「仇」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
仇で返す  仇っぽいところが有って  仇と知らず  仇と名告り討たれん  仇となり  仇なる両人の生首提げて  仇の手掛りが知れましたか  仇には廻り逢いませんが  仇を報いたいと思い詰め  仇を報わん  仇を討ち  仇を討たせてやろうとの  仇討ち物とすれば  仇をうったのみか  仇な夢もこもり  仇やおろそかに申す  仇をなす  仇をなす憎むべき  仇を討ってやるぞ  仇をする  仇も討たない  仇をするばかりか  仇と味方のおくつき  仇を討たせようと  仇をなして  仇でかえす  仇でかへす  仇となりて  仇を視ながら  仇を避ける  仇を討とうとしました  仇をしやしまいかと思いますほど  仇をされる  仇のある  仇があり  仇と寝刃をとぐ  仇を討つてやる  仇にとられる  仇を打った  仇を討とうと思って  仇が討てないなんて  仇を討たないで  仇を打つなどと云う  仇で返した  仇を討たずにはおきません  仇とはいえ  仇を刺そうとした  仇めきすぎて見える  仇めいた道中姿の女がいて  仇を取られた  仇を取った  仇を討とうがため  仇な一匹もらしはせじと  仇な姿に咲きにおう  仇ない顔して  仇白く空虚なしかし強烈な白光を想い出させられるが  仇をした  仇やおろそかに思ってはならないぞ  仇にして  仇を晴らす  仇めいてゐて  仇じゃあありませんか  仇とつけ狙うのに  仇とつけ狙う  仇のこの連中に逢った  仇でもある  仇を返したいは  仇を受ける  仇を受けるじゃ  仇に田鴫山鳩如きを打たず  仇を報じようではありませんか  仇があろう  仇を思い知らしてやろうとは考えていたが  仇をとろうと  仇な女によこしまな思ひを寄せなければならず  仇をするだろう  仇にされて  仇を取ってみせましょう  仇で返すばかりか  仇は死んでも  仇を報ぜんと  仇を打たんが  仇を報じる  仇を果たさん  仇でかえすなんて  仇にもあらぬ  仇を報いずにいないでしょう  仇を報ぜんとする  仇をそそぎ  仇を報う  仇を討つ  仇を報ぜぬ  仇を討つなら  仇は惜しや見失ってしまい  仇もそそがずにはおかぬ  仇っぽい声がする  仇たる蜀を防がん希いの  仇で報ゆるに  仇をし  仇を尋ね探して討ちたい  仇なり心を残さぬ  仇をうってあげるだけの  仇とも心得ず  仇つぽさと美しさを發揮する  仇を報いた  仇の方を負けさせなければならない  仇と狙いて  仇は尽きたり  仇を討って  仇を討ちました  仇を討たぬと云う  仇を討たぬ  仇を討たせて  仇は討てず  仇を討って帰ってくれ  仇を討たんでは帰られません  仇を討ちたいと  仇を討ちまして  仇を探し廻っている  仇でも許して通す  仇とも思う  仇を報じてやらなくてはなりますまい  仇をとる  仇光りの陰気な光沢を持った  仇をしよう  仇の胎児の死を眺める  仇ならぬ人を仇にして  仇には思わねえ  仇もある  仇光りのする  仇と剣の稽古に励んでいる  仇も討てませんからね  仇討ちに精を入れようという  仇か何ぞであるかのように思え出して来た  仇になりやした  仇をもってむくいるという  仇たる某紳士が神経衰弱に罹って  仇かたきでもあるかの  仇し男にそむいてしまっている  仇だから殺しましたと  仇にめぐり逢った  仇をするとて  仇をとってやろうときめました  仇を討った  仇に授け  仇やおろそかには思っていません  仇を石でうつとは  仇を取ってください  仇をつけ狙った  