「俺」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
俺が一つ芝居の科白をやつて見るよ  俺にもそれを教へて呉れ  俺だつて快活な業が出来るさ  俺は門の處に立つて  俺の名を呼ぶは  俺だってこの状態じゃいないし  俺は発明家になってやる  俺は小僧に見える  俺が虎になって帰ったからって  俺は無理をいわぬ  俺はつくづくと考へる  俺の信じてゐる  俺は社会主義運動を始める  俺が金がはいると  俺の仏頂面を見る  俺は海浜に育つたので  俺を脅迫した  俺は激しく怒つて  俺はすつかり  俺はすべてを解く  俺は神様に感謝するといふ  俺の恋人にふさはしい  俺は今考へると  俺が殴れない  俺は彼女に馬車馬のやうに虐使された  俺は仕  俺はそんなことはきら  俺はその無理難題であることをちやんと  俺が予期してゐないのに  俺は一喝して  俺は洋食店に飛び込んで  俺は全く泥酔したり  俺は再び暴力をふるつた  俺も彼女に敬意を表した  俺は殴る  俺を口説いて  俺の知った  俺が行くと  俺はちと重過ぎる  俺は今度遠い所に行くから  俺ァ馬に喰はせるに  俺ァ繭が十両しとっても困っとった  俺ァまりぢゃ米はいくらも取らん  俺ァ黙っとるが  俺ァまり来て呉れ  俺とは身分がちがふもん  俺ァびっくりした  俺の生れた  俺が死ぬ  俺ァ三十になる  俺の胸のうちには何時も或る種の熱情が炎えてゐる  俺はこの通り母家と離れて  俺を馬鹿にして  俺のする  俺が謙遜家でないことを十分知つてゐるから  俺から引いて  俺は何といふ愚劣な法螺吹きであらう  俺としても  俺は務めに追ひやられる  俺は法螺吹きだと云つてゐる  俺は恋の経験もないと滾した  俺の様子を見に来る  俺の先生のつもりに吹聴してある  俺は哲学科の先生にされてゐる  俺は力を感じる  俺は却つて救はれるだらう  俺のことに就いて話さう  俺も此方に来てから  俺の研究報告をきいた  俺は決して自暴の感じで酒を飲んでゐる  俺もさつきから何だらうと思つてゐた  俺だつて何も感傷的気分を軽蔑はせんよ  俺も君と一緒に勉強しよう  俺には文章は書けない  俺も何だか嬉しくなつて来た  俺を釣りあげる  俺は参る  俺が大学教授にでもなると  俺が趣味を共にしようと申し出たので  俺は相当研究してゐる  俺に紹介したつて  俺がゐる  俺が世話してるちう  俺とした  俺を廊下に立たせる  俺は風のよく通る  俺としてからが  俺は廊下に立たされて  俺は庭先の樹の葉を見  俺は人生がどうのかう  俺の体はめちやくちやに  俺の体はめちゃくちゃになっている  俺の言いたい  俺の事を思い出してくれよ  俺は今日まで辛い辛い思をして  俺はよくは知らんが  俺がさっき貴様らの会合に忍んで  俺はこの鏡之介を相手にするから  俺が今書きかけてゐる  俺の手を引ツ張れ  俺が今夜にでも一緒に帰つてやらう  俺はメイを送つて  俺にはとてもこんなに巧みに歌ふことは出来ない  俺は今朝から海ばかり眺めてゐる  俺にはそんな気持はどうしても書き現す  俺は常にその刹那に出  俺がいっしょに往いてやろうと云うから  俺は癪にさわったよ  俺がまごまごしてると  俺は何も云わん  俺も往くよ  俺も散歩しよう  俺は遅く物を喫ったから  俺を寄席へ伴れてってくれるか  俺が旅に出たばかりに  俺が首を吊ってしまう  俺がよしんば死なないにした  俺は一体どうなれば  俺たちゃ立ち腐れになる  俺が見てやらなけ  俺が子供に贈物にする  俺が黄河の神に祷ったからだ  俺れもやられた  俺は人類のために精妙な葡萄酒を醸す  俺を愛してくれるだらう  俺からの感化がないとはいえん  俺にうち明けて話した  俺はこの小壺のお蔭で出世するかも知れないぞ  俺の面目にかけてもきつと渡してみせる  俺の生は自由に軽快になるだろう  俺にはこの方がい  俺の方が強いのだといきりたつし  俺が叱ってやるから  俺が開けようという  俺ハアすっかり酔いましただ  俺にこんなものくれましただ  俺がぶつかった  俺の大嫌なことを悦んで  俺が思索に耽  俺だツて其樣なに非人情に出  俺がお前を連れて出  俺にはお前を虫干にして遣る  俺には用のある  俺もそりや何方だツて可い  俺はお前の肉を吟味したが  俺の耳觸になる  俺が此の家を陰氣にしてゐるといふ  俺は馬鹿でお前が怜悧だといふ  俺の方が怜悧になると  俺を苦しめる  俺は智識慾に渇してゐる  俺が虚弱だからと謂ひたからうが  俺が死んだら  俺に依  俺を輕侮する  俺は尚だ喰ひたくない  俺を待ツてゐる  俺は妻を虐り過ぎる  俺はそんなことを呟いた  俺におぶされ  俺がベッコウにやられた  俺は何を為る  俺のうちだと思えば  俺の家だと思えば  俺の家だと思いたくない  俺の心に残った  俺はちょっとまごついた  俺は言った  俺は自分の室に戻り  俺は別に気に留めはしなかった  俺はスーツケースをぶらさげて  俺は玄関にスーツケースを置き  俺のすぐ後からはいって来て  俺といっしょに寝かす  俺は洋服のまま布団にはいった  俺は眼をさました  俺は起き上った  俺の感じからすれば  俺と殆んど同様に早く眠りこんだ  俺の心に警戒の念が湧いた  俺は上衣をぬぎすて  俺はそこで歯ブラシを使いながら  俺は上衣やズボンの埃を荒々しくはらった  俺は妙なことを発見した  俺に考え  俺の心を朗かにし  俺は廊下に出て  俺の布団を片付けて  俺もはじめて言葉をかけた  俺の方を見てる  俺の方で少し極りわるくなって  俺は辞退した  俺の姿を見かけ  俺は鮭缶を受取り  俺の方から物を尋ねる  俺が好奇心を起した  俺はまだ飲んでいた  俺の顔をじっと見た  俺は煙草をすぱすぱ吹かした  俺の名刺を見て  俺はちょっと困った  俺を通した  俺は鯉を眺めた  俺の方も変っていないと  俺は合点がゆかない  俺は息を呑んだ  俺は眉をひそめたが  俺はちと戸惑いした  俺の注意を惹いた  俺にも分らない  俺も岩木も黙っていた  俺ははじめて口を開いた  俺を駅まで見送ってくれた  俺は空席を見つけて  俺は活動を見て  俺は雪の小道を狐が走つてゐる  俺は生きている  俺はでないねという  俺の弟子に当る  俺はどうも社楽斎の末裔じゃないかなどと考えて  俺にそれ程の積極性があれば  俺はもう一週間も帰らなかつたよ  俺は悪い気はしない  俺は女の友達なんて云ふも  俺は彼等に面と向つて口を利け  俺の女だなどとウヌボレられて  俺の親父が破産したというだけさ  俺はもう何もいわない  俺の手文庫から紛失している  俺は女中か何かの出来心かと思っていた  俺の家を出るという  俺の犠牲的行動に感服して  俺はひとまず青木の罪を引き受けて  俺の後影をどんなに蔑み  俺が答えると  俺が盗んだ  俺を救ってくれ  俺のこの身体で食っていく  俺のいう  俺に恩を施した  俺はこちらから御免を蒙った  俺がしよう  俺の胸は震へて来た  俺に懸念する  俺の胸を貫く  俺は俺の幸福の追求のために与へられたる  俺は空気にでも酔つ払ふ  俺の尊敬する  俺は斯うしてはゐられなく  俺に与へ  俺が出してやる  俺はおぬいさんを要する  俺に眼を与えた  俺を見る  俺から離れようとはしない  俺はとにかく誘惑を避けよう  俺の心を牽きつけるだけで  俺の発言を尊重しろ  俺のようなたたき大工の倅には考えられないこった  俺なんかはそんなことは考えもしないがなあ  俺はこうやっているんで  俺にはそれ以上を考える  俺と同じ境遇の人間を救ってやる  俺には正直なところ出てこないよ  俺が今日いった  俺は何しろ星野に今日の演説を聞いてもらいたかった  俺はやってみる  俺はこんな沈滞した  俺はとにかく実行はしているぞ  俺が札幌にいりゃ  俺の策略にかかって  俺がそんなことをしたと信ずる  俺はそうだガンベのいう  俺はたしかに堕落をし始めた  俺はやっぱり東京はおもしろい所だと思うよ  俺は綺麗さっぱり北海道と今までの生活とに別れたいと思って  俺は札幌の方を優等で卒業したから  俺でもStudentという名前を貰って  俺の方では佐久間象山より偉い人間は出てこようが  俺がいとしくって手放しかねる  俺はとうとう郷里を出た  俺は思わなかったよ  俺は想像していた  俺もやはり英語に出喰わすと  俺だといって  俺もそんなら上った  俺に周旋しろという  俺はその後に使い覚えた  俺の心持を現わすには  俺が書くから  俺も相当鞠躬如たらざるを得なかった  俺は困った  俺の眼から見ると  俺の所には喰う  俺はかじられないだけの  俺は足の先をすでにかじられかかった  俺は王侯の気持になれ  俺はいうた  俺は今リカードの鉄則と取っ  俺の顔の醜いのを見て  俺を見くびっているな  俺が苦しめられているか思い知らしてやろうかしらん  俺をすっかり虜にした  俺を見ると  俺を抛りだそうと考えているな  俺の方からいうと  俺は世話を焼く  俺は貧乏でしかも死病に取りつかれている  俺は世話を焼かれる  俺はもっと自然に近くありたい  俺をこんなに生みつけた  俺もこのごろは時々そう思う  俺は母屋に行くから待て  俺の説でも承ろうとするが  俺は何んのためにおぬいさんに嫌われる  俺は悪党だが善人を悪党の群に引張りこむほどの  俺は結局おぬいさんとどうしようという  俺の酔ってる  俺が酔ったまぎれに泣いてるとでも思う  俺だって今ごろは神様になっている  俺は何んといっても  俺の寿命を延ばすとおもって買ってきてくれ  俺は今日は貴様の面皮を剥ぎに来た  俺は柿江の面皮を剥ぎに来た  俺は皆んなに泣いてもらいに来た  俺に用がなければ行くぞ  俺のことをそういうな  俺が命令するぞ  俺は惚れてる  俺は初めから罪なんか犯すかい  俺の眼を見てくれ  俺が罪人なる  俺は今日それを知った  俺はこのとおり酔った  俺にもわからんよ  俺は万難を排して  俺は死を賭して  俺は今日一つの真理を発見した  俺が思っていたより  俺は貴様たちを呪う  俺に酒の小言さえいわなけりゃ  俺はひそかに泣いてるぞ  俺にばかりし  俺が送っていってやるから  俺は酔っぱらっているさ  俺と握手をしろ  俺が貴様の自由意志を尊重していないとしたらだな  俺はあやまる  俺といっしょに女郎を買った  俺も五十二になる  俺もこうやってはいる  俺は困っとるよ  俺は胸の中でよっく察している  俺を殺す  俺も貴様を殺してやろう  俺が今お前の耳をつかんで止めてやらなかったら  俺が窓をあけると  俺はあをい  俺が酒場で考へて居ると  俺と貴様は恐ろしい方角に向つて微笑した  俺は手をあげてゐる  俺がこのまま切腹したとしたなら  俺が落ちた  俺は助かった  俺のここに落ちた  俺も助かるらしいぞ  俺は食塩で食うよ  俺が知っておる  俺はまあ何処へ往ったかと思いよった  俺にゃ判らんが  俺の家の嫁をどうしようと云う  俺が話したい  俺がこの足で踏み潰してやる  俺に譲れ  俺もどこかへ行きたい  俺に妻子と云ふも  俺に妻子があるから  俺はどこに生の希望と悦びをつなぐ  俺は少し厭いた  俺は兎に角まだ當分居る  俺なぞの貧乏籤と來ちやお話にならないよ  俺は何か知ら  俺の死ぬ  俺の目から見れば  俺はどうしてもこの暴風雨と海とを征服してやるぞ  俺の声を聞いているか  俺がみつかれば  俺をどうしようという  俺を笑わせるない  俺に話すが  俺に投げとばされたいか  俺はここを破って  俺をなぜこんなところに入れた  俺がどうしたという  俺は無電でもって  俺の大事な部下の青江を殺しやがった  俺は命をかけて  俺がここにいる  俺に降参するより  俺はこの怪塔王の生命を取ってしまうが  俺が怪塔王の命を握っていて  俺の傍に生捕になっている  俺は胸の中がはればれした  俺をだまして  俺は外へとびだした  俺も共に行く  俺といえども  俺の好奇心へ油を注いで  俺はお前を見損なったよ  俺の気に入らない  俺やお前から金を持って行く  俺の用事ならどんなことでも聞かない  俺には気に入らない  俺は酔った  俺のところへ書面を届ける  俺へ渡せ  俺が腕ずくで取ってみせる  俺を助けてくれた  俺に勝ち目がある  俺の探している  俺は何をおいても  俺は一体何を云ってる  俺も出立しよう  俺と同じ物を探しているらしい  俺はとうとう感付かれてしまった  俺と敵対をする  俺を脅迫している  俺が江戸を立って  俺は巫女の占いを奉じて  俺に巫女が占ってくれた  俺には訳が解らない  俺の行く  俺も知らぬ  俺の叔父がいる  俺を殺そうとする  俺には変に人間放れのした  俺は覚明殿と約束をした  俺は大略知っている  俺が手に入れなければならない  俺の方が負ける  俺を見捨て走り去った  俺を追っかけて来ない  俺は一体どうしたら  俺が内陣へ入りたがっている  俺の狙っている  俺に勝ち目はあり  俺には気に入った  俺の小姓になっている  俺と話していた  俺を占い  俺の方でびつくりしてし  俺の方は石田の方まで分けるよ  俺だちの貧乏どうしてくれる  俺だちのしなけアならない  俺だちは死ななければならない  俺だちは  俺だちは生きる  俺はかう  俺を笑ふだらう  俺も一寸顏を出す  俺はびつくりしてゐる  俺は君の妹を女給にだけはしたくないと  俺にくれた  俺がいけない  俺に教えてくれてないじゃないか  俺はこれを撮る  俺にこの波を撮れなくしてみろ  俺の仕事が務まるな  俺がどんなふうに仕事をするか  俺は自分の右腕を切り落とす  俺は何度でも言うよ  俺もいきたい  俺にもやがてあんな女が口説けるだろうか  俺がやる  俺がまず見たら  俺の言った  俺は気を失い  俺は負けないぞ  俺が出て  俺が首にかけて証言するから  俺の言明を信用しないという  俺にも覚悟がある  俺を見たら  俺の前へ出て来ねえ  俺も悲観しちまったな  俺はもう出かけなくちゃならん  俺もそれではこれから陳情に出かけるかな  俺なんか酒はあんまりやらんし  俺はしっかりと掴まなければ  俺の味方に立って  俺は知らんね  俺はもう出かけなくちゃ  俺も自分の村から罪人は出したくないからな  俺の生涯にも空間が足りなかった  俺が最も働いた  俺の家だって空間が足りない  俺が今想見している  俺に股引こしらえてくれねえからだ  俺がどうした  俺の方はいくらでも都合する  俺はやみであげられる  俺にいつまで  俺の腹から汝のような悪たれ娘が生れて来た  俺行ってくる  俺は肥料を受取って来なけりゃならねえから  俺のことが見える  俺の方の村では雌鶏めとき吹くって笑う  俺は嫌だとごまかしても  俺はこの華厳宗を相承しているけれども  俺の一家がどうなったか  俺に声をかける  俺れの加わった  俺が集合場に馳せつけると  俺は吐き出した  俺を睨みつけていた  俺は近々事務所を首になるかもしれない  俺の方を先にしてくれと  俺にはちっとばかり金をくれた  俺はソンナことをしたいとは思はないだけの  俺に聞けという  俺のうちへ遊びに来る  俺は何より嫌え  俺の消息をさぐりに来る  俺は君が憎めない  俺は一度君を訪ねて  俺はやはり子供を引取りたい  俺をたしなめている  俺は二重に依子を愛してやろう  俺は敏子のことは何とも思ってはしない  俺はただ依子を愛してやろう  俺は云い残した  俺を何と思ってる  俺に当ったという  俺には解らない  俺について来る  俺もけがでもすると  俺は夜着の中へ糞して  俺を埋めようとしたって  俺も街頭に立つ  俺といふ男の性格をようく見ぬいてゐる  俺より利口だと思った  俺はとうとう弾丸という奴をくったな  俺には年とった  俺は云ってやった  俺はそうも云ってやった  俺の方へバットの函をポンと投げ出した  俺はスキャップの煙草なんか汚らわしいと云わぬばかりの  俺の膝に当って  俺の前につかつかと寄って来て  俺が見ると  俺はさすがに甲吉が気の毒になって  俺を呼ぶ  俺は走って行った  俺は見た  俺は少しの暇を狙って  俺のためにストライキをやるな  俺は笑った  俺を憎んでるじゃねえか  俺は帰ろうとすると  俺を呼び止めた  俺は用意した  俺の方がすこしあやしいぞと思い出した  俺の方がすこしあやしいぞと思ひ出した  俺は此樣なことを考へる  俺は出  俺はお前をこの檻の中に封じ  俺の学位論文になる  俺は一睡もしないで考へてゐた  俺もとうとう飛んだ  俺をふりきって逃げた  俺を探しにきた  俺が戻ってきたからには  俺のこの強い力にほだされて  俺のこの胸へ抱きこまれてくる  俺の腰帯を取った  俺にもロクに話しかけた  俺があまりくどく頼んだので  俺の頼みをウンといわねえ  俺が髭こ生えたら  俺んとこへ遊びに行かないか  俺はもうじき食えなくなる  俺には俺の節操があるし  俺はあいつと同じ宿をとった  俺の目を盗んでは  俺はあの女を泣かせる  俺はこれから女郎買いに行く  俺は自由を愛する  俺は自由の国ソビエット・ロシヤを誰よりも愛する  俺の口を食いつないでくれた  俺の腕を知らねえか  俺にむかって来た  俺の嫁になれと持ち掛ける  俺が食べる  俺も点取虫と言われた  俺はもう嫌われるに  俺は一生恥しい想いに悩まされねばならない  俺の母親が俺の学資を作る  俺が今日此処へ来る  俺の母親は銭湯の髪洗い料を倹約するから  俺が坐  俺と歩きはしまいだろうな  俺はなんという  俺は何と無学だろうと自分に腹を立てている  俺よりも女学生の紀代子の方がむずかしいことを知っている  俺は嫌われた  俺をからかう  俺は貧乏人の子だと太鼓判を押された  俺が授業料滞納の選手権保持者だということを知っている  俺はそんな施しは  俺が合格するとなれば  俺が高等学校の帽子を被る  俺の学資の出所を見抜くかも知れない  俺は施しを受けている  俺が掟を破る  俺の貧乏を嘲笑する  俺は今日は親父が来やしないかと  俺の現在の父親と来たら  俺が高等学校から追い出されたら  俺なら黙って  俺は一言も今晩の計画に就ては喋っていないぞ  俺は変な顔をしているだろうと  俺を危険人物だと思ってやがる  俺は出えへん  俺を嘲笑したと思った  俺の様にあっさりと女と別れられる  俺はしょっちゅう自尊心の坐りどころを探して  俺に文才がある  俺が来年まで就職出来ないと決めていやがる  俺は生命保険の勧誘員にも成れない  俺の洋服を調べてやがる  俺の良心は苦しんでいる  俺もこういうものを書いてやろうか  俺の精一杯のことをやった  俺も色々と悪いことをして  俺のようなバカなことをしちゃ  俺の事情を知っておる  俺は気狂ひ  俺のお祖父さんにつかえていた  俺をばかにしたから  俺は牛飼を訴えて  俺はぜんたいどこへいった  俺は行かないよ  俺を可愛がってくださる  俺もあの頃は毎日お邸へ参上し  俺のような無能者に何でお頼みなさる  俺を推薦くだされたので  俺も子供の時分から旧正月といえば  俺が来るずらと思って待ってござるじゃ  俺あ胡弓はやめられんよ  俺の胡弓を聴いてくれる  俺あ今きいて  俺のかか  俺につれそっているんで  俺に厭がらせを  俺にも似  俺もびっくりしたよ  俺の頼みをきいてくれねえ  俺の心に従うまで  俺にとっても仇のある  俺には見当がつかねえ  俺に渡して  俺をつけている  俺も何なりと相談相手になるといった  俺が抜いた  俺へおっしゃった  俺も充分に承知している  俺が頼んでも  俺をさえ  俺も旅支度までしているくらいだから  俺もそう考えていた  俺にはう  俺が止め  俺にかくして  俺がやつたらと云ふ  俺は弱過ぎる  俺の何が分つて堪る  俺はそんな宗門を呪つてやるよ  俺を信じない  俺はそれを造るよ  俺がどんな人間か始めて  俺を買ひ  俺はあの女を買ふ  俺の一方のかねての  俺はその口実を得た  俺は身うけしてやるだらう  俺から一層緊張した  俺を嫌つてはゐないな  俺には切支丹とならない  俺は遊ばない  俺が此処にゐる  俺が思つてゐる  俺は矢張りお芽出度い  俺を見捨てたら  俺が又跟けて行つてやらう  俺は行くまい  俺が行く  俺は只窓から中を盗み見てやらう  俺は外で見  俺には矢つ張り勇気がある  俺はあの聖像を造らう  俺に造れる  俺はあいつを身うけする  俺が作る  俺がそれを作つた  俺の聖像に於てもそれを為し得るであらう  俺は又その試煉の時の前にはあの人達を訪ねて  俺の為めに踏んでくれる  俺はあれをとに角作らう  俺が久しく君の処に御無沙汰してゐる  俺の役に立つた  俺は今度もしかしたら  俺は一寸君を訪ね  俺の仕事は多分明日あたり出来上る  俺はもう一日と云ふ  俺の仕事はきつと  俺は行く  俺の体はひよ  俺はそんな処で寂しさと憤慨の為めに死ん  俺も掴まつてやる  俺を切支丹だと疑ふなら  俺は博突うちが手入れに遭った  俺は凡てを征服してみせる  俺は押しも押されもせね  俺の方を窺っている  俺をにらんでいて  俺が立ちどまれば止まる  俺の股間がしびれる  俺がこの店に居残つて  俺が死んだ  俺がでかけて  俺はさう  俺の命は明日の朝まで危い  俺にも飲ませろ  俺はまだ殴られた  俺のオカヅもなくなるよ  俺のうちにある  俺は舌打ちした  俺の与り知らない  俺がついていた  俺の気にくわない  俺は甘ったれた  俺は黙りこむ  俺は昨晩一緒にいたから  俺が差出口をする  俺にはよく腑におちない  俺の予想が全く外れた  俺の計画はだめになったらしい  俺はそんなにしてまで  俺は何だってするよ  俺も少し用があって  俺は照子のやうな女に翻弄された  俺は何の自信もないから他人から少しでも信用されたりすると  俺は自らの下らない感情生活から解脱しなければ  俺の予猶のある  俺がワザワザ出掛けて来ると思ふか  俺に取  俺の心は焦  俺は酒なんて厭なこつた  俺は帰るぞ  俺も兵隊に取られ  俺なんか欺されないよ  俺は今日可成り持つてゐる  俺だつて稀には余外なものだつて持つてゐるさ  俺はもう今日家へ帰る  俺はごまかしなどはしない  俺が昔は犯罪家だった事を忘れぬが  俺は自分でズンズン話の筋道を組立てて  俺に堪え得る  俺はオギャアといって  俺はあの美しさが信じられないので  俺が毎晩家へ帰つて来る  俺の部屋の数ある  俺にもやはりそれがわからない  俺の心をひどく陰気にした  俺にはその美しさがなにか信じられない  俺は反対に不安になり  俺はいまやつとわかつた  俺をそんなに不安にしてゐたかが  俺は毛根の吸ひあげる  俺はいまやうやく  俺を不安がらせた  俺は変なものに出  俺はそれを見た  俺の心に憂欝が完成する  俺の心は和んで来る  俺が毎晩家へ帰って来る  俺はいまやっとわかった  俺をそんなに不安にしていたかが  俺は毛根の吸いあげる  俺はいまようやく瞳を据えて  俺は変なものに出喰わした  俺は味わった  俺をよろこばす  俺の心象は明確になって来る  俺の心に憂鬱が完成する  俺の心は和んでくる  俺も買う  俺の人相つく  俺の悲しさ此の次は樺太視察に行く  俺は又も風邪ひく  俺の心はのん気なものだ鰊場の雇になれば  俺の心だ俺でなけや  俺を咎める  俺にあって  俺の貧しさ無くなった  俺の此の歌ウタリーは何故滅び行く  俺の前でアイヌの悪口言いかねて  俺の前きまり悪気に言い直しする  俺のてのひ  俺にたまげた  俺はもう一遍控室の隅で孤独の口笛を吹かなければならない  俺は行雄の戦死を待つてゐる  俺だつて腰を伸すぞ  俺は門脇の桜を学校へ寄附する  俺も日本人に生れたかつたぞ  俺は貴様と張り合つたローランドへの愛情の秤を棄て  俺の女房だと言うと  俺が一人でもそうは駈けられない  俺はお前のような可愛いい女がいようとは知らなかった  俺は谷の向うの雀の子でも落す  俺は熊も猪も組み伏せてしまう  俺は喋れば喋るほど  俺でも奴等を首にして  俺を殺してしまう  俺は何を考えている  俺は山へ帰る  俺は都に住んで  俺は山でなきゃ住んでいられない  俺もそれを思いだしていた  俺から去って行った  俺は今日で三日も飢えている  俺は明日上野の博覧会にでも廻ってみよう  俺なんかペンキで夏のパノラマでも描いて  俺の旅費や小遣いは五円もあれば  俺だったら自殺する  俺と君の生活に処する  俺の隣りの  俺だつて出来るに  俺の在所を探し  俺が見つかり  俺の注意を呼び  俺にだつて思案があるぞ  俺は少し散歩するよ  俺は少し頭を使ひ過ぎる  俺は豚を二三匹飼はうと思ふよ  俺の手帳が無くなつたと呟き出す  俺んどこにあるう  俺がこうして病気して  俺の絵で売れる  俺の姿を発見して  俺に応援に来いとでも云う  俺はこの頃大変寂しく暮しているから  俺にたつた  俺にねだ  俺の思ふ  俺が出かけても  俺に極りの惡い思ひをさせて  俺の利益にもならなかつたし  俺の言ふ  俺は少しもお前と喧嘩したりなんかしたか  俺は何處までもお前の爲を思つてゐる  俺は女に惚れた  俺が将来で宰相にでもなる  俺の愚痴を聞いて遣  俺は別荘番の言つた向ひの  俺は俺自身で或恐ろしい運命が未来に横はり  俺はこの再会をとうから予想して居た  俺の或運命にたづさはる可き事を予言したが果して  俺が何故こんな場所に居るか  俺が何であるかを君に明に話さう  俺は人を殺したい  俺に執着のない以上決して強ひてとは  俺は永劫に君に執着して居る  俺は俺の思想を一言君に物語らう  俺の友とならなければならない  俺の此殺人の修道は世界の最も秀れた  俺が愉快な時にはお前も愉快にしなければ  俺も知らないよ  俺は豊子を殺したのであらう  俺は野宮の云ふ  俺はわが妻を殺した  俺は星田を救わねばならぬ  俺は此処へ村井を探しに来た  俺が聞きながら書き止めた  俺は絶対に会わん  俺が赤泊へお客さんを案内して  俺は博勞だがもう先月から越後へ三度も渡るが  俺は新發田まで行つて來たが仰山安いから俵へ二俵買うて  俺は明日の朝これこれの刻限に大名となつて素破しい  俺でさえ久しぶりに来てみれば  俺にゃ色っぽく目に映った  俺は屋敷へ帰るからね  俺の来る  俺の風態を見て  俺がお供をして  俺はもうすぐ死んじまう  俺がなるという  俺はどんな感情でも形に纏めてみせるね  俺が散髪に行ける  俺が異国へ行く  俺の気質ならよく心得ている  俺にもこれ以上の親切気は持ちきれねえ  俺あ言つてるまでだ  俺にもチツトは田地を分けてやら  俺が東京さ出ようと思う  俺がまちがつていたんだ  俺あ思う  俺あ野辺山でおりて  俺で今朝ついた  俺がお前を手招きしたか  俺の話を聞け  俺が頼まれている  俺も初めて知った  俺を兄と思っている  俺が黙って  俺にまかせて  俺の居る  俺を呼んでいる  俺はどうなっても構わない  俺にはちゃあんと解っておいで遊ばす  俺はどうしよう  俺を餌食にしようと襲って来た  俺のような支那の若者をこう熱心に保護してくれる  俺も林の中で見つけよう  俺に訊く  俺はお前の大切な紙包の偽物をこしらえたのよ  俺が本物の宝石を持ってる  俺を疑い出したって  俺がお前をこんな淋しいところに連れて来たので  俺はお前のいう  俺が吩咐けたからその通り申します  俺が払うな  俺を呼ぶからには  俺は知っている  俺はさっき恐かアないかと云った  俺は今七八ツ程肝を仕舞って  俺も砂糖を探している  俺と一所に来て  俺の用向きを知っていると見える  俺に才智があったからさ  俺が自分で出かけて行こう  俺の方にだって云分はある  俺は人間を見るを好まずといい  俺と言ってみたり  俺の性に合わぬと見える  俺の気にくわぬ  俺が大火傷をした  俺はきっと猿飛をつかまえて見せるぞ  俺の秘策に掛っては  俺より強い者に一人も出会わなかったとは  俺に帰る  俺が退治て来てやると言って  俺は昨日茶店の女にきいた  俺を救い出してくれ  俺を救い出すと  俺に召しとられる  俺を隠してくれたとは  俺のこのしわがれ  俺も駄洒落してしも  俺はもう六十になる  俺だって半日も算盤を使わないでいれば  俺を高利で食っとる云うて  俺と較べて  俺あ前垂れをかけとる  俺がひ  俺が鳥を食う  俺と山嵐はこれで分れた  俺なんかの出る  俺から何にものかを絞り取る  俺は東京の仕事さへ見つかれば  俺はその男から金を借りたいな  俺の寝床を見て  俺のアパートで今日までちやんと  俺が拵へるよ  俺は伝書鳩を彼方の森で打たれた  俺は今のところ君達のやうに自分の仕事を持たぬ  俺には解らないよ  俺の嫁にでもする  俺の云ふ  俺は先へ行つてゐるぜ  俺が手綱を持たう  俺の誉れをお前に見物させてやる  俺に従いておいでよ  俺の死を信じていようとは思わなかった  俺の筋書通りに動いてくれた  俺がアレだけの大革命を企てた  俺のうちには婆やと子供の女中のほかに女はゐないよ  俺を知っている  俺に行く  俺は好かん  俺が連れてってやるぞ  俺も行くぞ  俺がつれてってやろ  俺が引き受けてやろぞ  俺が連れて行く  俺がする  俺でも這入りたいが  俺が讐を打ってやる  俺は今日は妙に亢奮してゐる  俺は今小説を書いてゐる  俺はハタと行き  俺は筆を執るに  俺は斯うしてはゐられない  俺に勝手なことを喋舌らせてくれ  俺は眠くなつてしまふ  俺は何んな場合にも結果を予想しない  俺の同行を聞いて  俺は未だ嘗て見た  俺にはそんなこといふ  俺のまはりに囓りつくには及ばない  俺なんぞ相手にする  俺にはとつても続けて  俺と同じでおんつ  俺が野幌で教師をしてゐた  俺になづき切  俺その中で出来る  俺出来ない子をうんとい  俺あやまる気がしねえで  俺んところに寄りつく  俺はお前のことで心配する  俺の足を洗つてくれた  俺太て腐れてゐたら  俺のものを綺麗に風呂敷に包んで  俺の坐つてゐるわき  俺おんつぁんの心持が分り過ぎる  俺は何んにもする  俺はあいつを憎んでゐるども  俺の言う  俺あ最初からストライキをおっぱじめる  俺が承知しねえ  俺あ知ってる  俺にしたって  俺にや何のことやらサッパリわかんねえ  俺もすぐ行くから  俺がここの先生の返事を待って  俺の方が初手ッから立ってる  俺よりもあんたが  俺が一番指してやらう  俺の右の手を出してくれ  俺はでえきれえだ  俺が云ってやるから  俺がフェージャぐらい言葉の数知ってたらな  俺はたしかに案内されて  俺は酒がある  俺が漕ぐ  俺もちゃんと見ぬいていた  俺はやめられん  俺あ酒を止めるぞ  俺の魂を探して呉れ  俺の魂を貸してやるから  俺の魂を貸してやる  俺は失恋して  俺の悲しみは太陽をも黒く冷たくするであらう  俺は自殺するかも知れない  俺も見るからに  俺は手紙を書いた  俺が一緒に心中してやら  俺も行って  俺の荷をかついで  俺の半月槍を持て  俺の部下になって  俺の部下になると  俺がすすめる  俺も見た  俺がさっきから眼をつけていた  俺は知らん  俺になぜ茶壺を渡さないかと責めた  俺はここを出発して  俺になぐり殺されるより  俺を信じて  俺を助けにくる  俺の方が腹を減らして  俺だって青い壁の涯まで見たかった  俺を見棄てて  俺はあのクレハを度外視して  俺までも破滅しなくちゃならん  俺は全くタタキ付けられてしまった  俺はドウしたら  俺はあの娘を洋行さしてやる  俺は全く面喰らっている  俺の傍へ引付けておいたら  俺の顔ばかりでなくお前たちの顔まで潰してしまった  俺が捕まったら  俺は別に生蕃小僧をペテンにかける  俺は実をいうと  俺はお前を無事に育て上げる  俺が朝鮮に隠れて  俺もお前もトックの昔に生蕃小僧にヤッツケられていたろう  俺はすこしずつ金を送ってやる  俺は急に気楽になって  俺にとっては実に致命的な意味を含んだ  俺は最近になって探り出している  俺は今まであの轟をずいぶん助けてやっているのに  俺は呉羽さんから良い加減ドンキホーテ扱いにされていたらしい  俺の変装を看破して  俺あギョッとしちゃったよ  俺の心に巣喰い  俺の妻になった  俺に仕えてくれ  俺を片付けようという  俺は貴様を生かしておく  俺はまだ自分の弗箱に手を挟まれる  俺は睡いんだ  俺の気持ちも知らないで  俺のお蔭で生きている  俺も一つ書いてやらうと  俺も正式に学校でも出ていて  俺が行って追返してやろう  俺や惣治を動かして  俺はこうしてまあできるだけお前には尽している  俺のことをいい親ばかだと言うに極まっている  俺も継母が来てから  俺は三月といっしょに暮した  俺は俺の継母ほどいい継母というものは日本じゅうどこ捜したってあるまいと思ってた  俺などには何も書けやせん  俺もせめて二三年前に帰ってくると  俺にもそんな話はしないが  俺のように愚かに生れついた  俺はこの先きも  俺は毎日の朝発つ  俺はつねに美しいものを求めて  俺は一仕事してくる  俺でやろう  俺として生れて  俺を殺そうとするか  俺もやるぞ  俺に向って  俺に撲られた  俺を嫌う  俺に対して油断する  俺はどうしてこんな愚物に生れてきたか  俺などの出る  俺が救わなかったら  俺に教えてくれい  俺はこんなに老けてしまった  俺と夫婦にならない  俺はもう決して逃げないよ  俺が身うけをして  俺のうしろにかくれると  俺は無電小僧なんて名乗った  俺の事と思うが  俺の腕の勝れた  俺は人に姿を見られた  俺に責任を負わせる  俺の勝手じゃないかと老人は言っていた  俺の方へ寄つか  俺のため山に留まっていてくれ  俺の片腕になって手伝え  俺に会いにきたか  俺をも欺こうとする  俺は生きているが  俺の部下が三通の鼓を打つ  俺を一人にしないでくれと  俺にワーリャを呉れねえ  俺はあの娘を盗みます  俺はゆずらない  俺の首にかかった  俺にも見せて  俺は人に語るべき  俺には何が起った  俺は戦争だろうと思ったのに  俺と一緒に行かないか  俺は心からすすめる  俺は破滅してしまう  俺に金があったら  俺は考える  俺に何の関係がある  俺の権利をよこせ  俺は殆ど二十年も信心して来た  俺は実際より早く死ぬ  俺を打ってくれ  俺のところへやって来る  俺はヴォルガを四十露里ばかり下った  俺の小店がある  俺の商売の手伝いをする  俺はいい本を持っているし  俺を好かない  俺はそれについて云いたい  俺は空へ向けて撃ってやった  俺が風呂場へ商品を隠して  俺の背を合わせて立って呉れ  俺はこれからどうなる  俺も腕をかす  俺の妻になれという  俺から聞きたい  俺は敵の一将を討ち取って  俺が昨夜他家の軒下で寝ていると  俺について来いと云った  俺が或る金持ちから貰った  俺は指環を取り返さなくちゃならない  俺は善人になる  俺の心を直した  俺は道了山中で狸と格闘する  俺はお前を憎んではゐないよ  俺が先きに  俺頼まれた  俺も可笑しいと思った  俺もう少しで腰さ抜かす  俺が信造の財産を相続すれば  俺がまきぞえに逢う  俺と立合わせろ  俺も考えた  俺が教えて進ぜよう  俺は知って居る  俺は海賊の本人から親しく聞いて知って居る  俺のことなんか指一本でも指され  俺が引きうけてやるわい  俺は決心してゐる  俺の兄貴だつてことは皆なもう知つてゐる  俺はおまけに新聞紙法違犯で別に二カ月の刑をしょわされてる  俺が打衝ってゆくと  俺がおまえを鍛えるより  俺にも読せて呉れ  俺ばかり百合子さんを教へてゐる  俺だつて出来ない  俺には俺の天分がある  俺には角がある  俺も剃るぞ  俺は二回受けた  俺は二三年学生時代を延して  俺にも一寸剃刀を借して呉れや  俺は切望してゐる  俺も顔を剃らうや  俺が抱き止めてしまふ  俺は何だか妙に悲しくなつて来る  俺は何となく風船に乗つてゐる  俺もスケートを演らなければならない  俺やあな気がしたわ  俺も出て見べ  俺はその間少しでも描いてゐたいから  俺が発見するかも知れない  俺もうつかりしてゐた  俺を馬鹿にしてゐる  俺はもう汽船の着く  俺も入会しようかな  俺にも執  俺に対する悪評の言葉を蔵してゐるに  俺は教へやしない  俺の子供の時分の迷子札をお前は小田原から持つて来たが  俺の名前は知つてゐるね  俺の名前などを用ふなんて  俺が水を差してやろう  俺が化けた  俺を恨んでいるだろうな  俺に髪を取られた  俺が今いう  俺もこれまでかなとも思われた  俺の安息している  俺の左の犬歯をたたき折った  俺は見そこなった  俺が全快するまでは  俺はいつ  俺に法を書かせると  俺にいんねんでもつけてる  俺は何事を考えねばならぬ  俺の部屋にしようと思ふからね  俺が見てやるよ  俺の道楽は上ったりだ  俺の顔ばかり見る  俺の顔がどうにしろ  俺は死ぬ  俺は吾心臓を刺す  俺の生命の終つた時であらう  俺と友たりし  俺も幼心に赤ん坊の足の裏の三日月を実に妙に感じた  俺にとつて実に忘れ  俺と母とは一万円を貰つて離縁された  俺が喰つて居る  俺は人の思ひ及ばぬ  俺の食慾を絶えまなく満たした  俺は此ではならないと  俺はまた以上に驚愕した  俺は驚きの為一時昏迷した  俺は考へたが  俺はあらゆる悪魔的な食物をこの舌で味はひ廻らう  俺は今までの旅館を出た  俺は吾独自の食物を求めなくてはならなくな  俺に与  俺は段々と身体全部が神仙に変じ行く  俺は戦慄したが  俺の欲望は以下の数語に向つて猛烈に燃え  俺は常に酒場に入浸つて  俺を哀れんで呉れな  俺は立つて居る  俺は大分醒めた  俺の意識を確にした  俺はポケツトからジヤツクナイフを出した  俺はしつかり切り取つた  俺は狂喜した  俺の舌は久しくも実に是を要求して居た  俺は食事によつて満足したので  俺の室の床下に大きな穴を掘つた  俺の貴い食物を連れて来る  俺は田端から上野まで汽車に乗つた  俺は真青になつた少年を抱き上げて  俺は出来得る  俺はそれから諸肉片を順々に焼きながら  俺を狂せしめた  俺が死を決した  俺は自分の弟を食つてし  俺を慕つて飛騨から出奔して来た  俺はもう生きて居られなく  俺が書き残さうとした  俺を哀れんで呉れ  俺が今まで考えに考え  俺の呑む  俺も今のむから  俺は露子を殺そうとした  俺がやっただけの  俺は露子を殺し  俺が考えた  俺は美事に一杯くった  俺のやった  俺は殺そうとした  俺の犠牲になる  俺を思ってくれる  俺は二心ありと  俺の舌三寸でおめおめ降る  俺がここで見ていて  俺は捕まえぬが  俺のアサリがコレラでたまるけ  俺のやる  俺はお前だけ特別叱るかい  俺を憎む  俺は働く  俺を酔わすと口説くかもしれねえぜ  俺の手におえぬ  俺が貴様などの智慧を借りる  俺はひとりで行く  俺のかんがえる  俺に逃げましたかと聞く  俺もかんがえた  俺にはわからねえが  俺がいちゃ  俺もいい下廻りを持って  俺の面をどうする  俺に色文をつける  俺の吟味にあやまりがあるという  俺でも福本位いなことは出来る  