「使い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 使い[動詞]
反射光線を使い  言葉は使い  言葉を使い  選手としては使い  言葉は、なるべく使い  人を使い  ヌビア人以上に使い  ノーとをはっきり使い  歯ブラシを使い  グラスを使い  広義に使い  気を使い  横眼を使い  脳細胞を使い  日曜学校で使い  その後に使い  パと使い  あいつが使い  団扇を使い  資源を使い  安心してお使い  表へ出ると、丁度使い  大事に使い  なかほどを使い  部分をいっぱいに使い  なかのひと駒を使い  頭を使い  磁力砲を使い  声色を使い  キュキュ歯ブラシを使い  尻を使い  一本筋がとおっていて実に使い  大広間ほどにも使い  方法にそった使い  計算機を使い  マイクロコンピューターでも使い  自分達の使い  マシンよりは使い  社員を使い  入力用具を使い  アプリケーションごとに使い  金は使い  掌を使い  から、ごゆるりお使い  催しならば、どうぞご遠慮なくお使い  支那服の使い  一緒くたに使い  大剣を使い  抽斗から出してお使い  殺人光線放射器を使い  外来語を使い  小楊枝を使い  電燈に使い  腕を使い  砂糖を使い  半分ずつ使い  替玉に使い  モデルに使い  手扱きを使い  ものを使い  木の葉などを使い  自由にお使い  手洗を使い  ヘーゲルが使い  お小遣いがなくてお困りでしょう、お使い  口上も使い  仮り枕をお使い  鋏を使い  手段を使い  費用を使い  詞を使い  あれは手放しては使い  接続詞を使い  日本語を使い  民衆には使い  楊枝を使い  ものはとても使い  鳥の使い  独逸語を使い  生涯使っても使い  英語を使い  色目を使い  有効に使い  上眼を使い  巧言は、あまり使い  練習場を使い  食事同様つい使い  扇を使い使い  大切に使い  さっき馬道まで使い  国まで使い  それは使い  本日、使い  ジャンジャン選挙に使い  フィルムを使い  修正液を使い  のでは使い  十分に安くて使い  これを使い  座薬を使い  制御に使い  ディレクターも使い  そちらを使い  案内システムも使い  ことで、使い  っぱなしにして使い  印刷術を使い  硝煙をふんだんに使い  原料を使い  部屋でよかったら、お使い  小勢を使い  三人の侍女を使い  鼠を使い  食パンを使い  今日わたくしを遠く使い  荊州に使い  ために使い  ように使い  金を使い  名前をなるだけ使い  鉢を使い  旅行に使い  あなたのお使い  魔術を使い  口調を使い  精力を使い  爪楊枝を使い  筋はあんまり使い  写真材料店まで使い  アイロンを使い  扇子を使い  お金を使い  これなら、まず使い  陣へ使い  樊城へ使い  品々をうけ、また使い  公式を使い  だしに使い  唐に使い  南郡城へ使い  大刀を使い  顔料を使い  太刀を使い  味方に加えても、どうせ使い  器用に使い  上目を使い  上庸へ使い  荊州へ使い  今までは使い  弁当を使い  箸に使い  世辞を使い  得意に使い  仕方なしに困るとは使い、困るとは使い  妾の使い  人形を使い  力は使い  うちに使い  金が使い  根も使い  雪掻き人夫を使い  六畳を使い  間から注射器と使い  如何程沢山に使い  ヤッパリ西洋手品を使い  イヨイヨ人間レコードを使い  ヤリ切れなくなって使い  ままを使い  お金をお使い  みんな、お使い  画筆を使い  習慣としても、使い  金銀みなここにて使い  勝手に使い  旧式を使い  毎日新聞紙を使い  ガソリンを使い  合図に使い  体力を使い  すきなほど使い  名前を使い  大金を使い  集中し、使い  石を使い  これも取りまぜて使い  目を立てて使い  それはどうぞお使い  新語を使い  馬を使い  ことにお使い  剣は使い  小作人なんかはしみじみ使い  絵具を使い  ナイフとを使い  昌作が少し使い  それを伐り倒して使い  時間が余って使い  季節によりいろいろ使い  召使として使い  ヤーフどもは、いくら使っても使い  武器をお使い  扇を使い  団扇をとりあげ、ばさばさ使い  四色を使い  手もとを使い  女扇を使い  ほとほと神経を使い  棒をよく使い  仲間がお使い  槍をお使い  時間を使い  子分にして使い  タオルを使い  匕首を実によく使い  所まで使い  槍を使い  俺らを使い  何時でも御使い  語として使い  明日からでも、どしどし使い  嗽いを使い  地方人が使い  金でどう使い  ところに使い  枷に使い  意味に使い  概念を使い  為に使い  端役として使い  私をお使い  使いも使い  背景に使い  北側に、使い  木材のみを使い  居留守を使い  ローマに使い  のを使い  煙硝を使い  何うぞ御使い  辞典を使い  方でも使い  弟子を使い  払いに使い  竹内先生が使い  有意義にお使い  用途においてお使い  両様に使い  手下にお使い  モデルを使い  賞与などは使い  金ばかりを使い  楊枝とを使い  ダシに使い  幸福に使い  手をまじめくさって使い  半生を使い  墨筆を使い  代り、使い  麓で使い  たくさんお使い  各個に使い  ガクヤに使い  目的に使い  知恵で、いくらでも引出して、お使い  入用だけお使い  型を使い  ハサミを使い  姉妹も使い  職人を使い  国表では使い  楠木家へ使い  巧に使い  口を使い  表現を使い  空虚さを使い  三重にも使い  使い早間にお使い  私の使い  邪法を使い  スコープを使い  上まで使い  運搬用にも、使い  さかんに使い  スコップを使い  僕をお使い  病人もよく使い  手品を使い  人生は使い  アメリカ語を使い  魔窟を使い  俳優を使い  ここへ使い  対位法を使い  俺等を使い  親分として、使っても使っても使い  さきに使い  小刀を使い  残肉を使い  肉を使い  料理に使い  ものに使い  バターを使い  除ってお使い  料理にでも使い  滅多に使い  火を使い  奴とおぼしめすかも知れませんが、いよいよお使い  団扇を軽く使い  砂糖も使い  笠ばかりを使い  コーンビーフにも使い  ビフテキなんぞに使い  牛を使い  三番粉位を使い  ペースに使い  なんでも使い  あとへ戻って使い  手下も使い  身分相当といったくれえの使い  手を付けて使い  前へ突き出されてみると、使い  剃刀を使い  陶土を使い  狐を使い  茶の湯に使い  顎で使い  房楊子を使い  醤油までが使い  滅多には使い  一ツの最も使い  発明され、そして使い  眼をかけてお使い  爪楊子を使い  通りまで使い  楊子を使い  智慧を使い  贋病を使い  勢力源として使い  二連銃は使い  それをかせに使い  糸を使い  扇をまたも使い  膝は使い  むき出しに使い  敬語を使い  わたしたちにお使い  左の分け使い  あれをお使い  織田家に使い  彼が使い  客間としてだけ使い  実戦に使い  材料を使い  鞭を使い  それさえ使い  筆を使い  ドイツの使い  手足のごとく使い  眠り男みたいに使い  から、押してまいりましたさかい、お使い  術をでも使い  横目を使い  春の使い  仕事に使い  鼻薬を使い  