仇をするぞ  仇をとれという  仇を打つ  仇を討たして下さい  仇討ちをする  仇討ちが実現されました  仇のように狙って来た  仇と呪って  仇を打たれた  仇あるを見よ  仇を見ず  仇は早や背に上れり  仇は土にぞうちつけ  仇の來らぬうちと心せ  仇にする  仇の何のと罵ったが  仇の露国将校を討ち取るという  仇な処をおとりにして  仇をしようとしている  仇討ちを思い立たせる  仇と稱する  仇とつけ廻し  仇になし  仇し世空華のながめに  仇で返すとは  仇し男の姿を発見する  仇し男に贈ったという  仇し男を引捕えてやらねば  仇を討ちし  仇を討ちますからね  仇と覘っていたら  仇と覘うものがありとすれば  仇を持つ  仇と覘いおる  仇のように見上げて  仇やおろそかにする  仇を討たんがため  仇のあとを追うて  仇し男に身を任せると誓いを立てた  仇として恨んでやがる  仇が天誅組から逃げて  仇じゃと申して  仇をたずねて  仇をして困らせ  仇し男の子供を連れている  仇でもあるし  仇なんてこた  仇というようなことを思わなかったかな  仇な姿を見て  仇だといっている  仇も争もなくなった  仇で返すなんて  仇や疎かには思いませぬ  仇めいた女の声がした  仇を取ってやる  仇なんぞは取っていただかなくっても  仇を討果すべき  仇と狙う  仇とは存じながら  仇ち棄てて  仇を叩き斬って  仇になる  仇の家へ行つても朝茶はのめ  仇の胸もとをただ一ト突きに突き刺した  仇も打たなけりゃ  仇だなんどつけねらわれるかと思えば  仇をと思っている  仇にするっていう  仇を斬るならば  仇し女に兵馬さんの心が移る  仇のように思う  仇が討ちたく成りました  仇を討とうて  仇を討つと云った  仇を討つてえますが  仇を討つて  仇を討ちたいと心掛けて居ります  仇となって  仇が打てるだろうと  仇に過ぎし  仇を酬いて下さらない  仇の面を見てやりたくなる  仇は討てませんよ  仇を報ずる  仇を探して  仇の輪廓だけを洩らした  仇の賛之丞だとはいうが  仇のいる  仇というと  仇は弱すぎる  仇としてもった  仇めいた気持になった  仇と覘って二度も失敗なっている  仇の泥棒猟師の女房にコロリと一杯喰って  仇のようにわたしたちを見張っていた  仇っぽい美い  仇に報ゆるという  仇を討つという  仇を見出す  仇なる白濱の砂は終の墓ならずや  仇を取るには取ったから  仇となる  仇でござんする  仇っぽく見える  仇のように憎まれている  仇めかしさを漂はせて  仇し女を見つけてしまいました  仇になったわ  仇を取  仇をとった  仇といえなくも  仇を取ってやるから泣くな泣くな  仇をうった  仇と昔ながらにきめて扱ってあるから  仇に苛める  仇からでも保護されるくらいな  仇だとも思うだろうけれど  仇のゆくえを尋ねあるく  仇の在所をさがし出せという  仇の神崎が果たして江戸に隠れているか  仇のありかは  仇のゆくえが知れない  仇のように思われてなりませんので  仇はまだほかにも大勢ある  仇が打てる  仇をとらなくちゃ  仇を取る  仇のうちで五人は首尾よく仕留めましたが  仇討ちをしに来ているらしいから  仇を討たれてやる  仇に近寄る  仇をどうする  仇をほろぼしてしまおうと  仇を手にかけたと  仇になりすましてしまって  仇になって  仇し契りの結ばれ  仇めいた寝乱れ  仇となって飛んだ  仇をするかもしれない  仇とばかりに飛びかかって  仇のゆくえを探しに出ました  仇がたきです  仇討ちをした  