「与」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 与[動詞]
座席を与  機会をさへ与  吸はうと与  捨児に与  なつてゐた、与  ことになれて与  樹明君へ与  力を与  生活にうるほひを与  ものを与  者、与  隙を与  うの品位を与  自由を与  害毒をも与  印象を与  さを与  必然性を与  からか、とにかく与  スシとを与  不快を与  そく灰を与  便益を与  感じを与  肥水を与  友に与  米を与  食べ物を与  飯を与  食べものをあるだけ与  やつてきてゐるけれど、与  私に与  清閑を与  痛痒も与  僕一人に与  名誉を与  彼に与  蜆貝を掘る、食べるだけはすぐ与  つきを与  職工に与  打撃を与  豊麗を与  気を与  光を与  吾に与  子に与  妻君から不快を与  失望を与  つた感じを与  ひとに与  アンドレ・ジッドに与  素養を与  歓喜を与  興味を与  機会を与  一拶を与  我々に与  寂寥を与  注意を与  感想を与  新しい世界の光りを与  迫力とを与  生彩を与  感奮を与  感銘を与  最上のものを与  満足を与  感じも与  ひとつ予言を与  ために与  俺に与  粟飯を与  光明を与  村が与  迷惑を与  変化を与  深みを与  すべてを与  他に与  法典を与  政治的規定を与  農商務大臣は既に与  扶けられざるも与  赦免も与  彼等に与  生を与  教訓が与  潤ひを与  答を与  肉体は与  やうにして早く与  線を与  影響を与  村瀬に与  祭日で、富みを与  人々に与  春衣を与  頒ち与  顔つきで、求めよ、さらば与  詩を与  孤児に与  子らに与  玉串を与  疫病を与  秘鍵を与  村民の与  生命を与  支持を与  便宜を与  父に与  自らに与  ように、与  つて万人に与  教養を与  落附きを与  私は、与  之に与  特権に与  此特権に与  幸若舞が与  何ものをも与  幻滅を与  銀貨を与  十銭白銅を与  金を与  歎きとを与  つもりで与  夫に与  指環がその与  づつ陰影を許し与  読物にと与  こともなく、与  十分の枚数を与  別名を与  習慣を与  方向を与  慰安を与  加護を与  生活に大きなうるほひを与  仕事を与  意見を与  性質を与  悲しみとを与  ヒントを与  冠を与  会話を与  自分に与  一卓が与  風貌をもつて、与  菓子を与  坊やんに与  面積を与  間を与  詩人に与  具体性を与  奥行を与  名を与  千人にわけて与  餌を与  点数を与  本来、与  もの以上を与  意義を与  自然さを与  影を与  気分を与  計画性を与  言葉が与  希望を与  恩恵的に投げ与  事実を与  結城親朝に与  建武中興に与  青年に与  上に与  眼を与  文化上の被与  冷罵を与  戦慄を与  効果を与  味を与  皆神事に与  便宜が与  学者にのみ与  神人として神祭りに与  空想を与  性格を与  異性に与  平安などは与  物を与  楽しみを与  何か与  若干枚を与  意味を与  不便を与  平和を与  冷笑を与  伝説的色彩を与  飛躍を与  人間にお与  空間が与  人に与  刺激を与  解決を与  女に与  事ハ御船明光丸も与  実行力を与  軍配、与  栄光に与  風貌を与  自然が与  ピントさへ与  人間に示し、与  生涯を与  神様が与  人間に与  乳を与  卵を与  何もかも人間に与  生命さへも与  辛抱を与  武器として与  時間を与  空気を与  生気を与  損害も与  太陽は光りを与  ものに与  熱を与  痛みを与  王位を与  僕に与  ビスケットを与  有島生馬君に与  規定に少しも与  Elanを与  