奥さんは使い  まり元気を使い  意味をもって使い  存して、うかと使い  力も使い  貯蓄を使い  時に使い  手に使い  言葉だけを選って使い  物を使い  自分も使い  たくさんに使い  知らない、使い  あなたがお使い  木炭を買って使い  一人としてお使い  消息であるといって使い  テグスを使い  上り湯を使い  巧みに使い  御用にでもお使い  御用にでもお心安くお使い  膳椀食具を使い  うまい工合に使い  精魂を使い  ように取り合わせてお使い  運動費を使い  やまと言葉も使い  囮に使い  眼を使い  子が使い  こちらのは使い  灯用として使い  感応作用を使い  水をお使い  ヤスリを使い  機能を使い  身体は使い  自由に使い  みんなとっくに使い  炭をお使い  術を使い  それを使い  それを日に日に少しずつ使い  全量を使い  今は使い  装置を、うんと使い  嫁は使い  望遠鏡をお使い  魔法の言葉を使い  穂竹として使い  い形容詞でも使い  兎を使い  鬼を使い  チムール朝廷に使い  王の使い  ナイフを使い  若い女たちを使い  子供を使い  このごろ少し使い  私は使い  親を使い  二人で使い  女人を使い  電光石化と使い  村まで使い  芭蕉扇を御使い  ばたばた芭蕉扇を御使い  両親を使い  うちわを使い  最後まで使い  言葉をお使い  一生を使い  五十銭相当に使い  薪はもう使い  休暇を使い  わしは使い  時刻に使い  おまえが使い  忰が使い  広告に使い  神経を使い  部屋には置けないほど使い  日は、更に使い  唐国に使い  クレ国に使い  あれを使い  ガソリンなんぞ使い  一千年かかっても使い  屋根で使い  ベッドを使い  ことにばかり使う、使って使って使い  高座で使い  四迄は使い  一風呂お先きに使い  財産は使い  道楽して使い  すすはきに使い  一滴一滴を使い  手でも使い  父に請いて使い  ところ、お使い  螺旋を使い  ときに使い  先で使い  それをどう使い  心をこまかく使い  町まで使い  蜘蛛を使い  材料に使い  両手を使い  密かにお使い  ものとして、お使い  蛇を使い  金に使い  西粤に使い  器用さや、使い  二つに使い  叱られては使い  押流し、使い  共同に使い  何者かを使い  マッチを使い  刷毛を優しく使い  事に使い  段々室を大きく使い  酒に使い  機械を使い  ほかに使い  今もって使い  寝ぼけ声を使い  岳陰荘を使い  鸚鵡をお使い  金は、ほとんど使い  十銭無断で使い  たつは使い  ヤツを使い  仕掛けを使い  一人とを使い  唖が使い  調子までを使い  調度を使い  屋敷でお使い  名を使い  木綿を使い  間柄にも使い  行つた聴診器を使い  地べたに置いて、使い  体を使い  押えに使い  しろ眠るために使い  砂糖をあまり使い  風に使い  ように、使い  小のこぎりを使い  竿を使い  金ば使い  水がすっかり使い  児までも使い  癖に、ざらざら使い  親類まで使い  すっきりして使い  方が美しくかつ軽くて使い  篠竹を使い  ものがあって、見ただけでも使い  団扇は使い  品には使い  茶に用いても使い  道具を使い  ごちそうを食べたりしても、なかなか使い  ここに使い  金を少しもむだに使い  金貨をどしどし使い  心を使い  まり手を使い  人足は使い  ほうの使い  半ばを使い  側室にお使い  湯水にお使い  鱗をさえもお剥がしになりお使い  切れ端にして使い  婆あやや書生を使い  賄賂を使い  区別して使い  通りに使い  鉢代りに使い  つるはしを使い  漆喰で、なかなか使い  僕が使い  銅をそろそろ使い  繊維を使い  命名法を使い  性悪で荒っぽくて使い  のは、よく働いて、使い  階梯に使い  うえに、使い  街頭を使い  借金払いに使い  櫂を使い  誰だってポケットナイフを使い  時分から松屋のを使い  めちゃめちゃになって使い  しかなかった金は、ほとんど使い  金物を使い  声に使い  ものばかり使い  類は実際使い  舞台に使い  身を任せて、それでも使い  名詞を使い  魔獣を使い  庭石に使い  から大事に使い  鶴嘴を使い  堆肥だけを使い  ものを黙って使い  ロッテナム夫人を使い  行水を使い  一手二手は使い  ブラシを使い  人間を使い  手先にでもお使い  余り脳を使い  明知も使い  文字を使い  なんぼなりと、お使い  むじゃきな色目を使い  生涯に使い  百面相をまんまと使い  身がわり仏を使い  隣村に使い  さるを使い  こちらをお使い  ひとつおせじを使い  いつまでもお使い  酋長に使い  竹刀を使い  こと、お使い  それから松を使い  これ竹刀を永く使い  岩吉店やまがら使い  ただのやまがら使い  ちょんさんばかりひどく使い  麺棒に使い  条件で使い  目を使い  耳を使い  右手を使い  切りに出して使い  手拭を使い  前後に使い  ただ金を使い  米を積出すに使い  白墨を使い  女中などに使い  じょうずに使い  ブルックを御遠慮なくお使い  じゅずに使い  その男をお使い  小遣しかくれず、使い  クリーム色に殺して使い  コヅカイに使い  記号に使い  ハヴァナと代る代る使い  貯金を使い  機械鋸を使い  価値を知っていて、同じ使うにも使い  道具に使い  自分一人だけで使い  そのままに使い  原紙を使い  書生として使い  情熱を使い  家康は手放しては使い  そりゃあ頭を使い  自分に使い  眼鏡としては使い  殆んど使い  手水を使い  脇縫などに使い  のをお使い  暮しに使い  方が使い  シャボン、使い  雑誌をすこし使い  今年も使い  紙を使い  コワイロを使い  大久保まで使い  本を読んでいるなぞとは使い  文字を交えて使い  無駄に使い  勝手にお使い  そんな形容詞を使い  両手両足とを使い  まり神経を使い  手先に使い  薬品を使い  日頃催眠薬を使い  空中に使い  変体仮名を使い  万葉仮名を使い  清む音に使い  仮名が正しく使い  語に使い  大抵は正しく使い  正成に使い  箸を使い  紀州へ使い  蓄音機を使い  屋敷まで使い  歌の使い  これをお使い  何かで幾らかは使い  東京弁を使い  非常に使い  二人ほど使い  ナプキンを使い  ところへ使い  耳掻きを使い  前後に、ひどく使い  丸刀を使い  前頃から丸刀を使い  丸鑿を使い  天平になると使い  像あたりから本当に使い  

名詞

使い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