仇と手のうらかえす  仇を取ってやるから  仇を討ちたくないか  仇めいており  仇と呪い  仇しようなどというのは身の程を知らな過ぎる  仇にもなるわよ  仇を取り残したほどに  仇でも討つた  仇を長崎で討った  仇をしはしないか  仇のように憎んでいる  仇とする  仇を水の中でとったりした  仇となった  仇でも討とうというので  仇を取って  仇っぽい声を先にして  仇をうたなくちゃ  仇を討たんが  仇だと言った  仇を持っている  仇けない所を見ると  仇しようとても爾はさせぬ  仇を復す  仇を復そうとて  仇にしやがる  仇でもない筈にあらせ  仇になさるると申す  仇になりたくばならるるまで  仇は彼の人なれば  仇などと旧弊な言掛りも附けようと思えば附けられよう  仇などと旧弊な言掛りも附けようと思へば附けられよう  仇にしては  仇討ちに出る  仇とは云いながら  仇を取ろうとしていたではないか  仇をねらう  仇だと言って  仇な身体付によりて巧に余情を紙外に溢れしめたり  仇を一人にして  仇を愛し  仇は報ぜられた  仇に思ほ  仇だというような気になって  仇し心に気がついた  仇しごとをしようとも  仇し心が出ない  仇の家に殃い  仇が為たる事の様に憎み  仇し男との秘密を見られる  仇白いやつを畳んで載せた  仇のように憎みきっているという  仇のように憎む  仇をうけた  仇のように睨む  仇のように睨んでいるから  仇を討てと  仇を報ずるは  仇を討たんず  仇を覓め虎の左眼を射  仇を復すは  仇に身を任せたは  仇に怒るよりも  仇に出会った  仇をそのままに差措いては  仇の首級を揚げて  仇を討たれたか  仇に過さなければならなかつた  仇として討ち果たしてくれと  仇の行方を占って貰い  仇元仲を仕止めるという  仇討ちがあったりという  仇を討ち果す  仇ァ討たんければなんねえ  仇し仇浪浅妻船の浅ましい世を乗せ渡る  仇をとるから覚えてや  仇討ちにでかける  仇を打ってやる  仇は屹度とつてやるから覚えてゐ  仇ねらふ  仇を返してやれ  仇な化粧をし  仇を返されて  仇っぽいところでよく売れる  仇である彼への敵意と愛着を抱いて  仇と偽わり怒り  仇をまんまととつて進ぜよう引つ  仇のように憎んでいた  仇めいて艶なる  仇し名を流してあるく浮かれ  仇の亡骸を枕にして  仇のように呪うている  仇を庇うか  仇と変わる  仇にしようと思うても  仇に月日を過ごしたばかりか  仇と書いてあった  仇という二句の意味を考えてみた  仇となれるを思うに  仇を討とうとして  仇な中年増を想像しては  仇と呪っている  仇にめぐり合った  仇っぽいお神さんを想像していた  仇な江戸前の話し  仇の家へきたって  仇っぽい粂三郎のお嬢吉三の小さな羽子板かかえて  仇をば討つべきぞ  仇を討たせ  仇は取り逃がし  仇と狙ふて  仇されるしさ  仇を討ってやれ  仇にするは  仇とするか  仇を憎む  仇にもさうは思へない  仇をとってやるぞ  仇は討たれた  仇を討ってくれ  仇はうって見せるぞ  仇に過ぎざりき  仇を復さんとの  仇し女などに取られるより  仇を報いてあげるが  仇の子がもう成長していますから  仇の僕を睨みつめている  仇をとられる  仇になってしまいました  仇を報いてくだされと  仇し子を生むと云う  仇やおろそかに見すごしてしまう  仇を打たなければならぬ  仇やおろそかに思うてはなりませぬぞ  仇でない事は最近の作品が証明している  仇をとって貰おうと思ったが  仇を討ってやった  仇と成ことをしらず  