「乗る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 乗る[動詞]
乗合自動車に乗る  私たちの乗る  凡そ十五分ほど乗る  汽車に乗る  宇品から三原丸に乗る  帰り道、いつも乗る  終点まで乗る  新幹線に乗る  傍に乗る  わが乗る  バスに乗る  列車に乗る  膝に乗る  調子に乗る  もやいを解いて、ひらりと乗る  彼が乗る  急行列車に乗る  上野行にやっと乗る  馬に乗る  橇に乗る  欲情せり風に乗る  まり混雑するので、乗ろうか乗る  自動車に乗る  竹馬に乗る  手に乗る  波に乗る  腹ばいに乗る  人間が乗る  電車に乗る  逢て乗る  船に乗る  電車へ乗る  市電に乗る  ムザムザ電車に乗る  日本語が乗る  重ね合わせには、乗る  誰が乗る  ブランコに乗る  航空者特に自由気球にでも乗る  舟に乗る  汽車電車へ乗る  ものに乗る  上へ乗る  皿に乗る  のが乗る  尻馬に乗る  馬車に乗る  玉の輿に乗る  はじめて軌道に乗る  女給が最も多く乗る  省線電車に乗る  今年こそ乗る  相談に乗る  はじめて汽車に乗る  俊夫君が乗る  自動車にとび乗る  馭者台に乗る  戸をあけて乗る  シッカリと締めて乗る  ふところにして乗る  クラリモンドが乗る  間だけ、負ってくれて、乗る  君が乗る  新橋で乗る  ぢや乗る  話に乗る  銀座四丁目から電車に乗る  甘口に乗る  それへ乗る  駕籠へなど乗る  時刻に乗る  毎日電車に乗る  音色に乗る  木戸から雲に乗る  船へ乗る  たよりに乗る  車に乗る  人力車に乗る  翌朝七時八分青森行に乗る  人もなければ乗る  夕方連絡船に乗る  バスを見かけて乗る  汽車へ乗る  下等へ乗る  下等ばかりへ乗る  ハイカラ頭、乗る  楯に乗る  ものも、乗る  相談にでも乗る  自分の乗る  円タクに乗る  興味が乗る  泥の乗る  屋形船も乗る  二人で乗る  今度は乗る  俥に乗る  我が乗る  渡し舟に乗る  渡し船へ乗る  声をかけられたが、乗る  しかも乗る  ヒョイと乗る  今こうして乗る  博打で誘うときっと乗る  蒸汽に乗る  腕車に乗る  甘言に乗る  釧路行に乗る  俥を見つけて乗る  山を乗る  あれに乗る  働車に乗る  そこから十日町線に乗る  市へいって、乗る  小枝の尖へひょいと乗る  車にばかり乗る  籠に乗る  青年が乗る  電車一つに乗る  黒船に乗る  つて高足に乗る  馬にとび乗る  サト子が乗る  子供の乗る  氷川丸に乗る  これに乗る  乗物に乗る  自転車に乗る  馬に跳び乗る  練習なしでは乗る  ツェッペリンに乗る  驢馬に乗る  二等に乗る  車へ乗る  馬車なんかへ乗る  馬を乗り捨て、また拾い乗る  雲にでも乗る  馬によく乗る  人力車にでも乗る  踏み台へ乗る  大空艇に乗る  停車場から人力車に乗る  トラックに乗る  お前も乗る  橇にして乗る  そこから船に乗る  一つに乗る  手になんて乗る  タキシイに乗る  彼の乗る  勢いに乗る  からいたわって乗る  上手に乗る  盛運に乗る  勢ひに乗る  装甲車に乗る  復かへらじと乗る  時代の波に乗る  之に乗る  他に増さるべし、乗る  畜類に乗る  富士に乗る  上にそっと来て乗る  風に乗る  水が乗る  殊にいま日本は重大な乗る  手には乗る  ランチに乗る  背に乗る  背中にとび乗る  ドリアンに乗る  自分のいつも乗る  軽便鉄道に乗る  のに乗る  上馬に乗る  火の車に乗る  東京駅から汽車に乗る  チンセイが乗る  興に乗る  歌に乗る  永久に乗る  そこから汽車に乗る  艀に乗る  屋根船に乗る  それから船に乗る  ボツクに乗る  私どもが乗る  それに乗る  帰りに乗る  上野行に乗る  伝馬に乗る  大船に乗る  方へ乗る  処でも乗る  口に乗る  彼れに乗る  一番、乗る  これは乗る  オートバイに乗る  内地人の乗る  づ汽車に乗る  巡航船へ乗る  二銭五厘で乗る  煽てに乗る  図に乗る  春一が乗る  私が乗る  渡しに乗る  急行に乗る  下駄はいて乗る  瑶輿に乗る  興が乗る  色があって、乗る  /″\船に乗る  藪原から馬車に乗る  車が行けば乗る  連れしたらきっと乗る  病人に限って乗る  階子を乗る  鉄道に乗る  駕籠に乗る  自分たちの乗る  山駕籠に乗る  