使いになっていた  使いだてして  使いに世辞をいうと  使いで来た  使いと尋ねられると  使いのおじさんと一ぱいやったという  使いにおやり遊ばしたではありませんか  使いに遣られて  使いになってる  使いの一番おそれていた  使い捨てた器具の類や木幣などが山と寄り上っていたという  使いに出される  使いふるしの抽出も何もない机の前に坐った  使いのいやしきを顧みたまいたればなり  使いに行ったり  使いはいらなくなった  使いなれた複雑な機械をあやつりはじめました  使いをしたり  使いになる  使いに行った  使いが来た  使い残しを空っぽにする  使いなぞが如何に風俗を乱したかは  使いわけ方がある  使いに行ってて  使いから帰って来た  使い易いからと追い廻しという  使い通してきた  使いを云いつけられた  使いに走らしたのに  使いがおそくなった  使いにやとわれると  使いに出した  使いに行ってくれる  使いだけは勘弁してくれと  使いに出す  使いにいって  使いなれた胡弓を持って  使いの者が待っております  使いの者へお伝え願いたい  使いを帰せば  使いに出る  使いを飛ばして  使いに走った  使いなすって下さいませんか  使いを再参自ら申出て  使いだといって  使いを頼んだ  使いで通った  使いにやって  使いの役をした  使いに持たせてやった  使いにおどろかされて  使いだから弁護士や雇い人を出してやる  使いを果たす  使いにやった  使いだと思ったら  使いの男をつけて  使いをもって  使い馴れていた  使いがあってね  使いに出されていた  使いに出て行った  使いに出ると見せかけて  使いを立てまする  使いに行き  使いに出でて  使いから戻っても  使いに訊いて見た  使いの者に持って来させて  使いの者がしきりに言い  使いを遣りましたら  使いに遣る  使いの者が来て  使いをやるよすがさえ  使いはしなかっただから  使いに町へ行く  使いに往った  使いになった  使いの者を返させた  使いの者が見えて  使いの男が帰ってきて  使いもする  使いをやっても  使いを出して  使いによこすか  使いが来て  使いが来ても  使いで吉原へ行った  使いにやらされた  使いで門跡さまの方まで参りましたから  使いに出て  使いというのが来て  使いのもたらした  使いを立て  使いはその方面のことを知らせに来た  使いをやり  使いを派して  使いをやって  使いの旨を告げると  使いが密書を持って  使いを馳せて  使いを馳せ給う  使いのはなしを聞くと  使いを向けた  使いをやった  使いを立てて  使いの兵を帰した  使いに来た  使いの口上をのべた  使いの陳登を私邸に招待して  使いに立つと申すか  使いを走らせて  使いをうけて  使いに立てた  使いに立った  使いが走った  使いをせい  使いに参っても  使いをうける  使いとして立てた  使いとひそかに密書を交わせる  使いの往還を待ってはおられ  使いがあって  使いに参ってくれい  使いと聞いて  使いがきて  使いがきたからである  使いを生け捕った  使いを斬った  使いがこう告げた  使いの適任者はいるだろうか  使いの行を旺にする  使いが着いたとの  使いに待たせて  使いを送って  使いを返してから  使いに不満を示して  使いの者を知っていますよ  使いの人を出して  使いに行っている  使いを下してこなかった  使いにやりますから  使いにやるか  使いから帰らなかったりなどしたら  使いの適任者はありません  使いから帰らなければ  使いをやったのに  使いに立ちましょう  使いに立てば  使いされたら  使いとして来ましたので  使いとしてわが国を抱きこみ  使いがあったでしょう  使いは斬らないという  使い比べて感じる  使いの方はハイパーカードのファイル構造をOSで提供する  使いが出してあるから  使いを出したが  使いに行く  使いに選ばれただけの  使いをやってみる  使いを上せ  使いの華欽にお会い遊ばし  使いに来たそうだが  使いんなっては頂けねえでしょうか  使いの前で裂き捨てて見せた  使いの耳と鼻を切って  使いを斬ってしまった  使いをとばし  使いをなす  使いに立て  使いととなえて  使いらしく櫓音も平和に漕いで行った  使いを返した  使いにまいりましたが  使いを命じられた  使いに出たか  使いに行けと言いつけている  使いに行って  使いに参った  使いに来たというので  使いに来て  使いを戴くなどと  使いの成功を信じている  使いも偽使者であることはいうまでも  使いは荊州へ行った  使いが来たというぞ  使いを果してみせます  使いにばかり向けられた  使いに持たせて  使いがみえました  使いは仮借なく居を訪れて  使いにして  使いで陳震という人が山へ登ってくるだろうって  使いに参りましょう  使いとなして  使いを孫桓の陣へやった  使いの通る  使いの程秉はそれをながめて  使いにもたせ  使いをいいつけた  使いがくるなんて  使いの者に御手交くださらば  使いの手紙でも手もとにあったら  使いすてになるというくらいの  使いに行くといった  使いとし  使いと称してきた  使いを向けて  使いの者を選んでおけ  使いの者に持たせて帰した  使いをやる  使いを走らせておいた  使いを派し  使いをねぎらい  使いがもたらした  使いを出した  使いをさし上げた  使いからしの  使いの者をやってみると  使いにならなかったのね  使いか手紙の取次でもしたかと  使いが往った  使いの女になって  使いに出された  使いをして  使いをやりますから  使いを頼む  使いに立てて  使いに出ました  使いを言いつかった  使いに手紙をよこした  使いにやる  使いの私服はまだ帰って来ない  使いをやったが  使いで初めて追放ということを知って駈けつけて来た  使いが見えて  使いになりましては  使い馴れた象牙の紙切を入れる  使いになっていられた  使いになり  使いといって  使いもみんな桜の木の身の上を心配しました  使いに走らされる  使いに遣ると  使いに行けば  使いになっていただきたい  使いやその外身の廻りのものは私がみんな心配してあげます  使いにやっているからいない  使いが早く済んで  使いの報告も碌にきかないで  使いをたのんで  使いの者を待って下さい  使いの者が私のところへ来る  使いにも行く  使いをしてくれないかね  使いにくる  使いにやったら  使いはすまいが  使いをしていた  使いやがった  使いの者に渡してしまうと  使いをいただきまして  使いを出しましたから  使いにいってもらいたい  使いもいたしました  使いを少し持たして  使いはたしても  使いになって  使いにゆく  使いはせずに済んだが  使いでまいりました  使いに雇われた  使いをする  使いになっていますから  使いを走らせるという  使い捨てたと言う  使いが何を意味している  使いの安否を気づかいつつあろう  使いの者を待つほどの  使いを出すやら  使いを出さねばならぬ  使い残しの半杓の水を桶にかえして  使いの音吉が来て  使いからかす  使いに廊下へ出ると  使いに行って帰って来ると  使いから帰って見ると  使いをするとの  使いの白狐が飛び出して  使いに遣られたりしました  使いにやられたわ  使いの者を伊東へやって  使いに行くぐらいの  使いでまいった  使いの男にたずねました  使いにまいった  使いの男につれられて  使いを頼まれた  使いを行き渋ったりする  使いだとか言って  使いの鳥を偵察にやったら  使いに出て居りませんよ  使いはたしたか  使いのおばさんが不審がった  使いの行きか  使いに行ってもらう  使いの途中で見た  使いで信用金庫へいった  使いを走らせ  使いで来たの  使いも果した  使いから戻りましたと  使いとして鳩の群れが桜の若葉をくぐって飛んで来る  