仇もなき高利貸を虐殺するに至る  仇を報じるという  仇の幾分を報じる  仇は俺が打つぞ  仇を討って見せるけに  仇きをばお前の靴の踵鉄が鳴りひびくほど  仇が犬になって  仇になっちまいました  仇をとって  仇の味方になって  仇の味方になって働いている  仇を返さなければ消える  仇の誰であるかを知っていた  仇あることを云わず  仇の名など知らざる  仇を返しに来た  仇を打たなければ消える  仇を取つてやります  仇や疎かに思っちゃ  仇をする憂ひはなかつた  仇を不遜の非倫にかへせる  仇となるべきかの  仇を報いんとて  仇をむくいし  仇を報い  仇やおろそかには思われぬわいのう  仇をむくいよ  仇を報いん  仇をわが子孫にむくいむ  仇を返せり  仇討ちした  仇をユダヤ人に報いしが  仇と信じて居る  仇を取つてやるといふ  仇に心得違いをして  仇の前にでも出た  仇の吉野の室に妹が行つてゐたと思ふと  仇でも尋ねる  仇と名乗って討たるるか  仇と名乗って討たれに来た  仇を討たぬというならば  仇を取つた  仇っぽさのある  仇は返さにゃならん  仇の砦は逃げて  仇めいた匂いがして窶れた  仇で返された  仇のために左右せられんともかぎらない  仇としか聞えない  仇っぽいところもあった  仇のことを忘れた  仇を取らなければならない  仇を取るには  

~ 仇[名詞]1
源氏に仇  恩を仇で  どこか仇  実父の仇と  侍となして置いて仇と  恩を仇  主人の仇  肝腎の仇の  父様の仇を  上は仇は  主の仇を  手引をして仇を  カチカチ山は仇  主君の仇を  そこには仇  私の仇  帝国海軍に仇を  海軍に仇を  貴様の仇を  御国に仇を  青江三空曹の仇も  恩を仇でか  結婚が仇と  前の仇を  ばかにしたから仇  師匠の仇を  周馬に仇を  俺にとっても仇の  そこには仇が  恋の仇と  明白に出会した仇と  甲賀家に仇  千絵様に仇  わしがきつと仇を  親の仇では  親の仇  親切を仇に  俊子さんの仇を  姉の仇を  姉さんの仇が  姉さんの仇を  #姉の仇  今までの仇  蜂須賀家には仇も  民国の仇  父母の仇を  民国の仇の  妻としては仇  二ぐらいの仇  蟹に仇を  彼等は仇を  父の仇を  のも仇と  世の中の仇  女の仇  妙に仇  慈悲を仇や  心づくしを仇に  日頃の仇を  異様に仇  あたし達の仇じゃあ  秘かに仇と  おのれを仇と  法外先生の仇の  弓削法外先生の仇でも  轟の仇  必らず仇を  わが国へ仇を  今日の仇を  本来なんの仇が  弟の仇を  議論の仇  女房にかくれ仇  良人の仇  呉へ仇を  眼の仇に  父母の仇  #一家の仇  其方の仇  何の仇  宋謙が仇を  一生の仇  赤壁の仇を  太刀抜て仇にも  関羽の仇を  呉に仇を  私情を仇の  関羽が仇を  父の仇の  張飛の仇も  義弟を討った仇では  魏の仇  亭主の仇を  兄貴の仇なり  夫を仇とも  達者で仇  不思議な仇  六櫛を挿した仇  父の仇  彼らを仇と  御身の仇は  巡礼が仇を  女ながらも仇を  兄の仇を  お前が仇を  兄様の仇  かた親の仇を  親の仇を  草の根を分けて仇を  戀の仇でも  親の仇とも  正当な仇を  山田君を殺したものの仇を  奴等から仇を  上に仇  詐り僻みなどと仇  人を仇に  多助が仇には  行燈をさげた仇  恩も仇も  変に仇  父の仇と  父の仇も  恋の仇か  身の仇に  恩に仇を  弟の仇  後ろ姿を仇  恋人は仇  おふくろの仇  姉の仇  自分の尋ねる仇に  猟主に仇を  