「俵」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
俵にする  俵をならべ  俵を転がす  俵の中へ手を入れて  俵の方へ近づいた  俵へ触れる  俵に詰める  俵でもかつぐ  俵へ二俵買うて  俵括りにして  俵のようにころげて行った  俵などが鄙びた  俵をふまへた  俵が何を意味し  俵をふまへ  俵につめ  俵に火をつける  俵で扶持をしないからだと  俵の様になって  俵を見まわした  俵のような形をしていた  俵の影絵を見ている  俵を踏んまえて  俵のうしろから鼻のさきを出している  俵は積んである  俵の燃え  俵が燃えつきると  俵を積んで往きますが  俵へむやみに詰め込んで  俵を前の納屋に運び入れ  俵を背負って  俵の間に見えがくれした  俵からこぼれた  俵は反対のすみにつみかさねられて  俵の外から嘴を入れて  俵を引きずって帰っては  俵をほぐして  俵につめて  俵だの板だのが持つて  俵の米を詰めかえた  俵の間から寝ぼけた  俵へ背中まで寄りかけられるではないか  俵や土舟などが横たわっていた  俵を投げつけた  俵から出してやる  俵の傍に寄って行き  俵の縄をほぐしては調べて行くと  俵を開けて見ると  俵を三俵または五俵真ん中に積み  俵とに刺さる  俵の左右の宝球のところにもまるで球のように旨く出た  俵という人がありますが  俵が破れぬ  俵や菰を引っかぶって逃げ出し  俵に詰めて  俵をはらう  俵ば担がされていた  俵を積んだ  俵を解いて赦してやった  俵の中から出ている  俵へ詰め  俵を転がした  俵を伸突きに突きました  俵にはいつて  俵にして  俵を持つて行かれては  俵から米を抜いて  俵を積んで行ったらしい  俵に押込んで担いで行く  俵もたくわえていないし  俵より涌き  俵にうつす  俵の中へ包む  俵へ青竹をさし込んで  俵を立て  俵へ入れはじめた  俵に足をつけた  俵につめていた  俵を編んでいると疲れ切った  俵と俵とのすきまからのぞくと  俵の山の上にのぼると  俵の匂いがします  俵の山を乗り越えたり  俵の陰に隠れていますと  俵の上に飛んできて  俵の上に飛び上がりますが  俵の上に寝そべって  俵が積みあげられていた  俵を結び直して  俵を敷けるに  俵や菰が敷いてある  俵の上にのせられた  俵があって  俵の尻を叩くと  俵のような雌花があとでいわゆるヤシャの実になり  俵もついてございますのでな  俵にくるんで  俵をほどいて  俵の目方から引いてしまう  俵を持って  俵で取る  俵を取り除けてもらってみよう  俵を編んでいる  俵のような物が積み込んであった  俵のかげに這い込んだ  俵のかげから一羽の雌鶏がひらりと飛び出した  俵というものになって  俵の尻へ當てると立つた  俵の底をたたいてしまっている  俵の底を叩くを忌んだのに  俵の底を叩いて  俵が匂いを放っていて  俵をながめて  俵を下した  俵を積み上げて  俵を幾つも積み重ねる  俵を積み重ねまする  俵を押してやりました  俵をつけた  俵に一俵も来ましたの  俵に詰めた  俵の中にかくれていた  俵などが潮に乗って  俵を抱えて立っている  俵で眼先がつかえてるから  俵は底まで落切ったと見える  俵がある  俵の上に落した  俵を離れていた  俵の上へ腰をおろした  俵が運び込まれます  俵からこぼれる  俵にしたる  俵を造っていた  俵を取出した  俵に縄を掛けて  俵の中へ石を入れて  俵へ霧を吹いて  俵がそこに並んだ  俵の上に倚凭って地主と押問答を始めた  俵に足を掛けて  俵を締るに縄が切れる  俵にもある  俵にもありやすが  俵に五六十残っているが  俵をかぞえて見ると  俵を検分すると  俵は遠方から騾馬で送らねばならなかつた  俵のうえに眠ってゆく  俵の数々が家畜のやうに並べられた  俵を載せ  俵くづしの輕業の浮いた  俵をこぢあけて  俵に入れて  俵やそこい  俵に似た  俵の藁をかぶった  俵の切りほどきにかかったが  俵の冠せてある  俵に手を着けて  俵をほどいて見る  俵を編む  俵をあみ上げる  俵は元の倉へ戻し  俵をかつぐとか  俵はほとんど船室の出入口をも密封したれば  俵を積んである  俵の数を算へ土間に積みあげた  俵を担ぎだして  俵の底が隱れるだけで  俵へつめる  俵の尻へ當てるので  俵に包みて賣り歩くは  