使いも今日は見えない  使いにやらせられたり  使いに廻らせる  使いを乗せ  使いの庇護のもとにいるだけで  使いを陵へ走らせた  使いがボクさんを連れにくる  使いをよこせ  使いの面目が立ったと  使いであるというので  使いをしました  使い遊ばせ  使いに行ってくれたので  使いが来たりした  使いがよびにゆく  使いがくる  使いが初めて私の家へ来た  使いの主が私を呼び付けようとした  使いによこした  使いにわけを話して  使いを出したり  使いに参りました  使いとして参った  使いをやれば  使いに出されて  使いはしりをつとめていた  使いの某君と話していた  使いに走って行きましたか  使いより聞得し  使いに来ても  使いに行くとして  使いをよこすからと  使いに行ってくれ  使いに参っておりませんが  使いに行ったが  使いを遣して  使いをしている  使いにやりました  使いに上げて下さい  使いとして学校へお遣わしになって  使いに出しておいて  使いをやって呼びに往かした  使いふるした古着となって  使い残しの紙と万年筆とがあった  使いに持たせ  使いは返した  使いにてまいった  使いがあった  使いで追い返されて  使いの者が行ってみると  使いの人まで来てくれました  使いの少年の行方は知れなかった  使いの口上だけを申しまする  使いをすまし  使いに立つべき  使いによこされた  使いをよこす  使いをもらって  使いの男は提灯をおろして  使いを立てた  使いの女は戸惑った  使いを受けて  使い馴れた潜水船を積みこんで行く  使いに出かけたが  使いの二人の男が現れた  使いにやれば  使いに行っておくれ  使いは一銭ももらえなくなるし  使いの小女がそれぐらいでよいとの口上をうけてきたからであった  使いの者を覚えているかね  使いの者とともに駆け着けさせ  使いを撃退役にアンマをもみつづけてもらう  使いをお遂げなされませ  使いをおびて  使いの衆は言っていたぜ  使いを河内の水分へ派して  使いが行きつかぬ  使いを頼まれてくれというて  使いに出た  使いも使いました  使いを下さいますれば  使いに参り  使いなすって居らっしゃると  使いになったって  使いがあると  使いに答えておき  使いをつかわし給わば  使いを飛ばして来て  使いとあっては  使いの刑部と爺に出会い  使いへ行くにも  使いはいたしましょう  使いが見えたらしく  使いで参った  使いを頼まれる  使いに見えた  使いなどをしたりした  使いの要求に応じる  使いは驚いて逃げて帰った  使いの失言を詫び入り  使いを江東の大島方面に派し  使いを出す  使いなれた家来同様宗任をかわいがって  使いをうけていたし  使いをよこした  使いを託された  使いの吉左右がわかる  使いとの手筈もある  使いの吉左右はまだ知れぬか  使いの吉左右を待つとしよう  使いに立って来た  使いを待とう  使いのひとりを斬りすてたという  使いする一条の如き  使いで参りました  使いを出し  使いを頼みました  使いは同じ人にさせているという  使いにたって持ってく  使いにさしむけた  使いとなって  使いが速舟で浜へ着いた  使いならやがてここへ見えましょう  使いがあり  使いにもかかわらず  使いがあれば  使いの役さえ果たせば  使いをみなごろしにした  使いをすましてくれば  使いにむくいて  使いを派せば  使いが捕まる  使いはまもなく暗黒な峠をのぞんで立って行った  使いをたてて  使いにのぼせ  使いをやってみようか  使いが立って行った  使いを首尾よくした  使いがお見えなるぞ  使いをうけたまわってまいりました  使いに急がせた  使いに遠くへやられるとか  使いに出て来た  使いがある  使いにゆけ  使いを先に走らせておいては  使いでお酒を買いに行った  使いに出してみてくれ  使いをやろう  使いで事足るでしょうか  使いの口上をさずけてから  使いの二名が戻って  使いあるにはどうにもならぬ  使いを飛ばして来た  使いを出せ  使いを賜わって  使いがくだれば  使いも戻り  使いから重ねて聞かされたからである  使いでないよと頬を打つ  使いを走らせる  使いとなると  使いというボロい目を見る  使いとしてわざと朝廷へ提出した  使いで急に西の旅へ立つ  使いにやったが  使いをよこしましたので  使いを往返していてはまにあわないので  使いならこの正行をよこす  使いの男は何も知らない  使いの男が云った  使いになります  使い置いていくよ  使いをもらったら  使いのおもむきとは  使いなら誰でもする  使いをよこして  使いにて馳せまいりました  使いのおもむきは  使いは口上を述べ終ると  使いの往復十数日をついやし  使い願わしゅう存じまする  使いをたのまれて  使いに誘拐されてゆくという  使いを利用して  使いをしてくれたのよ  使いが御到着なされました  使いに行っていた  使いがくりかえされ  使いに行け  使いとしてみえた  使いを受ける  使いをうけたまわった  使いをすませた  使いには何者が立った  使いと称する  使いに行くと云って  使いに遣られた  使いに出ると  使いにはほかの小僧を出して居りますが  使いわざと冷かにいい放した  使いが群れをなした  使いに呼び返された  使いになっている  使いに伴れて行って帰った  使いはしまい  使いなれている  使いにいきますと  使いだとおもっていましたので  使いだなどといいふらして  使いなすって下さいまし  使いを頼まれるという  使いをたのまれたのに過ぎないという  使いのついでに寄った  使いが去って  使いにやり  使いに参りましたと  使いだとおっしゃいますよ  使いと聞いたから  使いにならなけりゃ  使いのこりの  使いになれば  使いになったので  使いになってしまった  使いを立ててみると喜んで  使いとは云うものの表立った  使いが来て招かれた  使いもしないと見えて朽ちた  使いの者を返して  使いをいろいろ苦心しながら  使いがもち来たりしとみゆる  使いが立った  使いを頼ませた  使いはしたが  使いとしてこの要求書の提出とその説明とを引き受けて来た  使いにやってきた  使いにやられる  使いに行ってやんなさらんか  使いで来ました  使いにならない  使いに行ってくれたなあ  使いのお腰元たちのこらず  使いに出れば  使いに追いだす  使いをおやりになって  使いにやろうかという  使いの者をもって  使いの者を追い返して帰ってきた  使いの結果を待ちうけました  使いで浅草へ参りましたのに  使いによこしました  使いなんか来やしなかったぜ  使いに忘れずいっておきなよ  使いじゃござんすまいね  使い慣らした白へびを呼び出した  使い慣らした白へびをあやつり  使いをなりわいにいたしておりました  使いの腕を使って  使いがちがう  使いを替えて  使いをくださりゃ  使いにいった  使いに手紙を持ってこさします  使いをよこすねえ  使いをよこすだろう  使いがこれを持ってきた  使いはたすべき  使いを呼んできておくれ  使いをいただいている  使いをくだすった  使いのお駒もかしらがさがりました  使いは世を忍ぶかりの  使いに身をおとしたと申さるるか  使いならして  