「仰せ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 仰せ[動詞]
左衞門様は宜く斬ったと仰せ  事が出来ると仰せ  猫撫聲で仰せ  何んと仰せ  表装を仰せ  宮川茅野雄殿と仰せ  貴殿の仰せ  さらないと仰せ  先方へ渡せと仰せ  奥様が仰せ  ご存じならば仰せ  名前は何と仰せ  山道に迷ったと仰せ  もう少し研究して見るがよいと仰せ  法眼澄賀に仰せ  源空はしりたるとぞ仰せ  のだ、とでも仰せ  易々と仰せ  官人秀能に仰せ  群臣に仰せ  翻訳を仰せ  お座がえも仰せ  大事をとって、と仰せ  事を仰せ  痴話喧嘩は一々とり上げるなと、仰せ  ような、その惨酷い仰せ  厳かに仰せ  文弱に流れてはいかぬと仰せ  大役を仰せ  御用を仰せ  妻だと仰せ  嫌と仰せ  數が乏しと仰せ  言はじ思はじ、仰せ  曙覧にたびてよと仰せ  問答対決と仰せ  気分がお悪いと仰せ  なにを仰せ  誰をさして仰せ  別に、仰せ  ものに見てもらおうと仰せ  ものだと仰せ  神は仰せ  ためにと仰せ  声などどうしてお聞かせ出来よう、などといつも仰せ  教育勅語に、何と仰せ  弁才坊殿には、仰せ  唐姫様が仰せ  女髪何と仰せ  鷹狩を仰せ  鷹野を仰せ  氣性で、一旦仰せ  物語が無いと仰せ  物語がないと仰せ  こちらへ参ったらようく言って聞かせてやって呉れなどと仰せ  何を仰せ  乃信姫は仰せ  霊験と仰せ  劉玄徳と仰せ  董太師が興じて仰せ  左様に仰せ  帝は、しきりに、仰せ  どこが悪いと仰せ  家老衆はとまれとまれと仰せ  彼に仰せ  武勇では、危ないと仰せ  国士なり、と仰せ  丞相もさきほど仰せ  宗春様が仰せ  ことがわかりましたが、そう仰せ  孔夫子が仰せ  十四日にしめ切ると仰せ  間だと仰せ  殿も仰せ  あれと仰せ  二夫人へと仰せ  誰彼と仰せ  ことを仰せ  ひと声、仰せ  庵であると仰せ  何事も仰せ  理由を仰せ  不吉を仰せ  つけでなければ帰らぬと仰せ  糜竺と仰せ  二陣をさして仰せ  義を仰せ  将軍を迎えて来いと仰せ  仙翁をわずらわして、お問いいたしたいと仰せ  後に報ずべしとまで仰せ  病を治してやろうと仰せ  独言に仰せ  箸二本とも茂り栄えよと仰せ  主上直接に仰せ  女神の仰せ  此主上の仰せ  宇多法皇が仰せ  子供騙しと仰せ  大事と仰せ  何事を仰せ  帝には仰せ  むかし先帝も仰せ  から、左様仰せ  柔かに教えるがごとく仰せ  収入を多くせんと仰せ  口癖に仰せ  いやと仰せ  私まで仰せ  ものを仰せ  両方共に、仰せ  初春に仰せ  尊が仰せ  高御座で仰せ  ように立っていよ、と仰せ  身の上話をしてあげなさい、と仰せ  五十両出せば許しても好いと仰せ  代筆せよと仰せ  お供を仰せ  塞え防いで居ろ、と仰せ  塞へ防いで居ろ、と仰せ  家作りに改めよ、と仰せ  塞へ防いで居ろと仰せ  家作りに改めよと仰せ  仮親と仰せ  命を全ふすべしと仰せ  敵を愛せと仰せ  放免を仰せ  煙管に致せと仰せ  不審と仰せ  やうに仰せ  ともがらに仰せ  否と仰せ  一杯と仰せ  遠慮なふ仰せ  唯舞はせよと仰せ  人数なれば、ただ舞わせよと仰せ  彫刻を仰せ  もっと大役を仰せ  目が留まって、ほしいと仰せ  鑑定をしろと仰せ  旨を、仰せ  東宮様と仰せ  ものじゃと仰せ  倶奈羅太子と仰せ  エ、何と仰せ  