妹の仇を  見事に仇を  詩の仇を  今度主君の仇を  だれの仇を  若旦那を殺した仇に  主人の仇を  令嬢に仇を  オレに仇を  事で仇を  両親の仇とは  両親の仇を  曲馬団に仇  思い通りの仇  眼の仇の  自分の仇と  ような仇  ほとりに仇  わが身は仇を  そこには仇も  目の仇に  敵でも仇でも  おれを仇の  今は仇  姐の仇  私に仇を  男を仇と  どこやら仇  脚を仇  彼の仇  妹の仇  みどりさんの仇を  お前様を仇と  拙者を仇と  貴殿を仇と  天井をまでも仇の  これは仇や  ためにも仇  拙者は仇の  女が仇  不倶戴天の仇として  親の仇が  兄の仇じゃと  兄様の仇を  格別に仇を  彼女が仇  親御の仇でも  親の仇なんて  親の仇という  君の仇  先生を仇  ように仇  ほかへは仇  誉も仇も  ために仇を  不倶戴天の仇と  最初に仇  奴が仇を  苦心が仇に  追放しといて仇も  ために仇をと  仙太公を仇に  あんの仇  前世の仇  ー能く仇を  さい子が仇を  幸内の仇を  ことでは仇は  兵馬が仇を  三五兵衛殿のさがしている仇の  おれの仇は  汝を仇と  君父の仇と  恩を仇の  主君の仇に  のが仇と  あなたの仇  浪は仇  心が仇に  美貌が仇  釣り人から仇の  中年の仇  兄の仇  殿の仇を  これで仇を  義兄の仇と  俺が仇を  子が仇を  猿は仇と  悪魔の仇からでも  若旦那を殺した仇  あいだに仇の  期限が過ぎて仇の  金兵衛の仇は  さんの仇  一つには仇の  俺に仇  彼奴に仇を  俺に仇を  わたくしの仇  わたくしにも仇  おかみさんの仇か  心づくしも仇に  忠義が仇と  人間に仇を  主人の仇とばかりに  二十歳前後の仇  年ごろ尋ねる仇が  子であるから仇  情と仇と  おれが仇を  万力に取っては仇も  長三郎は尋ねる仇に  おやじの仇を  主家の仇と  家へ仇  恋の仇の  親切が仇にも  無にして仇  親の仇でも  江戸の仇を  暁に仇を  一家を仇の  殿は仇の  女の仇では  美貌が仇と  終世の仇と  祖先以来の仇  お前の仇でも  姿の仇  陸の仇を  それが仇と  ことが仇に  他に洩して仇と  手を取合ったは仇  親父の仇を  母妃の仇を  彼女は仇  主人を仇  振りの仇け  幾等秀子に仇  穴川に仇を  何うかして仇を  恩を仇に  奴等の仇にな  我等の仇でも  其方が仇は  親の仇などと  厚情を仇に  主の仇  佐藤加奈江を仇  むかしの仇  恋の仇とは  半分しか見えざる仇  提灯に仇を  寵を仇で  汝らの仇を  その他は仇  強健な仇  レーネットの仇は  心ぞ仇に  みな自分の仇  夫万吉郎の仇  夫が仇  みたいなんぞと仇  彼の仇の  辰の仇が  為にこそ仇  オレを仇の  耳男が仇を  夫の仇を  未練な仇  構へ仇を  首槌形となり仇を  人もし仇  摩納父の仇を  夫の仇に  他人の仇に  君父の仇を  主君の仇も  主の仇の  正太さんに仇を  親を斬って棄てた仇の  勇齋宅を訪れて仇の  鏡ヶ池で仇  先生の仇をと  父さまの仇  姉妹は仇  受け口の仇  三十前後の仇  文めは仇を  三人の仇を  家に仇を  皺面に仇  上の仇を  許嫁の仇  君の仇を  先刻の仇  子孫の仇と  金が仇  桜さくらの仇  此処にも仇  わたしを仇の  きょうの仇と  わたしを仇に  想像の仇と  メヅサを殺された仇を  そうな仇  富子を仇と  昔の仇に  トシエが逃げ返った仇を  最前の仇  国貞好みの仇  芸ではなく仇  誰か仇をば  倶不戴天の仇と  