俺にしちゃ  俺が甲府勤番にいた  俺も手をひくから  俺の役目はすんだ  俺に斬ってかかる  俺のいた  俺に斬りかけておいて  俺の気だけだったのか知らん  俺の手にたつ  俺はすぐそうと察してしまった  俺だって大いにまごついたかもしれない  俺も知っているから  俺が落着いていられる  俺ににぎられている  俺に頭のあがりっこはねえんだ  俺が訊いてる  俺の考える  俺にすりゃ  俺の云う  俺は一旦死んで  俺の生きている  俺は死んだ  俺がよく見えるだろうけれど  俺がこの世の者でないという俺の説を信じてくれる  俺はどうなる  俺にくれるという  俺のさした  俺っちに  俺の駕籠があいてるから  俺とお源は去年の暗闇祭にきっぱりとした  俺に訊いたってわからねえ  俺は今何にも考へてゐない  俺の考へない  俺ほどには思ふまいが  俺もあつちこつち歩いて  俺はじかに手でさわって見たが  俺が出れば  俺の生きる  俺が去れば  俺の姉は去年死んだけれども  俺が迎ひに行くぞ  俺の顏を立て  俺の役目も濟んだといふ  俺の顔を立て  俺の役目も済んだといふ  俺が成つてやるだ  俺許さ泊めて  俺が居なく  俺にも余程天理教の有難え事が解つて来た  俺の着て寝る  俺あ時間に借りはねえ  俺あ痛くもねえ腹探られて  俺あ痛くねえ腹探  俺あ飲むより肖かりて  俺ならどうした  俺あまた風の音かと思った  俺てえものがここに根を据えていられる  俺あ何もお前と夫婦約束をした  俺あどこまでも好自由な独者で渡りてえ  俺のような一生世間師で果てようて  俺が受合う  俺が第一番に反対運動する  俺はお前に顔へ泥を塗られたからって  俺は決してお前を憎む  俺を驚かせた  俺の昔の小説の真似をしている  俺がサツへあげられたりなんぞしたら  俺が自殺したら  俺の管轄内に事故のあった  俺はなんて飛切り上等の人たちに取巻かれている  俺はお靜を助けて見せる  俺を引張  俺に渡してくれ  俺がキツと探し出して  俺の手柄にさしてやる  俺を怨む  俺が詳しく復習つてやらう  俺の力が借りたいと  俺は腹でも切りてえ  俺が行つても失敗つたかもしれねえ  俺のところにゐて  俺はそんなに根性の曲つた野郎を見てゐたか  俺の男が立たない  俺の名前から思ひ付いた  俺を遊ぶ  俺を引き  俺の學なんか引合ひに出す  俺だつて最初から判つてゐる  俺もまだ見た  俺に半分くれると  俺が繼いだ  俺に解る  俺にも解り  俺は最初から女の毒害と思つて居たな  俺が行つて見るよ  俺は下手人は矢張り此野郎だと思ふよ  俺はもう散々手古摺つた  俺に漸く判つた  俺は此處から引返す  俺はまだ人に拜まれる  俺はまたさっきの団子屋にやるという  俺はもう出てきたよ  俺はお前のように悪いことをする  俺を保護してくれる  俺は暫らく樣子が見たい  俺と話してゐた  俺が代りに言つてやらうか  俺は餘計な嘘をつかなくても  俺の方の手柄話をしようか  俺の眞似をするな  俺が考へ出すよ  俺はたつた  俺を入れろ  俺は下手人を搜せば  俺に見せない  俺も驚いたよ  俺は東京市民にならなければならない  俺は如何すればい  俺はさつき好い加減な出たら  俺の心には大きな風穴があいてし  俺だつて遠慮をしてゐた  俺に雑記帳の褒美を呉れた  俺が入ると  俺を除外したが  俺は調子違へずに吹けた  俺は自殺する  俺は間もなく死んで行く  俺は生きてゐられない  俺は虚無を抱く  俺は堪えられない  俺が承知で湯治へ遣るに  俺の国へというので  俺はケチで憤る  俺あ帰つちやふぞ  俺はとても苦労しながら叩いてゐる  俺は兎も角三千円のもとでがある  俺は蔵書を売り払って  俺には正当に思われない  俺を褒めるとは  俺は手を出さない  俺を瞞しゃ  俺には解る  俺は思わなかった  俺をたぶらかし  俺にある  俺を尾行ているらしい  俺に云った  俺には見当が付かない  俺は逃げるぜ  俺だって逃げる  俺とは云われないな  俺あそんなことは何にも知らねえ  俺の昼飯はどうしてくれる  俺の縹緻も下がったな  俺を加えて  俺に従いて来な  俺を討つ  俺を殺せば  俺は真をも善をも知ろうとは思っちゃおらん  俺は他人に同情できれば  俺を愛して  俺はどうした  俺も沼の中の島へ行こう  俺と夫婦にはなったものの  俺とは一度の枕も交わさず  俺の死んだ  俺の心は一方にスクスクと延びて行く  俺には何事も解らない  俺には滿足し得ざる  俺の運命は早くも幼年時代に萌してゐた  俺は羅馬舊教の傳説中に養はれた  俺は地獄と煉獄との間に懸る  俺は夜中に眼を醒して  俺の生活の寂しく暗い一面を塗つてゐた  俺は母や弟妹と共に裂けて外れた  俺は此の中に立つて  俺は今死を恐れない  俺を支配してゐない  俺の生の色は褪めて  俺の心は疲れ萎びて  俺の頭腦の中に侵入して  俺の心に作用して  俺の理解を強制して  俺の頭の一角に固著した  俺の生命は多岐に疲れて  俺の心の生命を傷つけた  俺の心の世界では一つの表象が他の無數の表象を伴ひ  俺の心の世界には精神集注Konzentrationと云ふ  俺の意識は唯埒もなく動亂するのみである  俺の現實を代表させ  俺は男と大人との名に疲れた  俺は俺でないものになりたい  俺には何もわからないと  俺は茲に一生の祕密を書きつける  俺の親達は俺に瀬川菊之丞と云ふ  俺は神樣に哀求して  俺の前身を知らないが  俺は今まで自分の意識にさへ  俺は今一期の大事を打明ける  俺の云ひ  俺をこんなに意氣地なくする  俺はしてゐる  俺はこの社會を憎む  俺は思つてる  俺だつて渡のある  俺働かねば嬶も餓鬼も食つていけねえ  俺の罪まで心配しても  俺も考へるが  俺はして  俺には書く  俺の割つて見せる  俺がニイチエとトルストイと兩方の弟子であることを妨げない  俺が彼と此との弟子であるには何の妨げともならない  俺は心を結束して  俺は從來往復葉書の質問を受取る  俺に似てゐると  俺を女にしたり  俺の内にあるならば  俺の内にあらう  俺の外にあるならば  俺の外にあらう  俺の内又は外にあるあり  俺はわかりの  俺の現在の立場から眼の屆かぬ境に對しては  俺の人生を踏みしめる  俺の眞正の進歩の素質がある  俺はまづいなあと  俺の力はいくら愛惜して  俺の笑ひ  俺は幾分の得意と幾分の悲哀とを以つてこの言葉を肯定する  俺は雨戸を締めて  俺はステツキで砂を叩きながら  俺は又この思想の絲をとりあげて考へながら  俺は寢つかれなかつた  俺は久しく床の中で眼を覺してゐた  俺は薄情だと思ふ  俺は多少の人を踏臺にして  俺の友情にはセンターに這入  俺の生涯にとつて忘れ  俺の方から避けた  俺の本を讀んで  俺の書いた  俺がそれに當らないと云つても彼女はそれを信じない  俺は今最も惡い  俺の生活は今最も弛んでだらけてゐる  俺にやつて來ないことは疑ふ  俺のだらけてゐる  俺は現在の苦痛によつて生命の緊張する  俺に感ぜられる  俺は兎に角闇にゐる  俺にはわからない  俺が常に缺乏の意識に苦しめられてゐる  俺は實際俺の後から來る者に光と力とを與へる  俺は兎に角彼等には歡喜を與へる  俺は自分の力を喜ぶよりも  俺はその故を以つて自分を彼等の上に置く  俺は唯忸怩として自分の前に跪く  俺は救濟の器と云ふ  俺には宗教的の意味に於いて  俺は知らない  俺は俺によつて力を得  俺は誓つたのではなくて取  俺を一つの通路として俺の先に行つた烏を羨ましがつてゐる  俺は嘘吐か  俺の文章は光を求める  俺の世界にはパースペクテイヴが開けてゐるのみで  俺の求めてゐる  俺は嘘吐ぢやあるまい  俺の思想と行動とが一貫を缺くと思ふ  俺はお前がこの告白に堪へない  俺の缺點を呑み込んで知らん  俺がこんな所にいるなんて  俺と槍術の話になったの  俺の太刀先に恐れをなして  俺に斬りかかって来た  俺の頭のよさを自慢してやろうかな  俺には手前えの顰つ面の理由は解つてゐる  俺の事業は悉く成功するに  俺とはわけが違ふ  俺がこれから迎ひに行く  俺がもつと  俺どうしても迎ひに  俺がこれから行つてウント酒を飲むから  俺が道楽でもすると思ふ  俺は別に何とも思ひはしない  俺は金を少し貰ひ  俺が独りで飲む  俺はそんな敗北主義には賛成しないな  俺の方を見ない  俺はお前達に對して怒つ  俺が書齋に逃げ込んでしまふまでの  俺に跟いて歩いて来い  俺の前に一列に並べ  俺れらがよんじゃ  俺れらを特種にするよりゃ  俺れが毒みをみてやろう  俺れがやる  俺れが満洲へ来とったって  俺れらから取る  俺は気が変になったらしい  俺の思想生活を思ひ返して見た  俺の現在に殘存してゐる  俺は又久しく忘れられてゐた  俺の生涯を貫き  俺は現在の立脚地を明かにする  俺にとつて唯一の根據ある  俺は幸福説の立脚地に立つて  俺の問題は幸福の輪廓を棄て  俺に興味のある  俺は今繰返して  俺の經驗した  俺の心は今統治する  俺の中に湧いて  俺は何か神の樣なものに行逢ふ  俺の意識と意志とが後天的に之に參與する  俺は何か神のやうなものに行逢ふ  俺の豫感に名づけた  俺は逡巡しながらも  俺の胸を充す感激の故に之を神と呼ぶ  俺は蠶が桑の葉を食ふ  俺は八年前にスピノザを讀んだ  俺の世界は實在の多少によつて  俺のライフはまだ碌に青くさへならないと  俺があれ位の事を云つたつて世間の人も笑ふまい  俺には本當の事が分らない  俺と傾向を等しくして  俺は此人の中に俺の性格と響を一つにして鳴る  俺の中にその反響を見出した  俺の全生涯を充した  俺は夢みながら  俺がかう思ふ  俺の見聞が狹いためかも知れない  俺は三十を越す  俺は俺に寄り縋る  俺の愛は俺の全身を擧げて  俺の本質的生活の焦  俺の生活を充した  俺は魂と魂との間に大なるギヤツプを挾みながら  俺は異性の灼熱と專心とに對する  俺の切望してゐる  俺はこれも亦面白いと諦めて  俺の魂は酒と女とを前にして  俺の心にパツシヨンの熱が足りない  俺の運命が潛めるパツシヨンの火を灼熱させる  俺は久しい間異教的良心の美に對して  俺の基督教的良心は曇つて病んで  俺にはそれが出  俺の人格的存在がある  俺の良心に作用する  俺の中にも確かに異教徒がゐる  俺の中にも明かに  俺の心の中に協和の道を見出してゐない  俺はこの公明にして  俺は愛する  俺は五十になる  俺は指を折つてそれを數へたてる  俺より偉大な者が此年にならずに  俺は俺の生涯を空過しなかつたか  俺はもう直に五十になる  俺が俺自身を知つてもい  俺を愛した  俺を棄てた  俺の中に殘して  俺は俺自身に云ふ  俺はそれを悔いない  俺は全くい  俺は深くステンダールの性格と運命とに同情する  俺を待つてゐる  俺に祈る  俺はこの人を前に置いて  俺はSpeculumPerfectionisの前に俺の醜い顏を映して見なければならなかつた  俺は此年になるまで  俺が殆んど全力を盡して  俺は散  俺の心に注ぎ込まれる  俺のやうな凡人の十字架があるのであらうから  俺はフランシスに降された  俺に降されてゐるらしい  俺は從來幾度か此凡下に生れついた  俺は俺の無恥が恥かしい  俺は果して聖フランシスと共通な問題と要求とを持つてゐないだらうか  俺の人格は如何に小さいにせよ  俺の苦惱を形成してゐる  俺の態度は如何に曖昧にして  俺の世間的歡樂に對する  俺の衷心に固着して離れない  俺が世間的歡樂に對して  俺をして  俺にとつて堪らなく  俺を汚贖と罪惡との淵に投ずるかも知れない  俺の中にゐる  俺の中なる  俺の心は既に決してゐる  俺は愛す  俺の心を充すに堪へざる  俺は此半熟なる  俺の魂を根柢から戰慄させる  俺の心には猶ワグネル流な悲壯と罪惡との豫期がある  俺は此快樂主義に潛む憂鬱に對して  俺はこれを俺自身の經驗に質して見た  俺の記憶の中に在る  俺は先づトルストイに逢着して  俺は猶此悲壯なる努力の道を選ぶ  俺の性格の中に確固たる客觀性があるからである  俺の見る  俺はトルストイの生涯を見る  俺のやうな凡下の輩を導く  俺の周圍にはエホバの崇拜からマンモンの崇拜に轉移した  俺の心に現實の生活の空しさが淋しく映つてゐる  俺の終生を貫く  俺は一生此事を祈り通すのみである  俺は此祈りに活きる  俺の全心は騷ぎ立つた  俺の品性の卑しさが堪らなかつた  俺は自分の心の中を檢査するにつれて  俺は此の如き醜い心を悉く對手の前に懺悔する  俺には此大なる  俺はせめて此苦しみを日記になりとも書いて  俺は再び自分を追窮しなければならなかつた  俺はないと答へない譯に行かなかつた  俺は人の顏を見る  俺の敍述が此處に到達するまでに  俺の心には漸く一應の解決が出  俺の中に於ける  俺は恥づ  俺は此の嬉しさを洩す  俺は明日から又職業に歸る力を與へられた  俺は明日から又俺の心から愛憐を感じてゐる  俺はこの小康の嬉しさに砂の上を躍り歩いた  俺は淋しさに涙ぐんだ  俺は俺の親愛する  俺はもうあらゆる異性の友達を失つても之を恨むだけの  俺よりも小さな者に對して  俺は常に此心持に就いて  俺は久しい間此落付かない態度から脱却する  俺は峠を一つ越した  俺は漸く此點を忘れかけて居た  俺は今或者を愛してゐる  俺の憎む  俺は俺の古い人格に復歸する  俺の要求する  俺は飽くまでも此立脚地を固執する  俺の生活が此曇りを  俺は自分の家族の前に怒りと嘲りとを  俺の自分自身に對して  俺は自らを愛してゐる  俺は他人に對しては  俺の愛はそれほどまでに薄弱を極めてゐる  俺に許された  俺から生れた  俺は猶腹の底で笑つたり退屈を感じたりせずにはゐられなかつた  俺は自分の態度をたしなめた  俺の愛には曇りと  俺は俺の愛が此等の一群にさへ行き渡り兼ねてゐる  俺は最早これ以上に此群れを大きくする  俺が俺の衷にあるだけの  俺によつて照された  俺も亦照す事を心掛ける  俺の專心なる努力の目標でなければならない  俺は俺自身の事を表現する  俺は自己表現の努力を棄てる  俺は衒ふ  俺も亦時に他人に對して  俺の讀書の全量がある  俺は甲又は乙の思想を導いて呉れた  俺の頭に映じてゐる  俺が他人の名を引用するは  俺と同じやうな心持で他人の名を引用する  俺は本を讀みながら  俺の思想は散漫になり  俺は新しく讀書の恩惠に感謝する  俺は今俺のなすべき  俺は身の程を自覺した  俺のやうに平凡に生れついた  俺には讀書の生活を輕蔑する  俺は如何に鈍い感覺を持つてゐる  俺は四月と五月との生命の差別さへ碌に知らずに  俺の心に喰入つてゐる  俺は障子をあけて  俺は先ばかり急いでゐる  俺は一つの仕事をしながら  俺の熱は容易に高くならない  俺は忘れる  俺は何時も苦しんでばかりゐる  俺は死の勝利を讀みながら  俺は時々讀み  俺の心を靜かな興奮に導く  俺は梅若葉の梢を通して向うの躑躅園を見ながら  俺は微笑した  俺は前のやうな心持になれなかつた  俺の表情が又墮落してゐる  俺は惜しいことをしたと  俺の思索と研究との背景を形造つてくれる  俺は興醒めた  俺がさう考へた  俺はあの問題に惱まされ  俺はInactivityの中に苦しんで  俺の置かれた  俺は職業に骨を折らなければならぬ  俺は中學にゐて始めて  俺を喜ばせたかを忘れる  俺は謙遜によつて神に往く  俺はこのテイピカルな徑路をとる  俺は興奮を自慢にする  俺は此興奮によつて偉大なる精神内容を創造した  俺は開展の勢に任せて  俺は又テマに囘顧して  俺の生活を苦しくする  俺のした  俺は眼をそむけて  俺は蟻が人をさす  俺は今蟹の死骸に苦しめられてゐる  俺は人間の墓を見るよりも  俺が洗ひ  俺は蟹の飛ぶ  俺の愛が俺の敵に及ぶ  俺は彼等との間に理解の途を發見する  俺の弱點を正當に衝いた  俺を傷つける  俺のFameに關する  俺に味方する  俺の勢力を標識する  俺は自ら警戒しながらも  俺の注意がこの末梢に集ら  俺の生活が内に向ふ  俺の中には書くに  俺の勢力を擴大する  俺は丁度この時期に居た  俺は俺の昔ながらの傷を刺戟する  俺は俺の身を屈したる  俺は今事新らしくこの問題に觸れて  俺はこの問題が俺に不斷の問題と苦痛とを提供して  俺の心が外部に向つて發散せ  俺の心を内に向はせてくれる  俺は今忙がしく  俺の愛の缺乏に對するいたみと  俺の愛する  俺は今日の新聞を見て  俺は忍辱の涙をのんで  俺は餘りに膨れ  俺を理解する  俺は世間に負けた  俺は斯んな天気に出  俺は呟いたりして  俺が眺めてゐる  俺は眠つてゐる  俺の知らぬ  俺に色目をつかつたよとから  俺の色男はお妾あがりに  俺の援助に俟たなければならない  俺にかへして  俺には忘れなければならない  俺も一緒に新町の方へ移らう  俺はもう出かけなければならない  俺は手前なんぞに金など借りた  俺は夜道を独りで歩く  俺の足の裏は感覚がなくなつてし  俺はその時差の短縮に没頭してゐる  俺の面ばかり見てゐやがる  俺の科白に驚かなかつた  俺の家に遊びに来ないか  俺はこれから日米に寄つて踊つて来る  俺の家の近所に来い  俺の家に泊れ  俺と前後して  俺が恥を掻きに戻る  俺を助ける  俺が人から可哀そうがられるだけだ  俺の考えておいた  俺のことをとやかくいえるか  俺のことだけ咎める  俺の出世を嫉んで  俺を殺しはすまい  俺の手柄を見ろ  俺も鉄砲には自信がある  俺だつて青い壁の涯まで見たかつた  俺の樣に禿頭になるだ  俺は一つ君に言っておく  俺はそんな日本の妙な薬なぞを飲む  俺に前もって言ってくれなかった  俺に読んでみてくれ  俺はこれからすぐに医者へ行って  俺には堪えられん  俺はつくづく君が憎くなる  俺は忙しいからこれで失礼をする  俺の眼が廻ってきたら  俺が好意で君に薬を勧めているのに  俺に飲ませてくれた  俺に毒を飲ませた  俺の体温計を貸してみてくれ  俺は払わんから  俺を背負うて  俺を和泉の山滝村イ預けよった  俺ならもっと巧く喋れるがと思った  俺もいっしょに撮ってくれと  俺はあの時お前の若気の至りを咎めて  俺の方こそ若気の至りだとあとで後悔した  俺も老けたが  俺あ頸子にも手を触りやしねえ  俺にかけかまいは  俺は出懸けるぜ  俺れゃちゃんと覚えとる  俺は殺され  俺は生きられるだけ生きたい  俺がどうして斬られる  俺は死にたくない  俺れゃ生きていたい  俺も愈々やられる  俺に分る  俺が始末をして遣ると  俺は厩の棟下から出て  俺の方へ向き直り  俺は彼等が正体なく酔つ払つた頃あひを見はから  俺もオーライとしよう  俺が寄席へ行く  俺はこの頃妙な気持ちを覚ゆる  俺は何も退屈している  俺はしっかと自分の生活を握ってやって来た  俺の魂のうちに含んであった  俺がやった  俺の魂の熱が冷却してきた  俺の得た  俺が今自分の心に熱が少くなったと感ずる  俺を組織している  俺の内心の活動が減じてきた  俺には明瞭に分らない  俺は自分の魂に活動が減退してきた  俺の生活が安価になった  俺の生活に落ち  俺はもう馬鹿げた  俺はずっと東京に居て  俺は此処に帰って来た  俺の家には可なりの財産と家柄とがあった  俺とは電燈株式会社を創立して  俺は切りぬけて来た  俺の事業とある  俺は親しい眼で見る  俺には相当に美しい妻もある  俺は不惑の年を越したが  俺の今の心持ちを云い表わす  俺は自分の生きてきた  俺は自分の心の力が緩んでいる  俺の現在に向って  俺の未来に向っても  俺は自己に不安は感じないけれど  俺の心は何か俺の知らない  俺は少し廻り  俺の心は陶然としていた  俺を襲うて来る  俺はこの気持ちを或は自然の印象のせいかとも思う  俺の心に触れた  俺は空と地とを自分の心で触ってみた  俺は感じた  俺の心を自分の方へ集注さした  俺は急いで  俺を待ってるかも知れない  俺に頼んでくれと云う  俺はそのことを内輪だけで処分をつけて  俺は事件と人物とを両方共よく考えた  俺の所へなんか来れる  俺も心配している  俺の所から金を借りたが  俺も知っている  俺に迫りたくはないか  俺も今恐れている  俺にはやって来ないかも知れない  俺にはまだはっきり分らない  俺からはどうも君をまた使う  俺も少し旅行でもするかな  俺もそう思っている  俺のことを何とか云ってはしなかったか  俺も随分心配したよ  俺の気持ちは或は余り複雑すぎた  俺は今でもそう思っている  俺が笹尾をまた使っていたら  俺が年とったからさ  俺はまだそう老ぼれてやしない  俺はこの頃何かに脅かされている  俺には分らない  俺は一人前の仕事はやって来た  俺の事業が安定になった  俺の生活が落ちついて来ると共に  俺はこの頃何かを欲している  俺が現に使っている  俺のお影を被っている  俺に対して何の欲求も持っていないであろう  俺は彼等に用がある  俺に何かを求めたであろうか  俺だち  俺はブッ放すから  俺に一言云って行かなかった  俺のところへ帰って来いといきりたつ  俺の叔父が満鉄の理事をやっているんで  俺が手続をしてやるから  俺の着ている  俺の顔へ泥を塗って呉れるな  俺が教えてやった  俺の生涯をドン底まで詛って来た  俺が生きている  俺はお前の父さんに誤解されたっ切りで  俺の名前が時々新聞に出る  俺の事を聞くと  俺を面喰らわして  俺もセッカクお前にすすめようと思っていた  俺もよく知っている  俺はもう何とも云わない  俺よりも仕事が冴えている  俺だって来春はお父っつ  俺が斯んなに夢中になつて意見をしてゐる  俺の歌に惚れて  俺は飽き足りないぞ  俺はもう九郎とは口を利き  俺を憎んでゐる  俺は恋がしてみたい  俺だちだ  俺にだって嬶や子供はいる  俺にまかせれ  俺のどこさ来いてば  俺なんて社長になってねかならないべよ  俺初めて聞いて  俺はお経は知らない  俺はそいつを頼りにしている  俺がきっと救ってやるから  俺をよべ  俺をひどい目に逢わす  俺ももう我慢ができなくなる  俺が落っこちてやるって  俺は八月にくれる  俺はあいつの首っ玉へ何時かは必ず匕首をお見舞申してやるぞ  俺はひょっとしたら本当に気が狂いかけている  俺は斯う見えても  俺の死後に天下をとる  俺とお主が他の席で密談する  俺は今天下のため先例のないことを歴史に残してみようと思ふ  俺の外に見当るかな  俺を除いて  俺のみだと壮語して  俺にくるかも知れぬ  俺の膝の上にのせてみせるから黙  俺にたのめ  俺の顔をつぶした  俺の大失敗だと言つて笑つてすました  俺の智恵をかりにくるばかりさ  俺の智嚢のある  俺のスゴロクの上りだからお前達も用意しておけ  俺には出来るといふ  俺の力でも間に合ふだらう  俺がひとつ横からとびだして  俺も今それを考へてゐる  俺に仕へながら  俺は毎日遊んでゐたがさ  俺の働きだから恩賞は別々によろしく取りなしをたのむ  俺のでる  俺が来たからって  俺はちょっとふざけてみせるだけで  俺もすこしあわてたかな  俺の思い及ばない  俺のこの腕の先はそこまで伸びぬのであらう  俺はその中に綿をもちこんで  俺ももしかすると  俺がほくそ笑む  俺は見かねて  俺は皮肉る  俺はとんでいって  俺もへんにまきこまれて  俺はびっくりしたが  俺も驚いた  俺は呆気にとられた  俺は初めの驚きから我に返って  俺は本当に呆れかえった  俺はふと思い出して  俺の気に入った  俺が時々そっと覗いてみた  俺はその変化に眼を見張った  俺の腑におちない  俺は彼女のその瞑想を尊敬して  俺がその手を遮った  俺は芳枝さんに手伝ってやらねばならなかった  俺れの本心だろうと思った  俺れは狐だとは思っていないのに  俺は国際的の御一人だから一号三〇〇円以下では売らないといったりする  俺は阿  俺の為る  俺の催眠術で彼奴の精神を眠らせて  俺はあのひとを保護してやらなければならない  俺の嫁になれと持ちかける  俺もお終いだと思うと  俺と一緒に代官所へ来い  俺を足蹴にした  俺が見破ってやる  俺にするからには  俺もすこし睡  俺でさへあのほのぐらい線路へ今から横はりに行く  俺は自殺の資格さへないと考へる  俺は生きたい  俺の朦朧とした  俺よりも死にたが  俺がこうしてのこ  俺を好いてる  俺がここへ来た  俺が考へてきたと  俺もすこし歩いてみ  俺が生きてゐる  俺はあっちの工場へ行くかもしれねえって云った  俺もおしまいだと思うと  俺が警察に行く  俺に文句あるなら出て行け  俺は何をしていた  俺の処へ碁を打ちに来る  俺も飲む  俺が帰る  俺は俺の頭を守ると  俺あアレからチットモ安心していねえ  俺をここまで引っぱり込む  俺をいい二本棒に見立てやがった  俺を女で釣って  俺あ明日っから  俺はふと足を止めて  俺は呟いたが  俺は二足三足歩き出していた  俺は長い間それを極めていた  俺は少し急ぎ出した  俺は思い切って  俺の顔には一人でに苦笑が上ってきた  俺を見上げて尋ねかけた  俺はそれには答えないで  俺はまた二つ投り出してやった  俺の心の方が一層喜んでいた  俺が玩具なんかを買って来る  俺は少なからず困った  俺も何とかして  俺は知っていた  俺の痛い所へ触れていった  俺は云った  俺は苦笑して  俺はお久の方へ向いて云った  俺は飯もまずくなってしまった  俺が黙り込むと  俺は思い  俺の顔を撫でてから  俺は飲みてえ  俺は思ったが  俺も曖昧な笑顔をしてやった  俺も少しいるんで  俺の顔を覗き込んできた  俺はすぐに感じたが  俺の所で働いてくれってさ  俺にその話をしてきかせたよ  俺は浅井と一緒に手を廻して  俺はそういう話を聞きながら  俺は別段驚かなかった  俺の憤怒は当然笹木に対して燃え立たなければならない  俺は自分に対する皮肉な微笑を浮べながら  俺の方へじりじりと顔を寄せてきた  俺をその中に引張り込もうとしてるな  俺はその押してくる  俺の方へ向いて云い出した  俺も面白くなってきた  俺が乗  俺は立派な印刷所を育て上げる  俺は何だか力抜けがした  俺に影響してくる  俺は苦笑した  俺は思った  俺の覚えてる  俺が冗談に云い出すと  俺にも何だかそんな気がしていた  俺は松尾のことで職を失って  俺がいくら云い聞かせたって  俺が云い  俺を励ます  俺に対する面当もあったろうが  俺はそんなことを空想しながら  俺はふと眼を覚した  俺は我知らず立上った  俺が起き上る  俺の方が落付を失った  俺は怒鳴った  俺はつっ立った  俺の足へ武者振りついてきた  俺は避けて  俺にはまだはっきり信ぜられなかった  俺はお久をそのままに放っといて  俺は横の布団に着物のままもぐり込んで  俺は寝返りをして  俺は夢をみた  俺はそれを手で受け止めて  俺はもうすっかり疲れきりながら  俺は覚えていないが  俺はぼんやり考え込みながら  俺は変に落付かない気持になった  俺に訴え初めた  俺の希望を繋がしてくれる  俺はただ一つ処にじっとしていない  俺は自分の身がなさけなくなった  俺はもっと早く仕事を見付けなかった  俺はどこまでも歩いていった  俺はぼんやり一廻りしてから  俺は鼻糞をほじくりながら  俺は苦笑しながら  俺はまた昨日と同じような破  俺はおとなしくその狭い喫煙所の方へ行った  俺はそこに腰を下して  俺はその時くらい孤独な感じに打たれた  俺は何でも出来  俺は笑ってやら  俺は非常に自由な力強い気になった  俺は立上って  俺は興奮していた  俺は長い間歩き廻った  俺は振返って見た  俺は答えた  俺は愉快になってきた  俺は云い出した  俺の方をじろじろ窺っていた  俺の顔色を察してか  俺は一寸びくりとした  俺は強いて押えつけて云った  俺に相談してくれると  俺は追いつめてやった  俺の家へ寄った  俺は尋ねてみた  俺を敬遠しようとしてる  俺は後へは引けなかった  俺は真先に笹木へ飛びかかって  俺が思ってる  俺へ言葉をかけた  俺は本当に金を工面してくるぜ  俺はその意味が分らないで  俺は笑いたくなった  俺の方をじろりと見た  俺は気にしなかった  俺は彼等と別れた  俺も一緒に行く  俺は一人でぶらりと帰っていった  俺の眼についた  俺の方を見上げた  俺は何とも云わずに  俺はまた戻ってきたが  俺の姿を見ると  俺にも漸く分ってきた  俺は其処に坐り込んだ  俺は笑いながら  俺も一寸どうしていいか困った  俺は怒鳴りつけてやった  俺はじっとして  俺はそれを行儀よく寝かしてやった  俺はそっと立上って  俺は火鉢の上に屈み込んだ  俺もどうやら神棚の前に坐ってみたい  俺はじりじりしてきた  俺は堪らなくなって云った  俺はいつにない手酷しい調子を浴せかけてやった  俺は立上っていって  俺はその後ろに釘付になって  俺は大声に怒鳴りつけてやった  俺は歯をくいしばり  俺は息をつめて立ち竦んだ  俺は半ば壊れた  俺を見忘れたか  俺と俺が違わ  俺に貸せ  俺を袖なんぞにして見ろ  俺の考えた  俺は大へんに待たされた  俺はもう四十になった  俺が他の女に子を生せ  俺が聞いても  俺がお前を踏みつけにしてるなんて  俺に悪いことがあれば  俺の用をも手伝ってくれと  俺の四十という年を逆にした  俺だって考えを変えない  俺にはさっぱり見当がつかない  俺のことはもうお前もよく知ってる  俺の腑におちる  俺にはどうもお前の考え方がはっきり分らない  俺もお前の話を聞いていると  俺は綾子に心を奪われたくない  俺の生活はどんよりとしてる  俺も一二週間保養をしてみたいから  俺の手をのつけても  俺は脊髄にかかって  俺は何となく気になるから  俺の子だけあって  俺はお前に云っておく  俺には腑におちないよ  俺の手へ返せ  俺の手では仕止められない  俺が一刀に刺し殺す  俺は死に切れぬ  俺のところへ頭を下げて  俺は怨む  俺は随分我慢した  俺は守って来た  俺は愛した  俺は忘れない  俺には出来なかった  俺の眼前へ出した  俺は苦しんだよ  俺は持っていた  俺のみなりは悪過ぎるなあ  俺の意志など勘定にも入れず  俺が泊まろうともいわない  俺には見当がつかない  俺とを一緒にして  俺は俺のために叩っ切る  俺の噂をしているわい  俺の身柄を引受けるなどと  俺が安南王と一緒に押し廻った  俺は釈放されるだろうが  俺が書く  俺がジタバタしなくても  俺の無罪が証明されて  俺の口からは決して宗皇帝のことは洩らすまい  俺の身分も言うまい  俺をいつまでもこんなところに置いておく  俺の方から官憲を呼びつけてやろう  俺にこの電報を渡す  俺は今諸君に代って  俺も行く  俺は今朝訓令通りの報告書を書く  俺も君ももう首は繋がっちゃ居らんぞ  俺にはそんな予感がする  俺が鳴くといったら  俺はもうこれで失敬する  俺はさっき犯人と誤認されたと知った  俺の身分を明さずにこの事件のドンヅマリまで交際い  俺のやり  俺がこのリポートを発表したら  俺の探訪記はラジオの電波に乗って  俺を王様だとすっかり思い込んでいるらしいから  俺に似ている  俺の眼はまるで掏摸のようにキョトキョトしているが  俺の方ではあの鏡によって一挙手一投足を仔細に観察する  俺は何をしでかすか知れないぞ  俺が驚いたといった  俺にもどうも腑に落ちねえ  俺ァかねがね聞きたいと思ってた  俺ァもう浮かび上る  俺だって死物狂いだから大抵の訳なら引込まない  俺がやってる  俺に逢いたいと  俺を強請る  俺は大臣にこの件を報告し  俺は印東の方を引受けるから  俺は王様じゃないなんて自分からいい出さんとも限らんじゃないか  俺もいろいろな目に逢ったが  俺の低能にも呆れる  俺は昨夜七時に腹を立てて  俺の手なんぞを執って  俺と笑子が銀座で逢った  俺を無理に皇帝のいる  俺の智慧じゃ及ばない  俺は刑務所へ行く  俺はこれからお前と散歩に出かける  俺を出し抜こうたって  俺ァ知らねえ  俺を出し抜いて  俺がいま合図をすると  俺もいる  俺のところへ持ち込む  俺が誰よりもよく知っている  俺もそう思う  俺がそういう以上間違いのあろう  俺の頭もまんざら捨てた  俺はなにも自分の身をかばおうと思って  俺に人など殺せる  俺に洩らされた  俺も涙を流した  俺がトイレットへ立って行くと  俺を待っていて  俺を窮命にやって来る  俺を殺そうという  俺だって油断が出来ないからね  俺を肘で突ついて  俺のところに密告して来た  俺の方へ片目をつぶって見せ  俺にすれば  俺にもひしひしと感じられる  俺を今まで信頼してくれた  俺に渡すと  俺は壜を縦にしたり  俺の爪先から頭の先まで何か冷たいものに一挙に貫かれた  俺の部屋へ隠しておこうかと思って  俺は急に気がゆるんで  俺が有明荘を出た  俺の記憶ではちょうど月は西へ廻って  俺は助かる  俺の睨んだ  俺を追い詰めて来た  俺と同じホテルに泊っているという  俺の前に出てくるなんて  俺がいつ  俺が王様の声色を使って  俺の専売権を侵害している  俺はさんざんに酔ッ払って動けなくなった  俺を殺しにやって来る  俺がクタばっている  俺の死体が発見された  俺が勝つか  俺はお役ずみになる  俺にはこういう処置がたいへんに気に入っている  俺はこれから失踪する  俺にいわせりゃ  俺も無下に王様をかえせとはいわねえ  俺の代りに習慣や環境やが行動してゐる  俺といふ特殊なものはなくなつて了ひさうだ  俺のあやつり  俺は一體何處にある  俺の方ぢやそんな筈は知らない  俺だつて別にあてがある  俺は恥にならうと  俺がそんな事知る  俺だつて偶にや自由な体にでもならなくつちややり切れる  俺は嫌やな奴に頭を下げて  俺の事なんかあてにしないでゐて  俺をあてにするな  俺をあてにするななんて  俺は尺八でも吹いて  俺はそんな事を考へる  俺は世間なんか相手にし  俺の家に来て見ろ  俺に話しかけるのに  俺のところにはバイブルは幾冊もあるよ  俺にもわからない  俺はお前の正直なのを信じているよ  俺には一向覚えがないでな  俺は見ないでも  俺まで捕れなく  俺に貸金のある  俺つ達を他人にしやがる  俺は怪物には殺されずに  俺は知らんといふ  俺だけは玉砕せずに  俺の胸は裂け  俺の胸も裂け  俺は一人になる  俺は豚の脂を食べ  俺は強くならうともしない  俺は只一人で其処に畑を開かうと思ふ  俺は知ってるよ  俺は行きたい  俺は畑を耕し  俺あ確に前兆だつたと思ふ  俺は生れてから  俺は今日限り決心したぞ  俺も凝つとしては居られなく  俺の胸から腹へかけて  俺は寧ろ後者を選ぶよ  俺は腹が立つ  俺は百合子のためなら命もいらない  俺ほどの者が心を動かした  俺が引き受けたからには  俺が引きうけたからには  俺は何かやらう  俺の運命かも知れない  俺がついてる  俺がするよ  俺は一体竜子をどうしようという  俺の子を腹に宿してる  俺は竜子を愛してる  俺が本当に愛してる  俺はそんなことを考えた  俺は一体どうしようという  俺は捕えられている  俺が今こうしてブルブル慄えている  俺は十五年前に別れた  俺はお前のために俺の旧悪を密告されて  俺はお前を怨まなかった  俺が生きてゆけない  俺が出て来たら  俺は根高弓子というお前の真実の名前から生れ故郷の両親の顔まで知っている  俺がお前の今の名前を書いた  俺の命令に絶対に服従しなければならぬ  俺はお前に命令する  俺が直ぐに迎えに行く  俺が引受ける  俺はチャンと知っている  俺の一番の気がかりになっている  俺はあの大学生とお前を縛って  俺と一所に外国に逃げる  俺はモウ近い中に大金持になる  俺はもうもう不仕合わせなけだものだと思っていた  俺あこげ  俺の心にすまんね  俺の臣下のように畏こまって並んでいる  俺にもそういう経験がある  俺は平気でその急坂を上っていった  俺も覗き見た  俺は坂を駆け下りた  俺にだけ言ってる  俺の膝をつっ突いた  俺は沈思の中で身じろぎもしなかった  俺が言っても  俺は正午すぎに見た  俺は敷石を離れて  俺の方へ体を押し寄せてくる  俺の方の草の中にはいってくる  俺は挾まれて  俺の手をしめつけた  俺は起した  俺の胸に顔を埋めてくる  俺はなにか胸がむかついてきた  俺は女を静かに押しやり  俺は彼女と別れてから  俺は何等の痛痒も感じない  俺と全く無関係なことではあるが  俺に囁く  俺は死にかけてる  俺はただ側についておれば  俺はそこで対談する  俺に勧めた  俺は眩暈がした  俺は或る軍需会社に勤めていたが  俺は空襲中にいろいろ見せられた  俺はむしろ痛快に思い起す  俺に言わせる  俺もだいぶ酔った  俺のところへ来る  俺は先に立って  俺は立って見ていた  俺は少しずつ後れ  俺にふしぎな印象を与えた  俺は立ち止った  俺は眼を外らした  俺は眼をよそへ向けた  俺の方をじっと見てみろ  俺は言葉につまった  俺がそっぽを向いてる  俺の方をじっと見ている  俺はじりじりしてきて  俺の方へ無心に向けられていた  俺は全身に冷い  俺の周囲のすべても異臭にまみれている  俺があすこでキスした  俺は辿りたい  俺は一歩一歩足をふみしめて  俺が先に立って  俺は勝負した  俺の兄弟のこと悪う抜かす  俺は一生浮び上れなくなる  俺は十万円作る  俺の見  俺に虫を捉える  俺がいもざしになる  俺は虎船長に用があった  俺は残るよ  俺はどこか南洋の島へでも働きに連れて行かれて  俺はきっといつか山でやられるって  俺は運命だと思うよ  俺はそのとき以来一層山は自分からはなし  俺の荒い肌をさすって  俺が通つてやると  俺をとめる  俺は働くにも  俺は何にも知りや  俺もう家に居る  俺は聴き  俺は酒を止す  俺は時々わざと汽車を途中で降りる  俺は持つてゐないが  俺はそんな多額の株などを持つてゐた  俺に任して置け  俺にかくしている  俺という支配人が居るのに  俺が慾ばりすぎて  俺をとっちめるといってたかい  俺はいまいづ  俺は思う  俺は三十分ほどして行く  俺がうんと働いておくから  俺はお前だとは思っていない  俺が悪かったから誤解しないでくれ  俺にだって死ねないとは  俺から解放されて  俺がたった一つ困った  俺のような無学な者にまける  俺あそんな体のことなんか知らねえから  俺はいってやった  俺は無学で人間の体がどういう風に働くか知らねえが  俺あ御馳走になって帰る  俺が立つてゐたから  俺は知らんよ  俺は俺で勝手にする  俺は俺で勝手にすると  俺はお前と別居をしたく  俺が危いつて  俺歩いて行くよ  俺の組立にケチをつけちゃ  俺の成績をおっことしにかかるなんて  俺がいっし  俺をナブリものにし  俺あ志願した  俺のいってる  俺んちじゃ  俺がチョウヨウの芝浦の荷かつぎにクソマジメに毎日行って稼いだって  俺だって憎む  俺が一番憎んでいるかもしれない  俺が処置してやら  俺が出征すりゃ  俺あせんに居た  俺あ信用するね  俺が助かりゃ  