燈の光が  星の光だけは  わづかの光の  金の光という  燈の光を  人間が光を  矢の光が  雪が光  内なる光は  にぎやかな光の  年代の光の  海の光へ  匂か光かを  お腹が光  残雪の光も  一縷の光を  葉が光を  緑の光と  空から注ぎかける光を  海の光で  眼のすんだ光が  提灯の光でも  電気燈の光でも  松明の光でも  雪の光  やうな光や  白昼夏の光の  やうに潤んだ光を  此の光は  薄闇い光が  ピンセツトが光  鶏卵色に光を  日の出とともに光が  真夏の光の  力と光とを  薄ら日の光を  まっさおな光が  心の光が  瞳の光に  反撥的な光を  兵士も光も  真空という光を  孔雀がはねをひろげたりとじたりする光の  藍色の光が  溌剌たる光が  露の光を  人が光を  赫々たる光に  眞空といふ光を  下には光も  画面全体には光も  画と違って光や  一筋の光を  眼球も動かず光も  反射の光を  火の光とも  ような光は  ような青ざめた光の  樺色に似た光は  かすかな光は  何の光も  真っ赤な光を  色と光との  土を見限って光の  仄かな光に  赫々の光を  猜疑めいた光が  金爛の光が  それぞれに異なる光を  曙の光の  瓦斯灯の光の  旭日の光  #太陽の光でも  斜な光を  左から光が  すべては光  日さまの光は  ような光と  真実の光に  手さげ電灯の光が  真青の光を  如くに光を  静かなる光  台所に光を  阿弥陀様の光  家の光という  書物を読むだけの光が  家の光の  家の光が  やうに光が  日の光にも  螢の光  長刀の光を  親の光という  豆ランプの光が  青やかな光は  宗吾と光  無気味な光を  自分の光で  やみに光  あたりの光が  物を見る光を  胴に光  星の光さえ  月の光や  色が光を  反射鏡の光を  絹帽子の光が  計て光を  我は勉めずして光を  主の光を  タールの光も  鳥居が光を  座の光を  明星の光を  なかの光は  ピカッと光  言つたお光の  不安定な光に  松明の光の  明月の光を  無邪気な光を  異様の光に  まなこは光  曉の光に  唐犬びたいをうららかな日の光に  空間を光と  出の光が  夜光虫の光に  食堂の光が  夜光虫の光と  外に光が  フツト・ライトの光を  日月と光を  華やかな光とが  電燈の光までが  ところにて光を  色と光を  遠火の光に  尻の光じゃ  照空灯の光が  沖した光の  照空灯の光の  ように光の  星の光では  白赤の光が  硝子天井から洩れていた光が  青味を帯びた光が  そうな光を  前に光  他人の生きてゆく光とも  街灯の光に  目の光も  目に見えない光を  一つの光に  それ自身の光という  ペンキの光が  緑色の光が  街灯の光だけ  怪しげな光を  芥火の光を  芥火の光に  うららかな日の光を  爛壊の光  盲ひつつ聾したる光の  炎上の光  ソプラノの沈みゆく光の  銀色の光の  朱の光  玻璃に蒸す光の  暖かみのある光を  畑の光の  窓の光の  灯が光を  初夏の光が  空気に光も  至純な光で  汝こそ光を  他の光を  一は光の  反射された光では  多くの光を  冷却して光を  期間灼熱して光を  蛍光様の光を  黄色の光を  太陽黒点上の光が  太陽黒点の光を  太陽光面の光を  光面の光を  ベテルギュースの光を  生命の光を  気層を光が  変光星の光の  二つの光を  赤味がかった光を  宇宙殿堂の光と  灼熱による光は  黄金の光に  水の上に流れる光が  物の光という  草双紙が光を  燈明の光に  通しの光が  それを光と  提灯の光も  これが光の  正確なる光の  金色の光  残り火の光が  真昼の光を  それの光を  つてしめやかな光を  残りの光に  吾人に光と  眼は光の  さの光が  健康の光の  夕暮れの光さえ  顔も光を  祈祷十字架聖灯の光で  燐の光が  仄かの光に  真昼の光が  眼は光を  ためには光  科学の光で  松明の光で  火事の光も  火事の光が  ラムプの光は  昼の光は  自然に作り出される光の  燈火の光も  雪片は暮れ残った光の  鮮明な光を  灯は光  落日にいろどられて光を  電球が光を  心は光を  神燈の光へ  微かな光を  影と光との  天井に踊る光の  終焉の光  一条の光が  鋼鉄の光の  燦爛たる光に  宗教の光で  月よみの光は  文雅との光  挑戦的な光を  渡つた一面の光  黎明の光に  薔薇色の光の  巨大な光が  夕の光は  僅かしか光が  ところにくると光に  植物は光を  奥は光も  近く庭坂の光が  波から来る光の  かたちも見えず光の  明け方の光で  風と光との  灯明の光が  白日の如き光に  砂漠で夢見た光の  やうで光にからか  艶に光を  黄金いろの光が  さまざまのいろの光の  反逆の光を  様々な光を  空気も光も  眼は光に  名残りの光を  乳色の光の  眼つきに光を  おのれの隠れた光の  日の光とは  朧ろに光が  心から光と  希望の光に  底に光を  神秘な光に  薄暮の光を  行灯の光が  手提電灯の光が  探照灯の光の  そこに閃く光が  蛍の光でも  電気燈の光に  眼に光  電が光  未来の光の  ネオンの光の  曉の光を  眼鏡の光を  脇差の光が  月様の光を  月星などの光  水が光の  翡翠は光の  夜の光を  金糸の光に  朧な光の  朝の光と共に  所謂繪具の光といふ  日の光といふ  解脱の光が  行爲に光を  部屋から光が  黄に照り輝く光の  東明の光が  春の光と  クララの光の  アグネスの光の  炬火の光に  白熱の光を  星の光まで  玉磨かざれば光  銀蛇の光を  秘な光に  ランプの青ざめた光の  大量の光と  物佗しい光を  室中に光が  頭上の光を  幽霊から発する光の  頭の光が  ただの光  ところの光の  方へと光を  一種異様の光を  白の光が  火の光という  月の光さえも  斜めに来る光が  門燈の光の  電燈の光も  愛と光に  なにものも見のがさぬさえた光を  夕暮れ方の光を  月の光には  出口からの光で  月の光と  金と光との  朝陽の光が  朝陽の光に  一閃の光に  暫時の光を  密雲は光を  佗しい光や  うちの光の  角燈の光が  真実の光の  葉から来る光の  悪意の光を  ほのかな光が  露の光すらも  情熱の光を  しずくの光が  つて近代醫學の光を  不朽の光を  闇と光の  恐怖の光が  幻燈の光が  硝燈の光まで  様な光は  