「停」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 停[動詞]
図立ち停  車が停  大垣に停  一台も停  人達が停  ここで立ち停  うちに停  ところですぐ停  電車の停  翼を休めて停  自動車が停  風情で、停  一台、停  何台も停  ブルドーザーは停  一台残らず停  わきにぴたりと停  前に停  静かに停  自動車の停  わきに停  腰越に停  カトラス4ドアが停  ここに停  ところに停  しろに停  今日も停  笑いが停  表通りで停  うちに永く停  停車場に停  駅に停  ところへ停  影も停  車は停  ヘルマンは立ち停  彼は立ち停  だんだんに近づいて停  ちょっと立ち停  ように冷たくなって立ち停  前に立ち停  歩みをゆるめて立ち停  臭いにむせながら、しばらく立ち停  あちらむき停  犬がぬれて停  中に停  まり市區改正をやられずに停  針はすでに停  時計の停  ように立ち停  三発打ちかけて置いて停  船は停  蕃地に停  湖と停  そこに停  中途に立ち停  跫音が停  足が遅くなって曲り曲りしたかと思うとぴったり停  往ったが、やがてぴったりと停  角まで来てまた立ち停  永久に停  船足の停  本館に停  心臓が停  呼吸が停  声がぴったりと停  後に停  此処に停  岫に停  戸口に立ち停  街上に停  歌舞音曲の停  貨物自動車が停  そこに立ち停  そのままそこに立ち停  いまそこに立ち停  いっさいを立ち停  汽車が停  足が停  駕籠もつづいて停  駕籠が停  先に立ち停  振り顧り、暫し停  小夜子はふと立ち停  西に停  三十里行軍して停  僕も知っていたので、しばらく立ち停  壮歳久しく停  前まで来て停  一面に停  ゆらゆら走っていって、停めようとしても停  重力装置が停  そこへからだは停  ますます遠くなったので、やっと立ち停  杖を停  其処に停  運送に停  のですが、やはり停  ノーマ号に停  陸に停  さつきからじつと停  形勢がまだ停  つてまた停  行つては停  所で停  列車は停  のか、停  ゃったのでしたが童子はやっぱり停  車はしばらく停  島は停  気味に停  鮮やかに咲き停  斜めに停  ようにして、停  店のまえに停  クライスラーが停  セダンが停  一ぴきがぴたりと停  みんなは停  やうに停  群盗を停  今度こそはきつと停  生長は停  ことが飲み込めなくて、立ち停  私は立ち停  案内者も立ち停  私はしばらく立ち停  列車は少し動き出すかと思うと、又すぐに停  列車が停  中ほどで立ち停  子どもが、立つて、停  高級車が停  港に停  これを停  金が停  掛金を外して停  所に停  念々不停  二歩歩いては立ち停  三歩歩いては立ち停  手に引かれていたにもかかわらず、立ち停  馬車も停  ところで停  馬車が停  驛に停  タミ子がフッと立ち停  ためにピタッと停  吉松に停  へんで停  金持ち女などが停  京子はぴたりと停  七は立ち停  何だかおどおどしながら立ち停  ままで停  女は立ち停  首をかしげて立ち停  急に立ち停  寅松は黙って立ち停  若い女は立ち停  平助は時々に立ち停  角に立ち停  女房もおなじく立ち停  から血が停  七はしばらく立ち停  門前に停  から、また立ち停  女はだまって立ち停  勃然として立ち停  俄かに立ち停  俄かに停  七もおもわず立ち停  中程を行きつ戻りつしていたが、やがて立ち停  其処に立ち停  足も停  彦兵衛が立ち停  場に停  ここに立ち停  長三郎はぎょっとして立ち停  吉五郎も立ち停  思案して、立ち停  門口に停  ところに立ち停  口もとまで行くと、突然立ち停  まれ、停  男に聞えて、かれは、立ち停  馬車は停  節会等の停  來て停  ことも停  ことを聴いて立ち停  吃驚して恐れて立ち停  十二打った、そして停  入口に立ち停  ように、一寸立ち停  精霊は立ち停  四人立ち停  歩し、あるいは停  傍に停  汽車は突然停  風であったが、停  前に走りすぎて、もう停  しずかに停  体操の時間は停  両方が立ち停  愛に停  盤坑に停  切磋琢磨はこの停  ここで停  太陽天に停  無茶先生も立ち停  泰親は立ち停  心をはかりかねて、黙って立ち停  ようにうつむいて立ち停  俄に立ち停  均平は思わず立ち停  町中で停  足音がフッと停  わたくしは思わず立ち停  びっくりして立ち停  ときに、かれはまた立ち停  僕は呼ばれて立ち停  尼はやがて立ち停  徐ろに停  花がある、停  平吉が停  停車場は停  自転車の停  鼓動が停  急にピタリと停  心臓の停  彼を立ち停  そのまま廊下に立ち停  お辞儀をした、立ち停  上に停  枝へ停  雀が停  紙帳へ停  さっき紙帳へ停  監に見つかつて停  女も立ち停  オートバイの停  前で停  すみに行ってコトンと停  七階に停  ここから新幹線の停  表で停  眼にも停  椅子と、停  埃を捲きあげて来て、ぴたりと停  紅矢からこう尋ねられると、立ち停  こっちで停  向うでも停  トラックの停  やうだと見てゐると、停  これも停  木に停  受タル婦女懐胎ナルトキハ其執行ヲ停  俺が停  息の根が停  圖立ち停  フト立ち停  最後にぴたりとまっすぐに停  それから、停  林を出はずれないので立ち停  籠足はぴったり停  前へと停  電車が停  野原に立ち停  一處に停  書物は立ち停  二十分位ゐは停  一刻も停  入り口に停  店さきに停  此處で停  ふいに立ち停  者あるに至るまでは停  三木雄は停  もの惡所に停  實の停  相手が停  まればよし、もしそれでも停  風がぴたりと停  上で停  側に停  札木合はつと立ち停  バスは停  二三箇所に停  船が停  まれば停  左にしようかと、立ち停  一箇月の停  如燈焔不停  追随して停  ことを停  そこには停  何か停  わけだか、ピタリと停  心臓を停  舟は停  岸に停  不幸に停  私信に停  急に停  ハタと立ち停  珍らしそうに立ち停  これも立ち停  手をかけて立ち停  小坂部は立ち停  二人は立ち停  男は初めて立ち停  僕はあきらめて立ち停  急には停  田町に停  ちよんと停  兵が立っていて停  ななめに停  町角に立ち停  電車が走っていたり停  運行が停  戸口が停  一点に停  なかに、停  



前後の言葉をピックアップ
トボトボ  とぼとぼ  トボルスク  トポロギー  トポーロフ  とま  止ま  富ま    斗米


動詞をランダムでピックアップ
おきろ譏らさえずる鳴かせる掻き集めございひしぎいれかわっへるよ語り継が知れよ出で立つ救い出せとびかかれふりむこ添いとげる甦れ恐ろ値切らたちより
形容詞をランダムでピックアップ
いじらしかっさみしくほそ渋き強き軽々しきかまびすしい堅くっ木ぐらい瑞々しいこちたく忌々しけれ固けれ生易しい愛しけれたいそうらしく堪え難かっ惜しけれ新しき可笑しき