俺だって自分の事を振返ってみて  俺が知って  俺にもチョックラ吸わしてくださいよ  俺は悪いことをした  俺の考え  俺を相手にしねえ  俺の見込みは狂わなかった  俺も考えなけりゃならねえ  俺を誰だと思っている  俺は先刻名乗った  俺がああいう  俺には厭な気がするよ  俺の手掛ている  俺は出かけたって  俺に難事件を片付させてくれた  俺は捕えられた  俺は上げられちまったと  俺に言う  俺はばらした  俺を放免してもらおうと  俺は一人の男を殺害して  俺のソルボンヌにじゃれるって  俺は栗色のみごとな髪をしてた  俺は刑期をつとめあげた  俺は三十二になってた  俺はその六十六フランで正直な人間になろうとした  俺は六十六フランを食っちまった  俺は立派に働ける  俺をつかみ取った  俺には一本のくぎがあった  俺は承知して  俺はそんなふうにして  俺はもう梯子のどの段も通ってきて  俺にとっちゃ  俺はもう老いぼれかけてるし  俺の親父は後家縄をめとった  俺は無念の刃のお寺にひっこむ  俺がそこでとんぼ返りをする  俺は上告をよしちまいてえ  俺にくれませんかな  俺れゃ勝手に逃げだしてやる  俺が殺した  俺はこれで溜飲が下ったぞ  俺が渡さねえ  俺に助けて呉れというか  俺はもう死んでいる  俺はあの時お止めした  俺はすぐに城代屋敷まで行った  俺は捕らえられ  俺はすっかり見失ってしまった  俺は餓え死ななければならない  俺を計ったな  俺に取って来いと云った  俺を止めた  俺には解らねえ  俺にも解らねえ  俺が取り返してやろう  俺を宿めてくれぬか  俺を宿めてくれ  俺の命もここで終えるか  俺の考えは少し違う  俺は後へ引っ返そうと思う  俺の通って来た  俺は病気で歩く  俺を背負って  俺はほんとに感心したよ  俺が保証しても  俺は寝る  俺はそんなものは認めない  俺は最近にお暇するぜ  俺が生命をかけた  俺を弄んだ  俺の心を何の遠慮もなくかきむしり  俺の名と共に謳われるであろう  俺と共に居る  俺の側に居る  俺と共に地獄に苦しまねばならない  俺は何として生きて行こう  俺はお前の夫と同じ病にかかって居る  俺がお前を失った  俺は死に  俺を何とかして救おうと  俺の脚本の仕組がわかるだろうか  俺は真実をいう  俺の心を弄んだ憎むべき  俺の父は僅か百円の金が取り返せないで  俺は其の言葉を忘れない  俺は法律を呪う  俺に与えられた  俺は出来るだけ  俺がはじめて道子に会った  俺ははじめて川上母子に会った  俺は下宿を定めてからも  俺はひそかに恋をして居た  俺が若人の純な気分で彼女を生命にかけて恋して居たとて  俺を之ほどまで夢中にさせたについては  俺は自白する  俺は苦しんだ  俺は其の披露の席に招かれて居た  俺はこの身体一つのおき  俺と会った  俺に対して明かに好意を示しはじめた  俺の所を訪れて  俺にこう云った  俺の言葉の終るか終らない  俺を見ながら  俺はただ赤くなって黙るより  俺にはとうとうわからなかった  俺と語る  俺を突然銀座まで電話でよび出したが  俺にこう云いかけた  俺はもとより清三が彼女を愛しては居ないらしいという  俺はやっと之だけの事を辛うじて云った  俺は心が燃え上る  俺はただ恋の悩みにあこがれて居た  俺が燃える  俺が視線を外にそらす  俺の目の前に差出した  俺はぐらぐらする  俺は思わずこう云った  俺は清三の存在を呪った  俺は興奮した  俺などと交際する  俺も道子と同じ行動をとろうとした  俺はよくは知らない  俺ほど道子に近づいては居なかった  俺はどうせ帰れない  俺は清三の上に居て  俺の番になった  俺の上にいた  俺の方を見ながら云った  俺はすばやく東の単吊に  俺は遠慮なく和ってしまった  俺の方を見て  俺がはじめわざと彼女の牌で和らなかったのだと思っていた  俺は階下の一室に床をとってもらってねる  俺は度々清三にも会っているが  俺のねている  俺はとうてい眠られ  俺は又心に清三を呪った  俺は身体がふるえる  俺は浅ましさにふるえながら  俺の名が聞えた  俺と道子の間を疑って居る  俺の事で道子が苦しめられている  俺はすべる  俺のその時の気持は総てを神聖化すると云って  俺は俺の為に罪なくして苦しむ  俺はそう思ってえんり  俺はすばやく忍び寄って  俺がそれを発見した  俺は必死になって  俺はもう少しで呀と叫ぶ  俺は最早我慢が出来なくなった  俺は一歩を踏み止った  俺はもう障子を蹴  俺が飛び込んだ  俺は夢中で飛び込んだ  俺も清三もいつの間にかはねのけていたと見える  俺とはつっ立った  俺をにらみつけて立っていた  俺は地獄に落ちねばならなかった  俺の為に天地を覆らした  俺の頭にひらめいた  俺は雷に打たれた  俺が今まで其処に思い至らなかったとは  俺の名は知らない  俺は身も世も非ずはずかしい思いに打たれて  俺の為に大地をくつがえした  俺をだしに使って  俺の間を疑っていなかった  俺が驚いて  俺の止める  俺があわてて抑えようとすると  俺に斬りかけようとしたが  俺に対するあらゆる呪いを浴びせたが  俺は凡ての判断を失った  俺は一寸躊躇した  俺の名を云った  俺はこのまま黙っては死ねぬと思った  俺をさんざん飜弄しつくした  俺はおとなしくその場で捕えられた  俺は復讐してやろうと  俺を弄り  俺に見せた  俺は其の時ほんとうに同情していた  俺をはじめ多くの青年をからかっていた  俺は自分が地獄に行く  俺を呪った  俺は捕まってから  俺が自白すべき  俺を死刑に処する  俺が道子と永い間姦通していたと  俺が警察で考えた  俺はあの美しき道子の肉体を得た  俺の生命を取ろうという  俺の手記を信ずるか  俺の罠に陥ちた  俺は笑う  俺にいろいろ話した  俺の復讐は余りにひどすぎた  俺を愛していた  俺は死なねばならぬ  俺が聞き  俺は知っているぞ  俺はきいた  俺の名ばかりをきいた  俺を抱きしめよ  俺は女を憎む  俺を愛してなんかはいなかった  俺の胸からむしりとってくれ  俺はおまえの行末の志望については少しも干渉せぬ  俺は少し年をとりすぎている  俺が疑いすぎたかな  俺はあの通りの計画をして  俺も誤って居た  俺が中条の身体めがけて  俺の車の方向にとび出して来た  俺は殆ど直覚的に避けようとして  俺の車にとび  俺は人殺しを計画した  俺が中条を殺したと疑っている  俺は大谷検事と中条未亡人が生きている  俺は自分の計画が完全だと信じていた  俺が吉田豊を殺したと  俺の手が血みどろに見える  俺が豊を殺そうとした  俺はこの手で彼を崖からつきおとしかかった  俺はあの時つきおとしはしなかった  俺は却って驚いた  俺はしばらく茫然としたが  俺の人殺しの疑いをはらしてくれるだろうに  俺が訴えられれば  俺を人殺しと確信している  俺に訊ねない  俺はもはや綾子の沈黙の復讐に対しては沈黙の争いをつづけなければならない  俺はこのごろ凡ての人々に人殺しと呼ばれている  俺と顔を合わせる  俺を疑うだろう  俺を裁判所へ訴えてくれ  俺を人殺しと見て居る  俺も一言もいうまい  俺は丁度盲人が杖なしで歩く  俺を人殺しだと思って居る  俺を出来るだけ  俺があそこにつれ出さなければ  俺は死んでやっても  俺は奴のような自動車にのって来る  俺の家へ嫁入って来たからには  俺の許しを受けてから往く  俺も腹が立ち  俺が利益し  俺はお前を殺す  俺を待ち  俺を水びたしにしちまうが  俺を訴えたけりゃ訴えるが  俺を何に使う  俺の心臟を叩く  俺の心臟を破る  俺が盗まなくても  俺はもう諦めた  俺は決心をきめなけりゃならない  俺は今になって  俺もそろそろ帰るとするがな  俺がやうな薪割稼業は案外調法がられ  俺は今から松輪まで行つて来るよ  俺もこれでまた一稼ぎ出来るがな  俺は自分の部屋で聞いていたが  俺が移らうかなと呟いた  俺に正案を教している  俺はどんなことを仕出来すか分らないという  俺も昨日それをやりかけた  俺が斯うして投げてゐる  俺には何がどうでも構はないどうせスキだらけぢやないかスキの方を減さうなんて  俺はスキの方なぞ減らさうとは思はぬ  俺にはおもちやが要る  俺は混らないとこばつかり感じてゐなけあなら  俺にはおもちやがよく分つてる  俺にはおもちやが投げ出せない  俺が遊んでゐる  俺の月給の何分の一の値段だなぞと云ふは  俺はおもちやで遊ぶぞ  俺はどうせ下積で死ぬとしても  俺などが来て  俺はもうだめだということを考えた  俺の白は誰が証言するだろう  俺はごまかしてしまはうといふ  俺はちやんと知つてる  俺のやうな老人は死ぬ  俺の嫌ひな話が出たから  俺も煎餅組にして  俺は今まで耐へて来たが  俺にもおくれやれ  俺は心細く成って来た  俺は半年も前から思い立って  俺も見ていた  俺に随いて来て  俺の方を狙ってる  俺も堪らんから  俺もよく寝られたし  俺も大分うまく泳げる  俺はほんとに狂にでも成り  俺が無暗とお金を使いからかす  俺を病人と思う  俺はもう小山の家に居る  俺のような親の身になって見てくれよ  俺に言った  俺はお新と二人で暮したいよ  俺は暮らせると思う  俺に小さな家でも持たして  俺の手が少し狂ったかも知れんが  俺の方へ飛んで来ないで  俺が何と見える  俺を気違い扱いにして  俺は歌は読まん  俺の側に附いていてくれたの  俺にそんなところへ入れという  俺は病院なぞへ入る  俺は病院へ行く  俺を入れた  俺を出しに来てくれる  俺もどうかしているわい  俺は夢のような気がするよ  俺は何処へ来ている  俺はこんなところへ来る  俺をこんなところへ入れたか  俺にも分らん  俺に入っていてくれと言う  俺に出て来て貰っては困ると言う  俺を欺して連れて来て置いて  俺を狂人にして  俺にはよく解るぞ  俺もこんなところへ来た  俺が一度訪ねて来た  俺が彼女に対している  俺はまるで悪い暗示にかかってしまった  俺は俺のそうしたものを窓のなかへ吸いとられている  俺にはまだ一つの空想が残っている  俺は今夜あの男をどうする  俺ははじめあの男に対する好意に溢れていた  俺の空想が立たせた  俺と同じ欲望で崖の上へ立つ  俺の欲望はとうとう俺から分離した  俺はものおぼえが  俺はこの浦で二十年来漁師をやっているが  俺に獲れない  俺が旅人の笠を飛ばして  俺と何時までも旨い酒を飲もう  俺が邪魔をする  俺の腹の空ツぽを知つてゐて  俺はだんだん癒ってゆくぞ  俺もそう決めた  俺が払うから  俺に払わせろ  俺がいふ  俺が眞先きに  俺が尻をまく  俺がい  俺が嚊にしてやるべよ  俺がかう控えてゐる  俺を兄きと仲違ひに  俺は旅の空でかうして働いて生き得る  俺あ直き  俺が家から出て  俺の家へ厄介になつてけつかる  俺が此の仕事場にもつれて来て  俺あ可愛さうだから我慢してゐる  俺は権八の父にどう云つて詫びよう  俺が組長さんにようくお頼み申して  俺がよう云ふて聞かせるだよ  俺も気になるから  俺の決意を待ってる  俺は彼女についてまだ知らなかった  俺のことなんか考えていると  俺のようなろくでなしになる  俺はお前の銀行家だってそうおっしゃった  俺はお前を信じすぎていた  俺のところでやる  俺は喰い  俺の意見はあとで言おう  俺の家には大勢の者がいる  俺はいつも思っている  俺と娘は池のふちの腰掛に坐って  俺はヨウカンを出して  俺もお蔭で半分たべた  俺は淋しくなった  俺は嘗て中国に旅行した  俺は言わない  俺は怪我はせぬ  俺はちゃんと小門を閉めて  俺はちゃんと見た  俺は君に一つの約束をさせなけりゃ  俺はまだ君のような対手に出っ会した  俺はいつも奴らを嬲ってやった  俺は白状するが  俺の方が君に負けていると見なければならない  俺を放っておけば  俺の最も大切な秘密を知っている  俺は俺の思った  俺の部下の方ではツゴウヨロシといって  俺に敵対する  俺に勝てると思っているかもしれない  俺というものを知らない  俺と争う  俺は心にもなく君を苦しめなければならない  俺はすぐ部下に電報を打って  俺を見破るまでには  俺は負ける  俺の自動車で帰らないかい  俺だって十日掛ったよ  俺と君とはそれだけ違いがある  俺だって十日は掛ったよ  俺が祈ったから  俺とこのジョンを殺したな  俺には人間の力があるだで  俺が召し上がってやる  俺がザラザラのガアサガアサとたべると  俺は斯んな狭い家には住めない  俺の画は死ねば  俺のいる  俺だって弾けると  俺の外にはあるまいと頗る得意になっていた  俺の処へ画を頼みに来る  俺は貧乏人だから絹が買えないといって  俺んところにあるよ  俺にはよく分らん  俺は例の伯父貴にわたりがついたから行って見る  俺あ何うしても世界が円いなんて考えられぬよ  俺の頭と圧つこをして見よう  俺の斯んな弱々しい了見を見抜いてゐた  俺も立派な海軍の士官にならなければならない  俺も子を一人捨てた  俺にゃ分らないからやめにして  俺の眼がなじ  俺そげえに  俺ほんとに売った  俺が山本へ売っ  俺が売ったべか  俺がかけてきてやろう  俺もわりんさ  俺は吃驚した  俺も知らねえ  俺がついてゐる  俺を信ずるが  俺は今晩こそは大分醉つてし  俺は今晩こそは大分酔つてし  俺が言わなくたって  俺は稼いだって  俺も一疋釣らして  俺と一緒では何彼と損がゆく  俺はもう湯元に行く  俺はお前さんのおしきせを飲んでる  俺にくれ  俺はどうかしていると思った  俺の精神にどれだけの犠牲を要求するか  俺の眼がこんなにならなきやよ  俺を一人前のあんまにしてやる  俺に聞かせたく無い  俺に知らせたく無い  俺はみんな知つてゐる  俺が人の肩につかまつて  俺は知つてゐる  俺は人の肩なんぞもんでゐられない  俺と姉さんを置いてきぼりにした  俺の様に封筒張りをしてゐるね  俺にやわかる  俺が一番よく知つてゐる  俺にはどうしなけりやならんかは  俺と言ふ  俺には今度の阪井さんの気持だつてよくわかる  俺ももう手を引くよ  俺は此処で待つてゐるよ  俺んとこへ来たが  俺が知る  俺は彼奴を取返さねえ  俺は初めからさう  俺には何も言へやあしない  俺の気持がこんなに押しつぶれつち  俺をうらんで死んだ  俺を睨んだ  俺を覗く  俺をヂツと見る  俺は奴等に何も言ふ  俺は途中からどつかへ落つ  俺の妹は俺をうらんで  俺なんかを頼りにしないで  俺は自分の言つたことは忘れやしないよ  俺が彼奴を捜すなあ捜す  俺が働くよ  俺にはまだ居る  俺にはしよつちう  俺は知つてる  俺も目さへ開いてゐたら  俺の眼が開いてゐたら  俺にもハツキリとはわからない  俺を甘く見て  俺はしようとさへ思へば  俺がどんな事をするか  俺にや聞える  俺の子だと考へる  俺を笑つてくれ  俺は本部の連中の所へ行く  俺にはお前と言ふ  俺も今月から本部に詰めてゐた  俺も行きたいなあ  俺が稼ぐ  俺は兄さんと言ふんだ  俺の頭は傍に立っている  俺は俺のいいようにする  俺の事は決して心配しなくとも  俺を追いまわしているが  俺と一緒に非国民の汚名を受けない  俺は殺される  俺が遣ってやら  俺は嬢次少年を見事に取って押えてくれよう  俺を愚弄した  俺が今喰った  俺を見  俺はジョージの事にかこつけて  俺の第六感はこの通り全部的中している  俺を探していた  俺あ今日横浜へ行った  俺を尋ねて来たって  俺あサヤマをぶっ放す  俺あもうあの女はあきらめたよ  俺あすてきな玉を見付けたぞ  俺の歯にかかったら  俺が一番心配している  俺が行ったら  俺は到底この男には適わない  俺は一体何方に味方したら  俺は立派な騎手がつとまり  俺も近いうちに東京へ移りたいと  俺は何時の時でも斯うして妹を迎へに来なければならない  俺は変に酔つてし  俺も馬を借りて  俺にはまったくなんにも見えなかった  俺が虎になって出掛けたが  俺がいるぞ  俺の家に来いと言う  俺あ今朝初めて見た  俺が起しに行っちゃ  俺が二階へ上る  俺を西洋の貴婦人と間違えて  俺があやまつてやるから  俺が故意と振り切った  俺はその留置場の窓から脊のびして外を覗くと  俺はその風景を眺め  俺にもわからないが  俺はナゼ気がつかなかった  俺に決断があったら  俺はつかまえようともしないのに  俺は朱華の髪を贈ろう  俺は碧光の睛を贈ってやろう  俺が送ってやろう  俺は鬼に辱しめられて死ぬるから  俺は天に訟える  俺が死んで  俺の勝った  俺の訟えが勝って  俺の正直を認めてくれて  俺は職任が重くなったから  俺たちみた  俺あ龍代に復讐する  俺に肱鉄を喰わせやがった  俺がキチガイ扱いされる  俺あ谷山家に怨みがある  俺が声をかけると  俺が判らない  俺も往くから  俺は彼方へ往くから  俺をこんなに苦しめる  俺が馬を引張って歩いていたらなあ  俺をおっかながっていやがるな  俺の前で何ち  俺はニコチン中毒にかかったんで  俺の方でいう  俺を叱りとばしたし  俺の眼をぬすんでは  俺の耳へ入ってくる  俺にもいえない  俺にくれないか  俺の耳へも入っている  俺の世話になれば  俺は思うが  俺が訊く  俺を捕まえようとして  俺の首を刎ねろ  俺ほど強い人間はないと慢じていたろうが  俺は生きたぞ  俺とは違ってしまった  俺に教えた  俺がよく亭主の心持ちを聞いてみます  俺は坐つてゐる  俺はひよつとすると  俺あ露助の船まで行かなきやなんねえが  俺あ一日だつてこれから休みやせんから見てゐてくんな  俺が出たら  俺あお前のやうなひとり身になりてえ  俺は今の賭けつこは  俺が負けるに  俺見たいに怠たつてつまんねえさ  俺は昨夜お前から借りた  俺ああんな好い本を生れてから読んだ  俺はあまり彼女の好い所ばかりを見た  俺は何ともなく平気でゐられる  俺のざまを若し此の人が見てでもゐたら  俺が輸卒だといふ  俺も渡り  俺は早飲み込みしてゐる  俺あ昨夜はあの本をステーションの待合室へ持つて  俺ああの野郎の面を見る  俺は待ってるぜ  俺は早く家へ帰らない  俺は少し頭がどうかしてゐるぞ  俺は人間の模型なんか造らうとしてはゐない  俺は自分の子供を人間たらしめようと望みながら  俺が飲んだら  俺にも働かせず  俺が食わしてみせる  俺も何かで一人前になったら  俺にだけ名のらせておいて  俺は闇はしないと言って  俺にかかって来たら  俺も言うから  俺が仇うちをしてやった  俺に言わせりゃ  俺によこせ  俺の言っている  俺が太鼓判を押さ  俺も死にたか  俺の言ってる  俺が生き残るか  俺が闇で稼いで来た  俺のゼニで買った  俺の事業を継がせにゃならん  俺の子にしたい  俺の見ない  俺はまあ見ないから知らんが  俺が彼に言って聞かせて  俺の体面に関わる  俺は心配したよ  俺と一緒に行って  俺も百姓には成れ  俺が済むまで  俺は断れと言って  俺は二十五六だろうと思う  俺の家へ嫁いて来た  俺は旅にでも出て  俺は面白い家庭なぞを造ろうと思って掛った  俺は逢わなかった  俺もウカウカしてはいられなく成って来た  俺には出来ない  俺も余程どうかしてるわい  俺も大きに難有い  俺はこれから直に東京へ引返して  俺とでわざわざ名古屋まで出張して  俺にも行け  俺が飛んで行った  俺の方を向いた  俺の許に保存してある  俺の方でどうにかしてやらなくちゃ成らない  俺の許へ話に来る  俺は失礼します  俺は一人位貸して遣っても  俺れは其爲め一文も學資を出さぬから  俺は君に云ったろう  俺はどう云う  俺は神明に誓って  俺は聴いた  俺などを巻添えにする  俺は自分が彼らより先に担がれようなどとは思われないよ  俺が引受けたぞ  俺ぐらいの俳優になれば  俺などを巻添へにする  俺は自分が彼等より先に担がれようなど  俺の酒の肴になると  俺の酒の肴の徴発もしなければならんぞ  俺に鶏を食べさすまいとして  俺も撲る  俺は何か言わねばならない  俺は何てへまなことを言ってる  俺は最後に一番まずいことを言ってしまった  俺の身体に指一本でも触れてみや  俺は食えなくなる  俺が方をふり向いて見い見いするだ  俺あ家へ入ろうと思うと  俺を負って  俺はどうも今夜は危ぶ  俺は繰返して讀む  俺の皿が入っているだろう  俺がいつか小豆一升貸せいうて頼んだのに  俺の物になっている  俺が怒鳴りつけるとな  俺の顔を殴ちゃがった  俺は消音ピストルだと思っているが  俺も肥える  俺に出来ない  俺は盗みをした  俺を撲っただけ  俺が撲るから  俺が思っているほど  俺を思っていないからだろう  俺も上京して  俺はどうなるのであらう  俺とは関係のない外の勇しい  俺の役目はすむ  俺は一体何を企てたと  俺の犯罪を迫及する  俺の口供を強ひても  俺はとても我慢しきれない  俺は判決の威信を蔑視した  俺はそう思っていた  俺は寝られんよ  俺はこれで帰るがねえ  俺は居なくても済む  俺は気でも狂い  俺の仕事が済んだ  俺はどうしたと言う  俺は独りでノンキにやる  俺に相談すれば  俺がギュウという目に逢わせてくれる  俺はそういう話を聞いた  俺は安心して  俺が言ったら  俺も一緒に話しに行って来る  俺がよく聞いてみた  俺は思ってる  俺は御目に懸りたいよ  俺の方でも呼び寄せて  俺は用達に行って来る  俺は俺で又別の見方をしている  俺は世間の人に迷惑を掛けた  俺は俺の為る  俺もこの葉書を書いたら  俺を熊にするなんて  俺も親類廻りは済ましたし  俺は途中で三吉と行き逢って  俺が行って  俺は旅舎生活を始めてから  俺の方へお櫃が廻って来たそうな  俺は正太さんと二人で写す  俺は直樹さんの家まで行っちまう  俺は可笑しく成っちまう  俺に相談する  俺は行って見て来る  俺は差当り困る  俺は身内を助けるから  俺が身内を助ける  俺にこの旅舎を引揚げろと言う  俺が田舎へでも帰って  俺の許へ来て  俺は総計で三万三千円に成ると  俺も出せとも言わない  俺の為に金を下げる  俺が判を捺いてる  俺が精力を注いだと思う  俺は金を取る  俺は覚えているが  俺の精神を歌に読んだ  俺の性分から出た  俺の精神が郷里の人に知られなくとも  俺はもっと大きく考えてる  俺に感謝する  俺も直き  俺の思う  俺とお前と何方が先に死ぬと思う  俺は寝てるなんて  俺は物干へ出て  俺と一緒に来て見よや  俺は牛乳を飲んだばかりだで  俺は平静な心を持つ  俺は皮肉に聞えるか  俺を責めずに  俺は何事も言わん  俺の遣  俺ばかり責める  俺は御留守居するだ  俺も今まで持続えて来た  俺は正太の傍へでも行って  俺はこれからウンと遣って見せる  俺がまた入替りに成って  俺も助かる  俺は今に乱心するに  俺を殺そうとして来たな  俺は太閤に殺される  俺を殺さぬなら  俺だって持っている  俺あ小便を引っかけられた  俺なんぞ見ろ  俺は気がつかなかつた  俺はこれをやり兼ねないのでな  俺はつくづく厭世的になつてし  俺の部屋に来て  俺は何も娘が集るからといふんで  俺の鼾に子供が悸えて  俺の鼾が話題になつてしまつて  俺の顔さへ見れば  俺を滑稽人物か何かのやうに目して  俺は引越さずには居られない  俺も文科を志望すれば  俺は度胆を抜かれたよ  俺はあんな美人を始めて見たよ  俺の部屋へ上らうよ  俺は帰るよ  俺が勝ったぞという  俺がわからねえ  俺も這入ったる  俺が知っとる  俺が載っている  俺は車を盗まれた  俺の手紙とをたしかに受取ったろうネ  俺を探偵したり  俺はけっして糸子さんに手をかけない  俺をつかまえる  俺は警察の奴輩に一泡ふかせてやる  俺の仕事の邪魔をする  俺の注意力が散る  俺はクリクリ坊主になって  俺の正体を見たからには  俺の身体を生れもつかぬ  俺は永い間牢獄につながれるし  俺が南洋で西山を殺した  俺に勘弁ならない  俺を死刑にしても  俺は無期の望みさえ取上げられてしまった  俺とが入れかわっていたと考えてみろ  俺のようにしたに  俺あ留吉と言ふもんです  俺あまあ四十人も来れば  俺あチヨツト訳があるから  俺あ睨んでゐる  俺あ睨んでゐるよ  俺にうどんを一つくれよ  俺に三円の金を貸すのに  俺の方から頼んで借りて  俺の傍に附きつ  俺あ黙つ  俺が困る  俺が今迄お前にチヨツピリだつて嘘を吐いた  俺が腹を切つて見せる  俺あ泥棒はしたく  俺あ金を溜めて  俺あ嬉しくつてならねえ  俺あ死にきれねえ  俺があん  俺も飲みたいから  俺あどんなに嬉しいかわからない  俺と君達夫婦と三人でタンボをやつて行き  俺だつてお互ひに  俺が夢を見  俺あ受けた  俺に言つたつて始まらねえ  俺だつて首が廻らないで  俺あそれ程には思つてゐなかつたがな  俺あビツクリしたぜ  俺から頼んでやる  俺んちが  俺みてえにロクに力の無え人間が飛出して  俺の女房を俺が叱る  俺あ言ふに  俺に頼んでも  俺を売  俺を倉川に売つた  俺を引つ  俺の邪魔すると  俺の女を俺が売るのに  俺に売られる  俺が殺してやるから  俺あいい  俺が頼む  俺あ嘘や冗談でしてゐた  俺の許も得ないで  俺がこの病でてっきり死ぬ  俺れが今度旅から帰る  俺は皿まわしをやってやったよ  俺が似ても似つかぬ  俺の部屋の隣りにあるので  俺の下宿へお客さんが来てくれた  俺のベッドから姿見の大鏡に写っている  俺もここへ一寸腰をおろして  俺はいけない  俺を弟子にしようと  俺は三日休んだ  俺もみんなで七日許り休んだ  俺は誑されたと  俺だつて歩く  俺は訛されたと  俺が先達て先祖の計算をして  俺の頭腦の明晰を一層確實に證據だてる機會を與へてくれた  俺の今度の年賀状の趣向を見せてやらう  俺は大いに外の奴等を叱つてやる  俺とで一つやらうか  俺が其の地位に立つたとして考へて見ても  俺の計算に依れば  俺は之からモ少し善くハガキ運動について考へて見なく  俺が酒に酔って帰って来ると  俺は六十になったら  俺も降りて行くぞ  俺も働いて  俺はもう威張っていられなくなったよ  俺が毎日餌をやるからさ  俺には解っていない  俺を験す  俺にはそんなようには思われないよ  俺にはそんなようには見えないよ  俺が推薦した  俺は長安の酒にも飽きた  俺が帰るまで  俺の傍らに立つて  俺はにらんでいる  俺は愛情でここへ遊びに来ている  俺に関聯してゐた  俺は空想した  俺は古風な遠眼鏡を引伸ばしながら  俺は夜中によく汗をかいた  俺はどんなにか清々するだろう  俺はもう振り向きもしないぞ  俺は何を言ってる  俺はまったくどうかしてる  俺もちっとどうかしている  俺はきっと凱歌をあげてみせるぞ  俺に愛情みたいなものを示す  俺にくれんか  俺にくれいとか  俺も手に立たぬ  俺が知った  俺の処へ頭を下げて来に  俺にも読める  俺には切腹なんぞ出  俺の両脚から始めて  俺のものをそっくり奪ってしまった  俺のものを全部集成しなくとも  俺の檻の前に立つとは  俺からその全部を奪っている  俺の方も行こうか  俺がいくら葉ちゃんと遊ぼうったって  俺が覗きこんで  俺を罵り  俺の頭を占領しちまったらしい  俺に教えなかった  俺に教えない  俺にひどくあたるぞ  俺が怒られると思って  俺がどんな事されるかと思って見に来た  俺が嫌いになった  俺は葉子と離れないぞ  俺は泣いていた  俺をかばってくれる  俺は恐ろしい不具者になってしまった  俺がなってるぜ  俺はこの風景をクルクル廻しながら飛下りる  俺んところへ遊びに来ないか  俺んところはね  俺は何んでも知ってる  俺はそれで満足する  俺に仕事をさせまいとする  俺に説教する  俺は代べんしてあげた  俺が神戸で会った  俺はこんな者だと披露し  俺があと責任もってやれば  俺とキスしよう  俺が居る  俺が承知した  俺に任せて云う  俺の知っている  俺が一人で遣っ付けてくれる  俺が誰よりも澤山採  俺は一人でやられた  俺だつて一人でやられた  俺のために造られた  俺は何を怖れている  俺は今この女によってその悪霊と絶縁しようとしているのに  俺は全然信じていない  俺は落着いている  俺は女を殺しはしない  俺は慌てているな  俺の運をためす  俺から離れるな  俺の肩にすがりついてくるが  俺と俺の隣に並んだ  俺を総理大臣にしてみろ  俺は奈良原の王様だと威張りだした  俺のうちの糞便を汲んでくれ  俺が片輪にしてやる  俺にあずけておけば  俺がもし金をもっていたら  俺がおふくろを連れて出る  俺が狂人とどんなつながりがある  俺はこのおふくろが子供みて  俺は手伝つてやるよ  俺は真先きに飛び出して行く  俺は内地へ戻  俺も納得した  俺の足を鉄の棒でぶんなぐった  俺を馬鹿にしやがって  俺ががさつ者だと思って  俺の足の骨を折ろうとたくらんでいる  俺の向脛をぐりぐりぶったたいていた  俺の向脛を折ろうとした  俺の向脛を叩き折ろうとした  俺を殺そうとしたか  俺がかわって片づけてやら  俺がそう言う  俺のうちで死んだ  俺に似て  俺がお前のお父さんに話してやる  俺が仲へ這入ってやる  俺が丹精して仕込んでやろう  俺が附いている  俺のいった  俺は汝に何んといった  俺の心を汝は何んと聞いた  俺には知己も交際もある  俺が世間へ顔向けが出来ない  俺には長男巳之助があり  俺は汝の腕を借せとはいわぬ  俺は鳳雲師匠の傍にいて  俺はもう一人前の彫刻師となったと思うてはいかぬ  俺の家へお若を伴れて来て置け  俺が好いと思うから  俺も心配だから飛んで来た  俺は見たよ  俺は今日といふ今日は思ひ  俺の眼からは火花が散つたかと思ふと  俺は参つてし  俺は何事でも差し  俺の声を聞くと  俺は狼が屹度あの山に居ると思ふよ  俺は忘れた  俺は木で彫る  俺の趣向をおもしろがって買ってくれる  俺よりは上手だなどいって  俺は大好きだか知れないぞ  俺は毎晩待つて居る  俺は元氣づいて躍り出す  俺の心に燃え上らせる  俺はそこに老人の一家のものを浮べた  俺は凡てがあり  俺はこの若い犯人の心の裏を云ふ  俺に話した  俺に示してくれた  俺は忘られ無い  俺を見て逃げなくてもい  俺はそこを占領しようとは思は無い  俺はいた  俺は外へ行く  俺に構はず戻  俺の飼犬はゐなかつた  俺は皆んな戸を開けて逃がして遣らなかつたらう  俺の本は疊の上にぶちまけられる  俺も負けないで賣  俺は如何うかして  俺は櫛めを又探す  俺の金魚の中に殘して  俺は娘を思ひ出すだらう  俺は忘れないだらう  俺を侮辱し切っている  俺も顔が立つ  俺のさせた  俺が手に斬けて  俺の聞きたいという  俺の待ちかねた  俺と一緒に働け  俺の気がすまない  俺をお斬りなさる  俺にはホントウの父とおっ  俺あ人にばかにされる  俺あ地蔵様を信心して  俺もひとりぼっちだ  俺あの時のことを思うと  俺も青梅の方へ行くだ  俺の膝元へ金包を置くから  俺がこの刀で叩き切っちまうが  俺はつまらなくなったから  俺が性に合ってる  俺が水車にいると  俺が生れ土地はどこだか知らねえ  俺があの水車小屋にいた  俺がには水車番が性に合ってるだ  俺もなんだかお前様を残して  俺は画家にならうか知ら  俺の相手になつて呉れる  俺は早く自分の仕事を定めなければならない  俺は今どんな顔をして居るだらう  俺は屹度途中で飛び降りて  俺は泣いて居る  俺の顔なのか知ら  俺はほんとにお前に心配ばかり掛けて  俺は忘れて居た  俺は今何を考へてゐた  俺に見せな  俺もお前様に力をつけて  俺も逃げ出すから  俺が知っている  俺が預かる  俺が面が立たねえ  俺そんなことはちっとも知らねえ  俺に黙って引越すなんて  俺の大先生に拾われた  俺は創造的だよと威張つて  俺も一刀流の道場はたんと廻ってみたがな  俺はこうやって見てえて  俺は腹を切る  俺に少し考えがある  俺は承知しても  俺とではとても食いきれねえ  俺がこのお地蔵様を峠の天辺まで背負って行ってやるべ  俺も功徳になる  俺のところへ遊びに来い  俺と高円山の方へ行かねえか  俺は縛られて  俺は面白半分に見て来てたが  俺も明日はあんなになる  俺は一刻も早くお豊をつれて  俺はお豊をつれて  俺を斬りやがったな  俺だと白状はしなかった  俺はサッキから独言を云っていた  俺の面から窓をふさいで  俺の思い通りになって行くぞ  俺はほんとによく寝たぞ  俺が持つてやるよと  俺にはいらないといふ  俺の飯が残っているから  俺がここで仕事をしている  俺の後ろに隠れていろ  俺の背中へ乗っかりねえ  俺はここを逃げると  俺もその人を匿っている  俺は十八文の医者に違えねえ  俺は伊勢参りにも来られるし  俺もここいらで年貢を納めたくはねえ  俺のところへはまだ天子様からお迎えは来ねえが  俺は言わねえ  俺が行ってやる  俺がついて  俺にだけ渡れないという  俺がお大尽になつて威張りたいから  俺は悲観した  俺を抜いて歩く  俺は甲州からやって参りました  俺もうすうす知っている  俺の眼の届かねえ  俺にもわからねえ  俺も考えている  俺の手には合わぬ  俺もやめる  俺もおかしいと思ったよ  俺には忘れられねえ  俺もこいつをひとつ見たいと思っていた  俺が癒してやる  俺の身体は頭の上に毛が幾本あって  俺を見たから引込んだ  俺の面に怖れをなして逃げ出した  俺が迎えに行って連れて来て見せる  俺が診察してやる  俺を見損なったな  俺の土蔵から出して使ってくんねえ  俺の命を拾ってくれた  俺もこの通り傷を負ったが  俺は大いに同情するよ  俺を隠密に仕立て上げて  俺はお前へいいたい  俺と行動を一にして  俺を助けてくれる  俺が巷へ呼びかけた  俺は自信のある  俺にはわからないよ  俺も夜鷹風情に声をかけられる  俺のような廃者さえも憂目を見る  俺という人間を知っていて  俺というものの  俺の手へはいったという  俺は一走り行って来る  俺へぶつかった  俺のほうから行ってやろう  俺はおおよそ探り知ったと  俺の屋敷へ遊びに参れ  俺にはわかるよ  俺の本名を聞いたが  俺を恐れている  俺から宣るとしよう  俺から宣る  俺は宣りを上げたよ  俺も手を尽くしてはみたが  俺を怨んではいまいな  俺のためにもなる  俺にはできた  俺が見いだされた  俺も寝  俺のことをいくらか知っているらしい  俺を嬲る  俺はそれこそ色情狂になろう  俺を莫迦にしている  俺の心や躯は麻痺陶酔をしている  俺は俺の眼を疑わざるを得なくなった  俺は憑かれている  俺を忘れた  俺はいったいどうした  俺にはわけがわからない  俺は切られる  俺には腑に落ちないよ  俺と来た  俺には年がないにしても  俺の家は一代で潰しても  俺を嫌っているからであろうか  俺は爆発をしてみせると  俺は焦心り出したぞ  俺には志がある  俺に注いでいるらしい  俺もちょっと不安に思ったが  俺も知ってはいるが  俺は知っているよ  俺に持って来た  俺の所へ持ち来たされる  俺の所へ持って来た  俺は熟読した  俺はそんなことは知らなかった  俺に頼んだからさ  俺にだってかなわなかった  俺の右へ出る  俺も感心した  俺が先達になってやるから  俺も逃げるから  俺も実に困った  俺がひとつ兵馬さんを牢内から盗み出して来るから  俺はそれを心配するよ  俺はひとつお前を連れて  俺はちゃんと見て取った  俺はやって来た  俺との馴染もあの時限りのことにして  俺におかみさんがあるという  俺に濡衣を着せようという  俺の家に女がいるという  俺のところへ置けねえ  俺もその用談を持ちかけられて  俺がいま出かけようと思っていた  俺の腹にはちっとばかり居ねえ  俺との性根が違う  俺は俺の思う  俺はこの片腕であの女をこっちのものにして見せる  俺が頼んで行ってもらう  俺と楯を突く  俺が色悪を買って出る  俺とべたつきに出てくるよか  俺によこしたら  俺でもある  俺はこんな侮辱を受けないです  俺が彼らの圧迫に堪らなくなって  俺はあの研究室を見た  俺は京都そのものが気に入った  俺の心を初秋の京都にひきつけてしまった  俺は将来作家としてたっていくに  俺でも十分な自信がある  俺も彼らの一人ではあるまいかと思う  俺は堪らなく  俺にもいくらか移入されていた  俺の心にも移入されて  俺は山野や桑田などの間にあって  俺を圧倒しようと掛っていた  俺はあいつを殴りつけてやりたいと思ったが  俺かも知れんて  俺の方を意味あり  俺にとってどれだけいいことかわからなかった  俺の天分をあくまで軽蔑している  俺はいても立っても  俺を反噬し始めた  俺は一刻もじっとしてはおられないという  俺はいよいよ堪らない  俺はもう決してじっとしておられない  俺のペンから出てくる  俺の前途は案外明るいものになるかも知れないから  俺は少し淋しい気がした  俺は気の毒のような淋しいような気がした  俺は吉野君に会ってから  俺は少し安心した  俺はやつら全体を軽蔑してやる  俺の軽蔑に値していない  俺が創作の話を持ち出すと  俺はかなり威圧された  俺はそれはかなりの長篇と思っている  俺のように決して焦っていない  俺は佐竹君をかなり尊敬し始めたが  俺は少し気の毒になった  俺に挑戦し  俺の感情をめちゃくちゃに傷つけてやろうという  俺を傷つけた  俺と東京に残した  俺は山野の手紙をずたずたに引き裂くと共に  俺は単独で出て見せる  俺に迫ってきた  俺は差し控えた  俺のものは一躍して  俺の口調はまったく平静を欠いていた  俺の脚本を出した  俺の手から受け取った  俺が高等学校時代に読んだ  俺の戯曲については何もいわない  俺にも一部送ってきた  俺はとうとうやつらに捨てておかれたと思った  俺よりも天分においては劣っていると思う  俺より急に偉くなった  俺は巻頭に載せられた  俺はまず気押されてしまった  俺はあいつに対してますます強い反感を感ずると  俺の競争者しかも俺を踏みつけようとする  俺は全力を尽して  俺は山野の作品の価値を認めぬ  俺はそれを考えると  俺に対してどんな侮蔑をやるかも知れない  俺はそれを思うと  俺を圧迫した  俺は桑田にだってとても敵わないと思った  俺はそのことをなるべく認めまいと  俺を訪問した  俺はどの作品も感心していた  俺の感情は吉野君のいった  俺は段々心強くなった  俺はまた淋しい心持ちに襲われた  俺の前に積み上げた  俺の少年時代の初恋を取り扱った  俺はそれを読んで  俺は少し呆気に取られて見た  俺はフランス劇の話などきく  俺が文壇に望みを繋いだ  俺はまたそれを飛びつく  俺の安心はすぐ裏切られた  俺をやっつけてしまった  俺は山野に対する反抗の角を折ろうかとさえ思った  俺の全身を襲う  俺の嫉妬を除いて考えれば  俺の小品が採用されたら  俺はあっと驚いた  俺は鉄槌で殴られた  俺は眩しいものを見る  俺を嘲笑している  俺はこれほど反感を持っている  