様な光を  燐燧は光を  慧敏な光が  電気の光に  燈の光に  硝燈の光を  知性の光が  時は光を  月の光だけは  それにしては光  人柄の光さえ  色として光として  美として光と  青葉に射し込もっている光を  普通の光  君の光の  それが光と  空間的であって光の  最後に光の  海の光の  冷やかな光を  映画では光の  弧光から発する光で  水に光が  太陽の光との  色は光の  波長の光の  月から来る光が  これに光が  一部分懐中電燈の光で  銀翼が光  上に写し出される光と  旭の光が  一面に光の  銀箭の光に  悽愴な光を  月が冴えた光を  烈日の光に  凄惨な光と  銀鋲の光を  雪の光が  松明の光を  里の光は  強烈な光を  旭の光は  紅燭の光が  其一閃の光に  とっさの光を  先には光を  おのおのの見たという光の  水平な光の  場合には光が  明かり窓の光が  移動する光の  他方へ光が  日さまの光と  鮮やかな光が  目を射る光の  幽かな光に  螢の光ほどの  他の光が  それは光を  眼には光が  線や光  日暮れの光を  ような光で  幾世紀もの光を  其世の光と  眸の光を  洋燈の光で  仄かな光さえ  ようにすき透った光の  黄昏の光を  親の光は  時も光が  一条の光を  早や光の  一種不敵の光が  上を光が  薄暮の光の  上の空が光を  灼熱した光を  間の抜けた光を  上から落ちる光は  かなり離れた光から  つて二階の光が  まっさおの光の  瓦斯の光と  鳶色の光に  熱と光の  ときサツと光が  まなざしの光の  はずの光を  眼ざしの光の  明日の光に  子供だけが光  うちに光を  ような光では  それは光の  一つの光は  土や光に  白日の光にたいする  空気と光とが  数条の光が  霊を浸してる光に  毛皮から光を  物理的説明が光の  存在が光に  これを光の  これが光に  geworfen投げられたる光  entwerfen投げる光  二つの光の  方向の光に  絵画で光の  支配する光が  これらの光を  人々の光と  それらの光が  電気が光の  電気の光も  近代人の光の  #管の光に  電柱は光の  金色の光で  色と光とは  魅力ある光を  青色の光の  宝石の光に  作品にある光と  雲に光を  三日月の光を  不滅の光を  朝日の光との  円行燈の光の  柘榴口からさす濁った光に  燈台の光に  燈台の光でさえ  朝の光で  屋敷へ光が  お金の光には  存在は光  十手の光を  烈日の光を  空の光は  星斗の光に  死の光  初夏の光に  清澄な光を  彼女の映光に  オリヴィエは光にたいする  無言の光は  白日の光に  世の常ならぬ光を  柔らかな光の  一時の光も  夕映えの光で  最初の光は  昼の光が  龕燈の光を  主君の光  幽かな光の  一刹那の光は  柔らかな光が  灯の光と  緑いろの光の  緑いろの光が  玉蟲の光を  教会の光とも  黄金の光  朝日の光  地には光が  何處からか光を  眼瞼に光を  夕月の光  海に光を  舷燈の光  四隅は光  のが光  この世の光に  影と光とが  今までと違った光の  曙の光で  一閃の光によって  ところでは光の  心や光の  内心の光は  灰色の光と  本能の光に  オーソリティの光に  伝統の光の  ヒントの光で  枝の光を  翼の光を  災いの光を  電燈の光でも  鉄の光が  螢の光が  空間の光の  僅かの光の  それの光で  たいまつの光が  シャンデリヤの光と  星が光  洋燈の光のみ  これは光を  特有な光を  固有の光の  燦爛たる光を  ワルハラのごとく光の  中から光の  ために光の  世の中の光や  力は光の  カナリヤが光に  天の光を  街路の光を  知力の光を  あとに光が  不安定な光を  影に浸され光に  一日の光と  それらの光の  粗野な光が  女自身で光を  夜燈の光が  白日の光と  理性の光が  奇怪な光を  中の光  美の放つ光が  平和な光を  日の光や  黎明の光が  毎夜電燈の光で  雪の光も  人が光に  静かな光は  高官らしい光を  雪の光と  上にも光という  御代の光の  源氏の光が  家を照らすだけの光しか  久方の光に  里なれば光をの  篝の光が  何処から来る光か  うららかな光の  そのものが光  異常な光が  ほのかな光は  庭に光の  宅の光までも  他の光によって  空の光やは  あかねさす光は  朝日さす光を  前にこそ光は  上つ世の光を  蒼白の光に  汝の光が  得も言えぬ光を  一面に光を  遠景と光を  麗わしい光は  山腹に流れている光とを  官能で輝いた光を  音楽は光に  空気と光との  そこに当たってる光を  金属性の光を  悲壮な光が  太陽の光から  ローマの光によって  心の光を  意地悪な光が  才知の光の  自分自身から光が  空を満たしてる光の  深淵は光に  はなやかな光が  陰影が落ちて光の  複雑な光を  空を貫く光の  豊かな光を  電燈の光といふ  黄ろな光の  磨き立たる光の  放射される光で  女性が光を  七彩の光を  一種特別な光の  はなやかな光に  それらしい光は  玉虫色の光に  花火の光を  さし入る光も  霧にも紛れぬ光が  はなやかな光を  あの世の光には  夜明けの光で  アーク灯の光も  身体から光を  精悍な光にも  宝石の光の  唯一度日の光に  現実の光が  純白の光を  放電の光が  紫の光を  一八〇〇年には光の  磁気と光との  その間に光を  磁気の光に対する  槍の光を  ものを光によって  燈の光も  ほかには光という  派手に光を  日月の光の  においやかになった光を  星の光などの  洋燈の光を  大幅の光が  赤銅色の光が  裸蝋燭の光を  紗燈の光は  黎明の光を  愁しげな光を  横顔に光を  朝の光とともに  一条の光と  鋭利な光が  鋭利な光の  浮動してる光とが  鯨油ランプの光に  燈下に転ぶ光  靴先は濡れて光  水の如き光は  千變萬化の光を  水の光で  永久に光を  燭台の光も  葉隠れに光が  膏となり光と  眼の光と  軒燈の光で  間に光の  透明になれば光は  吸収されない光の  太陽の光によ  電氣の光で  暖かな光を  中から漏れる光が  日の出の如き光を  さまよふ光が  さまよふ光を  民主主義の光を  出口の光が  水の光より  特別な光も  なんの光も  懐中電灯の光の  水銀灯の光の  東亜之光の  方に光が  階段から光は  