奥方にそむいたと仰せ  さいぜん母上は何と仰せ  高僧に仰せ  遺漏があったとでも、仰せ  笑ひながらに仰せ  苦笑ひして仰せ  保釈願を出して見よと仰せ  庭につかんと仰せ  なにがと仰せ  玄恵法印と仰せ  ひと目と仰せ  高氏どのと仰せ  なんなりと、仰せ  勘当すると仰せ  勧進帳を読めと仰せ  恩などと仰せ  ようにと仰せ  久子に死ねと仰せ  いちど道誉を見たいとか仰せ  一口に仰せ  心頼みじゃと、仰せ  恒性と仰せ  嫌いと仰せ  六波羅より仰せ  細かに仰せ  一舟を寄せて、もし、頼むと仰せ  質とするとは仰せ  のが仰せ  両院からの、仰せ  降伏して出ようとでも仰せ  ことは、仰せ  油断ならずと仰せ  淫祀邪教と仰せ  上と、仰せ  物を仰せ  証拠と仰せ  死にせんなどと仰せ  承諾と仰せ  そこがと仰せ  道誉へ、寝返れとでも仰せ  約束と仰せ  道誉と仰せ  うち、こう仰せ  後醍醐が仰せ  手前に仰せ  敵だと仰せ  過分なれどと、仰せ  和議でないと、固く仰せ  目をかきくもらせて、こう仰せ  間遠なりと仰せ  ことは仰せ  諸政はまかせると仰せ  殿様がじかにそう仰せ  人物本位にと仰せ  先方へ返せと仰せ  小人など仰せ  聖徳太子は仰せ  中にこう仰せ  末席を仰せ  改易を仰せ  是非を仰せ  まりくどく仰せ  策士なりと仰せ  信長公もよも仰せ  中央中央とよく仰せ  お話し入れいたしたいと仰せ  祈祷を仰せ  いやだと仰せ  御上にはなんと仰せ  御上は仰せ  作品を好んでいると仰せ  貴女の仰せ  同胞新聞主筆篠田長二君と仰せ  介様と仰せ  源女に仰せ  主君が仰せ  ように仰せ  業と仰せ  恋せぬなどと仰せ  悪口を仰せ  関係ありと仰せ  オ、仰せ  ことが待ち遠しいであろうと仰せ  歌を仰せ  ことを繰り返し繰り返し仰せ  宮は仰せ  愛の誓いを仰せ  調子で仰せ  直接に仰せ  人へ仰せ  女房へ仰せ  帝は仰せ  宮の仰せ  源氏へ仰せ  陛下は仰せ  無理も仰せ  易を学ぶと仰せ  宮中から御沙汰がありましてね、こう仰せ  好意と仰せ  帝が仰せ  心配げに仰せ  謙遜して仰せ  熱心に仰せ  院が仰せ  問題に触れて仰せ  院はこう仰せ  案じになって仰せ  ふうに仰せ  者へ仰せ  朱雀院は仰せ  朱雀院の仰せ  院は仰せ  こととは仰せ  将来が頼もしく見えるではないかと仰せ  そうだよ、とも仰せ  酔態に託してこう仰せ  法皇はこう仰せ  法皇は仰せ  法皇が仰せ  馬鹿正直に仰せ  不機嫌に仰せ  嘘を仰せ  何も仰せ  中宮が仰せ  げに仰せ  お上がああ仰せ  思想と仰せ  作り候ものの見苦しきは仰せ  希望として仰せ  気持ちで仰せ  ふうにたびたび仰せ  まじめにこう仰せ  冗談を仰せ  思召すふうで仰せ  中宮の仰せ  気がかりに仰せ  方法を講じてくれとはっきりと仰せ  何とでも仰せ  命を取るぞと仰せ  上人が仰せ  恨みごとをいろいろと仰せ  侍従へ仰せ  憐んで仰せ  親切に仰せ  奥様は仰せ  ために仰せ  吉丸とが、尚生きて居ると仰せ  遠島を仰せ  跡目に坐れとのあり難き仰せ  否なのは岩沼令嬢と仰せ  しき事を仰せ  後を仰せ  奧さまにと仰せ  はずはなからうと仰せ  宮仕へをしろと仰せ  群卿に仰せ  祖父様は何と仰せ  無体を仰せ  見参してなんと仰せ  こと屡々なりなど仰せ  エーと仰せ  なつて仰せ  松本先生も仰せ  松本良順先生が仰せ  