俺は見たくも  俺の嫉妬や競争心を押し退けておいて  俺は情なくなる  俺にはどれほど羨しいかわからなかった  俺のわずか七枚の小品を指し示すと  俺の作品を無視しようとかかった  俺の小品が七枚でも活字になった  俺が山野の作品によって感じている  俺のわずか七枚の作品から圧迫を受けるとは  俺は俺の小品を無視しようとした  俺は山野より天分が劣っている  俺の片々たる作品が活字になった  俺は考えた  俺などは創作というよりも  俺の七枚の小品を見ると  俺が山野の作品が出る  俺を嘲笑し  俺はちょっと開封する  俺は今まで山野に対して懐いていた  俺が山野の世に現れていく  俺のために好意ある  俺には遮られていた  俺の身体を包む  俺はすぐ返事を書いた  俺にはそれを卑しむべき  俺にとっては唯一の機会だといっても  俺は手紙を出した  俺の脚本のことなどは忘れてしまったと見え  俺に言葉を掛ける  俺は発表のことばかりに気を取られて  俺が来意を述べると  俺が持ってきた  俺はそれをなんらの感情を交えずに  俺は確かに山野の掛けた  俺を傷つけてみたくなった  俺の心のうちにこみ上げてくる  俺の弱さ加減を考えると  俺は諦めている  俺はかなり心を打たれた  俺とは義理ある  俺が云う  俺が借りる  俺とは歯が合わねえ  俺を呼んだは  俺を止めて  俺はしている  俺はただバクチが打ちたい  俺はどうするか  俺ももうかってるがね  俺を坊主にするなどとは  俺が慰みにやってみた  俺がお客になって  俺があの野郎をあんな目に遭わせるから  俺にああされたから  俺が酔興であんな軽業をさせる  俺を憚かって手が着けられねえ  俺と一緒に逃げろ  俺の肩につかまれ  俺を荷物にしちゃあ  俺の首も危ねえんだ  俺がここへ捕まってる  俺が附いて行く  俺の肩が休まる  俺がこれから一人で行って  俺の身上では大した不足もある  俺はこうして働いても  俺の分まで働いてもらいたい  俺の母親に欺されてゐる  俺の時計ださうだから返して呉れ  俺にも解るよ  俺のBucephalusと云つてゐる  俺が一人で飲んで  俺も久しいこと江戸へ行って見ねえが  俺が立替えるよ  俺の頭を打ち割るなんて  俺が貰い下げに行ってやろう  俺のものになったね  俺は自然の美しさに見とれていてはならぬ  俺はただ俺の考察の対象としてよりほかに外象をながめてはならない  俺が出向いて行けば  俺の家から持って来い  俺の取つた  俺が其の使したる  俺が一番長いのを引いて  俺が使に行く  俺は矢ツ張り惡い  俺はキチガイになったかも知れないぞ  俺の計画をすっかり話してやら  俺はちゃんと知っている  俺が知ったという  俺が話に聞いた  俺はそれを知っている  俺はあるだけの  俺は見つけた  俺は彼が宝ものがぶじだという  俺はそんなことはしねえ  俺はものを合理的に考える  俺のこの気持がわからねえんでいけないよ  俺にはわからねえ  俺が引きうけた  俺には行き  俺はその邸へ近寄れねえ  俺は俺で勝手に逃げるから  俺の方が楽しみにしている  俺がこんなに苦しんでいるのに  俺にはできねえでございます  俺の親類は下谷にある  俺が盗み聞きした  俺の枕元へやって来て  俺は尖っている  俺を殺してくれと云われた  俺がやろうじゃねえか  俺の息もかかっていると思ってくれ  俺が討たれて  俺は末世までも悪人になってしまう  俺を強欲非道の人間にしないではおかない  俺の方が欲深のように世間でとられてしまった  俺のところへ頼みに来た  俺もそう思ってる  俺の眼違えという  俺だってこうしてはいない  俺のほうが間違っていたかな  俺からもおたの申すで  俺も碇を降ろそうかと  俺あ百姓になる  俺あ真壁に行く  俺の頼みを聞いてくれ  俺が無職に入った  俺あガッカリもしたし  俺あもともとバクチは身顫いの出る  俺も百姓になる  俺あこの辺で消えた  俺だとて無駄な殺生したくはねえ  俺を誰だと思う  俺が貰った  俺あ人は斬りたくねえ  俺が聞こえねえ  俺あ士は大嫌えだ  俺とお前がどう違うと言う  俺あ俺だけの了見で俺のしたい  俺あ自分の手に合う  俺が江戸の奉行所へ突走れば  俺もせっかくこうして仙エムどんの位牌まで抱いてやって来て見れば  俺がおことわり申します  俺のためにゃ義理のある  俺も初手は黙って見ていた  俺あそいで  俺も一所懸命で捜していた  俺あヤット一月前にやって来  俺あこれで出て行くから  俺がいわねえ  俺も行きたくって  俺あ軍がしたい  俺あすぐ山を下っていら  俺が踊って見せる  俺が斬ってやろうと  俺はよく知らぬ  俺が保証しといて  俺のいっている  俺にあいに来た  俺が会わねえ  俺を掴まえて  俺あ惚れている  俺にことづけた  俺あもう知っている  俺が腹を立てた  俺あ太鼓判を押していうが  俺あ泣いても泣ききれねえぞ  俺とこの畳の上で病気で死なし  俺あおことわりして  俺あ方々でこうして随分人も斬ったし  俺は斬らぬ  俺あ行かぬ  俺あこの手でだいぶ人を斬った  俺あこれだけのことをしている  俺も実  俺もたいてい察していますよ  俺と一緒に来た  俺をここへ呼んだ  俺は子供なんか生まない  俺の縄張り内を荒らしゃあがったか  俺がおまえを助けてやった  俺がたくさんもらったら  俺の見た目に曇りはねえ  俺の心はどこにある  俺が無慈悲でいう  俺の知ってる  俺は冷静に考えねばならんぞ  俺の宅に来るかも知れない  俺の留守を覗って来る  俺は一寸交番へ行って来る  俺の手に合い  俺は直ぐ行く  俺の方から突当ったと  俺は酔っている  俺に一日暇を潰させる  俺が背負う  俺には失敗したからって  俺が一緒と云う  俺も下手に出て  俺は何もかも知ってる  俺が引出して来てやろう  俺が調べようと云って出て来た  俺が教えてやる  俺はそれを見に行った  俺が斃れるか  俺ならあんな事をする  俺の家が焼ければ  俺はお前の為には随分なっているではないか  俺が助けてやって居る  俺は御前の為に尽してやっているではないか  俺が同行を求めた  俺はよく知っている  俺は何べんかお前の泣声を聞いた  俺はすっかり署長に誑された  俺はもう云い解く  俺は署長に嵌められて  俺は冤罪で罰せられるより  俺は死ねない  俺は決心した  俺は死な  俺は呪ってやる  俺を苦しめた  俺は今日限り俺の魂を悪魔にやって  俺は呪う  俺の呪をきっと受けて見よ  俺も昔は恩愛の絆に縛られて  俺を陥れる  俺に有利な三本の手紙を隠したなっ  俺をひどい目に遭わしたではないか  俺を打って  俺をこの窮境に陥れた  俺の出す  俺の注文書を読まなかったか  俺は事明細に認めて  俺の懐中を痛める  俺の娘を姦して  俺に新派の歌集の序を書けと  俺にもある  俺には菜の花が咲いてる  俺だけは癌では死なぬといい  俺の眼では睨みきれねえが  俺の方に渡りをつけずに  俺の方からもお礼を申し上げておきてえ  俺は妻を愛してる  俺は一体何のために生きてる  俺ちも小便をする  俺ちが蒔いて  俺の代りによそへやられる  俺がはからつてやる  俺は利子を普通二割取っている  俺かも知れない  俺は三つの怪しい乗物を見た  俺だけに察しがつくと  俺の會社に來てる  俺あ知りませんねえ  俺の言つている  俺あ人を信用する  俺のポケットにある  俺がカメラのファインダアから覗いた  俺は俺のファインダアから覗いた  俺あファインダアから覗いた  俺なんぞを輕蔑しろ  俺が好いてたまるか  俺も會社の二階から見ていたけど  俺はそんな事は知らない  俺は違う  俺にやあよくわからないよ  俺が引き受けたから  俺に言わない  俺にまかして置け  俺にまかせろ  俺は何と言う  俺に掴まえられる  俺の中に確立されていただろうか  俺など目をまわしただけだ  俺をこんなふうにしてし  俺の搜している  俺を包んで  俺の鋭どい  俺が愛している  俺をつかって  俺をまだいぜんの放免頭と思い違いしてやしねえか  俺がひいきだからそんなことを言って  俺が聴いている  俺をバカにしている  俺の弟子にくれ  俺の挿画が巧いからだと北斎が傲語した  俺の本の挿画を描かせるから  俺は彼女と知合いになった  俺は恋している  俺は癩かも知れない  俺が癩病患者になるなんて信ぜられん  俺はへこたれやしないと  俺はどこかへ行きたいなあ  俺はへこたれやしない  俺を見るかしら  俺は俗物かも知れないが  俺を殺しにやって来た  俺や知らねえ  俺はそんな名を聞いた  俺の姿を見てくれい  俺のご恩を忘れてはならんぞ  俺を守っているという  俺の姿を値打ちにしようと思っている  俺を大事にするだろう  俺の弱らない  俺の威厳がいっそう加わるだろう  俺が俺こそが客を持つてゐるとの  俺が買ってやった  俺が買ってやらなければ  俺の足の皮の養物を吸って  俺が植えた  俺が相図をするまで  俺が棄ててくるよ  俺には訳がわからないや  俺んとこへは理髪師が三人も顔を剃りに来とる  俺の家へ来てくれ  俺の鼻ににきびができた  俺を見て笑いころげなかったら  俺は決して気なんか違っていない  俺は昨日娘からまた金をもらったが  俺のことを金がなくて気狂いになった  俺の一分を立ててみせる  俺が鼓を打ちさえすれば  俺を嚇した  俺を強迫した  俺はいっとくがな  俺が決闘を恐れる  俺から指定した  俺にしても  俺は上手に利用し  俺だけ一人余分に取ったの  俺から財産を取ろうとする  俺の話しを  俺は幾度もとめた  俺から物を渡すのに  俺からとあっては  俺もこの頃はヤキが廻ったよ  俺が聞いた  俺はあすから旅へ出るよ  俺を待っている  俺には向かぬ  俺なら見  俺はすっかり変ってしまった  俺は自分が解らなくなった  俺の心は弱くなった  俺から頼む  俺はお前と別れようと思う  俺は成りたい  俺の手で死にたいか  俺をそそのかしてくれた  俺を勇気づけてくれた  俺に投げつけるが  俺に中ったら  俺も多少は心得ている  俺は案じていた  俺の不安は杞憂となった  俺は一度も見た  俺には目星がついている  俺から五渡亭に頼んで  俺は知ってる  俺はあの爺に五年前から怨みがある  俺が注文したからよ  俺の目的はとげられたって  俺さえ冷汗をかいた  俺もおいと  俺があくどいにしろ  俺はまたもや目違いをした  俺がいるからには  俺の歩く  俺の使命は無駄になる  俺が歩けば  俺が止まれば  俺をからかってでもいる  俺の方から歩いてやれ  俺は鼓賊に憑かれている  俺も往生して  俺を助けた  俺は信じる  俺は前から望んでいた  俺を牢から出せ  俺を迎えている  俺は知った  俺は汝に殺された  俺が死んだらば  俺にむかって  俺までがあの籠城には手をかしてやりたくなる  俺に気がねする  俺の方が馬鹿を見たさ  俺もお前もするだけの  俺があの汚い二階の紙屑の中に坐っている  俺も貧乏していたが  俺にあやまる  俺ももう看護婦の免状位は貰え  俺はお前を負んぶして  俺もこれで安心した  俺はここについていてやるから  俺は知らないよ  俺のようなものだと思いながら  俺が片付けてやる  俺が相手になってやる  俺のいの一番のシー子さんだと言明する  俺もそうしないと  俺は人間以上のものだと威張り腐って生きている  俺を束縛し得る  俺に責任がかかって来る  俺の浮気は二時間で済むが  俺はそうすると  俺は盗みもしてきた  俺を生んだ  俺の耳に今聞えているではないか  俺は六年ぶりで自分の郷里へ帰って来た  俺を滅ぼせる  俺は何の罪を犯したと云う  俺の力で何とかそれを今すぐに除き去ってやりたい  俺の考をちゃんと纒めて書いてみよう  俺に何も望んでいる  俺はそれを何者からも自由にさして置いて貰いたい  俺は賛成できない  俺は遠からず上京するであろう  俺は遠からずこの地を出発とう  俺を探しに来る  俺がピストルかなんかで胸を貫いて死んだとする  俺という存在に何の意味がある  俺という存在にどういう価値がある  俺とはどういう点で結びつけられている  俺は真に零にも劣っている  俺は俺自身が何であるかを知らねばならぬ  俺に何ができるかを知らねばならぬ  俺は今のこの静かな境遇を利用して  俺もずいぶんといろいろな事をして来た  俺の一生は終ってしまう  俺にはようく解かっている  俺のこれまでは無かったも同じようなものになって仕舞った  俺に似てはいけない  俺はどうだって構わない  俺はお国の役に立って死んだ  俺の分まで孝行してくれ  俺んちまで  俺の跡を何處までもつける  俺によく似てゐて  俺はあいつの顔を見る  俺に早く死んで  俺もう吃驚してしまった  俺どうした  俺の息子ば殴  俺の息子に若しものことがあったら  俺も亦さうなのだらうと考へると  俺の住む  俺の柿や言うて  俺の柿やときめる  俺あ一件のつもりで剥がしてきた  俺を一ぺい嵌めようと謀んだ  俺あすぐと手前たちの手品を見破った  俺が迷惑するではないか  俺も足立とも相談をして  俺のお弟子分になってもらいてえ  俺の頭の上を走ったには走ったが  俺の頭の上を通った  俺が撥をとつて行列の先へ立つと  俺をニヒリストにした  俺の家へ這入った  俺が医者を呼んで来てやろうと云って出て行きましたが  俺はきいている  俺が兼に十円借りていたに  俺が引き受けた  俺は俺で考えとる  俺に抱かして見ろ  俺の弟を泣かせたろう  俺がマダムになって  俺も寺井さんもどんなに迷惑してるか分らない  俺の家へまで手紙を寄来して  俺が懇篤に頼まれた  俺も少し云い過ぎた  俺が行くぞ  俺を斯んな処へ入れた  俺は黴毒なんかには罹らないとか  俺の葬式をした  俺が自殺でもすると思っている  俺は一週間でも一時間でもいい  俺は行衛を晦ます  俺の生命がけの仕事を邪魔するなよ  俺が伯父さんから買う  俺の伯父を唆かして  俺を捕まえて  俺の過去の罪悪を知っている  俺の生命を救ってくれた  俺が妃を迎えなかった  俺が拾つていつてやらう  俺が育て  俺の仕事もないときてる  俺のところの鶏がゐなくな  俺のところの池の魚が見えなくな  俺のところの畑が荒された  俺も割で一杯やらう  俺の母犬は俺を生むと  俺も飛んだ  俺の同類を白痴にするが  俺も頗る感服しておる  俺がお伴を仰  俺には解らないが  俺の邸へ来て  俺の旦那が薩長の大頭と御懇意なのを承知して  俺が傍で聞いてゐたら  俺も外の奴には恐い顔をして  俺は愛の何のといふ理窟は知らないが  俺が属いてゐる  俺を大切にしろ  俺は何だか虫が好かん  俺の窃に望んで待つてゐる  俺はお前を愛している  俺に残りをよこせ  俺によこしとけよ  俺のナイフと交換しようか  俺が呶鳴り出すぞ  俺は死にたい  俺に死ぬ  俺は死なねばならん  俺には心が二つある  俺の気付かない  俺はもう永遠に死ねない  俺は生きていなければならない  俺には与えられていない  俺の行き場でないことだけは明瞭に判っている  俺はお前に頭を下げるの  俺にも相当な考えがある  俺には二つも疣があるぞ  俺の疣は一つ消えてし  俺にさえ物をねだってくれる  俺にはこの友情だけが残っていた  俺もよく知らない  俺は行かれねえ  俺の話が今時の客に解る  俺には許嫁があるので  俺はちっとも酔ってはいないだろうと  俺はこの船を空中へ引き上げる  俺が生れると  俺これから信州へ一人で落ちて行こうと思う  俺がもらっていく  俺の口から差別はつけたくねえ  俺あお伴はできねえかね  俺と一緒に来る  俺が貰って行く  俺あお供は出来ねえかねえ  俺も武州の方へ出るから  俺の仕事場に一人の郵便配達手が来る  俺の眼にトラホームが伝染し  俺は精神的に呼吸する  俺もと皆が頼んだ  俺は昨夜不思議な夢を見たよ  俺が今お前に答へる  俺は一人でもやる  俺が鷭撃に行って  俺が汝等の手で面へ溝泥を塗られた  俺を忘れて  俺は引退しよう  俺は自分で見た  俺にゃ出来ない  俺あ育った  俺じゃなくなった  俺の全生活が今開いた  俺あすっかり捕えたい  俺に一分の時間をさけない  俺あ中学校は卒業してない  俺はああいう  俺はそれほどお前を愛してる  俺は十一年間自分の洗濯もんや朝飯のことは考えずにやって来た  俺は職場中に約束してしまった  俺をやっつける  俺はこれまでいつもまけて来た  俺はもう何よりも腹が空いてゐて  俺は決して手出しはしないから  俺を何だと思つてゐる  俺がまるで狂ひでもあるかの  俺は全く清々とするよ  俺は恰で一日眠り続けて  俺は酒を飲む  俺は自分勝手に動くまでだ  俺も怖ろしい  俺の幻想に過ぎない  俺の相手になんぞなり  俺の負けになるぞ  俺を附けて来た  俺はこの女に対して性慾的などんな些細な興奮だって惹き起されていない  俺を見抜いて  俺は思い違いをしていた  俺を威かして  俺に見せただろう  俺はもう帰るぜ  俺は飢えてる  俺は打克った  俺は危くキャピタリスト見た  俺が何も此女をこんな風にした  俺は遠慮深いので紳士になれねえ  俺は下の敷石へ突き落されちまうじゃないか  俺が閂を下したからな  俺の方ではチャンと見張りしていて  俺が自惚れた  俺は何かの脅迫状じゃないかと思って  俺は唖然となってしまった  俺は思わず一丈ばかりの溜息を吐いたよ  俺の顔を見ながら  俺は胸をドキドキさせながら  俺に話さなかった  俺は一膝乗り出した  俺が社会主義者の事でも調べていると思った  俺は直ぐに呼鈴を押して  俺の顔を見忘れていた  俺はその時に思わず  俺に出来んべ  俺のことは抜からぬ  俺が仇を取ってやるから泣くな泣くな  俺とお父さんとで引受けて  俺の手腕はとうにしびれッちまつた  俺ともう一ケ月も口をきかない  俺に来たる  俺を尋ねる  俺を信ずる  俺に来る  俺を売ったらしい  俺と一緒に来るが  俺は一人で祈りたい  俺は潔く降伏しよう  俺が彼奴を売った  俺だと云っているではないか  俺を発見した  俺はそのために生れた  俺は妥協しない  俺は問題にならないとしても  俺に借した  俺には手が出ないよ  俺の狙けてる  俺が借りた  俺の好奇心をそそりゃ  俺に預けやがった  俺は乞食になろう  俺も長い間苦しんだなあ  俺は書生部屋で豚でもつつこう  俺は右の手にも左にもちび  俺の子供に食べ  俺は何船だろうかと思って  俺は死を厭う  俺にとって堪らない  俺には正当の理由があった  俺はこの二人を気持の上で切り離す  俺に働けといっても  俺にだってついてはいる  俺はまいってはしまわない  俺は責めたくは  俺も涙が出てきた  俺は卑怯な涙だと感じる  俺の眼からはまた涙が出てきた  俺の頭はそれを機械的に取り入れて  俺はどうしようという  俺は今死の絶壁の上に立っている  俺は努力の生を続けたくはない  俺は誰をも愛しない  俺は真正面から母の顔を見返してやる  俺は凡てを知っている  俺だから出来る  俺はいつも至誠で行く  俺の方でも本人がある  俺の至誠を彼に滲み透らさせて見せる  俺も知つてる  俺の技倆はと云つて意張つても見たり  俺が頭を奥田に下げ  俺の名前にかかる  俺も真剣になつてきいてるよ  俺は今若木の枝が芽を吹く  俺はたしかに独歩の出来る  俺を一廉の働手にしてし  俺は欝然としてもう一家をなした  俺が黒幕の外で振りかざして居る  俺の本陣があるかの如く  俺の苦しみは死守する  俺は疲れる  俺がたつた  俺の寂しみはこの暗黒な幕の内から生れる  俺は時折かうは思ふものの  俺の本陣の本統の状況を見きはめて  俺の第一防禦線は一支もなく潰える  俺の陣地に忍びこんで来て  俺は虚栄をはり痩せ我慢を通して居た  俺はこの女を引きいれて  俺はある  俺は屡この女の放埒を看過した  俺はまだこの間題を真面目に考へた  俺の親分に手柄をさしてやりたいと  俺あ初めにおめえにあやまって置く  俺が御用を勤める  俺まで叱られるぜ  俺だって十円や十五円なくしたって  俺話して出  俺のものになる  俺がちゃんと知っている  俺がもう睨んでいる  俺も一ッ風呂泳いで来ようか  俺はちゃんとてめえの面を覚えている  俺にたのむ  俺だって馴染み甲斐に魚っ子の一尾も持って  俺を拝んだ  俺とが山分けにした  俺がいまサインをもらって来てやる  俺もそういうことを言ってみたいよ  俺だってわかる  俺にくれよと言われました  俺も描いてくれ  俺は例によってここで晩酌を始めて  俺のとこへ持って来い  俺が引き受けるから  俺は行かない  俺と一緒に郡代屋敷へ行くか  俺がみんな仇討ちをしてやるから  俺の家まで来てくれれば  俺が自分でやる  俺から又おかみさんの方へもいいように話してやる  俺も聴いている  俺は帰るぜ  俺は外へ出ている  俺は飛行島を少しも気にしていないよ  俺は大いに笑ってやる  俺がなる  俺にも聞かせろ  俺がいって探してこよう  俺が余計なおしゃべりをしたって  俺にいいまかされた  俺は信ずる  俺も一しょにしらべて  俺をいじめやがった  俺があやまってやる  俺に川上機関大尉の後を追わせてくれ  俺もその場で死ぬる  俺のつとめがすむと思うか  俺を男にしてくれ  俺が川上機関大尉の行動を知っていていわない  俺は貴様みたいにおしゃべり病にかかってはおらん  俺の室に持って行って  俺が命令したという  俺は時間が来たから  俺がかえってくるまで  俺はきっとお前を救い出しにゆくから  俺はこの部屋から出ていって  俺をどうする  俺の日本語は一向相手に通じやしない  俺の頬っ  俺と一しょに死んでくれ  俺の硝子入替えの腕前をそこで見物しとれ  俺のことなら心配するな  俺は世界一の幸福な王様になれるよ  俺も気が変になり  俺の体をおさえていてくんな  俺を一ぱいくわせたのかとむかっ腹をたてて  俺が責任をとれば  俺は飛行島の秘密をまもらねばならぬ  俺は知らんぞといった  俺の判断に狂がなかったというよりも  俺のことなぞ心配しないで  俺のいいたい  俺が行ってしまって  俺はだまされないぞ  俺はかねて聴いている  俺に弁護士になれと  俺に弁護士になれと云うた  俺に接近して来た  俺は彼に利用される  俺に仇討ちをしに来ているらしいから  俺も一つ何喰わぬ  俺に仇を討ち  俺にも相談だけはしてくれたが  俺も貧すれば鈍するで  俺は白真剣になって  俺の軍資金調達が不可能になって  俺の雅号の由来を知っているかい  俺は耶蘇教ではないが其日暮しが一番性に合っている  俺の処へ訴えに来る  俺の責任みた  俺の印形を信用して  俺が議会に命じて作らせた  俺は一文も運動費が無いとあれほど云っておいたではないか  俺の処へ持って来る  俺が死んでも構わない  俺に尻を拭いてもらう  俺の事を頭山先生と云いおった  俺を呼び棄ての  俺の伜は実に呆れた  俺にわかり  俺の云い草をチャント記憶ていやがって  俺の心がわからん  俺にも一つ作ってくれ  俺も遣ろう  俺も死のう  俺はイヨイヨ死ぬ  俺を肺炎で死ぬと  俺が字を書いてやる  俺も生れてから  俺のバクチの弟子で女房の弟に当る  俺が懲役に行くだけじゃないか  俺あ途方もない幽霊に附纏われた  俺をヒヤカシに来た  俺もチイッと飲み足らんと思うておったれあ  俺は篠崎にも水野にも一方ならぬ  俺の家は代々胃癌で死ぬけに  俺が死んだなら  俺の葬式をしてくれい  俺の親父も中気で死んどる  俺も中気でポックリ死なんとは限らん  俺がポックリ死んだなら  俺でも踊るが  俺あ西洋洗濯の宣伝かと思うた  俺あ立って聞きおったら  俺あ仁三郎より先に天国へ登っとる  俺あ死にたい  俺は死ぬほど  俺もマチットで我慢しとった  俺がそうっとアクビした  俺あ良い事したと思うた  俺あ時計バッカリ見よった  俺は聞きよる  俺は袴の下に枕を敷いとったが  俺が談判して来る  俺がこんなに口を利いている  俺も相談に乗ろうじゃあねえか  俺あこれから加賀屋へ行って  俺がつかまえてやる  俺に知らせてくれ  俺の運が向いて来た  俺が一と言しゃべったら  俺の訊く  俺もいずれ後から行く  俺だと思うか  俺が貰ふ  俺は口説く  俺に言はせるなんて  俺は貧乏な大学生が下宿の娘とうまくやる  俺は知らねえけど  俺は三ツ無理してやる  俺には分らねえ  俺の思うには  俺んとこへ依頼が来た  俺の不機嫌な顏色をぬすみ見てゐる  俺だつてまだ三十八と云ふ  俺に隱してゐる  俺は實際永い間あれが女だと云ふ  俺も實はほんとから怖くなり出して  俺にまだ隱してゐる  俺だつてい  俺が迷惑だと云ふ  俺は獨りになりたい  俺には送れない  俺は子供たちに玉子喰はす金さへ送れない  俺は氣が狂つち  俺はその玉子で生命を助かつたと云ふ  俺の弱る  俺の方でこそあべこべに人事相談へなり  俺はあんな因業爺の娘とこれ以上暮してゐる  俺に玩具にされたと  俺は何一つ仕事をしてゐない  俺の子供等へと殘して  俺は仕事が出  俺は斯うして酒なぞ飮んでゐられる  俺は歸すよ  俺の寢てゐる  俺のところにゐたいと  俺は迷惑だと云ふんだ  俺は一日だつて貴樣を置いてやる  俺からはつきりと交渉する  俺はすぐに小梅へ行って来る  俺泣いた二十三夜二十三夜さままだのぼらない  俺の方から掛け合ってやる  俺が家の傍の鰻捺ぎは妾を置いて居ますぜと  俺でも女にもててみせるぞ  俺ァ人殺しなンぞした  俺ァ毎晩やってら  俺ァ思う  俺の見た  俺の帰りが遅いのでこんな小さなものにあたった  俺だって適当な仕事さえ見つかれば働くよ  俺も何処かへ住み込みで行こう  俺の合点のいく  俺の腑に落ちない  俺にはどうも腑に落ちない  俺の腑に落ちんという  俺に売ってくれ  俺の前へ出して見ろ  俺が聞いたら  俺はもう目が据っている  俺が一人死ぬ  俺れゃどうも見当がつかん  俺あ知らねえ  俺にも料簡がある  俺は自殺をする  俺はだらしがなさすぎた  俺もこれまでだと厭世的な書置きを書きした  俺が釣らなけりゃならぬ  俺の運がつきた  俺が行つてやらうといふので  俺の方から見た  俺を加へると  俺が盗んだといつてゐます  俺を縛れといつてゐます  俺を切りき  俺の二の轍を踏めと云ってやった  俺はお勢に変装して  俺は無理を云ふつもり  俺れがあんまり馬鹿過ぎるで  俺れの処もまあ養子がようやって呉れる  俺ももうお暇の出る  俺ももういつ死んでも  俺れもこんな者になって  俺れも生き過ぎてしまったよ  俺ももう一度おとしの  俺が引受けた  俺は娘が欲しいって思った  俺でさえも怪我をした  俺はこの先どうなるだろう  俺は何という不幸な男だろうと思った  俺を弥次郎兵衛は難有い  俺もそんな事じゃあねえかと思った  俺をこんな所へ連れて来た  俺をたずねて来なかったかよ  俺はまたちょっと機械場へ行ってくるからよ  俺あさっきからそう言ってるじゃねえか  俺あ腹をたてる  俺は知ってるぞ  俺はここで久我を待ってる  俺あもう帰るぜ  俺に念をおす  俺がきいても  俺に言わせると  俺も今年は帰らぬ  俺も阿  俺も内々安心して居たが  俺は長生き出来ぬぞ  俺の眼の明るい間はお前に心配はかけぬわい  俺は長生きせぬぞ  俺も多分さうやらうと思ふ  俺や信号を揚げるぞ  俺がさうだよ  俺のうちへ行かないか  俺は時計を持つてゐない  俺がやつて来た  俺になるぞ  俺の考へてゐる  俺は千代子の体を抱き  俺にだつて云ふに  俺の騒ぎなんて聞へればこそだ  俺は世の中の人間といふ人間は大概まあ破れかぶれの気持で生きてゐる  俺が持出して来よう  俺は待つてゐた  俺は何れの説に対しても断然たる否定の楯を振り翳して  俺のコモイダスの楯に注げ  俺の剣に巻き  俺は悦んで聴きに行く  俺の姿が見える  俺も食う  俺の第六感は外れた  俺はこいつらに珈琲を飲ませてやろうと思うて  俺ははじめから親の家を飛び出す  俺を一ぺんでもびっくりさせる  俺は逃げないが  俺は出掛けるとしよう  俺が大将になって遣るから  俺が柔道四段の腕前で相手をタタキ付けて遣るから  俺は大したことは望まんが  俺も覚えているよ  俺に一説がある  俺の考えを最後に附加えると  俺はオデッサに着いたら  俺が奴らに一杯喰わせてやった  俺はやっぱり行くね  俺がいなけりゃ  俺の脚はもう立っちゃいられねえ  俺の探していた  俺は無駄骨を折って  俺も気心の知れた  俺が投函してきてやる  俺の友達に対して何をいう  俺は一足先にリバプールへ赴く  俺は昔からガスケル家に大変お世話になった  俺も偉くなった  俺もあんなに落ぶれずに済んだ  俺が承知せん  俺が付いとるけに  俺に恥掻かせた  俺も馬鹿にした  俺をこんな目に逢わしておいて  俺をだまそうとしたって  俺を苦しめようとする  俺が王主人の所へ帰った  俺が一人死んでしまえば  俺は早速申出る  俺はすなわち煤煙征服運動にとりかかる  俺にはちっとも判らねえだ  俺の顔を知っていやがるだろう  俺は癪に触って  俺は一万両でも出すわ  俺はそんなものを見ん  俺の穴に連れて帰る  俺がよほど強いように言うけれどもな  俺に話してくれ  俺は産れ落ちてから  俺はまだ鋏の効能を信ずる  俺は折々暴力否定論者になって  俺は罰が当った  俺の失敗を悦んで迎えるであろう  俺の炭坑で死んだ  俺はそれらのものに対してなすべき  俺の虹はもう消えてしまった  俺がそれを知っている  俺の手古にはおへんわ  俺もほんとに驚いてしまったよ  俺は懐中電燈を持っている  俺にはまだ左腕もあれば  俺を撃つ  俺と二人で闘った  俺も振るから  俺が助けてやろう  俺を嚇かしつけている  俺が来た  俺あちょっと前を通っただけだが  俺が墓あ掃除に出張りました  俺あ朝の癩病人を思いついた  俺の真似をするねえ  俺と松さんとでち  俺あ勘考しやすがね  俺が早計ったか  俺あ死んだ  俺を知ってる  俺はそんなことをいう  俺はもう帰ろう  俺はあんな人間がお前の姉の亭主だと思うと  俺のところに来ていて  俺がいる  俺あ声揚げて追っかけた  俺あちっとべえ知りてえ  俺が日傭で取って来た  俺から馬を取り上げて  俺など構ってねえで  俺の耳に入った  俺の眼がまだ黒えのも知らねえ  俺の脚は両方とも蚤の巣窟と言っても  俺は今日も事務を執りながら  俺は今日マネエジャアの所へ商売のことを話しに行った  俺の脚の臭いは長靴の外にも発散するらしい  俺は今日午休み前に急ぎの用を言いつけられたから  俺もそのためにいつの間にか馬の脚を忘れていた  俺の脚は梯子段の七段目を踏み抜いてしまった  俺はだんだん馬の脚を自由に制御する  俺をつかまえたなり  俺は大いに腹が立ったから  俺は勿論後悔した  俺はあのオオクションへ行った  俺は昨夜もう少しで常子の横腹を蹴る  俺は今日洗濯物を俺自身洗濯屋へ持って行った  俺は勿論寝る  俺の馬の脚も露見する  俺は今日午休みに隆福寺の古本屋を覗きに行った  俺は格別気にも止めずに  俺も古本屋を前に見た  俺の心もちは恐怖と言うか  俺は徒らに一足でも前へ出ようと  俺はほっと一息しながら  俺はその疳走った  俺の喉もとにも嘶きに似た  俺は両耳へ手をやるが  俺の体を抑えていてくれ  俺あ踏みてえ  俺は昔から天帝に対して何んの尊敬も払っていなかった  俺と夏彦とは部下を従え  俺の部下も一人残らず死に絶えた  俺の許婚の柵は活きて  俺はあの女を愛していた  俺のことを糸屑ほどにも愛していなかった  俺の弟を愛していた  俺と夏彦とは二人きりで船の船首に突立ちあがり  俺は夏彦の首級を手に提げて帰って来た  俺の許婚柵の現われて来る  俺が美しい許婚に邂逅って恋の甘酒に酔いしれたく  俺は女を見たい  俺はそれが見たい  俺に見せまいと押し隠し  俺の方へ手を延ばす  俺の贈り物を見るが  俺は何んにも云わぬ  俺は安心している  俺は逢わぬと云って  俺はまた来たよ  俺はこの方と暫時無駄話をしましたっけ  俺の方から礼を云うよ  俺だ俺だ早く戸を開けてくれ  俺の他に誰が来る  俺には呑み込めねえ  俺の目差す  俺の術とどっちが娘っ子によく利くか  俺の睨みがはずれなけりゃ  俺にゃ解らねえ  俺を馬鹿にするか  俺が拵えた  俺はちっとも酔えねえ  俺にはどうしても解らねえ  俺はもっと知りてえ  俺が見てさえ  俺はその時何かの用で確か家を出た  俺もとうから心の中では親子の縁を切っている  俺を斬ったな  俺が血迷う  俺に睨まれたが  俺には苦手と見える  俺に負けては  俺を押し返しおる  俺は正直に働いて  俺も睨んでやる  俺は知らぬ  俺は何んにも知らぬ  俺も何んだか笑いたくなった  俺も笑ってやろう  俺には懐しく思われてならぬ  俺が湖中へ飛び込んで  俺はあらゆる人間を呪う  俺は迂  俺のために霊妙な力を現わしてくれ  俺を呪詛っているな  俺が出よう  俺を愛している  俺は呪詛われた  俺というものを知る  俺は大鳥井家へは絶対に足踏みをしない  俺には解らぬ  俺の奉ずる  俺は見ていない  俺はお噂を聞いたまでだ  俺も殿のお供をして  俺はいい加減にして  俺は案じる  俺と並称されている  俺の縄張りを荒らしやがって  俺の物にして置いて  俺は玄卿をこれまで一度も見た  俺は夢にさえ思い出す  俺は衰弱っている  俺の体に纏わっている  俺が命ずる  俺は仰天した  俺は急いで取って返した  俺と北山先生とだけしか知っている  俺は蹴散らした  俺の出府した  俺が来たと  俺が目付けて邪魔をした  俺は眠った  俺は最初に女を助けた  俺は広場で眠った  俺に知らせずに担ぎ込んだ  俺あ考える  俺にも見得が立たねえ  俺の足が疾い  俺は夕焼けの方を見る  俺は蛍の場所を知らないんでね  俺には他人の顔をそんなに凝  俺には之を着ては  俺もそのつもりにして置く  俺は君達に嘘つき者だと思はれてしまふ  俺は次第に君達から遠ざけられてしまふ  俺が山に入る  俺の言うとる  俺とは学校友達じゃし  俺もソロソロめしにしょうと思っち  俺みてえな木びきが食って行けよると  俺が呼べば  俺もこう老いぼれちゃ  俺の役目はこれですんだ  俺あ知っ  俺のヘタクソな歌ばっかり聞いて  俺といっしょに日田に行かんかよ  俺あそいつを聞く  俺あ泣けてくるだよ  俺にばっかついて来るが  俺がそう云っても食う  俺が食いなと云っても  俺をつれちゃ  俺の友達ばかりが君達のお銀にもてはやされる  俺の顔を見ると  俺が見つけた  俺が持つて帰るのに  俺はあの筏に乗  俺はこの母猿を裏の墓場へ叮嚀にお葬式をしてやる  俺が助けてやる  俺もさっきからそう思っている  俺の青春は豊かな友情に恵まれていた  俺は俺の行き  俺の物語を書くだけの  俺は俺の為に書く  俺という最大の愛読者がある  俺は彼等の為に何をしたか  俺には勢力が無いと吹聴せねばならぬ程  俺は調子の外れた  俺を軽蔑する  俺の作品を読んで見れば  俺は必ず俺の作品の魅力にとらわれて  俺にデイヴィッド・カパァフィールドが書けるか  俺には書けぬ  俺はファニイを愛していた  俺の従来の作品の凡てを廃棄しなければならなくなる  俺には勇気がある  俺は俺の上に起った  俺は妙なところにいた  俺のすぐ傍にいる  俺のからだの節々が痛み出して来た  俺もやっぱりせっせと鎖の環をつないでいる  俺は俺自身を呪った  俺はへーゲルの言葉を思い出した  俺はもう俺の鎖を鋳る  俺を縛っている  俺の脳髄を巻きつけていた  俺ひとり俺の鎖を解こうとしても  俺のからだに巻きついている  俺はほとんど失望した  俺のまわりの奴等を見た  俺は鎖に縛られている  俺は目を見張った  俺の仲間らしい奴等を見つけた  俺の仲間ではないと覚った  俺は奴等のように将来の楽観はできない  俺は再び俺のまわりを見た  俺はもう衆愚には絶望した  俺はあんまり理窟を言いすぎた  俺は俺の手足に巻きついている  俺は目をさました  俺のねぼけ  俺こそ偽善者ではないかという考えが閃いた  俺が今いる  俺は此奴らとなんの用がある  俺はどうなるだろう  俺は取るに足らない  俺も眼を覚ますだろう  俺をどうにでもしろ  俺を吹き送れ  俺は行先をよく知ってる  俺はシッカリしてゐる  俺は酒屋の小僧なんかになる  俺だから許してやる  俺を起こす  俺のこの笛聞いて鳴いているだろの  俺が付け込む  俺が迎いに行く  俺を信じている  俺が迷っているとは  俺に至っては  俺も贋病を使い  俺の真意を早くも察し  俺と来たら  俺はこんなように考えて  俺は誰にも監督されとうは  俺を幸福にしてくれなければならん  俺は秘書官首席になれるぞ  俺は禁錮を申し渡さなければなりますまい  俺の家内があんたを待ち焦れておりますじゃ  俺もこのまま就職口が見つからなかったら  俺は一人ぼつちになる  俺は里へ遊びに行く  俺の児ではないといって  俺に嘘を言わなくても  俺も伴れて行ってもらえて  俺が撃ったって言ってくれ  俺が撃った  俺が付ける  俺が足の悪い真似をお前がする  俺は聞いたが  俺の邸に引きとられる  俺が一つ親愛なるおぢさんに扮装して  俺はピピヤスの傍らへ走  俺が葬ってやるべ  俺のような人間にしちゃあならねえ  俺は生きてる  俺に打ち明け  俺に生き  俺が相手になる  俺ハア校長さアに叱られ申すだ  俺の娘が大きくなって  俺にできる  俺は死ねる  俺が死ぬと  俺も生きてみたい  俺はどんなに吃驚するだらう  俺はまだ風浪と闘っている  俺は手近にあった  俺はまた俺の流儀で祝わせて貰おうよ  俺にはそんな物打遣らかして置かせて貰おうよ  俺は瘋癲病院へ退き込もうかな  俺を酷い目に遭わせたとは考えない  俺のような者を見た  俺の一家の若い連中と一緒に歩いた  俺の上衣に触って  俺がそうしようと思ってる  俺を知っているよ  俺に縋り着いている  俺が店の戸を閉めるまでよ  俺の骨ほど古びた  俺は婦人にはいつも余計に出し過ぎてね  俺は折角奮発した  俺は彷える  俺には何にも分らない  俺はいっそ赤ん坊になりたい  俺は今までほとんどこれを見ようとした  俺を知ってだから  俺はもうこんな事には一日も耐えられ  俺は君の給料を上げてやろうと思う  俺は君の給料を上げて  俺には俺の考えがある  俺の気持ちが部落の奴等になどわかる  俺の顔に泥を塗りやがって  俺の顔を踏みつけやがって  俺の顔さ泥を塗りやがって  俺の恥まで晒すより  俺も目をつけていた  俺の名を知っている  俺も死ぬよ  俺は何時までも鵞鳥が売れねえし  俺が大声を立てて歩いた  俺は一升買うどしべ  俺さ悪口してやがって  俺さ悪口をしねえって云う  俺さ交通妨害をしやがって  俺が一升買う  俺の銭けんべか  俺にも一目顔を見せで行ってくれろ  俺は汝に再度と会うべと思われねえから  俺を殺しに来た  俺までも殺して  俺が殺してやる  俺の命を取りに来てる  俺の命を取られて  俺を殺さす  俺に出せと  俺の身寄の者を養子にしておいて  