手燭の光を  手燭の光に  燈明の光ばかり  測定するには光が  物質が光から  寂然と光  自転車の光で  手が光を  彼らには光が  梁木に光の  幅だけの光を  つた眼が光  竹林坊の光  砂地にやはらかい光を  西に傾いた光が  さうな光を  一閃の光は  電気灯の光が  夜毎清麗なる光を  恵みの光に  煌々たる光は  ものよりも光を  目覺めた光は  羽軟い光は  光つていやな光を  人々の光が  微妙な光や  君の光を  内から光と  ひかりを求めてやまない光の  光明を憧れてやまない光の  來る光の  のだ光  子だ追ひ廻してやまない光の  村人が光  盗人は光  心の光で  それは光が  映写幕に光が  針が光  先が濡れて光  屏障光を  玲瓏たる光を  ところは光を  憤怒の光を  玉を取らば光を  海原を光  見事な光を  文学の光は  思想的な光に  マルクス主義の光の  日神ヘリオスは光と  ローソクの光に  声を起して光を  天体の光に関する  眸の光は  頭上の光へ  びの光さえ  黄ろい光を  名残の光が  稀で光が  色の光が  夜明の光を  松明の光とで  額にたらして光の  盗難用の光や  館に光  青燈の光に  鐵燈籠の光に  日の光だけでも  心斎橋筋の光の  都会的な光の  尾を引いて光の  洞中に光を  立派な光の  螢火ほどの光も  作品に光の  暁の白けた光が  青春の光に  艫に光を  燦々と降る光の  外の光も  爽やかな光を  四角な光が  朝の光は  さへ照りつける嗄れた光が  麗かな光を  自然研究家Witeloは光の  芸術の光  アーク燈の光の  朦朧と光に  感情の光と  つまり光を以て光を  む歌よみて罪せられきと光  ラムプの光を  空氣ラムプの光に  麗はしい光を  次の間の光を  目は光  目が光  人工の光の  所々に光を  銀白色の光を  燦として光を  ごとあたりの光  朝夕の光も  やみを出でては光  明星の光の  酒に泣け光も  ろともに光の  星の光をかぞへ  紅の光には  電影の光の  ばの光の  隙間から洩れる光に  円錐形の光の  ようにして光の  私だけを光の  そこに落ちた光の  普段の光が  矢印の光を  世界で光を  安全燈の光を  私から光と  治癒の光と  変幻の光の  円熟した光を  電気の光の  外の光や  内部からの光の  一月五日夕日の光に  暮の光と  新緑の光に  宝玉の光を  焚火の光  白冷の光を  思想の光に  思想の光といふ  思想の光を  ネオンの光を  硝子玉ほどにも光を  密生し光の  自らを光の  のどかな光が  夕月の光を  ものには光を  底に光が  私に光  あざやかな光を  六つの光が  ひつそりと光を  上から光の  理想の光が  ヘラクレス星群を発した光は  部分から出る光に  銀色の光が  火口の光は  数世紀前の光  朝らしい光を  人工的の光の  太陽の光をさえ  あたりに光と  お日様の光を  星影さやかに光  色々な光を  何處にか光を  きりと光と  雲の光を  雲の光の  かな窓から冴えた光が  波の光の  天上の光に  月の光でも  石油ランプの古ぼけた光の  眼に光が  すべて惱ましき光の  底澄んで光の  兩眼に光  角落付ける光が  宝石の光は  ひとすじの光も  たそがれのあせた光が  太陽の送る光の  尾根ぎわにほのかに月の光を  非常に光を  生きいきした光を  さまざまな光と  薄紫の光が  侮蔑の光が  モノメニアの光が  意志の光  人間ばなれのした光を  過去の光を  學術の光に  龕燈の光が  たいまつの光で  一種異様な光を  月も光を  彼の光を  金色の光をさえ  朝日の光と  黄金の光に対する  翼の光が  昼間の光も  日の光よりも  理想の光を  冷かに澄んだ光の  航空燈の光の  街燈の光に  真正面に光を  サーチライトの光が  金字が光を  夜の光の  この世に光が  い星の光が  南の光を  朧ろに霞んだ光を  蒼褪めた光が  私は光と  星の光までもが  情欲の光  冷酷な光が  非常提灯の光が  歓喜の光が  そは遮られぬ光  ときばかり親しまれる光  ときばかり懐かしめる光  心に染むる光の  それ故にこそ遮られぬ光  ところの光  どこに据え付けたりした光では  絶対の光  真理の光を  昔ニュートンは光を  その後アインスタイン一派は光の  関らず光が  搬ぶと考えると光の  場合は光ほど  各種物質の出す光の  熱や光や  空気が澄んでゐるので光が  空気が澄んでいるので光が  正当な光の  物から来る光の  網膜に光の  浮き世の光を  部分になってしまって光という  海中における光の  光力は光の  焔の光は  手許の光に  手燭の光は  葉越しの光に  一本の光が  電気灯の光で  半分に光が  硝子燈は光を  空気と光は  陽炎という光  朱の光を  日中の光の  眼に光を  神秘の光が  中の光の  新春の光に  谷底の光を  懐中電灯の光では  夕を催す光の  世の光を  大抵街燈の光が  通りに光が  十八万六千マイルを走る光が  二等星と光を  奇妙な光を  神秘な光を  こちらに光を  影や光の  愛の光が  妙なる光を  眼紅に光  何といふ光  清らかな光に  文化の光が  龕灯の光を  星の光などよりも  懐中電灯の光  星の光ほどに  ぼく達へ光をを  其又かげなる光を  目の光  提燈の光を  号外ランプの光に  温かなる光  包むとすれどおのずから身にあふるる光を  月夜ほどの光を  時街燈の光は  中からの光が  目は光を  外へ光を  投射する光に  縞目の光のみが  薄紫の光の  時背後から襲った光の  真赤な光に  水中灯の光を  手提電燈の光に  傾きに光を  色のついた光の  正常の光で  何かの光を  さんさんと降りそそぐ光の  綺麗な光を  落日の光を  螢ほどの光も  線香の光で  窓外の光を  星の光と  紅色の光を  岡辺は光の  小春の光の  程の光を  春らしい光を  探照灯の光が  携帯電灯の光の  懐中電気の光を  裂目をよぎる光の  廻転する光の  燦々たる光の  ところ墓なりと光の  幽かな光を  蝋燭のゆらめく光を  憎しみの冷めたい光が  憎しみの光は  危惧の光を  憎しみの光を  狂暴な光を  鷲掴みにして光の  石ほど光の  つた電燈の光が  やうな光で  眞赤な光が  青やかな光の  窓を越えて光の  部屋に張りつめた光の  花と光が  夕方になり光が  希望の光の  平均した光の  三日月の光が  キルヒホツフが光の  東の光を  