「乾い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 乾い[動詞]
落葉が乾い  陽ざしによってたちまち乾い  髪は乾いていきつつあり、乾い  髪もほぼ乾い  喉も乾い  カサカサに乾い  のどが乾い  跡からカラカラに乾い  咽喉が乾い  如くに濃く、乾い  空気は乾い  咽頭が乾い  ひつそりとして乾い  旅に乾い  端的な乾い  喉の乾い  光を浴びて白く乾い  からからに乾い  今井の乾い  手をやってみると、もう乾い  やうやく乾い  道は白く乾い  札幌は、乾い  綱を張るだけの、狭いながらも乾い  おまけに乾い  涙が乾い  眼がそんなに乾い  線の乾い  自分の乾い  睫毛は乾い  額を冷し、乾い  山の乾い  時と乾い  かさかさに乾い  バサバサと乾い  それの立てる乾い  それは乾い  どこからともなく吹いてくると、乾い  涙も乾い  幹は乾い  涙の乾い  人通りがすくなく、乾い  風は乾い  空気の乾い  声は乾い  熱で乾い  陽に乾い  天井も乾い  天日に乾い  地面が乾い  ずたずたに引き裂かれて、乾い  咽喉も乾い  冬の乾い  気持で、冷たく乾い  風のある乾い  舌が乾い  ように乾い  寝床はまったく乾い  なぎさに座って乾い  水が乾い  草は乾い  ためなら乾い  水もまだ乾い  下に益々乾い  ものは乾い  前に乾い  初めは乾い  土は乾い  蕋は乾い  大洋がすつかり乾い  生命の乾い  道が白っぽく乾い  あれこれ考えながら、白く乾い  かさかさと乾い  鼠色に乾い  砂が乾い  泡沫が乾い  變に乾い  間と乾い  それの乾い  照り続きで、どんなに乾い  やうに乾い  礫が白く乾い  やうな乾い  心持に乾い  板について、白く乾い  頭髪が乾い  咽が乾い  前屈みになって乾い  顴骨がとびだし、乾い  辺の乾い  上の乾い  廊下に、乾い  雨のすくない乾い  水を見ながら、乾い  喉が乾い  のとで、乾い  おでんを売るには乾い  のを見ると、薄い乾い  濡れ縁に乾い  さそうに乾い  それが忽ち乾い  眼や、乾い  葦が乾い  カラカラに乾い  ことがあるが、ひどく乾い  針が引っかかってカッカッ、カッカッと乾い  カオルは、乾い  片手に握られた乾い  一つ壊えて落ちて、乾い  葉が、あんなに乾い  中で乾い  庭が乾い  用意し、乾い  衣服も乾い  鐘が、乾い  ような乾い  真っ白に乾い  なかったけれど、乾い  一瞬間、乾い  騷がしい乾い  のは、さあッと乾い  地面は心地よく乾い  云つても、乾い  老婆の乾い  湖底が乾い  一種の乾い  午後の乾い  火へ、わざわざ乾い  日は乾い  父は乾い  大抵は乾い  土が乾い  間から起こり、すぐに乾い  鶴雄は乾い  砂の白く乾い  向うの白く乾い  秋日和によく乾い  勢いで乾い  のが何時の間にか乾い  赤土が白っぽく乾い  泥濘で辷る、乾い  シャツを脱ぎ棄て乾い  戯曲は、乾い  垢が乾い  糞がすっかり乾い  傍の乾い  坂口は、乾い  白昼の乾い  日はその乾い  平野となり、乾い  背中は、かさかさ乾い  方などに乾い  方に見えてゐた乾い  いふ土の乾い  ばさけた、乾い  石ころが多く、乾い  ホコホコに乾い  パチンパチンと乾い  頭をさげて、乾い  母の乾い  