使いに行ってもらいたいから  使いに行ってください  使いは帰って来たが  使いの様な者で神の意一つで幸福にも不幸福にも成る  使いに行ってくる  使いの途中にありながら  使いを忍ばせ  使いに通っていた  使いの者から聞いたので  使いとして来たという  使いで見えた  使いから帰って来る  使いでも云い  使いはありませぬか  使いをしてやった  使いがおいでになりましたよ  使いはすぐ帰って来る  使いが葬場へ来た  使いとしてお出しになった  使いが荒ら屋へおいでくださると  使いの私の帰ります  使いにおいでくださいました  使いに持たせてよこしましたよ  使いに返歌を持たせてよこされたので  使いが来ると  使いはあちらこちらと尋ねまわっている  使いの蔵人の弁を呼んで  使いを出すという  使いは雨の脚よりもしげく参入した  使いは帰ってしまったが  使いの伝える  使いも来た  使いが始終来て  使いの度数の多くなった  使いまでもよこした  使いが福島の役所からの差紙を置いて行った  使いが出してありますよ  使いの男と二人でそこい  使いの男が言う  使いが来る  使いをくだされた  使いが次々に葬場へ参着して  使いを待たせて  使いに託してよこした  使いがよこされた  使いまでも恋人のゆかりの親しい者に思われて  使いとして来た  使いは入道の言葉を述べた  使いが須磨にまだいた  使いへ託した  使いを大騒ぎしてもてなした  使いはたいした贈り物を得て来た  使いに言わせた  使いに手紙を持たせて帰した  使いを出して尋ねる  使いを出したりしている  使いは五日に明石へ着いた  使いが来なかったなら  使いが明石へ来た  使い慣らしたりっぱな物のある  使いがどんなに迷惑をするかしれないと思って  使いだけは困ると思いましたけれど  使いの幾人かはそれぞれ差のある  使いをした  使いにして言わせた  使いが源氏に伝えた  使いの弁は早く帰るので  使いが持って来た  使いを出していた  使いをしたね  使いにまさると  使いをもてはやしていた  使いへ出した  使いへ末摘花の出した  使いはそっと立って行った  使いが返事を請求していると言ってきた  使いは出て行った  使いの行く先と手紙の内容とを知りたがっていた  使いをかしこんで扱った  使いになって訪ねて来た  使いに選ばれて来ました  使いから女房が渡された  使いを捜させ  使いが出された  使いを追いつかせて  使いを受けた  使いは派手な纏頭を得た  使いが常に来た  使いで進言された  使いにならず  使いにあそばして  使いの多く参った  使いが聞いて来た  使いへは女房を出して  使いを出してみる  使いが送られた  使いの僧に入道のことを聞いた  使いが入道の手紙をもたらした  使いを出して置いて  使いがたびたび来た  使いをお向けになったが  使いに言わせて来る  使いなど頼めり  使いの男を呼び寄せると  使いへは青鈍色の綾の一襲をお贈りになった  使いは杯を賜わり  使いから受け取って  使いはすぐに小野へ出された  使いのひっきりなしに来る  使いをおつかわしになる  使いにやって来た  使いさえすれば  使いの来る  使いを立てたりした  使いにされ  使いを出すと  使いの男は木幡山を通るのに  使いはおりおり送っても  使いに託した  使いが常に往来する  使いがうれしく感ぜられた  使いが催促をしてくる  使いが固辞して受けぬ  使いとして特別な人を宮はお選びになった  使いのおもだった人は帰ってしまった  使いなどもよこされてあるのに  使いだけの来た  使いが急がし立てる  使いを出さずにいた  使いも出しかねていた  使いをすぐに立てた  使いが山荘を多く訪れた  使いには纏頭が出された  使いを出してみると  使いとして次の歌をお贈りする  使いの頭中将は二条の院へ着いた  使いであることを人々は知った  使いのことをお思いになったが  使いが何心もなく持って来た  使いの者に持たして来た  使いになって来た  使いが伝えた  使いの言葉以上に誇張して  使いを呼び  使いの者の言葉を聞いて  使いが飛んで  使いから受け取った  使いも申しておりました  使いが来たなら  使いがまいっておりました  使いがまいったと申し上げられた  使いはさせた  使いが山荘へ来た  使いがまたこの日出逢う  使いは兵部卿の宮のお邸へ行き  使いに選び  使いが平生よりもたびたび来る  使いへ渡す  使いなどから薫の様子が伝えられた  使いになりまして  使いが母の手紙を持って来た  使いがもらって来た  使いは朝になってから帰るという  使いが泊まって帰らなかった  使いにどうこの始末を書いて帰した  使いをお出しになった  使いが来てみると  使いにまいったり  使いの罪になります  使いの立ち合わなかった  使いはその翌日の早朝に宇治へ来た  使いの来た  使いにはあの大蔵大輔が来た  使いへの贈り物に普通の品を出すべき  使いが乗る  使いは贈られた  使いの伝えた  使いはいたします  使いが出て来た  使いは伴って帰って来た  使いが一人は残っておられる  使いにもそのことを言って帰した  使いに出しましょう  使いをよくさせた  使いにお選びになりました  使いを貰ってら  使いになりませんから  使いだとかいって笑いました  使いにはなりません  使いにはならなかった  使いの者に渡してくれ  使いに手紙を持たせて  使いとされた  使いのものがやってきました  使いのものをこっそりと中津へはしらせ  使いに行って来いと言われた  使いの者を警察にやると  使いに持たせてやっております  使いになったりして  使いというは海馬と近属ながら尾に捲く  使いなど呼ばるる  使いに接して  使いにだした  使いは片足で菊松の頭をふみつけ  使いが正面にチャンと坐っている  使いが鋭く見すくめて云った  使いの者でざんすが  使いに出すと  使いの趣きを言え  使いの趣きがこの口から出ない  使いを飛ばしてはくれなかったか  使いに出してから  使いが参った  使いの者が申しました  使いをしたし  使いの者にさらに余分の金を届けさせたが  使いに走らせられた  使いを遣って  使いでよく明日の米の代を取りに来た  使いが見えたよ  使いに持たしてやれ  使いに行ってもらいたい  使いに行って来い  使いに行って来た  使いなど遣わす  使いに行こうという  使い馴れていて  使いはすべてプロマイドとフィルムになってしまった  使いにやらされる  使いがきたら  使いの方が来られて  使いを果たしてくれという  使いを自分に頼まれたという  使いの結果を報告すると  使いを果たしてくれて  使いの口上を受け取って  使いは自分に言い付けられる  使いとしてその状を具陳せしめ  使いのものに持たせてやるばかりにする  使いの口上を聞いて  使いが来てな  使いの者にきいてみたが  使いにみえたと申しましたよ  使いに来ている  使いによこして呼び出したりなさる  使いにこられたな  使いより先に旅に出た  使いの口上があるであろう  使いをしてやる  使いにやられたり  使いをもって申し入れましたが  使いになったに  使いに遣られます  使い減らしたのは下駄の歯削りになるし  使いを果たさなければならないと思ったので  