秀次に与  現実の与  秀吉の与  黄金を与  墨附を与  袖を与  柴を与  菓物を投げ与  精霊に与  米とを与  死を与  接吻を与  詞を与  誤解を与  安易を与  仕事とをお与  ことが与  それに与  シヨツクを与  三十七年には相与  害を与  臨時賞として与  快楽とを与  一般が与  水を与  感を与  働きに与  一天を与にし、ともに与  一父一母を与  苦楽を与  衣食を与  米銭を与  物をも与  苦痛を与  おまえは、与  庄三郎を与  途中で別れた与  おまえこそ、与  道で、与  袖は与  助にせまられても与  男は与  一方で、与  袖は死んだと思っていた与  女房、与  出刃を、与  傍にあった与  観音裏で与  それは与  方は与  伊右衛門は与  其処を与  階上では、与  女房に与  安心を与  活気を与  キスを与  節私が与  剣を与  進路を与  滋味を与  会釈を与  快感を与  超越を与  意志を与  賞讃辞を与  報賞を与  私たちに与  薬を与  天の与  私に、この如き思ひを与  死損つた私に与  恥辱を与  疲れを与  激動とを与  説明を与  訓令を与  報道を与  ホノルヽ市民に与  寒しき人に投げ与  勢、最早与  刺激とを与  世人に与  彼にゆるし、与  之を与  根拠を与  将士に与  恩賞に与  指揮とを与  国家的掩護を与  薙刀を与  鎖国が与  刺戟を与  三籟子に与  語感を与  衣を与  天下に与  敵に与  祝福を与  人を与  のは、かへって与  貰はうとして与  心よく与  キッスを与  対照を与  動揺を与  国に与  これを与  称を与  暗示を与  念を与  近代的テンポを与  報酬を与  恩恵を与  龍馬が与  苦労ばかりを与  フォルムによつて、与  翻訳者自身に与  幸福を与  恵に与  利益を与  民衆に与  相沢に与  母の取りて与  襁褓を与  資本を与  手蔓だけでも与  忠告を与  ニ武器ヲ与  銭を与  わたしの与  偶然にも与  霊感を与  舞台を与  食べものを与  母に与  不愉快を与  嘲笑を与  いふ感を与  愁ひを与  魂を与  敬語発想がたまふで、与  文芸史上に与  輝きを与  ミサに与  ペテロにお与  体温計を与  羞恥をさへ与  表現を与  これに与  者に分け与  晩年を与  教訓を与  註釈を与  好感を与  先生などに与  綱を与  食慾を与  本能を与  情を与  精彩を与  証明を与  感覚描写を与  抒情詩を与  道徳は与  合羽をも与  便器を与  感動を与  見物に与  ことを与  ことにも、与  誰も考へてくれず、与  権利を与  歎きを与  貢献を与  記憶を与  衝動を与  最後に与  一風変つた秩序を与  人間的自覚を与  精神的苦痛を与  ものではなく、また、与  一瞥を与  新しい光明を投げ与  習性を与  識らず与  基準を与  場面が必ず与  何を与  何かしらを与  ものをつひに与  原形を与  われわれに与  生活習慣に与  口実を与  解答を与  条件を与  時代に応じて与  一月もたてば与  先づ祖国のために、この与  限定を与  お前達に与  セン・ティミエ大会に与  仕事に与  相談に与  病苦死生を与  形を与  人格を与  神格を与  芸術的感銘をお与  飽満感を与  方ではなく、与  神から精霊に与  叙事詩を与  概念を与  の便を与  何人にも与  為事に与  伝への与  峰が高く大きすぎて与  われに与  底力を与  其私に与  観照態度を与  歌に与  添刪にも与  新作に与  全体に与  文学論者からは与  国文学に与  基礎を与  犬鶏に与  興を与  道を与  酒食を与  秀吉に与  一国を与  部将に与  妹を与  大納言を与  内大臣を与  