「偽り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 偽り[動詞]
行長を偽り  種と申し偽り  迫害し、かつ偽り  此誓言は偽り  言に偽り  戦死したと偽り  時代を偽り  マッカな偽り  身を偽り  看板に偽り  何と堂々たる偽り  希望が偽り  七夫人と偽り  富豪中村文吉と偽り  そちまでと偽り  微塵も偽り  言葉にも偽り  偽りなら偽り  それは偽り  天に偽り  自ら落ちていたと偽り  表現と偽り  果たしてそれが偽り  久我にたいし、あくまでも偽り  わたくしを偽り  譬へは偽り  無理、偽り  出だと偽り  息はつきながら、さて偽り  ものなれど、偽り  顔色にて偽り  これは偽り  私を偽り  騙り身分を偽り  理性を偽り  决して偽り  ことができたにしても、偽り  身代わりにしたのでござりまするが、偽り  名を偽り  長旅へ出たとは偽り  要用と偽り  最後まで偽り  それが偽り  ことが偽り  表面を偽り  偽りは偽り  

名詞

偽り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
偽りはないと思う  偽りない意味での政治と文学との協力がいわれる  偽りがある  偽りだとは思われないほど  偽りの姿と言葉想ひを  偽りの悦びに転々して  偽りの仮面を捨て  偽りと云う  偽りのある  偽りはある  偽りなきを証する  偽りに同化の出来ない  偽りに自分を縛って甘んじて  偽りだという  偽りなく働く  偽りなく公的な本質におく  偽りをいっても  偽りもまことも来よや  偽りのない女性であると思っていたので  偽りにこんなことがいえましょう  偽りは自分にある  偽りではなさそうに見えた  偽りも記してない  偽りがあり  偽りの誓いを  偽りだったと知った  偽りの詔を下して  偽りはありません  偽りなき我心を厚く信じたれば  偽りない心で悩みつつ  偽りのない気もちを語り  偽りで無いことを知った  偽りの生活を享楽している  偽りもないという事が信じられるでしょう  偽りない友情を信頼していただきたかったからです  偽りの誓言を先ず立てて  偽りなくその心境を語った  偽りの目標をもった  偽りなく言える  偽りなく言う  偽りない態度でプロレタリア作家のまだ清算しきれない  偽りになります  偽りの創作とを区別しなければならない  偽りでかためられている  偽りを未だ知らない  偽りを捨てて  偽りの証言をしてる  偽りを云ったと  偽りと云うが  偽りに飾られて死ぬ  偽りを云つてはならぬ  偽りが今この写真師のために復讐を受けた  偽りであると申して居りました  偽りのしずくすらまじっていた  偽りでないと誰が知ろう  偽りのない愛嬌を見せながら  偽りのない告白をしていただきたい  偽りを云う  偽りのない話を聴いた  偽りを認めたろうか  偽りの欠勤届を認めておりました  偽りで組立てた  偽りはあらじ  偽りの旅行中の看板をかける  偽りはありませんでした  偽りをいう  偽りなく主権を人民の上に保証する  偽りのないところを申し上げます  偽りがあったとしても止むを得ない  偽りのような気がした  偽りをもって始まった  偽りをもって続く  偽りの願書を差出しました  偽りは申しません  偽りも申した  偽りは申しませぬ  偽りを申しました  偽りの情から醒めてみねば  偽りの事実としてみなくてはならなかった  偽りのない真情には余程動かされて  偽りを申した  偽りがあると申すの  偽りを仰せられし  偽りは持たぬ  偽りではなかったものと考えられる  偽りではあるまいと思った  偽りを包んでいる  偽りの怪談を口実にして  偽りの怒  偽りを云い触らした  偽りの報告を齎すから  偽りないその点への科学的な追究の態度であったろうと思う  偽りの世界とに区別した  偽りのあらう  偽りで固めた  偽りでないことを自分自身に実証した  偽りの証言をした  偽りを申しましょう  偽りなく自叙伝に書かれたら  偽りの餌をも口いっぱいに飲み込んでしまう  偽りは言えない  偽りなき魂の昇華について語られた  偽りは申させぬぞ  偽りを含まぬ  偽りとは疑う  偽りの芸術家らを非難するの  偽りともいはれざりける  偽りの有った  偽りを吐く  偽りのない物語を最後までお読み下すって  偽りでないことがお分りになりましょう  偽りの自白をした  偽りの芸術家は意識的にそれをする  偽りを告げさせた  偽りがないにしても  偽りの選良者らから腐敗されてる  偽りなき証しとし  偽りはござるまいな  偽りなく行動される  偽りない自身の政党を選別する  偽りと思ふ  偽りであるかはまったくわからなかった  偽りも飾りもない心から出た  偽りでなく身体の具合も悪く思われ  偽りの世界への憤懣から遂に狂猛な暴君のようになり  偽りも無く生きて来たと  偽りの白状をしていただき  偽りを云っている  偽りもないのを見ると掻き抱いてやり  偽りを言ったり  偽りなくうつし汲みとる  偽りのない実感にみちた  偽りを避け  偽り言わず神を敬し  偽りの泪も出まい  偽りの土台の上に立っていた  偽りの勝利を媚びられて  偽りの勝利を奪っている  偽りの仕合にはもう飽いている  偽りの勝利に狂喜しているよりも  偽りの勝利を主君にくらわせている  偽りの膜を彼らは必死になって支えている  偽りの膜を必死になって突き破ろうとした  偽りの膜から身を脱出し得た  偽りない物語を求める  偽りの勝利の面をぬいで  偽りない実状を会得する  偽りのペルシャ扇を地に捨て  偽りの性質が許されてゐない  偽りの報道のために人民は自分の最も愛する  偽りの理智を恵まれました  偽りがあるとは思はなかつた  偽りは申し上げませぬ  偽りのない其の時の気持であつたに違ひない  偽りなく書き集めた  偽りの多いものが出来上ったろう  偽りの言葉をもって  偽りの日々を暮す  偽りの言葉を知らない  偽りのないしるしであらう  偽りの祈祷をなしていたではないか  偽りの報告をした  偽りの恋に過ぎぬ  偽りを描かない  偽りという鳥の巣くうべき  偽りに堪えて慰まん  偽りの方面を包蔵していて  偽りの姿を人の前方に現わすと  偽りを吐いたと云う  偽りを書いている  偽りに気がつくと  偽りなき姿を発見する  偽りの日本人かと言って  偽りは少しも書かなかった  偽りで御座りましたか  偽りは偽りながら  偽りであることが判った  偽りに喜ばされている  偽りの知識は知識ともいわれない  偽りなさにおいて匹敵いたしましょうが  偽り枉げてゐる  偽りなく自己を眺めた  偽り曲げた言葉を語る  偽りだろうと推定しました  偽りではないのだろうと考え直して来た  偽りなく記録した  偽り多しと言うので  偽りを仰言っちゃ  偽りの愛というものがありますか  偽りであったことがわかった  偽りのない事実をお話しいたします  偽りを感ぜざるを得ない  