真実味のない乾い  真中は乾い  杉も笑って、乾い  雪は乾い  洗濯物が乾い  三吉は乾い  空気が乾い  脳味噌まで乾い  側には、細い乾い  洗濯物も乾い  ところに立って、乾い  突浸したり、乾い  張物板はよく乾い  卵を拾ったり、乾い  中には、乾い  砂を吹き払って凍て乾い  口が乾い  妻は乾い  鍋釜一ツかけない乾い  霜と乾い  繁みも、からりと乾い  板橋も乾い  与平は乾い  真白に乾い  髪ブラシを置く軽い乾い  一つ何か乾い  こんもり、ぽくぽく乾い  朝で、乾い  老人は乾い  風の吹く、乾い  濡れ手紙が乾い  滴が、乾い  濡衣がまだ乾い  岩は乾い  咽喉は乾い  粘土は乾い  雨に打たれる乾い  彼等は乾い  日が照り、よく乾い  僧などの乾い  火傷も乾い  ときに時々乾い  ために乾い  路は白く乾い  店の乾い  刺戟に乾い  汗は乾い  日に乾い  血の乾い  泥が乾い  一面に白く乾い  水から出して乾い  板は白く乾い  乾きに乾い  宛然沼の乾い  坊主様は、すたすたすたすた乾い  事もなく、乾い  白つぽく乾い  掛を振うか、あるいは乾い  衣物が乾い  血はもう乾い  一番、喋ってみろ、久しく乾い  歎き疲れて、乾い  酒に乾い  奥様も乾い  ガランとして乾い  自由詩時代の乾い  血潮はまだ乾い  何も乾い  それが乾い  成長しないが、乾い  くせ抑揚のない乾い  捜査一課は、乾い  寒風にふかれて黒く乾い  今、乾い  唇が乾い  手は乾い  以前は白く乾い  ノドが乾い  女性は乾い  のどが乾いて乾い  傾斜全面にわたって、乾い  雨湿りが乾い  木の葉の乾い  口にねばり、乾い  さらさらに乾い  膝に乾い  着物はおおかた乾い  今になっては、すっかり乾い  のもあります、もう乾い  隅へ行き、乾い  水車が、乾い  下草まで乾い  高氏は初めて乾い  妾の乾い  入口に乾い  嫉視であるが乾い  かみさんは乾い  馬鈴薯が、乾い  血泥が黒く乾い  一端において、乾い  汗が乾い  声があり、まだ凍て乾い  女郎花も乾い  壁にぶつかると、乾い  中のすこしばかり乾い  流しは乾い  だんだんに乾い  涙ももう乾い  鉄漿をつけたばかりで、まだよく乾い  唇は乾い  彼は乾い  息をついて、乾い  あたりは乾い  血が乾い  ものの乾い  成る、乾い  眞白に乾い  咽喉の乾い  しまふと、乾い  空地は乾い  ようには乾い  喉は乾い  自分を乾い  一樣に乾い  皆一様に乾い  土間から乾い  新らしくほうり入れた乾い  やうに、いつも乾い  ような、小ぢんまりした、温い、乾い  晴れやかな、乾い  岸は乾い  生活、乾い  最初河床は乾い  何本か立って枯れた乾い  小さな小さな乾い  土の乾い  何か乾い  のではない、乾い  ように、乾い  水田まで乾い  梢はかさかさ乾い  湿布が乾い  微笑が乾い  派手ではあるが乾い  生米は程よく乾い  日光が、乾い  ベンチはまだ乾い  唇をきっと結び、乾い  子供は、乾い  道もやがて乾い  響はおどかして過ぎ去り温く乾い  河底の乾い  さにとって、どんなに乾い  タオルを握ったなり、乾い  下にはね返る乾い  唇が動いたと思うと、乾い  庭の白く乾い  灰色に乾い  泥が白く乾い  空ッ風が乾い  一片の乾い  から火を見ながらかさかさ乾い  