雄の仇  今の仇を  二よの仇の  子煩悩が仇と  情けを仇に  呪いも仇と  #夫の仇  われらを仇と  末山提督の仇を  颯爽たる仇  二月は仇に  父薪左衛門に仇を  父親に仇を  修煉も仇に  幡江が仇  ことも仇や  花嫁を仇や  皆我身の仇と  學生何の仇も  父兄の仇を  家に仇  父兄の仇の  高の仇は  兄弟の仇  キット親の仇を  さんせ仇  清純な仇  前生の仇が  のが仇にな  恥をさらさせてまで仇を  慾にころんで仇の  非でも仇を  伝吉は仇の  朋輩どもには仇  自らも仇の  態度は仇を  伝三の仇を  彼等に仇を  ミケーレが仇を  わが身に仇と  却つて汝の仇と  わが子の仇を  腕に仇を  傷の仇を  ジヨヴァンニ父の仇を  力あらば速かに仇を  父兄の仇  父アンピアラオスの仇を  イエルサレムを毀ちて仇を  文教の仇と  束の間の仇  言葉の仇  #主の仇を  新らしい仇の  弟の仇と  びに仇の  何か仇  情を仇の  身を殺して仇の  意見も仇としか  一日でも仇の  私が仇を  赤座の仇  それがしの仇  

~ 仇[名詞]2
一旦仇  却って仇  我が仇  まだ仇  そんな仇  けっして仇  いわゆる仇  おそらく仇  全く仇  ない仇  いやらしく仇  小さく仇  手ひどく仇  この仇  その仇  滅法仇  どうしても仇  早く仇  今に仇  執念深く仇  決して仇  どうぞ仇  かしこき仇  またもや仇  憎い仇  たいへん仇  あの仇  きっと仇  きわめて仇  どうして仇  たしかに仇  なんとなく仇  まるで仇  かえって仇  いい仇  どうも仇  ずいぶん仇  いかがわしい仇  やっぱり仇  こう仇  よく仇  なく仇  なかなか仇  下らなく仇  やがて仇  わが仇  ひどく仇  いささか仇  

複合名詞
仇恩  仇ッ  仇あらめ  仇びとの名  仇心  殆ど仇  仇打  仇定明  恋仇  仇花  仇役  仇同士  仇花月  父子仇  仇気  仇英  仇打ち以来  仇打ち  仇赤格子  屹度仇  仇うち  仇馬超  仇二人  仇申訳相  仇うち物  仇敵討物  仇敵討ち  仇たる  今日仇  仇姿  恋仇同志  仇同志  仇きだ  鳥渡仇  恋心仇  仇家  仇一  仇覽  仇覽傳  仇ツ  仇呼ばわり  仇人  仇机竜  みな仇事  仇者  事仇  キット仇  仇男  仇讎  犬子仇讐  仇十洲  現在仇  仇これ  ルレ義ニ如シ二仇寇  みんな仇  いくら仇同士  仇ふたり  ア仇  仇吉  仇波  経営惨憺仇  仇打ち物語  仇打ち事件  頂点仇打ち  仇光  其情婦仇吉  情婦仇吉  仇口  仇讐  仇氣  仇ア  仇みか  仇夢  仇おろそか  仇讐相  報仇篇  仇上野介  名妓仇国  仇同前  仇磯貝浪江  仇人王  仇つて  みか仇  仇桜  勝負仇  花一輪仇  仇さ  みな仇  すべて仇  つた仇打ち  仇六  衣紋仇め  上仇  一人仇打ち  仇騷ぎ雨風  挫じき仇  近親仇  仇オロソカ  仇なす  君仇  恋仇南部集五郎  ゃつはあなたの仇  



前後の言葉をピックアップ
九九  きゅう  急テンポ      九年子正月二十八日土屋相模守  九町  休も  九石  


動詞をランダムでピックアップ
行けん被さっいつわり組みあわさ取りまか積出し傭い忍ばせ奪い合っそぼぬれねつく食べる溜まる逸さきりまくらひし噎ぶいてついちらばら滅ぼし
形容詞をランダムでピックアップ
とお美味しい相応しき奥ゆかしゅう男らしけれ間近う固き得難きむつまじかっ痛々しけれ青黒ちいさ古けれ堅苦しき騒がし淡し目新しい明るくおおくてがる