貫禄を与  反逆であるから将兵に与  甲斐信濃二ヶ国を与  将に与  伊豆三国を与  返答すらも与  不安を与  金銀を与  恩賞を与  如水に与  神秘さを与  浴衣を着た与  浴衣に引き抜いて、与  示唆を与  余に与  盃を与  心理的快感を与  特色を与  十分快感を与  焦慮を与  地位を与  時に与  渠を招きて与  平等先生に告げて、与  便を与  説明指導を与  言葉を与  美的嫌悪を与  感化を与  猶予を与  親しみを与  酒を与  禊ぎに与  酒代を与  答をも与  食を与  慰安も与  恐怖を与  罪に与  厭がらせを与  浪子夫人に与  眼、与  一言警告を与  勇気を与  せつかく与  障害を与  注意も与  危害を与  絵雑誌などを与  喜びを与  ッて与  結局を与  芸術的地位が与  影響をも与  総てを与  高木貴与  ぼくなんかに与  率直に投げ与  つたるいものを殊更に与  何ほど与  悪影響を与  夢を与  いのちを、与  世界を与  婆さんに与  映画によつて与  ものを是非とも与  それを与  ひとつの新しい光明が与  新居が与  買ひ与  叛逆者に与  自由は与  処に与  恩恵的に与  積極性を与  忠告など与  近親に与  致命傷を与  薪炭など与  旧の如く与  政宗と与  蘭丸に与  式に与  事に与  供饌に与  凡て此祭りに与  文芸に与  我我作家に与  妹カザリンに与  十分希望を与  十分自信を与  場所を与  乳も与  愉快を与  貧困の与  貧困だけの与  陰影を与  帝国図書館の与  答へを与  つてみたいとか、時には与  百々村へ出まして、与  私は与  小作人に与  解放して与  小作人達に与  地主に与  温情的に与  私は決して与  浜の与  本を貸し与  組み打ちさせ、与  方法も、与  事実が与  指図を与  破廉恥を与  ぐあひに虚名を与  四五十万石を与  惨禍を与  大に与  誇張的色彩を与  機会が与  方々が与  いふ忠告を与  印象さへ与  栄養を与  活動力とを与  知識を与  二言三言返事を与  これに対して与  違つた印象を与  柳田先生の与  尋常誰と与  題まで与  条件が与  結果に与  補助に与  他人に投げ与  飢ゑた虎にさつさと投げ与  多くをお与  苦しみを与  銭十二文を与  ぎり以上禍を与  土井晩翠君に与  両国交戦国に与  幸福とを与  動機を与  影を、与  二人に与  補助金を与  悪感を与  文化性を与  希望が与  んでもなく、与  生徒に与  ジャーナリズムなど与  世事に与  文学的意味を与  道理を与  霊感とを与  テンポを与  主観を与  作品に与  某に与  基礎的知識を与  一般文学的教養を与  耳を与  薄遇とを与  光線を与  天然に与  優遇を与  援助を与  ものは求めても無暗に与  人こそ与  機会を成るべく多く与  諸君に与  城主を与  圧を与  あれに与  結論を与  客の投げ与  振動を与  辞を与  亭長に与  紀元二千六百年奉祝演劇といふ与  誇りを与  侮辱を与  三に、与  糧食を与  君に与  楽みを与  しかし、その与  私達に与  静かさを与  犬山城主石川光吉に与  自由さも与  さき者達は与  夕餉でも与  ふだん遊びを与  悦びをもつて与  声援を与  場所をだに与  確実性を与  慰藉とある希望とを与  叔母が与  のを与  予感を与  いつか平和を与  慰めを与  生活力を与  制了して共に与  糸問屋の近与  渠に与  役を与  地名の与  耳に与  警告を与  感化力を与  材料を与  恥を与  観客に与  俳優は与  からざるものを与  部署が与  命令が与  ほど米を与  一銭を投げ与  児に与  友のたれかに与  資格を与  猫に与  