快晴の光を  歓喜の光に  ばら色の光を  星影まばらな光の  正直そうな光を  稀れなる光を  音や光の  灯の光は  闇に浮き立つ光の  カンテラの光で  カアバイトの光と  あかつきの光に  身辺には光が  クウフリンの光  銀色の光に  篝火の光は  五月の光は  喉頭に光は  店先から射す光には  太陽様の光が  梅雨あがりの光を  強烈な光の  純潔な光に  彼は光が  仄かな光を  ような探光と  そこに光と  母は光と  名残の光は  何パーセントかを光として  いつまで待っても光を  知性の光を  永久の光の  顔から光を  ひとすじの光が  世界に光の  世界から光と  眼が光に  蝋燭を使って光を  仕事をするには光が  日中の光を  かすかな光しか  ひとときの光を  それをかすめて光を  黄色の光が  それの光に  天井から光が  それの光が  ように光が  ふくよかな光の  ような光でも  不可解な光を  水の光に  一閃の光が  眼の光だけが  表面に光の  紫色の光  五彩の光を  鋭角的な光を  朦朧とした光に  熱である光の  燭台の光の  硫黄色の光の  らんらんとした光を  恋の光を  杯を挙げ光に  夕日の光でも  中に冴えた光は  形をした光の  真剣な光を  水銀灯の光  断続する光が  球の光が  懐中電燈の光が  彼方に光の  風と光とを  至上の光を  正午の光を  反射する光も  朦朧とした光を  目を光の  理想と光との  近代社会科学の光の  煌々たる光を  穏かな光を  黄金色の光の  眼へ光が  何か光が  知慧の光が  世の中の光を  さほどな光は  救いの光が  聡明の光を  喜びの光  喜悦の光を  夜電燈の光を  境で光が  むらが光を  水滴による光の  中へ光が  作用をして光を  圧縮されると光の  従前とはちがった光の  秋の光に  雲の光までが  強烈な光は  平滑な光の  波の光  魚鱗の光が  朝の光  風と光と  文化の光は  空の光と  明々白々な光の  月の光ばかりが  云ふ光の  枝に光の  一時的な光を  街燈の光を  上に光が  まともに光を  声と光に  織目から洩れてくる光に  精神生活の光に  山際に光の  月たけて光を  月の光のみが  夕月夜あたる光に  熱や光を  流れの光を  燈明の光を  らも光の  雪も光の  チュウリップの光の  今は光の  斯んな光の  さっきから光の  銀箔の光を  近く瓏銀の光を  陰鬱な光に  恐怖と光の  陰鬱の光の  まんまろな光  さるになど光  風の光に  外の光の  恐怖と光に  ところから光を  朧ろな光と  音と光と  すべての光と  猜疑の光を  ぐあいで電灯の光が  瓦斯の光で  陽が落ちて光が  あなたの光に  あなたの光は  神鏡の光を  一民である光を  広島上空に閃く光が  ツと思ふと光は  やうに光は  昼の光に  音と光が  ように光は  燈の光より  微かな光さえも  広場には光が  マッチの光に  一すじの光が  ように光に  金色をした光が  片方は光に  そこにも光は  微かな光に  夕月の光が  玉蟲色に光の  月よりも光が  真青な光の  星よ光  持久性のある光の  本来の光が  幾条も光の  ネオンの光や  そこからさす光は  沼は光の  夕暮の光の  柔かな光の  月の光との  それは光でも  其智慧の光を  月の光によ  ほかから光を  朦朧として光を  シャンデリアの光を  ほのかな光の  アーク燈の光に  燦たる光を  指先に光を  急の光に  ぼんやりした光で  照明の光で  黄金色の光が  部屋からの光で  かすかに光の  しとやかな光が  入日の光を  燦と光が  初夏の光の  げな光を  本殿からうすぼんやりと光が  蛍の光  行燈の光さえ  異常な光の  玉虫色の光が  暮方の光の  冷い光の  空気洋燈の光を  寶玉の光を  來の光を  浮薄に打勝つて光を  白日の光よりも  誰にも光と  つて居て光を  臺ランプの光が  間を光が  知慧の光に  社会的な光に  長閑な光に  国の光  ピカリと光  薔薇いろの光が  そとの光は  両者は光と  銀の光に  臆測の光を  一瞬の光を  蒼白なる光を  水銀の光を  今までとちがった光の  感情を語っている光が  のどかな光も  稲妻の光が  節穴からさして来る光の  視野に光が  眼に感ずる光の  真白な光の  外の光で  深紅の光が  反射する光に  心に光を  斜に光を  露に研いて光を  不気味な光を  来臨は光を  憎しみの光が  浮気の光は  塵は光の  物から来る光が  粒が光の  蒼空の光も  ガスによって散らされる光を  常識の光と  我々は光の  パツと光を  日の光とだけに  らな光の  花笑みと光を  明星の光に  風に呼び光に  ほとり森のかげ光  巖を照らすくれなゐは光  星に光をと  おこし愛を布く光  ため染むる光の  ことなる光  エホバもとこしへの光の  我世に許されし光の  誰かしる光  空は光の  花は光に  とき誰か憂ひに閉されて望む光の  爲めの光ぞ  悟の光  天日の光と  殘りの光  づめ得じとはに光の  色染むるかしばしうたかたを旭日の光  月よみの光を  ざらば消えよ光の  はてに光と  劔は光  月變らぬ光  なかに光が  電球の光が  金色にあたたまり溶ける光の  花冠を光の  星は光を  ときは勝った勝ったと光と  瞬時は光の  稲妻は光では  金色をました光の  精神の光が  雪洞の光と  星の光や  しげに光  黄なる光を  銀の光は  音と光を  溝渠の光は  内部に光の  さまざまの光を  斜面の光から  金が光  黄色な光が  畝の光に  午後の光に  銀の光の  陰影と光の  すりと光  遊星の光を  なほ妄執の光を  道理の光  附與せられたる光の  ガスマントルの光を  絵が光のう  電燈の光だけが  調子になつたお光の  希望に光が  ラムプの光で  臺ラムプの光に  あんなに電燈の光を  歴史の光によって  柔い光の  銀燭の光を  ほのかな光を  絹行燈の光の  西日の光に  金との光に  清明な光が  絹行燈の光が  斜めに光が  燈は光の  中から光を  神秘的な光の  太陽の光だけが  こはたがひに光を  叢雲を裂く光と  間の光と  汝の光を  一時の光に  鏡にあたりて光  反映す光に  むるがゆゑに眞の光より  知識の光  暮の光に  死せる光に  己が光の  最後の光は  汝の光  眼窪みて光  一の光の  聖歌は光を  一の光かの  生くる光の  一〇二汝等とこしへの光の  悦びの光を  