松本先生が、然う仰せ  何うしても斬ると仰せ  ようにと、仰せ  あれ射止めよと仰せ  げじゃと仰せ  奇特がないと仰せ  唯今も仰せ  鬼界ヶ島へ流せと仰せ  家へ帰れと仰せ  左大臣どのも仰せ  後白河上皇が仰せ  望みをかなえやろうと仰せ  ご用をハッキリ仰せ  二人は出て参ろうわと仰せ  自身も仰せ  組長を仰せ  殿下が仰せ  教誨師お前さんはと仰せ  行啓を仰せ  ご用を仰せ  郎の仰せ  北畠殿と仰せ  有賀又兵衛じゃと仰せ  五味左門と仰せ  中でも、何彼と仰せ  伊東頼母様と仰せ  頼母殿と仰せ  士隊長を仰せ  それを見たいと仰せ  ように、仰せ  無用じゃないかと仰せ  日らしくと仰せ  それを仰せ  アいいじゃないかと仰せ  ことだと仰せ  相談役を仰せ  入り用だと仰せ  急用でも仰せ  お目見得に出せと仰せ  俺に直ぐ来いと仰せ  事ばかり仰せ  役を仰せ  芳桂院様と仰せ  不意に仰せ  所為だと仰せ  父上に仰せ  山、と仰せ  名代を仰せ  秀林院様の仰せ  厭味やら仰せ  うちに、落せと仰せ  狼などと仰せ  同心仕るまじくと仰せ  同心致し難くと仰せ  物語さへも仰せ  覚悟は変るまじ、と仰せ  候へと仰せ  候と仰せ  候べしと仰せ  娘と仰せ  介錯大儀と仰せ  味方したとでも仰せ  土耳古人に与したとでも仰せ  ことでもあると仰せ  罪科なりと仰せ  ことはしてはならぬと仰せ  妖怪と仰せ  助様と仰せ  善哉善哉、と仰せ  善哉善哉と仰せ  吉之助様は仰せ  限り殿様の仰せ  者と仰せ  配慮から衣服を与へようと仰せ  偽りを仰せ  かくまで仰せ  行つて、やらうと仰せ  始めから、さう仰せ  殿の仰せ  奥方の仰せ  それも唯、仰せ  好きだと仰せ  物を見たと仰せ  わり子を少し得さすべしと仰せ  それを話しせよと仰せ  松とを、ほしいと仰せ  民主的解決であるからと仰せ  殊に石舟斎様と仰せ  門下で、何と仰せ  特にご用を仰せ  連れいと仰せ  弓場で会おうと仰せ  宣命にも仰せ  想せよ、と仰せ  子だと仰せ  お月さまと仰せ  方が仰せ  なりと仰せ  よしあし共に仰せ  ちがい船を造れと仰せ  母上が仰せ  妻はかほどのうてはと仰せ  口から仰せ  事もなげに仰せ  殿と仰せ  京師殿と仰せ  事なかれと仰せ  重宝と仰せ  今日相州に仰せ  冗談なども仰せ  相州さまに仰せ  中に仰せ  不審を尋ね仰せ  守護人等に仰せ  の処、仰せ  守護地頭等に仰せ  者、と仰せ  給はるの間、仰せ  御家人等に仰せ  相州に仰せ  綱に仰せ  方に仰せ  雖も、仰せ  口調で仰せ  招請して仰せ  云々、仰せ  奉行人等に仰せ  輩に仰せ  皆御家人等に仰せ  お話相手に伺ふがよい、と仰せ  方へ仰せ  兵に仰せ  日本には要らないと仰せ  莞爾と、こう仰せ  小柄だと仰せ  父様が仰せ  おすすめいたしましても、どうしても飲まないと仰せ  屋敷を出なさろうと仰せ  父様を捨てようと仰せ  はい姉上の仰せ  姉上は仰せ  其やうに仰せ  吾儕に仰せ  一戦してみようと仰せ  御用番御老中よりも仰せ  のは気づかわれると仰せ  天朝より仰せ  公道に基づくべしと仰せ  娘が仰せ  社参を仰せ  平次は仰せ  鳥山鳥右ヱ門様と仰せ  先ほど仰せ  鷹野の仰せ  事ひとたびお鷹野の仰せ  手伝御用を仰せ  帝、仰せ  速に追ひ放つべしと仰せ  見当と仰せ  野蛮人などと仰せ  