もんだから、つい、うっかりと乗る  金箱とおっしゃったって、まだ分らないじゃありませんか、まだ乗る  窓から乗る  霧に乗る  十二時二十二分の列車に乗る  どこだって今日初めて乗る  人の乗る  たまえという、ただしこの乗る  用られていない、わがいわゆる乗る  彼らのいわゆる乗る  吾ながら乗る  ものである、されども乗るはついに乗る  意味において乗る  人力に乗る  ちょっとお話しに乗る  ヨットへ乗る  三等に乗る  屋根船へ乗る  渡船に乗る  抱え車に乗る  座蒲団に乗る  余等の乗る  車馬に乗る  わけではなく、また乗る  油の乗る  油が乗る  買ひかへて、乗る  肩に乗る  つて汽車に乗る  本流に乗る  終点に近いので、乗る  湘南電車に乗る  籠絡に乗る  術に乗る  一番油の乗る  二等車に乗る  悪運に乗る  心持、乗る  舟を引き出して乗る  三等にばかり乗る  あとから車夫におぶさって乗る  武はいつも乗る  蓬莱和子の乗る  うちに乗る  輿に乗る  帰途は又乗る  それから汽船へ乗る  お馬には乗る  通し馬に乗る  鉄道馬車に乗る  随って乗る  介添船に乗る  古手に乗る  不景気に乗る  荒駒に乗る  中等に乗る  元手喰式慣用手段に乗る  朝はやくひとり乗る  成東から汽車に乗る  手になんか乗る  上にひょいと乗る  船を追いかけて乗る  手車へ乗る  中尉の乗る  一等に乗る  気球に乗る  少尉だけが乗る  誰も乗らないといっていたが、やはりまだ乗る  掌のひらに乗る  あすこから乗る  汽車にでも乗れたら乗る  定期風に乗る  ッと乗る  雲に乗る  小船に乗る  飛行機に乗る  ポンと乗る  私の乗る  欺瞞に乗る  炭車に乗る  三舟に乗る  恁ふして乗る  轎に乗る  驢に乗る  長浜から船に乗る  人も、乗る  自動車へ乗る  舟へ乗る  俎に乗る  ア馬に乗る  畜生だし、乗る  息子が乗る  猪に乗る  小舟に乗る  私達が乗る  混って、乗る  それらが乗る  飛行船に乗る  二人は乗る  口前になんぞ乗る  一合戦だと言ってるじゃねえか、乗る  とおりに、乗る  渡船集いて乗る  自転車へ乗る  駅から電車に乗る  大阪行臨時列車へ乗る  お医者さんだけが乗る  随って、或いは歩み、或いは乗る  自身の乗る  一番列車に乗る  母に乗る  人が乗る  から墨の乗る  しか電車に乗る  こちらが乗る  そこから札を買って乗る  メカニズムに乗る  最大急行に乗る  終列車に乗る  香りが漂って乗る  足許が見えなければ、乗る  わしも乗る  使いが乗る  高瀬舟に乗る  運送船に乗る  ボートに乗る  黒潮に乗る  それ以来僕の乗る  毎日省線電車に乗る  上り列車に乗る  大名の乗る  馬さ乗る  上に乗る  人車に乗る  黄包車に乗る  易々と乗る  あす船に乗る  尾鷲駅から汽車に乗る  国王の乗る  小屋があるばかりである、それでも乗る  ポンペイ行きに乗る  D-Zugに乗る  円タクを拾って乗る  前橋中央駅から上毛電鉄に乗る  者が乗る  婆さんがひょいと乗る  駄賃馬に乗る  物雷神の乗る  一輪車を牽かせて乗る  用船に乗る  右側に乗る  左に乗る  ガネサその乗る  鼠に乗る  初め鼠を踏み、次に乗る  容易に乗る  俥やらに乗る  飛行機へ乗る  戦車へ乗る  金吾、乗る  混って乗る  軌道に乗る  法螺に乗る  御前さん馬車へ乗る  午後九時何分の汽車に乗る  午後三時五十分発に乗る  ルックザックを縛りつけると乗る  下山電車に乗る  俥へ乗る  幹をあらわしている、乗る  から耐らぬて、乗る  あらはして居る、乗る  鎖ざされ、乗る  思つて省線に乗る  大森駅から省線に乗る  計に乗る  メリーゴーラウンドに乗る  少女が乗る  割合に乗る  口車に乗る  神戸から船に乗る  新潟から汽車に乗る  輿は乗る  正面前から電車に乗る  達治さんの乗る  駅馬車に乗る  メトロなんかへ乗る  横須賀より乗る  呉より乗る  阪急に乗る  奔って来て乗る  手段に乗る  ぼくが乗る  時も乗る  東海道線に乗る  自分だけ乗る  策略に乗る  運転台へ乗る  電車は、乗る  俊寛が乗る  僕はしばしば乗る  ように乗る  僕がいつも乗る  夜、しばしば乗る  都電に乗る  彼女が乗る  真似して作っても乗る  そこから外濠線に乗る  汽車にも乗る  好きだが実際に乗る  