~ 偽り[名詞]1
真実の偽り  現実に偽りは  言葉の偽り  神仏にも偽りが  大本営発表でかためられた偽りの  糸をまさぐりながら偽りの  お上に偽りは  語の偽り  束縛し合う偽りに  それを偽り  タイトルに偽りは  言葉に偽りは  春なれや偽りも  階調は偽り  嘘や偽りに  心に偽りは  名に偽りの  心には偽りが  真実が偽りで  李儒に偽りは  言葉の偽りで  一つの偽りも  ぼくの偽り  世代の営んでいる偽り  諧調は偽り  妾は偽り  創作と偽りの  日限に偽りは  漱石は偽りで  自分の偽りを  為に偽りを  影を偽りと  愛の偽りに  過ちや偽りの  ボートにしつらえられた偽りの  新聞の書いた偽り  ための偽り  満面に偽りの  木村に偽りの  態度には偽りが  彼は偽りを  生活について偽りの  神明に誓って偽りは  陳述に偽りを  のは偽り  日本人の偽り  微塵も偽りの  一つの偽りの  これは偽りの  文字に偽り  ウソも偽りも  貧困に発した偽り  ゆえに偽りを  看板に偽りは  ッ赤な偽り  言質に偽りが  どちらを向いても偽りの  事に偽りは  故意に偽りを  嘘もなければ偽りも  嘘も偽りも  私は偽りを  真摯な偽りの  かた一言の偽りを  言葉には偽りが  言葉は偽りの  ことばは偽りに  言に偽りは  懺悔に偽りの  それとして偽りの  それは偽りでは  世界と偽りの  言葉に偽りの  これも偽り  それは偽り  知識の偽り  法廷で偽りの  何しに偽りを  あたしには偽りは  少年僧の偽りを  さと偽りの  世評を得てる偽りの  申し立ては偽り  告白に偽りは  今まで偽りの  抱負に偽りが  ことの偽り  達也を殺したと偽りの  やうな偽りを  苦悩の偽り  スケッチに充ちている偽り  心状は偽りが  ごころの偽り  何の偽り  正直に答えられ偽り  努力をつづける偽り  真赤な偽り  それは偽りの  自分がおかれている偽りの  嘘でも偽りでも  一点の偽りも  かいといえるは偽り  ひとすじの偽りも  天地神明にちかって偽り  罪を犯したり偽りを  段階を偽り  真っ赤な偽り  願望に偽りは  一切の偽りを  持ち家を成し偽り  何んの偽り  ことに偽りは  臣下から偽りの  すべてから偽りの  忠直は偽りの  懸命の偽り  自分を囲う偽りの  熱意は偽り  生活の偽り  表現に偽りの  数年間に及んだ偽りの  営みは偽り  そこにたぎる偽りの  自身の偽り  くじに偽りが  春画を覗く偽りの  世界の偽りの  前に偽りの  際涯をもつてゐる偽りの  ことに偽りが  わたくし誓って偽りは  そは偽り  ことを偽り  感情を偽り  のも偽りの  確かに偽りの  ことの偽りの  いふ思ひに偽りは  それに偽りは  人の偽りを  相手にしての偽りの  線にも偽りを  ための偽りじゃ  事実に偽りは  ものは偽りの  のは偽りの  方が偽り  一時の偽り  どこか偽りを  人間の偽り  哀愁の偽りの  全部が偽りの  明らかに偽り  情感が偽りや  自分の偽りに  人の偽り  藤十郎の偽りの  素朴さと偽り  われわれは偽り  どっちかが偽り  どっちも偽りでは  明瞭に偽り  記録者が偽り  伊勢人は偽り  のを慮って偽り  自己の偽りを  三人の偽りの  