使いあるきには差し支えなかった  使いに駈けあるいていた  使いをしていたらしい  使いでどうしても隣り  使いなどにやってはいられない  使いのものをあげますから  使いに来たし  使いをやれないかしら  使いはありません  使いがありました  使いとおっしゃいましたが  使いには及ばないね  使いを立てようかと思い迷った  使いを出すなら  使いは出ません  使いにいってこい  使いがきた  使いなれた智識感情といえる  使いを隋に遣わし給うに及んで  使いを遣わして  使いがゴザの外のじかにペタリと廊下へ弁当を置き  使いを呼んだ  使いに本日参上いたしました  使いが読める差し出し  使いに来て書けた  使いの烏として敬愛し  使いが二度も来て  使いを勤めさえすれば  使いに立ったが  使いを言い付けられた  使いと一緒に日本へまいりました  使いにまいりまする  使いといい  使いから戻られた  使いはしばしば西国に往来して  使いをたのまれて参った  使いとあれば  使いえらばるるようなるためしなく  使いになるので  使い給いし黒奴を悉く搦め取って  使いの人に品物を渡し  使いは急がわしく  使いがなくてすこしばかり憂鬱になる  使いがあなたのところへあいつを引っぱってきたら  使いなりとすればなるべし  使いの御狗というを  使いを寄越されてみると  使いになれます  使いに来ました  使いを呉れとせがんだ  使いに立てられて  使いであるから一緒に来てくれと言ったが  使いに来る  使いに出していました  使いをつかわして  使いは舟びとにその子細をただすと  使いはさとった  使いにまいる  使いはへい  使いが一つの玉を持って来ました  使いは絹糸のりっぱに通った  使いが帰って来ると  使いが手紙を持って来ました  使いにつきつけますと  使いから詳しい様子を聞いて  使いで今一寸他所へ行っている  使いであろうと思って  使いふるされ  使いに来ましたので  使い棄てに使う  使いふるした皺くちゃなハンカチを差出しました  使いの者たちが八方に飛んだ  使いの者がきた  使いにすぎない  使いはこんなふうにして  使いという高い職務をもちながら  使いの仕事を君にまかせた  使いしかもたない  使いとしての自分の名誉を守る  使いの用件をもっていく  使いの用件をもっていくという  使いのことを口実にできる  使いをあなたのためにもってくるけれど  使いもまかされます  使いの命令を受けます  使いの者しかもっていない  使いの成功についての期待を次第に失ってしまっていたが  使いの者がやってくる  使いもはじめの使いと同じように扱ってやる  使いの者をどんなふうに扱ったか  使いの者の扱いかただって許し  使いの者を送り出した  使いの者が手にいっぱいの裂かれた  使いを見て  使いがもどってくる  使いさえしたなら  使いの者といったら  使いの勤めをやっているだけでなく  使いに行きました  使いで不忍池の畔を歩いていたら  使いに行って貰いたいと思うね  使いに出したりする  使いが方々に飛ばされた  使いの者が立派に口上まで述べて帰りました  使いになったわね  使いがあわただしく駈けて来て  使いなどを出した  使いに立つ  使いが出来るかしら  使いだということにしてくださりゃかまわないでしょう  使いだと言って  使いだからと仰言ったので  使いがふところにあったので  使いをいたします  使いはたのまれないし  使いに行ったら  使いを曹へやった  使いを帰してきた  使いの帰えるまで  使い尽してしまっていたし  使いでやって来ますと  使いからしが流されて来た  使いからしは  使い馴れた言葉のある  使いになると  使いをさせた  使いに来たりし  使いをいいつかり  使いわけたというのではなくして  使いを走らせて取寄せ  使いに山の手までやられた  使いのものにつれられて  使いがやって来て  使いの人を呼び返してくる  使いの告げありければ  使いの者たちが毎日毎日役人をうるさく襲い  使いになったら  使いの者は扉から放り出してやるという  使いにはあきあきした  使いが来たので  使いにならなかった  使いはやや遅れた  使いをやって招いたという  使いで達してある  使いが医務室に飛び込んで来た  使いに来たりして  使いに行くと  使いにならん  

~ 使い[名詞]1
陣屋に召し使いに  遠方迄使いに  人間の使い  用事を言いつけられて使いに  清逸の使い  ために使いに  奴隷の使いは  家から使いが  道中の使い  妻子や召し使いなぞが  制帽の使い  細君も使いに  簡単な使い  母の使いを  大事な使いに  質屋への使いに  質屋への使いだけは  質屋へ使いに  市中へ使いに  一月寺へ使いに  売却する使いを  あなたに使いを  婦人の使いで  誰かを使いに  ために使いの  平賀源内の使いに  秘密の使い  桐井角兵衛は使いを  辺へ使いが  わしは使いに  江戸町奉行の使い  重要な使い  途中から使いを  主人の使いに  着物を使いの  許に使いを  許へ使いに  ところへ使いの  こちらからは使いを  往った使いの  時だって使いは  岸へ使いに  店の使いも  三日まえにも使いを  禿を使いに  八橋から使いが  兄の使いで  金を受取りの使いに  人の使いという  遠方から使いが  処へ使いに  劉表へ使いを  もとへ使い  袁術の使いが  ほうへやる使い  それがしへ使いを  呂布の使いが  縁談の使いを  早馬で使いを  約束して使いの  きのう手紙を持って使いに  淮南へ使いに  記録所へ使いを  車冑の使いを  玄徳へ使いを  河北へ使いに  劉曄が使いに  府から使いが  曹操の使いとして  河北の使いと  都へ使いを  いたずらに使いの  急に使いを  陳震が使いに  袁紹の使いと  孫策の使いが  審配から使いが  早馬の使いが  馬をとばして使いに  冀州へ使いを  袁譚は使いの  袁譚の使いが  彼の使いに  講和の使いに  袁兄弟へ使いを  後から使いの  疾い使い  孔明を使いに  荊州から迎えの使いが  襄陽の使いは  玄徳に使いを  ところへ使いに  誘降の使いを  呉へ使い  孔明を使いとして  相互の使いは  お姫さまの使いの  黄蓋の使い  南郡へも使いが  関羽から使いを  荊州へ使いに  答礼の使いを  婚姻の使いに  呉の使いの  呉から使いに  病院へ使いに  馬良が使いに  法正の使いを  夏侯淵へ使いを  正式に使いを  蜀へ使いに  親睦の使いと  招待にゆく使い  関羽は使いを  交渉の使いに  問題について使いを  宅へ使いに  何処へ使いに  誰かに使いに  仁平が使いに  仲間仁平が使いに  息子幸吉が使いに  陣へ使いを  席から使いを  首を使いに  密書を持った使いの  魏帝の使いは  陳震を使いに  和睦の使いに  不肖を使いと  図に写して使いに  笠森から使いが  ときの使いの  万屋から使いが  弘岡村へ使いに  小舟に乗って使いに  それがしを使いと  夏侯楙の使いと  成都へ使いを  戒告の使いを  新城へ使いを  朝廷から使いを  洛陽の使いが  司馬懿仲達からも使いが  私から使いを  宿先へ使いの  逢曳の使いか  問いに使いを  お召し使いの  ために使いを  ところへ使いを  きょうは使いに  下女を使いに  