「住む」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 住む[動詞]
アパートに住む  チェルシーに住む  文明社界に住む  文明社会に住む  空家に住む  私の住む  人の住む  私達の住む  神女の住む  姫が住む  女子ばかり住む  裏家に住む  岸に低く侘しく住む  中に住む  あなたが住む  須磨に住む  丸山本妙寺中屋敷に住む  夫婦暮しで住む  孫店に住む  子坂に住む  ここにも住む  兄の住む  山に住む  空想裡に住む  元来沙漠に住む  街にも住む  アンナの住む  袋小路に住む  僕の住む  弁当屋へ始めて住む  陸地に住む  抽出すれば、住む  前は、住む  幾人か住む  家に住む  家を移す、先ず住む  船底に住む  人魚の住む  横浜近くに住む  人間が住む  上だけでは住む  そこに住む  川下に住む  やつが、住む  賤民の住む  飯山に住む  部屋に住む  神様の住む  札幌に住む  地方に生れ、育ち、住む  殊に私の住む  今うつり住む  彼所に住む  近所に住む  私は住む  びとの住む  孤児に住む  離れ離れに住む  原子野に住む  人々も、住む  うちに住む  土地へ住む  樵夫の住む  谷間に住む  近くに住む  高原に住む  都会に住む  ひとりで住む  町に住む  私が住む  なかに住む  場所を選んで住む  艶子とともに住む  怪塔王の住む  だれも恐しがって住む  庭に住む  世界に住む  西洋室に住む  辺に住む  亭座敷に住む  魔の住む  裏長屋に住む  つまり路地裏に住む  表通りに住む  屋敷は、住む  阿波守の住む  場処に住む  庵があるが、住む  ここに住む  夢ちょう里に住みながら、住めば住む  北端に住む  東北端に住む  竪穴に住む  わたしの住む  こちらに住む  両親の住む  沿岸に住む  お前の住む  どこに住む  家が出来て、住む  水に住む  藩中に住む  天に住む  日本へ帰って住む  日蔭に住む  女の住む  雪が住む  我等の住む  若い女性の住む  龍泉寺に住む  大工でも住む  川向ひに住む  絶処虎狼の住む  奉公人などの住む  ところに住む  処へ住む  本郷東片町に住む  二人で住む  クラリモンドの住む  彼女の住む  王として住む  丘に住む  子が住む  果物同様、住む  鬼の住む  大森に住む  日に、わが住む  作者の住む  自然主義的世界に住む  新しい世界に住む  彼等の住む  自分の住む  われわれの住む  四谷箪笥町に住む  地上に住む  となりに住む  ほとりに住む  都でなきゃ住む  職人の住む  から、しまいには、もう住む  自らも住む  裏店に住む  平和に住む  もので、其の住む  蝮が選んで住む  中にだけ住む  コザツク人の住む  熱帯地方に住む  子息と住む  浅草に住む  さを住む  襟とに住む  下にまで住む  切岸に住む  平原に住む  東京に住む  孤島に住む  横町にかくれ住む  社会に住む  傍にも住む  町に古く住む  屋敷に住む  不潔で住む  自分のこれから住む  鰐の住む  林に住む  城に住む  番小屋にひとり住む  いるかとも見え、また住む  公有地に住む  我々の住む  塔中に住む  むに住む  坊様が住む  他に住む  夢が住む  片隅に住む  広沢地方に住む  人の子の住む  寮に住む  武蔵野辺に住む  全員そろって住む  山奥に住む  麓に住む  平地に住む  看板も住む  ジャングルに住む  人間の住む  別荘に住む  地方に住む  片山里に住む  ドロテイン街に住む  邸に住む  南国に住む  から、住む  楼桑村に永らく住む  賊徒らの住む  のもあり、あるいは住む  人が住む  善が住む  引揚者が住む  村に住む  共同住宅に住む  貂蝉の住む  彼の住む  東京に、住む  闇商人が住む  扇ヶ谷に住む  野村の住む  山中に住む  蛮人の住む  町へ住む  輩が群がり住む  家庭に住む  こちらは住む  室でも、だから住む  ものと住む  入口に住む  影に暗く住む  家主と隣り住む  人々も住む  財産もなく、時々住む  布努村に住む  一緒に住む  附近に住む  政治的移民として住む  熊本に住む  領土に住む  野に流れ住む  家を借りて住む  私たちの住む  唯一人其家に住む  