店で嫌々与  私も与  魚、投げ与  泊つて一杯飲むだけは与  紊れてしまふ、与  人のよろこびは与  ものを、与  つて酒代を与  道連れを与  それ/″\興味を与  落ち着きとを与  夏のみが与  二物を与  苦しみが与  敬坊に与  ものは与へなければならない、与へるよろこびが与  声を与  私の与  根拠が与  一句を与  糧を与  熊が与  落ちつきを与  かつらを与  外から災を与  野望に与  小児等に与  地蔵尊を与  自分には与  賭博マニアに与  絶対に与  分割して与  のを、分けて与  何等社会に与  思考力が与  科学的予備知識も与  目的は、与  衝撃を与  罰を与  訓辞を与  窒息感をすら与  牛乳を与  子供に与  切つて妻に与  家庭を与  公許を与  暖衣を与  訓戒を与  感激を与  私が与  落着きを与  祈りごとを与  一万円を与  二万円を与  三万円を与  五万円を与  狗肉を与  妨害を与  快楽を与  愛とを与  同志に与  安心感を与  位置を与  一大衝撃を与  つた内容を与  一階梯を与  立入つた相談にも与  慰安をでも与  心を与  絵像の与  我等に与  健康性を与  安定性を与  山陽山陰の与  者の与  のではあるまいかと与  定は黙って泣いていると、与  腰をおろすと、与  のかと与  つまみながら与  のであろうと、与  片足を与  伊勢屋の与  顔をして、与  権限を与  便宜とを与  弾力とを与  豚に真珠を与  御免なせえ、与  真の与  くるまで与  何とやら、与  詮ない与  実害を与  被害を与  各地在郷軍人に与  門番の与  中にもいくらか与  馳走に与  造製に与  冷遇を与  切掛が与  自然の与  裏附けを与  ジョルジュ・サンドに与  劇的組織を与  相違なく、その与  旅行者に与  運動を与  此人物に与  幸ひを与  余裕を与  娼婦クラリモンドに与  扶けを与  容子を与  彼女に与  愉快さへも与  自ら進んで与  形相を与  社会大衆党に与  この世に居たら共に与  自分の与  魂に与  受くるよりも与  店さきにいた与  目薬屋の与  幼少からこの与  礼儀を忘れず、与  頃、与  考えつきと、与  時から手塩にかけた与  否やもいわず、与  裏面へ、与  目薬屋、与  きのう城下の与  良人が、与  それを知っている与  馬をとめて、与  途中、与  龍然に与  サン・ジョルジェ十字勲章を与  欲スルママニ如何ナル物品生物ニモ変ゼシメ得ル力ヲ与  憲法が与  亨一に与  霑ひを与  絶叫して居ても、到底与  平和が与  危険を与  いふ希望を与  鞭撻を与  変革を与  今日我々に与  安息を与  作品の与  隕石を与  画面に与  人に書いてお与  速度を与  理会を与  研究に与  用言的機能をすら与  経験に与  まもる役目を与  いふ課題を与  特性を与  一転機を与  劇と与  何物かを与  只肉感だけを与  作家たちに与  劇的霊感を与  十分の時間を与  文学的表現を与  感興を与  演劇に与  戯曲に与  瞬間に与  錯覚を与  天二物を与  芸術に与  映像をも与  つて餌を与  菓子を分けて与  餓死にすら与  完全に与  母が与  生産に与  存在が与  光輝に与  気持に与  安らかさを与  指導とを与  娘子、与  歌に、与  雲雀に与  仮想人物に与  口に投げ与  椅子を与  群に与  顔に与  蹉跌を与  返事を与  豊潤とを与  覚醒を与  牀を与  井上様の与  先頃も与  一瞥だも与  貴女に与  名誉をさへ与  証拠をも与  承諾を与  気持ちを与  恵を与  支柱を与  人の与  から挨拶を与  待遇を与  アノ時アノ暗示を与  実例を与  食物を与  捨を与  保護を与  恵みにさえ与  掻廻して与  