俺を騙してゐた  俺は彼の坂をあがつてゐる  俺もいく  俺がぐるりと廻って連れてってやるべ  俺ももう存在すまい  俺は各派を超越してる  俺になんの関わりがあろう  俺は彼らに何をしたか  俺に朝飯を食わせない  俺の精神を養ってくださる  俺が生命を失ったとでも思ってる  俺の音楽を歌う  俺の番になるだろう  俺をどう見てるだろうかしら  俺は彼が見てる  俺のことを知ってる  俺はやっぱりいつまでも死なれない  俺はさっきから一伍一什をここでちゃんと見ていた  俺ならば大丈夫良かろうと錨をおろしてかかった  俺に好く似てゐる  俺も一つ欲しいから君先きに  俺だつて拵へる  俺はかくれもしない  俺はもうそんなことを考へてゐる  俺が此方に居る  俺は何もお前が相像してゐる  俺はいくらか救はれるだらう  俺はまた来てし  俺は何処まで独りであの凧を追はなければならない  俺は今迄気がつかなかつた  俺にこのやうな静けさは与へて呉れない  俺も恋していた  俺が江東で金属をやつていた  俺は死ぬかも知れないぞと  俺あチヨツト寄つて見ただけだ  俺がグレはじめた  俺の眼から離れなかつた  俺をしよ  俺の性根を叩き直してくれた  俺をおぶつて呉れる  俺あ彼奴の背中で何度泣いたか知れない  俺あ地道に働ける  俺が昔ゴロになつち  俺の心持を知つてくれる  俺にも解る  俺は白木なんぞに負けた  俺は負けた  俺の考へを感じてゐるに  俺の部下を海に投り込む  俺の顔を丸潰しにした  俺は癪に障って  俺あクサクサしちまった  俺の顔を見られないくらい  俺がオン出るか  俺はソウ思う  俺の女で苫屋由良といふ名前だと龍然はふと言ひすてた  俺はこのままでは帰らねえぞ  俺やち  俺が交番に寄って  俺の用事はなくなったって  俺の眼がどうかしている  俺が金は持ち合せていない  俺を銀行に連れて行ったが  俺もさう  俺は思ふよ  俺はあんな村に生れた  俺はさう閑人ぢやないから丁度此処で会つたが幸ひだから何んとか返事をして  俺の顔をみて  俺に何の罪があるか  俺もだんだんシナ人にかぶれて来たかと  俺は夜は絶対に止める  俺をあれに決めてやがる  俺の分も一通り仕度をして  俺しが先へ登ろう  俺が居なくなれば  俺に捻り殺されるか知れぬぞ  俺の畫かうと  俺のようにやれ  俺だってうてるよ  俺れゃ帰る  俺が前以て注意をした  俺は松葉杖を持たない  俺は何の用事があって  俺は片足を無くした  俺はチットばかり薬を持って来過ぎたな  俺はドウして  俺をカリガリ博士の眠り男みたいに使いまわして  俺の知らない  俺がタッタ一人で午睡している  俺に何かしら暗示を与えた  俺を診察しに来た  俺の心理状態を思い通りに変化させて  俺に散歩を許した  俺の姿を見付けたに過ぎない  俺の夢中遊行を見付けたので  俺が出て行った  俺に投げかけて  俺は何にもしていない  俺は貴様の身代りになりかけていた  俺は此上ないお恵みにあずかって居ると思った  俺を全世界と喧嘩させる  俺が連れてゆくかを知ってた  俺には趣味なんかありはしない  俺が十分のことをしてやるとすれば  俺は彼らに名誉の地位を与えてやらなければならない  俺の方が間違ってるとしてみよう  俺とともにお前も知っている  俺は言ってやろう  俺は彼らに心配をかけた  俺が声高く説く  俺は彼らのために説く  俺は彼らのことを口にするだろう  俺はなんらの憎悪をもいだいてはしない  俺をも見捨てるが  俺を見放すな  俺は遠慮する  俺は彼にたいして悪いことをした  俺を恨んでもいない  俺はごめんこうむろう  俺にだってわからない  俺もまた他人にない何かをもっている  俺は戦いに神の精神を十分もたらさなかった  俺には一人の友がある  俺が折角いい心持で美くしい  俺が此処にいるよ  俺を見ろ  俺の見事な声を聞いてから  俺の声を聞かされてから  俺の声を聞いたか  俺はその青い中でも一番強い青色を持っている  俺はよく泣いたねえ  俺を殺しちまった  俺が倫敦で買ったの  俺が真すぐ駈けつけてやるぞ  俺のよい所かも知れん  俺も感無量と言いたい  俺は事に餓えておる  俺は夜闇にまぎれて  俺の欲しいのは姫ではなくして  俺が引っさらって見た  俺の救にもならぬ  俺は毎日この丘へ登って  俺はまず政治というものを考えてみた  俺の心を掻き立てては呉れぬ  俺はあの老人とこれで丸六年のあいだ一緒に暮して来たが  俺は相国寺の焼ける  俺もしんからそう思う  俺は近ごろ足軽というものの髯づらを眺めていて  俺も髪の毛をのばして  俺は東福で育って  俺は夢厳和尚の痛罵を思いだす  俺にはとてもついて行けない  俺は見たい  俺は帰る  俺も今度こそは安心して  俺に何か言われちゃあ  俺は失敗してはならないと思ふ  俺は知る  俺は俺の酒を罵  俺に好意をもつても  俺の酔態を許した  俺の館までおくりと  俺の酔態に対して一言のひなんも浴せた  俺に斯んな焦慮が起つた  俺はあれからこつち  俺も感無量と言ひたい  俺が引つ  俺はまづ政治といふものを考へてみた  俺はあの老人とこれで丸六年のあひだ一緒に暮して来たが  俺もしんからさう思ふ  俺は近ごろ足軽といふものの髯づらを眺めてゐて  俺は東福で育つて  俺は夢厳和尚の痛罵を思ひだす  俺を忘れたかね  俺の事件をしっているな  俺は二十五万両ばかり取った  俺れの手の中にある  俺は一人の仲間を持っている  俺が帰つたところで娘が戻る  俺が帰京した  俺などはまだ学問が足りない  俺はいったい何がしたい  俺は何もする  俺は飲まない  俺は食わない  俺のいわない  俺をにらむ  俺を助けてくれ  俺には引けない  俺ァ行きたく  俺ァなあキットいつかあの犬を殺してやるよ  俺は右手に提げた  俺はそう云いさして  俺の眼と鼻の間をギョロリと凝視している  俺は元来デリケートに出来た  俺は思い切りブツカルように云った  俺はギューと参ってしまった  俺が買って来た  俺はゾッとしてしまったよ  俺は紅茶もバナナも良い加減にして  俺に談判を捻じ込んで来た  俺の寝台にドッカリと腰を卸して出  俺に任せとけ  俺が云ってやろう  俺は菜葉服のポケットに両手を突込んだ  俺と船長の顔を見比べた  俺の顔をジッと見て  俺は無言のまま無造作にうなずいた  俺のアトから様子を見に来た  俺の顔も石のように剛ばっていた  俺は何かしらゾッとした  俺の腹加減で永年の経験から来た  俺は危険を冒して  俺はこの時に初めて聞いた  俺は強く咳払いをした  俺もエンチャントレスに火を付けながら首肯いた  俺が腰をかけている  俺から先に汽鑵の中へ匍い込む  俺の部屋へ転がり込んで来た  俺は黙って  俺はたった一人で腹を抱えさせられた  俺の顔を見た  俺に勲章をくれた  俺はやるな  俺が返すまで  俺を山へ伴れて往け  俺の位牌でも買や可いのに  俺は暮していた  俺は常の座に坐って  俺はヤイレスポの治める  俺の姿を見あらわす  俺はひどく腹が立った  俺は家に帰り  俺にささげて  俺は横窓から家の中を覗いた  俺はそのとき窓から入って  俺に感謝して  俺に捧げた  俺よりももっと偉い恐しい  俺はぽっかりと浮び上った  俺は泳いでいる  俺は押しも押されぬ  俺の方をうかがっている  俺が歩けば歩き  俺にまかせておけといって  俺にはひとりの弟があった  俺に向って言う  俺もそれに同意して  俺はしばらく考えてから  俺は穴の外をうろうろしながら  俺もつくづくと感じた  俺が出向いて行く  俺は蟒蛇に呑まれて  俺でさえぞくぞくする  俺が何番を買へと云ふのに  俺は未だ朝飯を食つてゐなかつた  俺の胸だつて察して呉れても  俺はトラベラスの夢ばかり見てゐた  俺が応援したので  俺は此頃何に夢中になつてゐる  俺だって承知しないよ  俺が代って撲り倒してやる  俺は稼ぐ  俺の酒呑んでゐねえ  俺や燗つけるだ  俺は一個人として君に頼む  俺は解剖のことをちっとも知らない  俺が力を貸してやろうと思う  俺は教授室の中から鍵をまわして  俺の言葉をすっかりのみこんで  俺が番をしている  俺はもうあきらめたよ  俺には別の死骸のはらわたを持って来たな  俺がはらわたの  俺には判るぞ  俺の名なんか口にする  俺も厄介になった  俺は道徳で押して行こう  俺は知らねえ  俺の一家の利益に過ぎない  俺に聞いて呉れりや  俺の友達は一人残らず  俺にハガキでも書いてゐた  俺は先刻洞穴の中で貴様から貰った  俺はもう口を利く  俺は出入して  俺には何が出来るだらう  俺もたずさはつた方が幸せになり  俺にだつて自分の仕事がある  俺は今夜からでも自分の仕事に取りか  俺は小説の創作を考へてゐた  俺は汽車で眠れない  俺は友を所有し  俺を所有している  俺は後者のような吝みったれた  俺の音楽はこのほうがよく響くだろう  俺の生命がなくなる  俺はこのパリーの汚い土地の中に横たわってるかもしれない  俺のうちに生長してる  俺の生命とを同じ価値だとするなんて  俺はピストルを手にした  俺のほうで彼奴を殺してやる  俺は第一の泥坊だと思ふ  俺は第二の奴だと思ふ  俺は第三のだと思ふ  俺は持つてないよ  俺のやうな肥つた者がゐる  俺の羊たちにごちそうしてこい  俺の巣をあらす  俺が行けば  俺はもう駄目かも知れぬ  俺につけといてくれ  俺がコーカサスにいてやるだけでも  俺の神はどうのと喧ましい  俺の隣に砲兵工廠へ通ふ  俺が皆な食べたよ  俺など皆な国禁を犯して  俺はお前えの悪くちは  俺のことを書かなかった  俺の憧れてゐる  俺を大切にしてくれと  俺は色々な仕事をした  俺の心持が解って来る  俺の家へ来て見ないか  俺の体が空かねえよ  俺はちゃんと知っているぞ  俺は一体何をした  俺は一生これで終る  俺がここで番をするかな  俺は堪える  俺はとんだことをした  俺を馬鹿者にしようとしてやがる  俺を騙しやがった  俺のよき半分が幸福でいる  俺のためのものは何があるか  俺が教えてやろうか  俺を裁くが  俺も貴様を裁いてやる  俺はもうお前のことなんか知らない  俺は彼をもっとしっかりした  俺の尾行を依頼した  俺がここへはいった  俺のためにゃ順番ぬきでいつでも場所を明けてある  俺の五枚目の肋骨にゃまだコルチャックの鉄砲玉が入っている  俺がもんでもねえ  俺がもっと大きい数字を忘れる  俺にゃわかんねえ  俺さいってくれな  俺間違ってるだべ  俺にゃどうしてもソヴェト権力のええとこさ見える  俺まで殴る  俺には買われねえ  俺を乗せて  俺を探しにやってきた  俺を見つけるに  俺は源公なんか連れて来るなあ  俺の長くいる  俺を見切って  俺も博奕をやってみようかな  俺の名を明かして  俺の女を取る  俺の遊びの邪魔をするとは  俺を討取ろうとする  俺など敵い  俺も男だ引きはしねえ  俺が殺されたら  俺の姿は見えない  俺の女房は入って行った  俺の遣る  俺を憎しむ  俺が切れば  俺は逃げて逃げて  俺は一変した  俺は今日からこっちで向かう  俺の方から敵を探し  俺は誰にも穢させない  俺の意に従わぬ  俺も出て行き  俺のために随分苦労をしてくれた  俺の手を強く引っ張って  俺もそうだと睨んでいる  俺を討って取らぬか  俺は少し驚いている  俺のような人間とはまるで違う  俺を信じてくれ  俺は討てぬ  俺も引くから  俺が時々教えてやろう  俺には出来  俺を討たぬ  俺もお前に討たれる  俺においては見事に破った  俺は真ッ二つにされた  俺は手も足も出なくなる  俺を敵と狙う  俺は討たれる  俺の心が変わる  俺の寝息をうかがって  俺を殺そうとしたらしい  俺は命が縮まるかと思った  俺もいまし  俺が悉皆みてやろう  俺の事を話して居たに  俺が入つたのぢやないか知ら  俺の事を色々悪口し  俺と毎晩飲んで歩いた  俺も彼奴の事を素破抜いてやらう  俺に酒を飲ました  俺を探す  俺を馬鹿にしてる  俺を厭がる  俺が酔つて居た  俺が別の場所へ取  俺の前で嬶ぶらなくたつて  俺もハツとしたが  俺も然うか知ら  俺は怎して  俺はアノ乞食の嬶を二度姦した  俺も外交に出なけやならん  俺の來る直き  俺の事を色々惡口し  俺と毎晩飮んで歩いた  俺も彼奴の事を素破  俺が醉つて居た  俺の前で嚊ぶらなくたつて  俺もハッとしたが  俺はアノ乞食の嚊を二度姦した  俺は酔っ払っていた  俺はいったい何をしに来た  俺は何にも知らない  俺を吹き砕け  俺を打ち倒せ  俺を打ち倒さない  俺を踏みつぶせよ  俺の身体の上に感じさせよ  俺の肉体を粉砕する  俺の頭を踏みつぶす  俺の身体から出たという  俺だって誰れも省みて呉れん  俺も加勢する  俺の肩章が分らん  俺のさげとる  俺はそういう虚無主義を憎む  俺という者もあり  俺には常に喜びがある  俺に云わすれば  俺には常に理想がある  俺を頼りにしている  俺の身体が清らかな灰になり  俺が亡い  俺はこれまで可なり困難な生活をしてきた  俺は彼等を愛しているから  俺は安んじて死んでゆける  俺は望んでいる  俺は恐れる  俺は彼等を幸福にしてやりたい  俺も望まない  俺は平然とした  俺は生死の彼方などというものを信じない  俺はその光のうちに彼等を包み込んでおきたい  俺は生きていてやりたい  俺はそうは考えない  俺が心配をするとすれば  俺と同じ病気の重症患者達がいる  俺の死を聞いたなら  俺は容易に死にたくない  俺は全く反対のことも知っている  俺はお前よりももっと広い所に踏み出しているだけだ  俺はこの室にはいってから  俺はその雀が飛び去った  俺があって  俺が今死にかかっている  俺の顔に何か付いてゐる  俺が生きて居るか  俺あ雨にあう  俺もさっきからそのことを考えていた  俺の推察はすこしちがう  俺は現代の医学というものにもっと深い関心を持たなくちゃならんて  俺はえらいことをした  俺も伴れて  俺がよく話した  俺にも娘がいる  俺が滅びて  俺から残る  俺は生を前ほど愛さなくなった  俺がみごとにとらえてやる  俺のほうが負かされるかしら  俺は聴きたい  俺が今相手にしてる  俺は何者と組み打ちをしてる  俺が引っつかんでる  俺を焼きつくす  俺の肉体にくっついてる  俺にできない  俺を待ってくれ  俺はあの男を多少知ってる  俺にはどうにもできない  俺は旅で此れ  俺は思ふ  俺と交際つてからは猶だ当選らんぞ  俺の忠告に従つて文学三昧も好い加減に止めにして  俺は当分志を得んから  俺もちっとも来ないから  俺よく知らないけど  俺にパイ一飲ませなけりゃ  俺だってどうにかなるよ  俺が吊った  俺に愛想をつかして  俺なんかとても資格がないと思って  俺が夫婦になるからって祝ってくれる  俺も自分相応の芸のなかで祝福しよう  俺の首が落ちてやしないか  俺んところにはお仕  俺は腹を切るといって怒るかと思えば  俺の方が先きに死ん  俺は少し痩せて  俺あ描いてゐる  俺にはとても出来ない  俺あこれでも本気で描いてゐる  俺あ疑ひを持ちはじめてゐるから  俺に制作をさせたい  俺が言つてやらうか  俺が来てくれと  俺がするか  俺の解釈を笑ふ  俺だつて知つてる  俺あ毛利のために喜んでゐる  俺あなさけ無いと思ふ  俺が毛利の事を少しでも悪く思ふ  俺はさう思ひ切  俺はさう思つてゐるけど  俺がこれだけ大切にしてゐる  俺が無意識の裡に抱いてゐた  俺の画の根本まで一緒にゆるん  俺あ持つとらん  俺あ平気で画が描けた  俺が確信してゐたからだよ  俺の性格の一番かんじんな所がグラグラしてしまふ  俺あ画は描けなくなるし  俺に君の丁稚になれと  俺にや当分画が描けんからだ  俺あ不思議でならない  俺を欲しがる  俺の画をクソミソに頭からくさした  俺にや腑に落ちない  俺が水谷さんの所に行きたく無い  俺が水谷さんの所に行きたくない  俺あ舐めてもい  俺あ一個の画描きだ  俺あ食はなくつたつてい  俺が殺す  俺は荷車引きにでも何でもなるから放つといてくれ  俺もそれをやつてる  俺んとこは今要らんから  俺が行つて頼んで来た  俺もしないから  俺が何と答へれば  俺あ腑に落ちなかつた  俺が頼んだのに  俺がその不動産を自分の自由にでもするかと  俺あチヨツトひと仕事やらうか  俺あフラフラになつちまうぜ  俺あ乾杯したい  俺もそんな気がする  俺の指の間からこぼれ落ちてしまふ  俺の画がホントに生きた  俺あホンモノの画描き  俺あまだ人間としても画描きとしても  俺に何が描ける  俺も戦争に行きたい  俺は聞きたく無い  俺あベストを尽すよ  俺が責任を以て引受けた  俺が話す  俺がゐるからい  俺あもう先刻からグラグラして  俺あもつと赤井と話がしたい  俺も駄目になるかも知れんからなあ  俺あ醜態を演じ  俺あ画を描いてゐる  俺だつて赤井と話す  俺の解釈を馬鹿にするときかんぞ  俺の言ひたい  俺の顔を見ろ  俺を見て居ろ  俺を見て  俺に一言それをいわなかった  俺がこんなことをいう  俺も死ぬ  俺は今夜は危いんだ  俺の話を聞く  俺の帽子はどこいった  俺もお陰でだいぶん迷惑をさせられたが  俺と一緒について来ないか  俺に金儲けをさせてくれる  俺の会社の社長にしてやろう  俺にも分らんね  俺の嫁になれば  俺をほったらかして  俺も後からつけてみようと思ってた  俺を待ってる  俺が帰ったら  俺は明日から乞食になるかも知れないぜ  俺に呼び起す  俺の下で使っている  俺の下で働いている  俺はいい出すと  俺を殺すかも知れた  俺もなかなか骨が折れるさ  俺が競子の良人に変るとしても  俺の敵は馬鹿に萎れているじゃないか  俺が俺のことを考えずに  俺のことを考えてくれる  俺には何の希望の芽があるか  俺は自身で考えたい  俺が俺を殺す  俺は孤独に腹の底から腐り込まれているだけな  俺はひっくり返ってくるまでだ  俺もいつまでたったって食えないかもしれないぞ  俺はあ奴が俺を蹴れば蹴るほど  俺は蹴られる  俺の捨石になる  俺は飯さえ食えない  俺が売ったと  俺は傲然といってやろう  俺はあの芳秋蘭を殺したなら  俺の材木をすっかり腐らせた  俺はあ奴を殺したなら  俺があ奴を殺したって  俺の製作所を見せてやろう  俺のパンまでなくなるさ  俺の家には鼠がいるからさ  俺が曳かれて  俺がやられたら  俺はあの女の骨も貰って来ようと思っている  俺がもし死んだら  俺の家の鼠にやってくれ  俺をここからひき摺り上げてくれ  俺はお前のいった  俺は秋蘭に逢って  俺はお杉の客のようになろう  俺はこのまま死んだ  俺が手前を殺らしたって  俺あ此船へぶらんてんした  俺に殺された  俺の秘蔵子をほかの娘ほどに愛さないと  俺のやってる  俺はこの夏米山越をしました  俺よりもずつと先に出かけたのであらうが  俺が打つてやら  俺も甘えていた  俺はこの頃茶がすきになったね  俺はもう女房孝行だけして  俺がしてやると云わず  俺は余ツ程何うかしてゐるぜ  俺は結婚したいと考へてゐる  俺には逃げる  俺が命令たと云え  俺の事は心配するな  俺が後で検査してやるから  俺が見てやる  俺が船へ乗り込む  俺は今だに目に残ってる  俺はどんなにガッカリしたか知れやしねえ  俺はすぐその船で今日まで稼いで来た  俺は真剣事でお光さんに言ってる  俺がかれこれ言う  俺の胸の内は察してくれるだろう  俺がいよいよ横浜へ立つという  俺はどんなに胸に刻んで出かけたろう  俺も親内と言っちゃ  俺の気に入る  俺も付き合う  俺はそんなとこを見た  俺はそんなことは気をつけてねえから  俺はこっちを向いて話してた  俺の喋ってた  俺にしても恐れ  俺が隠してるから  俺が佃にいる  俺が引き受けてやるから  俺は何物をも肯定する  俺が俺がでうるさいまでの指導をやってみた  俺が指導して出来ない  俺が帰ってきたら  俺の出入さきでやりやがって  俺はまた倒れた  俺は此様な処へ出て来た  俺は灌木の中に居る  俺が唸る  俺の身で死にかかっている  俺が持ってゆくよ  俺を残して  俺によく似た  俺も一緒に出かけるとしようかな  俺に紹介してくれないかなあ  俺に預けた  俺は今まで人にやられた  俺の持物を掏った  俺にはちやんと考へがある  俺は学問なんかしよう  俺やもう息災な顔見られんかと思うて  俺が伯父さんに話して  俺はお前を漁夫にはしたう  俺を恨んで  俺はそんなこと信用しやへんけど  俺を地主だと思ってもらわにゃならん  俺の姉云ってたわ  俺だけア何んもしねえど  俺ありそうだって思う  俺も一生ケン命やるから  俺が来てから  俺はこのまま馬鹿になってしまう  俺は何も分らなかったが  俺は色々のことをそこで知った  俺の家さ寄ってけねえかな  俺の命でもとる  俺はこの四十三の大人になって  俺さえ吃驚する程  俺の利益が減るから  俺の立場から言うと  俺に祟る  俺に祟るから  俺が先輩だぞとよく云つてゐたが  俺はもう東京へ帰つてしまはうかな  俺なんてに恵まれてゐたら  俺は遇然に見た  俺は彼処には到底独りぢや薄気味悪くつて入れない  俺には何うしても思へない  俺には物語の中から抜け出て来た  俺のものにしてしまう  俺らしくなったか  俺の熾な意気も変に沮喪する  俺を見つけて  俺の一心を凝らした  俺もよく破産しなかった  俺も参った  俺のおもちゃに植えて行くと思うと  俺がこれまでに作った  俺が思うに  俺の呪咀まで腐らせ  俺の唆かしの結果が見られて  俺は芝居を書いてゐたから  俺のものはかう  俺の心の底に憂鬱や寂寥が濃く淀んでくる  俺に出来なかったであろうか  俺に出来なかった  俺は良心に恥じる  俺は周志淵と親しくなった  俺は海軍参謀に涙を以て訴え  俺は良心に恥じはしない  俺と一緒に外出もした  俺は彼女を抱きしめて  俺の狂乱した  俺はそれを眺めて  俺は浮べた  俺は解釈した  俺をいつも誘惑する  俺はどうなっていたか分らないが  俺は今このような皮肉を憎む  俺は一人の人間にも逢わず  俺は孤独者でなくなる  俺を誘惑する  俺の気持ちをつまらなくさせてしまった  俺が甘んじて  俺は考えてる  俺に託した  俺のことをこまごまと弟へ知らせただろう  俺を生命の恩人だとも思ってるかも知れない  俺は軍の機密に関しない  俺へ悔みを言ったが  俺は自分の坐  俺は無籍者となる  俺との恋愛が原因だと諸般の事情から推察される  俺が日本人という壁から外に出ない  俺はその時は大して気にかけなかったが  俺にだってそれぐらいなことは出来るだろう  俺は思い出す  俺は呆気にとられて  俺はそこに周文圭とそれから松本千重子の面影を描き出して  俺はも少し寝ていたい  俺は自分の古い肝を噴火口の中に投げ込んできた  俺の胸の中にある  俺も少しこの賑やかな通りを散歩してみるかな  俺との縁は是で切れた  俺は今夜お前の通夜をしてやる  俺は力強く働いて見せる  俺のほしがつて居る  俺の手術を受けたがっていた  俺はあの女の病気を取り除いてやった  俺の処女作の上演の初日が演出家の公判の判決の当日に当るとは  俺は二重に自尊心を傷つけられる  俺に惚れさせる  俺の方へ來てくれて  俺とお前さんのことをよく承知してゐる  俺が持っていってやろう  俺の後からついてくるが  俺のところへはやってこない  俺の枝にりっぱな巣を造ったじゃないか  俺を船長のところへつれて行け  俺の右手の近くへ持って来い  俺が入ろうとした  俺に眼が見えたらなあ  俺のような人間にもこんな情ねえ辛えことがある  俺の家に坐りこんで  俺を公平に判断しておくれ  俺とは仲よくしような  俺もきっと船のボーイ並に扱われるだろうからねえ  俺も自分の古ぼけた  俺の癇癪玉も破裂するぞ  俺は人間の食物がほしくってたまんねえ  俺あ幾晩も幾晩も永え夜うさりチーズの夢をみたよ  俺に信心深え母親があったとは思う  俺を見てね  俺はお前さんを立派な男にしてあげるぜ  俺を一番先にめっけてくれた  俺は門番にして貰ったり  俺を見ておくれ  俺のボートがあるよ  俺が初めて山羊を殺した  俺は時々ここへ来て  俺は先に鉄砲で奴らに一発喰らわしてやりたかった  俺がその生れつきの紳士って人に逢って  俺のぼけた  俺はこの前あの邸へはいりこんで  俺が引請けた  俺はこの口を開けてはならない  俺にも死ねる  俺なぞずいぶん喰ってかかった  俺は貴公にすまない  俺に譲ってくれた  俺にはあの邸へはいれなかった  俺は貴公のおかげで救われた  俺が戸田家の家来たる兄に有様を打明けてみた  俺は後へ退けなくなるではないか  俺に迫った  俺はこのまま兄の言う  俺はどうもその出方が怪しいと思ったので  俺にはその了簡が分らないね  俺に言わせれば  俺が最後の脱盟者になる  俺もとうから見抜いていた  俺もよけいな暇潰しをした  俺の取るべき  俺のことをさのみ  俺はもう断じて逢わないぞ  俺はただ眼を瞑って  俺はどこへも出なければ  俺の怖ろしい  俺はまずあの女に逢わなければならない  俺はいったいあの女をどうしようと思っている  俺がどんな心を抱いて  俺も本気で死ぬ  俺はおしおの家に寝ている  俺まで庄左衛門の二の舞いをした  俺はどうしたら  俺も小山田といっしょにだけはなりたくない  俺もこの女を道伴侶にする  俺はいよいよ不義者になってしまう  俺もいよいよ後へは退かれなくなる  俺は太夫にそんな内情まで打明けるが  俺は義理にも太夫に背く  俺は太夫を裏切る  俺はすぐにもこの人のために死にたくなる  俺がしているから  俺はまだ死ぬ  俺はどれだけ苦しんできたろう  俺はまだ一度も命を助かろうとしてもがいた  俺はかわいい女房をも殺そうとした  俺にはまだ死ぬ  俺はいったいどうしたら  俺はどこまで行く  俺はとうとう時刻を逸した  俺は人外に堕ちた  俺を何と言ってるだろう  俺は時刻に後れると知りながら  俺に打克った  俺はとにかく万死を冒して  俺の探索のおかげで極ったとも言われない  俺にはちゃんと分っている  俺はその一つを宛にして  俺はけっして本当に死ぬ  俺は立派に死んでみせる  俺にはできない  俺はこれまでそのためにあらゆる苦しみを嘗めてきた  俺はそれだけでも許さるべきではないか  俺は俺自身に対して言訳が立つ  俺が死の苦しみを日々に嘗めてきた  俺と同じように苦しんだ  俺もその試練に堪えないで篩い落されてしまった  俺のような苦しみを嘗めなかったとは  俺は生れながらに実らない  俺はもうどこへも行く  俺はこういうやくざな臆病者に生れついた  俺はこの臆病な心に打克って  俺のようなものと縁を結んだ  俺はイリーナを支持するよ  俺れをみつめた  俺は読んだ  俺は矢つ張り観に行くよ  俺の心にまでも黴を生さうとした  俺は今日半食を食わない  俺は見  俺より早く宿ったから知ってい  俺のようなむつかしい男にも妻に来る  俺を誘いだす  俺の臀に触ってみろ  俺が一年間かかって  俺はあの人喰い  俺はそんなヘマなことはやらないや  俺の手にはおえない  俺はお前が男友達でなくて女友達だったらいいと思うよ  俺は急にお前が厭になった  俺も遠慮する  俺と仲のいい靴工ポールの奴は身体を女性に直しやがったが  俺と一緒になりたくて  俺も死にたくな  俺は遊びに出掛ける  俺がチャンとつけておいた  俺の同僚が二人ふえた  俺の出掛けるには  俺は二階の用を頼まれた  俺の人生はまつ  俺が今日にも殺人を犯した  俺はもう生きてゐられない  俺はどうし  俺を助けておくれ  俺のワイフは何処へ行つたか分らなく  俺を助けておくれよ  俺は世界で一番愛してゐた  俺はいよいよ参  俺は笑いだしたし  俺がそう言ってからかうと  俺も一つ平らげた  俺は酒杯の中にいた  俺はその附近を通る  俺は故あって知っている  俺の顔をじろじろ眺め  俺もどうやら蛸壺に腰を落ち着けすぎた  俺は指先で頭に渦巻きを描いてみせた  俺は返事をしない  俺はうとうとと居眠る  俺はまた夢うつつに思う  俺は知らぬぞ  俺が引きうけるわ  俺も逸まった  俺からお前達へ譲る  俺は旅へ出るから  俺は呆れもしねえ  俺は三時に立ったが  俺の家はだんだん貧乏になった  俺は売りはせぬ  俺も感心したよ  俺が吹矢を好きだと知ってか  俺を皆可愛がってくれる  俺は来る  俺が何故と訊いて見ると  俺の家もこれから運に向かうらしい  俺にも解らぬ  俺もやる  俺の睨みは外れなかったと見える  俺を知らねえか  俺に明かせてくれなかった  俺の家へは置けねえからな  俺もフラフラと迷った  俺が止めろと止めた  俺の見分けが付かねえとは甘え  俺の旅費もいよいよ尽きた  俺は今に乞食になろう  俺んとこは無人で敢り次ぎが居んさかい  俺は其の上米さへ喰うてると  俺には嬶があるさかいな  俺がいわした  俺の力で書いて  俺のためには死をも辞せない  俺の愛は昨日よりも深くお前を愛する  俺は十八まで散髪に行った  俺が困るという  俺の悪口でも云って  俺に聞かれたが  俺が金を貸さなくなったら  俺はお前の云う  俺を悪党だと思っている  俺はその紫錦に大事な物を譲りてえ  俺はじきに死ぬ  俺は逢いたくねえ  俺の方はそうはいかねえ  俺だって生きている  俺の心が変ったからさ  俺の命などはどうなっても  俺はいつもこう思っている  俺は義時に則ろうと思う  俺を絶対に殺す  俺はきゃつに邂逅い  俺は談判する  俺は殲滅して見せる  俺には出来ねえ  俺の血管を流れている  俺を嫌つてもゐない  俺は旅へゆこう  俺の折りたたみナイフを持ってって使っているかい  俺はまた可愛いお前がそんなに貧乏して  俺には君の云う  俺ははっきりきいている  俺と別れようというには  俺も察している  俺を盲目だと思ってやがる  俺が殺そうとした  俺はただ貧をいのる  俺は気違ひは  俺の分らぬ  俺の全部の力は叔母の何分か一の力に依  俺の神経病にも困つた  俺は矢張りあの照子のことを思つてゐる  俺は矢張り酔つてゐる  俺が場立ちに出かける  俺は言っている  俺あ言ってる  俺は医者で深いことはわからんが  俺が俺に罰を喰わしてやった  俺のものだから売る  俺の自由意思で売ってる  俺の事を目のかたきにして  俺をなぶり  俺は銃剣を振りかぶっていた  俺は目の前が真暗になった  俺はあの三人の仇を打ってやる  俺をいっぺんにぶっ倒す  俺がチャンと知っているって  俺を憐れがったりして  俺はしばられる  俺が信用できない  俺が狂人でないと言う  俺が怒る  俺がこう近くに来たから  俺が入る  俺が旅行をしたと思うか  俺の邸の内外を横行しはじめた  俺の衣兜には短銃があるぞ  俺が覚えてからも  俺が恁う近く来たから  俺が旅行をしたと思ふか  俺に女のある  俺も行かうかなといふ  俺が生きとる  俺はなさけのうて  俺に聞けと  俺はよんどころなく出演しているが  俺もそう思うと  俺の心当りは別にある  俺でも始終あいつのことを苦にしとんや  俺もおよしもあいつの命はないもんやと思ってあきらめていると  俺あ猿が憑いとると思う  俺を迎えに  俺は何遍も会うとるわい  俺がいいつけた  俺の倉庫はどうなる  俺の物貨はどうなる  俺が買い込む  俺が註文した  俺は今日まで知らなかった  俺のいいつけに背いた  俺の言葉を全く無視するどころか  俺の眼は開けた  俺を一体何と思っている  俺が道楽に銭を遣う  俺が口説いたら  俺の気持がわかったろう  俺とお前はかれ  俺の仕事になつてしまふ  俺の帰来を希はぬのを逆用して  俺にくれんかなあ  俺でもちった  俺の言うなあ  俺から言われたって  俺のしてる  俺の考えはなるかも知れん  俺を叩く  俺あそれで満足する  俺が甘っ  俺は誰の前だって言える  俺をおどかす  俺あ思うがなあ  俺の顔を見たまい  俺あ知らん  俺は二十年近く芝居を書いて来ている  俺はもう戯曲を書く  俺あ耐えて行く  俺は耐えきれん  俺にどんな責任がある  俺も考えて見るよ  俺がなって  俺を窮地に追い込んでいる  俺の性格かも知れん  俺を支えてくれた  俺もぶらさがりたくなった  俺もよほど弱気になった  俺も何か物質的に援助もしたいと思う  俺の魂はかつてうばはれた  俺の魂をしなやかな白いくすり指でさんざん何処かで弄んでゐる  俺はしつかりと握つてゐる  俺からうばひ返さうとして  俺の魂を返し  俺を釣らうとする  俺はいつかな返へしはせぬ  俺の頭の髪に一本でも白髪の多くなります  俺はお祈りして居る  俺の凝視をちから  俺の腐つた  俺の顔をじろじろみる  俺は機嫌をなほして  俺の舌をビフテキにして  俺といつしよに  俺わ違うと思う  俺を卑怯者にする  俺が今夜斬るぜ  俺に食わせたなあと  俺に食はせたなあ  俺もう少し草集めて  俺のけら着ろ  俺も虎こ山の下まで行って見で来た  俺をもう追い越している  俺は今どうしていいか見当のつかない  俺に勇気と楽しさを与へてくれ  俺の方が余計重夫のことを心配していた  俺はただ種々なことを考えてばかり居た  俺が家に帰る  俺に死んではいけないって  俺を沈める  俺も今年こそはしつかりやるから  俺もさうは  俺も今年は都にゐた  俺は入學試驗なんて厭だと云ふんだ  俺は今運命の門をく  俺に服従しろ  俺もかうだから  俺はまた職工さんだとばかり思っていたが  俺も失敗ったよ  俺が先きに帰るからな  俺も敵状視察と行ってくるかな  俺の眼がギロリと光ったよ  俺だちの仕事は遊び半分には出来る  俺は何故顔の半分が鬼になったか  俺だちば  俺にだってい  俺の手が持つたと感じる  俺が努力をすると  俺が社会改良運動に携つて目玉を剥いて見た  俺がためしに吸うて見てやる  俺れゃどうして殺される  俺れゃ殺される  俺れゃ知らん  俺を侮辱しやがった  俺れが人殺しでもしたと云う  俺の自慢話の種の一つとなるに  俺の上衣を知らねえか  俺れのやつを間違って着とる  俺の名前が書いてあるのに  俺れたちの工場を守る  俺れが何を考えようが  俺も行くよ  俺れら自身の頸をく  俺れらがここまでやって来て  俺の頸がとぶ  俺れでも知ってるぞ  俺を好かなくなりやがった  俺にだってある  俺れにかくしていた  俺れがいないから  俺の仕事でも手伝えよ  俺れのこの気持が分らない  俺れの全存在を引きつける  俺も手を貸してやるよ  俺れがどんなにのた打ちまわっとったって  俺れゃ真面目に云ってる  俺れゃ歩哨線の通過なんか知らねえぞ  俺はこのきッかけをうまうまと利用した  俺れがやって来ていながら  俺れの手はあの時顫えた  俺れは何もかも知って居る  俺があの女に惚れた  俺に惚れた  俺があの女を嫌いになった  俺を嫌いになれば  俺の所へ廻って来たそうな  俺や其方に怪我があっては  俺がくれてやったと知れたら  俺にはその泥棒がちょっと恐くも思われる  俺の娘をどうする  俺は両親の顔をさえ知らぬ  俺に鋒先を向ける  俺へ姫をくれ  俺は須々木豊前に信用を得ると云う  俺は一人の兵も傷めず  俺が今度は寝首を掻かれ  俺が思う  俺の悪口を云ったな  俺は鰯のようなヒョロヒョロの星やめだかのような黒い隕石はみんなパクパク呑んでしまう  俺の頭が裂けてしまうが  俺のしっぽにつかまれ  俺のあだなは海の彗星と云う  俺は鰯のようなひょろひょろの魚やめだかの様なめくらの魚はみんなパクパク呑んでしまう  俺が敗ける  俺のことでも話してゐる  俺は今山を想っている  俺のことでも話している  俺の白足袋の姿をひやかして  俺は激しい世の中に立っては  俺の生活がこの先どんなに逼迫しても  俺は大丈夫と見た  俺に入れなんて  俺は一体何をして居たらう  俺はそう祈る  俺がこないだ書いた  俺はあんなことが平気で書ける  俺は口に出して  俺は筆をとると  俺は汝を買い被っているかもしれないが  俺にとって恐ろしい敵であるかもしれない  俺は汝のごとき敵を持つ  俺は汝を憎むほどに愛したいと思っている  俺は汝と痛切な相愛の生活を送ってみたいと思っている  俺が弱く汝の発展を妨げる  俺を棄てて  俺はどうも夜おそくならないと  俺は飯を食うと  俺はあえて書かされたという  俺だって馬鹿馬鹿しくって涙がこぼれて来ら  俺が死んでゐないかと  俺の心はマッチ箱の中に入つてしまふほどに  俺はそれをきくと  俺はぼんやりと瞳孔の中に映しだした  俺は蚊の鳴く  俺も死んだ  俺は泣いてこまる  俺はもう幸子をやらないよ  俺がいそいで  俺は何も林の向うを張る  俺のうちに自分で自覚していない  俺の店も雇おう  俺の所は負けないと言っていても  俺の好かない  俺が案内して来たが  俺の考えたなあ  俺も手紙出すにゃ出すが  俺あ今日中にここを掻いとか  俺のためにはるばる試験場からいろんな種もみ運んで来ちゃ  俺もカカもらったし  俺あ腹あ立って来てなあ  俺が酔っとるなら  俺あ考えた  俺あ腹が立つ  俺なんずをだましたって  俺にゃ女房もつ  俺も以前は宮角力では大関まで取った  俺あそったら  俺がお前におっ惚れてよ  俺に惚れて  俺が予言をしておくぞ  俺あチャーンと大工をかせいで  俺が酔って言うと思って  俺あ言った  俺も思っていなかった  俺が悪かったかんべんしてくんな  俺あ人を待ってやすんで  俺もいっしょに出迎えに来ようと思っていたが  俺からもよろしくと申し上げてくれろ  俺あアワを喰ったが  俺あ辛いんでがす  俺の手で守らねえと  俺のこと笑ってくれろ  俺に五六十はあら  俺あチョックラ出かけて来るからな  俺が行かなかったら  俺の所に養子にくれろと言いやしてね  俺の後を取らせて  俺に附けさせろつうので  俺あ飯たいて  俺が見てやらず  俺あ何と言って  俺がおぶって行っちまうべ  俺の方に知らせてくれたんで  俺あ迎えに来た  俺がやってあげるから  俺がちゃアんと何でもしやすから  俺が連れて行ってやしたら  俺が下の村の若いしたちがならしてる  俺あ盆踊りの歌あう  俺が打ってあげべ  俺にだつて直ぐ出来さうだ  俺はもげた  俺はもう知らない  俺がやっつけている  俺が逃したばかりに  俺はお前見たいな  俺の失敗のタネになりはしないか  俺のアタマがどうかなっている  俺に謝罪っても何もならんじゃないか  俺の仕事もけつくは  俺は馬賊だ斬るなり殺すなり  俺はけつして  俺がねらつてゐる  俺の手の中にある  俺はまた生きた  俺でも惚れとる  俺あ要らん  俺が頼うでやる頼うでやる  俺もその一人にならなければならぬ  俺は俺なりに生きてゆく  俺に用がある  俺を盗児と云った  俺の云ってる  俺が喧嘩してた  俺は前へ往ってるから  俺の家へ往かないか  俺を児のように可愛がってくれるが  俺が歩いてると  俺が今往ってた榎の傍を通ってると  俺を盗人が午睡してると云うから  俺は八幡様を出て来たものの  俺のことはかまわないが  俺をやっといて  俺に考えがある  