尾行を使いに  近藤栄蔵を使いに  大使館へ行った使いの  大使館へ使いに  今ここからの使いで  ところから使いが  キヨさんを使いに  前に使いに  作衛は使いに  作衛のいう使いの  ところの使いばかり  私の使いの  彼の使いの  もとへ使いを  雑誌社から使いに  八百屋へ使いにも  屋敷へ使いを  軽率に出して使いは  新聞社の使いの  お召し使いに  婦人を呼びに使いを  情熱から使い  恩人の使いが  花咲かば告げんといいし使いの  奈良へ使いを  お金を使いから  手水を使いに  私が使いに  一番列車に使いの  交番へ使いに  子供の使いじゃ  加藤と使いに  昨日津村伯爵家から使いが  村へ使いを  吉岡家の使い  行く先へは使いを  誰の使いで  自分の使いも  用人を使いに  どこへか使いに  豆腐屋へ使いに  晴れの使いとして  ばら銭買の使いに  手紙を持った使いを  密かに使いを  当方へ使いを  蔵を使いに  大工町の使いの  自転車で使いに  お礼を言いに使いが  急用が出来て使いが  老爺を使いに  気の利いた使いが  今まで使いを  邸へ使いに  人の使いとして  所へ使いを  音ずれを語ってくれる使い  菓子屋から使いが  私は使いに  近所へ使いに  塗師屋へ使いに  勝田さんへ使いに  命で使いに  私へ使いを  ことも走り使いを  萩原国吉を使いに  弟子を使いに  国吉を使いに  ジャンを使いに  槍の使いが  敬二郎の使い  状を使いに  足利表へ急ぐ使いの  憲房の使いは  ような使いが  子供の使いで  手紙と共に使いの  極秘な使いに  幽霊から使いを  順序によって使いを  邦夷の使い  指図に使いの  開拓使長官の使いを  夜に入ってから使いに  千頭家から使いの  酒屋へ使いに  それは使いの  寮からの使いが  妻を使いの  患家の使いを  危い使いに  高野から使いを  公卿の使いが  処刑の使いが  お前代りに使いを  三日前に来た使いの  本陣へ使い  岡田先生の使いで  内命を受けて使いに  本隊よりの使いの  二度目に使いに  弥勒菩薩のみ使い  返しにやった使いの  ッかけ使いを  途上で使いの  貰い下げの使いを  六波羅の使いが  危い使いなどを  久保が使いに  所に使いに  昔から使い  慰問の使いは  岩松とやらの使い  岩松の使いの  これへ使いを  陸へまいった使いの  上にいて使いの  陣営へやった使いの  催促にやった使いも  京都へ使い  母の使いで  介へ使いを  酒屋への使いを  さきに使いに  二度目の使いに  篠村の使いが  再々の使いが  高時の使いの  額田郡細川村へ使いに  鎌倉の使いが  高山寺へ使いを  仲時の使いは  夜明け前にやった使いの  頻々と使いを  よしを使いに  沙汰の使いを  旨をおびた使いが  三木の使い  西への使いに  急な使いに  風呂敷を下げて使いに  届けの使いを  京の使いを  師匠さんの使いで  訴願の使いに  六角へ行った使いの  容易ならぬ使いを  千種の使いから  撃剣を使いに  家来などの使いは  赤帽子の使いを  それを崩し使いという  和氏を使いとして  ッかけの使いに  法師へ使いを  道誉が使いを  懇願の使いを  重大な使い  清吉は使いに  ほどな使い  河内の使いから  遠くへ使いに  合せの使いが  正成の使いに  尊氏の使いとして  不思議な使いを  世の使いと  丸は使いに  涎をば使い  大抵の使いには  扇を使い使い  贈賄の使いが  さっき親房の使いに  鎌倉から使いを  動物を使いに  雑誌の使いの  ぶんたちが使い  はだしで使いに  冥土の使いに  子供を使いに  君の使いに  薬種問屋近江屋へ使いに  殿の使いとは  糸の使いを  一人の使いが  山県有朋から使いが  あすは使いを  何か使いを  言葉を使いは  名刺をもつた使いの  ことを取りしきっている召し使いの  市中に使いに  夜中表へ使いに  急ぎの使いで  伝六が使いの  清吉さんから頼まれての使い  今の使いの  もとへ使いに  だれも使いなんか  しだい持ち込んでくる使いが  人を替え使いを  番所からの使い  いずれにしても使いに  あとで使いに  小屋芸人やまがら使いの  扇子を使い使い  所へ遣る使いの  神の使いの  密かに使いに  たびの使いも  小寺殿の使いで  妻が使いに  下職人が駆込んだ使い  いつか駅長の使いを  編集局の使いの  京伝は使いを  男に使いを  出しになる尋ねの使いは  人を使いとして  花を使いに  手紙の使いが  家へ使いを  小君を使いに  贈り物の使いは  のが使いの  男を使いに  夕方に使いを  会所の使いが  見舞いの使いが  御所へ迎えの使いを  君を使いに  惟光を使いに  君が使いに  京へ使いを  源氏は使いを  文を持って使いが  筑前守が使いに  京へ使いの  濡れ鼠になった使い  京の使いが  手紙の使いを  ことも使いに  明石から送って来た使いに  どこからとも言わせない使いを  気がして使いを  大騒ぎして使いを  明石へ使いを  源氏に命ぜられてあった使いは  報告をする使いが  者を使いに  源氏の使いが  源氏は使いを  品の使い  女房を使いに  返事を使いが  挨拶を持った使いが  他の使いに  源氏は使いへ  それが使いに  あなたがたがお使いに  右馬助は渡して使いは  女房たちは使いの  大臣の使いに  消息であるといって使いから  中将が来た使いを  薫香も取り寄せる使いが  頭中将を使いに  頭中将が使いに  手紙の使いは  場所へ使いを  表だった使いで  それを使いに  見舞いの使いの  言葉を使いが  京から使いが  尼君は使いの  明石の使いが  方へも使いを  所へ使いが  ようにと使いを  ことを使いに  女房が使いから  小野へ使いに  弔問の使いが  蔵人少将を使いに  誦経の使いが  花の使いを  侍従を使いに  弁を使いに  アローが使いに  器用に活かして使いさえ  人から立てられる使いも  車を呼ばせる使いを  音問の使いは  品々を使いに  薫は使いを  ことを言って使いが  のを使いが  後朝の使いとして  意味で使いの  大形な使いなども  手紙の使いだけの  届けせねばならぬと使いが  六日見舞いの使いを  ほうの使いも  誦経の使いを  読経をさせる使いを  慰問の使いが  不安を覚えながらも使いを  頭中将を使いとして  時に使いの  後朝の使い  見舞いの使いを  蓬莱へ使いを  どこからか使いの  童女を使いに  乳母を使いに  子が使いから  昨日の使いも  大将からの使いが  薫からの使いが  山荘で落ち合った使いが  さきの使いは  随身を使いに  将家からの使いが  手紙は使いへ  寺から使いが  前日の使いが  次の使いを  ころに出立たせたと言っている使いに  思いになって使いを  侍が使いに  私は使い  ものでしたら使いの  大将家の使いの  大蔵大輔を使いに  車へ使いが  丁寧にたたんで使いの  しらせの使いを  翁を使いは  昼間の使いが  二度目の使いを  宇治の使いを  手紙をもった使いが  平和の使いと  小料理屋から使いを  亀が使いに  菅井和尚の使いで  竜宮の使いというは  竜宮の使いなど  女の子を使いに  神の使いは  神の使いが  社長からの使いの  