「優」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 優[動詞]
私をこんなに優  人たちよりも、よっぽど優  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
優に芝居に使用する  優に出  優をもらった  優なるながめなり  優さしい  優おもてに  優の狂言幕明幕切の木を受持つなり  優の素顔とその稽古とを見得たり  優に買う  優に若かず  優かにあいさつした  優に相応の図書館は一杯になるだろうと思われる  優に培養れた  優は南方人たる呉の得意とする  優に蜀軍の食は足りましょう  優さしく起こして  優つたものと見えて  優い真心のあふれる  優い眉が屹としまると  優やかさで動いてゆき  優るる者ならずや  優に致命傷となったであろうと思われる  優にあらうかと思はれる  優や良というわけにはいかなかったが  優にあり  優かも知れない  優い顏をぽつと目瞼に色を染め  優なる姿に倒れ伏して  優に敷けるであろうと思われた  優に艷めかしい  優にあった  優くしていられないさ  優に大政党と対抗するに足るを見れば  優に大政黨と對抗するに足るを見れば  優に大学と拮抗して  優なる歌記さんと企てて綴りたるが  優に拵へて前下がりにぞ指し誇らす  優であると一途に思いつめた  優もせず  優い花が幾組か祠に供えてあった  優なる季節感が靡きかかっている  優なる季節感が靡きか  優に別乾坤を建立している  優に他を教育すべき  優しかりし越し方の忍ばれて  優しかりし  優なるは上田君ぞかし  優かなのと着物の日影色とで分って居る  優らしく手を支え  優の芸風をさへ想像せし  優を優とする  優に一巻となるほどの  優は勿論やすといふ下二段の動詞のあ母音をふくんだ  優が寄席に出た  優厚ならんとす  優にはづか  優に下げ  優に到ると  優い人ったら  優あしくなった  優のないには困りました  優が見当らないので  優に表し得る  優のために脚本執筆の事を依頼せらる  優した大繁盛が訪ずれて来た  優と聖と美とを備へたる情熱は之を期すべからず  優い芽をめぐませて呉れ  優い点がある  優いですが番犬の事ですから私し  優しみある  優越せるも決して偶然でないように思われる  優に成立する  優くいって下さる  優い眉の曇った  優も劣も互に恐れ合い  優という字が書かれても  優になまめく  優なるをいへり  優に存在し得るかは  優に成立し得る  優越せる性格でなければならないと云う  

~ 優[名詞]1
一部分だけでも優に  頭だけは優に  一しほ優  他人の優  一言瞳を射た優  松田さんの優  そりとした優  三つは優に  これを信ずるは信ぜざるの優に  蒐集しただけでも優に  ほっそりした優  外交才能の優は  あれを刈れば優に  首を抱いて優  遙かに優  点が優か  霊に優  能登は優や  ような優や  扮飾した優  遥かに優  親よりかいくらか優  これだけでも優に  はるかに優  方が優  原料に優  百坪は優に  乙や優や  二十坪は優に  気分が優  方が優かも  二十畳くらいは優に  呑込んだ優  成績は優  百メートルは優に  さは優に  勢力として優に  中に優に  小畑と優  太刀より優に  うちの優  海女の優に  頃の優  うちに優に  一員として優に  むかし我に優  日本人の優に  大和ながらの優に  姿の優かな  彼の優  鯖より優  優を優と  それだけでも優に  口許の優  花とを合わせて遊ぶ優に  次男優善後の優が  事におきて優には  春日の優に  心持の優  自然に優  演る優の  適当の優が  而して優  同情くらいは優に  予想にも優  香水を匂わせるという優に  東北地方夏季中特有の優  世界に優  文芸院の優に  顔の優  眉の優  於ては優も  下に優という  さうな優に  行歩しとやかに優  論述だけでも優に  職業として優に  演技する優  ものとして優に  認識の優  

~ 優[名詞]2
こんなに優  この優  まだしも優  斯く優  まだ優  特に優  一般に優  且つ優  漸く優  温く優  その優  いと優  極優  どうも優  

複合名詞
優艶  優心  優しみ  優つて  優者  優遊  優人諸君  優さし  一匹優  此女優  一言優  優さ男  優いが張  優尸羅  男女優  男女優僅  優数  優交易  優貿易  温優貞淑  優さ形  利得ガ優ニ妻子  保護ニ優ル者ナキヲ以テナリ  優ニ餘リアリ  根據地ニ優ルトモ劣ラズ  急迫ハ維新革命ニモ優レリ  優游  優楽自在  優楽  群優  優婆  優さん  優鬱  ウコトサエ知ラヌ弱ク優シキ者  優物跡  優婆塞  優婆塞貢進  優容  立優つた方法  優がた  優婆塞優婆夷  総て優悠  大空姿優  游優嬉戲  游優嬉戯  優惰  人一倍立優つた成績  優人蔑視  づさはらぬ優人等  優絶  優つた男  典雅温優  優級  鄙歌優  優まみ  優目見  心優いも  優伎  優ツ  砂雲雀優  優型  優技者  優遊自適  優びやかな文字  三優当選せり  優びたる鎧直垂  端女優  畫女優  優倡  其女優  優星学  優人  優游シテ以テ歳ヲ卒ルベキモノ  優級品  優級品の  格別優つて  面容優長  ニ優ル  数等優つて  優種  筆つき優  剣道優賞牌  優かさ  優妙  優長  優艶天地  立優つた  貴族名媛及女優  能力ニ於テハ優レタル天分素質  次男優善後  優善  美男優長  優強者  優波離  優陀摩子  優陀摩仙  優人杜生  優つた古風  優恤  慈母的優しみ  優味  優陀夷  両手優  優駿出場  優曇鉢  優和  なほ優  華麗優艶  優顔  優つた文化  一子優善  子優善  優抜  優睨み  優鉢羅  優さ  文化的優質  優婆塞・山  優婆塞姿  適者優者  揚州優婆塞潘仙童  南方爲レ優  光明優婆塞  時優婆塞  光明優婆塞様  光明優婆塞殿  光明優婆  優婆塞様  教主光明優婆塞  教主優婆塞失踪  優くも言葉  優つて卓越  二人優艶  優詔  優策  



前後の言葉をピックアップ
結う  ゆう  由宇  由布      悠紀子  ゆう    


動詞をランダムでピックアップ
いからせる與える抱き合え刺し殺せ練りあわせふっとば通り過ぎもちこめ追詰めれ甲ばし造りだす変じる喰いまさぐら立ち代っ取り違え掻き鳴らす聴き入ら突きあた毳立ち
形容詞をランダムでピックアップ
悦ばしき薄ぐろく深う後暗いきようやむなく思い出深物物し惜しかっありがたくっ口惜しき図図しいほのぐらくうるさし薄ぎたなにくたらしく手軽むつまじしおからかっかそけく