名前を与  朱との与  兵を与  精兵を与  而将門尚与  響を与  蒼天もし与  衣一襲を与  内容を与  先づ「花」を与  先づ花を与  感覚的実在性を与  叙情味を与  滑稽感を与  パートを与  一般に与  指針を与  一般演劇界に与  いふ訓練を与  感動は与  観念を与  作品を与  公平に与  勇気とを与  手がかりを与  有島生馬氏に与  仕事が与  団扇投げ与  浴衣脱ぎ与  保護は必ず与  自分達に与  不思議な思ひすら与  生憎それが与  方向が与  幸福が与  鞭撻とを与  吾人に与  食物もろくろく与  国家汝と与  一瞥も与  伴侶を与  二円出して与  機会に与  人々に向かっては、もはや与  限りの睡りを貪り、分ち与  駄夫に与  意慾を与  言葉さへ与  駄夫にだけ与  気品を与  五ペンスを与  発行と与  本は与  音楽を与  何物をも与  者は与  女子に与  制限に与  限りなく与  慰藉とが与  機会でも与  ことに与  歌を与  鍵を与  歌を詠んでは与  野邨恒見に与  弟子に与  知つた者に、与  中根雪江に与  此点が余程与  飯をも与  優越を与  読者に与  欧米人に与  弟子相与  賜や始めて与  誰と与  高粱を与  何物か与  湯を汲みて与  世の中は与  者威張り与  宿舎を与  寂寥のよろこびを与  一役を与  いふ名称が与  刺戟は与  爆弾とを与  彼等にも与  秩序を与  支那に与  平静を与  質実とを与  山頭火に与  感じは与  われ等労働者にのみ与  特典を与  滝田氏の与  国を与  傾向を与  灰を与  助力を与  ショックを与  撞鐘一口を与  鋳物師に与  者乳を与  財を与  身を与  上りこれと与  半国を与  任に与  始め蚯蚓を与  福を与  信徒に与  子女を与  官栄を与  前髪を与  食を奪わるるも怒らずに譲り与  食を分ち与  別荘に与  髪の与  基盤を与  題名を与  トーンを与  うの感動を与  ほこりさへ保てれば、進んで与  恋愛とは、与  タムールは与  恋愛だとか、与  感情を与  恋人に与  其傾向を進めるに、与  短歌改新に与  刺戟はかなり与  直接間接に与  薄あかりを与  鼓の与  ことをすると思った与  体よろしく、与  咽喉をうるおしているから、イヤ、与  なんかと与  腰かけを離れた与  手をあげて、与  公も与  姐さん、ふざけちゃいけねえ、この与  誰よりも与  反感を与  スを与  挿む時間さへ与  屑など投げ与  草稾を与  臣下に与  雑役に与  道徳の与  進歩を与  我我に与  白痴にのみ与  美名を与  地獄の与  人生の与  不名誉を与  愁を与  却つて親しみを与  公平の看を与  合理的外観を与  訓練を与  信念とを与  自由が与  病気そのものが与  精神に与  いふ注意を与  批評が与  曇影を与  それぞれ椅子を与  五月二十八日までに与  噴火口を与  喜びも与  満足をだに与  返事は与  手当すら与  進歩に与  補助を与  指示を与  文学的ヒントを与  気品とを与  怨嗟、諦めを与  出発点を与  至つて近代的色彩を与  詩的感動を与  さ以上のものを与  牽引力を与  何ものを与  露国社会党に与  婦人社会主義者が与  返事ばかり与  コースを与  位も与  称号を与  技巧をも与  多くを与  手紙によつて、与へ、また与  目的なしに、互に与へ、与  神秘を与  ささへ与  皆三に与  僕にうるほひを与  肉類が与  野菜が与  老媼の与  頭脳に与  宿を与  教を与  スペクタクルを与  色に与  旦暮小屋にのみ入りて、与  妙果を与  言ふ与  先生に与  働きを与  石を与  言つて仮説を与  汝に与  刺戦を与  新兵諸君に与  直接に与  機縁を与  