円太郎に乗る  エレベーターにも乗る  山手線に乗る  手の甲へ乗る  里東雪舟に乗る  馬関から乗る  気が乗る  車に悠々と乗る  船頭なりとも、乗れとなら乗る  みな駕籠に乗る  二人立が乗る  娘さんの乗る  電話がかかって乗る  メーキアップは、この乗る  老人の乗る  省線に乗る  白鬚橋がかけられて乗る  木馬になんぞ乗る  大軍が、乗る  妻恋行きが出るが、乗る  篠行き、乗る  馬車へ乗る  自動車だって一度乗る  数寄屋橋あたりから円タクに乗る  自分が乗る  不安になって来ましたので、乗ろうか乗る  なつて来ましたので、乗らうか乗る  誘惑に乗る  ぶらんこに乗る  二番に乗る  自動車へと乗る  しけに乗る  エレベーターに乗る  脂の乗る  私は乗る  電車には到底乗る  のですが、乗る  バツと乗る  無器用で、よくおだてに乗る  バスへ乗る  僕も乗る  蒲団に乗る  マス・コミに乗る  ように、乗る  船着があって、乗る  車掌台に乗る  電車にばかり乗る  車にどうでも乗る  先を争って乗る  リット提督の乗る  十分にあるし、同じ乗る  荷船に乗る  鞍置かせて乗る  御者が、乗る  便船に乗る  こちや渡舟に乗る  家根船に乗る  逆にして乗る  円タクにとび乗る  君も時々乗る  時には、乗る  ょうろく四銭で乗る  車にしゃんと乗る  其手に乗る  手を出せば乗る  揉合って乗る  名古屋から中央線に乗る  つて、乗る  背へ乗る  背中に乗る  つれ潮に乗る  間木船に乗る  伝馬船にとび乗る  それからオートバイに乗る  畳が乗る  線上に乗る  うえに、ちょこなんと乗る  馬に、乗る  湯浅少佐あたりが乗る  一匹が乗る  始末で、かさなりあって乗る  蚤の乗る  馬にでも乗る  子供が乗る  昨夜伝馬に乗る  だれが乗る  最初船に乗る  そこから電車へ乗る  電車に、乗る  呉服橋から電車に乗る  橋へ乗る  戸を開けて乗る  棒をぐいと握って、ひらりと乗る  自分も乗る  右門の乗る  夜更けて乗る  青電車が、乗る  車掌が、どうして乗る  たん興に乗る  相撲取りなどが乗る  手管に乗る  大名が乗る  さに乗る  身ぜにをきって乗る  ひらり駕籠に乗る  帰りに又乗る  上野から夜汽車に乗る  名人が乗る  しろうとが乗る  一丁に乗る  者は、こっそり乗る  黒船へも、乗る  牛に乗る  おもしろ半分に乗る  種に乗る  瓜子姫子の乗る  一夜汽車に乗る  誰でも乗る  救命艇に乗る  四谷見附から電車に乗る  室に乗る  働艇に乗る  ガタ馬車に乗る  娘さんが乗る  者の乗る  父が乗る  ために時々乗る  弟が乗る  藩主が乗る  我々一行の如きが乗る  荷馬に乗る  駄馬に乗る  荷馬を雇うて乗る  馬へ乗る  駕に乗る  家老の乗る  夜船に乗る  汽船に乗る  玄関から馬車に乗る  電車になぞ乗る  君枝は乗る  タクシーへ乗る  ですよ。ちょっと電車へ乗る  人までがさっさと乗る  ベッドに乗る  目に逢って乗る  上野から信越線に乗る  門司から汽船に乗る  横浜から船に乗る  左から乗る  時左から乗る  塩山から汽車に乗る  浪に乗る  タクシーに乗る  噂に乗る  手にも騙しにも乗る  運転台に乗る  自動車へ分かれて乗る  クライスラーなどに乗る  短冊などに乗る  新潟行へ乗る  十四時〇五分の特急つばめに乗る  理論に乗る  土車に乗る  ものでも、でもやっぱり乗る  諸侯の乗る  駻馬に好んで乗る  鞍に乗る  翼に乗る  お嬢さんの乗る  半日あまりも乗る  ゴンドラへ乗る  出張つて、乗る  下り汽車に乗る  私共にも乗る  上りに乗る  一番汽車に乗る  自動車にばかり乗る  汽船へ乗る  ンか、乗る  きみは乗る  ヘリコプターがちょこんと乗る  外にはあまり乗る  



前後の言葉をピックアップ
のり出す  のり出せ  のり出そ  ノリ子  載る  のる  宣る  ノル  ノルウェイ  ノルウェイ・スエーデン


動詞をランダムでピックアップ
歴れけずっ逃げ込みなげうち取り計らう付合っ押えつけるうるおし撓めんはばめあやどり谷まる茶化しほのめいむくあわてれ打ち明けるかこん惜しま
形容詞をランダムでピックアップ
果てしなすくっぽう捗々しきうらめしく危うけれ見よかれ馬鹿馬鹿しいまめまめしい激しいまずしく物凄い軽々しくすずしいてれくさい物騒がしく瑞々しくあったかかっ口やかまし目ばやく