~ 俵[名詞]1
表口に俵を  片隅に積んである俵の  外れへ俵  炭の俵などが  人間を俵に  足を取られては俵の  豆の俵を  家も俵は  石の入った俵の  小麦の俵を  粉炭の俵を  白土の俵を  尻尾が俵の  麦を俵の  一つの俵を  上に俵を  藁を通して編んだ俵に  藁だの俵だの  紡績糸屑の俵の  山と積まれてゆく俵の  漆喰の俵や  それをしおに俵から  こっちと俵の  別の俵を  真ん中に俵が  根締めと俵とに  石屋で俵という  一分が俵に  米の俵で  兵糧米の俵ば  榮螺を詰めた俵を  お供え餅は俵へ  掻巻の俵を  稻は俵には  米は俵より  水も切れ俵に  首の俵へ  芋をはがして俵へ  夫婦が俵に  乍ら馬鈴薯選別して俵に  匂いにむされながら俵を  俵と俵との  チロは俵の  上へあけて俵を  下に俵を  塩に漬けて俵に  底に俵や  下の俵を  米の俵が  目鼻も俵も  妻保科氏とを俵に  約束通りの俵を  塩鱒を俵で  ことで俵の  何かの俵の  棒を俵の  十二月に俵の  土間の俵の  訳で俵の  いずれも俵の  藁の俵が  血マブレナル首ヲ俵ヘ  山と降ろされた俵を  理助の俵を  粟麦などを俵の  家に帰っても俵の  そうに俵を  傍に俵が  さっきスノコへ投げ込んだ俵と  アテシコを俵の  故意に俵の  小麦の俵が  溝鼠共が俵から  取り籾の俵を  籾をつめた俵に  六つばかりの俵が  辰さんは俵に  自転車を飛び下りて俵を  日に干して俵に  上には俵の  藍玉の俵を  実を俵に  横長で俵に  中に俵の  高崎と云う俵を  おれは俵を  兄は俵  四俵の俵を  臼に入れて俵は  アンペラの俵を  つてアンペラの俵を  昨日からの俵の  つたといふと俵の  炭を俵へ  こも俵に  

~ 俵[名詞]2
やがて俵  ごろごろ俵  その俵  明き俵  あの俵  ずんずん俵  ついに俵  とど俵  新しい俵  きたない俵  小さな俵  重い俵  幸い俵  すでに俵  時々俵  どの俵  大き俵  小さ俵  せつせつと俵  