女を与  色彩を与  感傷を与  何物が与  再会の時間を与  内省を与  笛ありしを与  混乱を与  家ごとに呟きを与  落付のある、やわらぎを与  隙も与  もてなしに与  さへ与  反省も与  子供たちに与  悲哀を与  代りに与  と金を与  影響も与  飼葉を与  結果を与  進化を与  ヱボルーシヨンを与  いふ不安を与  魂を分け与  友だちに分ち与  暗示が与  ことも与  技芸賞を与  血を与  私には与  強き力を与  福徳を与  幸運に与  世をも怨まず、与  協力を与  実生活が与  激動を与  鞭韃を与  余地を与  私に色々の思ひを与  一顧も与  動物に与  唯一つの健康を与  相貌を与  模範を与  定義を与  価値を与  慰安とを与  品位とを与  全部に与  国家の与  兎に角作品の与  歌人に与  覇気とを与  殊に絵画的効果を与  散文に与  匂を与  詩的感激を与  詩的荘厳を与  好奇心とを与  無理に与  方法を与  なほ芸術的享楽を与  安心とを与  具を与  自分は与  之名くる与  蓬を与  説亦粗与  承認を与  遠慮もなく与  自覚が与  義直に与  弟の与  攻落し、与  功で与  ためには与  ままにもさせず振舞うので、与  きの命に与  特別な自惚れを与  所有者たちに欺き与  農民と与  静養を与  心もちを与  資格もなし、与  宣告でも与  讃称を与  花冠を与  弥五右衛門といふ、或は与  まま之れを与  徳に与  今一度被告に投げ与  被告に与  家に与  種を与  十分好意を与  印象の与  粉末を与  通りに与  関心を与  ときものを与  直ちに承諾を与  菊池に与  力さへ与  一夕友と与  慰藉を与  法律的解決を与  帰化人の与  家持に与  其為事に与  万葉集に与  かばねを与  指導を与  解答が与  彼女の与  イリユージヨンを与  発言権を与  過不足なく与  翼を与  尺度を与  言質を与  暗示さへ与  一室を与  囁きを与  恋人同士が与  夫婦同士が与  それぞれ芸術的霊感を与  余暇を与  社会的恩典を与  本来責任を与  何となく不安を与  好奇心を与  松毬を与  性格だつたので、与  い形容詞を与  憩ひを与  かくに与  秣草も与  翻訳にも与  原作の与  乞食に与  課題を与  知的快感を与  四郎左衛門に与  其事に与  事を与  感覚的効果を与  感をも与  苦悩を与  田畑を与  許しを与  発見しようとして被与  裁判を与  味とを与  経験を与  意識も与  娯楽を与  娯楽をも与  休息を与  我に与  財源を与  ものは与  使賃を与  猫に小判を与  ことは与  智よりも与  一つ時を与  ところのものを与  けふも亦与  花は与  一撃を与  その男に与  氏の与  観客は、常に与  観客は、与  光をお与  革新とを与  風光自与  優勝者に与  方生き方を与  品位を与  みよ子に与  刑罰を与  聖旨あって与  病を与  新しい女性のみに与  免許を与  許可を与  切にして与  黄金一枚とりだして与  写しを与  国守が与  着物を取り寄せて与  配慮から衣服を与  シローテはすでに与  様な富みを与  十分私に与  老媼に与  馳走に、与  幻影を与  通路を与  統一を与  生活を与  計画に与  食はず水を与  字筒越で、与  皮を剥ぎて与  山刀一梃を与  賃銭を与  只酒を好みて与  此者狐貉夥しく殺しもて来り与  破片さへ与  飯粒一つ二つ播き与  考慮期間を与  知行を与  それらに与  名称を与  衆庶に与  弟に与  銭十万を与  十万を与  例のごとくに与  以後は来るとも与  自ら支へがたきに及び、かつて与  死後森於菟ガ予ノ与  全面に与  餌食を与  脅威を与  代りを与  