俺が一度往ってみようか  俺はもとからの破  俺はそんなことは知らねえや  俺が知ってる  俺が割りこむ  俺がかけあって来る  俺が代筆をしてやる  俺だちのする  俺だちが  俺は後から往く  俺が書いてやった  俺だちの義侠心も思わないで  俺だちの義侠心を踏みにじるか  俺だちに  俺だちを  俺はこんなことになりはしないぞ  俺はどこからか帰って来た  俺にくれる  俺は行こうって  俺より一足だって先にゃ行かねえや  俺にゃ覚悟が出来てる  俺に食ってかかったって  俺の言い分なんか聞かねえ  俺だって虫けらた違う  俺でも世話をしてやるからな  俺に云ったって  俺だって此行李と違やしない  俺が海事局へ行ってから  俺は下駄屋になった  俺だといふやうな面をしてゐるが  俺は労働者なんぞとは人間が違う  俺は許さん  俺にいわせれば  俺ァ知っている  俺ァ知ってる  俺だって嫌えじゃ  俺もあの男をむかしから知っている  俺ァ草の中へもぐずりこんだ  俺も売れなくなったか  俺ァ泪も出なかった  俺も君たちの真似をするよ  俺に附合え  俺ァ酒を止めた  俺ァ気にする  俺ァ止めた  俺も年をとって来た  俺はいる  俺だけはそばにいる  俺にそういったって  俺はにらんでる  俺には分ってる  俺のところへ来ちゃ  俺にも狂言まで決ってる  俺もしかし若宮の墓の心配をしようとは思わなかった  俺も一寸おどろいた  俺もこの男に聞いた  俺はどんなに能率があがるかわからない  俺は会わない  俺が会う  俺そんなの知らないよ  俺のように酔った  俺が今投げた  俺の氣持はわからないと  俺に考えつかないなんて  俺は希望を憎悪する  俺は自殺が出来る  俺はなんだつて小説なんか書く  俺の苦痛はやはら  俺は俺の苦痛を信ずる  俺が君の仕事の催促係りを引きうけた  俺の物だというような顔をして  俺がよばれない  俺が詩人だといふ  俺の中には見あたらぬ  俺は三十一といふ年になる  俺に挨拶した  俺は去年も人ごみの中からその男に見つけ出された  俺は驚いて  俺はその人ごみの中に自分の知つてゐる  俺がゐてもゐなくとも  俺ん家へ来い  俺はあれから十年の間金に復讐しようと思って  俺の名を聞くと  俺は世間の強盗のように人の命をとった  俺は現金を盗んだ  俺の盗む  俺は必要のない人のものを奪って  俺がこの面をこうつけて  俺の人格はすっかり消えてなくなって  俺の心の中までもがらりと一変して  俺はこのマスクをかぶると  俺の復讐のしかたはまともの道をはずれている  俺を明け暮れ苦しめる  俺の心を苦しめる  俺の心の中の血が湧きかえる  俺の意識を蔽ってしまう  俺は家を持っているのに  俺が何にも知らないと思って  俺の前をつくろっている  俺に愛想がつきる  俺の心に起こった  俺の心はいつまでも平和であり得ない  俺の苦しむ  俺が早く死ねば  俺が眼の見えない  俺にあったら  俺の女房のある  俺の方ばかりを眺めてゐる  俺には子供をだます  俺の想ひ  俺も思ふ  俺をかついでいる  俺の云いつけ  俺が復讐にさしている  俺と夫人との関係が知れると  俺が早稲田の先輩の家から帰る  俺が主の知れない  俺との関係を発きたてて  俺だけ葬って  俺の敵は打った  俺には判らねえが  俺はこんな貧乏者だからお前のような女子に来られては困ると云っても  俺に楯突こうという  俺が雪見をしていたら  俺が自分で手を下ろして  俺がどんなに物足らな  俺をこんな不愉快な目に遇はせて  俺は躍  俺は段段悒欝な気分になつて来た  俺の身辺を取捲いてる  俺は意思で生きてゐる  俺は嘗て物に狂うた  俺の感情も押石の理智が除かれたから  俺は又それを押へようとはしないで  俺は自ら心に問うて見た  俺はその時官報を披いて見て居つた  俺はかうして  俺はあの男の身の上を羨むと  俺の本能は顫ひを感じた  俺の顔と官報とを一目で覗き分けをしつつ  俺を喜んで  俺を引張る  俺がどんな邪み根性で聞いて居たかと  俺は金を送つた  俺には大変な犠牲である弐拾円を今朝出した  俺が顔を出した  俺の心は通じない  俺が送る  俺は俺だけのことをした  俺の行為は結果を産まない  俺が予期しない  俺もこんな妄想を拵へてゐる  俺の生活は下らない感覚の顫動の為に攪乱される  俺は此弁明を直に認容する  俺がやつてみたいと  俺に使はせろといふ  俺に断らないで  俺が会えない  俺はなぜアンナに慌てて飛び出して来た  俺を欺弄いでおられるかも知れない  俺は感付いた  俺れんちにも  俺が盗んで  俺の耳には陣太鼓の音が聞えたが  俺の傍をぐるぐると飛び歩いたが  俺も火の夢を見たよ  俺が歩いていると  俺はその火に触るまいと思うて  俺も不思議な夢を見たよ  俺は七十になるが  俺はまだ読んではいないが  俺の思索はどうしてこんなに乱れるだろう  俺がどんな障害にも反抗し  俺を見た  俺が勝つばかりでは詰らない  俺はやっとこれで人間になれたよ  俺のかえるまで  俺のことは知らぬ  俺の事業へやって来ねえか  俺が談判してやりもしよう  俺を悪党扱いにしたっけ  俺は村長の職務引き渡しすっとき  俺はもう請願する  俺が仕度して来るから  俺は友達と二人で屏風岩を登った  俺は一人で屏風岩を登ろうとは思わないし  俺は重役くらゐに  俺はおかめがいつち  俺の体に隙があったと  俺に仕えぬか  俺は滅法儲けたぜ  俺が云った  俺を連れて飛べるかな  俺は廃嫡されるだろう  俺に売れ  俺を生意気だと思って  俺の受持ちじゃないと言って教えてくれないかも知れない  俺は南に帰る  俺は南へ帰る  俺は高いと心の中で誇っていたからです  俺はあのけつたいな女詩人を見る  俺が一肌ぬぐが  俺は惚れてなんかゐないよ  俺には自分のやる  俺を殺すといふ  俺は無論ある  俺は結局認めすぎるほど認め  俺だけは忘れない  俺はもう自分のれ  俺とおッ嬶と手分けして  俺の分と手前の分だけ他の人よりいい給金をこしらえやがるなんて  俺夜っぴて寝られねえ  俺しっかりやる  俺に怨みがあった  俺の世の中へでる  俺はほかをやってくるから  俺はこれから西の窪の大黒亭まで行かなけりゃならねえ  俺はもうこれ以上かかり合っちゃいられねえ  俺も困るよ  俺見込んでこねえだ  俺もくぐろう  俺にやって貰った  俺の首根っ子を掴んで  俺にとっては大きに大恩人の一人かもしれない  俺が仕込んだ  俺はそうはおもわないな  俺はおもわない  俺はこんな若くて二人も弟子があると自惚れる  俺がデレリボーッという心持になっちゃいられない  俺の真打席の中入り前を勤めてくんねえ  俺だけはなれない  俺が許して  俺に楯突こうて  俺のことどんなこといって歩いているか  俺が甲州へ発った  俺の鼻明かそう明かそうとかかってる  俺の悪口でもいってた  俺なんかいい塩梅にいまでも昔師匠の売れたほどは売れていねえし  俺が座敷を頼んで  俺に聞かれても  俺を幕府の細作とも知らず  俺にはこの世が丸いなどとは思われないが  俺の方がよく知ってるらしいぞ  俺の好みがそうなのかも知れねえが  俺にゃ分らん  俺はこれまで本読みに中坐した  俺は笑わねえ  俺のあの顔は何んなで  俺には想像ができなかつたから  俺は禁酒を声明した  俺にはけして  俺の為にはペチシオ・プリンシピイの誤謬を犯してゐる  俺の理性が頼れうる  俺の友達は酒樽の如く脂肪肥りの  俺はその場で声明した  俺は断乎として声明した  俺の決心を永遠ならしむる  俺は酒倉へサヨナラをする  俺は呆然として無から有の出た  俺は酒倉への出入にペンペン草に捲き込まれてとんだ  俺はううんと呻えた  俺の頭を叩きのめす  俺は危く目をまはさうとするの  俺は憤然として酒倉を脱走する  俺は何分あまりにも興奮して  俺は頑としてそれを好まんよなどと叫びながら  俺の尻を見送りながら  俺は因果な三角関係を持つ  俺の活力を刺し殺す  俺の脳味噌をも氷らせる  俺は様様な手段を講じて  俺の目はいみじくも光り輝き  俺の唇は酒を一滴も呑まぬのに  俺の身体は何かガラスのやうな脆い物質から出来てゐて  俺は時々頸をつき延して  俺は俺の存在が消えてなくなる  俺はつい堪りかねて  俺を悩ます  俺の魂をてもなく見破つてしまふ  俺は憤然として何事かを絶叫し  俺の心臓はひどく憶病になつて次の一秒がばかに恐ろしく不気味に思はれ  俺は酒倉の戸を踏み破  俺は毎年もとの酔つ払ひに  俺は毎日このまつかな柿の実へ俺の魂を忘れて  俺はこの酒倉で最もへべれけに酔つ払ふ  俺は毎夜ダブダブ酔つ払つて呪ひをあげる  俺は一夜鬱積した  俺はもう行者の長談議の中途から全く退屈してゐたので  俺の視界を漠然の中へ引き  俺は木枯の響がヒュウとなつて酒倉をくるくると駈けめぐる  俺は酔つちまつたぞ  俺は絶望して  俺は遺憾なく酔つちまつ  俺のやうにゲタゲタと笑ひく  俺は怒り心頭に発して跳ね起きると  俺は行者の頸を離れ  俺は跳ねあが  俺がただ一条に転げてゆく  俺は断じて酒を止めた  俺はうなだれて  俺の目は落ち窪み  俺は木枯に吹き倒されて  俺はやうやくにして  俺を冷静に返し  俺の外皮をなで廻る  俺をへべれけに酔つ払はしてゐる  俺は酒に酔ふ  俺は思はず  俺はフラフラと立ち  俺は何と欺くべき  俺も詮方なくニヤニヤと空しい尻に笑ひかけながら  俺は気絶してし  俺は彼の眼を見ると  俺の方を睨んでゐた  俺は彼の笑ひ  俺は思はず叫んだ  俺はおろおろして  俺の騒ぎで初めてそれと気づいた  俺の腕をおさへた  俺も箸をとつて手伝つてゐる  俺の箸の先が近づくと  俺の顔を見て  俺は唇を噛んで  俺は太吉の耳に口を寄せるので  俺は外に出て  俺は不思議でならぬ  俺は首を傾けるので  俺と久良は川のふちにたたずんだ  俺は遠慮して  俺は柿の木の幹にもたれて  俺は出かけるよ  俺の弁当をつくる  俺あ拝んでやら  俺は腕組の中に首垂れて  俺はこの頃の成行きに驚かされた  俺が久良の上を案ずると  俺が町から戻るまでは  俺に送られて  俺は久良に約して  俺は山径ばかりを一気に駆け抜けたので  俺が顔を反向けようとすると  俺は二人に譲り渡して  俺を呼び返す  俺の水筒を傾けた  俺の泊つた海辺の宿の隣り  俺は時々眠りから醒されたが  俺は安眠をさまたげられもしなかつた  俺も兜を脱ぐが  俺は太吉の右の眼の色も形も十分知つてゐるから  俺の計ら  俺から横どりしたが  俺は途方に暮れた  俺は安心したので  俺は先を急ぐから  俺の袋の上に腹這つてゐた  俺は彼に手渡した  俺はその間に唐松へ走  俺は氷嚢の端をつまんで  俺の杖と肩をたよりにして  俺の大好物が出てきたな  俺はあのことで自分でやりたいと思っている  俺の伜を監禁した  俺は許さんぞ  俺をうまくひっかけて  俺に分るかという  俺にも恭位の息子が有ればなあ  俺がだまっては居ないさ  俺は強盗もした  俺がしゃべる  俺がこの眼で見て来た  俺がソヴェートに出稼ぎして  俺を引っかけようとしている  俺と思うか  俺に目星を付けた  俺がやつと寒い寝台から出たと  俺が行かない  俺をさしおいて  俺を先輩だとして敬意を表してくれる  俺は何の気なしに車を下りて  俺の名前は警部の耳にも響いて居たと見え  俺の歩むが  俺は常に損をする  俺の声名と風采とが余りに懸隔があると  俺は給仕を呼んだ  俺を急がす  俺は新聞でその事を知つて居た  俺と向ひ  俺に一揖したから  俺の胸には手ひどく響いた  俺のところへやつて来た  俺にも弁護人になつてくれ  俺が承知してくれれば  俺はそれが名誉であるとかどうとか云ふ  俺は不満な顔をして  俺だからよく此依頼を拒絶し得たと  俺の良心は折折かう  俺も苦しめられた  俺を意気地なしにしてし  俺は黙  俺は思ひ出した  俺も気の発散が滞つたのであらう  俺がかう  俺の心を読む  俺が黙つて居る  俺が何を思念し  俺の思索を現象の動揺と見るらしい  俺の考と全く違つた方面に事実の認定をしてしまふ  俺は実は愛子が新聞記者に面会した  俺にその問題を語り  俺の意見であると誤信してし  俺はあの記事を見たときく  俺が法律を学んで  俺は一日一日の生活を作る  俺は先だつて  俺は驚いた  俺の頭はこんな疑問にぶつつかると  俺もその落伍者になつて居るらしい  俺は温室の中を覗いてるよりも  俺は又女の洋装がき  俺は愛子がさう  俺にはそれを云ふ  俺を出  俺は初めは愛子とは思はなかつた  俺は心に怯れが出て来た  俺に握手を求めた  俺は誰が見ても  俺は気はづかしくたまらなかつた  俺の官能をそそる  俺は今はただ肉体に生きてゐる  俺はもう畜生道に陥ちてし  俺は生活費を得んが  俺の様な落伍者を葬る  俺は心安く死ぬ  俺が生まれぬ  俺はこうしては居られない  俺ァ覚えてから  俺には出来かねる  俺が親方位になりゃ  俺は働きがある  俺が取ってやる  俺は恐くなった  俺も少しお前の処へ遊びに行くかな  俺が奢るよ  俺は何も知らない  俺の幼馴染といへば  俺が口をだす  俺が新潟へ流れてきた  俺を休める  俺の心に仕掛けられた  俺もとにかく俺の誠実をやりねく  俺が新潟くんだりへ逃げのびて  俺は何も求めてはゐなかつた  俺がこの土地へ流れてきた  俺もやがて死ぬだらう  俺の金は瓶に入れて  俺のへそくりの五百円であつたら別嬪が人手に渡つてしまふがね  俺が力んでみた  俺はやがて死ぬだらう  俺の方が死にた  俺は多忙で行けないが  俺に失恋させてみろ  俺の写真機が現れると  俺は愈々ほんとうにあの女を忘れてしまつてゐるらしいな  俺は澄江を愛してゐる  俺を愛すよりも  俺も今はいくらか美しく振舞つてゐるのであらうか  俺はたうとう現実に勝つた  俺のいろを  俺がひとはだ脱いでやりたい  俺はその若い頃から弁護士に喋り  俺に返せ  俺の敵は今に世界の敵として蔑まれ憎まれる  俺は勝つた  俺はもう若い時からせめて夢は数ある  俺も隠居だといふ心構えで殆んど日本一円をのんびり歩き  俺はあんた旅の用意をしてゐないがね  俺はあんた  俺はもう澄江と結婚する  俺は微塵もひけ  俺をうぶな子供のつもりの父母兄弟や故郷の人が長嘆しても  俺は自分を軽蔑しない  俺は傲然と恋をし  俺は誰にも負けてゐないと  俺は勝つてゐる  俺はもう死ぬ  俺の方もやりきれない  俺もとんだ  俺にも半分このたびのことは呑みこめないね  俺は今突然ふりむいて  俺は多くを望まない  俺が言った  俺は改めてゆっくり彼奴の顔を見直してやらなければ  俺も買ってゆこう  俺は嘲笑つてゐる  俺のしてゐる  俺を愚昧化する  俺は貴様の弟子の外光派に唾をひっかける  俺は今夜はどうなるかわからない  俺がゆかれ  俺のこともよく心配しろ  俺が愛した  俺がそこに棲む  俺はだんだん通行人のような心になって来る  俺はこんどは帰らないよ  俺もこの頃は考え方が少しちがって来た  俺はそんなときどうしても冷静になれない  俺は君がそのうちに転地でもする  俺は旅に行かなければ  俺と一処に船に乗り  俺の為に費して  俺は此処に並んでゐる  俺はもう頭が痛くなり  俺はお母様と二人で留守番をする  俺がしてやる  俺に出来ると  俺のお祖母様の血すじを引いとるらしい  俺は貴様の押絵になって  俺はちょっとその見物人を見て来る  俺は今日がきょうまで知らな  俺もそう思うとった  俺は損害賠償を支払わぬ  俺はもう一俵つけて  俺の家に来る  俺は貴様を殺してやるぞ  俺が駄目にしただって  俺がお母さんを駄目にした  俺は憤りはしないさ  俺は大変な恥知らずの悪漢にされちまった  俺がおまえや子供たちを駄目にした  俺は婚約したぞ  俺には家の構えを一目見ると  俺のことも先方へは三十位に言ってやってあるらしい  俺がしたいと思って出来ない  俺はおまえを呉れると  俺はあの娘には何にも言えない  俺が引受けるなどと  俺は元来うつろの人間で人から充たされる  俺は切なくてやり切れなくなる  俺が手の中の珠にして  俺も出来るだけ  俺がおまえに娘を一人生ませなかった  俺はいてやる  俺も一度醤油賭をして  俺も腕をかしてやる  俺が送つて行くだ  俺と会う  俺は親爺の残して行った  俺の親爺を乾鰮のように干乾しにして殺した  俺までを干乾しにしようとする  俺はこれより汕頭に行き  俺は同志の懲戒裁判に附せられる  俺はその委員に名を連ねた  俺には熱狂的同志に対して俺自身に課せられた  俺は彼の詩人的行動を尊敬する  俺は彼と別れにのぞんで  俺は直に飛行機で広東に行き  俺が健在であることを思い出してくれ  俺とともにある  俺は俥なんかに乗った  俺がいい処世話してやろうか  俺が話してさえやれば  俺のところへ来ても  俺がちょいとおまじないをして来るまで待っている  俺が食う  俺にいくらでもうたす  俺がこんな風に生活している  俺のように十年近くもこんな生活をしている  俺は公園で猿とでも遊んでいるからな  俺はたいていあの時間にはあのベンチに行っているからな  俺も見たという  俺の姪にあたる  俺に恥をかかせたな  俺はすっかり負けてしまった  俺を惑わしてくれるな  俺はシェイクスピアたらざればシルレルたらんといふことを言つてゐます  俺にでも書けると  俺には出来ないがな  俺には別の処世法がある  俺に云いかけた  俺を案内して  俺はこれからどうした  俺を知らぬか  俺の身分を知っている  俺はち  俺は本流へぶつかってやろう  俺は秘密を解いた  俺の事が官から忘れられた  俺を釣ろうとの  俺に取っても  俺は見透し  俺の方が脅された  俺だってひっ叩かれて見ろ  俺の耳へさえ聞こえて来た  俺も印籠を盗まれた  俺が教えた  俺は部屋住みで  俺は留守をしてゐるよ  俺の後ろ頭ばかり見て  俺の顔を知ってる  俺だけが怪しく見えもしない  俺も打ん殴ってやれ  俺のバスケットをどこへ持って行きやがった  俺だって一晩中立ち通したかねえからな  俺だってバスケットを坐らせといて立って  俺はまたお前もそうかと思ったよ  俺と同年配ででもある  俺と話しをしてると  俺にゃ分らねえよ  俺は向うへ行くよ  俺を見抜いてやがる  俺の子供位に雛っ子の癖してやがって  俺に解らねえなんて  俺には解らなかった  俺を一度でおどかしやがった  俺も大分焼が廻ったな  俺には分らねえよ  俺はそんなへまはやらねえよ  俺とは仕事が違うらしいや  俺も安心した  俺とが宿賃が払えずに  俺も睾丸の毛にシラミがウジャウジャしていたから  俺には確信があったから  俺の白いヤツが黒い奴を押し  俺が解放される  俺の顔色を見て  俺が直接に教育してやろう  俺の子供だけにダイブ変っている  俺に返したが  俺が今死んだら  俺のような人間になるな  俺がさす  俺はまだ食べたくない  俺のせゐ  俺には世話ができないから  俺は少し怖くなった  俺の番だという気がして  俺はただ仏様のいる  俺の正体は人間でなくて狐だったなんという  俺の病氣のことだつて知つてるだらう  俺が可哀相やいうて  俺は貴様を勘当した  俺は一体何をしてる  俺は何でこんなに焦燥してる  俺の名前を引ツ張り出すな  俺の心根が見へ透いてゐた  俺は家には帰らない  俺を尊敬したら  俺に渡さないといふ  俺の親父の悪口ばかし云つてゐたらう  俺は芸術家でもなんでもありませんよ  俺と一処に踊らう  俺もどうなつて行く  俺にもお酒を持つて来て  俺は親父とは違ふんだぞ  俺に似てゐる  俺は時々さういふ  俺は日本の新聞社は何処も知らないが  俺の倅も今では大学を卒業して  俺はボーナスを幾ら貰ふ  俺に若しものことがあると困る  俺の親父を軽蔑したな  俺は有難うと礼をいったが  俺は遊んでいる  俺は正金へ金貨を搬ばせる  俺が手を出さない  俺はも少しでマンマと百万弗を握り  俺は気がつくべきだった  俺は気がついた  俺が東京に居る  俺も嫌ひに  俺の威厳を認めたに  俺の酔ひ振りがいけない  俺は親爺の真似はしねえ  俺は両方考へてゐる  俺もかつぎ  俺は日本人たア量見が  俺はお稲荷様見たいな  俺は家のつながりは皆な虫が好かない  俺の名前の雄をとつて英雄としようか  俺は何よりも悄気てしまふ  俺は此間うちからいろいろ自分の家のことを考へてゐた  俺は怒りはしないよ  俺は一度もした  俺もギョッとしたよ  俺にはあきらめられない  俺は今捉えられている  俺が戴く  俺もそうだろうとは感付いていたが  俺は直ぐに抜け出した  俺は考えたよ  俺もおっつけ死ぬ  俺も腹を切る  俺は答える  俺は頼む  俺を迫害する  俺の体へぶつかるばかりだ  俺は聚楽へ帰られようかな  俺だって恋しく思うではないか  俺はお紅を連れ出し  俺と一緒になって  俺の罪の報がお前にあらわれた  俺は何んにでもなってやる  俺に遭った  俺が奢ってやろう  俺のものにするには  俺はお前たちを軽蔑する  俺には云え  俺の下らなさをこたえているか  俺にゃちょいと分らない  俺は支部長にききたい  俺あもう組合費は出さん  俺はよく働いているという  俺あ質問がある  俺をなぐる  俺んとこへ相談に来る  俺の料理はこういう食器に盛りたい  俺の料理が死んでしまう  俺が半日ぶらつけば  俺って人間はいつまで経っても  俺はここで死ぬ  俺は父の敵五味左門を討たなければならない  俺はこの娘に助けられたらしい  俺を気絶させおった  俺はまだ寝ているではないか  俺が気絶して  俺は今に怨みに思っておるぞ  俺に濡れ衣を着せた  俺の股へ斬り付け  俺に体あたりをくれた  俺のことなど忘れてしまった  俺を騙り  俺は今に怨恨に思っているぞ  俺の行衛を探している  俺の巣へ入り込んだ  俺に剖かれるかと  俺は素直な気持ちになった  俺の乾児に担がせ  俺を裏切り  俺には扱い兼ねる  俺の過去などと申して  俺はここで討たれる  俺はすっかり思い出したぞ  俺の賭場へやって来て  俺を強請りに来はしまいかとな  俺は幾十人の人を殺した  俺は手ぶらで食わせてもらうよ  俺の前にいた  俺をそんなに放ったらかしにするなら  俺は与えたぞ  俺が分らない  俺の爺さんが道楽に鶏を飼ってる  俺あ五銭で置いて  俺の名も覚えておいてくれ  俺がついている  俺が引き受ける  俺が善うしてやるち  俺を呼んでるとは思わなかった  俺がいうた  俺も王様になるかな  俺は泣き出し  俺は印旛沼を開墾するという  俺が処来て見ろ  俺の方を先きへ通せ  俺と一緒にゐたら  俺の方でも引受けられないよ  俺としてもた  俺の方では相手にしないからね  俺の方では一切この交渉はご免を蒙る  俺が迷惑する  俺が引受けるから  俺が迷惑するからな  俺はもう知らんぞ  俺も帰らうか知ら  俺には何も彼も解つてゐた  俺に恋してゐる  俺が腕をのばしてい  俺が彼方へ飛び  俺は一向に気がつかなかつた  俺が居なくなると  俺の帯を離すな  俺の腹も一人前の顔して  俺の洋傘を貰ってい  俺とチンドン屋にでもなる  俺よりお前の方が文章が巧い  俺の訳した  俺はお前のものを読むと  俺だっていてえや  俺は急いでいた  俺の方は急いでいたので  俺は舌を鳴らして  俺はその顔とその名前とをよく覚えていた  俺は一寸挨拶したが  俺の耳にはいった  俺は聞きかじった  俺にははがゆくもあったり  俺は酒でも奢って貰おうと思って  俺は二人をやり過して  俺ははっとした  俺は長い間その方を窺っていた  俺は根気負けがして  俺は橋の上に佇んで  俺だってお前が刺せる  俺の刺したかった  俺を生かしてくれる  俺がそれを知っていたら  俺だつてお前が刺せる  俺の刺したかつた  俺がそれを知つてゐたら  俺がした  俺を捕まえた  俺は今忙がしいんだ  俺の大切な役目を破ったからには生かしておく  俺は最前の四人の魔者が化けた  俺は王に化け込んで  俺は石神の耳から現われた  俺の娘と婿殿を見ろ  俺の娘と婿を見ろ  俺の后になった  俺に刃向って  俺が追い払ってやる  俺を馬鹿にしようとした  俺は居ながらに  俺は世界中の出来事をいつでも見る  俺は世界一の賢い者になった  俺から取り上げて  俺を欺いた  俺に隠した  俺に隠す  俺から奪い取って  俺にこのような貴い有り難い宝物を近づけぬ  俺を欺そうとする  俺のお守役になって  俺を何にも知らぬ  俺は貴様の云う  俺に何事も知らせまい知らせまいとしていた  俺は気違いになり  俺は随分心配したが  俺が咲かせようと思えば  俺に直ぐ来いと仰せられたか  俺は今やっと思い出した  俺はこのお話を本当の事かと思った  俺は今までのお前の罪を許した  俺は普通の強盗とは違う  俺を威かす  俺の最後の大仕事かも知れないぞ  俺はここへ何をしに来た  俺は一体どうなる  俺あ型なしになる  俺の意地が通らねえ  俺のしている  俺はこうしなければならなかった  俺は彼女のことをしばしば思った  俺にはそのような手紙は来なかった  俺は孤独のさびしさを知った  俺のうちに植えつけられた  俺はしばしば過去に引き戻された  俺に愛を語る  俺も彼女もそれを待望していた  俺の応召や彼女の病気がそれを妨げた  俺に蘇えらしてくれた  俺に術があるよ  俺がつい口をすべらして  俺の意見に自信をもち  俺あ遊女の名と坂の名はついぞ覚えた  俺の馬は日本一だと云いつけていた  俺を日本一の馬鹿と云うたな  俺が俺のとっつ  俺が馬を売って  俺が自腹を切っても  俺も村長に一言注意しておきたいが  俺は無能の村長であるとおさまってもらってはこまる  俺が一つやってやろうという  俺がつくろう  俺を無実の放火犯人にするとは  俺はお前達に報謝する  俺がお前を済度してやろう  俺はさういふ  俺しのほうの支払いになっている  俺しの聞く  俺しの言う  俺しも寝るとしようか  俺しはそれほどあなたに信用を置かんという  俺しは今日の策戦には人知れぬ  俺しは今日その商人を相手にした  俺しには商人のような嘘はできない  俺しのする  俺しの眼の前に嘘をせんで  俺しもお前に未練なく兜を脱ぐがな  俺しがどれほど苦心をしたか  俺しがこうして齷齪とこの年になるまで  俺しには道楽という道楽も別段あるでは  俺しのしつけが悪かったとでもいう  俺しは一日がかりでやっと追いついて行くあり  俺しは俺しだけの  俺は孝行者であらう  俺が説いて  俺は俺としての個人的存在を認めてゐる  俺は俺自身を信じて疑は  俺はどうしても起られなくなる  俺も娘さなくした  俺の咽喉笛でも何でも啖い切りかねないので  俺あ見てた  俺に対する世間の疑惑が高まれば高まるほど  俺の世話をしているだろう  俺に秘密の電話をかけて  俺の悪評が高くなった  俺だって十四の年に女郎買いに行った  俺に謝罪ったって始まらんが  俺に似た  俺だから構う  俺が今引受けている  俺はチットばかりアルコールがまわりかけている  俺の発明した  俺は野性を書かう  俺は人間に食はれる  俺の血液はかくのごとく正しいのだといふ血液を誇つてゐる  俺は昨夜一體何人斬つたか  俺の女房は綺麗な着物を着た  俺は旦那様に申しあげてくる  俺は居残って  俺は初日からこう極めた  俺の艀に乗りながら  俺は言ったさ  俺が可哀そうだといって  俺は思ったね  俺とともにして呉れる  俺は心の中で考える  俺は行くぜ  俺に一任して呉れないかね  俺が持っている  俺が丈夫になれば  俺が捜してみせる  俺がごまかしてると  俺に向つてそんなことをいふ  俺が窯を築きかけるといけないという  俺が俺の家で指導したら  俺も少し持つて行かうといふ  俺の大事な玉のやうな一人の息子を死なしてしまつて  俺の息子をどうしてくれる  俺の方ジロリジロリ見て  俺あ職工になる  俺あ行く  俺も実は遠縁になっていやす  俺が行くべし  俺がそう言ってやって  俺に似やがった  俺の家内であるお前が邪魔になる  俺には母を悪く思う  俺は苦しくなってしまう  俺の妻であると言う  俺が戻って来るまで  俺が小せい時に聞いた  俺が栃沢の家へ嫁に来てからの  俺がこらえてやらねえじゃ  俺がええ具合にしてやら  俺が辛抱すれば  俺が辛抱出来ねば  俺が始終言ってる  俺がよくそう言ってやる  俺が連れてってやっから  俺にゃ読めねえ  俺があんだけ言ってやった  俺が貰うなんて  俺が此処に立って見ててやらず  俺が采配をふる  俺は知らんぞ  俺は何も彼も解らなくなる  俺の馬をぶ  俺の行先がそんなに気になる  俺はもうどこにも行かないよ  俺の馬に秣草も与へず  俺のとり  俺は山を征服したという  俺にはとっくから好きな女がほかにある  俺は山盛りに賣るからよ  俺が屁理窟を言った  俺はお前のことを言おうとしている  俺に任しとけ  俺がよく話してやる  俺はそんなことをしたくない  俺は罪を被る  俺に少し解しかねる  俺がにやどうも解らねえが  俺れが知つてる男があの時死んち  俺にも貸せ  俺とやろう  俺はそんなことを喋り歩いたりはしないよ  俺が此家へ持つて来られたと  俺の記をして  俺は北寮と云ふ  俺の仲間が五つ計り居つたが  俺とイツシヨに持つて来られた  俺見たいな物でも思ふね  俺が北寮へ来てから  俺の生涯忘れられないと  俺は一人で草の中に寝て居る  俺を見て居る  俺を窓から投げ出した  俺を捕まへて居る  俺の仲間が三ツ計りブラ下つて居る  俺の向ふ  俺も元気付いて  俺の癪にさはるのみならず  俺はこのめ入ると  俺を捕  俺の考が間違つてゐる  俺には面白う思はれる  俺の財布が同一物なる  俺の目を眩惑させよーとした  俺もツルリと寝込んでしまつた  俺もつく  俺の見てる  俺はつく  俺は一人考へて居たので  俺がこれ迄行つてゐた  俺が初めて来た  俺はつら  俺の名を消せ  俺の名を消さんとぬかす  俺に付けてくれた  俺はもう女のことを考へ始めやがつた  俺は皆な知つてゐるぞ  俺の心を許して呉れた  俺はどんな熱烈な恋でもして見せる  俺を選むで呉れたら  俺はいつでも殺されてやるさ  俺あ今年や角力取らん  俺あ取らん  俺は何だか大切な事を一つ警察で話し忘れて来た  俺あ云うたが  俺も地下足袋だと云ったがなあ  俺も思い出いた  俺あ赤じゃねえかと思う  俺も気は附いとる  俺に云い  俺は別々に訊問された  俺と一所に来てくれるかい  俺が迎えに行く  俺とでテニスを遣った  俺はソンナ事をする  俺は汽鑵部の又野という釜焚きだ  俺の仲間の戸塚をどうした  俺は五体中を火傷した  俺を使うて  俺はこの町を堕落させる  俺はお茶屋あそびをするが  俺のあそびは  俺について来い  俺も一年生に詰問された  俺がいいかげんな当てず  俺が饒舌ってる  俺も柄になくしんみりした  俺は夜遅くまで海岸をぶらついて  俺は静に話しかけてみた  俺が知りたい  俺はつまらなくなって  俺も安心して  俺は頭をふったが  俺の意中を知ったら  俺が行くまで待っていろよ  俺を待つ  俺を待っていなかったて  俺にあ五百両の金を入れといたと話したが  俺にだけはわかっている  俺は何たる見下げ果てた  俺はいったいどこへきいて来た  俺がから鎧櫃を受け取った  俺の手にかかりたいか  俺が突きとめて  俺にあちゃんとわかってる  俺にこっそり女をつらめいて  俺が行くまで  俺あちょっとこの閑山とこへ寄って行く  俺にまかしとけ  俺が計ろう  俺の心を察して  俺には分らないよ  俺は斯う云い  俺には大概見当が付く  俺の印籠を盗むは  俺は要求を拒否するよ  俺がこんなにまでしても  俺が逃がしてやらう  俺が利己心と名誉心に操られているなんて  俺あ泣けて来たで  俺あ十四両の大分限者でい  俺も逢ひてえ  俺の家も分散するばかり  俺はいやでたまらんけれども  俺の事は世間へ云ふてくれるな  俺は一足飛びにそこへ飛んで降りる  俺の姿が見えるかっ  俺は旗本六人の鼻も切らねば  俺も不思議に思っている  俺には見える  俺は全くそんな事はしらない  俺は暗闇を幸に悪事をする  俺が敗けたとなると  俺が一つ余計に打たれるなんて  俺は気が狂ふんだな  俺は道子の奴に惚れてる  俺も諦めた  俺は池の傍を通つて帰る  俺は今晩どうかしてゐる  俺は見ない  俺を悩ましに  俺がお高さんを殺した  俺はその手には乗らんぞ  俺が打つぞ  俺は白ばくれもせん  俺は何も知らなかつた  俺の分だけ進ぜましょう  俺も一向平気なものでしばらく雑談を交わせていたが  俺は本題へはいって行った  俺は三度まで逢った  俺ももういけねえ  俺ももう聞けねえ  俺は女の書いた  俺を知らない  俺は何も斯んな家があるから  俺には故郷などいふ  俺は今迄の自分の若い日を想ふと哀れになる  俺が当然やらなければならない  俺は退屈をしてゐた  俺は居眠りをしてゐたらしい  俺の胸に向つてゐる  俺がまた莫迦に狼狽して逃げ出す  俺を振り返ると  俺は天井を見あげると  俺はあの岩の多い磯に今年も行きたいと  俺はあの家が焼けてしまはない  俺はどんな裏長屋に住んで  俺は奉天に行つて住みたい  俺は小使ひの  俺はどんなに救かつてゐる  俺は毎日どんなに持ち  俺のことは気にしないで  俺は洋服がいらない  俺が停  俺も今そんなことを考へてゐた  俺でさへ今迄気がつかない  俺は知らなかつたよ  俺は幾度か行つてゐる  俺はもう此処に来て  俺が書いた  俺が知らないで  俺はあいつが煩ひ  俺はこの世に軽蔑されるが  俺の体はバラバラに飛び散つてしまひ  俺は何だか悲しくなつて来たよ  俺は一応それらの煩ひことは  俺はもう行かなければならない  俺は急に青野へ行つて見たく  俺はもう仕方がなくなつて夜になつてあれの眼が見えなくなる  俺は朝から気分が悪くて寝てゐた  俺は事件が起つた  俺があれを煩さがるので  俺は今でも切りに想像してゐる  俺には思へないよ  俺も春までには一思ひに  俺の君に寄する  俺はいよいよ俺ひとりの天地になった  俺は廻り合った  俺は君の家に駆け込んだのさ  俺と行き  俺は体中が無性に震えあがるばかりで動けなかった  俺は妙に落着いた  俺は一層嬉しくなって  俺にはそんな形式張った  俺は悲しくなる  俺は毎日を送らなければならないなんて  俺の顔を見知って来たか  俺がドレ位の恐ろしい人間かわかったか  俺の名前を知って来  俺なんかは俺の幾何学でもって  俺の方からかうして  俺あ今はもう何もかも後悔してゐるだよ  俺の顔を見るなり  俺がさういふ  俺はまゐりはせぬ  俺の意に逆いた  俺に夜は眠るなといつて来たが  俺もずゐ  俺の後からついて来い  俺は何をぐづぐづ考へてゐる  俺はこの樫の樹へのぼる  俺がそんな話をしろと頼んだか  俺を恋する  俺はあの不信な国民と提携してゐた  俺はお前を棄てても  俺にはお前といふものがよく分つてゐる  俺は気が滅入  俺の死期も間近に迫つてゐる  俺の霊魂は一層苦しむ  俺にいたずらをしやがった  俺は和服なんか着ないよ  俺だって毎日遅くまで会社の年末整理に忙殺されてると  俺の頭にみな塗ってもらうべ  俺の頭につけてくんなせ  俺は酒を止め  俺がゐた隣り  俺は他人に合せる  俺が間借をしてゐた  俺と一緒の船で帰つて来た  俺は全く驚いたよ  俺は悦んで  俺も家にでもなかつたら紛かされたかも知れないが  俺に吹聴してし  俺は困つてゐるよ  俺も斯ういふ酒を飲み慣れたい  俺には親しみのある  俺はがつくりと  俺は落つきが出て来た  俺にも何処かにそれに似た  俺は今さう断つて置いたから  俺が手を降した  俺にも古い記憶がある  俺の不甲斐なさを切りに嘆いてゐる  俺と結婚した  俺のこの姿を見  俺の一張羅となつたわけ  俺が幾歳の誕生日の彼女の送り物だつたか忘れたが  俺の隣りに住んでゐた  俺は夢を見てゐる  俺は今怖ろしい  俺に紹介しない  俺の三倍も酒を飲むよ  俺が食うと云ってくってしまった  俺の眼の黒いうちは金輪際保証すると  俺と同じ強さの忿怒を感じて  俺ほど強く怒りを感じやしない  俺は小室と云う  俺が門を窺うた  俺に言え  俺の頬辺ぐらい指で突いてくれるが  俺を追掛けやがる  俺が誘拐した  俺がちらと聞いた  俺ぐらいにあやかる  俺の怨みが残っていると思えって  俺はおまえをかわいそうとは思わないぞ  俺は何とも思やしないよ  俺が帰って来たから  俺そんなことしねえ  俺も一つかけて  俺が逃す  俺はどんな蛮地にいようとも  俺に信頼がもてない  俺がやるぞと言いながら  俺は往く  俺の家だから出ていってくれなんて言った  俺に出てけ出てけといった  俺がずぶの素人でいて  俺も追ん出されて行き  俺は捕まえようって  俺はマアそういうふうに解釈している  俺だって当ると思っちゃいないよ  俺が繕ってやる  俺はとっくりと考えてみた  俺の国の判じようだと  俺の国でいう  俺は俺の考えをあくまでも押し通す  俺は一つの陰徳をしたという  俺がそれを見付けたかという  俺はサッサと帰るからね  俺はその名を知らんとはいわさんぞ  俺はひどく怒られた  俺は往けた  俺は出会っちまった  俺をめがけて投げつけた  俺は水棲人のやつがなにを抛った  俺にゃどうしても出来ん  俺は常日ごろじぶんにいい聴かしてる  俺にゃ思えるよ  俺がいってみる  俺の家を継げば  俺をどこかの殴りこみに連れてゆく  俺を追ってくるだろう  俺にうむと言わせたいなんて  俺を疑う  俺はいま作りあげようとする  俺は国家への協力をほこれる  俺は個人としての最高の死を遂げる  俺を釣ろうなどとは  俺と思った  俺の心が判らない  俺を辱かしめる  俺だけ頭数に入ってねえ  俺の口先一つで何んとでもなる  俺の逃げる  俺の逃げた  俺のことは喋っていないだろう  俺にだけ話をして  俺の名も連ねてある  俺を召捕るか  俺の運命をきめる  俺は切腹せんで  俺を一番幸福な人間にしてくれた  俺が関を知ってるだろう  俺はまだ悪魔を助けた  俺の運が向いたぞ  俺の背中にある  俺は電気に殺されるに  俺の真似をしてゐるな  俺はいつの間にか嘆きの感情を取り戻したと見えるが  俺を酔っ払いだと云ったな  俺を殴った  俺に無法な拳をあてておいて  俺に責任を塗りつけようとしても  俺の持物にしてやろう  俺から云わせりゃ  俺にはあの婦人が変に小気味悪く思われましてな  俺が何んで知る  俺を解らせてくれ  俺の方が計られた  俺を香具師だと信じているらしい  俺はすっかり驚いて  俺は動く  俺は動かず働かず  俺も云うよ  俺の大役も済んだらしい  俺に仕えている  俺も一服喫って見たい  俺はお前へ礼を云うよ  俺は眠剤を取るだろう  俺を疑い  俺は坊主になる  俺を見棄てまいな  俺を刺そうとした  俺も聞かない  俺を狙うか  俺は野心を捨てる  俺に執っちゃあ  俺の仕事も済んだ  俺の眼を眩ま  俺だけは誑かれねえ  俺の素性が解る  俺も手伝うと云って  俺の財布じゃと僻易させてしまうし  