殿が仰せ  草木を見よと仰せ  台辞を仰せ  呪詞を仰せ  国司に仰せ  伊豆山専光房に仰せ  臨終に仰せ  遣唐使に仰せ  の、仰せ  縄打つと、仰せ  其日一日物も仰せ  天武天皇の仰せ  禮に仰せ  わたくし安萬侶に仰せ  獻上せよと仰せ  命の仰せ  命が仰せ  命に仰せ  國に住んではならないと仰せ  子に仰せ  神の仰せ  神たちに見せて仰せ  神に仰せ  飛行機と仰せ  それがあると仰せ  城を落せと仰せ  首を取れと仰せ  品を求め参れと仰せ  道具と仰せ  某に仰せ  子孫遺恨を含みいては相成らずと仰せ  処刑いたすべしと仰せ  殊勝なりと仰せ  懇に仰せ  手伝いやらを仰せ  情のう仰せ  小夜衣とばかり仰せ  用意を仰せ  俄かに仰せ  陣触れなど仰せ  わたくしが洩らしたなど、必ず仰せ  先日わたくしに向かって思い切ったと仰せ  積労によって増すべきであると、こう仰せ  仕事と仰せ  成功と仰せ  殿様が仰せ  カランス殿が仰せ  館林様は仰せ  そうに仰せ  役廻りを仰せ  

名詞

仰せ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
仰せになったので  仰せを承る  仰せに及ばず  仰せに従い早々逃げのび  仰せを蒙りました  仰せのごとくわれになれ  仰せがあったけれども  仰せに従って披講をした  仰せが降った  仰せの程も思い合わされます  仰せによってよく見ますと  仰せになった  仰せによって選び進ぜた  仰せのように致して  仰せの通りよく拝見しました  仰せではありますが  仰せにはなりませんでしたか  仰せを蒙った  仰せに従って思い切って  仰せになりました  仰せまでもありません  仰せに依  仰せをこうむりました  仰せではある  仰せは確に拝誦しました  仰せを受けずとも書きたいと  仰せの通りにござりまする  仰せに従って此彦四郎揮いましょうぞ  仰せのとおり妻を亡うて  仰せに背くは  仰せがあれば  仰せ聞けられて  仰せ聞けを願います  仰せを聞いて  仰せに随い  仰せになる  仰せの通りにして帰って来る  仰せを此土の精霊たちに伝へ  仰せ聞けられまし  仰せの通りに御坐りまする  仰せとあれば  仰せをかしこみて  仰せ聞けられて下されませ  仰せを承りますと  仰せに答えられる  仰せを伝へたりと覚しく  仰せになります  仰せになり  仰せのように考えて居りました  仰せを受けた  仰せは承わられる  仰せを受けてとも言い  仰せがあった  仰せ下された  仰せを受けてとも  仰せで御座ります  仰せの如く味方の兵が逃げる  仰せの通りに相違ありません  仰せのように非常に重態であるとしたら  仰せの通り掃除口の検査をしましたら  仰せ承ったコン吉がクウル・ド・ラ・レエヌの花市を駆け  仰せのごとくに四ん這いになると  仰せに従って新堀町の八百屋を見張っておりますと  仰せのように致して参りました  仰せに服従せねばならない  仰せに從ひますと  仰せを伝へる  仰せになるでございましょう  仰せになるかも存じませぬ  仰せにて仏壇に燈ささげ候えば  仰せは道理におじゃる  仰せには従いますが  仰せ聞かされませぬが  仰せでござりまする  仰せになりませんで  仰せの承  仰せと聞くと  仰せかと思えば  仰せに任せて  仰せの通りに実現せず  仰せに従いて  仰せの通りに仕る  仰せありし小女房でおわしたの  