我々人類が住む  新たに住む  地球に住む  フォニックスに住む  一つ家に住む  張換えて住む  長屋へ住む  何処にか住む  今日北白川宮邸に住む  今日東京に住む  国土に住む  住民二十万は住む  人情の温かきに住む  郊外に住む  山野に住む  城内に住む  大塚窪町に住む  乳母が住む  家を建てて住む  魚が住む  その間に住む  泉水に住む  池に住む  土地に住む  奥地に住む  築地あたりに住む  長平の住む  たいがい留守番の住む  すべて都会に住む  配偶どうし安らかに相住む  神戸に住む  京に住む  異人の住む  一しゃに住む  田舎に住む  京都に住む  外に住む  荏原屋敷に住む  從うて、住む  父母兄弟と共に住む  母の住む  ように住む  信夫郡に住む  一個居て住む  定子の住む  乳母の住む  民族の住む  人のみ住む  一世に住む  随処に残っていて、住む  年齢十六歳前後、住む  隣に住む  家屋に住む  河童小僧さえ住む  本島人の住む  内に住む  吾人の住む  人との住む  暗黒面に住む  地獄に住む  ひとり海底に住む  奈良に住む  市中に住む  彼等から離れて住む  馬鹿と共に住む  水筒中に住む  隱れ住む  里に隠れ住む  浮世から隠れて住む  伊東に住む  伊勢五十鈴川上に住む  国に住む  霊物が住む  アングル族の住む  一九二二年三十九歳一月二十七日からシュピンドラーミューレに住む  ベルリン郊外シュテーグリッツに住む  大国主の住む  エミシどもの住む  毒虫が住む  お里の住む  桐生に住む  海岸へ住む  わたしたちは住む  ものは住む  はじめ娘三人息子一人と住む  空気は、自ずと住む  それを住む  自分等の住む  隣家に住む  三吉が住む  島に住む  三吉夫婦が住む  三吉の住む  階下に住む  世の中に住む  裏に住む  年久しく住む  時、住む  叔父が借りて住む  近く郊外に住む  地内に住む  実が住む  牧野が住む  妻子の住む  お前達の住む  蛇が住む  種の住む  老母が住む  宮廷に来て住む  巫女の住む  何代替っても長く住む  日本に住む  あたりに住む  棟に住む  いっしょに住む  内安堂寺町に住む  父の住む  叔母と共に住む  半日ずつ住む  普通に人が住む  離れに住む  一しよに住む  おれが住む  人々の住む  四階に住む  都邑に住む  ヂャリージに住む  亡霊の住む  いたずらに、住む  郡羽鳥に住む  木原に住む  其處に住む  家に赴いて住む  高瀬の住む  側に来て住む  地所に住む  邸宅に住む  鎌倉に住む  山川家に住む  明神下に住む  下谷に住む  隅に住む  横佩墻内に住む  仙人の住む  近くへ来て住む  二階家へ住む  その後東京に住む  Parnassusに住む  宛然Pelionに住む  獺の住む  東京市内に住む  坂部健作の住む  吾子初台に住む  市井に住む  ひとの住む  小屋に住む  こと、住む  区画に住む  山地に住む  絹の住む  本所に住む  五番丁に住む  ところへ住む  片田舎に住む  妖物の住む  拙者の住む  人が居て住む  つた悪魔の住む  嫁が来たら住む  大阪に住む  自分が住む  父親と住む  恵子が住む  幾たびか住む  京橋に住む  都合で再び帰って住む  橋の下に住む  家鴨が住んでいたが、まったく、住む  我ら東京に住む  土地にゐながら、すでに住む  仁王門に住む  荊州に住む  彫刻家が住む  此処で住む  町民は悉く住む  近辺に住む  館に住む  其処に住む  三人で住む  城下まちに住む  芸術家の住む  詩人の住む  獨り住む  姿で住む  呼び戻したくても住む  東夷の住む  長崎には住む  奥州に住む  家は倒れて住む  案内されて住む  村里に住む  今日俳壇に住む  白色アラビア人の住む  一族郎党のむらがり住む  領内に住む  鵺の住む  猛獣の住む  光に住む  幸福に住む  内側に住む  初春まで、住む  隣合わせに住む  ここは長く住む  今川党などの住む  足利党の住む  水分に住む  郷に住む  正成の住む  どこにも住む  営業をやめて住む  だって金博士の住む  満足して住む  必、住む  近村に住む  府内に住む  動物ですよ。