ことを、与  句が与  悦楽を与  祖国を与  元明天皇が選んで与  心情を与  安宿を与  本能によつて、その与  肉体を与  身も心も、与  官職を与  すべて女帝が与  法王を与  鸞輿を与  忠言を与  之を外し与  男に与  気もなく与  主人男爵は与  粘土を与  機会さへ与  テーマを与  かぎり優先権を与  界也、与  眠つて再び与  添へて与  餌食として与  悲しみを与  観を与  わりも与  此を与  刀禰たちに与  確答を与  王国全土を与  イメージを与  つて頬ずりを与  妓にかく書いて与  此謀叛に与  一度も与  上に置きて与  性情を与  意識的に与  傘を与  山を与  据腰に与  湯呑を与  妓に与  黄金三枚を与  饗応し与  馬十に与  和尚の与  題を与  好き得心を与  滋養品を与  手を以て与  其これを与  根本的解決を与  財産を与  市政に与  妙変を与  限界を与  所を与  知識は持たないが、そして、与  名案も与  リエーに与  沓を与  仕儀によっては与  何にせいかの与  祖父の与  者で、与  大目付殿ジカに与  如何な与  心中がわからぬ与  怒号し続ける与  六尺豊かの与  紋服の与  沈静とを与  朋輩に与  一切他人に与  気力を与  新七、同じく与  梅屋の与  家人に与  一般国民に与  文化の与  ためにだけ与  気楽さを与  ものを手当り次第盗んで持ち出して与  弟妹達に与  十銭札を与  吾等に与  元気を与  地の与  昼夜を与  春夏秋冬を与  産業を与  答えを与  変動を与  衆人の与  微力を与  催眠術治療法に与  弱き力を与  回転運動を与  拘泥しないで、与  創立に与  即諾を与  侯に与  請託を受け、与  政友会創立に与  オヴヱンデス卿に与  位地を与  断じて子に与  彼れに与  餓虎に与  皇帝の与  淡泊にして与  党員に与  暴動に与  裁决を与  同志と与  彼れと与  山県首相に与  公開状を与  損害を与  行動も、亦与  伯に与  閣下の与  後援を与  十二分の援助を与  彼を以て与  憲法より与  憲法の与  訓練指導を与  傍聴者に与  神と与  誰れと与  観世大夫に与  観世大夫に投げ与  教育を与  予告を与  像を与  精神的準備を与  志望者に与  私心なく与  霊魂に与  建設に与  平民的模範を与  からこれを与  予言を与  船の動くと与  彼から余に与  微笑を与  自動車を与  保証を与  食事を与  割前を与  小遣銭をも与  人から金品を与  伯父に与  分配にも与  餌でも与  冷静さを与  犬姓を与  形容を与  同情を与  静けさは与  肥料を与  新生命を与  警戒を与  諸君が与  チャンスを与  洗礼を与  実験劇場が与  ところを与  ものを遂に与  印象に光りを与  利益不利益を与  利不利を与  寺へ与  口に与  相手に叩き与  何かふくらみを与  組織を与  小説的自由さを与  間も与  助言を与  励みを与  担保を与  言葉によつて与  目標が与  芸術の与  蓮台野の与  坂下の与  八右衛門の隣りの与  幾分を与  感覚を与  地方的感覚を与  復興に与  一新生命を与  時を与  衣服を与  服を与  滞留許可証は与  厳密性を与  出発点が与  地盤が与  肥つた男に与  うまいものを与  自信を与  印象を深く与  であるから、まづ与  体系が与  外来威力を与  犬に与  説明し得るならば、若し与  文学に与  境遇の与  存在も与  悦びを与  度を与  さとを兼ね与  感謝を与  つまり霊魂を与  誇りにしたり、与  卒業生に与  厳として与  事実的根拠を与  感動も与  カラダを与  大事に与  産を与  音楽に対して与  魅力を与  致命的傷痍を与  