「働か」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 働か[動詞]
明日からは働か  のだ、働か  おれが働か  彼女はいくらかでも働か  母親が働か  苦労して働か  家で働か  脳も働か  時間器械が働か  横から、働か  精力をつくして働か  悪事を働か  処なく、働か  中には、働か  ようけ働か  彼女は働か  何十倍か働か  お父つぁんとで働か  ために働か  お前が働か  理性が働か  正直に働か  兇器の働か  一生懸命に働か  想像が働か  風に働か  今日の働か  外力が働か  なんでも、働か  掏摸は働か  卒業すれば、働か  卒業して働か  人ではないが、働か  時間だけはやはり働か  頭のよく働か  なつてよく働か  日本へ帰って働か  どっちももう働か  蟻が働か  器物は働か  口も働か  汝盗賊を働か  自由に働か  そうに働か  ところはなし、といって働か  自動的には働か  私も働か  人たちは働か  米をもらったりして、働か  亂暴を働か  いふ事はちつとも働か  東京へ帰ったら、また、目まぐるしく働か  のに働か  力は働か  方向に働か  明快に働か  女房が働か  パン焼工場で働か  第六感も働か  ため、働か  私は働か  素直に働か  五時間以上も働か  泥棒を働か  毎日せっせと働か  あんたが働か  一日の働か  考えが働か  獨創力を働か  まもるために働か  こと、あるいは働か  舊幕臣として働か  私は明るく、働か  からって、働か  休みなしに働か  狼藉を働か  機械のごとく働か  心持ちに働か  白熱して働か  組織は苦しく働か  為に働か  概念的表象としては働か  何処かへ出て働か  息をかけたりして働か  今朝からどうしても働か  ロシア、働か  船、働か  俺達が働か  別にそう大して働か  ように働か  器械は働か  一方はもう働か  節日でも働きたい、働か  女は決して働か  僕が働か  自分で働か  乱暴なぞ働か  考へでは、働か  我々も黙つて働か  私は、ですから、働か  感じが強く働か  人足も働か  真面目に働か  乱暴は働か  何か働か  ためではない、働か  統一して働か  銀座で働か  それそうとう働か  わたしは、じゅうぶんに働か  足が働か  朝から晩まであらっぽく働か  舌が働か  必要ですね、働か  自分は働か  古語自身は生きて働か  男子は働か  仕方なくよく働か  一人で働か  気をとり直して、みつしり働か  坑にもぐって働か  つても好いし、働か  想像力が再び働か  機関が働か  如何に活きて働か  君も働か  ものかと、働か  さに惹かれてゐたので、働か  眼が全く働か  明日から起きて働か  智慧が働か  ためにでも、なぜ働か  あとを働か  助力をかりずに働か  私も働かう、うんと働か  下男として働か  女がのり出して働か  海上に働か  海へ出て働か  一緒に働か  急は、悔いているよりは働か  ことを働か  器用に働か  人は働か  精魂をつくして働か  父親は働か  安眠も出来ず働か  中で働か  手品を使って、働か  爲めに働か  脳力はまるで働か  火の粉をかぶって働か  手も働か  ウンと働か  春早々から乱暴などを働か  送信器は働か  づめに働いてきて、猶働か  自分では何等働か  拍車を加えて、ついには最も少しく働くか、或いは全く働か  ようですけれど、そうばかりではありません、働か  お嬢さんばっかりは働か  人ばかりが働か  家を出て働か  女も働か  人間は働か  方向へはちつとも働か  同様に働か  不埒でも働か  から泥棒でも働か  死ぬまで働か  小姑意識も働か  それから先は働か  来年も働か  彼女はもう働か  否応なく生きて働か  補祭君、働か  数枝いいひと、死んでも忘れない、働か  何も働か  助が働か  浩は働か  日曜日に働か  覚悟で働か  自分が立入って働か  頭が働か  やうに、働か  ように、働か  戦場に出て、働か  彼も働か  生意気になって働か  力が働か  諸君とともに働か  ここで働か  表現に就いても働か  婦人読者はうんとのり出して働か  神経さえ一向に働か  はり目をすえて働か  文句をいうし、殺してしまえば働か  卑屈に落ちぶれたって、やっぱしコツコツと働か  手はしびれて働か  怠業してまた働か  冬も働か  回復するべく大いに働か  他は働か  夜明しで働か  独立して働か  大車輪になって働か  為めに働か  嫂は働か  長蔵さんが働か  だって八時間は働か  心も働か  人たちが働か  条件で働か  最初判断力が働か  方へ来て働か  お前は働か  つて、働か  かくまで働か  何の思ひも働か  ために、こんなに痩せながら働か  貧乏人は働か  そこを諦めて働か  パトラッシュに、起きて働か  悪事は働か  臂がしびれて働か  台処で働か  人から瞞されて、働か  意志が働か  頭は、もはや、働か  下職人は働か  一面には、働か  生活で働か  結局私は働か  ことで、働か  村もあって、働か  中へ入って働か  発明は数多いが、もともと働か  くりんを働か  粗食に甘んじて働か  速力的に働か  法にしたがひて働か  連帯性として働か  動機が、常に必ず働か  私が、働か  特別に働か  ものが働か  時間裁縫工場で働か  人も、働か  手を使って働か  しかし、かれはどうしたら働か  私が働か  俺にも働か  場所で働か  俺は動かず働か  生意気になるだけで、働か  何んせ、働か  私がひとり働か  所、ちっとも働か  粉にして働か  懸命に働か  目安にして働か  力も働か  上にも働か  人間はなぜ働か  片がつかなければ働か  絶対に働か  一日中、忙しく働か  私もああして働か  ポン引を働か  辛抱して働か  なつて働か  一人まえに働か  寒い空洞内で、働か  存在するとしても働か  炉端に寝そべっていて働か  彼らと共に働か  絆はもはや働か  力で、働か  理法以外には働か  誰が最も働か  従前よりも安く働か  十二時まで働か  ため母として働か  日でも働か  からだを責めて働か  祖父ちゃんも働か  目のみを鋭く働か  男は働か  アお前さんは働か  先様で使ってくれるなら働か  労働から俄かに働か  覚醒とを添えて、働か  発明品に、作ってみて動かなかったり、組合わせてみて働か  人造人間は働か  田舎で働か  充分に働か  三分の一くらいより働か  昼夜兼行で働か  そうかも知れないが、働か  ためには、かなりひどく働か  祖母はよく働か  ためにもね、働か  日もなく働か  何でもして働か  勘も働か  興味が働か  手前、働か  爲には働か  仕事を持ち、働か  乱暴を働か  自分が働か  さそうだったが、働か  俄かにしびれて働か  指導者として働か  ように、おもしろく働か  意識はもう働か  於て働か  五十銭くらいにしか働か  お前達の働か  電機は、さっぱり働か  生活し働か  



前後の言葉をピックアップ
畠山  ハタヨルベカラズ  はたらい  働い  はたらか  働かせれ  はたらかさ  働かさ  はたらかし  働かし


動詞をランダムでピックアップ
吹きまくろすいこま落ち込め蹴出すいろどる驚きゃにげだせる切込むたくする賣れるくぐろとがら産せ鬱がほほえまささやきあっ載せんふんづけひっ返さ反ら
形容詞をランダムでピックアップ
手厳しくもどかし弛い気まずうむつかしたのしけれ生っ白い冷たしすきやかましい辛き淋しかっ腥きのっぴきならなかっこくったゆ物がなしい生あたたかく愛くるしかっ悪賢い