海に住む  麓あたりに住む  連中なら、とても住む  こと、生れて初めて住む  庄に住む  今は住む  江戸川縁に住む  知らない世界に住む  芦屋に住む  低地帯にむらがり住む  國から心を破られ、住む  心の住む  俺の住む  人は住む  人里に住む  村を同じくしてともに住む  八千代の住む  バラックに住む  違つた世界に住む  我が住む  以来、住む  当地に住む  経家が住む  江戸に住む  陸に住む  ことはございますまいけれど、居るには居られず、住む  湖南に住む  旗男たちの住む  年ひさしく住む  音羽に住む  鰻縄手に住む  新宿附近に住む  東京へ住む  四谷坂町に住む  実相寺門前に住む  百姓地に住む  三五郎はその隣りに住む  多聞院門前に住む  おたまじゃくしの住む  自然界に住む  空中に住む  者の住む  本所回向院門前に住む  明石町宗十郎店に住む  谷にも住む  谷にのみ住む  三河町に住む  わが家に住む  こと二十年にして、住む  わが住む  余が住む  心も、わが住む  昔に住む  城中にまぎれ住む  縫子の住む  そこには、住む  二人で、住む  井田が住む  今井田が住む  彼奴の住む  武蔵野に住む  私どもの住む  クロムウェル街に住む  それに住む  往つて茶路に住む  客が住む  摩利信乃法師の住む  一家中で住む  處に住む  ヴィヤ・サン・パオロに住む  一つへだてたすぐ向うに住む  所に住む  牧師の住む  街に住む  自己の住む  大邸宅に住む  支那人商人の住む  渚に住む  信州松本在に住む  高円寺に住む  家に来て住む  夢を育てようと思ふなら、住む  ノルデンに住む  因習的に住む  世間に住む  今江戸に住む  場末に住む  見当が、我が住む  雰囲気中にも住む  男と住む  三階に住む  白山に住む  コーカサス山中に住む  北部コーカサスに住む  堕落層に住む  城下に住む  紀州ならずとも、ともに住む  湖辺に住む  孤り住む  海岸に住む  役は住む  家などに住む  二人の住む  家へ来て住む  須磨に比べて住む  永久に住む  都に住む  海人の住む  源氏の住む  里は住む  天が下に住む  明日からお前の住む  植民地に住む  水辺に住む  平野に住む  ここへ住む  谷に住む  一方に住む  宮へはいって住む  浦に住む  川に住む  巣を張りて住む  家を作りて住む  われらが住む  麹町一丁目に住む  古川町に住む  浅草茅町に住む  漁村に住む  あなたの住む  そこの住む  二階に住む  家には、余り住む  人を食う種族の住む  土地そのものが住む  自分たちの住む  ここへ来て住む  銀様の住む  地下道に住む  のどかに住む  ニューイングトンに住む  場長の住む  魔物の住む  場所に住む  かい人の住む  半年間労働者街に住む  永久自分の住む  近在に住む  農山漁村に住む  うわさも聞かざりき、住む  身、住む  日本橋久松町に住む  誰が住む  ほかに住む  都会にふたたび住む  島山に住む  山上に住む  陽性が住む  山の上から下界に住む  蠅だけの住む  一体人の住む  全然人間の住む  これに住む  森に住む  町内に住む  西洋長屋に住む  よそに住む  太人などの住む  冬から住む  別宅に住む  謀つて、我が住む  乞食の住む  恰度門番が住む  陋巷に住む  淵に住む  市に来て住む  小村に住む  誰も住む  家へ住む  頂に住む  戦災によって住む  自分で住む  菅原君が住む  竜が住む  土中に住む  純ら樹上に住む  里に住む  河に住む  われとともに住む  大陸に住む  西天に住む  処に住む  宮殿に住む  鼠が住む  部分に住む  ジャワ等諸島に住む  差し引き吾人の住む  血肉を食い、その住む  川上川下に住む  久し振り人間の住む  凶宅じゃ、住む  うちには、住む  豊かに住む  普通に深山に住む  むかでが来て住む  鳥さへ住む  ここに長く住む  江戸北郊千住宿六丁目に住む  新吉原中の町に住む  奥に住む  巷に来り住む  東京で住む  宣教師たちが住む  家敷に住む  上に住む  木に住む  西片町に住む  間借して住む  田舍に住む  家に行って住む  農奴が住む  地を踏むと同時に、住む  方に住む  もの、住む  自分はまず住む  あすこに住む  別荘を借りて住む  蜂の巣と云いながら、やはり住む  中欧から北にかけて住む  くらやみに住む  海鯨の住む  