障碍を与  近代芸術に与  決定的勝利を与  鋭さが常に与  何ものかを与  形式を与  象徴的内容を与  準拠を与  印象は与  要素として与  心理的要素の与  聴手なりに与  芸術的感銘を与  それ自身として与  定義が与  価値が与  抱擁性を与  近代的表現を与  価値批判を与  地位とを与  地盤を与  於て与  慾望を与  題目を与  国家的補助が与  世間に与  軌範を与  勲章を与  精神的快感を与  従つて動作し、与  先づ快感を与  標準を与  労をも与  仮感を与  一大障害を与  国が与  他人これを与  乳母これを与  教育に与  実名を与  くりを与  ことなしにただ与  今水を与  いふ名前を与  聴く機会を与  注意とを与  運動には、与  禍事を与  威霊を与  名代を与  村を与  姓を与  結合を与  国民に与  優位を与  修正を与  永井飛騨守直与  書估に与  彼女の子供に対して与  みんなが与  ものを着、与  物を食べ、与  反省を与  スタイルを与  批評を与  信仰を与  仕事を割与  安楽とを与  馬に与  新定型詩人に与  飲れと与  知的満足を与  ぼくに与  境遇をも与  東以来、与  力を、与  位をお与  位を与  神事に与  刷つた紙を分け与  画を与  参詣者に与  祝言を与  貧窮を与  大根役者に与  小説家に与  或る女流作家に与  区別を与  現実からは与  繰り返しを与  明快性を与  自覚を与  オペラを与  公民権を与  主題を与  橋本明治氏に与  端麗さとを与  方法が与  感をさへ与  安定感を与  象徴的雰囲気を与  派にも与  一般性を与  一新気軸を与  作者に与  者に与  誤解とを同時に与  作家は甚だ与  変化に与  柔らかみを与  不安定を与  実感を与  眼鏡を与  デパートに与  分析を与  規定を与  若い連中に与  命題を与  要素を与  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−橋本明治氏に与  ワイセツ感を与  錯誤を与  讃辞を与  自分の子供に与  一個母親に与  触覚を与  食物に分け与  男兄弟に分け与  後から多く与  品も与  青色桐葉章を与  性格を全く与  娘から父に与  忽遇二一人一、与  強者のみが与  男性化するにあらざれば与  そうで、与  兄さんの与  縁故から兄の与  人々をも与  方をみかえると、与  ただ黙って与  こともないらしく、与  膳を片付けはじめると、与  礼をあつく述べますと、与  相談しましたが、与  一生たべませんと、与  祖母だけには与  増右衛門はかの与  報告をきいて、与  許可は与  貝殻を与  お土産を与  童心に与  溺死とを与  怪我を与  傷を与  お爺さんの投げ与  珠玉を与  八房に与  悲苦を与  傷手を与  小説に与  一処に重ねて借し与  彼らのけっして与  糸口を与  人が与  名と金を与  信念を与  彼の与  感銘が与  大人君子連に、与  叱責を与  遊蕩費を与  慰めが与  無償で与  論理を与  衣服道具抔多く与  手がかりは与  病名を与  魚雷は与  「一撃」を与  静謐を与  



前後の言葉をピックアップ
アスワン  アスンション  アスヴィナウ  アスヴィン  阿須    預か  預かっ  与っ  預っ


動詞をランダムでピックアップ
引きしぼり切り結び交じっかたむか迎え撃た言い返せ塾すおどり出見合せろ加われん生きかえっ干あがっすくいだしくいろ乾き煎じ詰めれ割き詠めよ掛らぬりたて
形容詞をランダムでピックアップ
見づらいだいじな片腹痛し臭ういとわしく並無軽々しき目新しいあわただしく喜ばしくっほしけれ疑わしいあたたかし奥深狭き酸っぱかったらしいふかき難う有り難