訴へて乾い  岡も、乾い  寝不足で蒼く乾い  中が乾い  気疲れで乾い  鱗の乾い  甲谷はいうと、乾い  隙の乾い  自分が乾い  インクの乾い  気味の悪いほど乾い  大股にこして乾い  葉は乾い  咽喉がすぐ乾い  やうに、乾い  胸をひろげて、乾い  藤椅子から起きあがつて、乾い  壁も乾い  壁土が乾い  卒業する、乾い  コチコチに乾い  頭がなく乾い  アスフアルトは白く乾い  方に乾い  世界中もっとも乾い  ように枯れて乾い  輪細工を、乾い  唇を、乾い  看護婦が、乾い  鮭などが吊るしてある乾い  唇まで乾い  砂地が乾い  感じが乾い  一口飲んで乾い  ここを潜り抜けたら、乾い  からからと乾い  前庭の乾い  町より乾い  泥草鞋の乾い  今は乾い  がちがちと打ち合い、乾い  鼻が乾い  あともない乾い  交らず乾い  人の乾い  肌が乾い  私は乾い  煩いに追われて固く乾い  音がひろく乾い  主任は乾い  暑いが乾い  さが乾い  柄には乾い  それを手伝うと、乾い  涙がひからびて、乾い  夜は乾い  辺は乾い  苔の乾い  漆喰は乾い  十二月下旬の細い乾い  唇は白く乾い  感動には何やら乾い  伊東は乾い  カサカサと乾い  微笑と燃えて乾い  幾日も続いて乾い  木が乾い  そのまま床になっていたが、乾い  一本の乾い  わたしらは乾い  土は白く乾い  風がすさまじく、乾い  土埃の乾い  シャツとを脱ぎすてると、乾い  シャツがもう乾い  下の乾い  裏が、乾い  舌の乾い  日和つづきで白く乾い  反射する乾い  具足を脱いで、ずしりと置くと、乾い  水が流れてゆくと直ぐに乾い  木理に染み込んで、乾い  土民にあっては、ただ単に、乾い  阿賀妻は乾い  ぽこぽこと乾い  岩をさらして白く乾い  ひさしをあげて乾い  劔のある乾い  ほうはもうすっかり乾い  方はまだ乾い  日が傾いて、よく乾い  花後に乾い  一手六時間といふまるで乾い  前には、必ず乾い  息づかいが乾い  貧弱になり乾い  饂飩は白く乾い  モウ着物は乾い  しまつて、乾い  ちぐはぐな乾い  二足ほど乾い  日焼けがし、乾い  暖い、乾い  日焼けがし、固く乾い  列を吹き抜けて行く、乾い  微風、快い乾い  近くなり、あの快い乾い  つて、乾い  はつきりし、乾い  上は白く乾い  ぼんやりと乾い  夏で、乾い  傍をよくよく見つめると、乾い  神田河岸の乾い  屋根も乾い  乳も乾い  二週間もして、乾い  色の乾い  ため、やっぱり乾い  分がほぼ乾い  庭も乾い  風が乾い  殘して乾い  暖だから、乾い  水の乾い  すつかり乾い  沛然として乾い  顔色が悪く、乾い  葉も乾い  中庭は乾い  ヒーヒーと乾い  さまざまに思い描き乾い  雪の消えた乾い  今日は良く乾い  薪木と乾い  日影に乾い  紅がいくらか乾い  ような、乾い  らと乾い  さらさらして乾い  傷口も乾い  縁の乾い  路もおおかた乾い  金属的な乾い  葉が乾い  埃っぽく乾い  からだを食わせとうとう乾い  質は乾い  鮮血がまだ乾い  にのどの乾い  先から、乾い  兼次の乾い  風に吹きまくられて乾い  後からだらりと白く乾い  一筋くろく乾い  水氣が乾い  葉などの、乾い  さ程もなく、大方乾い  地面は乾い  源吉は、ぺろりと、乾い  