上にとまれる光  生くるとこしへの光の  九日の光に  焔の光を  南風も消すあたはざる光を  ものにまさりて光を  金星の光  徳の光を  理性の光に  なほ天啓の光に  來る光を  從ひて光を  天體の光を  屋の光を  道理の光に  天の光  地の光  天使の光を  燭臺の光  七の光の  永遠の光の  行列の光の  顏の光の  春太陽の光が  うしろは光への  我を忘れて光を  斜に光の  いくらか光が  窓に光の  電球の光だけが  明けがたの光が  仕事の光が  白な光の  匂いとで疲れて居る光の  僅な光で  健かな光と  裸電球の光を  乳白色の光が  日輪月輪の光を  火の光だけ  筒提灯との光との  爛々たる光を  水は光を  影水の光に  つて太陽の光が  一切の光は  永遠性の光は  愛の光を  永遠の光に  否全身をもつて浴びる光の  この世の曇りに光を  仏壇へともす光も  燈後蝋燭の光で  もの凡ての光の  處よりも光  一の光を  暖き光に  あまたの光  あまたの光に  一四四光と光の  生命の光に  すべての光にもや  コスタンツァの光  天の光の  われらの光を  己の光の  他の光に  物言へる光に  ため己が光の  ロメオの光の  己が光を  三二重の光を  痴情の光を  色によらで光に  七二これらの光の  目を光より  八の光に  とこしへの光  一八われ永遠の光を  ほかの光に  ケルビーノの光を  輝が映れる光に  燦かなる光に  かぎりの光を  五の光に  源の光より  中に輝く光  愛よりいづる光も  かしこにありし光の  ふし條を引く光の  三〇かの光  七五これ熱と光とを  光より光に  づ日の光にあたる  微笑の光を  二の光を  他の光の  日輪の燃えて輝く光を  不遜者が光を  滿つる聖意の光の  #一の光を  纏ふ光とを  我を包む光を  神の光  さま日の光が  生くる光を  クリストの光の  燃ゆる光に  他の光は  處なる光を  かしこに輝きゐたるかの光の  とき一の光  みなわれらの光に  一の光  二の光の  づれもたゞ己の光の  四の光の  すべての光に  これを彩る光を  愛と光とを  六〇恩惠の光と  こは光の  天は光より  純なる光の  智の光にて  九九かしこに光  神の光を  一部が光において  四二後永遠の光に  單一の光に  九九かの光に  一二六反映す光の  時一の光  受くる光に  神恩の光を  粗密以外に光の  む恒星天に光  月天の光の  知るべし光の  反射する光は  反射する光より  眞の光を  #神の光は  姿そを包む光の  金星天にては光  #神の光と  立法者との光を  神が光を  處とは光の  暈となるべき光の  夏期最強の光を  世の光と  圓をつくり光を  靈の光や  觀念の光  一の光は  聖徒の光  聖徒の光と  大小の光を  ゆきわたれる光の  聖徒の光の  木星の光  途中鷹が光を  神恩の光に  その他の光は  法悦の光に  悦の光に  汝の光の  智力のみによりて光の  智神の光を  皆太陽の光を  大なるは光の  われらの光に  火星と光を  聖徒の光にて  勝利の光に  目に光  智の光に  聖徒達は光の  單に求むる光の  圓形の光も  一線の光に  一一四聖徒等かの光の  中央の光は  #神恩の光を  ダンテは光に  聖母の光を  太陽に因みて光の  神の光のみ  神の光は  間にかの光の  新鮮な光を  時月の光  昼間の光が  カンテラの光や  華やかに輝く光と  慈悲の光に  顔に当たる光を  神秘の光の  浮動している光の  刺戟する光  ランターンの光を  烈日の光が  夕日の光の  きり陽の光も  今日の光に  一隅を照らす光の  腕の光を  塵土に埋もれて光も  星の光とを  上からの光も  昼間の光と  音とも光とも  明月の光は  とき明月の光で  混へた光が  鮮やかな光の  窓口からも光が  剃刀の光は  葉に降り注ぐ光の  怜悧そうな光の  さいしよの光が  灯火の光が  灯の光などは  どこからか光が  夜光虫の発する光  龕灯の光は  夜光虫の光で  夜光虫の光の  他界的の光  夜光虫の光  船は光の  意外な光が  朝陽の光  袍の光に  一道の光に  真っ先に光を  夏の光を  螢が光  螢の光と共に  螢の光と  光は光を  雪よりも光  熱閙は光と  此方へ光  闇から光を  闇が光の  ものが光と  しんみりした光を  天の光とを  靜かな光とは  靜かなる光と  アーク燈の光は  室内電燈の光は  靜かな光と  西日の光が  夕方の光が  硝子が光を  一道の光の  質量に光の  ピカッと光を  火の光とで  城壁に光を  入日の光  萌黄色の光に  主人に光が  それを通して光が  電燈ひとつの照らす光の  彼らに光を  陰鬱な光の  天窓からだけ光を  ほかの光には  色々な光の  短檠の光が  反射灯の光も  炯々たる光を  陽の光から  ネオン燈一個の光の  海を光  淋い光を  幸福の光を  幸福の光が  螢の光で  鮮な光で  鮮麗な光を  正義の光が  異様の光を  どこか光の  無数な光の  吸いかけの光を  夕日の光は  入日の光に  油火の光を  蛍の光も  破片で光  生色ある光が  教養の光は  軒燈の光に  大分小くなって光が  裸火の光は  夕陽の光をば  そこから光も  ぢもの光が  色に光  文明の光に  アーク燈の光を  パイプの光で  スワデシの光で  火焔の光は  ことのある光  中の光を  黄なる光よ  心が光の  空中に光の  青蛙は光の  どこにも光が  壁燈の光  赭い光の  無数の光を  作品に光が  

~ 光[名詞]2