俺は今の会社をやめる  俺も工場へ行きたくなったよ  俺は何も云いやせんぜ  俺の目が負けてはなる  俺は四日位で充分分ってみせるぞ  俺も十七で呑む  俺も立つ瀬がないというもんだして  俺も仲人になった  俺を白い眼で見る  俺がやくざだってよくもあんな外道の巣へ追いこみやがった  俺は今夜は何某と共に酒場へ行く  俺はもう酒場へ行つてハイボール一杯も飲めなくなるといふ  俺には俺の苦しい矜がある  俺はもう今から仕事をしないぞ  俺はこれからの生活を一新する  俺は或る女を愛したいと思ったが  俺は昔ある  俺はどんなことでも出来る  俺は灰色の風に吹かれた  俺の顔を水鏡に浮べるにつけ  俺の面上から消え去らうともせぬ憂ひの  俺の皿は素焼だそれで人間は食って生きている  俺は何度ブランカには追かけ式家政学のことを云っただろうと  俺にはもうじとじとした  俺の方で試しに啓けてみよう  俺も自首して出るよ  俺ならば江東にいる  俺が追及されている  俺を探がしている  俺が七カ月頑張った  俺も意気地なくのびてしまったよ  俺もそうだと思う  俺がやらなけ  俺の友達にこんなのがある  俺とあいつはどうも永久にこうやって入り  俺だちだって泣いてもい  俺だちだって  俺には解らなくなった  俺はお前の弟子になろう  俺はそいつへ食い下がってゆきたい  俺から書面をつける  俺が坐ろうという  俺の顔が強さうだなどと云ふ  俺は強ひて  俺を一番怖ろしいが  俺の心と反対なものとなつて他人に響いてゐるらしい  俺には腹にたくらみでもある  俺は常に悲しい孤独ばかりを感じてゐる  俺は僕自身に考ふべき  俺は山猿でゐなかつた  俺は悪寐にも考へなかつた  俺のやうな者でも女の誘惑に遇ふ  俺を笑顔で迎へてくれる  俺はどんなに喜ぶだらう  俺に泣顔ばかり見せてゐる  俺の顔を見ても  俺を怖れぬ  俺がこの市民達に異様な化物として扱はれなく  俺はそれだけで十分満足する  俺は自分の顔を湖水に写して見る  俺の眼附も丸々としてゐて  俺は屹度其儘朱紫国へは帰らないで  俺はいつも云ふとほり  俺の方にも見せて呉れるだらう  俺は俺の為のみに快楽のみを求めて  俺は嫉妬している  俺の窺知し得ない  俺の心臓に喰い入ってくる  俺は泣きたい  俺は犬猫のような結婚を望んでいた  俺も人間としての自尊心を持っている  俺とは種族が違う  俺の今後の道標となるだろう  俺にとっては曲った  俺あ先に帰ってきた  俺のようになっちゃあ  俺は子供の時分そう思ったね  俺にはよく分らねえ  俺が車を引っ張って売りに歩いても  俺もこうぶらぶらしていた  俺の手におえねえほど  俺の仕事が役立つって  俺はただ働えてやる  俺は家の中をじろじろ見られる  俺はその間の利益を取る  俺は臨邑の者であるが真珠を取りに出ていて  俺ばかり馬鹿に食意地が張ってる  俺が寄附しねって云う  俺の畠のとこへ建てるって  俺の耕ってる  俺じゃあないと思いながらも  俺もそうにらんでいた  俺に関係した  俺は馬鹿ぢやないから何も出来  俺はもう二百フランしか持つて  俺は大急ぎで飛ばして来た  俺の荒仕事が出来ると思うか  俺の可愛い奴のために見のがしてやる  俺を嫌つてゐるの  俺は斯うしてしつかりと  俺にやつて見な  俺の阿  俺もさうだな  俺の口の試験をして呉れる  俺も変に疲れた  俺は銀行や郵便局見たいな  俺を取扱つてゐる  俺にはとても肚なんぞ立てる  俺は今一体どこにゐる  俺の手下になって  俺がことを聞いたか  俺死んじゃったかなあ  俺が嬶になんねえか  俺は馬鹿なことを考へて  俺は矢庭に上着を脱ぎ棄てる  俺にして見ると  俺の眼前に現はれ  俺を取り囲んで  俺は忽ち悪魔共を征服してしまふ  俺の全身は程好く  俺は稍ともすると  俺は近々此地を発足して  俺もしないで  俺にはそんな暇はないとかもう大人だからとかいっている  俺はこの歌をもつて  俺の入った  俺はすっかり喜んでしまった  俺にはワケが分らなかった  俺は好奇心にかられて  俺もそんな冗談を云う  俺は二三度調べに出て  俺はニヤリとした  俺は知らずに  俺はギョッとした  俺は助かったと思った  俺はそこで二時間ほど調べられた  俺はニベもなく云いかえした  俺は思わずクスリと笑った  俺は聞いていなかった  俺は腹が減っている  俺の口元をだまって見つめていた  俺はこの男よりも出来ていない  俺は窓という窓に鉄棒を張った  俺は両側を二人の特高に挾さまれて  俺は自分の身のまわりを見  俺はそれをひょいと思い出した  俺は首を窮屈にまげて  俺はきつく帯をしめ直した  俺はその音をきいた  俺は吸い  俺には何んだか不思議な気がした  俺は何んだか急に気が強くなる  俺は自分でも知らなかった  俺は褌まで青くなくたってい  俺は始め身体がどうしても小刻みにふるえて  俺は看守の指さす  俺はだまって  俺はその前を通った  俺は最初まだ何にも揃っていない  俺は生れて始めて  俺は音をたてない  俺はワッと声をあげて泣ける  俺は相手から顔をそむけて  俺は着物の襟にそれを縫いつけた  俺は六十日目に始めて  俺はそのお爺さんと寝てやっている  俺をまるで夢中にさせてしまった  俺の髪だけは助った  俺だちに起させる  俺は自分の四肢がスンなりと肥えてゆく  俺だちにとっては  俺は発見した  俺は何時でもそう云っている  俺だちの関係で入った  俺だちの囚人運動は矢張りゴッホには描けなかった  俺はその中で尻をはしょって  俺は運動に出ると  俺は泥をソッと手づかみにして  俺はその時の喜びを忘れる  俺は急に踊る  俺の方を見た  俺はしばらくして  俺の前にこの同じ室に入っていた  俺はそれらの落書の匂でもかぐ  俺も手紙を書きに行った  俺は独房にいる  俺は何かの雑誌でそれを読んだ  俺は屁の事について考えた  俺もしばらくして  俺はだまっていた  俺は独りでテレてしまった  俺は二三度その文句を口の中で繰りかえしている  俺は久し振りで長い間会わない  俺がこういう処に入っているとは知らずに  俺は此処へ来てから  俺はそれを読んでから  俺ときたら  俺も色々と打ち  俺は何時でも壁を打つ  俺の方から先手を打ってやろう  俺は起き抜けに足踏みをし  俺はそれを待っていた  俺はいきなり窓際にかけ寄ると  俺の胸は早鐘を打った  俺は途中まで箸を持ちあげた  俺は監房を出て  俺はその隅の方で身体検査をされた  俺は思わずギョッとした  俺はホッとして云った  俺がそう云いかけると  俺の両手首にそれをはめた  俺は思わず手をひ  俺は半年振りで見る  俺ともう一人の同志は一寸顔を見合せた  俺は前に面白い小説を読んだ  俺だちは喜んだ  俺が世の中にいた  俺はそれだけをポツンと云った  俺はこの手紙を見ると  俺も昔その本を退屈しいしい読んだ  俺だちの仲間のある  俺は見覚えの盆踊りの身振りをしながら  俺の近作を見せたら  俺が畑の麦が熟れてゐようと  俺が自分の眼で見て来る  俺がなおさせてやろう  俺の所持品はどうしたい  俺の手からはずして  俺のところへもみんながやってくるに  俺は小さい時分何でも馬のバリカンで刈られた  俺は大抵野原で頭を刈って貰った  俺は一体どこに行きつつある  俺の子をほんとに殺した  俺が手を下した  俺はどうしてもそうなれない  俺の手におえない  俺を圧迫してくる  俺の個人は団体のなかに解消せられて  俺はほっと安らかな息がつけた  俺が驚歎した  俺が主張すると  俺をいたわろうと  俺を取り巻いて  俺の方でも皆に愛想よくしなければならない  俺がこれまで経験しなかった  俺は野をさまよい  俺は群居生活の息苦しさに帰した  俺は近よって声をかけた  俺はからかってみた  俺は眼を外らして  俺は機械的に返事をしたが  俺は言い直した  俺の言葉を待ってる  俺は何にも言えなかった  俺は時折出逢う  俺の心の中にもそれが在る  俺にはよく分らない  俺はそのことを漠然と感じた  俺の消息が途絶えてから  俺は本人たちから聞いた  俺の生還を喜ぶ  俺は憤怒に似た  俺を変だと思ったに  俺の方をひそかに窺ってる  俺の視線を避けながら  俺は一度でいいからすっかり一人きりになりたい  俺の方をひそかに眺めて  俺は惚れこんじゃった  俺は八重子と結婚する  俺の最後の親切だと思えよ  俺になった  俺とが同じものだといって  俺は昔の天上界のことを何一つ記憶してはおらぬ  俺は俺を俺と思う  俺と思うてもさしつかえなかろうに  俺の学ぶべき  俺の弱点がある  俺は思わず吹出してしまった  俺はまたゲラゲラ笑えてきた  俺はそのときの戦闘経過を詳しく記録に取っておいたくらいだ  俺はホッと溜息を吐いた  俺と比べて  俺に向かって  俺はたまげてしまった  俺は気がつき  俺はとっくにこんな辛い旅なんか止めてしまっていたろう  俺は確かに見抜いた  俺にとってと  俺は孫行者からあらゆるものを学び取らねばならぬ  俺は悟空からほとんど何ものをも学び取っておりはせぬ  俺の役割にしたって  俺は考えずにはいられない  俺はいつも思う  俺はそれを思うだけな  俺が比較的彼を怒らせない  俺は独り目覚めている  俺は先刻から仰向けに寐ころんだ  俺は起上がって  俺の作つてやつた拙い歌を皆なで  俺にも闇に浸  俺の孤独が増す  俺の愛した  俺から遠ざけてくれ  俺はもう絶対に遊びや酒は止め  俺はそれが心配で狂ひさうだ  俺の腹が解り  俺の顔を鏡に写して見  俺にだって分るさ  俺に苦痛を忘れてはならないという  俺を強いものだと信じているので  俺は茶わんに苦しんでいた  俺から話す  俺を息子にして喜んでゐる  俺は前に進んだり  俺の方を覗きこんだ  俺は毎晩のようにここに通った  俺の顔色を窺ってる  俺も何度か顔を合せた  俺には俺の知ってる  俺はあたりを見廻した  俺の顔を眺めた  俺の腕を捉えた  俺の腕を離して  俺は事の次第を尋ねかねた  俺はもう食べられなかった  俺が彼女に逢った  俺はあんなところで死にたくはない  俺の頭にはいつとはなく  俺が理解する  俺はぼんやり見守る  俺に向って訴えてるという  俺の眼を見つめた  俺は頷いた  俺もついて行って  俺の方を振り向いて  俺は静かに頷いた  俺は合着のオーバーを着て  俺はそれに腰を下した  俺が千代乃さんを見かけた  俺は思いがけない自分の声を聞いた  俺は木箱を周さんに渡した  俺には全然意味も感情も通じない  俺がはいると  俺を帰らせない  俺に軽く頭を下げた  俺が何も尋ねないのに  俺はやめた  俺はぴくりとした  俺の様子に気付いてか  俺はまた表の方を見やった  俺が表をのぞいて見る  俺はそれよりも外国へ出かけるね  俺の女房ときた  俺まで傍から放しはしまい  俺の邪魔がしてみたい  俺はきっといちいち女房に束縛されちまうに  俺には拝ませてもくれない  俺には一コペックごとにけちけちする  俺には百ルーブルとはよこすまい  俺は出て行くぞ  俺はほんとうに怒るぞ  俺は画を描く  俺だって食え  俺のことを俗物だ俗物だといっていやがったな  俺のチョコレットを食ってるな  俺はそれを昨日画箱の中にちゃんとしまっておいた  俺がいなかったら  俺は全く憧憬してしまった  俺に用があるよ  俺が描くから  俺の報告を聞け  俺は九頭竜の店に行った  俺はとにかくまだ生きてるぞ  俺にも出来るだらうか  俺が掘  俺は爪楊枝けずりの  俺を軽蔑してるだけだ  俺を無視してるだけだ  俺は不思議に思って  俺はその点を突っ込んでみた  俺とちょっと議論になって  俺に従順になっては  俺の方をじっと見るが  俺に素直について来い  俺の方にだけ眼を向けろよ  俺が本当に客観的なことを言ってやろう  俺は君が好き  俺にも一抹の疑念が起ろうじゃないか  俺に分らない  俺に背を向ける  俺はその時うっかり聞き流したが  俺だって疑いたくなろうじゃないか  俺にも少し考えがある  俺が言う  俺はじっとしてる  俺のあの菓子を食ったのに  俺は嘘は言わない  俺の髪の毛を引っ張る  俺が引っ捕えてみせる  俺はやっつけられたとは思わん  俺も今日は小屋を一つほつたてようと  俺はお前に借りている  俺はこう思う  俺の両親は活きているよ  俺には主水叔父さんがどんなに懐しく思われるだろう  俺は堅く信じているよ  俺にも見えない  俺は思わず顫えた  俺の眼に父上の御名の現れた  俺はいつも思い出すぞよ  俺も改めて宣ろうか  俺からもすぐに追手を出そう  俺は愚痴を云う  俺は恩を受けている  俺は涙を揮って  俺が盗みをするという  俺はいったいどうすれば  俺が構えると  俺は眼ばかり狙うからな  俺は本栖湖へ行かなけりゃならねえ  俺が控えている  俺は今日来た  俺はもっと正気でいたい  俺よりもっともっと悪虐な人間がこの世にいる  俺も最後にはあそこへ行こう  俺はまた人を斬りたくなった  俺は返辞をしねえばかりさ  俺の商売は他にある  俺も行かずばなるまい  俺はこの城へやって来てから  俺は今年で四年になる  俺は今年で七年になる  俺に見せてくれ  俺は時々変なことを云う  俺をどう思うかな  俺を可愛いと思うかな  俺を瞞そうとする  俺はお前を殺したくなる  俺に隠れて  俺を憎んでいる  俺に従いて来い  俺にも聞かせてくれ  俺の上衣を作ってくれ  俺の従兄に逢わせてくれ  俺を連れて来た  俺は出て見せる  俺は抜け出して見せる  俺は盗んで見せる  俺が持つと  俺を盲目にする  俺のこの眼はな二つながらちゃんと見える  俺の血も絞る  俺を狸か狐のように毒煙攻めにしようとしやがる  俺はお前を憎んでやる  俺には斬れない  俺もある  俺には解って来た  俺も心を動かした  俺のような者でも解脱往生が出来るかとな  俺は徹底したい  俺は悪に徹底したい  俺はお前が斬れる  俺は教団へは帰るまい  俺はもっと苦行しよう  俺の心が滅入って来る  俺が許さないと云った  俺には由縁のある  俺はよい物を手に入れたよ  俺は早速試みて見た  俺からお前へ訊こう  俺はすぐに殺される  俺に売り付けた  俺は脱走した  俺は父母を探しに行きたい  俺を放せ  俺を逃がすとは  俺がなんで逃げる  俺を見守っている  俺は昔を思い出した  俺はもう生きている  俺の方から呼び戻してやる  俺も少し考へて見るから  俺には近頃いろんな友人が出  俺は薩張り詰らないから  俺に借りて  俺は憤慨する  俺も行きたいな  俺は頭が痛くて爲樣がないから寢かして呉れよ  俺は山内に同情する  俺が喰ふ  俺が卵を売  俺の収入の道が絶えたと  俺は読んで  俺が写して  俺の背丈けに明けたならばね  俺は自分の仕事をしなければならない  俺は話した  俺も今日からあの真似が出来るかと  俺の働きでやつと売れた  俺にはさつ  俺より他には誰も知らない  俺も泣け  俺も酔つて来たかな  俺の木兎が死んだ  俺には近頃色ンな友人が出来たが  俺は薩張詰らないから  俺に借りて来て呉れと  俺だけは死んでみせるぞ  俺が代ってやる  俺が死なしてやると思ふ  俺にや何處の馬の骨だかもわかりやしねえ  俺んとこで死ぬなんて  俺を見られない  俺が同級生もずいぶんたくさん予科練でいっとるばって  俺も一つ出てみようかという  俺はそれよりも弱い人間なんだと消然と呟いた  俺はそれよりも弱い人間なんだと悄然と呟いた  俺を信じておいで  俺にくんないかね  俺から離れ  俺と同じような病気にしてやる  俺ァ鰯をもういっぺん食べて  俺は十七八かと思った  俺のとこへ来ないか  俺の家には金の茶釜がいくつもあると  俺は半年も呼びつづけたかしら  俺は徹底する  俺は是非とも手に入れたい  俺は探しに行く  俺を愛しているらしい  俺を行かせない  俺の恋仇となった  俺を助け  俺が云い出した  俺が許さぬ  俺が占有したら  俺の心配していた  俺の恋を入れながら  俺と一緒に来ようとはせず  俺は今日まで思っていたが  俺は実際惜しいことをしたよ  俺は瞥見しただけだ  俺は全然見ていない  俺も刻ってやろう  俺はこの頃になって  俺もいささか驚きましたよ  俺は逢った  俺には不用の人間になった  俺は一人で研究したい  俺がオッチョコチョイに見える  俺のようないい年をした  俺が処置をつけてやる  俺の聞き  俺には不思議でならない  俺は騒がないよ  俺がやッつけッちまう  俺はお前に殺されるだろうとか仰し  俺を捕まえれば  俺を捕まえる  俺を一生懸命に捜しにかかる  俺と喧嘩した  俺がお前に石をぶっつけた  俺が集める  俺は金をもらいに来た  俺も東京にいた  俺は東京でサントリイを二本あけた  俺は逃げたよ  俺と逢わなかった  俺と同級生でもあり  俺は誰にたのまれなくても  俺を見下げ果ててもらっては困るよ  俺に頭があがらん  俺に米を送ってよこせという  俺はいくらでも背負わさせてやる  俺の家へ来い  俺は飲まん  俺は飲まんよ  俺が行って引っぱって来る  俺の家へ来なさい  俺は馬の皮をはぐ  俺は鉄砲撃ちなんだ  俺の事なら何でも知っている  俺と一緒に八幡様の宵宮に行ってみないか  俺が飛び込んで行って  俺の偉いところを見せてやる  俺は帰りに持って行くぞ  俺のところへ来たら  俺に知らせなさい  俺ほどこんな無遠慮に親しく口をきける  俺のうちに来いよ  俺と修治と奥さんと三人で食って  俺がせっかく苦心して撃ちとった  俺はそうにらんだ  俺が奔走してやるからな  俺が慌てていても  俺が使ったぞ  俺は気が弱いからそれがためにこれまで何かの点に於て損をしている  俺は気が弱いからそれがためにこれまで何かの点に於て損をしてゐる  俺の主義だって事を知っとるじゃないか  俺が自由でなけりゃならん  俺が帰ると云うので出かけた  俺が帰り  俺をこんな目に会わし  俺の活動もまた非常に楽になるし  俺がその事件に関係しておる  俺を隠匿っておく  俺に貸しておくれよ  俺が幾日見張っていても  俺の常套手段を取っていやがる  俺の名が解ったか  俺の懐中からパッと消えてしまった  俺があの栓を受取る  俺の衣嚢から掏ったに  俺をかくまってくれ  俺と同じようにこの屋敷に忍び込んでいるに  俺が優勝の地位を占める  俺が連れて行くと  俺の想像した  俺の邸の前で面を隠さないとは  俺の力はわかるまいが  俺は待つ  俺は復讐のために生きる  俺は貴様達に跪いて  俺が奴と面会している  俺もルパンと知れたからにゃ  俺もこの品物を返してやろう  俺の行為も色目で見やがるだろうからな  俺の前で嘆願すりゃ  俺が思い立ったら  俺を誰れだと思う  俺の袖に縋るより  俺はアルセーヌ・ルパンとあえて云おう  俺の前にいる  俺の仮面を引剥くなれば  俺も一つ探偵小説を書いて見ようと云った  俺とお前が木更津へ逃げた  俺は変わった  俺はすなわちその芝派のほうを聞かせてやろうと  俺はウイスキーにする  俺もただは見逃さないぞ  俺が酒を飲まん  俺は酒が飲めんから  俺だって死ぬかもしれない  俺ちみて  俺あ笑えねえ  俺が言ってやったじゃねえかよ  俺の車さ乗って行くか  俺の力にも及ばぬ  俺はどうしてコンナ処に立ち佇まっている  俺の頭がヨッポドどうかしているらしいぞ  俺は何を考えていた  俺は今学校に出かける  俺はここに立佇まって考えていた  俺はきょうこそ間違いなく汽車に轢き殺される  俺は小さい時から一種の精神異状者に生れ付いている  俺が登って行く  俺も一所にあの世へ行く  俺は太郎に命じて  俺が考えて来た  俺の幻覚に過ぎない  俺は一種の自己催眠にかかって  俺の神経衰弱がこの頃だんだん非道くなって来た  俺の机の上にハタキでも掛けている  俺はキチガイになるかも知れないぞ  俺はすすめられる  俺のからだが傾いて  俺から遠いそこでヒョイと暗い空を見上げようとした  俺は寢ていた  俺はじかに小川の水に顏をつつこんで  俺と關係あつた女をつぎつぎと思い出して  俺がいちばん深く愛していたからか  俺は甘くないぞという顏をして  俺は君がそれほど嫉妬する  俺という人間の姿がある  俺は生きていただろう  俺は汽車の中でなんとかして  俺が渡り越えた  俺は歩いた  俺の足だけが動いた  俺を許さないだろう  俺の手のひらに吸いついた  俺は草の中に立ち止まる  俺は草の中に坐り  俺をつぶさない  俺が蟻でないからだすると  俺が俺を確認してみても  俺のとなりには枯枝がある  俺には無いだから死ぬ  俺とは同僚だ長い長い吐息を吐いてから  俺は藥のびんを開けたが  俺は立ち上  俺はびつくりして  俺は合掌小屋の中にこごみ入り  俺はうつけたように聞いていた  俺も立上つてその後から歩き出す  俺を鐡道の驛まで案内してくれる  俺を拾つてよもつて行く  俺はどこへ行く  俺は次第に氣が遠くなる  俺と人に忘れられた  俺と捨吉は歩く  俺は歩いていた  俺は路上にころんだ  俺は起き  俺という人間はコナゴナにこわれていなくな  俺はしばらく返事ができない  俺なんず可愛がつてもなんにもトクしねえからな  俺の兩頬がつめたいいつのまにか涙が流れている  俺は聲をあげて  俺の中から死のうという  俺にはおきないだろう  俺の笑いはとまらない  俺の兩足は歩きながら  俺の足音に耳をすます  俺の頬にとめどもなく涙が流れ下る  俺は人をやつつける  俺の考へてる  俺は自分の馬鹿さ加減を覆はうとする  俺が面白がり過ぎて  俺はワザと斯んなに乱雑な服装をしてゐる  俺の小説を読むなんて  俺だつて口惜しいと思つてるさ  俺だつて斯んな処になんて住ひ  俺は少しもふざけてはゐないよ  俺を馬鹿にしたり  俺の小説を読んで  俺のこのコートを貸してやらうか  俺を信用もしないで  俺の炭を焼く  俺の山には幾らでもある  俺あ帰るまで  俺がズラかって来たからって  俺には貯金が五百ルーブリもある  俺あ見た  俺あ云うね  俺をつらまえちゃ  俺はこういう疑問をもってる  俺はこれに答えて貰いて  俺はコムソモーレツにならない  俺はけがらわしいものの増す  俺に加えるが  俺も汝の家を焼いて  俺に任かせて置け  

~ 俺[名詞]1
いまに俺だって  プロレタリアは俺の  立膝をしてゐる俺の  とぐろを巻いて罵つてゐる俺の  漂はして俺を  そこにこそ俺の  彼女は俺より  ことから俺は  今まで俺を  清川は俺の  五両貰ったかと思って俺  あいつらは俺を  それだから俺の  君は俺が  努力を俺から  方が俺は  くらゐなら俺は  今度は俺の  酒を飲みながら俺の  君と俺との  誰か俺を  舌が出せないので俺は  ことなら俺は  あいつ等を俺に  光は俺が  アーエーイーすると俺と  たまには俺の  どっからどこまでが俺の  お前は俺の  漁場の俺の  成程俺は  それは俺に  みんなは俺の  爺や俺は  一人は俺が  ような俺の  空想を俺に  これを投げ捨てれば俺の  ほんとは俺の  仲間を見廻したが俺が  ご馳走になって俺  ツて俺の  お前は俺には  そりや俺が  お前は俺が  武器で俺を  のは俺の  のが俺の  御飯まで俺を  医者より俺の  これが俺の  四十男の俺の  ことを俺に  娘は俺の  ように困っているらしい俺の  鮭缶に対する俺の  怪訝そうに俺の  座敷へ俺を  岩木は俺を  帰りに俺は  御布施をくれたって俺は  クサレ縁とか俺の  それが俺の  どこで買おうと俺の  青木も俺の  逼塞している俺の  貴様は俺に  勘定は俺が  言葉は俺の  俺は俺の  ことには俺は  労働も俺の  物質を俺に  父ツちやん俺が  羞みを感じながらも俺から  のは俺にとっては  今までも俺には  ぬいさんが与えられても俺には  純潔さで俺の  心を俺の  もんだから俺は  余裕は俺には  何か言いだしたら俺は  ことをしたら俺は  そこに行くと俺でも  おやじは俺が  長男は俺の  留守にしていた俺が  東京は俺にとっては  人間があろうとは俺は  演武場くらいを俺は  のは俺  場合の俺の  女は俺の  のは俺だけ  勝手じゃないかと俺は  ことはしないくらいに俺を  明日から俺を  自然は俺を  これは俺の  それだのに俺は  結局触ったにならない俺  いつでも俺の  一人でも減ると俺は  貴様たちは俺が  お蔭で俺は  人生は俺が  貴様が俺に  老爺親切には俺は  あいつは俺と  やうに流されていつた俺と  ここで俺が  何人か俺が  これで俺は  群が俺の  これで俺も  それは俺にゃ  女子は俺の  鮒をば俺に  徒勞を重ねて行くべく俺は  どこからか俺の  貴様は俺を  怪塔王たちは俺に  こといわれて俺は  長崎仕込みの俺の  これでは俺も  我慢の出来ないほど俺は  品物なら俺の  お前にとっては俺は  方角だか俺も  尋常に闘ったら俺の  三人は俺の  答えは俺には  今は俺の  巫女が俺を  ぢや俺  俺だちは俺  のか俺には  なつた俺を  なかで俺が  絶対に俺が  パペーテで俺が  そいつを俺は  はずの俺では  肥料は俺が  それによって俺の  助に俺の  口さきで俺は  君もか俺も  どこからか俺に  んだから俺の  ことなら俺に  君が俺の  のが俺は  あとへ俺は  傷物が俺に  併し俺には  貴様は俺について  樣は俺について  方が俺より  休みに俺の  函は俺の  海野は俺の  うしろから俺を  人だかりを押しわけて俺は  彼奴は俺を  彼はこりや俺の  経過報告が俺の  何だって俺を  恩を蒙る俺までが  あれまでの俺の  これほど俺や  頬に俺が  人間なら俺  俺には俺の  あいつは俺の  今日のは俺の  昨日は俺に  露骨に俺の  女は俺が  中学生の俺よりも  ために俺は  娘は俺を  紀代子は俺の  おかげで俺は  いまでも俺が  何という俺は  ことが俺の  ように俺の  みじめな俺が  らば俺も  おやじは俺の  日頃から俺を  文晁先生が俺を  一人でも俺の  のは俺にも  ここは俺にゃ  我を折って俺の  千絵様を俺に  千絵様さえ見つけてくれたら俺も  それだから俺も  これほど俺が  奴に俺の  彼も俺を  それは俺から  あいつは俺を  之で俺は  長老が俺に  抔と夢みてゐた俺は  あいつ迄が俺を  後を俺が  降誕祭へは俺は  体の俺が  それを踏むならば俺は  今度の俺の  お前が掴まれば俺も  切支丹だと疑ふなら俺は  伸びあがり俺を  お前と俺だけが  チェッと俺は  人に俺も  今の俺は  報ひですつかり俺の  延子に対して俺は  うちに俺は  為に俺が  ことは俺に  確かに俺の  顔付をしてゐたつて俺なんか  金なら俺は  仏蘭西ッ児の俺に  何が俺を  忍なよろこびを俺は  なにも俺を  それは俺も  残忍なよろこびを俺は  左に売る俺も  行商人に化けて居る俺の  薄着の俺は  様な俺の  人は俺を  生産的仕事が俺に  御無沙汰をする俺の  アイヌ勝利者なるか俺の  アイヌ嘲り俺の  仕事をする俺のての  ヘンリーと俺に対する  やうに俺は  コノ日本人が俺の  彼女に対する俺の  FWを俺に  坂道は俺が  弓なら俺は  女が俺  雲まで俺の  踊り位ひ俺  午飯を担いで俺の  書斎を移してゐる俺の  坊主は俺に  男が俺に  現在の俺が  君が俺に  電話を俺が  聲を出して俺が  幽霊には俺が  拾つた子供だから俺の  ことを俺  本当だと俺  ぞうりだ俺  時が来ると俺にも  事は俺が  遠くで俺を  どなたって俺に  人間だって俺は  闇に隠れて俺を  会で俺の  アバタ男猿飛佐助とは俺の  石川五右衛門とは俺の  親分の俺が  主が俺に  昨日までの俺  アバタの俺を  何んで俺が  ところで俺が  御前が俺から  つてゐた俺の  うちに俺が  前にも俺は  了見が俺には  此処に踏み込む俺の  ぢや俺は  八重ちやん俺が  トロツキーまでが俺の  トロツキーは俺の  況んや俺が  悪るうなりゃ俺が  株内やで俺が  んなら俺でも  喋舌つてゐないと俺は  自分だけで俺は  ものが俺の  子供も俺にな  お前今日から俺ん  俺は俺  やうに俺の  お前と俺とは  それを俺  舟は俺が  ことは俺も  汝は俺の  てめえが俺の  クレハは俺を  結婚は俺にとって  クレハ自身ばかりじゃない俺までも  アンマリ意外なので俺は  初めたりしやがったので俺は  たんびに俺は  お前たち兄妹に対しては俺は  ホントウに俺の  いつになったら俺を  方は俺と  高慢が俺の  おれは俺で  其方どもがやったら俺も  大将たる俺に  良計があるなら惜しまず俺に  なつたら俺が  鯛ちやん俺の  無電小僧と俺に  成敗したら俺は  汝が生きているくらいなら俺は  ワシリー・ワシリーエフが俺に  主人に対する俺の  そこに俺の  君は俺の  百姓達は俺を  奴等は俺が  指環は俺が  御蔭で俺は  子供が俺の  財産は俺の  卓一は俺が  何者であるか俺が  ことを俺は  其辺さ俺も  感投詞を俺が  野球団に俺も  方法を俺にも  沢山な俺に対する  おれが俺  どっちの俺が  謀反人は俺は  生前に聴いた俺ばかり  時分から俺の  男が来ると俺の  其が俺で  物で俺が  形が俺の  満足を俺に  此哀れむべき俺を  線路に俺は  がさつと俺の  此処へ俺の  事は俺を  友よ俺が  幸にも俺が  先生が俺を  素人の俺に  あれには俺も  これで俺の  驕慢で通してきた俺  惨めな俺じゃ  昨日の俺じゃ  レーニンは俺の  しっぽを俺に  落着いて俺の  君には俺が  今度は俺が  つまり君は俺が  者でないという俺の  盃を俺に  ほうは俺と  恋も俺は  女だから俺ほどには  四五日は俺も  去年死んだけれども俺は  今日は俺の  大臣になるなら俺が  そこは俺の  世相が俺の  今夜の俺はなんて  繩を解いて俺に  樣子では俺が  ものへ俺を  兄さんが俺に  そいつは俺にも  明日は俺が  明神下の俺の  それを俺に  以上は俺の  思つて初めは俺  校長が俺に  日には俺は  奴ばかしで俺が  お前は俺を  あれは俺の  これ迄の俺には  今度は俺  責任が俺に  何の俺だって  利口な俺とは  眉見に投げ付けられたでは俺の  米が俺を  富沢甚内とは俺が  ように俺を  現在の俺には  可き俺の  昔噺と共に俺の  現在の俺を  戸口を通して俺の  其或者は俺の  瘤の如く俺の  世界は俺の  心と俺の  包攝は俺の  併し俺の  一怪を認めて俺の  結論は俺には  親達は俺に  名前は俺の  其處で俺は  奴は俺の  外に俺には  人格は俺の  子が俺に  人とが俺の  神も俺の  從つて神が俺の  此處に俺の  一筆書いては俺は  西川が俺の  間に俺は  昔の俺は  云へば俺の  人をば俺の  意識が俺に  人は俺によ  力を俺は  救ひを俺は  それだから俺は  併し俺は  通路として俺の  嘘吐が俺の  贊成すれば俺の  彼は俺の  逆手に俺に  電報を打って俺の  それより俺は  濟まして俺が  株を持たん俺  過去に於ける俺の  姿に於いて俺の  隱現しながら俺の  現在の俺に  現在の俺の  對する俺の  云へば俺は  惡魔が俺の  當時の俺にと  部屋が俺を  今の俺には  中に俺の  性質が俺の  文字通りに俺の  ものは始めて俺の  此人を俺の  併し俺が  俺は俺に  積極的に俺の  而も俺は  事は俺の  上からではなく俺の  ところに俺の  心が俺の  三ヶ月で俺は  一體彼女は俺を  勝利は俺の  ために俺を  未來が俺を  世界がひれ伏して俺に  前に俺の  貪慾なる俺の  使命が俺に  聖フランシスと俺との  明滅しながらも俺の  憧憬が俺の  併し俺を  此外に俺は  現在の俺にと  絶望的だとしても俺は  來てゐるかと俺は  此不安は俺の  此點に於いて俺は  それは俺の  周圍にゐて俺の  俺が俺の  此の俺が  特別に俺の  對して俺は  影ほど俺の  愛が俺の  點に於いて俺を  思想界に於ける俺の  外部に於ける俺の  外部から俺の  新聞を讀みながら俺は  彼方に俺を  #問題が俺に  俺と俺の  それにも拘らず俺は  色男が俺に  なつて俺の  何時までも俺の  地面を俺にかへ  それも俺の  今度こそは俺も  彼処は俺の  具合で俺には  何を俺の  ぢや俺の  武田も俺も  誰でも俺の  物を俺に  悪漢めが俺に  里子の俺は  納屋から俺が  方が俺も  於てでもないが俺に  言葉に価するほど俺の  時分から俺は  これも俺の  ものは俺には  何も俺の  父と俺とは  発展をも俺は  ような俺では  必然に俺の  何か俺の  昔は俺は  ように俺は  感じが俺の  何かが俺を  お前から俺に  一度は俺の  こと位は俺も  何かを俺に  時が俺には  ことでは俺も  笹尾に対する俺の  笹尾に対して俺の  彼等は俺に  岩田も俺に  甞て俺に  ものは俺  鉄拳を喰らわせて飛び出した俺  お前と俺の  従妹で俺の  ウッカリすると俺よりも  叔父から俺の  事を俺も  メーデーも俺  当分の俺の  やつても俺は  出会つても俺は  者が俺の  この世に俺を  者は俺のみ  天下が俺に  達者とは俺の  万策つきたら俺に  之は俺の  今回は俺に  最後は俺の  大明征伐が俺の  シッポが出たら俺が  俺に仕へながら俺の  播磨は俺の  九州は俺の  目マルとは俺の  ひそかに俺が  のには俺も  びっくりして俺が  これこそ俺  中には俺  眼下に見下ろして俺は  眼を止めて俺の  前では俺の  はなしを俺に  路を歩いてゐる俺の  方が俺よりも  君は俺を  様では俺も  十二月二十日に俺は  毛唐人が俺を  気持で俺は  上目使いに俺を  それを見てる俺の  君も俺の  此度は俺の  池部は俺が  風に俺は  咄嗟に俺は  夜明け方に俺は  ことで俺に  生命とだけが俺の  みんな寄ってたかって俺を  自分で思うくらいに俺は  妙に俺の  それを俺は  逃げ言葉を俺は  嘘を云ってるなと俺は  谷山はふいに俺へ  一に俺の  顔色を変えて俺の  胡魔化される俺と  五十両ほど黙って俺に  なんだ俺の  お前が俺の  お前だけが俺の  そつと俺の  生き証拠を俺の  それが俺  野郎が俺の  事実を洩らせば俺は  何も俺が  時は俺も  最後まで俺の  不思議に俺に  その間に俺は  鶴子づれが生きようと死のうと俺の  ちょが俺の  決心を俺に  側で俺を  フランス大使が俺を  王様は俺を  ことは俺にも  壜を俺に  笑子が俺を  下級官吏が俺と  ざまで俺の  向うだって俺の  今度こそは俺の  ところに俺が  もうこの俺には  やうと思ふなら俺の  書物が俺に  本は俺の  みんな使徒パウロと俺との  それは俺にも  張は俺は  彼処は俺は  仁王小路が俺の  其処で俺は  云はれて見ると俺も  さが俺は  のも俺の  秋子と俺との  ために俺の  後は俺が  ことも俺は  ところでは俺の  財産全部を持って俺と  今まで俺は  世界中が俺の  手が俺の  半夜交代にでもしようと俺が  のを俺は  腋をせばめて俺の  敵愾心を俺は  同様に俺に  友人が来ると俺は  彼は俺に  方向を俺は  これは俺に  貴様は俺が  それぢや俺が  路は俺の  これや俺の  やうだつたら俺は  のでも俺は  支配人が俺を  頃の俺は  半年は俺が  お前は俺から  時に俺は  俺は俺で  事ごとに俺の  誰よりも俺が  方を俺  事を俺は  何んだか俺には  条件は俺が  マイユ街にて俺は  六週間後には俺の  パン屋は俺を  上陸すると俺は  道を俺は  何用あって俺を  それは俺が  此の世では俺を  完全に俺の  お前は俺と共に  叛いて俺の  永久に俺と共に  中には俺を  今こそ俺は  純な俺の  今でも俺は  道子が俺に対して  道子夫人は俺に  真面目に俺と  道子は俺に  眼ざしで俺を  腕を俺の  道子が俺などと  彼は俺ほど  嵐になったので俺は  友田を経て俺の  此の俺の  道子は俺の  終いに俺は  時の俺の  そこには俺の  清三と俺と  電光の如く俺の  一言は俺には  道子と俺の  形相を以て俺に  口から俺に対する  男女が上って来たので俺は  清三が俺の  道子が俺の  道子は俺を  死刑になる俺の  何も云わずに俺が  永久に俺の  不用になっている俺の  ほんとうに俺を  最後に云った俺の  お前は俺に  耳にして俺は  翼に俺を  魂を俺の  無視していた俺は  永遠に俺は  ことだが俺は  妻は俺を  一回も俺に  伯は俺を  彼は俺を  医者も俺を  豊だって俺が  芸人どもが俺を  音が俺の  角も俺は  今でもやるから俺の  そんなら俺が  混りはしない俺は  んだ俺には  ことも俺には  もちやで俺が  もちやは俺の  滑稽だぞ俺は  もちやとしか見えないだらう俺には  今では俺の  気性には俺も  今日は俺も  のは俺も  昨日は俺も  そいつが俺に  隅にまで隠れて俺の  ゆうべは俺も  三四十円もあったら俺は  これは俺が  ところへ俺を  熊吉は俺を  あれは俺を  みんなで寄ってたかって俺を  ようになった俺の  二重人格を俺の  ままで俺と  今夜は俺が  今夜は俺に  今夜だつて俺が  子供ながら俺を  ん出されて来やがつたんで俺  さへすれば俺が  何にも分らねえから俺が  旅にゐては俺も  子供も俺の  ショルムスでも俺は  何でも俺の  ツゴウヨロシといって俺の  君は俺に  君は俺という  一緒に俺の  貴様と俺との  酒なら俺が  代地が気に入らなくて俺の  桜痴が弾くなら俺だって  石川五右衛門と俺の  コーヒー代ぐらいなら俺ん  お前も俺も  何して俺が  冬は俺は  折角だけれど俺は  内へ入りながら俺は  姉さんは俺を  そりや俺  彼奴は俺ん  顔を見たつて俺には  妹は俺を  勘辨してくれと俺が  顔から俺を  初子が俺の  引退つてくれつちつたつて俺は  行つたつて今の俺に  白ばつくれたつて俺は  これでは俺の  何をしようと俺の  奴を恐れる俺じゃ  貴様等は俺を  直ぐに俺を  それじゃ俺は  それよりも俺  勇敢さにも俺は  全速力を出しても俺は  ここに俺が  今夜は俺の  苦しまぎれに俺が  らまで俺が  時は俺の  天では俺の  彼女は俺に  あべこべに俺が  大佐も俺も  ことだと俺を  この間の俺とは  人は俺に  一日も休まねえで俺が  人間も俺  何時行つてしまつても俺は  人は俺が  渡り者といへば俺も  何を俺は  亭主は俺  間違いだと俺は  まともに俺も  んだと俺は  メドを俺に  君が生き残るか俺が  ミソも俺の  彼奴だけには俺の  彼奴だけは俺の  どれ程俺が  頬は俺の  真実に俺の  積りで俺の  今度は俺は  さんと俺とで  達雄さんが俺の  一通は俺の  生命は俺の  お前たちは俺の  貴様らは俺に  立停っては俺が  黒親仁は俺を  お昼に食った俺の  家屋敷とも俺の  長男の俺を  今てめえが俺を  こんどは俺が  おまえは俺を  なつたら俺は  どこまでも俺の  責とやらで俺の  やうでは俺は  此頃から俺は  