仰せ出られたら  仰せにあまえ  仰せの通り渡世に入って  仰せに従いまする  仰せ聞けられて下さい  仰せに従い千円の処は差出しますが  仰せの通りあれが行方不明になりました  仰せの通り大きな声は出せねえ  仰せの通り死んだ  仰せの如く今後出来るだけ  仰せに驚いた  仰せをうけると  仰せを聞けば  仰せにござりまする  仰せではございますが  仰せの通り下駄をキチンとそろへる  仰せには分別致し  仰せを蒙る  仰せ聞けられたいと  仰せをうけて  仰せというか  仰せもあって  仰せがあったので  仰せを受けて  仰せになりましたので  仰せがあったろう  仰せばしでございまする  仰せはおつたえ申しましたが  仰せの通り  仰せかとおもえば  仰せにかまわず  仰せのままにして来た  仰せなれども御免下されたし  仰せまでもなく滅多にあだな死はとげませぬ  仰せにゃ及ぶべき  仰せがございました  仰せになつてお役人を督励して  仰せに従ひ  仰せばかりは御聞き入れになりません  仰せによって浄土双六の文字などを認めた  仰せになつてゐる  仰せにでも従います  仰せに随ひて  仰せに従ふべき  仰せになりましたか  仰せまでもござらぬ  仰せでもあります  仰せを受けて召捕りに向った  仰せのとおりに一所懸命になって  仰せがおりかかってくるやらわからないではないか  仰せを畏む旨を答えた  仰せによれば  仰せをこうむった  仰せを承った  仰せを伝えた  仰せを光明にいたしまして  仰せを伺っている  仰せを承りましても  仰せがあって  仰せによって内侍が大臣を呼びに来たので  仰せがあるまでになっている  仰せがたびたびあって  仰せ聞けられ候わば  仰せになって  仰せになるので  仰せのように子供の将来に光明を認めとうございます  仰せがある  仰せになるのに  仰せが下った  仰せはこうこうと書いて差し上げる  仰せをお受けしようという  仰せがありますから  仰せを源氏は子息によって伝えさせた  仰せを源氏へ下された  仰せを下さいましたから  仰せになるまで上がっていて帰る  仰せを不思議に思って  仰せになりますよ  仰せにはなりませんが  仰せがなくともこちらから進んで  仰せまでも受けましては  仰せは承る  仰せについて大臣へ相談をかけた  仰せがたびたびになる  仰せが伝えられたので  仰せがあるという  仰せになりまして  仰せになりますとおり  仰せをお伝えいたしましょう  仰せのように御堂にいたす  仰せを承りましてからは  仰せの儘にやつて見た  仰せで山荘の御用を勤めております  仰せであるとは思う  仰せを賜わりました  仰せのままにいたしましょう  仰せを蒙って  仰せを蒙りましたので  仰せにや及ぶべきでげす  仰せに有難うぞんじますと  仰せの通りになりましよと  仰せのやま  仰せは大切に思わぬと  仰せだと持ち上げられる  仰せだから内約があるの  仰せもありましたし  仰せの通りに仕  仰せのままに従うべければ  仰せの通りにございます  仰せの言も有之候えば  仰せのごとくと笑える  仰せのあった  仰せを守っている  仰せをうけ  仰せによって自撰した  仰せが下された  仰せを蒙り  仰せをうけた  仰せにしたがって  仰せにしたがい  仰せにも従います  仰せを畏み  仰せかしこみ  仰せを守って  仰せの本辭を記し定めて  仰せになつてオホカムヅミの命という名を下さいました  仰せになるには  仰せでわたくしが哭きわめいている  仰せの通りに言いました  仰せにまかせて  仰せに背きませんと申しました  仰せの通り獻上致しまし  仰せになつて言うには  仰せじゃとは云わぬ  仰せを蒙つて  仰せがあり  仰せに従つて洗つて来るかな  