その光  蒼い光  さらに光  ない光  妖しい光  赤い光  新しい光  青い光  かならず光  青白い光  まったく光  凄光  この光  黄色い光  ぼっと光  ぽい光  ギラギラ光  だんぜん光  明るい光  こわい光  細長い光  鈍い光  鋭い光  暖かい光  薄暗い光  深い光  毒毒しい光  大きな光  荒々しい光  にがき光  あかるい光  黄いろい光  白い光  ものすごい光  あの光  素晴らしい光  眩光  小賢しい光  よい光  やすき光  強い光  悲しい光  っぽい光  寒き光  わびしい光  蒼白い光  眩い光  やや光  小さな光  白く光  あたたかい光  力強い光  青く光  紅き光  新しき光  高き光  冷たい光  清い光  あんなに光  忽ちに光  まばゆい光  早い光  眩しい光  薄き光  寒い光  苦い光  美しい光  淡い光  青き光  暗い光  大きく光  そんな光  乏しい光  何となく光  うく光  やさしい光  殊に光  スルスル光  華ばなしい光  薄汚い光  目映い光  さっと光  怪しい光  弱い光  紅い光  寂しき光  なやましい光  強く光  暗光  あやしい光  薄い光  かるい光  まぶしい光  わるい光  こんな光  はげしい光  次第に光  しろい光  水っぽい光  とたんに光  同じ光  いよいよ光  どの光  とお光  温かい光  嬉しい光  嘗て光  或光  ただならぬ光  なき光  あらゆる光  さやけき光  白き光  まして光  僅か光  そのうえ光  一度光  どうぞ光  其の光  少し光  ぱっと光  恰も光  なまなましい光  幽光  あかい光  正しい光  鋭く光  高く光  淋しい光  柔かい光  つめたい光  遠い光  奥深い光  さびしい光  まだ光  恐ろしい光  さうな光  無い光  にぶい光  だんだん光  きっと光  長く光  あたかも光  青じろい光  すごい光  赤く光  ようやく光  もっと光  大きい光  かの光  忽ち光  又光  とても光  やはり光  多い光  細かい光  細い光  蒼き光  低き光  烈しい光  ちと光  白っぽい光  凄い光  突然光  もう光  かなしき光  清き光  温き光  長い光  つよい光  みずみずしい光  気味悪い光  温かき光  いつも光  痛々しい光  全然光  やわらかい光  うすきみわるい光  すばらしい光  遠く光  あまりに光  おのずから光  薄く光  とつぜん光  当然光  淡き光  ほんのり光  ほの暗い光  まるで光  ねむたい光  すさまじき光  赤き光  なおかつ光  するどい光  うつくしい光  寂しい光  いじらしい光  遂に光  みじかい光  うれしい光  どんな光  なにか光  ときには光  著く光  奇しき光  ある光  古い光  息苦しい光  小さい光  太い光  思いがけない光  すっかり光  時々光  初めて光  悪い光  痛き光  ゆる光  激しき光  若々しい光  実際光  しかして光  いくらか光  決して光  著しく光  既に光  実に光  いわゆる光  絶えず光  美しく光  肌寒い光  まぶしく光  まるい光  暫く光  最も光  なし光  ゆかしい光  物凄い光  ずっと光  見知らぬ光  うす光  悉く光  厳しい光  なるべく光  柔らかい光  生々しい光  物すごい光  サッと光  いかに光  かかる光  うすら寒い光  楽しい光  明い光  おぼつかない光  若い光  今や光  輝かしい光  黄色き光  むしろ光  蒸し暑く光  近い光  黒い光  かっと光  これから光  いきなり光  涼しい光  もはや光  あんな光  気味悪き光  堅い光  それだけ光  もし光  丸い光  すがすがしい光  易い光  益々光  細き光  眩しく光  若き光  ひょいと光  なく光  るる光  おぼつかなき光  相応しい光  鈍き光  真白い光  わが光  遠光  何がなし光  特に光  現に光  そろそろ光  暑い光  甘ったるい光  円い光  美しき光  ほのぐらい光  うすい光  幅広い光  優しき光  等しい光  はじめて光  狭い光  ぱあっと光  怪しき光  繁き光  暖かき光  ほとんど光  てかてか光  あんまり光  あくどい光  どんなに光  めずらしく光  険しい光  きびしい光  よく光  懶い光  激しい光  うすぐらい光  こういう光  ちかい光  わかき光  まばゆき光  たらしい光  苦き光  麗しき光  粗く光  暗く光  はや光  輝ける光  とある光  大いなる光  ことに光  聖なる光  小さき光  乏しき光  神々しき光  ふとき光  鋭き光  いかなる光  強き光  ともに光  そのまま光  荒涼たる光  なみだぐましき光  つつましい光  うすき光  次に光  すべっこい光  屡々光  あまき光  しろき光  優しい光  

複合名詞
螢光  偏光  光つて  つて光  寒天光  光つた眼  浄光院  回光返照  藤四郎吉光  光つたの  光ちやん  時光  光ちゃん  ぼんやり光  銀光  光透  光一  火光  とき光一  藤原通光  ただ流光  愛海風光慰客愁  光仁  五光  寒光  考慮閃来如電光  幅びろい光  赤光  外光  光弾  光弾下  瞳光  キンキラ光つた肌  光復會  其清光  月色山影水光  光影  何一つ光  光力  容光  光暉  グルツト西ニ偏奇シテ冬ハ水イロニ光ツテルガタガタスル  享ケル夏ハ光  ミドロ光  刺シ違ヒムジンナ光  むざんの光なみ  濺ぐはげしい光  直射光  光榮  将軍家光時代  刀光  鱗光  光つた  光つて跳ね上  流星光底長蛇  千五百万年光  光公  源光  頭光  民部卿範光  聖光房  時聖光房  光赫  藤中納言光  光親卿  聖光房弁長  清原季光  タッタ一ツ孤光燈  油ぎつた光  勇者光  李光弼  作家横光  光透き  光痛烈  月ゆゑに光  夏光  剣光  光流  むほのぼのとした光  光協会  流水相光  其栄光  光照り  光物  清浄光寺  四代光乗  光つてひつ  光もの  御船明光丸  道光頃  投射光  光華  星光  光焔  光象  自然光  結局偏光  金属光  位光つて  光つた帯  光つた閃光  光環  反射光  光質  光晃  光束  真珠光  此日光  光鋩  駒光  蒼光  光宗  青光  オオ光  場合光  薄光  縫箔光  光妙  長男光一  光電效果的崩壞  盛り上つて光  光勢  光冷やか  光ぴつかりとする斗  輪光  三代将軍家光  仲光  光一人  帰りぎわにお光  光さん  光君  頃光君  さっき光君  まんま光君  君様光君  光君様  きり光君  一生光君さま  光君さま  まま光君  残光  ヘルマン氏光  光つた如く  光群  間光仁天皇  藤原基光  四十九代光仁天皇  光厳院  国学者伴林光平  鎧光  羅媛善妙百済媛妙光中臣  妙光其他  妙光  光きみ  寿光県  光体  宛然光  云つた時光  かな光  光ひかり  飛びかひ光  光はじめ  光ちさ  無量光埴  波光  光煙  盈光  たる光  光爛々  高天ゆ光  光電眼  上月景光主  潮光園  潮光園對鴎館  帝星光  朱光会員  一ぴき光つて  光つてぷるぷるぷるぷる顫  火光天  和らかい光  光峨先生  偏光ガラス  光斑  山光  盟主タル幕府ニ光榮  光ニシテ人生  凡テノ光榮ハ其レ  光榮ハ十分ニ認知セラレタルハ周知  光仁天皇  