沼に住む  荒果てて住む  古刹に住む  博士の住む  ばいいんだ、住む  僕が住む  他国に住む  屋敷内に住む  屋根裏に住む  金星に住む  独房に住む  棟割長屋に住む  SUと住む  百合子の住む  百合子にも住む  二人が住む  姉さんが住む  知友神津猛君が住む  君の住む  人達が住む  裾に住む  山の上に住む  窓から親達の住む  大手に住む  ぐらひの家に住む  父母の住む  由子の住む  男の住む  中では住む  づ人の住む  愁ひが住む  形で住む  裡に住む  合せに住む  芸人の住む  下町へ住む  自分達の住む  娼家に住む  廓近くに住む  欲望、住む  インゴルシュタットに住む  人類の住む  トルコに住む  荒野に住む  巣窟に住む  処を長えに住む  鉄砲組同心の住む  宿で住む  ロイドレ街二十三番館に住む  おろか、住む  託児所へ住む  ヘクザ館に住む  小石川白山に住む  とこに住む  虎屋横町に住む  駐屯兵が住む  破損して、長く住む  ニュージーランドに住む  ちがいない、むろん住む  鮮鱗の住む  海に住む  凶宅があって、住む  建物に住む  小舎に住む  陋屋に住む  角に、住む  寧坊に住む  上手に住む  寺中に住む  ままで住む  仙鶴観に住む  洛に住む  がたも住む  ここへ帰り住む  のは、離れて住む  隣にして住む  世界以外に住む  赤坂山王台アパート有明荘に住む  崖下に住む  他に別れて住む  市に住む  調度が、住む  黒住の住む  御代に住む  尼寺へ住む  苫小牧に住む  今日私たちの住む  地に住む  世に住む  美枝子が住む  彼女が住む  朝鮮に住む  水域に住む  正文夫婦の住む  古屋敷に住む  品川に住む  安心して住む  嫌はれながら、共に住む  愛なくして、共に住む  老婆が住む  私などの住む  精神が住む  私をはなれて住む  雨に打たれ、住む  大通りに住む  前に住む  部屋を暗くして住む  傍に住む  縁に住む  猿の住む  避難民は住む  天女の住む  底のいと深くに住む  星に住む  己が住む  一室に住む  当時は、住む  ところとなりて、住む  此處に住む  丸山新町に住む  なほ人の住む  長屋に住む  共に住む  上遠野附近に住む  雀の住む  稲倉に来て住む  今も多く住む  連中が住む  Paradisoに、住む  一ツ家に住む  坊主どもの住む  対岸に住む  ことは、食って着て住む  住家には住む  姥の住む  魔人の住む  人夫たちの住む  近頃新に住む  うち一方を選んで住む  ギーザが住む  下僕として住む  ものとして住む  却って都に住む  そこここまばらに住む  生活で住む  子供たちの住む  大海に住む  野に住む  暗黒蔵として住む  山家に住む  日本にも住む  井上家の後園に住む  二国に分れ住む  深山に住む  何処に住む  従類眷属とても無く、常に住む  一つ屋などに住む  秋田市楢山に住む  山近くに住む  九州にももちろん住む  山人が住む  横町に住む  つけ町に住む  僕等の住む  都會に住む  深みに住む  メフィストが住む  猿が住む  清女たちが住む  模型だから這入って住む  食事を終ると、さっさとわが住む  茅を葺いて、住む  武蔵の住む  家が出来、住む  各自一軒づつの家を建てて住む  づ部屋を借りて住む  洞穴に住む  離れ島に住む  密境ぞ住む  藻に住む  部落に住む  狐が住む  下層社会に住む  趁われて、住む  名古屋に住む  辻に住む  近国に住む  知らない東京に住む  番町に住む  隼町に住む  海の底に住む  三町だけ離れて住む  衣なく、住む  食なく、住む  僧正ガ谷に住む  家族の住む  花園に住む  時代に住む  頃にはさうも思はなかつたが、住む  都合上札幌に住む  此処に住む  同胞の住む  大都会に住む  森蔭に住む  ものの住む  栄養をとろうと思えば、住む  子の住む  はじめて仙台に住む  曲つて大学教授たちの住む  ここらに住む  島に、住む  魚の住む  珊瑚礁に住む  ミッドウェー島に、うつり住む  奥山に住む  北の方に住む  はてに住む  雨戸が有れば住む  林崎に住む  行つて何処に住む  住宅地に住む  もののみの住む  水底に住む  心に住む  神国に住む  アルハンゲルスク州に住む  北東ロシアに住む  