成吉思汗から使いが  肝心の使いの  石田三成へ使いに  家に使いに  甚吉を使いに  火急出仕の使いが  子供の使い  東京へ使いを  前橋へ使いに  方から使いが  彼処に使いを  親の使いで  芝に使いに  上は使いなど  浄水を使いに  それが使い  前に使いの  天狗の使い  弁兼輔の使いが  法性寺へ使いに  大切の使いを  今夜の使いの  大事の使いを  ゆうべ泰親の使いの  石塚氏を使いとして  そこへ使いに  後家さんから使いが  娘が使いに  娘を使いに  ここへ使いに  柳生の使いより  水正から使いが  水正より言いつかった使いの  お前の使いを  菜切庖丁の使い  ハンカチーフの使いを  買物をするくらいの使い  父の使いに  父の使いで  遠方へ使いなどに  わしは使いの  時刻に使いの  おまえが使いの  のまでは使いを  どこそこへ使いに  外国船に使いを  推古天皇の使いを  咸享元年に使いを  真弓の使いという  朝の使いは  死の使い  王の使いの  鴉の使いが  難儀の使い  恋の使いに  今度の使いを  燕京の使いと  采女の使いと  大明の使いは  甲斐国から使いが  人の使いに  小坂部の使いと  町へ使いに  海岸通りへ使いに  当時召し使い  所から来た使いの  辰弥よりの使いは  井さんの使い  細川殿の使いと  城方の使い  王は使いを  冥府の使い  仕事の使いに  市へ使いに  帥が使いを  国の使いは  鳥を召し使いに  処へ使いを  家から使いに  急な使いが  ための使い  晃平を使いに  丁稚が使いに  都に使いを  彼に使いの  ただの使いに  信用できる使いの  君は使いという  私が使いの  クラムの使いの  ただ一人の使いの  バルナバスの使いの  城からの使いを  口頭で伝える使いも  ような使いの  あとの使いの  はじめの使いと  子が使いの  もとより使いの  金を使いさえ  奥の使いに  堀田の使いで  誰か使いに  一人で使いに  電報や使いが  方に使いを  仲間を使いに  病院から使いが  宿からも使いなどを  ギンネコ号に使いに  危険な使いに  お父さんの使い  局長の使い  ペンが使いに  介抱すると共に使いを  三浦行男からの使いで  鍋膏薬の使いから  質屋の使いを  弟子かなんぞの使いに  険難な使いを  雪見酒の使いを  四方八方に使いを  殿様から使いが  主のみ使いの  別な使いの  私も使いが  ような使いを  景時の使いは  柳生宗厳に使いを  ことは使いで  用事で使いに  類いのつまらぬ使いに  彼の使いが  神の使い  彼を使いに  

~ 使い[名詞]2
丁度使い  その使い  この使い  再び使い  そのまま使い  たびたび使い  疾く使い  あの使い  すぐ使い  もう使い  辛い使い  おのおの使い  わざわざ使い  早く使い  なく使い  初めて使い  よく使い  早使い  悪い使い  せっかく使い  せっせと使い  すぐさま使い  さらに使い  至急使い  いちいち使い  ふたたび使い  そんな使い  怪しい使い  こんな使い  同時に使い  久しく使い  恐ろしく使い  さる使い  必ず使い  本当に使い  どんな使い  其の使い  こうした使い  始終使い  そっと使い  さっそく使い  そうした使い  こんなふうに使い  にがにがしく使い  せめて使い  ちょっと使い  また使い  再三使い  単なる使い  短い使い  よい使い  おそらく使い  

複合名詞
使い部屋  ひとつ使い  人形使い  人形使い的形成  心使い  人形使いたち  言葉使い  使い早間  使いかた  お金使い  使いたち  二千年来使い  小間使い  上眼使い  使いどころ  使い様  無駄使い  息使い  鳥打帽使いわけ  間使い  鳩使い  川狩使い  使いせん  仮名使い  剣術使い  棒使い  クサリ鎌使い  一本使い  忍術使い  拳銃使い  金使い  むだ使い  使い五  蛇使い  手使い  左手使い  眼使い  使いよう次第  使い払い  町使い  使いよう  使い歩き  使い残り  走り使い  居合使い  使いすぎ  使い放題  使い孫乾  象使い  マック使い  ひとまず使い  手品使い  使いたる  いま使い  使い用  ムダ使い  使いつけ  使いぶり  使いわけ  曲独楽使い  ヤットオ使い  使い心持  とき忍術使い  代り使い  最近使い  使い爺さん  あちらこちら走り使い  呼吸使い  唐手使い  使いがら  小間使い風  少年小使い  使い室  目使い  ニセ札使い  使い銭  ふだん使い  秀吉使い  猛獣使い  両刀使い  世辞使い  使い賃  切支丹バテレン妖術使いウルガン伴天連  切支丹バテレン妖術使い  ヤットー使い  自転車使い  太刀使い  演説使い  犬使い  手許使い  小間使いみたい  毎朝小使いさん  不断使い  使いずみ  使い込み  一人使い  一人小使い  印度人槍使い  槍使い  エライ槍使い  槍使い一代  女煙術使い  づてのお使い  扇使い  人形使い桐竹紋十郎  剣術使い泉山虎  使い過ぎ  このごろ贋金使い  贋金使い  西洋奇術使い  使い屋  使い猿  使い早田隼人  声使い  使いごろ  水使い  使い役  使い工藤孫市  使い番  使い御苦労  使い分  魔術使い  筆使い  使い舟  使い奴  猿使い  使い立て  獣物使い  犬神使い  数万円使い  ゃったけにイツモ走り使い  出使い  銭使い  使い初め  六たび使い  使い誰  茶釜使い  狐使い  使い頃  使いべり  言語使い  使い下  ハイ小間使い  時小間使い  獣使い  奇術使い  なぞ使い  くま使い  使いども  かお使い  使い場  へび使い  へび使い小町騒動以来  使いめ  手妻使い  飯綱使い魔法使い  獅子使い  一切使い  使い処  使い順ら  使いかけ  禁厭使い  剃刀使い  剣術使いども  使い場所  内侍使い  横目使い  撥使い  使い栄え  使い心地  辞使い  幽霊使い  びっこの小使い  使いしだい  使い通しな不都合  猴使い  使い者  今様妖術使い  使い一狗子  一日使い  日々使い  鼬使い  使い崩れ  使い帳  昨日使い  声色使い  使いご苦労  頃御召使い  それぞれ使い  おべっか使い  気使い  長年使い  充分心使い  使い競べ  使い兼帯  使いっぱなし  かお使い立て  術使い  使い烏  使い一  砂利場使い  夜使い  多年使い  生き物使い  大変使い出  外法使い  何度使い  牛使い  使い柄  走り使いみたい  団扇使い  使い始め  自家使い  使い工合  海豹使い  使いはじめ字  使いめった  ところ手品使い  



前後の言葉をピックアップ
使い勝手  遣い  使い込ん  遣いもの  つかい  使い方  使い切っ  使い切ら  使い切り  使い切る


動詞をランダムでピックアップ
損じる思いきっつっつきとまどうことかこもとまっ探しあてるふるわせるのも遊ばせ言いださ筋張ら気づいかちとっさかえる突っかかろかちえよ褪せよ垂れ込め来さ
形容詞をランダムでピックアップ
吝くまましいめぼしき心地好い毛深い思わしいやむを得なかっ注意深き生ぬるくつたなし図図しいしらじらしく少から暖かくたのもし残り惜しいならびなくくだらない手びろく