光王地蔵菩薩  光禄太夫  危ふく家光公  將軍家光  家光  僞家光  青色光  剣光帽影  螢光板  小夜子さん光一  底光  横光  光能  弱き光  無量光佛  集光  光つた袴  光つた着物  マグネシューム光  輝き出づる光  光ら  灰光  橋本関雪土田麦僊西山翠嶂西村五雲石崎光瑤徳岡神泉小野竹喬金島桂華加藤英舟池田遙邨八田高容森  光恩寺  まし光  郷土光華号  光甚  光體  説光  光そのもの  光つた物象  光つた機械  光つた一面  魯霊光殿賦  真夏光  麿光韻鏡  仏光寺  光電作用  宗光  光みたい  側面光  光格天皇  光茫  円るい光  備前兼光  道光  光緒  光つて抛物線  光長  外光派以来  禅光尼  三代家光  つまり三代家光  道光五年  道光八年  づまのつよい光  烏丸中納言光賢  嫡子光  子息光  仲光内膳  兼光  光色黝然  光清らか  光暖  光秋  光鷺山  光茫充満  聖光  佛光寺  銀光燦  霞光  山光水色  建光元年  配光  光大将  暈光  光暈  宗主権復光  光ちよろちよろとかげとかげ月  光破滅  彩光  光ちや  其葉其日光の  其葉其日光  一大火光  光像  光つた高価  大火光  一つ光つて  光さし  光つて矢  光一閃  しり光  ビカリ光  外光派風  赤ちやけた光  光電子管  光象写機  光象手描  光象生活  光象生産  香味光  光さ  圓光  水光  光榮者  父光雲  光つて波  二尺四寸五分順慶長光  ため流星光底長蛇  一杯光つて  光チラ  慈悲光  ただ光  夕光  英光  づまつてゐる光代  つた光  鴎鱗光  是非光ちやん  一番光ちやん  やつぱり光ちやん  つて隨分光ちやん  司馬光夢覺繁聲絶  林光透隙來  林光隙  蒼ざめた光  祥光院  雲州松江祥光院  加藤光泰二騎  光無量  白色光  光南  桜光  年光  光燿  光つて湛  光つたステッキ  光達距離  何かしら光  星光日精  光殘  凭つた座光坊  座光坊  光つた長靴  恵光  光炎  光霧  天光光  天光光氏  松谷天光光  天光光正一  天光光嬢  光つてら  光微か  光つて海面  砲声剣光  スペクトル光  雲影波光  飽見北天光一団  山光島影  光華印刷  たか光華印刷  回旋光  光緒皇帝  光峰群  光峰  赤旗光  臣樋口次郎兼光  光団  光顔  碧光  光以前  光王  光墓  四天王樋口次郎兼光  次郎兼光  水光天  光堂  自在坊蓮光とい  光浮浪者柴田一家  光自身  光粒子説  癖底光  光緒三十三年  光緒二十九年五月  光緒三十二年  脂光  光彩りくり  道光以後  司馬光  王光魯  道光二十九年  光緒三四年  光緒四年  光緒三十一年  光霽  光緒二十六年  光復  光緒帝崩御  光緒帝  南京光華門突入決死隊  光華門  光華門城頭  崇光院  當時司馬光  光どの  徐光啓  光はだら  無量光  光蝉  光虎  点光  金紫光禄太夫  光厳  崇光  光厳院法皇  鱗光鮮やか  ぎろりと光つて  光ツ  い光  光つた抽斗  ぷすとただ光つて  天光教  天光教総務  光つた才能  光匂  光しらしら  黄金光  姿光さし  光衰  光斑点  狂つた光  つた外光  曇天光  光実  光麻呂  権僧正光覚  光覚  光水気  星光一点  光のどか  光つた自動車  光つた藪睨み  光つた膝小僧  たまつた光  光つたリーゼント  光つた屋根瓦  冷光灯  光六年  光元年西暦前一三三  光二年西暦前一三二  光三年西暦前一三一  光四年西暦前一三〇  光五年西暦前一二九  光坊  野村源光  飛天光  その他雲輪光  光暗夜  光つた四十位  光つて旅人  俵光石氏  俵光石  光石氏  光石君  後藤光岳君  増田光城君  光今朝  孤光  北光  酔光  瞬間光  光あまた  百光  無量光院  光顕  毛利経光  季光以後  経光  季光  光様  光よし様  ぼんやり光つて  光雅  光厳天皇  光つて來  白堊光裡  妙光坊  光林坊玄尊  光厳帝  赤金光  銀光燦爛  日輪光  湾光盥  陸奧宗光  暁明星光  心光院  東京市麻布飯倉町赤羽心光院  光一つ  光つたよう  光脚  光厳帝さま  十郎兼光  精光斗牛  心光地  紫光  光色  取り付け光  方光塔  色光  光筆画  螢光燈  光堤  光光  光澄むらむ春日野  凶光  九曜星光  耀カシ給ハバ神光  かな光焔  元弘三年五月中光厳帝  長崎時光  膠朧光  それぞれ違つた光  民部卿光経どの  九条光経  背光  土佐守兼光ら  橋本氏光  理智光院  光ウ秀エ  光つた中  光つた處  光素  光パラフヰン  光酸  ぱい光炎菩薩太陽マヂツク  天光  交錯光乱転気圏日本  晩いちばん光つて  光霞  光炎菩薩太陽マジック  ルモレ囘サレ光  光厳浄  光廓  ドラモンド光  光機  光つた枯葉  源中将具光  具光  光厳上皇  新院光厳  富田正光ら  心光寺  光以外  づつ光  づつその光  まろび光つて  二つ光つて  ぎらつと光  ぱい光つて  ぱいに光つて  ぺかぺか光  光つて蒸發  ぎらつと光つて  光燦然  じき光  へん光  光滑  赤色光  銀光星  光傘  剣光砲火  富光  光ッ  風間光技  光技  濡れ光ッ  権大納言光継  覚光さん  覚光  三代将軍家光公  藤間光奴  光奴  光つた笑顏  光継  光揚  上皇光厳  崇光天皇  光厳法皇  ひとり光厳法皇  将軍家光  光氏  矢野弦光  弦光  弦光法師  弦光二人掛り  光紫  弦光め  光寺  日頃光  光蓮寺  延光  事なき光  一日光掩蔽  下毛野敦光  八条三位光盛  左衛門大夫光員  伊賀左衛門尉光季  光支  ただ一人黄道光  再発光  光養麿  七色光  白毫光  神光  光吸  光かすか  光盲  光かき  光哀れ  光智禅尼  孟光  多分光  黄道光  黄色光  火光放電  光面  光球雲  赤光星  黄道光物質中  螢光色  高利貸森脇将光  林光  光終日斜  光おぼろ  鮮しき光  光転旋  流光  光つて斜め  ぎらつと光つて一ぺん  光反射鏡  繊月光  光ッたけ  光天  むりはいろいろなかたちになってついついとその光  さっき光  皆光  父君光尊師  新門様光瑞師  光尊師  光そのもの同様  港口標光  仇光  光ひとつ  偏光装置  偏光作用  光星  さうに光つた  光院  当代家光公  名君家光公  将軍家光公  仁光寺  ば光  自ら光  