「侮る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 侮る[動詞]
丞にとっても、侮る  夜を侮る  時、侮る  愚者の侮る  たちを侮る  勢力は侮る  呉、侮る  ことを誇り、かれの侮る  賤しみ侮る  小敵と見て侮る  何でもないと侮る  夫を侮る  これ実に侮る  金蔵といえども侮る  自暴もまた侮る  主膳を侮る  これを侮る  主と、侮る  相手ですから侮る  徳川幕府を侮る  師をさえ侮る  ことでも、侮る  信徒を作り、なお侮る  一人と思うて侮る  小身者と侮る  田舎漢だと侮る  妄談なりとして侮る  人を侮る  皆が侮る  嫌いはあるが、さりとて、侮る  力を侮る  私を侮る  年月に添って侮る  筋肉労働を侮る  忠通を侮る  職人風情と侮る  われ曹を侮る  木村を侮る  母を侮る  自分を侮る  己れを侮る  ものを謗るとか侮る  ものとて侮る  んじ侮る  小国のけっして侮る  大事です、侮る  勢力はいつの時代にも侮る  之に接して侮る  そめにも海を侮る  天朝をも侮る  言を侮る  一種乃ち神を侮る  神を侮る  上を侮る  そこに侮る  しめ自身を侮る  聖人を侮る  響と異なり、侮る  それをも侮る  武蔵を侮る  之を軽しめ侮る  



前後の言葉をピックアップ
侮ら  あなどり  侮り  侮りゃ  あなどる  あなどれ  侮れ  侮れる  侮ろ  アナニア


動詞をランダムでピックアップ
噛み殺し鼻白め負えん通り掛かりつぼめよ辞せしにゃうけよえっひきだせなすりぶち込みふさがる思いわずらっ秘するゆすぶる書分けゆすっ担ご拗じら
形容詞をランダムでピックアップ
痒かっ暑く少なかろひく情なから低き囂しい上手くおしかっものものしい空恐ろしい口煩く涙脆く眩い狭くっかるかっはずかし人なつかしいかったるく多き