為に俺の  一番エライと俺は  ことを聞くと俺は  今ここで俺が  ことを俺が  今日まで俺の  総代で俺の  方から俺の  ドエライやつを俺の  アに俺が  旦那や俺の  お前が俺を  智恵なら俺だって  教室で俺は  弁当は俺の  んだが俺は  娘達に俺の  奴等は俺の  恰で俺を  無闇と俺は  それはさうと俺の  ここにいる俺が  チャンと俺が  五体揃った俺の  お前と俺とが  金は溜めてゐると俺  ぢや俺が  ドン百姓に俺  君だつて俺  配当も俺  事を俺に  なんしろ俺  女房を俺が  金も俺にや  為めに俺  けしきや俺の  倉川に俺を  此の俺を  腹を合せて俺を  此の俺  それを俺が  女を俺が  あれが俺  たすきがけで俺は  林と俺が  ベルリンの俺の  エカキは俺と  一人は俺も  所が俺の  四十代前の俺の  澁六とは俺の  君と俺とで  假りに俺が  推薦した俺が  獲物は俺が  巨人が俺の  笑ひは俺に  酒卓で俺は  原因は俺にも  イカナ俺も  非人の俺が  兎ても俺には  老人の俺に  仕事は俺に  露領沿海州へ抜けて俺の  事実を俺は  時とばかり俺の  気焔をやめて俺の  何時でも俺は  やつと俺も  時には俺が  確かにいい附けた俺の  ドンナことがあっても俺は  時思はず俺の  行動なら俺は  先を俺は  馬鹿に俺の  來てしまへば俺は  御前の俺を  生命を俺の  罪は俺が  良心から俺に  其儘で居よ俺を  來はしない俺は  白犬よ俺に  ばつちりは俺に  上の俺の  云ふ俺も  洗ひ出す俺は  喧嘩を初める俺は  金魚を俺の  度びに俺は  方が俺が  ぢや俺に  お前様が逃げ出すなら俺も  あっちへ行けば俺が  本人の俺が  物を盗んだと言われちゃあ俺が  のは俺が  本尊様と俺とでは  今夜にも俺は  豊は俺の  最初から俺の  偶然などは俺に  どこと言って俺にも  お前と俺は  先生は俺  十八文は俺の  ことは俺は  つて威張りたいから俺が  カラクリで俺も  病気なら俺が  お手の物だから俺が  方は俺の  ほうが俺には  下は俺の  二人は俺と  片腕が俺には  お方に俺が  ものをきいていたならば俺は  こいつらは俺を  何かに俺は  親友の俺を  今夜は俺には  これまでの俺と  嫁にくれてやって俺の  さが俺には  それが俺には  一人の俺にだって  道庵は俺  先達で俺の  心がけで俺も  役人が来たら俺も  ところを俺は  お前と俺との  お前だけが俺に  いつまでも俺の  年をとって飲んだくれの俺  指でも差してもらうと俺が  兄貴と俺との  兄貴と俺と  隅っこへ俺と  銭を俺に  女におっ惚れた俺でも  意識的に俺を  肉体的には俺よりも  山野は俺や  それだけでも俺は  手紙は俺を  桑田が俺を  感激した俺の  書き出しに俺は  あいつは俺に対して  作者の俺が  草稿を俺に  反感が俺の  活字になった俺の  山野は俺の  今まで俺には  現在の俺にとっては  ままらしい俺の  得意になって差し出した俺の  大事な俺の  何の俺が  ハイ左様なら俺は  お前と俺が  のが俺  女なら俺の  あれを思ふと俺は  時といえども俺は  堀盛とは俺の  柿は俺の  御所柿は俺の  鳩が俺の  言葉だか知らんが俺には  山は俺が  金を俺に  何も俺に  金なら俺が  後世に俺を  待ち暮した俺  よしみに免じて俺の  斜に歩く俺の  それを持って帰る俺  ガタクリすっで俺  はたで見ていた俺も  三日と経たず俺が  盆は俺が  弥造は俺の  そこで言って俺が  了見で俺の  男気と言っては俺が  仙太公も俺も  延び延びになって俺  門出に俺が  それと知らずに俺が  初めは俺も  居所を俺が  ものは俺は  火事になって俺の  家内を俺が  是程までに俺は  宅へ行って俺が  所が俺は  今日まで俺を  ぐるになって俺を  貴様等は俺の  主人は俺の  此の俺に  子は俺が  それは俺かも  ことだろうと俺だけに  んだ俺の  ゼニは俺の  來た俺の  旦那と俺とは  ここは俺が  さんは俺の  はじめから俺の  所に俺の  實は俺に  戰爭が俺を  ムーッと俺を  てめえは俺を  年枝さんは俺が  ことを言って俺を  みんなして寄ってたかって俺を  なんでも俺の  顔をして俺を  おまえたちは俺を  人間どもは俺を  一人一人が俺が  衣裳は俺が  あとで俺が  お前達は俺を  強迫して俺から  貴様は俺の  二度目に俺が  仕官は俺には  昔の俺  金は俺の  そこを俺が  鼓賊が俺を  一つでも俺に  以前から俺は  今日から俺が  あれは俺から  それが俺を  やくざな俺までが  お前も俺に  お前こそ俺の  世間体に俺の  なあにこれは俺の  ここは俺の  家は俺の  泥まみれになったって俺の  幾ら睨まれたって俺の  のだとすれば俺の  善なら俺は  実在と俺とは  前に俺は  ほんとを云えば俺は  頃の俺に  それを俺も  誰にことわって俺の  事に依ると俺は  アンバイでは俺が  喧嘩なら俺が  梅と俺との  自分から俺は  お前を俺が  お前達二人は俺の  母犬は俺を  引取られてからは俺も  随行の俺までが  帰途は俺の  権は俺に  耳輪を俺に  今朝も俺の  菜園が俺の  物をねだってくれる俺に  みんな捨てて来た俺に  漂泊人の俺には  俺が俺がの  籤引きなんて俺  今の俺の  われも俺もと  答へる俺の  時の俺を  んだ俺  ことは俺にゃ  元の俺じゃ  そいつを俺  あんたとは俺にとって  もつと俺は  つて謝つてゐる俺の  ところでは俺は  中で俺の  勝負は俺の  こいつ等は俺を  お前等三人は俺を  女を俺に  紳士だってやるのに俺が  昨日は俺の  知慧で俺の  供も俺と  代わりお前は俺の  お前達が俺を  ユダ奴が俺を  それは俺  最初に俺が  そいつを俺に  それをさせるなら俺は  それは俺にとって  ことに俺は  子も俺にとっては  仕事は俺  之が俺の  世間は俺を  世間は俺が  此女だけが俺の  一人の俺の  ときでも俺は  執着とが俺に  鼻をあかして俺の  それじゃあ俺も  代りに俺の  鬼子母神様を拝むより俺を  貴様と俺とが  あとは俺に  あとは俺が  んと待っている俺じゃ  駕籠をかついで俺の  評判だけは俺も  それじゃあ俺は  みんなが俺を  あとから俺が  先途を見とどけないで俺の  ことになれば俺は  誰か俺の  時は俺が  どこへ向いているか俺は  恰好をしていても俺は  ために俺に  顔をして俺に  彼奴めが俺に  其日庵という俺の  勝手に俺の  解散になったら俺は  尻を俺の  アトは俺が  時には俺の  ヒドク叱り付けてやった俺の  決戦に行く俺の  頭山が遣るというなら俺も  奈良原が死ぬというなら俺も  医者が俺を  あれは俺が  序に俺の  イッソ死ぬなら俺へ  一体貴様は俺を  一つ頼むけに俺の  血統を引いた俺も  種蒔きなら俺でも  今一時間も立っとったなら俺  中に俺  嬶よりも俺  内に俺  あれは俺  さっきから俺が  位牌のまえで俺が  おれは俺  ような俺  チップは俺が  お前でなくて俺  思想は俺には  そこへは俺が  眼をあげて俺の  女そのものが俺には  氣持から俺に  費用さへ俺には  親父が俺の  天道さま見て俺  事がある俺が  時をえたら俺でも  喧嘩なら俺  渡世人に違えねえと俺  当分わかれわかれになって俺も  のなら俺に  のは俺じゃ  面を俺の  何事が起こっても俺  そんなら俺にも  金が俺の  足は利かんし俺  それじゃあ俺の  今朝だれか俺を  なにも俺に  ことで俺も  幾ら借金しても俺の  お前より俺が  眼を向けて俺の  KOMAZEINが俺の  彼も俺が  人間の食うほどは俺も  承知しても俺が  親代りの俺が  あれやったら俺は  日中に俺が  空には俺も  貴様と俺と  今朝七つ半過ぎに俺が  花を見て俺  出先がわかってるから俺  惣なら俺を  現在恋敵の俺の  年寄に俺  方は俺より  おまけに俺を  馬のみならず俺の  ここへ来て俺の  昔の俺の  のは俺では  晩に俺と  部下も俺の  武士は死んでも俺の  柵は俺の  女が悶え苦しむか俺は  顔に湛えて俺の  そこから出て俺の  ことは俺が  俺だ俺  夜中に俺の  説教と俺の  一人占めと云われちゃ俺も  これでも俺を  娘の俺の  部落を捨て俺を  のか俺は  こいつが俺にゃ  俺も睨んでやる俺も  堪忍してくれ俺が  誰かが俺を  何物か俺を  露は俺を  精神転換前の俺という  狼よ俺の  それを見て俺は  処が俺は  のし一人ば置いといて俺が  おかげで俺  友達の俺が  今日の俺の  物ぐらい俺  ものを俺が  固執して俺の  以て俺を  今迄の俺の  何時迄も俺の  間に俺の  脳髄が俺の  急に俺は  どっちかと言えば俺も  将来に対する俺の  現在における俺の  ように俺こそ  それに反して俺は  乞食姿の俺を  時の俺と  それでこそ俺の  装束は俺が  噂を俺は  娘が俺の  一件を俺に  そいつを俺の  湛へて俺は  んだが俺の  給料を払わせられる俺を  これまで俺の  近年に生まれた俺の  彼等は俺を  この世における俺の  窓から俺は  幾日か俺には  主人は俺を  泥足で俺の  どこで俺の  んなら俺も  ものが撃ち取れぬとあっては俺の  彼奴は俺の  貴様達は俺を  二百円を俺に  義直は俺は  馬鹿は俺に  それが俺に  今日は俺に  ために俺が  化け物が俺の  こんどは俺の  何処まで俺に  凧なんて俺は  のなら俺も  面倒だから止めてゐるが俺は  顔を見るだけでも俺は  眼は俺に  食つたら俺は  顔が俺の  其奴が俺を  お前に俺は  子供たちは俺の  船に乗っていると思うと俺  あれが俺の  帰りがけに俺が  自動車に乗せて俺を  違ひないと俺は  皆が俺の  今度こそは俺は  何んでも俺を  一切月末払ひにして俺の  前に俺を  宝石に残っている俺の  標本室に這入って行く俺の  罪を俺に  どこへ俺が  彼らに俺が  彼らは俺が  君くらいには俺にだって  辺が俺の  結局は俺の  一時は俺も  それも俺は  幾たびも俺の  規を脱して俺は  白面の俺に  誰ひとりとして俺の  上にある俺の  つては俺に  生命を俺が  船長と俺が  船長には俺が  樣なら俺も  莊之助は俺の  樹から落ちた俺の  貢物を俺に  上には俺よりも  まん中に俺は  波紋を従えて俺は  ことか俺の  日弟が俺に  これに負けたら俺は  此間うちから俺は  ロータスと俺が  貴様は俺より  助手は俺の  教授は俺が  法律なら俺には  山東京伝という俺の  当分は俺に  処に俺は  今迄の俺は  ビジネスに俺  云はれても俺は  友は俺を  生命と俺の  民衆は俺の  二十日が俺の  何としても俺の  これをやるから俺を  お母さんを捨ててから俺は  今日からでも俺の  お前も俺の  いつでも俺が  男に俺の  息子も俺にゃ  ここに俺の  頃は俺を  何時かは俺と  赤尾のと俺との  下手人が俺  今迄の俺が  澄江にとっては俺という  澄江が俺の  水は俺という  こいつも俺という  時かかって俺の  赤尾の俺とて  図すると俺の  恰度其処へ俺が  つて三人で俺の  以前は俺と  そんなら俺も  話なら俺の  アノ卓子を俺が  圖すると俺の  恰度其處へ俺が  所に俺は  欲求は俺には  意識だけで俺には  其処に俺の  皆が俺を  人達が俺の  雀は俺も  ことは俺の  むかしの俺の  そこまでは俺にも  なんだって俺に  大納言ちうは俺の  やうに俺が  俺が滅びて俺の  ことが俺に  つてわけだと俺は  処で俺は  自分を俺は  三十でも俺ん  ときが俺の  ホントに俺の  子規居士に俺は  金になるから俺  事は俺には  セリフを俺が  真似を俺が  言はれた俺  ものに対して俺が  悲観論なんか俺  暇なんか俺にや  枕元で俺  以前に俺の  言つてゐた俺の  水谷さんが俺を  足を俺  昨日も俺が  悪魔なら俺も  今まで俺  物が俺の  今の俺に  事は俺は  何ぜ俺に  参木を俺の  流石の俺にも  弟は俺を  今頃まで俺を  さを俺に  女が俺を  誰が俺の  それより俺には  俺が俺を  何も俺だけじゃ  もんだか俺は  #奴が俺を  あれは俺に  明日から俺の  鼠に俺が  男は俺に  通り確かに俺が  前に俺  空身の俺  つぎは俺が  愚図愚図吐かしたら俺が  仲人なら俺にゃ  お前に似てさえいりゃ俺の  ことを俺の  モイゼルが俺に  俺が俺がで  日は俺には  光景を眺めていた俺に  トリックに気がつかない俺では  文は俺を  手伝出来ん俺が  木像とが俺に  ことをしてゐる俺  んなら俺は  百分ノ一でもが俺なんてに  そんなら俺は  普段でも俺は  ガールとは俺には  天童が俺を  明敏な俺の  日頃からの俺の  彼女は俺と  当時の俺の  すべてを失ったと俺は  微笑を俺は  人々が俺にとって  人々が俺の  ことと俺は  逆に俺へ  国際的にも俺は  被害は俺との  中に俺は  昔話を俺は  憂愁が俺を  苦痛で俺は  娘も進んで俺の  江口冴子を俺に  度々清治から俺の  ものだと俺  一緒に俺を  時に俺に  君と俺とは  これじゃあ俺も  お前さんは俺を  そこが俺が  お前さんは俺の  手柄を俺に  ほかに俺の  今に及んで俺が  留守は俺が  討入も俺の  今お前は俺の  一六三五年に書かれた俺の  片鱗を俺は  さみだれは俺の  佐藤は俺より  何処かへ俺を  あれは俺と  そつくり俺は  何んだか俺の  これは俺にも  小僧は俺の  崇りがあっても俺は  崇りがあらば俺が  少年であっても俺は  代から俺の  何も俺は  喜撰を掠られたので俺も  貧乏の俺の  役者を止めねえにしても俺の  時には俺も  家にゐたら俺が  學校は俺の  天狗を俺が  今では俺は  海上から俺は  貧乏して俺にも  お前が俺と  お前まで俺の  俺が俺に  血は俺の  そいつを俺が  今こそ俺  へたに俺を  何を俺が  山を見ても俺は  それまでに俺が  一度も俺の  彼奴も俺が  充分に俺の  奴等が俺の  いくらノンキな俺でも  診療所で俺の  鞭をあげて俺を  これは俺は  事は俺  苦しみでも俺  ようだが俺  時に俺を  うばはれた俺の  カケラを俺は  かけらを俺から  キスで俺を  燃焼するまでも俺は  俺は俺は  六畳間を俺は  一日にらみあひ俺の  みな底だ俺の  色が俺の  月様だ俺の  総司は俺が  ものを俺に  お前よりか俺の  今年も俺に  今日は俺が  それも俺には  中津は俺の  誰れか俺  ことは俺にだって  親爺と俺  女も俺に  女も俺を  款を通じ俺に  乞食爺を俺の  主人の俺が  お前たちを殺そうなぞと俺が  のと俺の  偽なら俺の  喧嘩すれば俺が  ひょっとすると俺の  風呂を焚いたから俺に  それぢや俺は  つたのは俺の  不幸にして俺が  いつでも俺を  のだが俺は  いまでは俺の  姿を俺は  幸子も俺も  チンドン屋を雇ったから俺の  云つても俺は  ここまでは俺が  窮屈で俺  方に俺も  おとどし俺も  久しぶりに俺  駄目だ俺  んだぞ俺  朝になっても俺が  子に俺の  名前も俺に  それじゃ俺  百姓仕事は俺が  つもりで俺  蝶々つかまえに俺が  こいつは俺の  先に俺が  婆さんは俺の  俺は俺なりに  兄は俺を  生命もいらない俺  奥さんを俺に  どこへ俺は  お前だって俺だって  此先の俺の  時分から俺  ッちを持って俺  発心して俺も  ほんとうに俺という  哀いから俺  それを思って俺  だれがいなくなったって俺は  菱川でも俺の  あれは俺も  はじめっから俺は  俺も見た俺も  病人なら俺  お前なんかに俺の  眉をあつめて俺は  てこの俺の  今回は俺が  灰までが俺の  ことには俺の  反対に俺は  のが俺にとっては  亜細亜新聞記者東山一雄という俺の  新聞記者としての俺は  巧みに俺の  なんだ俺が  人は俺の  顔をして俺の  ゆきにけり俺の  やうに俺も  夫人と俺との  おかげで俺の  仮りにも俺に  揚屋で俺が  帰つたら俺が  不安が俺の  男は俺を  慕ふ俺の  笑声を俺が  のは俺には  俺は俺だけの  絵の具は俺に  俺に断らないで俺に  何だって俺ん  田舎者である俺を  それじゃから俺は  森栖校長先生が俺の  なんでも俺が  眼で俺を  方でも俺の  ちゃアんと俺は  山の神は俺を  君と俺は  うそにもせよ俺の  前世で俺に  手前は俺が  大急ぎで俺  作家より俺の  酒そのものが俺には  遺憾ながら俺の  いやといふほど俺の  間から垣間見える俺の  酒と俺は  寒気は俺の  展かれた俺の  実へ俺の  朦朧とした俺の  絶望して俺の  風にして俺の  覚は俺を  いつにも俺は  夢中で俺の  太吉は俺の  雨だつて俺は  あしたの俺の  なつたら俺  久良も俺が  久良は俺に  水車小屋を俺は  先へ立つてしまふ俺を  悲鳴やらで俺は  目がそろつたら俺も  風に俺の  久良を俺から  判然すると俺は  かたちで俺の  苦痛に堪へず俺の  ものは俺ばかり  不景気知らずは俺が  古手に引っかかる俺と  ドウして俺に  云はないで俺の  警部は俺の  んだと思ふと俺は  田村が俺と  すゑて俺に  榛沢とが俺の  之には俺も  奴は俺が  愛子は俺の  反対に俺の  其間に立つて俺の  愛子が俺に  それを以て俺の  ものだと俺は  愛子は俺を  つて来て俺に  時は俺は  なにを見たか俺は  ことは俺  其方も俺も  誰もいないんで俺は  おい今日は俺が  恋が俺を  自分を棄てさせた俺の  用のある俺では  尊敬を俺に  いくらか俺より  張つても俺は  人々の蔑みを受けても俺は  長嘆しても俺の  風な俺で  今夜おまえこれを持って俺と  なかには俺の  空想が俺を  気持が俺と  日曜日は俺の  金は俺にと  加勢は俺が  加勢でも俺に  登記をしていないから俺は  罪は俺に  ようだったら俺が  ものに甘やかされるほど俺の  軽便までは俺が  ここが俺の  時ちゃんは俺の  ところで俺と  のは俺は  失敗によって俺には  未来とともに俺の  とき君は俺が  心は俺とともに  それじゃ俺が  なんなら俺の  のを俺も  人前で俺に  江戸にいると俺は  眼をつけている俺  仕事には飽き飽きしている俺  四十になる俺と  そうだから俺は  奴は俺を  親位な俺に  光は俺には  奴等は俺とは  頭山と俺とが  頭山も俺も  これに反して俺の  先刻から俺の  今から俺が  知らん顔をして俺に  何んちうても俺が  辰夫と俺とは  所に俺を  んでは俺の  今晩は俺は  ところは俺は  靴型も俺の  これでは俺が  皆なは俺が  そこへ行くと俺は  ことぢや俺は  一切未練は俺には  向こうから俺を  変に俺には  殿下から俺が  実子は俺だって  紅は俺の  女を俺の  フームそうか俺の  ポカリと俺を  顔で俺ん  何んだ俺は  ここへ俺が  色仕掛けで俺を  無断で俺の  想いを懸けた俺の  行動った俺の  降参してる俺の  そこは俺が  そんなら俺の  それならば俺の  こと云つて来たつて俺の  貰はないと俺が  方は俺が  なつたつて俺は  うだつたら俺も  ほんとうに俺に  時まで俺は  加速度的に俺は  何うも俺より  やうだから俺の  わけか知らないが俺は  変に俺の  一番に俺を  事を俺が  悪戯をして俺の  姿は俺が  美留藻が俺の  無理に俺から  一度も俺を  何一ツとして俺に  仔細を俺に  ものを俺から  終いに俺を  今まで俺に  紅女王様が俺に  これこそ俺の  まま帰ったら俺は  まま帰ったら俺  それじゃ俺の  彼女も俺に  心像は俺に  費用は俺が  村長は俺の  いつまでも俺は  予算は俺が  男は俺の  早田は俺  なにも俺  さっきから俺  お前は俺  のにも俺  仕事を始めた俺  ところを俺  俺しは俺  何といふ俺は  思つたのは俺の  先生は俺の  俺は俺としての  況んや俺の  熱心に俺の  ように俺に  電話をかけて俺を  珍らしいって俺  相手は俺  境涯を俺とともに  んなら俺を  焼物師には出来ないが俺が  それぢや俺も  わきから俺の  辺じゃ俺だけ  そん頃だって俺  一つにして俺  所だけ俺に  家に俺の  ガラ倉が俺の  くりんが俺の  点が俺に  なにも俺は  此所にも俺の  石臼が俺を  それにも俺の  此処にも俺の  思つたか俺を  化物は俺を  財布と俺の  人間が俺に  一番先に俺の  一人が俺を  神様が怒って殺すというなら俺は  神様が怒つて殺すといふなら俺は  それじゃけに俺  地下足袋を穿いとったって俺  犯人が居ると俺は  ボーが鳴ったら俺が  三好と俺とで  証拠は俺の  ここで俺を  閑山は俺に  機縁も俺にだけは  家で俺がから  お蔦は俺の  どころは俺が  何だな俺を  何が起こっても俺が  こっちは俺に  ままで居れば俺の  ことのできる俺  代理に俺が  仇は俺が  事は云ってしまおうと俺は  大将が俺  何処にゐたつて俺は  さつきから俺は  望遠鏡が俺の  母さんが俺を  ふつと俺は  なつて俺は  あいつ一羽だつて俺は  面倒だから俺は  移つたのかも俺は  名前を俺が  仕事は俺の  加けに俺は  昨夜で俺は  日は俺は  のだとは俺には  物理学生も俺に  #本来の俺の  お前から俺の  幸運に俺は  君を見つけると俺は  警察は俺の  俺なんかは俺の  お前さんは死んだ俺の  ことで俺は  舅さんが俺の  騎銃を持つて俺の  妙に俺は  これを俺の  牛込区で隣りに俺が  記といふ俺の  二十歳の俺が  小説は俺は  女房は俺の  村で俺の  中で俺は  君を俺に  ものが俺と  用があるなら俺に  うちは俺の  ところで俺は  ように俺が  失敗る俺は  なけなしの俺が  線を俺は  ものに俺は  連中も俺を  一に俺は  鳥居前の俺が  天狗は俺の  何処まで乗ろうと俺の  上で俺が  面倒臭えなあ俺は  お前が云えば俺も  吉宗奴が俺を  将軍にも成れた俺  お前だけは俺を  将来も俺を  尾形に俺の  お前さえ俺を  雨だれが俺の  顔をしながら眺めてゐる俺の  裸になったって俺は  彼奴等は俺を  時は俺  何か俺には  人並に俺の  今程俺を  そいつが俺には  十まで俺の  耳よりも俺の  青二才におじけて俺の  云へば俺も  いつでも俺は  父さんと俺と  使ひが来て俺が  浮浪人だから俺の  旦那が俺が  八方から俺を  七割は俺の  何も俺を  事に気付いて俺は  人たちは俺を  控室には俺の  トマトを食っている俺の  気持を俺  母親は俺が  今度こそ俺の  ひだも俺の  時計を俺の  われも俺の  憤慨して俺に  違いないと俺は  言葉が俺を  罪を俺は  そうに俺を  眼眸で俺を  終戦後に俺は  妹は俺の  誰かが俺の  俺は俺を  者を俺と  ここにこそ俺の  そばで見ていた俺は  ことのできぬ俺と  とき八戒が俺に  ものだなと俺は  旅行における俺の  働きを見ながら俺は  やつと俺にも  現在この世から俺を  瘴気とを俺から  彼奴には俺の  独乙語さえ書いていれば俺にだって  へんに俺の  同国人へは俺の  周さんは俺の  オプトグラムが俺の  日本人の俺に  周さんも俺の  へんに俺は  名前を聞いて俺は  女房は俺にも  みんな気を落ちつけて俺の  それじゃ俺に  ことは俺には  二度まで俺は  一度でも俺の  三合目陶器師とは俺の  庄八郎には俺は  庄三郎は俺にとっては  相手は俺の  黐棹だが俺が  前には俺が  鳥刺は俺  それじゃ俺も  奥の俺の  男と俺に  そこへ行ったら俺の  確かに俺を  岸から俺を  今夜は俺は  昔あった俺の  何奴か俺を  時分には俺の  吉野樣がゐないと俺は  眞箇に俺は  これが俺  トヤについて俺の  皆な俺は  加之に俺の  倉に頼まれて俺が  トンネルを俺の  皆な俺の  心持は俺より  吉野様がゐないと俺は  再読みたいから俺に  箇に俺は  責任は俺には  目つきでしか俺を  気持ちで俺を  五銭ほど俺に  お前も俺と  のなら俺は  外来者の俺が  不幸にも俺は  美和子は俺を  いつかは俺は  腕じゃ俺を  お前は俺と  きょうは俺は  いちども俺と  そこへ俺が  修治に対して俺ほど  お前達二人は俺が  暗中模索の俺の  半分だけ俺に  お前から俺が  連中が俺を  それは俺と  時こそ俺が  子供は俺が  貴様達に俺の  乳母は俺が  メルジイ自身で来て俺の  いやでも俺の  何と云っても俺の  ピストルは俺が  今夜の俺は  あんだけ俺が  瀬戸は俺の  今朝は俺の  事に依ると俺ばかりじゃ  今まで俺が  くしている俺の  今頃は俺の  妄想に囚われていると俺は  あとで俺は  グラリと俺の  なつたままで俺は  現在までに俺と  あれで俺が  顏をして俺は  合つている俺は  惡なら俺は  風と共に俺は  上を俺の  終つて人々は俺を  さが俺の  夜露が降りていた俺は  身元證明を並べて俺が  のだ俺の  理由は俺には  お前さんと俺とは  吐息を吐いてから俺は  そちらから流れてくる俺は  音だ俺は  唇に運んで吹き始める俺は  調子だ俺は  無意識に俺も  背は俺より  少年は俺を  平太郎さが俺を  そうだ俺は  ヨロヨロと歩きながら俺は  捨吉と俺と  外道を俺と  案内されて俺は  つてストンと俺は  人か俺には  くせに俺という  びつくりして俺は  つてなんずくれねえよ俺  氣がつくと俺の  涙が流れている俺は  氣がついてみたら俺の  氣が俺には  音をたてる俺の  涙が流れ下る俺は  傍に来た俺が  一お前が俺の  ものなら俺の  罪があるなら俺に  

~ 俺[名詞]2
尚更俺  なく俺  あに俺  一層俺  やがて俺  大方俺  格別俺  この俺  ますます俺  宗と俺  ほんとに俺  現に俺  また俺  丁度俺  絶えず俺  所詮俺  てんで俺  なんぼ俺  まだ俺  何だか俺  たびたび俺  ない俺  そう俺  とにかく俺  もう俺  本当は俺  じつは俺  やはり俺  その俺  たとえ俺  今更俺  もし俺  あまり俺  まず俺  そんなに俺  とうとう俺  何もかも俺  どうにも俺  すぐ俺  どうして俺  何故俺  是非とも俺  何となく俺  いよいよ俺  よく俺  どうしても俺  殊に俺  いくら俺  しばらく俺  一体俺  しっかり俺  何しろ俺  ふと俺  同時に俺  いつの間にか俺  たぶん俺  たしかに俺  どうやら俺  まるで俺  こんな俺  どうも俺  なおさら俺  むろん俺  じいっと俺  はじめて俺  さては俺  必ず俺  なんとも俺  まあ俺  こう俺  これから俺  ちと俺  角俺  きっと俺  突然俺  なにしろ俺  素早く俺  どうせ俺  なんで俺  なぜ俺  いつのまに俺  多分俺  のめのめ俺  ぬけぬけ俺  どっちみち俺  可愛い俺  どんなに俺  まさか俺  はやく俺  既に俺  かつて俺  どうぞ俺  心から俺  たちまち俺  とても俺  余りに俺  本当に俺  決して俺  何で俺  ぜひ俺  広く俺  夢にも俺  からきし俺  いかにも俺  唯俺  久しく俺  猶俺  恐らく俺  早速俺  又俺  亦俺  難く俺  要するに俺  直に俺  再び俺  若し俺  多い俺  常に俺  最も俺  深く俺  快く俺  時々俺  主として俺  暫く俺  全然俺  もう一度俺  詳しく俺  ちょっと俺  あんまり俺  別に俺  屡々俺  漸く俺  折角俺  チョット俺  却って俺  じっと俺  それほど俺  いつも俺  つくづく俺  早く俺  少し俺  はっきり俺  間もなく俺  もっとも俺  まるっきり俺  ともかく俺  次第に俺  異う俺  さも俺  ぐんぐん俺  うかと俺  みすみす俺  若い俺  素晴らしい俺  其の俺  はたして俺  全く俺  いっそ俺  断然俺  よし俺  一応俺  可笑しい俺  なんだか俺  何でも俺  いったい俺  案外俺  相当俺  よくも俺  おそらく俺  図々しく俺  何時も俺  弱い俺  断じて俺  実に俺  繁から俺  一寸俺  到頭俺  愈俺  即ち俺  今に俺  醜い俺  わざと俺  ちゃんと俺  やっぱり俺  それ程俺  だんだん俺  まだまだ俺  遠慮なく俺  はや俺  あやうく俺  なんとなく俺  少しく俺  もちろん俺  わざわざ俺  しかるに俺  ことに俺  つい俺  実際俺  ふたたび俺  まったく俺  さながら俺  近い俺  温く俺  たまたま俺  よんどころなく俺  勿論俺  無論俺  一際俺  けっして俺  いかに俺  すっかり俺  えら俺  憚りながら俺  且つ俺  万一俺  ほんの俺  根こそぎ俺  初めて俺  どうか俺  まさかに俺  そういう俺  ひょっとしたら俺  愈々俺  なんにも俺  なかなか俺  もう少し俺  だいぶん俺  あっと言う間に俺  必ずしも俺  とうてい俺  まだしも俺  一度俺  いやいや俺  もしも俺  ひとり俺  これ程俺  もともと俺  二度と俺  ことごとく俺  凡そ俺  依然として俺  たいへん俺  随分俺  大きい俺  じきに俺  こういう俺  到底俺  いずれ俺  せめて俺  けだか俺  あんなに俺  こっそり俺  もはや俺  沢山俺  なんと俺  気味悪い俺  よく俺  今ごろ俺  何とも俺  うっかり俺  元々俺  さすが俺  たいてい俺  年中俺  ちょうど俺  よい俺  思わず俺  やっぱし俺  ときどき俺  とつぜん俺  良い俺  しまいに俺  何とか俺  未だ俺  なるたけ俺  さうな俺  日ごろ俺  聖なる俺  恰も俺  如何に俺  概して俺  むしろ俺  漠然と俺  尚も俺  更に俺  ともすると俺  一先ず俺  案の定俺  いやに俺  恐るべき俺  かえって俺  ちょいちょい俺  先ず俺  嘸俺  最早俺  頗る俺  同じ俺  当然俺  若しも俺  如何にも俺  卑しい俺  少なくとも俺  始終俺  おおかた俺  まして俺  何時の間に俺  またもや俺  ひどく俺  じっさい俺  すでに俺  いとわしい俺  何と俺  

複合名詞
俺達  どら俺  使つて俺  俺自身  当時俺たち  俺ら  俺ら今日  俺ら方  一俺  俺ア  俺それ  俺嫌ひだ  俺たち  俺らサヴェート  俺達同人  俺らア  明日俺  俺一人位  俺ゃ  代り俺  ひとつ俺ら  俺ら猟師  俺の  いつか俺  一切俺  俺ひとり  俺がまん  俺ゃ勘定ずく  ひとつ俺  俺今夜  俺なんざあこれで一度  俺一人  リニ倒レテアルモノハ何カ俺ハ感ジル  俺ハ知ル  隅カラ俺ハ遙ルカナ雲  ソコニハナンノ夢モナイノダ俺ハ君  封塞俺  俺たち友人  俺さま  くせ俺  俺ん  俺ア百姓ツ子  俺一つ歌ふか  俺アなんぼ醉拂  俺ア俺ア  俺達皆  俺アそつ  矢張り俺達  ところ俺たち  俺みたい  いま俺  俺ンとこ  俺こと  俺げ  俺らお前  俺家  俺家出  今俺  俺ア厭  俺らア弱味  コノ俺  こいつア俺の  俺ら銭こ一文  俺らあすこ  俺ら汝  俺ら親方  汝ゃ俺ら  俺達ゃ機械  俺アびっくり  此奴俺  現在俺  それ丈けが俺  俺ア霜  毎日俺  俺たち三人  諸君俺  俺金  荒くれ男俺  却つて俺達  みんな俺  俺ン  つて俺達  俺ぁトテモ苦手  さっき俺  間俺  俺なんざあ  俺様  俺らお前さん  俺ら仰天  俺ら信者  ア俺ら  俺ア毛虫  俺ア虫唾  俺ア笛  俺ばん  俺等  俺どこ  先程俺達  百合さん俺  アハハハハハ俺  俺とこ  今俺とこ  今度俺とこ  俺眼  ぁん俺らこと  俺屹度停車場  俺らあいつ  俺らぺつちやんこさ  ぁんのことなら俺何ん  俺今  俺夜中  俺出刃包丁  俺教  あいつ俺らこと  俺らこと  俺頭  思つて俺裏口  晩俺  ぁんがゐねえばもう俺  俺一番駄目  それ俺  俺たち坑夫  俺たちみんな  俺たち労働者  俺あな  俺なんざ  俺たち黄巾党  一番俺  俺ッ  いつ俺  今夜俺達  俺たち抜き  つた俺  俺不審  頃俺  みんな俺たち  やつぱり俺  これア俺  俺等母子  それ以来俺  以後俺  病中俺  時俺  刹那俺  此刹那俺  日俺  皆俺  行つた俺  けさ俺  ナニ俺  俺たち夫婦  今俺ア  俺ア學務委員  宛然俺  俺ア学務委員  俺ア酒  今夜俺  俺ア來  俺ア赤痢  その間俺  皆んな俺達  俺達二人  俺達兄弟  俺ぢ  皆んな俺  一辺俺  ため俺  從つて俺  實際俺  假令俺  俺ニハ一文  俺日本  俺独り  默つて俺  幼年時代以來俺  當つて俺  實際俺自身  むとする俺  一瞬間俺  俺以上  俺一己  其時俺  此時俺  こと俺等  一番俺達  俺ら理窟抜き  猫万どんと俺  癖俺  俺達資本家共  俺ひとり下宿屋  まま俺  来春俺  俺ア仕事  ワザワザ俺達  俺達四  俺アこれ  今俺達  間俺達  俺何  俺達国民  俺達全部  俺ア今  とき俺  俺はけ  雨宮紅俺  きり俺  なあに俺  大丈夫俺  立ち上りざま俺  俺達三人  日頃俺  上俺  誰一人俺  こと俺  俺ぁ娘ッ子  むかし俺  行きがかり上俺  俺ら家  俺ら心  俺ら何  俺らげん  俺らこれ  俺たち一家  俺たちの  俺ハ復讐ヲスルンダ  どれ俺  俺レコード  一つ俺  俺等一人  俺等お前  俺等ドンドン後  俺等二度目  俺たち二人  俺達セリ  最初俺達  本来俺  俺同様  今俺たち  ひとつ俺達  俺ッちの地獄  そいつア俺  俺らおふくろ  つて矢張俺  帰つて俺  お前俺  俺達若者  俺この間  くに俺  俺ア熊  俺ア大急ぎ  俺らんとこ  俺ア何  俺達ぢ  俺達十人  俺あすこ  俺知つて  俺ゃサヤマ  結局俺一人  はつきり俺  俺ぁいまたしかに象  パタション・パタポン俺  俺ぁ前  氷上づたいに俺たち  矢張俺  全体俺  据ゑたら俺  俺ぁ  俺達ぁ  君ぁ俺  俺ぁ今  俺達人民  俺達全体  さ俺ぁそんな眉つばもの  俺ぁルンペン  万事俺  俺たち仲間  ぱり俺  昨夜俺  事俺達  俺達あな  一言俺  そ俺  俺達仲間  アア俺  毎晩俺  當分俺  当分俺  俺ア葉ちゃん  ア俺  俺ア葉  俺ア指輪  俺アせん  俺ア皆んな  俺ア不幸  こいつぁ俺  彼奴俺  俺だい  ざとなつて俺達  俺様達  魂俺  俺モウいちど水車小屋  俺ア年  むゝ俺  俺達五人  俺たち貧乏人  ナゼ俺ら  俺らたち  俺らたち二人  俺共  ナーニ俺  俺らそれ  今日俺ら  みんな俺ら  俺一人連中  俺以下  俺ら手  どれ俺ら  キット俺ら  今日限り俺ら  俺ども  俺あご恩  ヒョックリ俺  それっきり俺  俺達下々  俺達百姓  俺達げす  俺ゃまた大事  何全部俺  今日限り俺  処俺等  俺ちの崖  俺ちの畑  俺ちの陸穂  俺たち青年  今度俺  きのう俺  俺ア鼠小僧  うえ俺たち  みんな俺一人  俺毎日ケイサツさ  俺びっくり  俺ケイサツ  俺達一同  ドレドレ俺  俺ア気  俺達夫婦  俺達犬社会  俺たち犬  俺達日本犬  一ぺん俺  乞食俺  俺ア奴  俺ア脳味噌  結局俺  兄弟俺  俺一流  俺足  何人俺等  そりゃあ俺  俺ら朝っぱら  俺ら今年  ハ俺  昨日俺  いま俺たち  イヨイヨ俺  たてチャ俺  ゃならんちうたなら俺  オイ俺  俺なんざア  これ以上俺  朝俺  通り俺  モウ俺  なに俺  俺ア行つて  俺アいや  矢張り俺  つて俺  一体俺  俺達自身  俺癪  俺たち東京  ゃあるめえし皆さん俺  俺たちゃあこうして後  俺自身洗濯屋  俺らあな  俺ら岩さん  さっき俺達  今日先刻俺  暫時俺  俺ら悄気  俺ら窩人  手前俺  ばってん俺  当分俺達  俺自ら俺  かわり俺  俺ア子供  俺ア詫び  俺これ  俺ア感心  幾年もの間俺  俺ンめ  俺アハイ  俺たち五人  云つて俺  俺達あいつ  俺達みたい  俺ア頭  切角俺  ところ俺  俺獨  処俺  幾ら俺  俺ら可  ひとり俺  就中俺  酔つた俺  俺れんちの薪  モット俺  俺アゾオッ  ばった俺  ランケエ俺  サアオオ俺  俺讃め  俺等二人  俺一人彼奴ら  寧そ俺  今日俺  俺らんところ  俺らとこ  俺托児所さ枕  俺ガラスキー  俺異分子  此方俺  俺ら向こう  一人俺  縄張俺  代わり俺  屹度俺  今朝俺  俺ンの  行つて俺  俺ゃシベリア  俺ゃまだ銃  こいつ俺  俺一人奈何すべ  俺ア老人  俺ア此頃  俺ア眞實  俺ア明日  明日俺ア  俺ア真実  なんだい俺  ぎゃんしても俺  俺達人間  俺達飲仲間  俺らア男さ  俺ら約束  俺ウント酒  俺あれ  それア俺  俺ア何アん  俺達途中  俺ら学校  俺一個  俺一緒  俺小樽  俺達武士  それぁ俺  ぁ俺  三年間俺  俺一人頑固  頭俺  本来俺たち人間  俺そのもの  俺なんざあね  俺ア今度  成田屋め俺  俺ア先刻  俺ア覺  俺らあそこ  俺ら軽業  俺ら信州  俺ら以上  俺ア嫌  貴様俺  俺ら世界  俺三日  張り俺  俺さ  俺ゃ支那人  前俺  右手俺  ふから俺様  俺ア駄目  一つ俺たち  俺ア眼  何かしら俺  キット俺  者直々俺  俺達禿鷹  俺いや  俺三遊亭圓生  俺何てこッ  俺真打  留守中俺  俺こいつ  俺宛て  俺らコンムニスト  俺らゴーリキー  さうに俺  恰度俺達  結局俺達臨時  俺流  守つて俺  俺ら誰  断片俺  俺達六人  俺ら相当悪事  俺ア承知  俺ア斯  凡て俺  近く俺  俺嫌ひだア  縊ろうと俺  一天四界俺  衆人俺  どれどれ俺  俺ら仲間  俺ら百姓  思つて俺  俺ら三十銭  俺位  俺ら東京  俺ら年イ  俺らハタ  毎日毎日俺  モウ一遍俺  ヨシ俺  とこ俺  俺達一緒  俺らゆんべワカサギ燒  俺ア十二三  俺ら今ぢ  ウン俺  づさはつてゐたいんだけれど俺  ぱりだらうが俺  今夜限り俺  俺自体  ら俺  さつき俺  此頃俺  ツ俺  とき俺たち  マア俺  俺ら一生  俺ア師匠  親方俺  俺方  酔ひ狂つた俺  俺等一つ  俺たち生命がけ  俺達一人  俺ら首  俺ら二人  先づ俺  余り俺  位ひなら俺  俺ひとりさ  俺愚図  俺お前  俺平吉  さ俺  一昨日俺  俺達覚え  パパ俺  俺たちみたい  こんど俺  俺ときゃつ等  はじめ俺  思つた俺  通つた俺  夜俺  俺たちプロレタリアート・ボルシェヴィキー  俺らロシア人  俺ら日本  



前後の言葉をピックアップ
折れれ  折れん  織れよ  織れ  おれ  折合  折れ合い  おれあい  折れ合う  折れ合お


動詞をランダムでピックアップ
つかみかかっ突出さよびさまさ眇める磨きあげほろび繁り買い求め組み込まもたげる陰る移れる丸めこみつれこま思い出し刺し通さ説き明かさ列ぼそそぎこみすくい上げる
形容詞をランダムでピックアップ
愉しかろじじむさくろいはしこいいざといてばやくらうたし怖し空しからわびしき空々しかっまるくあつけれ悲しゅうあぶなっかし好けりゃ心安し怪かっおぞましき