光ヲシテ絶無ナラシメバ聴覚  四光  光越し  青色青光  黄色黄光  赤色赤光  神道斎狐光師  狐光師  一時狐光老  狐光  狐光老  其眼光  透過光  光速度  光帯  切り光つた針  扨家光將軍  横ぎる光  光一点  透つた光  透き徹つて光  紅光灼  普光尼  普光  智凡尼普光尼  シテ白イ光ルモノヲモッテ私ニ馬乗リニナッテイマス  一番光  現代思想的背光  てらてら光つて  外光主義  光つた電車  全身光  芽ばえ光  華光燦爛  光眼  セン光  五光丸  驚き光  光つて窓  光添  道光時代  光堂夏草やつ  光おば  光不安  光今夜  やう光  乳光色  目眩ろしき火光  線光  光つた儘  偏光面  山科光仙林  光仙林  すべて光仙林  光仙林王国  金光  光あまり大  光林藪しわ  君子司馬光  光含院孤峯心了居士  法名光含院孤峰心了居士とい  光譽壽阿彌陀佛  馨譽慧光大  叔母慧光  慧光  光つた色  光つた鋲  かお光  さうに光つて  光ため  光焔世界  光つた海  屈折光  橋光亭  提灯光つて  ぴかん光つて  十光  染つて光つて  あれ光  光つていや  大井光  女神イオイナ光  妙光女  珠光  まま光  光スペクトル  光弾性  ポーラロイド偏光板  光弾性縞  赤ちやけた反射光  光気  竜王光  名将威継光  幻光  マニ妙光  マニ妙光様  マニ妙光様直々  妙光様  冷光院殿御尊讐吉良上野介殿  住職恵光  冷光院殿  主君冷光院殿  光ほのか  十そう倍ぐらゐの光  普光印  山内光  光電受信機  光つた笹藪なぞ  水光天色  光つた一つ  一筋光  白熱光  つまり光  白熱光幕  白熱光裡  危く白熱光  光そ  吉頂寺光  光遍寺  光つて芝  光つた不思議  敦光  ぎよ光  光烱  春霞光  光見送り木の実照り  余り光  光たる  光つた笑顔  つて光つて  嫡子光賢卿  当代肥後守殿光  光仁天皇御宇  休光  光つた村  光つた衣服  光りか  へた外光  北光君  恰度光  光つた服  光おごそか  流星光底  光電社  光つて下り  光刺戟  光つた山脈それ  みつる光  清原光頼  蝋光高  神光院  光道  松谷天光光女史  飾光  なごやかな光  光俄  ピカリ剣光  翠光  曇つた光  石崎光瑤論15  外光派的  光つた作家  石崎光瑤論  石崎光瑤氏  石崎光瑤  光瑤氏  光瑤  作者光瑤氏  何等光瑤  外光派  石崎光瑤小論  光淋派  無辺光  対光  不断光  清浄光  光微粒子説  単色光  の光  佐伯暉光氏  光つて大変ハイカラ  光杖  投光  いま光つた所  温光  火光さし  声火光  無量光院開基  あかつき光  代り赤色光  光つたやうだつ  晶光  偏光硝子  光対岸  光つた空  つるぎのごとき光  一面赤火光  赤金光色  青木光線  なほ光  光母子  光達  知恵光  赤光白光  郭光  フト郭光  光太  光代  全部冷光電燈  冷光電燈  百パーセント光  光ひとり  わなア光  光つた丸帯  光つた風  武光  たけ光  山内光等  如クニシテ厚ク光アリ  側ニウエシ事アリ報恩寺ト云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ  千光眼  ハリキリ娘光芙美子ダンス中ハリキリ  光淋屏風  オリンピック1928日光  光矢  微笑光  詩人李仲光  茶人珠光  光甫  旋転光  平面光  寿光侯  徐光  光つた目  光一筋二筋  みずから光王  杜光庭  兵戚継光  光禄公  草光保治  光さしそ  通光  弟通光  範光  真宗仏光寺派  光つた晩  青光三寸  光の  薄ら光  ひとり光  光つて滅  白金光  これ悪業乎栄光乎  林光文  光壁更  孤光燈  南風光  づしく光つて  光つて名人  街光  光つて漾  光こ  光仰がむ  帯びたほっかりしたその光  光悦  墨光  光ちやんたち  光みち  おい光ちゃん  光はや  剣光影裡春雨冷  光つた奴  松平越後守光長  越後守光長  光つた岬影  途端金光  光冷  万光飾  伯爵田中光顕先生  光町  みな光  歓喜光寺  ぱつと光  偏光器  光電効果  自然的光  綺らびやかな彩光  彩光どおり  紅玉光  光苔  浄光  光つて水鏡  透視光  帶び光  光すゞしき夕月  光地  花知らず光  星ひとつ光  四千年光  光露帶びて今  光星ひとつ  さむるかげろふの光  しづくに光  旗光  短檠光  星斗光  光眺  光いま  光今  光ヶ丘病院  輝す光  光つて水  光明子  光劃  光烟  光海  光默  光備  光五度  我知らず光  惠みの光  昼光燭  屋内螢光燈  ソンナニ光ッタラ面白イケレド  光まばら  朱光  閃白光  不動光  光地上  光我等  光下  二四彼等光  光魂  光まとも  ぐる光  光閉ぢ  光これ  光水氣  光天上  光汝  一〇二光いよ  光他  づる光  光日光  光以上寺院  光劇  光工廠  山口県光市上島田  山口県光市  光來者  光來  春日光暖か  光お前  ろ光  節光板  昇つて光  強き光  一四四光  滿つる光  活光  光みな  むる光  光あたり  光出  光殊  力滿つる光  光雲間  光續  光多く  光宇宙  光彼  六三光  光ベアトリーチェ  光直射  光なほ  光いよ  五四光  光差  光眞  光元  光赤色  一一四光  從つて光  づるがゆゑにその光  光比  光仁帝  延光寺  光統律師四分疏百二十紙  光屏  劉光漢  光つた手際  たくさん光つて  光草  湖面不断ニ光  光宅ら  光宅  光無し  光蔽  光つて潜  光帶びて  麗光十方  光榮あれ  世子家光  靜光動光  將李光弼  花光  光さし出づる八月九日  此清光  直接光  光それ  光闡  夫星光  光つて電燈  高柳光寿氏著  窓光  春宮大夫範光  青葉光  仏光  昨夜火光  光つて谷底  



前後の言葉をピックアップ
  光二郎  光り  ひかり  光太郎  光りもの  光り輝い  光り輝か  光り輝き  光り輝く


動詞をランダムでピックアップ
歴れかすめ取っ止まら醸し出さ干る融かそらっしゃっ誘い合わしとげるべんしよおきあがっ継げるたおればたつか折畳ま揺ら助くあつま倣おあけはなっ
形容詞をランダムでピックアップ
愛らしく長たらしい著しくやすきいまいましき弱々しかっ痛きうずたかく脆い華々しくしたたるはかなくったゆまめまめしきうすきみわるくだる蒼く気むずかしかっやさしい