複合名詞
十八俵  五六俵  木炭一俵  一日二俵焼  上炭五貫匁俵  炭俵  二俵背負  三俵  一俵十五銭  石灰俵編み  米二俵  百俵二人扶持  木炭一俵八銭  空炭俵六枚十八銭  ニハ干鰯俵  四斗俵  米俵  空俵  一俵  倉さ米俵  七俵  一俵半  いつか二俵目  二俵  麦俵  六俵  あと五俵  何俵  六俵半  内地米三十俵  初め俵様  俵様  俵同心  俵殿  俵一八郎  きょう日炭一俵なんぼ  いつか俵一八郎  俵ぐくりに  オオ俵一八郎  俵一八郎殿  炭三俵  三俵一度  百俵  千俵  小麦俵  穀俵  俵藤太  十俵作り出だし  五俵  積レ俵ヲ立ツレ橋  炭一俵  芋俵  刈つて俵  五十俵三人扶持  プリュウン二千俵  俵屋  籾一俵鶏一羽  二十俵  俵づめのようにして火  俵藤太秀郷  米五十俵進呈  祿高百俵内外  四百俵  俵巌  藁俵  三俵法師  金拾五圓也馬鈴薯一俵  毎年二十俵  米何俵  四俵大俵  幾俵  四俵  二俵丈  二俵一軒隔  炭二俵  一俵買  七百二十俵  七十俵  一俵買い  俵数  十三俵上り  十俵  二俵分  普通一俵  糠俵  塩俵  一俵三銭  十一俵買  俵位  米一俵  十五俵  十六俵  一二俵  二百俵  二百俵取り  一俵二十五文  俵当り十匁二十匁  米五俵  米三百俵  十五万俵  五貫目俵  籾俵  俵六つ  二俵伯爵  ひと俵  六七十俵  六千俵  一俵二俵  五十俵百俵  蜜柑俵  五俵真ん中  ほん俵  一つ位ほん俵  俵光石氏  俵光石  俵氏  ・俵  種俵  米幾俵  残り三俵  一俵一円  三十俵五人扶持  そーめん六俵二十把入り  百三十俵  五十五俵  十二俵  卒八俵  四斗俵二ツ  一俵十五貫  俵かつい  玄米百俵  百俵なんど  こんど三十俵  七十俵五人扶持  人俵  兵糧俵  一俵二十二円  幾百俵  毎年三千俵  白目米三百俵  乾魚俵  俵蒸し同様  銭俵  三斗五升俵  十七俵強  米十萬七千俵  祿高百俵  百俵以下  毎年七八千俵  三万俵  米穀何百俵  俵責め  さん俵  付二十俵  付十俵家族一人  種俵衣桁  俵二十何銭  百俵付け  つて俵  俵町  薯十六貫俵  一俵二円七拾銭  俵形  三四十俵  五六十俵取り  空き俵  見習い五十俵  百俵取り  白米二千俵  あき俵  毎年何俵  米俵一杯  八貫俵  堅炭三俵  空俵一俵  木炭数十俵  飯米三俵  炭俵なぞ  四俵半  一人五俵  五千俵  一俵一両  三四百俵  七部集炭俵  千八百俵  一俵四円  二千俵  浅草俵町  俵町界隈  七十五万俵  四十万俵  五十万俵  俵物  四十俵  一俵二円  十二俵大麦  十俵陸稲  二俵木炭  一俵十円  倉入り千俵  百五十俵  四十八俵  俵天王  ハ三十俵三人扶持ダカラ  ニ弐拾俵五人扶持ヤッテ  ソレカラ借金ガ四十俵  娘ニシテ六合忠五郎ト云ウ三百俵  米百俵宛三季  米百俵づつ三季  一俵私  三十俵二人扶持  何十俵  白米五俵  馬鈴薯五俵  俵掛け  頃俵藤太秀郷  俵一つ  女房俵  俵岩  一俵いくら  一俵千円  一俵千五百円  二十五俵  一俵四百円  鰯十俵  白米一俵  二千八百万俵  一俵八十五銭  一俵位  一俵盗  百俵百十五両  二斗五升俵  五百俵  七百俵  役高三百俵  五斗俵  五十俵  六十俵  炭俵一ぱい  一俵二俵三俵  蓆俵  米百俵  八十俵  炭八十俵  俵松  マア一俵  藷俵  十数俵  俵形土器  三斗俵坊  一俵七円  四貫俵三十銭  玄米一俵  十三俵  一俵造  二俵位  十一俵  上一俵  十四俵  四俵不足  俵装  豆粕一俵  俵孫一一家  俵やをはじめ市中  数百俵  一俵づゝ  米俵一俵  ヤヲラ米俵  一俵五十五円  三十俵  砂俵  一俵づつ背中  二俵づつ背負つて新宿  段当り一俵  十二三俵  今夜四俵鳥取  俵一円五十銭  一俵以下  炭一ヵ月三俵  十二俵どれ  七八俵  辞俵  沙俵  十俵無事三十日夜到着  一人一冬炭一俵  横俵  三百俵有  二百俵献納  俵石  塩一俵  ジャガイモ一俵分  一俵二両  十二俵半  先づ八俵九俵十俵十一俵十二俵半  其半分六七俵  砂利俵  三十俵つけ一まち  二俵目  祈祷一俵  白米一俵とり  一俵二百円  米三俵  



前後の言葉をピックアップ
たわむれよ  たわむれる  撓めよ  たわめ  たわめる  俵田  田原本  俵屋  タワリシチ  たわわ


動詞をランダムでピックアップ
占っ議す居直ら言い直しみあうおきあが狩り出そ聾す零れる牛耳るおどしつけよむせよ魅入ら伏し沈むかくしすりこむあかぬけ令せ血ばしっうつしとり
形容詞をランダムでピックアップ
あくどく根深かっこのもしくあつくるしく嬉しかっよろし男々しい眩う焦れった痒かってあつし憎けりゃいたわしく心地好にくにくしい大人しゅう心地よそうぞうし臭き