峯に住む  彼らから彼らの住む  電子に住む  僕たちの住む  毎度山家が来て住む  テント張りや小屋がけをして住む  洛中に住む  祖母に教えられてその住む  ミュンツァが住む  玉子屋新道に住む  天上に住む  者が、住む  淵などに住む  闇に住む  明るみに住む  コンゴに住む  南米に住む  北方に住む  槙の住む  妾宅に住む  下に住む  山里に住む  景蔵の住む  界隈に住む  森林に住む  漁師たちの住む  馬籠あたりに住む  窓に住む  先輩が住む  家族が住む  間に住む  新室に住む  解由など取りて住む  五代将軍綱吉が住む  貧民窟に住む  安らかに住む  家であるが、住む  折に住む  來りて住む  民の住む  密林に住む  煙を立てて住む  屋敷町に住む  街道筋に住む  多吉夫婦の住む  乗物町に住む  多吉が住む  助の住む  小屋をたてて住む  誰だって里に住む  彼らはその住む  縁下に住む  都会へ住む  氷川町に住む  深川に住む  瑞西に住む  下に来て住む  此村に住む  夫の住む  溪に住む  神は世に住む  一島に住む  詩神等の住む  山川林野等に住む  淡水に住む  大切にして住む  イヴに住む  みやこに住む  獨りにて住む  南半球には住む  へんに住む  寄宿舎を焼かれ、住む  彼らの住む  師匠の住む  覆いをして住む  人はその住む  鯛の住む  貧しき人々の住む  裏海沿岸に住む  坂本町に住む  葛飾に住む  あたしの住む  庵に住む  山の下に住む  直下に住む  江戸藩邸に住む  藩地に住む  外国人が住む  そこへ住む  麻布区笄町百七十五番地へ住む  天上界に住む  正午頃、わが住む  一しょに住む  谷水をひいて住む  一人で住む  林町に住む  諸方に住む  農村へ帰り住む  大神の住む  願ふところに住む  たつみしかぞ住む  路地裏に住む  親に分れて住む  裾野に住む  信者達の住む  大坂に住む  アルベーローに住む  亀の住む  心を求めて住む  田宮峰二郎と呼び、かれが住む  サークルに住む  多く人が住む  獅子の住む  牛込に住む  空遠くさいわい住む  ぐみ帰りきぬ山のあなたになお遠くさいわい住む  雇人たちの住む  二つの世界に同時に住む  離れへ住む  鬼が住む  新潟へ住む  国内に住む  渋谷に住む  愛児と分れ住む  一緒に住もうか住む  浦曲に住む  画家の住む  邸内に住む  邸外に住む  曙町に住む  中に隠れ住む  村から住む  あちらに住む  音絵の住む  一緒になって住む  穴に住む  昆虫館に住む  拙者と住む  妻と住む  沼ばかりで住む  子供だけ住む  中国へ帰り住む  故郷に帰り住む  神意によつて、指された住む  眠つた街に、住む  この街に住む  つてからの住む  狼が住む  人間同士の住む  住職山越氏の住む  震源地に住む  工場地域に住む  作家の住む  薄暮に住む  やつてくると、住む  紅地帯に住む  ぼくの住む  こをもって、住む  西山に住む  そのまま家として住む  不断上屋敷に住む  瀬に住む  鮎が住む  神の住む  ここに来たり住む  所だが、住む  京都へ住む  靜かな街に住む  のだから住む  恋人の住む  豊の住む  職業紹介所、住む  私達が住む  友達が住む  オランダ人の住む  百姓がたいへん好んで住む  きれいにして住む  イオナに住む  堂守などの住む  世帯を持って住む  名古屋へ移って住む  剣山に住む  鹹水に住む  劍山に住む  ナザレに住む  喜びとわに住む  薊が生え、住む  男性の住む  空想に住む  面に住む  胸に住む  魔法使ひが住む  イタチも住む  文化財聚落に住む  ひとも住む  さが感じられても、住む  イエニーの住む  深川猿江町に住む  物、住む  



前後の言葉をピックアップ
澄渡る  すみわたる  スミー  スミ子  すみ江  澄む  棲む  済む  すむ  スムース


動詞をランダムでピックアップ
求めろ於き離し喜べ勝ち誇らしるそ削い響かすつたっかたより突き破ら書き送れやわらげ聞き損なっ去ろ駆付け質しすみなれ時めか連れ帰っ
形容詞をランダムでピックアップ
すがすがししんどはなばなしく広き図太く儚く遍し厚かまし憎憎しくせまいうっとうしかっひもじゅうとげとげしく逸早く繁きいさましいばかばかしわびしじれったくっ悩ましく