~ 仰せ[名詞]1
此の仰せを  尤もなる仰せ  作品の仰せを  法然も仰せに従って  法然に仰せが  月輪殿の仰せによって  わたくしは仰せの  そなたに仰せには  先生の仰せに従って  おれとの仰せ  それは仰せの  天智天皇の仰せに  城外へ出ると仰せ  意外な仰せでは  擒れという仰せ  意外な仰せ  云ふ仰せは  ことは仰せを  帝の仰せ  斯うしろと仰せが  何うか仰せ  覚悟を致して来いとの仰せ  親切な仰せを  御免を蒙り仰せに  ことを仰せに  天神の仰せを  内室が仰せ  旦那様から仰せ  頼政は仰せを  天皇の仰せに  余興をやって見せよと仰せに  手前勝手の仰せの  地獄繪を描けと申す仰せを  地獄絵を描けと申す仰せを  一つ二つの仰せは  宮の仰せを  とんでもない仰せで  確に仰せの  あなた方の仰せの  長老様の仰せ  主人の仰せに  父の仰せに  天子様の仰せを  上でという仰せ  いつでもという仰せ  はなし申したいと仰せ  後母様の仰せにて  妻にと仰せの  東へ帰れとの仰せ  案内して参れよとの仰せで  よう申し上げてみろとの仰せで  天目山へ上ってみると仰せ  安綱とは仰せに  神主様の仰せ  赤橋どのの仰せでも  なにを仰せかと  違いと仰せで  なにひとつとして仰せの  神尾殿の仰せの  保養と仰せ  意外な仰せを  卯木と仰せ  延期と仰せ  舎弟さまの仰せに  久しぶりとの仰せ  いつでも仰せに従い  ここは仰せの  長官の仰せの  維摩居士も仰せに  釈尊も仰せに  義家は仰せを  日蓮上人が仰せに  古人も仰せに  孔子様が仰せに  私が仰せの  秀林院様の仰せには  自分へ仰せ  これは仰せを  木実を取り来よとの仰せで  坊主になれとの仰せと  主人道誉の仰せも  ようにとの仰せが  望東尼様が仰せに  褒美を下さると云う仰せ  公家の仰せを  離亭へ罷れと仰せ  何を仰せかと  何の仰せも  くものなれば仰せ  侍をさがして来いという仰せを  将軍家の仰せが  気色の仰せが  冗談を仰せにな  やうにしたいと仰せに  具へてゐなければならぬとの仰せに  閣下の仰せの  残念な仰せ  禁裏の仰せによって  一度見たいと仰せに  左様に仰せ  哲も仰せに  音楽を聞きたいという仰せが  異な仰せ  陛下の仰せ  方様よりの仰せに  ような仰せで  何を仰せで  伊豆守様が仰せ  ところが見たいという仰せ  殿の仰せでも  お通しすなという仰せでは  神さまの仰せ  殿の仰せを  其方たち行って知らせて来いとの仰せで  文句で仰せを  反対するとの仰せ  陛下の仰せに  欣然として仰せを  帝の仰せを  陛下も仰せに  ほうから仰せによって  手紙で仰せに  関係を認めての仰せが  父になってやろうという仰せが  ようにとまで仰せに  太后へ仰せに  ことまでも仰せに  ようにと仰せに  あなた様の仰せが  おいでになったのに仰せが  院も仰せに  ようとの仰せ  宮中の仰せを  宮中からあった仰せを  院の仰せを  意味の仰せが  尼君を生きさせておいてみせたいと仰せに  ただ今まで仰せには  