「九郎」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

九郎[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
九郎という感じのする  九郎という家に宿を取りました  九郎と云う  九郎を連れて  九郎は汝れ斬りや  九郎は帰らなければならない  九郎を罵  九郎の姿は現はれなかつた  九郎の帰りが遅いところを見ると  九郎の顔に投げつけて  九郎を罵る  九郎とは口を利き  九郎の小説を未だしも認めてゐた  九郎は一切主張を持たぬ  九郎は手を執り  九郎はコムパスのやうに大股をひろげて  九郎の頭ちかくに悪魔のそれのやうに鍵なりに曲げた  九郎まできたら  九郎となる  九郎ゾッと寒くなった  九郎凹まずきき返した  九郎はこれが大自慢でチト性根が狂うとるという  九郎はモウ白髪頭ではあるが  九郎が握っておりましょうが  九郎が大自慢という取沙汰で御座りまする  九郎が不行跡を改めましたならば  九郎が妾どもを逐い出して  九郎も一と縮みで御座ろう  九郎でも御座るまいが  九郎に引っ立てられながら  九郎助住家の俤あり  九郎もみんな攘夷家に早変りしてしまった  九郎といって  九郎という青年が実松家に入り込む  九郎も知っていたので  九郎という事になる  九郎が娘の名前を叫んでゐた  九郎の眼は眩んでゐる  九郎は双肌を脱いで  九郎はまだ私の装束に気づかず  九郎が別の徳利を振り揚げたから  九郎の鼻柱に突き当つた  九郎はウーツと唸つ  九郎が眼を醒して  九郎に告げる  九郎が姿を消して  九郎も少し行き詰まった  九郎もどうやら一つ穴の貉であるらしいことを発見した  九郎とお染とが引き分けられなければならない  九郎もいよいよ物の哀れを誘い出された  九郎も思いわずらった  九郎も少し言いそそくれたが  九郎も来た  九郎もお染に逢う  九郎も少し安心した  九郎も再びそのまどいに入った  九郎とお染とが残った  九郎もむっとした  九郎と判った  九郎もいまさら後悔した  九郎も女の心を哀れに思った  

~ 九郎[名詞]1
斯う九郎の  私と九郎は  男だったら九郎と  塙代与九郎の  塙代与九郎は  祖父の与九郎が  如何な与九郎も  心中がわからぬ与九郎でも  六尺豊かの与九郎に  ために九郎の  永久に九郎に  計り知られぬ九郎の  

~ 九郎[名詞]2
又九郎  大いに九郎  もう九郎  彌九郎  

複合名詞
源九郎はん  今成平九郎  伝九郎  大家中島九郎氏  竹腰藤九郎  彼九郎右衛門  梶原九郎右衛門教之  九郎右衛門  九郎右衛門殿  九郎右衛門ニ  九郎右衛門め  九郎殿方  斎藤弥九郎  藤野厳九郎  九郎爺  九郎夫婦  九郎横  野宮権九郎  団九郎  団九郎坂  織部九郎君  九郎さ  九郎ぢ  九郎達  井上九郎衛門  被官天草平九郎  代官鈴木三郎九郎重成  高林弥九郎  細野九郎右衛門  九郎奴  九郎スタスタ  九郎念  九郎笑止  九郎苦笑  清九郎  団九郎狸  善九郎さん  善九郎さんたち  中川九郎次郎鎧  九郎次郎  狭山九郎太  鬼課長狭山九郎太氏  狭山九郎太様  狭山九郎太氏  老骨狭山九郎太  課長狭山九郎太氏  主人狭山九郎太  九郎義経  磯九郎  早水団九郎  団九郎声  九郎冠者義経  九郎昌秋  九郎宅  山本九郎時綱  山中平九郎  伝九郎さん  筑見九郎  斎藤弥九郎塾  一人藤九郎  藤九郎  父藤九郎  度々九郎右衛門  鷺平九郎  住人本間九郎資貞  弥九郎  師範斎藤篤信斎弥九郎  穂積権九郎宗重  権九郎  九郎判官義経  中堀藤九郎  九郎助  斎藤弥九郎先生  九郎正次  加藤九郎  河原九郎正次  九郎ら  鉄物屋近江屋九郎右衛門  近江屋九郎右衛門  今成平九郎大瀬  旧姓山県九郎右衛門  廿一日代官本間九郎右衛門  平井善九郎  九郎判官さま  土岐九郎  いやさ権九郎  梅若九郎右衛門  梅津九郎助  云つた井上九郎  長濱九郎右衞門  黒岩清九郎さま  清九郎さま  清九郎たち  黒岩清九郎  二天流黒岩清九郎  赤岩清九郎  清九郎一人  コレ道九郎  丸部道九郎君  道九郎さん  井上九郎  斎藤九郎  九郎鴉  九郎鴉め  さだ九郎  権九郎達  権九郎たち  権九郎輩下  高橋九郎氏  五九郎氏  宝生九郎翁  九郎歿後  家老山県九郎右衛門  九郎判官義経さま  大川九郎  兵九郎どの  兵九郎様  叔父兵九郎様  松平藤九郎殿  源九郎  九郎右衛門町  下刻灘町大谷九郎右衞門宅  東組町同心吉見九郎右衛門  吉見九郎右衛門  吉見九郎右衛門三十八歳  九郎右衛門倅  ころ藤九郎  藤九郎め  斉藤弥九郎  片山九郎三郎の  牛九郎爺さん  牛九郎夫婦  牛九郎  牛九郎老人  里見長九郎弘次  天九郎勝長  鵜野九郎右衛門  深堀平九郎津村  深堀平九郎  平九郎  九郎判官  九郎もどき  山本九郎右衛門  九郎右衛門等  九郎右衛門主従  九郎右衛門等三人  九郎右衛門とりよ  山本九郎右衛門家来  九郎どの  塙九郎左衛門直政  九郎みたい  九郎冠者  九郎義経公  岡部九郎右衛門  



前後の言葉をピックアップ
クロイドン  黒岩山  黒岩  黒岩涙香  黒う  苦労  くろう  九郎右衛門教之  苦労性  くろうと


動詞をランダムでピックアップ
哭け生れ変探るいいおわっ知りのこせほとばし言いあわせ責め落とさ擦り切ら退かおいかけるさそわおもいなしなつく平伏し召せ吹き鳴らし付き従っ聞きゃ
形容詞をランダムでピックアップ
面映ゆかろもったいなかっ吝く数多からねむ図々しく頼もしけれおもくるしかっのどけきにくらしかっ面白かっ薄暗し近いれいれいしく尊い堆かっ繁く事々しい腹だたし