~ 偽り[名詞]2
まんざら偽り  その偽り  全く偽り  大いに偽り  この偽り  よも偽り  まさか偽り  決して偽り  もっとも偽り  そう偽り  もう偽り  断じて偽り  最早偽り  恐らく偽り  いかにも偽り  ない偽り  そんな偽り  悉く偽り  全然偽り  どんな偽り  世に偽り  更に偽り  よもや偽り  げに偽り  空々しい偽り  ただ今偽り  ことごとく偽り  まさに偽り  余儀ない偽り  またも偽り  無き偽り  単なる偽り  

複合名詞
真実偽り  偽り者め  却つて偽り  偽り官  嘘偽り  偽り者  正銘偽り  偽り飾り  偽り者ぢ  うそ偽り  一番偽り  なかば偽り  偽り奇怪  皆偽り  人偽り  みな偽り  今日偽り  



前後の言葉をピックアップ
偽ら  いつわら  イツワリ  詐り  偽り  いつわり  偽る  いつわる  いつわれ  偽れ


動詞をランダムでピックアップ
ふり向き思いかえす書き込みずるけつけたそ太れいきわたっそい掠れ突き進む弱まらそま付合わ摘み取ら売り払い答えん見出せ軋り切り崩せ受入れん
形容詞をランダムでピックアップ
脆い喧し多い憎かっもだしがたく心苦しいほろにがく神神し重い愛づらすすどい少かろくちおしいめずらしかろ宜しかろたのしく気難しいうれしきひらたく得難かろ