法皇の仰せは  冷泉院からあった仰せについて  院からの仰せが  院の仰せが  道元禅師も仰せに  自身で仰せに  大納言様は仰せに  あちらで仰せに  ような仰せが  心配あそばして仰せに  后は仰せに  とんでもない仰せ  日の誓いを繰り返し仰せに  あなた様の仰せを  あちらは仰せの  役人に仰せが  宮へ譲ろうと仰せに  ことはしたくないと仰せに  帝は仰せに  時に差し上げてくださいと仰せに  罰を加えるからという仰せが  大将様から仰せが  ふうの仰せが  王女は仰せを  大王の仰せ  大王の仰せの  主人から仰せを  分に過ぎたる仰せにて  何とも仰せの  何という仰せ  役人の仰せ  神さんの仰せは  御意だ仰せ  御上の仰せ  主人の仰せも  以後は仰せの  白状せよとの仰せ  お母さんの仰せを  伊東頼母様と仰せに  出陣の仰せを  雷車を推せという仰せ  勅撰の仰せを  仁和寺宮守覚法親王の仰せによって  寄人たちに仰せが  六人が仰せを  編纂の仰せを  歌を選んで献ずべき仰せを  外面的には仰せの  破れという仰せを  次第ですから仰せに  わたしは仰せか  天武天皇の仰せの  命が仰せに  父上の仰せで  命に仰せにな  内から仰せに  命を呼んで仰せにな  神に思わしめて仰せに  神の仰せの  大神の仰せに  御子の仰せに  國は仰せの  命に仰せに  ここに仰せに  命が仰せにな  十兵衛来いとの仰せじゃとは  天皇の仰せを  

~ 仰せ[名詞]2
まことに仰せ  頻りに仰せ  何と仰せ  勿体ない仰せ  ない仰せ  如何にも仰せ  歯がゆい仰せ  其の仰せ  なく仰せ  その仰せ  有難き仰せ  こう仰せ  いかにも仰せ  もとより仰せ  いかなる仰せ  むごい仰せ  ありがたい仰せ  もったいない仰せ  如何なる仰せ  いかに仰せ  きつい仰せ  なさけない仰せ  有難い仰せ  この仰せ  どんな仰せ  何とも仰せ  なき仰せ  もう仰せ  ハッ仰せ  烈しい仰せ  全く仰せ  かたじけない仰せ  こうした仰せ  特に仰せ  こんな仰せ  それとなく仰せ  そんな仰せ  こういう仰せ  まさに仰せ  なんとか仰せ  そっと仰せ  始終仰せ  多い仰せ  うれしい仰せ  手軽く仰せ  もちろん仰せ  浅ましい仰せ  まさしく仰せ  まったく仰せ  謹んで仰せ  早速仰せ  

複合名詞
仰せ尤  仰せつけ  仰せつる  仰せ候  仰せどおり  仰せら  朝方仰せ  旨仰せら  主上仰せ出し  入牢仰せ  仰せ通り  ら仰せ  仰せ下し  仰せ通り今夜  仰せ出し  仰せゆえ  仰せ事  仰せ付け  仰せ出  仰せの  尊仰せら  仰せぢ  最初仰せ  仰せ受  仰せ千万  仰せ一いち  仰せかしこ  唯今仰せ  仰せらりょう  前日来仰せ  由仰せ  つて仰せ  廃朝仰せ  改革仰せ  けしからん仰せ  仰せ詞  おん仰せ  



前後の言葉をピックアップ
大相撲  仰せ  遂せ  果せ  果せれ  おおせ  大瀬  大瀬崎  大堰  大堰川


動詞をランダムでピックアップ
取り片付ける沸かせ転じよくれよ寝そべら関連づけ損じ追越そひっかえし落ち行く凭れたちまわり召捕ら取り囲ん取乱さ踊る仕組む際せ一旗揚げれ見下ろさ
形容詞をランダムでピックアップ
小うるさ名残惜しく詳しいいたいたしい浅き懶かっめんど遠白息苦しきじれった偉くうらわかいちいさしふがいな荒々し得がたい堆いおこがましいにぎにぎしくたまらなかっ