工場で余り乾い  涙はもうすっかり乾い  涙がひとりでに乾い  鼻汁の乾い  次郎は、乾い  道がしろじろと乾い  清十郎の乾い  老人の乾い  山岡は乾い  懐から紙を出して、よほど乾い  血に乾い  ニューギニアでまるで乾い  血しおは黒く乾い  家を蔽い隠し、乾い  二人を包んで、さっと乾い  水素がまだ乾い  半纏が乾い  由三は何がなし其の乾い  硝子板はよく冷えてかつ乾い  露天に放り出して置いても、乾い  あれ性の、少し乾い  ぢいちやま、乾い  ガザガザに乾い  眼はしだいに乾い  着物まで乾い  道はすっかり乾い  板の間がなければ、せめて乾い  小枝や乾い  イーストガードラー砂州の乾い  唇の乾い  道も白く乾い  のが乾い  洗ふ、乾い  凹地を越えて、乾い  死体は、乾い  寒い風に乾い  両手をよく洗って、乾い  てゐたが、乾い  さらさらと乾い  田圃は乾い  福草履にはきかえて、乾い  色に光って、乾い  泥の乾い  皮膚が乾い  柳には、乾い  浜には乾い  日でりに乾い  青葉若葉が乾い  形した、乾い  さに乾い  声はなぜか乾い  声が一層なまなましく乾い  顔には、白く乾い  一つかすかに乾い  草いきれと、乾い  釦をかけて、乾い  唾が乾い  鈕をかけて、乾い  手が次第に乾い  時からすでに乾い  最初から血が乾い  つた泥が乾い  亀甲形に白く乾い  砂の乾い  程度に乾い  さきに乾い  間もない、乾い  早や乾い  からではなく、乾い  一時に清々しく乾い  ドーナツも、乾い  聲の、乾い  私は、乾い  浸潤もすっかり乾い  暖くて乾い  折からなので、本当に乾い  まりのどが乾い  なかが乾い  あなたが乾い  恁う乾い  舌も乾い  太鼓橋が掛った、乾い  そこで乾い  形の乾い  建築家が、乾い  路がやっと乾い  何度あけられるかしれない乾い  のは乾い  二百十日後は変りました、乾い  頃には遂に乾い  女で、乾い  尻尾の乾い  私はぱりぱりに乾い  甲羅の乾い  一軒もない乾い  唾に乾い  末に、乾い  泡の乾い  しかしその乾い  さを好む乾い  礫が次第に乾い  中にかたまった、乾い  水は乾い  苔だけれどもね、乾い  やうだし、乾い  省三は乾い  よう、早くも乾い  やう、早くも乾い  寒々と乾い  ぼろぼろに乾い  泥ンこにまみれ、その乾い  人心が演じる乾い  ぷりと入れ、乾い  陰気にしめっぽい臭いや乾い  様で荒れて白く乾い  熊笹を分けて、乾い  そこには乾い  それは、すでに乾い  樹木、乾い  跳ね上つた泥が白く乾い  音も乾い  ための、乾い  絵の具が乾い  青天に白く乾い  九太にとっては、乾い  天井には乾い  うちがばさばさに乾い  穗は乾い  空の乾い  幸福に乾い  勢よく乾い  



前後の言葉をピックアップ
川相  河井  可愛  川井  かわい  可愛い  かわいい  可愛かっ  かわいかっ  かわいがっ


動詞をランダムでピックアップ
たくま捜せよ書き残そ討っ護る駆けつける助ける配そつれもどさまわそ暗み搾り取ら気に入ら座れるひっくりかえら殺気だつもたれる聞きかじ詣でふみこえ
形容詞をランダムでピックアップ
忙しい難かっ黄色く大きけれなさけなかっ数多きさうざうし恥い四角き善う済まなけれ野太くくろい弱弱しく凄まじく苦しくっさしでがましたらしく甘かっ望ましき